5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

特撮キャラ総出演 第11章

1 :Mr.怪人ランカー:2006/06/09(金) 21:48:42 ID:DYSpNCoc0
ワシの名はMr.怪人ランカー、世界一の死の商人ランカー商会の総帥じゃ!
これは、ワシ等やヒーローどもを含む特撮キャラによるリレー小説のスレッドじゃ!
尚、これにはルールが有る…。
以下の事項と過去スレに従いドンドン書き込む事を歓迎する!

●特撮キャラオールスターのショートシナリオを皆で書こう!ただし、話はきちんと繋がるように。
●あまりに突飛だと思われる作品のキャラを入れる場合は、予め許可の書き込みをしておこう!
 特撮以外の作品(普通の映画やミュージカル)は参加できないので、注意しよう!
●書き込まれたストーリーはちゃんと全部読んでから続きを創作しよう!
●書き込む際、自分が手掛けたシナリオを終わらせる際はきちんと終了宣言をしよう!
 もし誰も続きを書いてくれそうになかったら責任もって自分でキリが良いところまで書こう。
●使用するキャラは基本的に早いもの勝ち。
 もしどうしてもそのキャラを使いたかったら、そのシナリオが終わってから上手く話を繋げよう!
●公式サイトやファンサイトで原作をしっかり把握するのは大前提だ!
 間違っている部分を見つけたら、ケンカ腰にならずきちんと指摘してあげよう。
●SSの中で一度死んだキャラは、原則として復活させてはダメ。
●現在放送中の作品…ボウケンジャー、仮面ライダーカブト、セイザー]、ウルトラマンメビウス、リュウケンドー、生物彗星WoOは放送が終了するまで参戦不可。
 セーラームーンについては、主要五人…ミュージカル版 ウラヌス・ネプチューン・プルート・サターン…もちろんミュージカル版
 ルナ…テレビ版 クインベリル…テレビ版
 劇場作品及びオリジナルビデオ作品は上映(発売)開始から二ヶ月待ってから出演可能。
現在放送中の作品の劇場版は放送が終わってから参戦可能。
●海外の作品は基本的に不許可!
●同姓同名のヒーロー、怪獣、怪人を出すときは分かるように表記しよう。
(例)ハカイダー→「ギルハカイダー」、「人造人間ハカイダー(またはハカイダー/リョウ)」
   モスラ→「モスラ」、「護国聖獣モスラ」
●sage進行推奨、コテハン非推奨。

以上じゃ!
次はヘドロ、お前に任せた!
これからワシはプリンセス・プリンプリンの行方を調べに出かける!!

2 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:02:20 ID:8+U2Z3TB0
>>1
スレ立て乙、以後のテンプレは僕がやるよ。

<前スレ>
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1139654399/

<過去ログ>
第1章
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Knight/3989/sousyutsuen.html
第2章
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Knight/3989/2s/sousyutuen2.html
第3章
ttp://www.geocities.co.jp/Hollywood-Stage/5071/0003.htm
第4章
ttp://www.geocities.co.jp/Hollywood-Stage/5071/0004.html
第5章
ttp://www.geocities.jp/yukiha0909090/0005.html
第6章
ttp://www.geocities.jp/yukiha0909090/0006.html
第7章
ttp://www.geocities.jp/yukiha0909090/0007.html
第8章
ttp://www.geocities.jp/yukiha0909090/0008.html
第9章
ttp://www.geocities.jp/yukiha0909090/0009.html

避難所
ttp://jbbs.shitaraba.com/movie/2487/tokusatsu.html
キャラ保管庫
ttp://www.geocities.co.jp/Hollywood-Stage/5071/index.html
まとめサイト
ttp://www.geocities.jp/atuistory/

3 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:03:21 ID:8+U2Z3TB0
・GUTS(イルマ、ダイゴ/ウルトラマンティガ、ムナカタ、シンジョウ、ホリイ、ヤズミ、レナ)、機龍隊VSガタノゾーア
・ヒビキ、京介変身体、快傑ライオン丸VSサドンダス
・高瀬健/星雲仮面マシンマン、水野拳/バイクロッサー・ケン、水野銀次郎/バイクロッサー・ギンVS
 アンカー男、カッチュウナイト、バイオハンター・シルバ、デビラ兵の皆さん、怪盗ウルフ
・スペースマミー、ウルトラホーク1号、スカイホエール、VS量産型ジャンボー
・モゲラ、スーパーX各機、ザムレスキュー隊VS量産型メカゴジラ、量産型GR-2
・科学特捜隊(ハヤタ、イデ、フジ)、ナイトレイダー(和倉、孤門/ウルトラマンネクサス・ノア、凪、詩織、)
 XIG(チームライトニング、ファルコン、クロウ)VSタコンパス
・北斗星司&南夕子/ウルトラマンAvsヤプール/スーパージャンボキング
・ブルースワットVSジスプ(ザジにインヴェート)VSビルゴルディカード(?)を投げた謎の一団
・マイティ号、TAC南太平洋派遣軍vsヤプール超獣軍団(キングクラブ、キングカッパー、アイスロン)、ジャンボー(デビラ兵操縦)
・トリプルファイター/早瀬3兄弟vsバービーブー、テンパージョー
・大鉄人ワンセブン、ブルースワット(三郎、ガンテツ)、ガンヘッド部隊vsデーモンカー師団
・ヤプール超獣軍団(カメレキング、ガラン、ブラックサタン、マザリュース)vs量産型ブルガリオ軍団
・ジャッカー電撃隊、ネムリン、大岩マコ、空飛ぶ火の車vs五目殿下、パイカル、揚子江大飯店、八宝菜、デビラ兵の皆さん

4 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:05:14 ID:8+U2Z3TB0
・宇宙防衛艦轟天(三好考次、室井礼次、滝川マリ、ジミー、冬木和夫、三笠忠)、スーパー轟天(大河内参謀、小中井副参謀)、ヒーロー達の母艦各種VSバラクティカ2機、量産型ジャンボー
・鉄面党ロボ(ブリザード7、ディモスZ、改造 ブレ−キング、ノリシロン12、増刊、最終、カノンメガス)
ウルトラ戦士(レオ/おおとりゲン、パワード/カイ・ケンイチ、ナイス/夢星銀河) 、ガンマジン
ジャイアントロボ、レッドバロン、マッハバロンVSドリームギラス、サウンドギラー、オイルドリンガー、量産型メカゴジラ
・ウルトラセブン、ウルトラマンゼアスVSイリス×3
・白バラ仮面/嵐山美佐セーラームーン/月野うさぎ、ナイルなトトメス/中島サナエ、アラーの使者/鳴海五郎、スピルバン/城洋介、
マスクマン(レッドマスク/タケル、ブラックマスク/ケンタ、ブルーマスク/アキラ、イエローマスク/ハルカ、ピンクマスク/モモコ) 、
 メガレンジャー(メガレッド/伊達健太、メガブラック/遠藤耕一郎、メガブルー/並木瞬、メガイエロー/城ヶ崎千里、メガピンク/今村みく、メガシルバー/早川雄作)
 VSバーロ兵
・オーレンジャー(オーレッド/星野吾郎、オーグリーン/四日市昌平、オーブルー/三田裕司、オーイエロー/二条樹里、オーピンク/丸尾桃、キングレンジャー/リキ)、
 イナズマン/渡五郎 VSイナズマギンガー、ボンバー・ザ・グレート、スチームパンクス
・シラリー、コダラーVSブローズ、ゲルカドン、バランガス
・ウルトラマンタロウVSブローズ

5 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:06:47 ID:8+U2Z3TB0
○ゴーゴーファイブ(レッド/マトイ、ブルー/ナガレ、グリーン/ショウ、イエロー/ダイモン、ピンク/マツリ)→ベイエリア55に戻る。
○巽モンド、ミント→ベイエリア55でゴーゴーファイブのサポートする。
○村上ワタル、ロンダ、ゼガ→ケニアに残る
○椿秀一→病院に残る
○浅見渡=太宰博士→ターボレンジャーを送り込む。記者会見を開き、防衛組織との協力を宣言。
○町田警部、牧史郎→部屋に閉じ込められ毒ガスを浴びせられる
○大門豊、ザボーガー→SRIの支援の為、百窓へ
○サンダーマスク/命光一→大魔王ベムキングを追う
○平田→店を守るため、ドールハウスに残る。
○スケバン刑事、ニンジャホワイト/鶴姫、戒堂晃、五条いづみ、冴木聖羅、あすか組→パンサークロー迎撃へ
○D×D(相沢悟、木原虎之介)、黒井ミサ、安部早紀、皇昴流、桜塚星史郎→昴流の家で戦いに備える。
○ヤミマル、キリカ、スケバン刑事(風間由真、風間結花、中村京子(ビー玉お京)、矢島雪乃)、
セーラー服反逆同盟(ミホ、ユミ、ルリ、ケイ)、少女コマンド(五条いずみ、湯浅恵子、三枝佐織)晃の家族
→スマートブレインから脱出。
○セイザーレルムズ/伝通院洸、セイザーパイシーズ/魚住愛→未確認生命体の被害者の治療を行う。
○ジャンパーソン、ガンギブソン、アールジーコ→コスモアカデミアへ戻る。
○BFカブト・テントウ・ヤンマ・ゲンジ・ミン・アゲハ→再び出動
○橘健吾(BFクワガー)、鳥羽ゆい→コスモアカデミアで待機
○小山内博士→狼鬼に破壊されたネオビートマシンの修復
○アトム→メルカ共和国にてコールドスリープ中。
○ギャラクシアン・イグレック/海野八郎、岬めぐみ、水野亜美、寺子屋塾の子供達→仙台いる
○高円寺寅彦、ワルダー、光明寺ミツコ、服部半平(ハンペン)→メルカでイチロー達を待つ。
○バラバラマン、バラバラギャル→高円寺博士との合流へ。
○グリッドマン/翔直人、グリッドマンシグマ/藤堂武史→現実世界に戻る。
○有栖川ゆう→元に戻る。

6 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:08:38 ID:8+U2Z3TB0
○フラッシュマン(レッド/ジン、グリーン/ダイ、ブルー/ブン、イエロー/サラ、ピンク/ルー)、マグ→地球へ。
○ハヌマーン/コチャン、ジャイアント→タイへ戻る。
○ロボット刑事K、芝刑事、新条刑事、エクシードラフト(シンクレッダー/叶隼人、ドラフトブルース/村岡耕作、ドラフトキース/大熊拳)、
 ニンジャブルー/サイゾウ、ニンジャイエロー/セイカイ→伴内達に事情を聞こうとする。
○キカイダー/ジロー、キカイダー01/イチロー、ビジンダー/マリ→メルカ共和国へ向かう
○ジュウレンジャー(ティラノレンジャー/ゲキ、トリケラレンジャー/ゴウシ、マンモスレンジャー/ダン、タイガーレンジャー/ボーイ、プテラレンジャー/メイ、ドラゴンレンジャー/ブライ)、
村上ユウコ/美少女仮面ポワトリン、ポワトリンプティット/村上モモコ、ビーロボ(カブタック、シャークラー、) 、高円寺譲、吉祥寺蔵之助、三鷹小百合、本田律子警部→他のビーロボと合流へ
○アマギ隊員→長野でキリヤマ隊長達と合流へ
○ハカイダー/リョウ、カオル→グルジェフを捜索する。
○ウルトラマン、、ウルトラマン80/矢的猛、ゾフィー→ウルトラの星へと向かう。
○クラウドドラゴン(ベルセウス)→ウオフ・マナフの残存艦隊と共にウルトラの星宙域に。
○帰ってきたウルトラマン/郷秀樹、ネオス/カグラゲンキ→一路地球へ
○アンドロメロス、アンドロウルフ→アンドロベースへ戻る
○アストラ→マグマ星人に助けられ地球へ向かう
○ヴェッカー(カナ、メイ、サキ、ハル、アム、エリー)、
コセイドン隊(バンノ・チカラ、 モリ・モリィ、ハルナ・マリ、トキ・ゴウ、ヒムガシ・テツ、アルタシア)→時空破断装置の捜索
○ニンジャレッド/サスケ→戸隠白雲に会いにいく。
○増田ジゴロウ/仮面ハライター,シーマームーン,ジライヤ/ニンジャブラック,米子オブジョイトイ,ミスターロボット→廃坑へ
○インビジブルファミリー→謎の老人の護衛と手当て
○バーザ→大獣神からスターピースを託される。
○キングブラキオン→無事復活。

7 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:10:27 ID:8+U2Z3TB0
○科学特捜隊(ハヤタ、イデ、フジ)→救援の為、防衛軍基地に向かう。
○バンキッド隊(ペガサス/天馬昇、ドラゴン/宇崎龍一、ラビット/宇崎龍二、オックス/牛島一郎、スワン/白鳥ほのか) →宇崎家に戻る。
○モスラ&小美人→キズを癒すためインファント島へ帰る
○ウルトラマンガイア/高山我夢、ギンガマン(レッド/リョウマ、グリーン/ハヤテ、ブルー/ゴウキ、イエロー/ヒカル、ピンク/サヤ)→エリアルベースUに戻る。
○牛若小太郎、入道、うらぎら、ゲゲゲの鬼太郎、河原三平、ビビューン/月村圭、バシャーン/菅一郎、ズシーン/渡辺剛 →遂に合流!妖怪軍団との決戦へ。
○田端健二、井上倫文、吉井玲子→ハヤタ達を追う
○ティグリス→地底へ戻る。
○ガオレンジャー(レッド/獅子走、イエロー/鷲尾岳、ブルー/鮫津海、ブラック/牛込草太郎、ホワイト/大河冴、 シルバー/大神月麿)、
アバレンジャー(アバレッド/白亜凌駕、アバレブルー/三条幸人、アバレイエロー/樹らんる、アバレブラック/アスカ、アバレキラー/仲代壬琴) 、
テトム→オルグ、エヴォリアン連合軍との戦いへ。
〇ジャンボーグ9/立花ナオキ、TAC→迎撃に向かう。(ナオキは待機)
○御手洗博士、藤本武、御手洗朝子→PAT特別隊員となる。
○野村由紀、岸京一郎→PAT日本支部へ編入
○岸京一郎→大利根航空へ
○セーラーウラヌス/天王はるか、セーラーネプチューン/海王みちる、ニック・タトプロス →ネバダ砂漠に落ちてきたボイスラッガーに会いに。
○コンドールマン/三矢一心→はるか達より先にボイスラッガーの調査に来ている。
○バトルホーク/楯彰悟、ビッグホーク/楯大二郎、クイーンホーク/楯ユリカ →独自にネバダへ足を運ぶ。
○ブースカ、屯田雄作→ハヤタ達を見送る。
○レッドタイガー→また何処かへ。
○クレクレタコラ/クレクレタイガ→森へ帰る。
○レッドマン、デストチョンボ、仲良く伸びてるw
○仮面ライダー(1号/本郷猛、V3/風見志郎、X/神敬介、アマゾン/山本大介、ストロンガー/城茂)→バダム大本部へ。

8 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:11:35 ID:8+U2Z3TB0

○静弦太郎、アイアンキング/霧島五郎、ダイナブラック/星川竜、イガム、フーミン、仮面ライダーファム/霧島美穂、ファラキャット、
ライコウ(アイはダイヤの中に戻っています) ファラキャット
ハリケンジャー、ゴウライジャー、シュリケンジャー、メキド王子、キメラ王女、ウルトラマンアグル/藤宮博也、レッドファルコン/天宮竜介、
 仮面ライダー(2号 ライダーマン スカイライダー ゼクロス スーパー1) 、キングギドラ→バダム大本部に向かう。
○霧島美佳、源蘭花→一般人を避難させる
○岬大介→一度地底に帰る。
○ミジー星人(ドルチェンコ、ウドチェンコ、カマチェンコ)→ピコポン玩具製作所に戻る。
○サワイ、ヨシオカ、ナハラ、イルマらダイブハンガーメンバー→スターピースを手に入れ科学研究局へ持って行く
○ギャレン/橘朔也、広瀬栞→守備隊基地で治療中。
○上城睦月/仮面ライダーレンゲル、白井虎太郎、ピーポ→橘と広瀬の看病に。
○セーラーマーズ/火野レイ、 セーラージュピター/木野まこと、セーラーヴィーナス/愛野美奈子、 セーラーちびムーン/ちびうさ
→平和守備隊本部にディスクを送る。
○真・仮面ライダー/風祭真、仮面ライダーカイザ/草加雅人、仮面ライダーデルダ/三原修介、スパイダーオルフェノク/澤田亜希
→真の治療の為、病院へ。
〇新・轟天号(ダグラス・ゴードン、尾崎真一、小室)→アートデッセイ号に通信をする。
○大原博士→アースパワー発生衛星でエース復活の準備を整える。
○TAC南太平洋国際本部、ハラッパ国→担当の衛星網復旧に成功。
○ハラッパ国長老→各地のワンダータイプロボットに非常召集を掛ける。
○天田一平→MG5.5号クルーにご祝儀として青リンゴ11ダースを送る。
○マイティジャック隊(今井進)→コンクルーダーでTACスペース部隊を指揮。
○キャッツワーク商会&商店街モール一同→10-34ブレス完成のため動きだす。
○風間剛/ガイファード、ボイスラッガー・サファイア/天馬武、不動明/デビルマン・・・佐渡海峡の海岸の洞窟で英気を養っている。

9 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:12:42 ID:8+U2Z3TB0
○渡来角之進、仮面ライダーα/竜ヶ崎桃子、仮面ライダーβ/白百合イチコ、仮面ライダーγ/スロープ星人ファラウェイ、
クレインオルフェノク/長田由佳、スネークオルフェノク/海堂直也、バンキュリア/ナイ+メア、
地球防衛軍(神山、林田、前田、マスク・ド・竹之内、フレディ、ゴリラ、メカ沢、阿藤快)→前田の家で作戦会議+アニキサラダ食べ放題。
○北斗武士、北斗の子分→前田家で自己紹介。
〇坂本剛一、楠木涼→前田家に到着。
○マジレッド/小津魁、マジグリーン/小津蒔人→温泉街へ
○バルカンベースの科学者陣→光波バリアの解析を続ける。
○マウンテンガリバー5.5号→防衛軍基地に到着。
○風谷真魚、栗原天音→ジョッカーにさらわれる。
○仮面ノリダー/木梨猛→アンチバダム同盟へ加入。
○オーレッド/星野吾郎、大河内参謀、小中井副参謀→スーパー轟天の艦内に突入。
○オーピンク/丸尾桃、白バラ仮面/嵐山美佐→バラボクサーを追う。
○孫悟空、猪八戒、沙悟浄、三蔵法師、凛々、ハットリ君、三葉ケンイチ、
 黒木、持田ひとみ、天美あきら→避難所へ戻る。
○明日夢→夢の男から音角をもらう。
○30〜40代の男女2人(魔法家族の父と母?)と植木鉢→明日夢と出会う
○グリッドマン/翔直人、グリッドマンシグマ/藤堂武史→都庁のコンピューターへ。
○ココナツ王子、マミィ王妃、ベンジャミン伊東、与田八左右衛門、デンセンマン…カバヤンでデンセン音頭祭り
○CR89師団(南條俊、江口亮、千葉創介)、望月綾、みゆき、ブーバ、シーマ→4人目の光を導く者がいる場所へ。  
○高倉長官(MAC)→各国にMACの戦力を含む航空戦力とガンヘッド部隊投入を指示。
○MAC隊員(佐藤、白土、梶田、松木)、千葉京子、創平、望月誠一→MAC東京支部で待機。
○高倉長官(MAC)→TAC本部で人工衛星網復旧作戦の陣頭指揮を取る。

10 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:13:28 ID:8+U2Z3TB0
○チームEYES(ウルトラマンコスモス/春野ムサシ、シノブ、アヤノ、ドイガキ) →バルカンベースへ。
○ウルトラマンダイナ(不完全)→カオスヘッダーを追う。
○嶋昇/タランチュラアンデッド、城光/タイガーアンデッド…カードに再封印される
○葛葉キョウジ、麗鈴舫、悪魔くん、メフィスト(弟)、ハヤテ/変身忍者嵐…悪魔くんの家で英気を養う
○桃園ミキ、松原真理→黒川温泉に向かっている?
○アイアンシャープ、ナショナルキッド、まぼろし探偵、鉄人28号、金田正太郎、少年ジェットスーパージャイアンツ、
祝十郎、ワクさん、海底人8823、黄金バット→散り散りに
○マグマ大使、マモル→アースに会いに行く
〇馬場一平、井上ゆか→引き続きアジトに残る
○シャンゼリオン/涼村暁、南エリ→速水の治療の為、S.A.I.D.O.C.基地へ戻る。
○ウルトラマンコスモス/春野ムサシ、ームEYES(シノブ、ドイガキ、アヤノ)→チームEYES基地へ戻る。
○ラミイ、グリフォーザー→赤ちゃん(悪魔っ子)の世話
○機動刑事ジバン/田村直人→メタルダーとトップガンダーをスパイラスに乗せ、正木総監の下へ。
○正木本部長→旧司令室でマドックスを起動させ、都庁へのアクセスを試みる
○ナイトファイヤー/香川竜馬、ウォルター、メサイヤ→日本へ 
○ロボット(分かると思うけど、まだ内緒)→本部長に呼ばれる
○ソルブレイン一行(SS-I)→未来へ
○沢渡桜子→遺跡でおきた事を伝えに警視庁へ。
○神崎優衣→ミラーワールドから出られないまま。
○白い服の青年(残留思念)→光を放って消滅。
○デンジマン(デンジレッド/赤城一平、デンジグリーン/緑川達也、デンジブルー/青梅大五郎、デンジイエロー/黄山純、デンジピンク/桃井あきら)
 ファイブマン(ファイブレッド/星川学、ファイブブルー/星川健、ファイブブラック/星川文矢、ファイブピンク/星川数美、ファイブイエロー/星川レミ)
 →マグマベースで待機。
○MAT(坂田次郎、金城、上原、佐々木、藤川)→MAT基地へ戻る

11 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:14:03 ID:8+U2Z3TB0
○大魔神、比良坂綾奈、朝倉美都、ベルベラ、ガルガル3、ジャスピオン、アンリ、
スペクトルマン/蒲生譲二、インパクター・ロギア/星山秀一、セイザータリアス/弓道天馬、
セイザーミトラス/獅堂未加、セイザーリオン/獅堂剣、護国聖獣バラゴン→護国聖獣モスラを蘇らせるため、池田湖へ。
○ゼブラーマン/市川新市、キューティーハニー/如月ハニー、キャシャーン、秋夏子、早見青児→ハニーの家で一晩を過ごす。
○倉馬鉄山将軍、暗闇指令、伊吹長官、ナンゴウ長官→中性子爆弾を埋め込まれ、日本各地に散らされる。
○五十嵐隼人総理…内藤との会談が決裂。東京独立、人間爆弾、内藤とメルカの繋がりは何一つ知らない。
○新星拳/スターウルフ・ケン、コン8、デカレンジャー→地球署に戻る。
○ドギー・クルーガー、マリー、ヤーコ、白鳥スワン ⇒地球署にて待機
○コム長官、ヌマ・O、ギョク・ロウ→バード星へ
○石室コマンダー→エリアルベースUで指揮を執る。
○月ひかる(コピー)、佐藤/ケムマキケムゾウ→行方不明の旗野先生を探しに保育園の中へ。
○神様、ディアブル→ディアブルの寺で成り行きを待つ。
○ダイレンジャー(シシレンジャー/天幻星大五、キリンレンジャー/天時星知、ホウオウレンジャー/天風星リン、キバレンジャー/吼新星コウ)、
ゴーマ3バカ(神風大将、電話先生、墓石社長)→亮の治療している病院へ。
○リュウレンジャー/天火星亮、テンマレンジャー/天重星将児、亀夫→亮の治療の為、病院へ。
○ゴッドマン…何処かへと飛び去る
○カー将軍→魂の花園へ。
〇ウルトラマンマックス、ウルトラマンゼノン、ダークバルタン→光の国に向かう。
〇ウルトラマンキング→周りの星を説得するべく向かう。
〇タイニーバルタン→新バルタン星で待機。
○ベースタイタン(チームDASH)→忽然と消え現われる

12 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:14:34 ID:8+U2Z3TB0
●ユガンデ→メガレンジャーを追う
●仮面ライダーガイ/芝浦淳→ゴメスおよびどくろ団に同行。
●ビルゴルディ/帯刀龍三郎、メタルベルデ/高見沢逸郎→帯刀コンツェルンで待機。
●仮面ライダーガイ/芝浦淳→気晴らしに外へ出る。
●源海龍、首領L→晃をメルカ共和国に売る相談。
●キバ男爵、ツバサ大僧正、ヨロイ元帥、十面鬼、ゼネラルモンスター、テラーマクロ→ライダー改造で勝利を確信。ゼネラルモンスターは少し懐疑心あり?
●大神官バラオム、大神官ビシュム→ゴルゴム基地でダロムの結果を待つ。シャドームーンは今回の戦いに不満をもち、三神官を信用していないようだ
●村上峡児、ニューラッキークローバー・・・オーパーツを入手
●前世魔人(サタンバット、モージンガー、ヒトデツボ、ケラリン) →バダム日本本部でライダーの事を知る。
●ハデス・ゼウス・ポセイドンオルグ、シュテン、ラセツ、ウラ→エヴォリアンと仲間になって宴会。
●ミケラ、ボッファ→ルールを無視してオリジナルトリ・ギガノイドを造ろうとする
●ヤバイバ、ツエツエ→マトリックスでデズモ達にこき使われる。
●裏次元伯爵ラディゲ/凶獣ラディガン、帝王トランザ…マリア達と合流するべく撤退
●マリア→妖怪達の封印を解き、妖怪大魔王と密約。
●ゴメス、ブラックタイガー、ピンクジャガー、ブルージャガー、クライシス四幹部(ボスガン、ゲドリアン、マリバロン、ガテゾーン) →バダム日本本部で待機
●デーモン・アボロス(エージェントX)、ドクトル・オーバ、ハスラー教授→ランカーの元へ。
●星王バズー、バット星人、テンペラ−星人→ウルトラの星へ侵攻

13 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:15:39 ID:8+U2Z3TB0
●綾小路麗子→次の行動に移る
●桜塚星史郎→帯刀コンツェルンへ戻る。
●桐原剛三・ゴットネロス スマートブレイン社へ
●バルスキー、ローテール→バダムアジトへ帰還
●ジョッカー超再生怪人軍団(ラッコ男、コアラ男、ペンギン男、サメ男、ゴキブリ男)→チョコ玉男達と合流。
●レンタルビデオ男→真魚と天音を連れ、番句市の工場跡地へ。
●Mr.怪人ランカー、ドクターQ、プロフェッサーK、レディM→再び共闘
●天海山3兄弟→超小型物体転送機でダマスクセに脱出
●ゴーデス→数百キロに巨大化(さらに進行中)
●カオスヘッダー(悪)→カオスマザーから抜け出す。
●伊坂/ピーコックアンデッド…一時撤退、体力の回復を待つ
●ミスターK、デビラー…メルカによる世界の支配を目指す
●グルジェフ、ミカエル…カラミティ、宇宙鉄面党ロボ、キングマグマーを建造。
●スカーレット・クロー→パンサークローに反旗を翻す。
●バラシン→ブラック・クロー暗殺へ。
●ブライ・キング・ボス→キューティーハニーを倒しに。
●ブラッククロー/内藤薫、黒岩省吾、ひばり様、春日、十人衆、ユリカ、田崎→東京独立へ。
●海木槌三姉妹(麗巳、亜悠巳、久巳)→都庁周囲の警戒に。

14 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:16:18 ID:8+U2Z3TB0
●ビズネラ…昆虫パワーを求める。
●大魔王サタン、妖怪大魔王…妖怪・悪魔達を一斉蜂起させる
●シド・デイビス、香坂→キョウジを追う。
●加藤保憲、ツクヨミ、貴公子ジュニア/ガシャドクロ…それぞれ行動を開始
●冥王ジルフィーザ→グレイブのベルトを盗み、インパクター・ロギアを探す。
●ミスタードルゲ/魔人ドルゲ→ドルゲ魔人を指揮する。
●ノウゲルゲ、ウデゲルゲ、クビゲルゲ→各地へ送り込まれる。
●石堀光彦/ダークザギ→スターピースを持って何処かへ消える
●バイクロス、メタルマスター→寄生生物ファラーを使って何か企む
●アンチゴーネ、マッドゴーネ、エレキザウルス、デッドキング、ケンダウルス
→鏡の国を襲撃。
●デモンゴーネ、サタンゴーネ、インベーダー→ウオノメ・マナコ本部に向かう。
●ペガッサ星人一族、スターピース探し&ダークザギを見つけたら勧誘
●暗黒4本槍(サンダール、サタラクラ、ウェンディーヌ、フラビージョ)
●デーモン怪人軍団(除くバービーブー&テンパージョー)→Mr.怪人ランカーの仲介により共闘。
●ランカー商会→デーモン怪人軍団の兵器の独占販売権獲得、等価交換で量産型バルジオンの提供。
●ギャオス→ガタノゾーアに引き寄せられてダイブハンガーに向かう。
●オロチ→復活開始

15 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:17:30 ID:8+U2Z3TB0
●ユニタング、コオクス→カイロン・ユニットを持ってメルカ政府へ。
●スマートレディ→スマートブレイン本社へ消える
●デルザー軍団→鋼鉄参謀・荒ワシ師団長・ドクターケイトを失い敗走
●シャドームーン、アポロガイスト、ジュネラルシャドウ→同盟を組み、1号ライダー達をバダム大本部に向かわせる。
●マシーン大元帥、ヨロイ騎士、磁石団長→戦略的撤退後、アンチ同盟本部へ襲撃に
●Dr.ヒネラー→宇宙ステーションデルタで時空破断装置を開発中
●黒頭巾の二人組み→札幌市内の工場で何やら画策
●ショッカー大首領→デカレッド憑依に失敗し撤退。
●ゴリ 追っ手に気づきつつ地球へ
●ラー、鳥人→メフィラスを探し
●ラー2号→X星人の下に向かう
●ラー→脱出ポッドで助かり漂流
●X星人→打倒クロガネを目標に修行開始。
●ベンゼン星人、メトロン星人、メフィラス星人→温泉街へ。
●クロガネ→ウオノメ・マナコの臨時会長となる。
●バダム大首領→10人ライダーの復活を感じ取る。
●ユニタング、コオクス→ゴーデス細胞に支配され、ブローズ、バランガスらと共にメルカで暴れ回る。
●カイロン・ユニット→遂に作動する。

16 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:19:54 ID:8+U2Z3TB0
●Mr.怪人ランカー→ハスラー達と天海山3兄弟を招き入れる。
●ドクトル・オーバー、ハスラー教授、ドクターQ→ランカーの元でカードデッキの解析をする。
●天海山3兄弟→ランカーの配下となる。
●デーモン・アボロス→ランカーの元で何かを企む。

これは抜かしてください。
●Mr.怪人ランカー、ドクターQ、プロフェッサーK、レディM→再び共闘
●天海山3兄弟→超小型物体転送機でダマスクセに脱出
●デーモン・アボロス(エージェントX)、ドクトル・オーバ、ハスラー教授→ランカーの元へ。

17 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:20:33 ID:8+U2Z3TB0
消息不明なもの
○ボイスラッガー(ゴールド、エメラルド、ローズ、ルビー)→ゲンバーの攻撃を受け散り散りに
○風のエル、地のエル、水のエル…ルルイエでの戦いの後、その場から消え去る
○ジェットジャガー→ジャイガーを倒した後、どこかへ飛ぶ。
○的場 陣→充てもなく何処へ…
○アンドロマルス、アンドロフロル→Mydoを助けるた後、どこかへ。
○ウルトラマンタロウ/東光太郎→ギロンを倒したあと、どこかへ
○ウルトラマンネクサス/ノア→また何処かへと。
○カー将軍→グランギズモ3でジャンボーに特攻。
●朱玉→玄海龍と高見沢を会わせる
●ライジャ→ガイストアックスを持ったまま失踪
●レオ/仮面ライダーサイガ→ジェットスライガーでどこかへと去っていく。
●ライオトルーパー/徳本恭輔、新井賢→何処かへ逃走
●アークオルフェノク→ハグルマンを始末し、どこかへ消えていく。
●メフイラス→フラッシュマンの攻撃で生死不明
●魔王カーンデジファー→ギラルスとバギラを倒され撤退。
●クグツ(男女)→魔化魍を威吹鬼達に倒され撤退。
●紅孩児→お釈迦様に変身していたが、逃げる。

18 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:21:36 ID:8+U2Z3TB0
中立現状
△ゴジラ→海へ帰る。
△ねずみ男→ガイコツ城へ戻る。
△ガメラ→ギャオスを追う。
△ババァ/神崎士郎→いちごと桃子にスマートブレインのベルトを渡す。
△ゼイラム→長野へ
△アクボーン、桃子の父→互いを見て気絶。
△黒い特凶・ブラックシープ(キリエル人、ハルカン、エージェント・アブレラ、宇宙忍デモスト)→ウルトラの星消滅作戦を実行へ。
△宇宙正義→黒い特凶の計画をジャスティスに話す
△ウルトラマンジャスティス→黒い特凶の支援のためM78星雲へ
△大いなる意思→ウルトラマンAを誘う。

19 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:22:53 ID:8+U2Z3TB0
バルカンベースメンバー…嵐山長官、夢野博士、ドロシー・アンダーソン、佐原博士、
光明寺博士、お茶の水博士、三神博士、滝川博士、 大河内参謀、小中井副参謀、
スピルバン/城洋介、ダイアナレディ/ダイアナ、
バトルフィーバーJ(バトルジャパン/伝正夫、バトルフランス/志田京介、バトルコサック/神誠、バトルケニア/曙四郎、ミスアメリカ/汀マリア)
サンバルカン(バルイーグル/飛羽高之、バルシャーク/鮫島欣也、バルパンサー/豹朝夫)、
バンドーラ、トットバット、ブックバック、プリプリカン、セーラー戦士(セーラーマーズ/火野レイ、セーラージュピター/木野まこと、セーラーヴィーナス/愛野美奈子、セーラーちびムーン/ちびうさ)、
スパイダーマン/山城拓也、 宇宙刑事(ギャバン/一条寺烈、シャリバン/伊賀電、シャイダー/沢村大、アニー、マリーン) 、
オーレンジャー(オーレッド/星野吾郎、オーグリーン/四日市昌平、オーブルー/三田祐司、オーイエロー/二条樹里、キングレンジャー/リキ )、
ジャイアントロボ、U7(草間大作)、ウルトラマンナイス/夢野銀河、イナズマン/渡五郎、
紅健、レッドバロン、嵐田陽、マッハバロン、岩本博士、村野博士、岸田技術主任、
MYDO(ウルトラセブン/薩摩萬、数学、星見透、武村岩太)、おおとりゲン、ケンイチカイ、科学特捜隊(ムラマツ、アラシ)、
チームEYES(ヒウラ、フブキ)、PATK(村上浩、野村せつこ、熊井五郎)、小野寺参謀、ミラーマン/鏡京太郎

20 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:23:48 ID:8+U2Z3TB0
現在のアンチ・バダム同盟メンバー…立花藤兵衛、谷源次郎、珠純子、珠シゲル、
滝和也、滝竜介、電波人間タックル/岬ユリ子、がんがんじい/矢田頑二、海堂博士、
仮面ライダーBLACK RX/南光太郎、仮面ライダーZO/麻生勝、
瀬川耕二/仮面ライダーJ、ベリー、仮面ライダークウガ/五代雄介、一条薫、
仮面ライダーアギト/津上翔一、 仮面ライダーG3-X/氷川誠、G3マイルド/尾室隆弘、
小沢澄子、仮面ライダーギルス/葦原涼、アナザーアギト/木野薫、
仮面ライダーG4/水城史朗、深見里沙、風谷真魚、美杉義彦、美杉太一、
仮面ライダー龍騎/城戸真司、仮面ライダーナイト/秋山蓮、
仮面ライダーゾルダ/北岡秀一、由良吾郎、仮面ライダー王蛇/浅倉威、
仮面ライダーライア/手塚海之、仮面ライダーインペラー/佐野満、仮面ライダーグレイブ/水原、
栗原天音、栗原遥香、快傑ズバット/早川健、闇生物ゴハット、
鳥人戦隊ジェットマン(レッドホーク/天堂竜、ブラックコンドル/結城凱、
イエローオウル/大石雷太、ホワイトスワン/鹿鳴館香、ブルースワロー/早坂アコ)、
アンドロ仮面/月ひかる、シュシュトリアン(山吹月子、雪子、花子)、
ジェラ、バーラ、ブラックビート/シャドー、仮面ノリダー/木梨猛、
ドールハウス(神崎礼子、綾小路ミカ、夏希、あゆみ、薫、由香里、リサ)

21 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:25:03 ID:8+U2Z3TB0
長野中央病院メンバー…ゴレンジャー(アカレンジャー/海城剛、アオレンジャー/新命明、キレンジャー/大岩大太、モモレンジャー/ペギー松山、ミドレンジャー/明日香健二)、
ターボレンジャー(レッドターボ/炎力、ブラックターボ/山形大地、ブルーターボ/浜洋介、イエローターボ/日野俊介、ピンクターボ/森川はるな) 、
カーレンジャー(レッドレーサー/陣内恭介、ブルーレーサー/土門直樹、グリーンレーサー/上杉実、イエローレーサー/志乃原菜摘、 ピンくレーサー/八神洋子)、
ガイナモ、ゼルモダ、グラッチ、オーディン/尾藤あやめ、リュウガ/尾藤鳴子、ダップ、セイザーレルムズ/伝通院洸、セイザーパイシーズ/魚住愛、
ゾーンファイター/防人光、ゾーンエンジェル/防人蛍、ゾーンジュニア/防人明

警視庁にいるメンバー…警視総監、正木本部長、本郷博士、桜内雅子、多羅尾伴内、明智小五郎、
覚羅、オルタナティブ・ゼロ/香川英行、日向無限斎、山地闘破、ニンジャイエロー/セイカイ、藤村典子、タイムファイヤー/滝沢直人、馬風破、牢忍ハブラム、聖忍アラムーサ、
爆忍ロケットマン、城忍フクロウ男爵、雷忍ワイルド、トップガンダー、
ゴーグルブラック/黒田官平、ニンジャブルー/サイゾウ、モグラ獣人、大迫力警部、
ジバン/田村直人、メタルダー/剣流星、スプリンガー
ロボコン、佐伯慎二、津川健太郎、
ロボット刑事K、芝刑事、新条刑事、エクシードラフト(シンクレッダー/叶隼人、ドラフトブルース/村岡耕作、ドラフトキース/大熊拳)

22 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:26:32 ID:8+U2Z3TB0
警視庁にいるメンバー…警視総監、正木本部長、本郷博士、桜内雅子、多羅尾伴内、明智小五郎、
覚羅、オルタナティブ・ゼロ/香川英行、日向無限斎、山地闘破、ニンジャイエロー/セイカイ、藤村典子、タイムファイヤー/滝沢直人、馬風破、牢忍ハブラム、聖忍アラムーサ、
爆忍ロケットマン、城忍フクロウ男爵、雷忍ワイルド、トップガンダー、
ゴーグルブラック/黒田官平、ニンジャブルー/サイゾウ、モグラ獣人、大迫力警部、
ジバン/田村直人、メタルダー/剣流星、スプリンガー
ロボコン、佐伯慎二、津川健太郎、
ロボット刑事K、芝刑事、新条刑事、エクシードラフト(シンクレッダー/叶隼人、ドラフトブルース/村岡耕作、ドラフトキース/大熊拳)

防衛軍基地メンバー…UGM(オオヤマ一樹、イトウ順吉、ハラダ時彦、タジマ浩、フジモリ新八郎、イケダ登)、
MAC(黒田明雄、青島一郎、白川純子)、
Gフォース(黒木翔、結城晃、新城功二、鈴木、大野、上原)、
平成ウルトラ警備隊(シラガネ・サンシロウ、カザモリ・マサキ、シマ・ケイスケ、ミズノ・タクマ、ハヤカワ・サトミ、 ホンジョウ・ルミ)、
ZAT(朝日奈勇太郎、荒垣修平、二谷一美、北島哲也、南原忠男、森山いずみ)
ダイアン・マーチン、立花レイ

地球平和守備隊メンバー…本田司令官、
バイオマン(レッドワン/郷史郎、グリーンツー/高杉信吾、ブルースリー/南原竜太、イエローフォー/矢吹ジュン、ピンクファイブ/桂木ひかる)、
チェンジマン(チェンジドラゴン/剣飛竜、チェンジグリフォン/疾風翔 、チェンジペガサス/大空勇馬 、チェンジマーメイド/渚さやか 、チェンジフェニックス/翼麻衣 )、
剣崎一真/仮面ライダーブレイド、相川始/仮面ライダーカリス、上城睦月/仮面ライダーレンゲル、白井虎太郎、ピーポ
乾巧/仮面ライダーファイズ、木場勇治/仮面ライダーオーガ、菊地啓太郎、園田真理、ミナ

ムーンタウンにいるメンバー…ムーンタウン市長、橘明子、ハヤテ隊長、キシナガ副隊長、江波香織、エンジェル275
バッカス三世号クルー(キャプテン・ジョー、リュウ、ヒメ、ダン、ビリ)

たちばなメンバー…立花勢地郎、斬鬼、轟鬼、威吹鬼、弾鬼、鋭鬼、立花日菜佳

23 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:27:48 ID:8+U2Z3TB0
空中都市008メンバー…ブルースワット(ショウ、サラ、シグ、ザジ、南三郎、岩山鉄五郎、ゴールドプラチナム)
バイクロッサー(水野拳/バイクロッサー・ケン、水野銀次郎/バイクロッサー・ギン)
ジャッカー電撃隊
(桜井五郎/スペードエース、東竜/ダイヤジャック/、カレン水木/ハートクイン、大地文太/クローバーキング、番場壮吉/ビッグワン)
TAC極東支部(北斗星司&南夕子/ウルトラマンエース)
マイティジャック隊/APPLE日本支部(天田一平、源田明、今井進、江村奈美、一条マリ、弾超七、藤井”ゼネラル”泰蔵)
大原家(大原雄介、大原星夫、大原月子、大原冴子)
ワイズマン商会(ワイズマン社長、ジュリー・ワイズマン、リエコ)
未来科学都市003/APPLE北米支部(ブラッドレー博士)
ムーンタウン避難民(梅津ダン、梅津加代子、ミーン)
フェアリー王国(青山ミドリ、ドンパ、火の精、木の精、水の精、風の精)
青山家関連(青山竜夫、青山梅子、青山虎夫、白川菊子、白川大介、熊野”ボス”幸司、雪原純子)
スカイ考古学研究所(ネムリン、大岩マコ、スカイ考古学研究所所長)
キャッツワーク商会(竹田あけみ、竹田大吉)
ガンヘッド部隊(ブルックリン、宝忍ジャンヌ、ガンヘッド507、ガンヘッド808、ガンヘッド809)
大鉄人ワンセブン、石臼怪獣モチロン、ナマハゲ、天女アプサラ

24 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:28:21 ID:8+U2Z3TB0
<特筆事項>
・須藤はダッカーと繋がりがあったようだ。
・ダイナマンは解散し、発明センターも子供たちのための施設になっておりダイナブラックのメカ以外は廃棄されている。
・バラノイアの妨害電波がなくなり連絡が取れるようになった
・『誇り高き10人の戦士闇に堕つ時、ライダーの名のもとに戦士集い星界の王打倒せん
  其の者、黒き太陽王、歪められし命、深緑の守人、大自然の使者、伝説を超えし戦士、
  人類の未来、民の盾、異形の進化、円卓の騎士』との予言
・真魚は「癒しの力」を得る。死者は復活させられないが、生きている人物ならフィジカル・メンタル両方回復できる
・白い服の青年が放った光はヒーローたちの力を一時的にパワーアップさせる。また、全宇宙に広がっている。
・スターピースと太陽フレアの影響でバダム側の、超時空ネットワークによる通信が不可能に。
・デスギドラが倒された事により地球周辺の衛星が破壊される。なお、デブリは全て回収されたので地球への出入りは可能。
・大いなる意思の目的は新たなる肉体を手に入れる事。理想はウルトラ戦士のようだ。
・立花ナオキは謎の人物によりノートの解読能力を手に入れる。
・黒い特凶がウルトラの星を爆破させようとする目的は絶対神ン・マの転生の為である。
 なお、本来のン・マは宇宙正義と共に大いなる意志と戦った光の絶対神の一人だった。
・ン・マを本来の姿にするのは光を導く者をン・マに捧げる事。

25 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:28:58 ID:8+U2Z3TB0
<大いなる意思に対するためキーになるものとか>
・光を守護する者 神崎優衣
・銀河バイブルの破片に記された『光』の文字
・地球の力
・三枚のサバイブカード。そのうち「烈火」は無事真司に。「無限」は高見沢に。「疾風」はまだ誰の手にも渡っていない。
・銀河バイブルの一節
『太陽の3番目 青き輝き持つ子 世界が一つに重なり 邪悪なる炎が蘇る時 その輝きを失い
 全銀河は闇に包まれ終焉を迎える…』
『集う光 満ちる光 12人の白き羽の御子 聖なる盃に 光り注ぐ時 大いなる門が開き
最後の希望現れる だが その希望 裏切りの黒き羽の御子が打ち砕くであろう ・・・』
・スターピース(バルカンベース(アメリカでメガシルバーが入手)、メルカ共和国、ダイブハンガー(石堀が強奪)、008、MYDO、バーザが大獣神から託された、七本槍がタコラの森で入手)
・ゴメスはブレインを使って大いなる意思とコンタクトを取っている。
・光を導く者は12人いて今まで見つかったのは青山ミドリ、宝忍ジャンヌ、望月綾である。

○大いなる意志に関して
大いなる意志が「奴ら」と呼ぶものたちによって、別の世界に封じられている
ウルトラマンの肉体を求めるのは、こちらの世界にくるための仮の体として
利用したいから。(もちろん、この事は、首領以外、誰も知らない)
光と闇が造りだす深き混沌の淵から生まれる何かによって、封印が解かれ
こちらの世界に来る事ができるようになる。
目的は、封じたものたちへの復讐と世界を還ること。
「還る」は誤字がこの字なのかは不明。

26 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:29:48 ID:8+U2Z3TB0
○登場作品
<仮面ライダーシリーズ>
仮面ライダー
仮面ライダーV3
仮面ライダーX
仮面ライダーアマゾン
仮面ライダーストロンガー
仮面ライダー(新)
仮面ライダースーパー1
10号誕生!仮面ライダー全員集合!!
仮面ライダーBLACK
仮面ライダーBLACK RX
真・仮面ライダー 序章
仮面ライダーZO
仮面ライダーJ
仮面ライダークウガ
仮面ライダーアギト
仮面ライダー龍騎
仮面ライダー555
仮面ライダー剣
仮面ライダー響鬼
仮面ライダー THE FIRST

27 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:30:56 ID:8+U2Z3TB0
<ウルトラシリーズ>
ウルトラQ
ウルトラマン
ウルトラセブン
帰ってきたウルトラマン
ウルトラマンA
ウルトラマンタロウ
ウルトラマンレオ
ウルトラ6兄弟対怪獣軍団
ウルトラマン80
アンドロメロス
ウルトラマングレート
ウルトラマンパワード
ウルトラマンネオス
平成ウルトラセブン
ウルトラマンゼアス
ウルトラマンティガ
ウルトラマンダイナ
ウルトラマンガイア
ウルトラマンナイス
ウルトラマンコスモス
ウルトラQ DARK FANTASY
ULTRAMAN
ウルトラマンネクサス
ウルトラマンマックス

28 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:31:49 ID:8+U2Z3TB0
<スーパー戦隊シリーズ>
秘密戦隊ゴレンジャー
ジャッカー電撃隊
バトルフィーバーJ
電子戦隊デンジマン
太陽戦隊サンバルカン
大戦隊ゴーグルファイブ
科学戦隊ダイナマン
超電子バイオマン
電撃戦隊チェンジマン
超新星フラッシュマン
光戦隊マスクマン
超獣戦隊ライブマン
高速戦隊ターボレンジャー
地球戦隊ファイブマン
鳥人戦隊ジェットマン
恐竜戦隊ジュウレンジャー
五星戦隊ダイレンジャー
忍者戦隊カクレンジャー
超力戦隊オーレンジャー
激走戦隊カーレンジャー
電磁戦隊メガレンジャー
星獣戦隊ギンガマン
救急戦隊ゴーゴーファイブ
未来戦隊タイムレンジャー
百獣戦隊ガオレンジャー
忍風戦隊ハリケンジャー
爆竜戦隊アバレンジャー
特捜戦隊デカレンジャー
魔法戦隊マジレンジャー

29 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:32:36 ID:8+U2Z3TB0
<メタルヒーローシリーズ>
宇宙刑事ギャバン
宇宙刑事シャリバン
宇宙刑事シャイダー
巨獣特捜ジャスピオン
時空戦士スピルバン
超人機メタルダー
世界忍者戦ジライヤ
機動刑事ジバン
特警ウインスペクター
特救指令ソルブレイン
特捜エクシードラフト
特捜ロボ ジャンパーソン
ブルースワット
重甲ビーファイター
ビーファイターカブト
ビーロボ カブタック
テツワン探偵ロボタック

<不思議コメディシリーズ>
ロボット8ちゃん
どきんちょネムリン
おもいっきり探偵団覇亜怒組
魔法少女ちゅうかなぱいぱい!
魔法少女ちゅうかないぱねま!
美少女仮面ポワトリン
不思議少女ナイルなトトメス
うたう!大竜宮城
有言実行三姉妹シュシュトリアン

30 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:33:37 ID:8+U2Z3TB0
<1950〜60年代ヒーロー>
スーパージャイアンツ
月光仮面
遊星王子
少年ジェット
鉄腕アトム
まぼろし探偵
七色仮面
海底人8823
鉄人28号
アラーの使者
ナショナルキッド
宇宙快速船
黄金バット
悪魔くん
マグマ大使
ジャイアントロボ

31 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:35:36 ID:8+U2Z3TB0
<1970年代ヒーロー(東映)>
すき!好き!!魔女先生
超人バロム・1
変身忍者嵐
人造人間キカイダー
キカイダー01
ロボット刑事
イナズマン
イナズマンF
コンドールマン
アクマイザー3
超神ビビューン
宇宙鉄人キョーダイン
大鉄人17
快傑ズバット
スパイダーマン
銀河大戦 宇宙からのメッセージ

<1980〜2000年代ヒーロー(東映)>
星雲仮面マシンマン
兄弟拳バイクロッサー
人造人間ハカイダー
超光戦士シャンゼリオン
ゼブラーマン

32 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:36:38 ID:8+U2Z3TB0
<1970年代ヒーロー(円谷・東宝など)>
ミラーマン
レッドマン
トリプルファイター
ファイヤーマン
ジャンボーグA
ジャンボーグA対ジャイアント
恐竜戦隊コセイドン
スペクトルマン
サンダーマスク
行け!ゴッドマン
レインボーマン
アイアンキング
流星人間ゾーン
スーパーロボット レッドバロン
ダイヤモンドアイ
行け!グリーンマン
電人ザボーガー
スーパーロボット マッハバロン
円盤戦争バンキッド
行け!牛若小太郎
バトルホーク

33 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:37:14 ID:8+U2Z3TB0
<1980〜2000年代ヒーロー(円谷・東宝など)>
電光超人グリッドマン
七星闘神ガイファード
ボイスラッガー
時空警察ヴェッカー D-02
千年王国V銃士ヴァニーナイツ
鉄甲機ミカヅキ
キューティーハニー
CASSHARN
超星神グランセイザー
幻星神ジャスティライザー
DEVILMAN

<その他特撮作品(東映)>
少年ケニヤ
忍者ハットリくん
がんばれ!ロボコン
透明ドリちゃん
燃えろ!ロボコン
SHI15UYA 15

34 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:38:03 ID:8+U2Z3TB0
<その他特撮作品(円谷・東宝など)>
宇宙Gメン
コメットさん(大場久美子版)
マイティジャック
戦え!マイティジャック
怪奇大作戦
緊急指令10-4・10-10
クレクレタコラ
怪人二十面相
スターウルフ
ゼイラム
NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE

35 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:39:51 ID:8+U2Z3TB0
<その他(ドラマ、ミュージカル、人形劇etc)>
多羅尾伴内
河童の三平 妖怪大作戦
空中都市008
見ごろ!食べごろ!笑いごろ!
プリンプリン物語
月曜ドラマランド ゲゲゲの鬼太郎
スケバン刑事
スケバン刑事U 少女鉄仮面伝説
スケバン刑事V 少女忍法帖伝奇
セーラー服反逆同盟
少女コマンドーいづみ
花のあすか組!
帝都物語
仮面ノリダー
TOKYO BABYLON 1999
美少女戦士セーラームーン(ミュージカル版)
聖龍伝説
木曜の怪談より〜サイボーグ〜
木曜の怪談より〜ゴーストハンター早紀〜
D×D Dangerous Angel  Death Hunter
真・女神転生 デビルサマナー
エコエコアザラク(加藤夏希版)
ストレッチマン
雅楽戦隊ホワイトストーンズ
仮面ハライター
ドールハウス〜特命女性捜査班〜
COSMIC RESCUE-The Moonlight Generations-
下妻物語
漫(F)画☆太郎SHOW ババァゾーン(他)
魁!クロマティ高校 THE MOVIE
西遊記(香取慎吾版)

36 :まいどん(マッスルギア装備):2006/06/09(金) 22:41:48 ID:8+U2Z3TB0
バダム未所属、対立している敵組織等
・ウオノメ・マナコ
・バラノイア(協力関係)
・ヤプール(協力関係 利用してるだけ)
・グロンギ
・スマートブレイン
・ゼイラム
・大星団ゴズマ
・石堀、メフィスト、ファウスト
・妖怪軍団
・バイラム
・ツクヨミ
・加藤
・大サタン(シド、香坂)
・エヴォリアン
・カオスヘッダー
・桜塚星史郎(打倒加藤の為、一時的に昴流達と手を組む)
・ランカー商会
・デスター&クライム残党
・テンタクル&オクトパス
・デーモン怪人軍団(除くバービーブー&テンパージョー)
・ジャカンジャ暗黒4本槍
・ゴーデス

37 :名無しより愛をこめて:2006/06/09(金) 22:42:50 ID:8+U2Z3TB0
テンプレ終わりました。
SSの方も期待しています。

38 :名無しより愛をこめて:2006/06/09(金) 23:25:09 ID:8+U2Z3TB0
一発目行きます。

メルカ共和国ではゴーデス怪獣と超獣を迎え撃つ為、国防軍が出撃するも怪獣達には歯が立たなかった。

首相官邸にグルジェフとミカエルが入ってきた。
「将軍殿、お呼びでしょうか?」
「グルジェフ、お前が作っているという巨大ロボであの怪獣どもを倒してこい!」
「では、準備にかかります。」
ミスターKが半ば狂乱気味にグルジェフにカラミティをはじめとする巨大ロボの出撃の指示を出す。
グルジェフが頭を下げる。

「我が僕となれ…。」
その頃、カイロン・システムが不気味な声を発すると同時にグルジェフの指揮する巨大ロボ達の目が不気味に赤く光り静かに動き始めた。
カイロン・システムにより巨大ロボ達が乗っ取られたのは誰も知る由も無かった。

●ミスターK、デビラー→グルジェフに巨大ロボ発進の指示を出す。
●グルジェフ、ミカエル→巨大ロボの発進準備に取り掛かるがカイロン・システムに乗っ取られた事を知らず。
●カイロン・システム→カラミティ、宇宙鉄面党ロボ、キングマグマーを動かす。
これらは以後フリーにします。

39 :名無しより愛をこめて:2006/06/11(日) 23:15:53 ID:MsHl3HNS0
ttp://2ch.pop.tc/log/06/03/29/0727/1131353527.html

40 :名無しより愛をこめて:2006/06/13(火) 12:01:07 ID:9wAhpcMB0
バルカンベース決戦再開です。

バルカンベースにも高倉長官からパンゲアシステムを通してゴーデス出現の報が入った。
「このままでは日本にもゴーデス細胞の影響が出てしまいます。」
「そんな…バラノイアだけでも手こずっているというのにゴーデス細胞まで日本に来てしまっていは!?」
「我々TACも世界各地に全戦力を送っていますがどこまで持つのかわかりません。」
嵐山長官をはじめとする指令室にいる面々に不穏は空気がよぎる。
「我々も何とかしてバラノイアを喰い止めます。」
「こちらこそ、よろしく頼みます…。」
高倉長官は深く頭を下げ通信を終えた。

「長官、レーダーに怪獣の反応があります!」
「何、まだいたのか!?」
「モニターに映します。」
モニターに映ったのは上空から10匹ものゲルカドンが現れた。
「そんな…あの怪獣もゴーデスの影響なのか…。」
村野博士が空を舞うゲルカドンを見て絶句する。

41 :名無しより愛をこめて:2006/06/13(火) 12:03:42 ID:9wAhpcMB0
「ブルピー、あの怪獣ってまさか…。」
「多分ゴーデスが復活したんだな。」
バラクティカのブリッジではモニター越しからゲルカドンの出現を見てブルドントがゴーデスの復活を推測する。
「スーパー轟天は奪い返されたけどこれで形勢逆転ね。」
「ああ、あの怪獣の力を借りて一気にバルカンベースを潰すよ。」
ブルドントとマルチーワの二人は大喜びであった。

全てのゲルカドンはバルカンベースの周辺に火炎弾を連発してきた。
「うわぁぁぁ!」
「な、何だ!?」
その攻撃はオーレンジャー達とイナズマギンガー達を襲った。
「ブルドントめ、あんな隠し玉を持っていたんだな。」
火炎弾を横切りながらイナズマギンガーがゲルカドンを見ていた。

42 :名無しより愛をこめて:2006/06/13(火) 12:04:45 ID:IDqa/VWo0
42

43 :名無しより愛をこめて:2006/06/13(火) 12:05:00 ID:9wAhpcMB0
一方で超獣達と量産型メカゴジラを相手にしているガンマジン達にもゲルカドン達が襲い掛かってきた。
「ま、また怪獣か!?」
空を見たヒウラ隊長が驚く。
「ギャァァァオ!」
するとゲルカドン達は火炎弾を放ち始めた。
「デヤァァァァァ!」
レオはウルトラマントで一同を包み込んで火炎弾を防ぐ。
その間にもゲルカドン達の激しい攻撃で量産型メカゴジラは全滅、超獣もドリームギラスが倒された。

一方、イリスを迎え撃つセブンとゼアスにもゲルカドン達が攻撃を始めた。
「そんな奴が出てくる確率なんて無かったぞ…。」
その戦いを見ていた数隊員が驚く。

「おい、何処狙っているんだよ!」
ブルドントがゲルカドン達の思わぬ攻撃に怒りを隠せ無い。
ゴーデスは「純粋」な悪であり既にバラノイアが操れる代物では無かった。

・鉄面党ロボ(ブリザード7、ディモスZ、改造 ブレ−キング、ノリシロン12、増刊、最終、カノンメガス)
ウルトラ戦士(レオ/おおとりゲン、パワード/カイ・ケンイチ、ナイス/夢星銀河) 、ガンマジン
ジャイアントロボ、レッドバロン、マッハバロンVSサウンドギラー、オイルドリンガー
・ウルトラセブン、ウルトラマンゼアスVSイリス×3
●ゲルカドン→10匹がバルカンベースに出現、ヒーロー側とバラノイア側の双方に攻撃
●ドリームギラス、量産型メカゴジラ(バルカンベース出撃分)→ゲルカドンに倒される。

44 :「奴隷」か?「純粋悪」か?:2006/06/13(火) 21:17:54 ID:4cqf+IxR0
008編の中の人です。
ゴーデスが暴れまくってますので、エースに悪夢を見させてスタート致します…。

大いなる意思『ヤプール…。貴様の命運もこれまでだな…。』
SJK『バラノイアのバカどもが投げ込んだゴーデスの事か?』
大いなる意思『そうだ…。ゴーデスは我と同じ純粋なる『悪』…。あの光の巨人が
我を受け入れ闇の巨人に戻り、ゴーデスを受け入れれば我の念願は叶う…。』
スーパージャンボキング…ヤプールに向かって嘲笑うように「大いなる意思」が言う。

SJK『それでこの私を粛清すると言うのか?』
大いなる意思『その通りだ…。同時に空中都市008とか言う人間どもの街も、
ウオノメ・マナコの愚か者も道連れにしてやろう…。』
SJK『だが、そうなったら008どころか地球も銀河系も巨大ブラックホールとなっ
て消滅するぞ?それでもいいのか?』
ヤプールのその詞に「大いなる意思」は詞を詰まらせた。スーパージャンボキングの
体内にはハイトロンだけではなく、エージェント・アブレラの作ったブラックホール
爆弾…バスターマシン666号の爆発時に生じたブラックホールのエネルギーも吸収
しているのだ。不用意にヤプールを殺す事は「大いなる意思」の計画にも支障を生じ
る事を意味していた。ヤプールは自らの身体を張って、史上最大の博打を張ったのだ。

45 :名無しより愛をこめて:2006/06/13(火) 21:18:44 ID:4cqf+IxR0
『ならば、その闇の巨人は私たちキリエルの僕にするわよ…。』
すると何処からともなく、女のキリエル人が現れた。黒い特凶のキリエルは、キリエル
人の代表として送り込まれた男のキリエルで、女のキリエルは黒い特凶の裏工作担当に
回っていたのであった…。

エース「貴様は…。」
キリエル(女)「私はキリエル…、真の光の神…。そして、この宇宙の全能の神…。」
虫の息のウルトラマンAを見下すように、女のキリエルが言う。

キリエル(女)「貴方が本当に『光の巨人』となるためには、私たちキリエルの奴隷に
なる事を受け入れなさい…。」
エース「どう言う事だ…?」
キリエル(女)「貴方がキリエルの奴隷になれば、貴方は真の意味での『光の巨人』に
なる事が出来るのよ…。元はといえばお前達ウルトラマンどもの力は、私たちと光の絶
対神ン・マから奪ったもの…。」
エースは詞を失った。常々キリエルはウルトラマンを「闇の巨人」と蔑んでいたのだ
が、その理由を聞かされて底知れない悪夢を感じ取ったのだ…。

46 :名無しより愛をこめて:2006/06/13(火) 21:19:52 ID:4cqf+IxR0
キリエル(女)「かつて、宇宙正義と私たち、そしてン・マは『大いなる意思』とお前達を
相手に戦いを続けていた…。奴隷である人間どもに『心』を与えようとしたお前達と、
それを阻止しようとした私たちの戦いは熾烈を極めた…。そして、その戦いの中で
我が友であるン・マが『光』を失って暴走し、戦いはバトルロワイヤル化してしまった…。
その時、ン・マの失った光を地球人の男と月星人の女が浴びて、その二人に接触した
闇の巨人が光の巨人になった…。それがウルトラマンA…、貴様の祖先よ…。」
そう言うと女のキリエルは、エースの身体を宙に浮かせた。そして、右手から発する七
色の光でエースの中から北斗星司と南夕子の2人を強制分離させた。

エース「何のつもりだ?」
キリエル(女)「テストよ…。貴方が本当に『光の巨人』であるなら、この2人を殺しなさ
い…。」
せせら笑いながら言う女のキリエル。エースの目の前にいる星司と夕子の2人の瞳に
光は無く、虚ろな表情でエースに向けてゆっくりとTACガンを向けようとしていた。

キリエル(女)「素晴らしいでしょう?これが人間達の本当の姿…。私たちキリエルの
命令は絶対なのよ…。」
星司『我等はキリエル様の奴隷…。』
夕子『神の詞は唯一にして絶対なり…。』
ロボットのような声で星司と夕子がTACガンの銃口をエースに向けて定める。そして
トリガーにゆっくりと人指し指をかけていく2人…。

47 :名無しより愛をこめて:2006/06/13(火) 21:20:58 ID:4cqf+IxR0
キリエル(女)「さぁ、この2人を殺しなさい!そして絶対神ン・マの生贄に捧げるの
よ…!!この2人のウルトラリングは、ン・マの物だったドリームボールの変化したも
のなのよ…!!」
吠える女のキリエル。その詞に自由が利かなくなるエース。その両腕がゆっくりと、メ
タリウム光線発射のポーズを取りつつあった…。

そしてそのターゲットは、真っ直ぐ星司と夕子の2人に向いていた…。

△キリエル人(女)→ウルトラマンAから星司と夕子を分離させて決闘をさせる。
ウルトラマンAvs北斗星司&南夕子
ヤプール/スーパージャンボキングvs大いなる意思vsキリエル人(女)

果たして、エースは星司と夕子を殺すのか?それとも、大いなる意思を受け入れるのか?
今回はここまでに致しますです…m(__)m



48 :名無しより愛をこめて:2006/06/13(火) 23:11:43 ID:9wAhpcMB0
「せめてジャンボーを沈められれば…。」
嵐山長官がモニターを見ながら苦心のまま拳を震わす。
「しかし、光波バリアのエネルギーこそは解析できましたが弱点が無いに等しいのです。」
ドロシー博士が解析の結果を伝える。
「やはり主砲を撃つ所を狙うかバリアをぶち破るエネルギーの攻撃をぶつけるしか無いのう。」
お茶ノ水博士がその結果を聞いて不安な表情になる。

「嵐山長官、任せて下さい。」
モニターにパンゲアシステムで通信が入ってくる。
「君はアルケミスターズのダニエル君か!」
モニターに一人の青年が映ると夢野博士がその青年がアルケミスターズのダニエル議長だと見抜く。
「大原博士から送られてきたジャンボーのデータから光波バリアの弱点を見つけました。」
ダニエル議長が一同に光波バリアの突破法を見つけた事を伝える。
「それは本当かい?」
「ええ、そのデータをパンゲアシステムと通して送ります。」
三神博士に聞かれるとダニエル議長が頷く。

○ダニエル議長→光波バリアの突破法を見つけバルカンベースに通信を送る。
ここでバルカンベースはフリーにします。
ダニエル議長達アルケミスターズにもパンゲアシステムが繋がっていますので上手く活かしてください。

49 :カイロン再び:2006/06/14(水) 00:54:45 ID:DRQ9smVg0
ついでにガンヘッド部隊も動かしますです…。

時間は遡り、ブルースワット本隊がジスプの戦艦に突入と同時刻…。

ブルックリン「ガンヘッド!ワンセブンが相手にしている超獣はどう言う構造に
なっている?!」
ガンヘッド507『ガランの方は3億年前の魚類を超獣に改造したもの、マザリュースの
方は宇宙放射線の集合体です…。元のマザリュースは人間の純粋な妄想の産物で
すが、今目の前にいるマザリュースはかつてアプラサ女史が超獣化された時と同じ
ように、体内の異次元空間に昨日エースが倒したマザロン人の細胞を納めたコアが
有ります…。』
ジャンヌ『私の方もそれを感じ取れます…。あの超獣は、生み出した者の怨念が実
体化した物です…。』
ダン『北斗さんも言ってたよ…。人間の心の中には誰にでも「超獣」がいるって…。』
ブルックリン「実体化した『亡霊』って奴か…。」
歯噛みしながらモニタースクリーンを見つめるブルックリン。

ブルックリン「ワンセブン、聞こえるか?」
ワンセブン『イエス…。』
機械的だが、苦しそうな声でワンセブンがブルックリンに答える。

ブルックリン「これよりジャンヌさんとマルハチがマザリュースの奴をサーチする。
ジャンヌさんのドリームボールの力で奴の中の異次元空間を透視し、そこにあるコア
にグラビトンを打ち込むんだ…!」
ワンセブン『イエス…!』
マルハチのコックピットでジャンヌが、両手にドリームボールを乗せて精神を集中す
る。それをマルハチのテレパシー通信システムがキャッチし、データ化してワンセブ
ンの電子頭脳にマザリュースの「コア」の位置を知らせる。

50 :名無しより愛をこめて:2006/06/14(水) 00:55:42 ID:DRQ9smVg0
ジャンヌ「ワンセブン!マザリュースの中枢は人間で言う心臓の位置よ!!」
ワンセブン『イエス…!』
そう言いながらワンセブンが、グラビトンの照準をマザリュースの「心臓」にロックオン
する。その部分だけが何故か揺らぎを見せており、そこがマザリュースの弱点のよう
にも見えた。

その時であった…。

三郎『ブルックリンさん!上空に妙な光が結界の上でスパークしてます!!』
ブルックリン「どうした?三郎君!」
すかさずガンヘッド507にサーチを指示するブルックリン。

ガンヘッド507『あれは…、ゴーデス細胞です!!』
ブルックリン「ゴーデス細胞?!」
ガンヘッド507『かつて、ウルトラマングレートが倒した超生命体です…。人間で言う
「善」の思考を全く持たない、純粋な悪意のみを持って生きている邪悪生命体です!!』
ガンテツ『何じゃって?!』
ガンヘッド507『幸いと言っては何ですが、008はガンバス大王陛下の結界によって
ゴーデス細胞の侵入は防がれているようです。辿り着いたのがあったとしても、既に死
滅しているようです…。』
ガンヘッド809『それと、TAC南太平洋国際本部が人工衛星網の復旧に成功した模様
です…。衛星放送のニュースが、ゴーデスの怪獣が各地で暴れまくっている事を伝え
ている様子です…。』
復旧した衛星放送のニュースを見て、マルキューのコックピットにいるダンが絶句して
いる。ブローズとゲルカドン、バランガスの3大怪獣が各地で無差別攻撃を繰り広げて
いる様子が、モニタースクリーンにリアルタイム中継されている。

51 :名無しより愛をこめて:2006/06/14(水) 00:57:05 ID:DRQ9smVg0
ダン「それとブルックリンさん…、バルカンベースからの通信を傍受したんだけど、
ゴーデスの怪獣は敵味方関係なく無差別攻撃を繰り返しているって…!」
ブルックリン「それじゃあまるで、シグが話していたゼイラムってエイリアンの殺人鬼
と同じじゃないかよ?!」
呆然とするブルックリン。

しかしその時、運良く(悪く)「妖精の壁」を突破出来た一かけらのゴーデス細胞が、
ウオノメ・マナコのブルガリオの1体に取り付いたのであった。そのゴーデス細胞は
ブルガリオの電子頭脳ユニットに取り付くと、地球の通信衛星にアクセスを開始する
ようにシステムを書き換えたのであった…。

ガンヘッド507『ブルックリン、大変です!メルカ共和国に『奴』の反応をキャッチし
ました…!』
ブルックリン「『奴』?!」
ガンヘッド507『メルカ共和国製のコンピューターユニットを組み込んだシステムに向
けて、第1級服従プログラムがダウンロードされているようです…!』
ブルックリン「まさか…。」
ガンヘッド507『その「まさか」です、ブルックリン…。』
静かだが、怒りを込めた声でガンヘッド507が一同に答える。

ブルックリン「カイロン5…、破壊されていなかったのか?!」
思い出したくもないコンピューターの名前を口にしたその時、メルカ共和国で覚醒した
カイロン・システムの指令コード「我が僕となれ…。」をゴーデス細胞は受信していた
のであった…。そして全てのブルガリオに向けて、ターゲットを超獣だけでなくガンヘ
ッド部隊に攻撃指示を出したのだ。

そして、ブルガリオのシステムだけでなく、外観までも改造するように自己修復プログ
ラムも書き換えてしまったのであった…。

△ゴーデス細胞(一かけら)→ブルガリオ軍団のシステムをハッキングする。


52 :北海道民:2006/06/14(水) 15:46:19 ID:khjaqVUY0
リストにホワイトストーンズが載ってたけど…どこに?

53 :北海道民:2006/06/14(水) 15:46:52 ID:khjaqVUY0
言葉足らんかった。
「話の中の」どこに?

54 :名無しより愛をこめて:2006/06/14(水) 21:17:58 ID:ACGFeMR/0
「ゴーデス細胞は世界各地に拡がっています」
「キラウエアのゴーデスの全長100キロメートルに達しています」
「そうか、じゃあ撤退だ。イナズマギンガー達も呼び戻せ。それと極東基地のケリス達にも
引き上げるよう命じるんだ」
バーロ兵の報告を聞き、ブルドントは撤退を命じた。
「えー、ブルピー撤退しちゃうの?」
「ああ、ゴーデスが復活して100キロ以上に成長してるんだ。もう奴を止める事は
誰にもできない。僕達が動かなくても人類、いや地球の生命体はゴーデスに根絶される。
地球は、そのあと僕達がいただけばいいって事さ」
「なるほど究極の他力本願ね、・・・つて、その後私達はゴーデス
と戦う事になるじゃん!」
「いやいや、ゴーデスの目的は生物を滅ぼす事、機械である僕達は関係ないさ。仲良く
共存だよ」
「なるほど」
「さぁ、撤収だ!僕達は緯度ゼロで人類が滅ぶのを高みの見物だ」
「了解」
ブルドントの命令の元、バラノイアはギンガー達を回収して撤退して行った

バラノイア ブルドントと恋人、イナズマギンガー、ボンバー・ザ・グレート、スチームパンクス
及び極東基地のケリスとバラブレイン 緯度ゼロで人類の最後を高みの見物



55 :名無しより愛をこめて:2006/06/14(水) 22:05:58 ID:9hj7axUe0
今更だけどと京一郎を動かします。

大利根航空に来た京一郎は伴野にジャンセスナを貸してくれるよう頼んだ。
「というわけで、貸してください。お願いします!」
「しかし、それだと使ってはいけないと言ったナオキの顔が立たんからな・・・」
伴野が悩んでいたその時、空から光の粒子が降り注いだ。ゴーデス細胞である。
ゴーデス細胞が大利根航空の近くに降り注ぐと瞬く間に地下から三匹のブローズが出現した。
「何だ。あの怪獣は!」
2人が驚いていると、ブローズたちはジェットコンドルを破壊して2人に迫って来た。
「このままじゃ危険です!伴野さん。ジャンセスナを貸してください!」
「仕方がない。使って良いぞ!」
2人はジャンセスナに乗りこんだ。すると京一郎の持っていた時計が緑色に光だした。
その時計はかつて彼の兄である竜蔵がナオキの所持している腕時計を見て
京一郎に贈ろうと思って作った手製の腕時計であった。しかし贈ろうと思って矢先に
殉職してしまったためにみずからの手で渡すことができなかった時計でもあった。
京一郎はジャンセスナを飛ばして、もう一度腕時計を見た。確かに光っていた。
(兄さん。僕に力を貸してくれ・・・)そう心の中で念じると京一郎は力をこめて叫んだ。
「ジャンファイト!」
するとジャンセスナは一瞬でジャンボーグAになった。


56 :名無しより愛をこめて:2006/06/14(水) 22:43:36 ID:9hj7axUe0
「ほお。ナオキの奴はこんな場所で操縦していたのか・・・」
ジャンボーグAの中にいる伴野は感心した。
「伴野さん。まずはあの怪獣たちを倒します。」
「わかった。早いとこ倒してしまってくれ!」
ジャンボーグAはブローズたちの前に立ちふさがった。
(無駄なエネルギーを使っている暇はない・・・一気に倒してやる!)
ジャンボーグAはその場で両腕を前にかまえた。
「ハンティングフラッシャー!」
両腕から連続発射されたエネルギー光弾はブローズたちの頭に直撃して怯むませた。
「ジャンサーベル!」
間髪いれずにジャンサーベルを取り出すとジャンボーグAは一気にブローズたちとの
間合いを詰めると、そのまま三匹を流れるような動きで切り裂いた。
ブローズたちは反撃する間もなく地に伏した。すると体からゴーデス細胞が舞い上がった。
それを見たジャンボーグAは逃がすまいと
「ビームエメラルド!」を発射してゴーデス細胞を消滅させた。
「伴野さん。ここは危険なので一旦バルカンベースに向かいましょう。」
「どうしてなんだ?もうあの怪獣たちは倒したのだろう?」
伴野は聞いた。
「あの怪獣たちはあの光の粒子が降り注いでから出現しました。またいつあの粒子が
降り注ぐかわかりません。だからバルカンベースに向かうのです。」
京一郎の説明に伴野は納得した。
こうして2人はバルカンベースに向かうことになった。
空を飛ぶジャンボーグAの中で京一郎は考えた。
(光の粒子が降り注いで怪獣が出現した・・・間違いないゴーデスだ。
粒子は風に流されて降り注いだ。大利根航空からバルカンベースから
そう遠い距離じゃない。まさかバルカンベースにもゴーデスの怪獣が?)
恐ろしいことに予想は的中していた。そうとは知らずに2人はバルカンベースに向かった。

〇岸京一郎/ジャンボーグA、伴野大作→バルカンベースに向かう。
●ブローズ→ジャンボーグAに倒される。
以後フリーです。

57 :名無しより愛をこめて:2006/06/14(水) 23:32:49 ID:L4ikcKHS0
防衛軍基地ではバラノイア一斉撤退により量産型メカゴジラと量産型GR-2、そしてブローズを残すのみとなった。
「撤退だと。」
「何かあったの。」
パドックにいる朝比奈参謀やレイをはじめとする一同がバラノイアの撤退に戸惑いを隠せなかった。

「ストリウム光線!」
タロウが全身のエネルギーを集め必殺技のストリウム光線をブローズに放つ。
ブローズはストリウム光線の直撃を受け爆発起こした。

「よし、一気に倒してやるぜ、喰らえ!」
モゲラのプラズマメーサーキャノンとザムレスキューの一斉レーザー攻撃で残った量産型メカゴジラと量産型GR-2を一度に倒した。
「これで終わりだな。」
「はい…。」
結城がほっとすると新城が頷く。
ケリス率いる本隊は逃したものの何とかこの場にいた全ての敵を倒したのであった。

●ケリス→防衛軍基地から撤退。
●ブローズ(防衛軍基地出現)→タロウに倒される。
●量産型メカゴジラ(防衛軍基地出撃分)、量産型GR-2→モゲラとザムレスキューに倒される。
防衛軍基地の戦いを終わらせました。
後はフリーにします。

58 :魔王と女王:2006/06/15(木) 21:51:31 ID:/2MWrSih0
キリエル人(女)がウルトラマンAと星司&夕子を弄んでいるその頃…。

『いょう!久しぶりだな、ブルースワット…。』
「貴様は…、ビルゴルディ?!」
満身創痍のショウが、目の前に現れた赤い装甲服に身を纏ったペロペロキャンディの
男を睨み付ける…。

『相変わらず、戦争の仕方が下手くそね…。ネズミども…。』
「マドモアゼル・クイーン、貴様も一緒と言う事か?」
ゴールドプラチナムの詞にせせら笑う赤いドレスの女。

ブルースワット一同は、この2人に見覚えがあった。
赤いドレスの女は、宇宙犯罪組織スペースマフィアのドン、マドモアゼル・クイーン。
もう一方のペロペロキャンディを舐めているヤクザ風の顔付きの男は、クイーンと手を
組んで自分達やジャンパーソン、ガンギブソン、ビーファイターを窮地に追い込んだ最
凶最悪のバイオボーグ、魔王ビルゴルディこと帯刀龍三郎その人であった…。

59 :名無しより愛をこめて:2006/06/15(木) 21:53:04 ID:/2MWrSih0
ザジ/ジスプ「く、クイーン…。何故貴女が地球人如きと手を組むのですか…?」
スペースマフィアの女王が地球人を伴って現れた事に狼狽するザジ/ジスプ。

Q「地球人如き…?愚か者が!この男は只の地球人ではない!!自らの身体を機械の
身体にしてでも悪の道を究めた偉大な地球人じゃ!!」
帯刀「他の奴らの頼みは聴く気はないが、他成らぬマドモアゼルの頼みだ…。ゴーデスの
野郎にこの街が飲み込まれる前に手前ぇを始末に来てやったのさ…、ムッシュ・J…。」
帯刀のドスの聴いた声に怯えるザジ/ジスプ。

帯刀「さぁ、その小便臭いガキの身体から出てくるんだな!ジスプ!!それとも、そのガキ
の中に引きこもっていないと何もできないチキン野郎か?貴様は!!」
ザジ/ジスプ「言わせておけば…!!」
怒りの声も露にジスプは、ザジの身体から抜け出して醜悪な本体を晒した。魂が抜けた
ように倒れるザジ。そのザジをシグとサラが介抱する。

ジスプ「一度貴様とはサシで勝負したかったぜ…。」
帯刀「そう来なくっちゃな…。」
そう言ってペロペロキャンディを放り投げる帯刀。

『行くぞ!!』
ジスプと帯刀が同時に攻撃を開始する。ジスプは両腕から光球を投げつけ。帯刀は必殺
の黄金銃…ゴールドデジックを引き抜いて3連射する。ジスプの光球を打ち落とし、薬品
のカプセルだらけの顔にゴールドデジックの光弾が掠める…。

ジスプ「何?!」
呆然とするジスプ。
が、帯刀はそんなジスプの姿を捕らえるとステッキを取り出し、ジスプを滅多打ちにして行く…。

60 :名無しより愛をこめて:2006/06/15(木) 21:54:03 ID:/2MWrSih0
ザジ「パパ…、また僕は…。」
シグ「いいんだ、ザジ…。」
思わずザジを抱きしめるシグ。

サラ「ビルゴルディのステッキ…、何処かで見たような…。」
ふとサラが、帯刀が「ジャスティック」と呼ばれる、ジャンパーソンと同形式の電磁警棒を
持っていない事に気付いた。

ショウ「何だって…。ん?!」
すぐさまショウは、そのステッキが誰の物であるかに気付いたのであった…。
その様子を見たジスプは、目の前の人物に疑念を見せたのであった。

そして、帯刀のステッキを右腕で受け止めて醜悪な瞳で睨み付けた…。

ジスプ「貴様、サイボーグのようだが…。一体何者だ?!それに、そこの女はクイーン
ではないな?」
帯刀「ほぅ、やっと気付いたか…。」
Q「バレちゃったらしょうがないわねぇ…。」
突如声変わりする帯刀とクイーン…。
そして、クイーンの後ろにいるエイリアンの侍女達も不敵な笑いを浮かべると、帯刀と
クイーンであった者達は装甲服とドレスを放り投げた。更に、侍女エイリアンの2人も
その衣装を放り投げる…。

61 :名無しより愛をこめて:2006/06/15(木) 21:55:20 ID:/2MWrSih0
ジスプ「?!」
ジスプは詞を失った。そして、ブルースワットの一同も…。

「宇宙警察地球署、白鳥スワン!!」
「同じく、レスリー星人マリー・ゴールド!!」
「右に同じ、ファルファ星人ヤーコ!!」
何と、マドモアゼル・クイーンとその侍女達の正体は、宇宙警察地球署の白鳥スワンと
地球に出向してきた女刑事…マリーとヤーコの3人の変装だったのだ…。

ジスプ「すると、貴様は…?!」
『ジャッカー電撃隊…。いや、スーパー戦隊行動隊長番場壮吉…。よろしく( ̄ー ̄)」
ニヤけながら帯刀に化けていたその男は、帯刀と同じサイボーグである番場壮吉その
人であった…。毎度の事ながら呆然とするブルースワット一同。

ショウ「番場隊長…?」
番場「済まないな、ショウ。こうでもしなかったらジスプの奴がザジから出て来なかった
からな…。」
スワン「もう大変だったのよ…。マドモアゼル・クイーンって余程趣味が悪かったみたい
ね…。」
苦笑いするスワンと2人の女刑事。

ジスプ「クソッ!こうなったら…。」
そういいながらザジのいる方向に顔を向けるジスプ。
しかし、目の前には怒りを湛えた瞳でジスプを睨み返しているザジの姿があった…。

62 :名無しより愛をこめて:2006/06/15(木) 21:56:47 ID:/2MWrSih0
ザジ「ジスプ!いや、もう一人の僕!!貴方は、僕の手で葬ります!!」
その時、ザジの怒りの感情が弾け飛んだ…。

すると、ショウがハイパー化変身する時と同じような現象がザジにも起こったのであった。
それに共鳴するようにショウのシルバニック・ギアも見る見るうちに再生して行く…。

ザジ「これは?」
GP「君のスペースマフィアに対する怒りが、ショウと同じように君のブルースワット
アーマーをシルバニック・ギアに変えたんだ…。」
ゴールドプラチナムが言うように、ザジの姿は「ハイパーザジ」とでも言うべき姿になっ
ていた。ショウとの違いは、シルバニック・ギアの下のブルースワットスーツが赤く変化
していた事であった。それは、実の父を手にかけようとした罪と、地球侵略に手を貸し
た罪を償うための、怒りの赤であったのだ…。

ザジ「番場さん、こいつは僕の手で止めを刺します!番場さんは急いでジャッカー電撃隊
のみんなと合流してください!!」
番場「判った!」
スワン「こっちもデカベースに戻りましょう!」
ヤーコ「そうね!」
マリー「バンやボス、新星教官が痺れを切らしているわ!」
そう言ってブリッジを離脱する番場と3人の女デカレンジャー…。

ショウ「勝負は振り出しに戻ったぜ、ジスプ!!」
GP「宇宙警察からも、貴様のデリート許可は出ている!!」
ドラムガン・ファイヤーとグラビオンを突きつけながらジスプに処刑宣告するショウと
ゴールドプラチナム。

63 :名無しより愛をこめて:2006/06/15(木) 21:57:43 ID:/2MWrSih0
ジスプ「だが、もう一度…!」
そう言いながら再び光球化するジスプ。ターゲットは勿論ザジだ…。
が、ザジも左腕のドラムガンナーにディクテイターをドッキングさせ、その銃口をジスプ
の光球に向ける…。

ザジ「ドラムガン・ファイヤー!!」
そう叫びながらザジが、ドラムガン・ファイヤーのトリガーを引き絞る。黄金色のビーム
がジスプを貫き、そしてザジと交差するように動きを止めるジスプ…。

ジスプ「き、さ、ま…。」
呻きながらザジを睨み付けるジスプ…。

ザジ「さよなら…、もう一人の『僕』」
悲しそうな声でザジが呟くと、ジスプの身体は大爆発を起こし粉々になったのであった。

こうして、ザジは自らの背負った「罪」を自らの手で清算したのだ…。

ショウ「後はデーモンカーと、キリエルの大馬鹿野郎だけだ…!!」
シグ「この艦の始末は、マイティジャックとTACの皆さんに任せましょう!」
そう言ってブルースワット一同も、スターフォートレスで脱出を開始したのであった…。

○番場壮吉/ビッグワン、白鳥スワン、マリー・ゴールド、ヤーコ
→ビルゴルディ一味に変装して颯爽と登場(w
○ザジ→ハイパー化変身能力を身に付ける。
●ジスプ→ハイパーザジのドラムガン・ファイヤーで倒される。

64 :名無しより愛をこめて:2006/06/15(木) 23:13:15 ID:5MawD0Kc0
>>54
バラノイアの本隊の撤退によりバルカンベースに残った敵は超獣と3匹のイリス、そしてゲルカドン達となった。

スーパー轟天はMYDOの隊員達の方へ降り立った。
「おーい!」
「参謀!」
大河内参謀と小中井副参謀がスーパー轟天から降りて隊員達の元に向かう。
それを見つけた武村が手を振って叫ぶ。
「参謀、この戦艦ってバラノイアが使っていましたよね。」
「以前から極秘で作っていたけどバラノイアに獲られちゃってね。」
星見隊員に聞かれると小中井副参謀がその事情を話す。
「我々で何とか取り戻したわけだよ、この艦の名前はスーパー轟天!」
大河内参謀が高らかとスーパー轟天の名を叫ぶ。
「スーパー…?」
「轟天?」
数と星見がきょとんとした表情でその名前を言う。
「さあさあここは危険だから早くスーパー轟天に乗り込んで。」
小中井副参謀に言われるまま一同はスーパー轟天に乗り込んだ。

65 :名無しより愛をこめて:2006/06/15(木) 23:14:14 ID:5MawD0Kc0
「わぁ…。」
「凄いな。」
スーパー轟天のブリッジに乗り込んだMYDOの三人は興味深くブリッジを見回した。
「見てないで配置に付くんだ。」
「えっ、どうしてですか?」
大河内参謀が指示を出すが星見隊員が不思議そうな表情で聞く。
「今からこのスーパー轟天はスカイシャークに代わるMYDOの母艦となったんだよ。」
「そ、そりゃ凄い!」
小中井副参謀がスーパー轟天を母艦として使うことを隊員達に告げる。
いささか武村隊員は興奮気味だ。

「よし、ゼアス達の援護をするぞ。」
「了解!」
「スーパー轟天発進!」
大河内参謀の叫びと共にスーパー轟天は再び動き始めた。

○大河内参謀、小中井副参謀、MYDO(数学、星見透、武村岩太)→スーパー轟天に乗り込む。
○スーパー轟天→MYDOの母艦となる。

66 :名無しより愛をこめて:2006/06/18(日) 00:50:30 ID:NEZkg7e6O
あげ

67 :名無しより愛をこめて:2006/06/18(日) 19:37:48 ID:8CnOy6vW0
>>65
「というわけだ、君達にはでていってもらおう」
そういうと、大河内参謀はボタンを押し、中にいたMYDO以外の
メンバーを排出した。

「わぁーー」
「ぐぎゃーー」
外に排出された人達は、空から捨てられ地面に叩き付けられ
肉片とかした。

○ 助けたメンバー全員死亡

68 :名無しより愛をこめて:2006/06/18(日) 22:10:03 ID:NEZkg7e6O
殺し厨乙

69 :名無しより愛をこめて:2006/06/19(月) 20:10:23 ID:Dz5kyWAw0
地球防衛軍の物をMYDOの私物にするんだから、
他の動かすのに必要な地球防衛軍の人間を処分するのは
当然だろ。
よって、このまま続行

70 :名無しより愛をこめて:2006/06/19(月) 21:23:41 ID:xeDM5BABO
ハイハイ、独りよがりな意見はスルーでよろ

71 :名無しより愛をこめて:2006/06/19(月) 22:56:31 ID:K/LrUvQR0
>>65
セブンとゼアスがイリス達と迎え撃つが防戦一方であったがゲルカドンの出現により圧倒的不利な状況であった。
「ギャァァァ!」
「ウッ!」
イリスの触手がゼアスに伸びるがそれをゼアスが咄嗟に避ける。
「ギャァァァァオ!」
その時、ゼアスの目の前に一匹のゲルカドンが火炎弾を放とうとしていた。
「ダァァァ!」
そのゲルカドンに青白い光りが突撃しゼアスはゲルカドンの攻撃を免れた。
青い光りは地に降りるとウルトラマンコスモスの姿となった。

「コスモス、来てくれたのか!」
ヒウラ隊長がコスモスを見て叫ぶ。
「デュワァァァ!」
コスモスはコロナモードへと姿を変えた。
「テックスピナーもか、シノブ副隊長達も来てくれたのか!」
フブキ隊員が上空を見ると妙高山の戦いを終えたテックスピナーも駆けつけた。

72 :名無しより愛をこめて:2006/06/19(月) 22:58:55 ID:K/LrUvQR0
ジャンセスナもようやくバルカンベースに到着した。
「やはり怪獣どもがいたのか!?」
「予測通りでしたね。行きます、ジャンファイト!」
京一郎の掛け声と共にジャンセスナはジャンボーグAへと変形した。

「あのセスナ、変形したのか…。」
ジャンボーグAの変形を見たバルイーグルが驚く。


・宇宙防衛艦轟天(三好考次、室井礼次、滝川マリ、ジミー、冬木和夫、三笠忠)、スーパー轟天(大河内参謀、小中井副参謀、MYDO(数学、星見透、武村岩太))、
 ジャガーバルカン、ドルギラン、グランドバース、バビロス、マーベラー、ジャンボーグA
 VS10匹のゲルカドン
・鉄面党ロボ(ブリザード7、ディモスZ、改造 ブレ−キング、ノリシロン12、増刊、最終、カノンメガス)
 ウルトラ戦士(レオ/おおとりゲン、パワード/カイ・ケンイチ、ナイス/夢星銀河) 、ガンマジン
 ジャイアントロボ、レッドバロン、マッハバロンVSサウンドギラー、オイルドリンガー
・ウルトラセブン、ウルトラマンゼアス、ウルトラマンコスモスVSイリス×3
○チームEYES(シノブ、アヤノ、ドイガキ) →バルカンベースに到着。

73 :名無しより愛をこめて:2006/06/19(月) 23:25:48 ID:K/LrUvQR0
もう一本いきます。


>>72
バルカンベースの内部にいたバーロ兵もスピルバン達の活躍で殲滅した。
「後は外の敵だけだな、グレートファイブ発進!」
レッドマスクの掛け声でマスクマンの巨大ロボ、グレートファイブが登場した。

「俺達も負けていられるか、メガボイジャー発進!」
「メガウインガー発進!」
メガレンジャーもそれぞれの巨大ロボ、メガボイジャーとメガウインガーを呼び出した。

「私達は長官の所に向かいましょう!」
白バラ仮面の一言で他のヒーロー達は指令室へと向かって行った。

○マスクマン(レッドマスク/タケル、ブラックマスク/ケンタ、ブルーマスク/アキラ、イエローマスク/ハルカ、ピンクマスク/モモコ) 、
 メガレンジャー(メガレッド/伊達健太、メガブラック/遠藤耕一郎、メガブルー/並木瞬、メガイエロー/城ヶ崎千里、メガピンク/今村みく、メガシルバー/早川雄作)
 →それぞれの巨大ロボで鉄面党ロボ達に加勢。
○白バラ仮面/嵐山美佐セーラームーン/月野うさぎ、ナイルなトトメス/中島サナエ、アラーの使者/鳴海五郎、スピルバン/城洋介→指令室に向かう。

74 :悲劇を乗り越えるために:2006/06/21(水) 21:43:38 ID:fjEG+rJ40
怪盗ウルフ「こっちは仕事が終わったぞ…?!」
シルバ「天海山殿はダマスクセに?」
怪盗ウルフ「今頃無事到着し、ランカー殿に謁見している所だ…。」

一方星雲仮面マシンマンと兄弟拳バイクロッサーを窮地に追い込んでいたバイオハン
ター・シルバとカッチュウナイト、アンカー男の3体は、天海山3兄弟救出に成功した
怪盗ウルフと合流を果たした所であった。マシンマンとバイクロッサーの3人はデビラ兵
とシルバの総攻撃で満身創痍、ケンローダーの中に逃れている葉山真紀は、マシンマン
とバイクロッサーが袋叩きになっているのを見てパニック状態であった…。

怪盗ウルフ「しかし、008の上空が妙なスパークを発しているみたいだな…。」
カッチュウナイト「あれは、ゴーデス細胞が妖精どもの結界に衝突して焼け死んでい
る光だ…。」
アンカー男「ゴーデス細胞?」
シルバ「純粋なる悪の思考を持った究極生命体、ゴーデスの『種』のような物だ…。
妖精どもの結界が何とか防いでいるようだが、いずれは限界が来る…。」
怪盗ウルフ「ゴーデス細胞が、この街に降り注いだら一体どうなるんだ?」
シルバに向かって怪盗ウルフが尋ねる。

シルバ「この街の連中は、一人残らずゴーデスに同化される…。」
怪盗ウルフ「何だと?俺もか?!」
シルバ「だが、この『反バイオ粒子バリアー』を持っていれば、貴様はゴーデスに同
化される事は無い…。ドクターQとプロフェッサーKとアボロス殿の調査で、ゴーデス
は反バイオ粒子に弱い事が判ったからな…。勿論、ダマスクセも反バイオ粒子バリ
アーと量産型バルジオンを含む反バイオ粒子兵器で防護されているから、ゴーデス
の下僕どもに襲われる心配はない…。」
そう言うとシルバは、怪盗ウルフに超小型の反バイオ粒子バリアー発生機を渡した
のであった。

75 :名無しより愛をこめて:2006/06/21(水) 21:44:21 ID:fjEG+rJ40
アンカー男「他に弱点は有るのか?ゴーデスって奴には…?」
シルバ「銀河系を消滅させるだけのエネルギーを投入すれば、底無しに近いゴーデス
の胃袋でも耐えきれずに爆発消滅する…。そんな事をしたら地球もろとも銀河系が本
当に消滅するがな…。」
カッチュウナイト「それだけのエネルギーを持った奴なら、今目の前で『大いなる意
思』とキリエルの女と睨み合い中だぜ…。」
そう言ってカッチュウナイトが、スーパージャンボキング…即ち異次元人ヤプールを
指さした。

アンカー男「しかし、敵とは言えキリエルの女は粋な事をしてくれているな…。」
怪盗ウルフ「信頼し合った仲間同士の殺し合いか…。」
カッチュウナイト「ブライゾンガー様に見せたかったぜ…。」
そういいながら3名は、キリエルの女が陰湿に演出するウルトラマンAvs星司&夕子
の殺し合いでどちらが死ぬか、あるいは共倒れになるかを楽しそうに見物していた。

シルバ「それに比べれば、我等悪の元に集まった者同士と、黒い特凶のように利害で
結ばれた関係は何とも強いものよ…。よく見ておけ、ヒーローども…。」
吐き捨てるようにシルバがマシンマンとバイクロッサーの3人に言う。

マシンマン「僕達には、何も出来ないか?」
ケン「このまま北斗さんと夕子さんは、キリエルの言いなりになってエースを殺して
しまうのか?」
ギン「あるいは『大いなる意思』とゴーデスが、エースを取り込んでしまうのか?」
立ち上がれずに愕然とする3人のヒーロー達。

76 :名無しより愛をこめて:2006/06/21(水) 21:46:26 ID:fjEG+rJ40
『立ち上がるんだ…、アイビー星の星雲仮面よ…。』
『立ち上がりなさい…、海蛇座に選ばれし兄弟達…。』
その時、マシンマンとバイクロッサーの3人に何者かがテレパシーで話し掛けて来た。

マシンマン「貴方は?」
黒服青年『私は、君たちが「黒服の男」と呼んでいる者だ…。』
マシンマンに話し掛けて来たのは、どうやらあの黒服青年のようであった。

一方、バイクロッサーに話し掛けて来たテレパシーの主は、海蛇座の正義の守護神
ペガサスであった…。

ペガサス『確かに、ウルトラマンと呼ばれる「光の巨人」はかつて「闇の巨人」だった
かもしれません…。でも、あなた方は何故、キリエル人やン・マが「光」を失ったか、
考えた事は有りますか…?』
ケン「光を失った訳…?」
ふと考えるバイクロッサー・ケン

77 :名無しより愛をこめて:2006/06/21(水) 21:47:15 ID:fjEG+rJ40
黒服青年『それは、キリエルとン・マが自分たちが生み出した「生命」を玩具同然に弄
んでいたからだ。自分たちが「絶対神」である事に溺れ、チェスの駒の如く思うが儘に
操る彼らに、命有るものは戦いを挑んだが、圧倒的な存在である彼らの前に太刀打ち
できなかった…。それらの繰り返しが結果的に「大いなる意思」と言う怪物を生み出し、
ウルトラマンの祖先である「闇の巨人」を生み出した…。』
ギン「じゃあ、今回の大元はキリエルとン・マの報いって事?」
ペガサス『そうです…。そして、彼らに宿っていた「光」はキリエルとン・マに見切り
をつけ、彼らが生み出した「生命」と、敵である「闇の巨人」の中に有る微かな「光」
に賭けたのです…。」
マシンマン「そして、現在のウルトラマンたちが誕生した…。」
黒服青年『更には私や「白服」…。妖精達の世界や中華魔界…、天空界や地底冥府等
の様々な「神」…、更には大サタンやゴーデスのような「悪魔」も生まれた…。』
ペガサス『そして、キリエルとン・マの唯一の味方だった「宇宙正義」は、ウルトラマンが
「闇の巨人」に戻らないか?を監視するためにウルトラマンジャスティスを生み出したの
です…。』
ケン「そして…、このような悲劇が起きないように「大いなる意思」を封印した…。」
ギン「でも、世界を構成するバランスが何らかの形で崩れて「大いなる意思」が復活し
てしまった…。」
黒服青年と守護神ペガサスの頷く声が、3人の戦士に響く…。

78 :名無しより愛をこめて:2006/06/21(水) 21:48:15 ID:fjEG+rJ40
黒服青年『そしてその影響で、宇宙正義も錯乱状態になってしまっている…。愚かにも
宇宙正義は、この宇宙で兇惡な3人とキリエルに全能のの権限を与え…。自ら破滅の
引き金を引こうとしている…。ドリームボールを持つ12人の「光を導く者」達と、ウルトラ
の星とM78星雲を生贄にして…。』
ペガサス『一度崩れてしまったガラスは、元には戻せないのです…。』
悲しそうな声で黒服青年と守護神ペガサスが語る。

黒服青年『だが、君たちには新たな「力」を作る事が出来る…。』
ペガサス『そのために黒服の人は、ビッグワンとイガ星の少女に「光を導く者」を探し
出し、護るように伝えたのです…。12のドリームボールと12のスターピース、それをあ
なた方が手にした時に、本当の「奇跡」を起こす事が出来ます…。』
マシンマン「でも、北斗さんと夕子さんはキリエルの意のままなのでは?」
黒服青年『いや、彼らの意識はウルトラリングのドリームボールが護っている…。ここ
で君たちが挫ける事は、彼らをン・マの生贄に捧げるのと同じ行為なのだ…。』
ペガサス『でも、008の街で戦っているのはあなた方だけではありません…。この街
に暮らす人々も「大いなる意思」と戦うため、自分に出来る事を精一杯行っているので
す…。』
すると、マシンマンとバイクロッサーの3人に008の街の様子が浮かび上がったので
あった…。「383」とマーキングされている無人のガンヘッドに護られながら、必死
に部品を掻き集めているアギトの青年と、侵入してきたデビラ兵に向かってシマリスの
怪人体に変身して戦うオルフェノクの青年…。とある工房では制御用カスタムチップを
デザインし、それを製造するためICチッププラントをフル稼働させている中年男性の
姿と、後頭部のジャックにPCを接続してファイズのアクセルフォームの如き速さで様々
なデザインをスクロールしているサイボーグの若い女性の姿があった…。皆、キャッツ
ワーク商会で「10-34ブレス」を作ろうとしている008住人有志達の姿であった…。

79 :名無しより愛をこめて:2006/06/21(水) 21:49:06 ID:fjEG+rJ40
ケン「そうなんだ…。」
ギン「負けちゃいられない…。」
マシンマン「ここで倒れたら、真紀さんに申し訳が経たない…!」
そう言うと3人は、気力同然の力を振り絞って再び立ち上がったのであった…。

オペレーター「大原博士、SS-17とアースパワー発生衛星の転送セット完了です!」
一方APPLE日本支部地下司令部でも動きがあった。
切り札の転送が準備完了したのだ…。

大原博士「よし、今すぐ転送するんだ!」
オペレーター「了解です!!」
そう言って次元転送機のスイッチを入れるオペレーター。
モニタースクリーンに映し出される12機のSS-17とアースパワー発生衛星が、スパーク
を発して軌道上転送をし始める…。

キリエル人(女)「そんな事はさせないわよ…!」
次元転送機が動きだしたのを見て、008のAPPLE地下司令部に破壊の念を送る
女のキリエル…。

80 :名無しより愛をこめて:2006/06/21(水) 21:49:51 ID:fjEG+rJ40
『我が主の命により、それは阻止する!!』
その時、3つの声が一斉に影の如く現れ、キリエルの女の前に立ちはだかった。

キリエル人(女)「貴様達…、黒服の…。」
エルロード一同『人間達の「光」は、絶やさせぬ!!』
キリエルの女に向かって立ちはだかったのは、黒服青年の僕達…人間達が「アンノウ
ン」と呼んでいる未確認生命体…風、地、水の3人のエルロード一同であった…。

ゼネラル藤井「アンノウンが?」
大原博士「護ってくれるみたいです…!」
その声と共に軌道上無事転送を完了する12機のSS-17とアースパワー発生衛星。

81 :名無しより愛をこめて:2006/06/21(水) 21:52:44 ID:fjEG+rJ40
『こちらはSS-17ネットワーク統括バイオ・ブレイン「桂」です…。全システム正常、
パンゲアシステム並びに特殊通信回線始動…。アースパワー発生衛星、チャージ開始
いたします…。』
若い女性の澄んだ声で、12機のSS-17とアースパワー発生衛星が作動を開始する。
アースパワー発生衛星のエネルギーゲージが急速に上がり、日本地区に合わせて最大
パワーで照射されるようにセットされる…。

大原博士「頼む、間に合ってくれ!」
その彼らに呼応するように、青山ミドリと宝忍ジャンヌのドリームボールが輝きだす。
その念をマルキューのダンがキャッチし、ウルトラマンAにテレパシーとして送られ
る…。

そして、共鳴するように星司と夕子のウルトラリングも輝きだし始めていた…。

○エルロード一同→キリエル人(女)の衛星網破壊を阻止する。
○大原博士→12機のSS-17とアースパワー発生衛星の転送に成功。
○SS-17→アースパワー発生衛星を起動させる。
○黒服青年、守護神ペガサス→マシンマンとバイクロッサーの3人にキリエルとン・
マの悲劇を話す…。

銀河バイブルの中にあった例の不吉な予言をヒントに、自分なりの解釈でまとめてみ
ましたです…。
それと、SS-17も使えるようになりましたので、ドンドン使ってやってください…。

後、もしダマスクセ逃亡面子がゴーデスと戦う話を書く職人さんがいらっしゃいましたら、
量産型バルジオンと例の赤いスペシャルバージョンも投入しちゃってください。

82 :名無しより愛をこめて:2006/06/21(水) 23:27:05 ID:AQXa1lcA0
>>73
ゲルカドン達の攻撃が収まると二匹の超獣の攻撃が再び始まった。
「俺が何とか押さえます!」
弾の乗るディモスZが冷凍光線を発射しオイルドリンガーの炎をかき消した。
「ギャァァァオ!」
そこにサウンドギラーが金縛り光線でディモスZの動きを止める。
「ディモスZが危ない!」
拳がディモスZを見て叫ぶ。

「ファイナルオーラバースト!」
その時、グレートファイブの必殺技、ファイナルオーラバーストがサウンドギラーを切り裂いた。
「助けが来てくれたか!」
ヒウラ隊長がグレートファイブの救援に喜ぶ。
「後は拙者に任せて空の怪獣を頼む!」
「わかった!」
陽がガンマジンに頷く。
「魔人一刀流、八の太刀!」
「ギャァァァオ!」
ガンマジンが愛剣のマジンサーベルでオイルドリンガーを八の字に切り裂く。
ガンマジンがマジンサーベルを鞘にしまうとそのまま二匹の超獣は爆発を起こした。

83 :名無しより愛をこめて:2006/06/21(水) 23:28:22 ID:AQXa1lcA0
「ギャァァァオ!」
「ダァー!」
イリスがセブンに対し超音波メスをウルトラVバリヤーで防ぐ。
「ウッ…。」
「エイヤー!」
セブンが後ろに気付くともう一匹のイリスが触手をセブンに伸ばしてくるが避けきれない。
その時、イリスにウルトラマンレオのレオキックが直撃し、吹き飛ばされる。
(ゲン…。)
(隊長、一気に攻め込みましょう。)
レオがテレパシーでセブンに語りかける。
そして二人の前にパワード、ゼアス、ナイス、コスモスと他のウルトラ戦士も並ぶ。

・ウルトラ戦士(セブン、レオ、パワード、ゼアス、ナイス、コスモス(コロナモード))VSイリス×3
○鉄面党ロボ(ブリザード7、ディモスZ、改造 ブレ−キング、ノリシロン12、増刊、最終、カノンメガス) 、
 ジャイアントロボ、レッドバロン、マッハバロン、バトルフィーバーロボ、ガンマジン、グレートファイブ
 ギャラクシーメガ、メガボイジャー→ゲルカドンの迎撃に。
●サウンドギラー→グレートファイブに倒される。
●オイルドリンガー→ガンマジンに倒される。

84 :名無しより愛をこめて:2006/06/21(水) 23:38:28 ID:c+U2/d4U0
ウルトラ戦士を上回るパワーを持つイリスに期待

85 :名無しより愛をこめて:2006/06/22(木) 21:46:15 ID:ME2/q9dY0
バルカンベースの戦いが終盤になってきたので、二次元も動きます。

二次元ではTACとマッドゴーネたちの死闘が展開されていた。
しかしTACはタックガンしか所持していなかったため、次第に劣勢になっていった。
「踏みとどまれ!出来る限り、奴らを疲れさせるんだ!」
竜隊長はそう隊員たちに言い聞かせながら奮闘した。
「意外とやるではないか。尊敬に値するぞ!」
「だがそれもここまでだ!デッドキング!あの建物を攻撃しろ!」
デッドキングは指示通りに建物に光線を発射した。
すると建物の瓦礫が近くにいた山中と吉村に降ってきた。
とっさのことだったために山中が逃げ遅れて瓦礫に足が挟まってしまった。
「山中!」
「隊長!私のことはいいです!戦ってください!」
「駄目だ。今野、吉村、美川、3人で山中を救出しろ。私が奴らを引きつける!」
そう言うと竜隊長は攻撃しつつ4人との距離を遠ざけた。
マッドゴーネたちも竜隊長に攻撃を仕掛けた。その攻撃の爆風に竜隊長は吹き飛ばされた。
「ここまでだ!くたばれ!」
アンチゴーネは止めの一撃をステッキから発射した。

86 :名無しより愛をこめて:2006/06/22(木) 22:07:47 ID:ME2/q9dY0
竜隊長が死を覚悟した。しかしいつまでたっても攻撃はこなかった。
竜隊長は顔を上げると驚いた。
「ジャンボーグ9!」
そうナオキがジャンボーグ9で攻撃を防いでくれていたのだ。
そこに今野が駆けつけて竜隊長の起こした。
「隊長。山中の救出は終わりました。」
「わかった。ここはナオキ君に任せて我々は撤退するんだ。」
そしてTACは基地に引き帰した。
「TAC。ここは引き受けた!さあ来い!アンチゴーネ!マッドゴーネ!」
「やっと現れたか!ジャンボーグ9!」
「いまこそ我々の恨みを晴らしてくれるわ!」
マッドゴーネたちはそう言うとエレキザウルスとデッドキングに攻撃させた。
ミラーマンと戦った時より強化されている2大怪獣にナオキは苦戦する。
「くそう!このままじゃ駄目だ!一気に終わらせてやる!」
2大怪獣を突き飛ばすとジャンボーグ9はマッドゴーネたちにミラクルフラッシャーを発射した。
しかしミラクルフラッシャーはケンダウルスの反射鏡により跳ね返って自分に直撃してしまった。
「馬鹿め!ケンダウルスがいることを忘れていたのか!さあこのまま一気に倒してしまえ!」
この時とばかりにエレキザウルスとデッドキングはジャンボーグ9に攻撃を仕掛けた。
ジャンボーグ9は絶体絶命のピンチに陥ってしまった。

・ジャンボーグ9VSアンチゴーネ、マッドゴーネ、エレキザウルス、デッドキング
、ケンダウルス
〇TAC→基地に撤退する。

87 :歌う衛星(ほし):2006/06/22(木) 23:30:22 ID:lWLvFUuc0
>>51
>>81

ガンヘッド507『SS-17、ビーコンキャッチ!!』
ブルックリン「回復したのか?!」
ガンヘッド507『ええ…。飛鳥五郎博士のバイオ・ブレインユニットも正常起動して
います…。』
三郎「飛鳥五郎博士って、あの私立探偵の親友でダッカーに殺されてしまったあの人
ですか?」
ブルースライガーに乗り込んでデーモンカー師団の相手をしている南三郎は、番場壮
吉の知り合いである百戦錬磨の私立探偵の親友だった科学者の名前を聴いてビックリ
していた。

ガンヘッド507『そうです…。かつて、ブラックホール第3惑星人にメカゴジラのコン
トロール装置に改造されてしまった女性の脳を、彼女の知人であった人が飛鳥博士に
預けていたのです…。もしも、地球にとてつもない危機が訪れた時に、彼女の脳をバイ
オコンピューターにした戦略防衛衛星システムを設計してほしいと、本郷博士と佐原博
士が依頼していたのですが…。』
ブルックリン「その飛鳥博士がダッカーに惨殺されて計画は一時凍結…、彼女の脳も
コールドスリープされたって訳か…。」

88 :名無しより愛をこめて:2006/06/22(木) 23:31:05 ID:lWLvFUuc0
ガンヘッド507『ええ…。ですが008が建設され、ブルースワットがAPPLE日本
支部直轄になった時にプランは再開され、今こうして地球を護る要になったと言う
事です…。』
桂『有り難う、ガンヘッド…。私も私の父も人間を憎んでいた…。でも、サイボーグ
に改造されても、自分は「人」である事を捨てきれなかった…。』
ガンヘッド507『それでいいんですよ、桂さん…。どんな姿であろうと、貴女は心を
持った「人」なんですから…。』
頷くように言うガンヘッド507。

桂『だから私…、SS-17のコア・ユニットとして皆さんをバックアップ致します…!
それが、ブラックホール第3惑星人に手を貸してしまった私なりの償いなんですか
ら…。』
ガンテツ「すまんな、桂はん!」
桂『よろしくね、ガンテツさん…。』
ホログラム映像の桂が、ガンヘッド部隊一同に微笑む。

89 :名無しより愛をこめて:2006/06/22(木) 23:32:29 ID:lWLvFUuc0
ブルックリン「早速だが、ウオノメ・マナコの戦闘ロボットに異変が起こっている
らしい…。サーチしてくれないか?」
桂『了解です!』
するとバイオ・ブレイン「桂」が、SS-17の各種探査システムをフル稼働させた。
子機である在来仕様の11機と有機的連動し、ブルガリオ軍団を隈なくサーチして
行く…。

そして桂は、恐ろしい推論を導き出したのであった…。

桂『ウオノメ・マナコの戦闘ロボットの1機に、死にかけたゴーデス細胞が取り付い
て、システムをハッキングしています!』
ブルックリン「何だって?!」
ジャンヌ「ゴーデス細胞が、コンピューターを操作している…?」
信じられない表情を浮かべるブルックリンとジャンヌ。

桂『それも、メルカ共和国で覚醒したカイロン5と連動するようにシステムが書き換
えられている様子です…。』
ガンヘッド507『ゴーデスとカイロンが、手を組んだと言うのですか?』
三郎「ゴーデスが全ての『生命』を支配し…。」
ガンテツ「カイロン5とか言う奴が『機械』を支配するっつうのか?」
唖然とするガンテツに頷く桂。

90 :名無しより愛をこめて:2006/06/22(木) 23:33:35 ID:lWLvFUuc0
桂『今の所カイロンの支配エリアはメルカ共和国限定ですが…、もし008のパンゲア
システムが制圧されてしまいましたら、その時は全ての機械がカイロンの支配下に
入ってしまいます…!』
三郎「それじゃまるでかつてのブレインじゃないか?」
愕然とする三郎。

桂『ですから、ウオノメ・マナコの戦闘ロボットの008突入は何としてでも阻止し
てください!地球を、ゴーデスとカイロン5「だけ」の世界にしないために…!』

○SS-17/バイオ・ブレイン「桂」→ゴーデスとカイロン5の一時共闘を推論する。

SS-17の1機は、2代目メカゴジラの制御装置に改造されてしまった桂嬢の脳味噌
がバイオコンピューターとして、他11機のSS-17をネットワークしていると言う仕掛け
です…。BS本編の「ズッコケ新隊員」に出てきたAI「ブライアン」の後釜的な位置に
バイコンの桂さんを置いてみました…。

いかがでしょうか?

91 :名無しより愛をこめて:2006/06/22(木) 23:49:27 ID:Q0slo0DR0
>>83
「ビームエメラルド!」
ゲルカドンの一匹にジャンボーグAの必殺技ビームエメラルドが決まる。
「ギャァァァオ!」
「まだいたのか!?」
もう一匹のゲルカドンがジャンボーグAに迫ってくる。
「ウインガースパルタン!」
そのゲルカドンはウイングメガボイジャーの必殺技ウインガースパルタンで粉砕された。
「どんなもんだ!」
「調子に乗るな、怪獣はまだいるぞ。」
メガレッドが調子に乗るとメガブラックにどやされる。

「よし、多目標レーザー爆雷発射!」
室井の指示で宇宙防衛艦轟天から多目標レーザー爆雷が次々と発射され周辺にいた三匹のゲルカドンが倒されていく。

・宇宙防衛艦轟天(三好考次、室井礼次、滝川マリ、ジミー、冬木和夫、三笠忠)、スーパー轟天(大河内参謀、小中井副参謀、MYDO(数学、星見透、武村岩太))、
 ジャガーバルカン、ドルギラン、グランドバース、バビロス、マーベラー、ジャンボーグA 、
 鉄面党ロボ(ブリザード7、ディモスZ、改造 ブレ−キング、ノリシロン12、増刊、最終、カノンメガス) 、
 ジャイアントロボ、レッドバロン、マッハバロン、バトルフィーバーロボ、ガンマジン、グレートファイブ
 ギャラクシーメガ、メガボイジャーVS5匹のゲルカドン
●ゲルカドン(バルカンベース出現分)→うち5匹倒される。

92 :3兄弟vs2大怪人:2006/06/23(金) 00:18:14 ID:gNA3BXbV0
008編の中の人です。
もう一発行きますです…。

一方その頃トリプルファイターは…。

バービーブー「神経ガス、ミサイル同時発射!!」
テンパージョー「テンパー!!」
008に残った2人のデーモン怪人…バービーブーとテンパージョーは、それぞれの
必殺技でトリプルファイターを苦しめていた。バービーブーの両腕からは神経ガスと
ミサイルが、テンパージョーは右手に持った「テンペストスティック」と呼ばれる武
器を振り回し、竜巻を起こしてトリプルファイターに襲い掛かる…。

グリーン『奴ら、前と比べて遙かに強くなっている…。』
レッド『「大いなる意思」って奴の影響なのか?』
オレンジ『それと、ヤプールがハイトロンを使ったから、連中にも…?』
トリプルファイターの中の早瀬3兄弟は、目の前にいるバービーブーとテンパージョー
が明らかに強くなっているのを見て同様を隠せなかった…。海側ではウルトラマンAが
ヤプールにノックアウトされ、追い打ちをかけるように「大いなる意思」がエースに憑
依寸前の状態だと言う…。更にはキリエルの女までも乱入し、最悪のバトルロワイヤル
は目前に迫っていた…。


93 :名無しより愛をこめて:2006/06/23(金) 00:18:57 ID:gNA3BXbV0
『立ち上がるんじゃ!知恵と勇気と愛の3つの心の戦士達…!』
『貴方は…?』
『ワシはフェアリー王国を束ねているガンバス大王じゃ…!』
『フェアリー…、妖精?!』
突如、トリプルファイターにガンバス大王がテレパシーで話し掛けてくる。

『今、キリエルの大馬鹿と「大いなる意思」がウルトラマンAをどちらに引き込むかで
争っているのは知っているじゃろう…?』
ガンバス大王の詞に頷くトリプルファイター。

『じゃが、ここで君達が挫けてしまったらエースも…。あの人間と月星人も「大いなる
意思」とキリエルの生贄じゃ…!そうならないためにも、君達の持つ心の「光」を彼ら
に示すんじゃ!そうすれば彼らは、必ず君たちに答えてくれる…!!』
その詞を聞き、再び闘志を燃やすトリプルファイター…。
そして、そのオレンジ色の瞳で2人のデーモン怪人を見据える。

94 :名無しより愛をこめて:2006/06/23(金) 00:19:55 ID:gNA3BXbV0
バービーブー「貴様達…、まだ戦えるのか?!」
テンパージョー「一体何が貴様達を動かしている…?!」
狼狽するバービーブーとテンパージョーに、トリプルファイターの中の早瀬3兄弟が答
える…。

グリーン『人々の英知…。』
レッド『勇気…。』
オレンジ『愛…。そして心の「光」』
静かに答えながら身構えるトリプルファイター。

その時、衛星軌道上のアースパワー発生衛星は、全てのエネルギーを解放する準備が
整っていたのであった…。


○ガンバス大王→トリプルファイターを励ます。
トリプルファイター/早瀬3兄弟vsバービーブー&テンパージョー→現在戦闘中

95 :名無しより愛をこめて:2006/06/24(土) 13:24:54 ID:LK6nfR8S0
>>91
三匹のイリスはウルトラ戦士を囲み始めた。
イリスは一斉に触手を物凄いスピードで伸ばしてレオ、ゼアス、パワードの体を締め付けた。
「ウワァァァァ!」
三人のウルトラ戦士のエネルギーを吸い取っていく。
「デュアッ!」
セブンがレオを締め付けているイリスをエメリウム光線で攻撃する。
(ゲン、大丈夫か!?)
(隊長、エネルギーを吸い取られてしまいました。)
セブンがレオに駆け寄るが既にレオは立つ事もままならない状態であった。
イリスがそこに同様にエネルギーを吸い取られたゼアスとパワードを投げつける。
「ウッ…。」
怒りに燃え上がるセブンはイリス達にワイドショットを向けるが触手で叩き付けられる。

「ナッ!」
「デュアッ!」
ナイスとコスモスもそれぞれの光線を向けようとするが超音波メスを喰らってしまう。
三匹のイリスは不気味に何とか立ち上がろうとするウルトラ戦士を見ていた。

96 :名無しより愛をこめて:2006/06/24(土) 13:25:44 ID:LK6nfR8S0
スーパー轟天のブリッジでもウルトラ戦士の苦戦を知らされていた。
「参謀、ゼアス達が!」
星見隊員がモニターに映ったウルトラ戦士を見て叫ぶ。
「こうなったらマグネリウム強化装置を使うしか無いな…。」
「マグネリウムってあのセブン達ウルトラ戦士のエネルギーですよね。」
大河内参謀の言葉に数隊員が答える。
「その通りだ、この艦にそのマグネリウム強化装置の試作機があるからそれを使おう。」
小中井副参謀が一同にマグネリウム強化装置の使用を促す。
「よしっ、早速準備にかかります!」
武村隊員が張り切った表情でマグネリウム強化装置の発進準備に取り掛かる。

「さ、参謀!?」
星見隊員がモニターを見て驚愕の声を上げる。
残った五匹のゲルカドン達がスーパー轟天に猛スピード迫ってきた。
「狙われたか…。」
大河内参謀が苦心の表情になる。

その真下ではイリス達が何とか立ち上がったウルトラ戦士に対し一斉にプラズマ火球を放とうとしていた。

○大河内参謀、小中井副参謀、MYDO(数学、星見透、武村岩太)→マグネリウム強化装置の準備をするがゲルカドンに狙われる。
●ゲルカドン(バルカンベース出現分)→スーパー轟天に狙いを定める。

97 :名無しより愛をこめて:2006/06/24(土) 23:58:52 ID:LK6nfR8S0
「アニー、ビッグマグナムで一気に怪獣を倒すぞ!」
「シャイダー、このままビッグマグナムを使ったらスーパー轟天まで破壊してしまうわ。」
「くっ、どうすればいいんだ!?」
シャイダーがビッグマグナムでゲルカドンを狙おうとするが事態に気づく。

「ウルトラ戦士も倒れた今、俺達はこのまま敗れるのか…。」
バルイーグルがウルトラ戦士に止めをさそうとするイリスを見て強敵に驚愕する。
最早ヒーロー達には手も足も出せる状態ではなかった。

「アクセスフラッシュ!」
その時、掛け声が聞こえにホールが出来て二人のグリッドマンが現れた。
「グリッドマン、戻ってきたのか!」
二人を見送ったメガシルバーが喜びの声を上げる。
グリッドマンが超電導キックでゲルカドンの一匹を引き離す。
「ダァァァァ!」
グリッドマンシグマもゲルカドンを掴んで投げ飛ばす。
その後、二人のグリッドマンのグリッドビームを同時に放ち二匹のゲルカドンを倒した。

98 :名無しより愛をこめて:2006/06/24(土) 23:59:22 ID:LK6nfR8S0
「よし、あのヒーローが怪獣を喰い止めている間にもう一度強化装置を発射させるぞ!」
「了解!マグネリウム強化装置発進!」
大河内参謀の一言で武村隊員が再びマグネリウム強化装置の発進作業を行う。
『マグネリウム強化装置…発進します!』
スーパー轟天を統括するコンピューター、MISAKOちゃんの声が聞こえハッチが開きマグネリウム強化装置が大空へと放たれた。

一定の高度まで到達するとソーラーパネルが開き真下にいるセブンのビームランプを目掛けマグネリウムが発射された。
「ギャァァァオ!」
既にイリスが火炎弾を放つがマグネリウム強化装置のエネルギーでかき消されて閉まった。
マグネリウムによりウルトラ戦士は再び白い光りに包まれた。
(エネルギーが…みなぎってくる!)
セブンはそのマグネリウムを体中に感じていた。
「デュワァァァ!」
コスモスがエクリプスモードへと姿を変える。
ウルトラ戦士はエネルギーが完全回復したのであった。

○ウルトラ戦士(セブン、レオ、パワード、ゼアス、ナイス、コスモス)→マグネリウム強化装置で完全回復!
○グリッドマン/翔直人、グリッドマンシグマ/藤堂武史→バルカンベースに到着。
●ゲルカドン(バルカンベース出現分)→うち二匹を二人のグリッドマンに倒される、あと三匹。

99 :地球の力・008バージョン:2006/06/25(日) 01:07:16 ID:G+P7W2dS0
008編の中の人です。
こちらも負けずにヒーロー達をパワーアップさせますです…。

>>81

ミドリ「北斗さん!」
ジャンヌ「夕子さん!」
ダン「エース!!」
それぞれの場所で叫ぶ3人。

その時、ミドリとジャンヌのドリームボールが星司と夕子のウルトラリングと共鳴現象を
起こしたのであった…。4つのドリームボールが共鳴現象を起こした事により、キリエル
の女に意識を封印された星司と夕子の脳裏に、008の街の住人達とヒーロー達の懸命
に戦う姿が映し出される。同時にその様子は梅津ダンを通じてウルトラマンAにも伝えら
れる…。

キリエル人(女)「何をする?貴様達…!」
ミドリ『そう言う貴女は何なの?』
ジャンヌ『互いに心を通わせた人々を苦しめるのが、そんなに楽しいの?!』
ミドリとジャンヌのテレパシーが、キリエルの女に直撃する。

キリエル人(女)「お前達こそ…!ン・マの生贄となる定めからは逃れぬと言うのに、
それを拒絶して世界を『大いなる意思』に飲み込ませるつもりか?!」
ダン『お前だって同じだろう?!やっている事は「大いなる意思」って奴と変わらない
くせに、それだったらお前達や「大いなる意思」と戦って負けて死ぬ方が正しい道じゃ
ないのか?!』
キリエル人(女)「ガキの分際で…!!」
大いなる意思『どの道、一切の抵抗は無意味だ…。』
ヒステリックに吐き捨てるキリエルの女。静かに嘲笑する「大いなる意思」

100 :名無しより愛をこめて:2006/06/25(日) 01:08:05 ID:G+P7W2dS0
が、それが星司と夕子、そしてウルトラマンAに何かしらの影響を与えたのは確かで
あった…。3人の「心の力」が、同士討ちを始めようとする3人の心を揺り動かす…。

星司『ドリちゃん…。』
夕子『ジャンヌさん…。』
エース『ダン…。』

桂『アースパワー発生衛星、エネルギーチャージ完了!!』
その時、APPLE日本支部地下司令部にSS-17/桂の声が響く。

大原博士「星夫、ジュリーちゃん、リエコさん…。アースパワー発生衛星、最大出力で
照射開始だ…!!」
星夫「OK、パパ…!」
ジュリー「了解です!」
リエコ「アースパワー、照射開始!!」
コンソールに着席した大原星夫少年とジュリー・ワイズマン、そしてリエコがアースパ
ワー発生衛星を始動させる。八角形の巨大な多面体パネルから、凄まじいスパーク
を発しながら人工的に生み出されたアースの力が日本地区を中心とした半径数千キ
ロのエリアに降り注ぐ…。

それを見たウルトラマンAと星司&夕子は、ある決断をその時下したのであった…。

星司『夕子!』
夕子『星司さん!!』
エース『みんな!!』

その時、星司と夕子のTACガンのトリガーが引かれ、エースがメタリウム光線を発射
する。同時に、3人を覆い隠すようにアースの光が包み込む…。

101 :名無しより愛をこめて:2006/06/25(日) 01:09:01 ID:G+P7W2dS0
天田「エース!!」
ゼネラル藤井「北斗君!!」
大原博士「夕子さん!!」
その姿を一瞬見たマイティ号の天田隊長と、大原博士とゼネラル藤井が最悪の状況を
想像し、思わず叫ぶ。そしてスクリーンをそむける星夫、ジュリー、リエコの3人…。

だが、本当に絶句したのはキリエルの女と「大いなる意思」の方であった…。

星司と夕子がTACガンのトリガーを引いた相手はキリエルの女で、ウルトラマンAが
メタリウム光線を放った場所は「大いなる意思」のいると思われる上空であった…。

大いなる意思『お前は…、我を拒むと言うのか…?!』
キリエル人(女)「貴様達に、世界を救おうと言う意思は無いと言うの…?!」
唖然とする両者に、星司と夕子…。そしてウルトラマンAが言い放つ。

エース「私は、M78星雲の戦士として貴様を受け入れるつもりは無い!」
夕子「私たちは、どちらも選ばないわ!」
星司「奴隷の平和よりも、例え修羅の道であろうと…。自分たちの平和は自分たちで
掴む!!」
エース「地球の力を得たM78星雲の『光の巨人』として…!」
星司&夕子『「光の巨人」に選ばれた「光を導く者」として…!!」
そう言いながらウルトラリングをはめた右手を天にかざす星司と夕子。

すると、星司と夕子の身体を再び光の球が包み、エースの身体をも包んだ…。

102 :名無しより愛をこめて:2006/06/25(日) 01:10:05 ID:G+P7W2dS0
SJK『当てが外れたようだな、貴様達…。』
せせら笑うスーパージャンボキングの中のヤプール。

大いなる意思『クッ!!』
キリエル人(女)「貴様達、いずれ後悔するぞ!!」
そう言いながら悔しそうに008から気配を消す「大いなる意思」とキリエルの女。

SJK『邪魔者どもは去った!貴様の決意とやらを、この私にぶつけて見ろ!!』
エース「望む所だ、ヤプール!!」
そして、エースとヤプールの宿命の戦いも再び再開した所であった。

その時ヤプールは、エースの中に太陽エネルギーだけでなく、人々の心の「光」と地
球の「力」を見いだしていたのであった…。

103 :名無しより愛をこめて:2006/06/25(日) 01:10:54 ID:G+P7W2dS0
天田「よぉーし、俺達も反撃開始だ!ジスプの戦艦に体当たりして、奴もろともヤプー
ルのオバケ鯨と超獣どもを一網打尽にするんだ…!!」
『SMJ!!』
水中のコンクルーダーに乗り込む今井隊員とTACスペースに乗り込むTAC隊員達、
TACファルコンに乗り込んで南太平洋国際本部派遣軍を指揮するブラッドレー博士も
一斉に答える。

それは、互いがそれぞれの「唯一神」を振り切って、自ら修羅の道を進んで進む事を決
意した物でもあった…。


○ウルトラマンA/北斗星司&南夕子→大いなる意思とキリエルを振り切って自我を取り戻す。
更にアースパワー発生衛星のアースの力でパワーアップ。
●大いなる意思→ウルトラマンAを取り込めず撤退。
△キリエル人(女)→星司と夕子のドリームボールを確保出来ない悔しさで撤退。
●ヤプール/スーパージャンボキング→ウルトラマンAと戦闘再開。
○マイティジャック隊、TAC南太平洋国際本部派遣軍→超獣軍団&ジャンボーと戦闘再開。

尚、アースパワー発生衛星のアースの力はヒーロー達や、廃墟のアキバに横たわる
ミズノエノリュウを回復させる力がありますので、職人さん各自の判断で役立ててくださいm(__)m


104 :名無しより愛をこめて:2006/06/30(金) 18:07:42 ID:HKH1HE2f0
バルカンベース防衛戦の完結と行きます。

>>98
「ウルトラ戦士のエネルギーが無事回復しました!」
「成功したか。」
星見隊員の報告を聞き小中井副参謀が深く頷く。
「よし、一気にあの怪獣を倒すぞ!」
「了解、アクティブレーダーミサイル発射!」
大河内参謀の一言で武村隊員がアクティブレーダーミサイルの発射を始める。

スーパー轟天から放たれたアクティブレーダーミサイルが残ったゲルカドンを一気に命中しゲルカドンが海へ落ちて行く。
「空の怪獣はこれで全滅しました!」
数隊員が戦況を伝える。
これでバルカンベースに残った敵はイリスのみとなった。

105 :名無しより愛をこめて:2006/06/30(金) 18:08:35 ID:HKH1HE2f0
マグネリウムの衝撃波によって火炎弾をかき消されただけで無く吹き飛ばされたイリス達が再び立ち上がりウルトラ戦士に向かってきた。
「ウッ!」
イリスの一匹がレオに向かい触手を伸ばすがレオは素早い身のこなしで避けていく。
「エイヤァァァ!」
レオの拳がイリスを吹き飛ばす。

一方ではコスモスが超音波メスをコスモスゴールデンライトバリアで防いでいく。
「ギャァァァァオ!!」
そこにレオの拳で吹き飛ばされたイリスが地面に叩き付けられた。
そこにもう一匹のイリスが目の前に止まって三匹のイリスが並ぶ。

そして六人のウルトラ戦士も並び光線技の体勢を執る。
「デヤァァァァ!!!」
「ギャァァァァオ!!!」
エメリウム光線、エネルギー光球、メガ・スペシウム光線、スペシュッシュラ光線、ベリーナイス光線、コズミューム光線が同時に撃たれた。
イリス達も再び火炎弾で攻撃するがマグネリウムエネルギーを受けたウルトラ戦士の光線技にかき消される。
光線はイリス達に直撃しイリス達はそのまま倒れ爆発を起こした。

106 :名無しより愛をこめて:2006/06/30(金) 18:17:03 ID:HKH1HE2f0
「全ての敵の反応が消えました。」
「勝ったのか…。」
バルカンベースの指令室に全ての怪獣を倒した事が伝わり嵐山長官が聞く。
「そうじゃな、我々はバルカンベースを守りぬいたんじゃ!」
お茶ノ水博士が戦いの勝利を喜ぶ。
「はい、それでもまだ撤退したバラノイアの本隊だけで無くゴーデスや大いなる意思もいます。」
嵐山長官が今後の問題を話す。
「この戦いは一の谷博士やカー将軍を始めとする多くの人々の犠牲もありました。」
夢野博士の一言で一同は決意を固める。
「ええ、カー将軍達の為にもこれからの戦いを勝ち抜きましょう!」
嵐山長官が一同に告げる。

そして戦いぬいたヒーロー達がバルカンベースへと次々と戻っていく。

●ゲルカドン(バルカンベース出撃分)→残りはスーパー轟天に倒される。
●イリス×3→ウルトラ戦士に倒される。

107 :名無しより愛をこめて:2006/06/30(金) 18:38:29 ID:HKH1HE2f0
バルカンベースメンバー…嵐山長官、夢野博士、ドロシー・アンダーソン、佐原博士、
光明寺博士、お茶の水博士、三神博士、滝川博士、 大河内参謀、小中井副参謀、
スピルバン/城洋介、ダイアナレディ/ダイアナ、
バトルフィーバーJ(バトルジャパン/伝正夫、バトルフランス/志田京介、バトルコサック/神誠、バトルケニア/曙四郎、ミスアメリカ/汀マリア)
サンバルカン(バルイーグル/飛羽高之、バルシャーク/鮫島欣也、バルパンサー/豹朝夫)、
マスクマン(レッドマスク/タケル、ブラックマスク/ケンタ、ブルーマスク/アキラ、イエローマスク/ハルカ、ピンクマスク/モモコ) 、
バンドーラ、トットバット、ブックバック、プリプリカン、セーラー戦士(セーラーマーズ/火野レイ、セーラージュピター/木野まこと、セーラーヴィーナス/愛野美奈子、セーラーちびムーン/ちびうさ)、
スパイダーマン/山城拓也、 宇宙刑事(ギャバン/一条寺烈、シャリバン/伊賀電、シャイダー/沢村大、アニー、マリーン) 、
オーレンジャー(オーレッド/星野吾郎、オーグリーン/四日市昌平、オーブルー/三田祐司、オーイエロー/二条樹里、キングレンジャー/リキ )、
メガレンジャー(メガレッド/伊達健太、メガブラック/遠藤耕一郎、メガブルー/並木瞬、メガイエロー/城ヶ崎千里、メガピンク/今村みく、メガシルバー/早川雄作)、
ジャイアントロボ、U7(草間大作)、ウルトラマンナイス/夢野銀河、イナズマン/渡五郎、
紅健、レッドバロン、嵐田陽、マッハバロン、岩本博士、村野博士、岸田技術主任、
MYDO(ウルトラセブン/薩摩萬、数学、星見透、武村岩太)、おおとりゲン、ケンイチカイ、科学特捜隊(ムラマツ、アラシ)、
チームEYES(ヒウラ、ウルトラマンコスモス/春野ムサシ、シノブ、ドイガキ、フブキ、アヤノ)、PATK(村上浩、野村せつこ、熊井五郎)、小野寺参謀、ミラーマン/鏡京太郎、
白バラ仮面/嵐山美佐セーラームーン/月野うさぎ、ナイルなトトメス/中島サナエ、アラーの使者/鳴海五郎、スピルバン/城洋介、
宇宙防衛艦轟天(三好考次、室井礼次、滝川マリ、ジミー、冬木和夫、三笠忠)、岸京一郎/ジャンボーグA、伴野大作、岸京一郎/ジャンボーグA、伴野大作

108 :名無しより愛をこめて:2006/06/30(金) 18:39:24 ID:HKH1HE2f0
防衛軍基地メンバー…UGM(オオヤマ一樹、イトウ順吉、ハラダ時彦、タジマ浩、フジモリ新八郎、イケダ登)、
MAC(黒田明雄、青島一郎、白川純子)、 Gフォース(黒木翔、結城晃、新城功二、鈴木、大野、上原)、
平成ウルトラ警備隊(シラガネ・サンシロウ、カザモリ・マサキ、シマ・ケイスケ、ミズノ・タクマ、ハヤカワ・サトミ、 ホンジョウ・ルミ)、
ZAT(朝日奈勇太郎、荒垣修平、二谷一美、北島哲也、南原忠男、森山いずみ) 、
科学特捜隊(ハヤタ、イデ、フジ)、ナイトレイダー(和倉、孤門/ウルトラマンネクサス・ノア、凪、詩織、)、XIG(チームライトニング、ファルコン、クロウ)、
マウンテンガリバー5.5号(当八郎ら旧MJ隊メンバー)、ダイアン・マーチン、立花レイ

バルカンベースと防衛軍基地はフリーにします。

109 :名無しより愛をこめて:2006/06/30(金) 19:23:36 ID:HKH1HE2f0
ムーン以外のセーラー戦士は平和守備隊基地に避難していたんだorz

110 :カイロンの悪夢:2006/06/30(金) 20:51:09 ID:YrPBIqLW0
>>90

ショウ『そうだぜ!その前にこいつらをまとめて片付けるぞ!!』
その時、ショウの通信がガンヘッド部隊一同と、三郎、ガンテツ、ワンセブンに届い
た。同時に上空と地上からのビームとミサイル攻撃で次々とデーモンカーの大群が
破壊されていく…。

『俺にも手伝わせてもらうぜ!!』
今度は別方向から通信が飛び込む。そして、一瞬の内にブルガリオ軍団と戦っている
ヤプールの超獣…カメレキングとブラックサタンを掠める赤と黒の巨大な影…。

その巨大な影が実体を表すと、カメレキングとブラックサタンが大爆発を起こした。
その姿に驚くブルースワットとガンヘッド部隊…。

ショウ「あれは…、デカウイングロボ?!」
ブルーストライカーの中でショウは、目の前で超獣を倒したのが地球署のデカレンジャー
が使うデカウイングロボで有るのを見た。が、パイロットの反応は1人だけなのに狼狽
しているショウ…。

拳「何とか間に合ったぜ…。」
コン8『4人分のパトウイング動かすのって、大変だよぉ〜。』
シグ「貴方は、スターウルフ・ケン…。」
スターフォートレスの中でシグは、デカウイングロボを動かしているのがスターウル
フ・ケンこと新星拳であったのを見た。拳のシートの後方には相棒のサポートロボッ
ト…コン8がいて、無人になっているパトウイング2〜5をコントロールしていたのだ。


111 :名無しより愛をこめて:2006/06/30(金) 20:52:04 ID:YrPBIqLW0
拳「ウチのヤーコが行動隊長殿の非常召集で008に来たから、こっちも応援に来た
のさ…。」
ガンヘッド507『しかし、デカウイングロボはSWATモードのデカレンジャーで無ければ
動かせないのでは…?』
訳の判らない様子のガンヘッド507。が、拳は笑って言う。

拳「こっちにはコン8って言う頼もしい相棒もいるし…、それにヴァルナ人の俺には
デカスーツは不要だ…。」
ブルックリン「納得…。」
その詞に妙に納得するブルックリン。実際拳の服装はデカレンジャーのデカスーツで
はなく、元在籍していた宇宙外人部隊スペースコマンドの制服であったのだ。

GP「故郷で鍛えられた己の肉体こそ最大の武器と言う流儀なのか?」
拳「その通りだ、プラチナム…。それと、出撃前にアースパワーコンデンサーを取り付
けておいて良かったぜ…。」
どうやら拳のデカウイングロボも、アースパワー発生衛星の恩恵に預かっていたよう
だった。それと、ヴァルナ仕込みの戦闘機乗りとしての腕が、先程の神業の一因でも
あったのだ。

112 :名無しより愛をこめて:2006/06/30(金) 20:53:01 ID:YrPBIqLW0
ジャンヌ「でも、待ってください…!ブラックサタンが、生きています…!!」
三郎「何ですって?」
その時、デカウイングロボに瞬殺されたはずのブラックサタンが爆発の煙から現れた
のであった…。

ブルックリン「ダン!ブラックサタンには何か特徴はあったか?」
ダン「確かあいつは、マザリュースと同じで本体が別にあって、その本体を潰せば簡
単に倒せるよ…!」
ブルックリン「ジャンヌさん、済まないけどまた頼むぜ…。それに桂さん…、ジャンヌさん
のマルハチのバックアップを頼む!!」
ジャンヌ「判りました…!」
桂『了解です…。』
そう言いながら再びドリームボールに精神を集中するジャンヌ。それをバックアップする
SS-17/桂…。

そして暫くすると、ジャンヌとSS-17/桂が同時に答えを弾き出す。

ジャンヌ「あのマザリュースが、地上の超獣を操っている大元です…!」
桂『マザリュース全体に、次元エネルギー反応…!』
拳「よぉーし、一気にカタを付けるか!ワンセブン、手伝ってくれ!!」
ワンセブン『イエス!』
コン8『特捜変形、デカウイングキャノン!!』
コン8の掛け声と共にデカウイングロボがデカウイングキャノンに変形する。そして、
ワンセブンがデカウイングキャノンを担ぐと、グラビトンのマイクロブラックホール発
生機のエネルギーがデカウイングキャノンに流れ込む。

113 :名無しより愛をこめて:2006/06/30(金) 20:54:02 ID:YrPBIqLW0
ショウ「こちらも総攻撃だ!」
三郎「了解!!」
ガンテツ「よっしゃ!」
同時にブルースライガーの武器庫が全開となり、ミサイルとプラズマビーム砲が顔を
のぞかせる…。

ブルックリン「全ガンヘッド!総攻撃だ!!」
ガンヘッド一同『了解!!』
その照準が超獣軍団とブルガリオ軍団にロックされる。

ワンセブン『グラビトォォォォン!!』
雄叫びと共にワンセブンが、デカウイングキャノンによって増幅されたグラビトンの
マイクロブラックホールをフルスピードで射出する。それに続きガンヘッド部隊とブ
ルースワットがビームとミサイルでワンセブンとスターウルフ・ケンに続く…。

『ギァァァァァァァッ!!』
断末魔の叫びと共に、マザリュースがマイクロブラックホールの直撃を食らう。その
ショックでガランとカメレキングを巻き込み、ブラックサタンとブルガリオ軍団に命中
する。そして、超重力で圧縮され爆縮する超獣軍団とブルガリオ軍団…。

やがて、その破壊力の凄まじさは爆縮の逆流と言う形で大爆発を起こした…。

ブルックリン「やったぞ!!」
三郎「いいぞ、ワンセブン!!」
勝利に沸き立つブルックリンと三郎。


114 :名無しより愛をこめて:2006/06/30(金) 20:55:10 ID:YrPBIqLW0
ワンセブン『待テ、三郎…。ロボットノ方ニ反応アリ…。』
その時、遮るようにワンセブンが言う。

コン8『注意せよ…。ロボットに自己再生の兆候有り…。』
ブルックリン「自己再生?」
半信半疑のブルックリン。

しかし、ガンヘッド507が震える声でブルックリンに恐ろしい事を告げる。

ガンヘッド507『ブルックリン…。ウオノメ・マナコのロボットの姿が次第に「奴」の姿に
最形成されています…。』
ブルックリン「何だって?!」
その映像を見て呆然とするブルックリン。

それもそのはずだった…。
ブルックリンとガンヘッド507が見たのは、17年前の「カイロンの反乱」でガンヘッド部隊
を壊滅させたカイロン最凶の下僕…エアロボットの巨大スケールバージョンであった。
全高がワンセブン並とあって、その姿はかつてブレインが打倒ワンセブン用に建造した
巨大侵略ロボットを彷彿させていた…。


115 :名無しより愛をこめて:2006/06/30(金) 20:58:09 ID:YrPBIqLW0
ブルックリン「ウオノメ・マナコのロボットに取り付いたゴーデス細胞は、こいつの為に
あったのかよ…。」
最早言葉も出ないブルックリン。

そんな彼らを嘲笑うように、量産型ブルガリオの残骸が融合再生して出来たグレート・
エアロボットが青い3つ目を不気味に輝かせながら起動し始めた…。ピストン状の冷却
コンプレッサーが不気味な打撃音を響かせ、2本の巨大な放電マニピュレーターが前後
に動きながらヒーロー達に迫り来る…。

そして仕事を終えたグレート・エアロボットのゴーデス細胞は、静かに消滅したのであ
った…。


○新星拳/スターウルフ・ケン、コン8→デカウイングロボで応援に。
○ブルースワット→全員合流!
●ヤプール超獣軍団(カメレキング、ガラン、ブラックサタン、マザリュース)
→ワンセブンとデカウイングロボの合体攻撃で倒される。
△量産型ブルガリオ軍団→ゴーデス細胞のハッキングで「グレート・エアロボット」に
再生される。その後ゴーデス細胞は消滅。
大鉄人ワンセブン、デカウイングロボ(新星拳、コン8)、ブルースワット、ガンヘッド部隊
vsグレート・エアロボット


116 :名無しより愛をこめて:2006/07/02(日) 09:21:05 ID:u6hW95/+O
渡来教授らを乗せたロケバスが、渋谷に着いた。
イチコ「ふぅ…やっと着いたぜ」
ファラ「着いたって言うか、戻ってきたって感じだけどな」
桃子「途中何もなくて良かったですよね。私はてっきり、バスが山から落ちて…

桃子『どうしよう…とにかくみんなを探さないと…あっ、イチゴちゃん!』
イチコ『ぐぉおぉ…(罠にかかっている)』
桃子『大丈夫?今助けるね』
イチコ『あたしの事はいい…それよりここから少し行った所に家があるみたいだ』
桃子『わかった、じゃあ行ってくるね。
(家を見つけ)ここかなぁ…すいませ〜ん!』
ジジイ『あん?おめぇ、どこの糞もっこりだ』
桃子『は、はい…下妻の糞もっこりです。あの…この辺に電話は…』
ジジイ『でんわ?なんだべそれ?』
桃子『こう、番号を選んでもしもしって話す…』
ジジイ『そりゃずんわだべこのヤロー!』
桃子『ぶべらっ!』
ジジイ『ったく東京もんはそうやって田舎ば馬鹿にして…』
桃子『下妻は茨城県です』
ジジイ『るせぇ!どっちでもおんなずだべ!おめぇ、せっかくだから野菜汁飲んでけこのヤロー』
桃子『は、はぁ…』

117 :名無しより愛をこめて:2006/07/02(日) 09:35:48 ID:u6hW95/+O
桃子『うわぁ…何これ…まずっ…でもまずいって言ったら殺されちゃう…』
ジジイ『どした?早くお椀ば下げれ』
桃子『う…ぅぅぅ…』
ジジイ『早く下げれこのヤロー!(桃子の腕を取り)
は、はうぁっ…お前…
何 て う ま そ う な ツ ラ し て ん だ !』
桃子『はわわぁ…あんまりおいしいもんだから、ついお椀を下げるのを忘れちゃいました』
ジジイ『(突然立ち上がり、拍手)』
桃子『えっ…』
ジジイ『いやぁ…やっと食べてくれたね(顔をベリベリと剥ぐと、渡来教授の顔が)』
桃子『渡来教授…』
渡来『こないだ前田君の家でアニキサラダ食べた時、君だけ食べなかったろ?だからこうして一芝居打ったのさ』
桃子『えっ…えっ?(辺りを見ると、今までこのスレに出た全ての登場人物が拍手している)』
ゼイラム『おめでとう』
ゴーデス細胞『おめでとう』
妖星ゴラス『めでたいなぁ』
神崎士郎『おめっとさん』
桃子『みんな…』
渡来『よーし、みんなで桃子ちゃんを胴上げだ!』

父に ありがとう
母に さようなら
そして 全ての特撮キャラへ

おめでとう

桃子『先生、だ〜いすき☆』

ってなるかと思ったのに」
イチコ「なんであたいが罠にはまってるんだよ!」
ファラ「ていうか長ぇよ!」


118 :名無しより愛をこめて:2006/07/02(日) 10:00:41 ID:u6hW95/+O
三人がそんな馬鹿話をしている頃…全速力で走ったため、疲労困憊している男がいた。

竹之内「はぁ…はぁ…さすがにクロ高から渋谷まで走るのはキツいぜ…」
北斗の子分「だったらみんなと一緒にバスに乗ってくれば良かっただろ」
竹之内「…それは…」
北斗の子分「はっは〜ん…実はお前、バスが苦手でずっと走って来たんだろ?」
竹之内「うっ…」
北斗の子分「どうやら当たりみたいだな」
竹之内「何だと…てめぇ、どこのもんだ!」
北斗の子分「ふふふ…聞いて驚くな。俺は北斗様の一の子分。その名も…」
北斗の子分が名乗ろうとした瞬間…楠木涼が悲鳴を上げた。
楠木「あああっ!」
神山「どうしたんですか楠木さん!」
楠木「あ、あれを見て…」
楠木が指差した先には、109が…二つあった。
林田「おいおい、こんなに109があったら服買い放題だろ」
前田「いや…ていうかおかしいだろ。誰が109を二つにしたんだ?」
前田の一言で、全員の視線が北斗に向かう。
坂本「…おまえか?」
イチコ「どーせならうちの近くのジャ〇コ二つにしてくれりゃいいのによ」
北斗「お…俺じゃないぞ」
バンキュリア「それよりこの街…渋谷みたいだけど、何か違う感じがするね」
長田「何ですって!?」
海堂「じゃあ、どういうことだよ?」
渡来「多分…僕たちは、渋谷であって渋谷でない場所に来たみたいだね…」

〇仮面ライダーα/竜ヶ崎桃子、仮面ライダーβ/白百合いちご、仮面ライダーγ/スローブ星人ファラ、
クレインオルフェノク/長田由佳、スネークオルフェノク/海堂直也、妖幻密使バンキュリア/ナイ+メア、
地球防衛軍(神山、林田、前田、竹之内、マスクド竹之内、
フレディ、ゴリラ、メカ沢、阿東快、北斗、北斗の子分)、
楠木涼、坂本剛一→渋谷ではなくShibuyaに到着。

119 :名無しより愛をこめて:2006/07/02(日) 22:42:18 ID:XWKslbyz0
大河内は、防衛軍の人間を殺した罪で捕まり軍法会議に
かけられることになった。

○ 大河内 救出した人間を殺した罪によリ逮捕される

120 :名無しより愛をこめて:2006/07/02(日) 23:00:20 ID:+cf/wSlx0
しかし、追い出したはずの防衛軍の人間は実はバーロ兵が化けた物と判明した。

●防衛軍の人間 実はバーロ兵が化けた物

121 :名無しより愛をこめて:2006/07/02(日) 23:53:00 ID:PzL02TiU0
121

122 :名無しより愛をこめて:2006/07/03(月) 05:15:39 ID:OIrzQFgU0
>>120
だまれ氏ね 貴様の戯れ言は無効だ

123 :名無しより愛をこめて:2006/07/03(月) 08:53:25 ID:jUtq6gr+O
えー、皆さんわかってるとは思いますが…
>119-122はスルーで

124 :名無しより愛をこめて:2006/07/03(月) 22:38:35 ID:eUZmCSse0
>>81
では、ランカー陣営書いてみます。

ダマスクセにもゴーデスの光が広がっていた。
「何があったのじゃ!?」
ランカーがモニターからその光を見て驚く。
その光が収まるとブローズが三匹出現し、ダマスクセを攻撃してくる。
「その光はハワイに出現したゴーデスなる怪獣が放たれています。」
ヘドロがご丁寧に説明する。
「うぬぬ…天海山3兄弟よ、怪獣達を迎え撃て!」
「我々にあの怪獣をですか!?」
何とランカーは天海山3兄弟にブローズを迎え撃つことを指示する。
それを聞いた竜天丸が驚いてランカーに聞く。
「生身とは言わん、お主らには完成したばかりの量産型バルシオンのテストパイロットをやってもらおう…。」
「おおっ!」
「それは凄い!」
「流石はランカー殿!」
天海山3兄弟がそれぞれ興奮のあまり声をあげる。
「では、準備にかかって。」
ヘドロに案内され天海山3兄弟は量産型バルシオンの地下ドッグへ向かって行った。

●天海山3兄弟→量産型バルシオンのテストパイロットに選ばれる。
△ブローズ→ダマスクセに三匹出現。
ランカー陣営は以後フリーです。

125 :名無しより愛をこめて:2006/07/04(火) 23:44:02 ID:kqIHHkwH0
昨夜の大サタンの一党とフォッグマザー・改の出現により廃墟となった秋葉原では未だミズノエリュウが横たわっていた。
「もう二度と動けんな。」
「ああ、いくら霊的結界が戻ったとは言えどもミズノエリュウがこのざまでなは。」
それをダークサマナーのシド・デイビスと香坂が見ていた。

その時、上空からミズノエリュウに向かって謎の光が落ちてきた。
「あの光は…加藤か!?」
シドがその光を見て驚く。
「シド、やばいぞ。」
さらに香坂もミズノエリュウの異変に気づいたようだ。
「ギャァァァァオ!」
光を浴びたミズノエリュウは再び立ち上がり雄たけびを上げた。
その光はアースパワー発生装置の光でミズノエリュウはそのアースパワーで復活した。

「何、ミズノエリュウが立ち上がっただと!?」
シドはミズノエリュウが再び立ち上がった事に声を上げる。
「シド、このままじゃデビルサマナーに付けられるぞ。」
「くっ…だが何とかして葛場を迎え入れないとな。」
二人はこの場を離れた。

○ミズノエリュウ→アースパワー発生装置で復活。
●シド・デイビス、香坂→キョウジ達を引き続き追う。
以後はフリーです。

126 :125:2006/07/05(水) 21:35:16 ID:PmRf0XqT0
>>125を書き直します。

昨夜の大サタンの一党とフォッグマザー・改の出現により廃墟となった秋葉原では未だミズノエリュウが横たわっていた。
「もう二度と動けんな。」
「ああ、いくら霊的結界が戻ったとは言えどもミズノエリュウがこのざまでなは。」
それをダークサマナーのシド・デイビスと香坂が見ていた。

その時、上空からミズノエリュウに向かって謎の光が落ちてきた。
「あの光は…加藤か!?」
シドがその光を見て驚く。
「シド、やばいぞ。」
さらに香坂もミズノエリュウの異変に気づいたようだ。
「ギャァァァァオ!」
光を浴びたミズノエリュウは再び立ち上がり雄たけびを上げた。
その光はアースパワー発生装置の光でミズノエリュウはそのアースパワーで復活した。

「何、ミズノエリュウが立ち上がっただと!?」
香坂はミズノエリュウが再び立ち上がった事に声を上げる。
「ならば相手をしてやろう。」
シドはドーラタイタンを召還した。
「これでデビルサマナーを誘き寄せるのか?」
「ああ、ミズノエリュウが復活したなら奴らが来るからな。」
香坂に聞かれるとシドは不気味に笑いながら答えた。


・ミズノエリュウVSドーラタイタン
○ミズノエリュウ→アースパワー発生装置で復活。
●シド・デイビス、香坂→ミズノエリュウでキョウジ達を誘き寄せる。
以後はフリーです。

127 :名無しより愛をこめて:2006/07/08(土) 20:45:15 ID:y3UO6SbVO
あげ

128 :名無しより愛をこめて:2006/07/08(土) 21:33:27 ID:IkYsc2g70
宇宙空間にある円盤内。
次々倒されていく超獣やゴーデス怪獣を見ながら歯軋りするのはあの改造巨大ヤプールだった。
「クソ・・・・こうなったらわしの自信作三体と・・あれを当てるか・・・。」
彼は円盤内で歩きながらそういった後、四つのカプセルを目の前へと出した。
カプセルの中身は宇宙怪獣改造ベムスター、改造ベロクロン二世、サボテンダー
そして白い突起も何も無いただあるだけの物体だった。
改造巨大ヤプールは大声を上げて笑った。
「わしは奴らと違って利口なのだ!連中が死んだらわしが異次元の支配者となる!グハハハ!」
ヤプールの笑い声が響くうちにカプセルは異次元へと消えていった・・・・

●改造巨大ヤプール→配下の再生超獣+αを地球に送り込む
●改造ベムスター、改造ベロクロン、改造サボテンダー→地球へ
△完全生命体イフ→第一形態のまま地球へ

129 :名無しより愛をこめて:2006/07/08(土) 21:35:51 ID:IkYsc2g70
補足
改造巨大ヤプールはスーパージャンボキング(ヤプール)とウルトラマンAが共倒れするのが望みのようだ
ベロクロンおよびサボテンダーは装甲を強化しているようだ。

130 :戦士よ立ち上がれ:2006/07/08(土) 23:43:38 ID:QkEbfyyZ0
>>81
>>103

怪盗ウルフ「まだ、無駄な足掻きを続けるのか…?!」
カッチュウナイト「余程、魔神ゴーラ様とブライゾンガー様のお待ちしている地獄に
行きたい様子だな…。」
アンカー男「ならば、望みを叶えてやる…。」
シルバ「塵一つ残さず、一撃で破壊してやる…!」
テンタクルとオクトパスとデスター、そしてランカー商会の刺客達が星雲仮面マシン
マンと兄弟拳バイクロッサーに一斉に狙いをつける。

真紀「マシンマン!バイクロッサー!!」
ケンローダーの中で叫ぶ真紀。

その時であった。
上空から、眩いまでの光が008を包んだのだ…。

131 :名無しより愛をこめて:2006/07/08(土) 23:44:32 ID:QkEbfyyZ0
怪盗ウルフ「何だ?」
アンカー男「こいつは?」
シルバ「まさか…?」
カッチュウナイト「アースパワーの、光だと…?!」

それは、008の大原博士達が衛星軌道に転送したアースパワー発生衛星からのアース
の光であった。

ケン「この光は?」
ギン「アースの光?」
マシンマン「それならば!!」
そう言ってマシンマンは身構えると、戦闘時にはバトルスーツの中に有るマントを展開
した。透明素材のマントがアースの光を受け止め、眩いオーラにマシンマンの身体が包
まれていく。同時にバイクロッサーのバトルスーツ、そしてギンクロンにもアースの光が
溜め込まれていく…。

シルバ「力が、戻ったと言うのか…?」
絶句するシルバ。

マシンマン「そうだ!地球の人々は、お前達のような奴らを絶対許さない!」
ケン「ペガサスから貰った力と…!」
ギン「アースの力で…!」
『貴様達を倒す!!』
一斉に叫ぶマシンマンとバイクロッサー。

132 :名無しより愛をこめて:2006/07/08(土) 23:45:19 ID:QkEbfyyZ0
マシンマン「行くぞ!」
ケン&ギン『おう!』
右手を振りながらマントを折り畳み、戦闘モードに移行するマシンマン。
そして、ヘルメットのゴーグルに目を光らせて身構えるバイクロッサー。

怪盗ウルフ「それならば、こいつだけは使いたくなかったが…。貴様を倒すためだ、
星雲仮面マシンマン!!」
そう言うと怪盗ウルフは、何処からともなく黒いフルフェイスのヘルメットを取り出した。
そのヘルメットを被り、サーベルを構える怪盗ウルフ…。

『グォォォォォォォォォォォッ!』
凄まじい雄叫びを叫び、ヘルメットのゴーグルを不気味な赤で照らしながら3人の戦士
を睨む怪盗ウルフ…。

怪盗ウルフの被ったヘルメットは、人間の悪の心を増幅し、犯罪に駆り立てるための
洗脳装置を埋め込んだプロフェッサーK謹製の「犯罪ヘルメット」と呼ばれる物であっ
た。それも、ランカー商会で改良され「犯罪ヘルメット・大吟醸」として製品化された
スペシャルバージョンだったのだ。

133 :名無しより愛をこめて:2006/07/08(土) 23:46:11 ID:QkEbfyyZ0
怪盗ウルフ「マシンマンは俺がブッ殺す!アンカー男、援護しろ!!」
アンカー男「わ、判った…!」
犯罪ヘルメットの副作用で、ヤクザ調の口調でアンカー男に吠える怪盗ウルフ。

シルバ「ならば、私は貴様と共にバイクロッサーの始末を手伝う!」
カッチュウナイト「頼むぜ、シルバ殿…!!」
そして、バイオハンター・シルバとカッチュウナイトは、ターゲットをバイクロッサーに
絞る…。

かくして3人の子供たちの守護者も、アースの光で再び力を取り戻したのであった。
全ての生命を守るために…。

○星雲仮面マシンマン、兄弟拳バイクロッサー
→アースパワー発生衛星によりパワーアップ
●怪盗ウルフ→犯罪ヘルメット・大吟醸でパワーアップ&狂暴化
星雲仮面マシンマン、兄弟拳バイクロッサーvs怪盗ウルフ(狂暴化)、アンカー男、
カッチュウナイト、バイオハンター・シルバ、デビラ兵→戦闘再開。


134 :名無しより愛をこめて:2006/07/09(日) 23:34:56 ID:cy4iV2H70
最初の職人がバルカンベースにいる事を忘れてたので
出番がなかった男 スパイダーマン !!

135 :名無しより愛をこめて:2006/07/10(月) 21:35:11 ID:hG8jRdyL0
バルカンベースに新たな動きがあった。
PAT、科学特捜隊、チームEYESによる二次元出撃計画を進め始めたのだ。
先の戦いで一旦実験は中断したが、戦いが終わったので再開したのである。
そんな中バルカンベースの一画でチームEYESが口論をしていた。
ヒウラがムサシたち合流組を計画に参加させないと言ったからである。
「しかしキャップ。確かにカオスヘッダーの監視を大事です。
しかし、キャップとフブキさんだけ二次元に出撃させるなんてそんなこと・・・」
「ムサシ。この戦いにおいてはチームを分散させるという状況は当たり前だ。
それに今のお前たちなら、私がいなくても充分に戦える実力があるんだ。
もっと自分に自信を持て!」
ヒウラの激励にムサシは納得した。
「私がいない間はシノブを代理として行動してくれ。今後我々はカオスヘッダーの
監視のためにトレジャーベースで待機する。以上だ。」
「了解。」
こうしてムサシたち合流組はカオスヘッダーの監視のためトレジャーベースに戻ることになった。

136 :名無しより愛をこめて:2006/07/10(月) 22:01:02 ID:hG8jRdyL0
その出来事の数十分後に御手洗博士と藤本武、野村由紀、御手洗朝子が合流。
その約一時間後にいよいよ出撃することになった。
PAT、科学特捜隊、チームEYESは作戦の説明を聞くために集合した。
まず御手洗博士の説明から始まった。
「まず諸君がしてのとおり。TACの異次元転送装置を使用する。
どのような手段を使うかだが、まず京太郎君がペンダントにミラースパークをする。
すると少しの間だが二次元への通り道ができる。その通り道を固定して
そこに戦闘機を転送するというわけだ。」
御手洗の説明が終わると今度は村上の説明が始まった。
「次は戦闘機のことだが、戦闘機はジェットコンドル、ハンターQ、ジャンボフェニックス
さらにジャンセスナの計四機で出撃します。
話し合いの結果、ジェットコンドルにはフブキと藤本が、ハンターQには熊井、
アラシ、野村せつ子、野村由紀が、ジャンボフェニックスには私とムラマツさん、
ヒウラさん、安田、御手洗が乗ってもらうことになった。
無論ジャンセスナには京一郎が、京太郎君は乗らないことになっている。以上だ。」
そしてこのミーティングの数分後に計画を実行することが決まった。

137 :名無しより愛をこめて:2006/07/10(月) 22:24:45 ID:hG8jRdyL0
出撃の数分前、御手洗と伴野は京太郎と京一郎を呼び出した。
「京太郎君。朝子をよろしく頼む。君のお父さんと会ったらありがとうと伝えてくれ。」
「わかりました。」
「京一郎君。くれぐれもセスナは壊さないでくれ。ナオキに心配させやがってと
怒鳴ってくれ。」
「わかりました。ナオキ君にそう言っておきます。」

そしてついに格納庫で計画は実行に移された。
御手洗と伴野が見守る中、京太郎が格納庫の中央でペンダントの前に立って構えた。
「ミラー・・・スパーク!」
そして同時に作業員たちが装置を起動させた。
すると格納庫に黒い渦が出現し空間が歪み始めた。待機している四機の周りに電流が走った。
「よし!今だ!転送!」
御手洗はスイッチを押した。すると歪みが激しくなり、その直後閃光が走った。
御手洗たちが目を開ける時には、京太郎もセスナも消えてしまった。

〇ミラーマン/鏡京太郎、ジャンボーグA/岸京一郎、PAT(村上、熊井、安田、藤本、
野村せつ子、野村由紀、朝子)、科学特捜隊(ムラマツ、アラシ)、
チームEYES(ヒウラ、フブキ)→二次元に突入。
〇チームEYES(ウルトラマンコスモス/春野ムサシ、シノブ、ドイガキ、アヤノ)
→カオスヘッダー監視のためトレジャーベースに戻る。
〇御手洗博士、伴野大作→バルカンベースに待機。

138 :名無しより愛をこめて:2006/07/13(木) 20:45:54 ID:TmrTAjPY0
CR編再開します。

風雄の家へと訪れた澤田達。
澤田と風雄は縁側ですいかを食べながら会話を弾ませていた。
「澤田さんは何でCRに入ったのですか?」
「CRの中でも凄く活躍した人に憧れて入ったんだよ、その人が俺が入ったチームの隊長になったんだよ。」
「それって凄いですね。」
澤田が風雄にCRに入った経緯を話す。

「みんなー、おまたせ。」
涼しげなワンピースに着替えた弥生が縁側にやって来た。
「や、弥生さん…。」
澤田がその弥生の姿を見て赤くなる。
「さ、澤田さん…。」
「どうしたんでしょうね。」
その澤田の姿を見て二人が唖然とする。

139 :名無しより愛をこめて:2006/07/13(木) 20:48:55 ID:TmrTAjPY0
その時、庭から車の音が聞こえてきた。
「車、だれか来たのかな?」
風雄が家の周りを見回す。

家の前に二台のマックロディーが止まった。
「消防車?火事でもあったの?」
澤田がそのマックロディーを見て驚く。
「あれってマックロディーじゃない、って事は…。」
弥生がマックロディーを見て何かを思いだした。
彼女は月からキララの迎えが来た際、ウルトラマンレオとMACによって守られていた。

「ここに反応があるというのは本当なのか?」
「ええ、ここという事は…。」
マックロディーの一台から南條チームの三人と綾が出てきた。
綾が南條に聞かれている。
「ほう、ここのようだな。」
「はい、多分南條さん達の顔見知りのようですけど。」
もう一台のマックロディーからはブーバ、シーマ、みゆきの三人が出てきた。

140 :名無しより愛をこめて:2006/07/13(木) 20:49:38 ID:TmrTAjPY0
「あ、南條さん!」
「弥生さん!」
弥生が南條達に手を振ると綾が彼女にも手を振る。
澤田達三人が南條達の方にやって来た。

「って綾ちゃん、ここにいる人達は?」
「ムーンタウンである事があってこの人達に助けられたのです。」
澤田がみゆき達を見ると綾が答える。
「私はみゆきと申します。」
「俺の名はブーバ。」
「シーマといいます、よろしく。」
みゆき達三人が自己紹介を行う。
「私、南條さんと同じくCR隊員の中島弥生といいます。」
「俺、南條さんに育てられた澤田東っていいます。」
澤田と弥生も自己紹介する。
「って俺に育てられたって調子がいいぞ。」
「南條さん、そうじゃないっすか。」
南條にどやされると澤田が慌てる。

○CR89師団(南條俊、江口亮、澤田東、千葉創介)、望月綾、みゆき、ブーバ、シーマ、中島弥生、岩動風雄、ミカヅキ、シンゲツ→風雄の家で戦いに備える。

141 :名無しより愛をこめて:2006/07/16(日) 17:44:09 ID:GE5YMlVd0
緯度ゼロにはバルカンベースを襲撃したブルドント達が既に戻っていた。
「ブルドント、何故撤退したんだ!?」
イナズマギンガーが怒りに震えていた。
「ゴーデス怪獣がこっちにも攻撃している所を見ただろ、それに僕達の様なそしたらあんたも危ないと思って助けたんだよ。」
「俺が言っているのはそう言う事ではなくて…。」
ブルドントが理由を言うがイナズマギンガーはお構いなしに銃を向ける。
「だからって銃を向けるとは…。」
「いいか、俺はサンバルカンと決着を付けたかった、だからと言ってゴーデスとやらに奴らを倒される訳には行かないからな。」
イナズマギンガーが銃をしまいながら理由を言う。
彼は総統ヘルサターンを倒しブラックマグマを乗っ取ろうとした時、黒幕であった全能の神により機械生命体イナズマモンガーへと改造されたからであった。

「ブルピー!」
「マルピー、どうしたんだ?」
そこにマルチーワがやってきた。
「ケリスからの連絡が付かないの。」
「どうしたんだ、どこかで道草でも食っているの?」
マルチーワがケリスからの連絡が付かない事をブルドントに伝える。
「俺は少し休んでいる。」
「ああ、バルカンベースが沈んだら教えるよ。」
イナズマギンガーはその場を去り、それをブルドントが送る。
しかし、バルカンベースに出現した怪獣達もマグネリウム強化装置で完全回復したウルトラ戦士に倒されたのであった。

142 :名無しより愛をこめて:2006/07/16(日) 17:46:18 ID:GE5YMlVd0
その頃、ケリスの部隊は緯度ゼロを目指していた。
「け、ケリス様、レーダーに怪獣の反応が!?」
「何!?」
ケリスがバーロ兵に言われレーダーを見ると四方八方に怪獣の反応が出ていた。
「な、何て数なの…。」
ケリスが外を見ると周辺には数十匹ものゲルカドンが囲んでいた。
「邪魔をするのか、迎撃を開始しろ!」
バラブレインの指示により量産型ジャンボーはゲルカドン達への攻撃を開始した。

ゲルカドンの火炎弾を量産型ジャンボーが光波バリアで防ぐ。
そして、量産型ジャンボーが攻撃を加えようとしたその時、ゲルカドン達はその隙を付いて次々と量産型ジャンボーを沈めて行った。
「くっ、何て怪獣どもだ…。」
残すはケリスのいるバラクティカのみとなった。
「ケリス様、外を…!」
バラブレインが指をさす方向にはバラクティカにブリッジに向かって火炎弾を放つ。
「くっ、バリアを貼れ!」
ケリスがバリアを貼るよう指示を出すが既に手遅れで火炎弾の直撃を受けてしまった。

そして全ての量産型ジャンボーとバラクティカが海へと沈んで行った。
既にゴーデスはバラノイアの手に負える物ではなかった。

●バラノイア(カイザーブルドント、マルチーワ、ボンバー・ザ・グレート、スチームパンクス(カボチャンプキン、ロッカーナイト、ネコシグナル、ジャグチャック))、
 イナズマギンガー→緯度ゼロで待機
●ケリス、バラブレイン→ゲルカドンに倒される。

143 :戦士よ立ち上がれ・其の弐:2006/07/16(日) 21:10:11 ID:brWLDifE0
>>94
>>133

トリプルファイターもまた、アースパワー発生衛星からのアースの光を浴びていた所で
あった。

オレンジ『これが、アースの光?』
グリーン『力が戻っているだけじゃなく、パワーも上がっている…!』
レッド『GJ!だぜ、大原博士…!』
トリプルファイターの中の早瀬3兄弟は、アースパワー発生衛星の威力に感嘆を示した
と同時に、大勢の人々がバックアップしていると言う事を肌で感じ取ったのであった。

バービーブー「これが、アースの光と言う奴か?」
テンパージョー「奴らの力が戻ったと言うのか?」
呆然とする2体のデーモン怪人…バービーブーとテンパージョー。
しかし、突如テンパージョーが我に返る。

テンパージョー「友よ…、これで面白くなったと思わないか…?」
バービーブー「どう言う事だ?」
テンパージョー「奴らの力と我等の力、どちらが強いか試し甲斐が有ると言う事だ…。
そう思わないか?」
バービーブー「そう言う事か?!」
その詞に頷くテンパージョー。

丁度その頃、ワンセブンとブルースワットとガンヘッド部隊の援護に、スターウルフ・
ケンとコン8のデカウイングロボが飛来していた所であった…。

144 :名無しより愛をこめて:2006/07/16(日) 21:10:52 ID:brWLDifE0
バービーブー「ならば行くぞ!『大いなる意思』の力が強いか?」
テンパージョー「奴らの力が強いか?」

『勝負だ!トリプルファイター!!』

そう言いながら2大デーモン怪人が、それぞれの武器でトリプルファイターに反撃を開
始する。バービーブーが両腕からミサイルを乱射し、トリプルファイターの足元を狙う。
それを右に左にと避けるトリプルファイター。

その時、テンパージョーはバービーブーのミサイルを避けた時にトリプルファイターの
足が地面を離れたのを見た。

テンパージョー「テンパー!!」
右手のテンペストスティックが巨大な竜巻を引き起こす。それがトリプルファイターを
上空に巻き上げる…。

テンパージョー「殺ったか?!」
バービーブー「いや、姿が見えないぞ?!」
辺りを見回すバービーブー。親友の狼狽する姿を見て、自分も見回しているテンパージョー。

145 :名無しより愛をこめて:2006/07/16(日) 21:11:34 ID:brWLDifE0
『ここにいるぞ、デーモンども!!』
『上か?!』
思わず天を見上げる2大デーモン怪人。

そこには、太陽を背にして急降下するトリプルファイターの姿があった。
急降下で降り立ったトリプルファイターはテンパージョーの目の前に降り立つと、回し
蹴りでテンパージョーのテンペストスティックを蹴り飛ばした。蹴り飛ばされたテンペ
ストスティックが、トリプルファイターの回し蹴りのショックで粉々になる。

テンパージョー「俺の愛用の武器を…!」
悔しさに地団太を踏むテンパージョー。
しかし、トリプルファイターはそんな彼らを見逃さなかった。

トリプルファイターは天高く飛び上がると、空中で1回転しキックを構えた。アースの
光が溜め込まれているせいだろうか、その右足が白く発光している。

『トリプル・キック!!』

トリプルファイターの必殺キックがテンパージョーに命中する。通常のキックとアース
の力が加わって、テンパージョーを引きずるようにトリプルファイターのキックがバー
ビーブーをも巻き込む。

そして、2大デーモン怪人が倒れたのを見たトリプルファイターは、彼らを踏み台にし
てジャンプし、大地に降り立った…。

146 :名無しより愛をこめて:2006/07/16(日) 21:12:29 ID:brWLDifE0
バービーブー「流石だな…。そして、感謝する…。」
テンパージョー「我が友とともに、地獄に戻れる事を…。」
今際の際の詞をトリプルファイターに告げる2大デーモン怪人…。彼らもまた、望まぬ
復活を遂げてしまった「大いなる意思」の犠牲者なのかもしれなかった…。

そして、地上の超獣達がワンセブンとデカウイングロボの合体攻撃で掃討された時、
2大デーモン怪人は断末魔の叫びを上げた。

『デェェェェェモォォォォォン!!』

その断末魔とともに、バービーブーとテンパージョーが大爆発を起こした。その姿を見
て複雑な思いに駆られるトリプルファイター…。

しかしその時、トリプルファイターもウオノメ・マナコのブルガリオ軍団が融合再生した
1体の巨大な破壊マシーン…グレート・エアロボットの姿を見ていた。

するとトリプルファイターは変身を解除し、早瀬3兄弟の姿になって後退するガンヘッド
部隊を見たのであった。

勇二「兄貴、ガンヘッドが…!」
哲夫「ガンヘッドたちに取って、エアロボットはトラウマだからな…。」
ユリ「行きましょう、兄さん達…!」

そう言うと早瀬3兄弟は、後退するガンヘッド部隊の方向に向かって行ったのであった。

●バービーブー、テンパージョー→トリプルファイターに倒される。
○トリプルファイター/早瀬3兄弟→ガンヘッド部隊の援護に向かう。


147 :名無しより愛をこめて:2006/07/17(月) 15:32:43 ID:DKhFE2g90
地球が大混乱に落ち入っている、この時。
地球より遠く離れた惑星イカルスが、突如軌道を変え
地球に向いだした事を知る者は誰1人いなかった。

「ロ〜ンブロゾ〜。ふはははは、地球は惑星イカルスと激突し滅びるのだ」
海底深くに身を潜めている巨大なドリルに顔のついたタワーの中で
4つ目の怪人は高らかに笑い声を上げた。

惑星イカルス地球に接近

148 :名無しより愛をこめて:2006/07/18(火) 00:01:37 ID:K+ZWUwtd0
>>124
ダマスクセの町を襲う三匹のブローズの目の前に天海山3兄弟の駆る量産型バルシオンが現れた。
「今こそこのバルシオンの力を見せる時!」
竜天丸の一言で戦いが始まった。

「まずは俺からだ!」
竜山丸の操縦するバルシオンが胸部を開く反バイオ粒子砲がブローズの一匹に向かって発射された。
「ギャァァァオ!」
反バイオ粒子砲がブローズに直撃しそのままブローズは爆発が起こった。
「よくやった、次は俺だ!」
竜海丸のバルシオンがバルジオンメーザーを抜いてブローズに迫る。
「やらせん!」
ブローズが光線を放つがその光線をバリアで防ぐ。
そしてバルシオンメーザーでブローズを一気に斬り付ける。
そのブローズも爆発の中へ消えて行った
「残るは後一匹か…。」
竜天丸が最後に残ったブローズを見る。

149 :名無しより愛をこめて:2006/07/18(火) 00:03:49 ID:zRoI3P280
その時、竜天丸のバルシオンとブローズの間に地中からドリル戦車が現れた。
「ほう、流石は反バイオ星同盟の自信作であるバルシオンですね。」
「貴様、アボロスとやらか!?」
竜山丸がそのドリル戦車に乗っているをアボロスだと見抜く。
そしてドリル戦車が巨大ロボへと変形した。
「驚きましたか、これは私の自信作である怪重機アボトレックスです、今からその力を見せましょう。」
アボロスが自身満々に叫ぶとアボトレックスをブローズの方に向く。
「行きます、アボトレックスビーム!」
アボトレックスのビーム攻撃がブローズに直撃し、ブローズを倒した。

「これでバルシオンのデータが集まりましたね。」
アボロスはバルシオンを見て何かを確信した。
「よし、ランカー様の下へ戻るぞ。」
竜山丸の指示で一同はランカー商会へと戻った。

●天海山3兄弟、デーモン・アボロス→ランカー商会に戻る。
●ブローズ(ダマスクセ出現分)→量産型バルシオンとアボトレックスに倒される。

150 :名無しより愛をこめて:2006/07/20(木) 22:44:22 ID:53P2Izyb0
長野を動かしておきます。


長野でのグロンキの襲撃から一晩が過ぎた。
県警やTPC、ウルトラ警備隊等が警戒に当たるもののデスギドラの爆発による衝撃波で通信網も遮断されグロンキの動きを掴めない状態にあった。

そんな中でバルカンベースからアマギ隊員が戻りキリヤマ隊長達と合流していた。
「隊長、ただ今戻りました。」
「ところでアニー隊員はどうしたんだ?」
「アニー隊員はバルカンベースでボイスラッガーを探しているそうです。」
アマギ隊員はキリヤマ隊長に聞かれると自分なりに答えを出す。
いくら何でもアニーが銀河連邦警察の刑事というと大きなトラブルが起こりそうであったと判断したからだ。
「ボイスラッガーが行方不明だって?」
「実は彼らの宿敵である帝王ゲンバーに襲われてそこで彼らが行方不明になってしまったのです。」
サツマ隊員がボイスラッガーが行方不明になった事に驚くとアマギ隊員がその経緯を話す。

「そうか、ならばボイスラッガーはアニーに任せて我々はグロンキを追うしか無い。」
「了解!」
キリヤマ隊長の指示でウルトラ警備隊は引き続き警戒に当たる事になった。

151 :名無しより愛をこめて:2006/07/20(木) 22:46:03 ID:53P2Izyb0
その頃、病院の入り口ではガイナモ達ボーゾックの面々が炊き出しをしていた。
「おい、しっかり焼け!」
「ひゃー。」
「相変わらず人使い荒いな。」
ガイナモは焼肉屋での経験から料理はお手の物だが他のメンバーは手馴れていないようだ。
「うひゃっ、やっぱりガイナモのカルビ丼はうまいな。」
「おう恭介、そう言ってくれると嬉しいぜ。」
恭介が何故かガイナモの作ったカルビ丼を食べている。

「かって敵対していたと聞くがここまで仲が良いとはな。」
「何か深い関係に繋がれている様ですね。」
海城と力がそんな二人を見て関心している。

152 :名無しより愛をこめて:2006/07/20(木) 22:48:06 ID:53P2Izyb0
病院の屋上には鳴子とあやめがいた。
「お兄ちゃん達、大丈夫かな…。」
「鳴子、吼太たちならきっとバダムの奴らを蹴散らしてくれる、それを信じろ。」
「おばあちゃん…。」
鳴子はあやめにはげまされる。

「あ、あれ何?」
屋上から下を見ていた子供が何かを見つける。
「ちょっと、何があったの?」
二人が子供の見ていた方向を見る。

そこにはゼイラムがリリパットと共に町を襲っていた。
遂にゼイラムによる殺戮がこの長野の町で行われる事になった。

○ウルトラ警備隊(キリヤマ、フルハシ、ソガ、、アマギ、サツマ・ジロウ/ウルトラセブン21)→グロンキの警戒を行う。
△ゼイラム→長野を襲撃する。
以後フリーにします。

153 :名無しより愛をこめて:2006/07/21(金) 23:48:24 ID:7JYZuavv0
地球平和守備隊基地ではバルカンベースから避難の為、美奈子達セーラー戦士が訪れていた。
「おっ、君達がバルカンベースから避難したって娘か。」
翔が真っ先に美奈子達を見回す。
「ちょっと、翔。」
「いてて…やっぱし。」
さやかが翔の耳を引っ張る。
「いつもそんななの…。」
レイが翔を見て驚く。
「そうなんですよ、もう懲りなくて。」
麻衣が笑いながら答える。

「これは国家警備機構の密使が入手した各国のバダム本部のデータです。」
「ありがとう、これで一気に我々の形勢逆転になるな。」
美奈子が剣にディスクを渡す。
「このディスクは早速解析しますのでまっていて下さい。」
さやかが一同に解析する事を言う。
「ちょ、ちょっともう少し一緒にいさせてくれよ。」
「いいから行くの!」
さやかが翔を引っ張る。

○セーラーマーズ/火野レイ、 セーラージュピター/木野まこと、セーラーヴィーナス/愛野美奈子、 セーラーちびムーン/ちびうさ
→地球平和守備隊基地で避難

154 :名無しより愛をこめて:2006/07/21(金) 23:49:47 ID:7JYZuavv0
そしてチェンジマンの五人はディスクの解析の為、コンピュータールームへと向かって行った。

最後の一行に入れてください。

155 :名無しより愛をこめて:2006/07/25(火) 22:26:14 ID:3B4mBbDR0


156 :名無しより愛をこめて:2006/07/25(火) 23:34:55 ID:t3MReyAo0
>>38
リョウとカオルは首相官邸の目の前に到着した。
「む、あの車に乗り込むのは…。」
「やっぱりグルジェフの奴ね。」
目の前の車に乗り込むグルジェフとミカエルの姿を見つけた。

「何、ハカイダーの奴に鍵付けられるとは…。」
「グルジェフ、貴様の企みもここまでだ。」
リョウがギルディから降りる所が慌てながら見ていた。
「グルジェフ様、ここは私に任せて工場に向かってください。」
「ミカエル、すまない。」
ミカエルが二人の前に立ちはだかるかるとグルジェフは車に乗り込みロボット工場へと向かって行った。
グルジェフはまだ鉄面党ロボ達がカイロンシステムによって操られている事を知らなかった。

「ミカエル、負けるわけにはいかない。」
リョウは拳を握るとハカイダーへ変身した。
「変身したか、だが今度こそ貴様の最後だ!」
ミカエルはハカイダーに向けて指をさす。

157 :名無しより愛をこめて:2006/07/25(火) 23:35:43 ID:t3MReyAo0
「ぐっ…。」
「何が起こったの!?」
突如としてミカエルが苦しみ始め、それを見たカオルが驚きを隠せない。

「う…うう…カイロン様の邪魔をさせるか…。」
苦しみだしたミカエルが再び立ち上がるとカイロンの名をだした。
「カイロン!」
「確かさっき戦った黒タイツの化け物もカイロンって言ってたわ。」
二人が先の戦いでデーモン怪人ダークマンがその名を出していた事を思いだす。
ミカエルは鉄面党ロボと同様にカイロン・ユニットに乗っ取られたのであった。

「カイロン様に従えぬ者め…。」
ミカエルは腕に仕込んだ銃をハカイダーに向ける。

158 :名無しより愛をこめて:2006/07/25(火) 23:36:37 ID:t3MReyAo0
一方、避難中の高円寺博士達にも思いがけない事態が襲い掛かろうとしていた。
「ハァハァ…それにしても怪獣達がどの位いるのか。」
ハンペンが暴れ回る怪獣達を見て不安がる。
「ちょっとハンペン、急いでよ!」
「ってミツコさん、あれを見てください!」
ハンペンが何かを見つけ上空を指さす。

ハンペンが見つけた影は猛スピードで一同の前に上空から降り立った。
「あれは鉄腕アトムじゃない!?」
ミツコがコールドスリープしている鉄腕アトムだと言う事に気づく。
「確かアトムはコールドスリープされているはずだが?」
高円寺博士がコールドスリープされていたアトムが目覚めた事に驚く。

その時、アトムがワルダーに襲い掛かってきた。
「うっ、アトムに一体何があったのでござるか?」
ワルダーは何とか立ち上がりアトムを見るがその表情は冷酷そのものであった。
アトムは超獣と同様にゴーデス細胞によりゴーデスの配下として蘇ったのであった。


・ハカイダー/リョウ、カオルVSミカエル
・ワルダーVS鉄腕アトム
○高円寺寅彦、光明寺ミツコ、服部半平→避難中アトムに遭遇する。
○鉄腕アトム→ゴーデスに操られる。
●グルジェフ→ロボット工場へ急ぐ。
●ミカエル→カイロン・システムに操られる。

159 :名無しより愛をこめて:2006/07/26(水) 00:44:25 ID:suZwwsLi0
ttp://comic.2ch.net/asaloon/kako/1030/10307/1030736261.html

160 :名無しより愛をこめて:2006/07/26(水) 07:10:39 ID:fIkoHUn10
160

161 :前スレ:2006/07/26(水) 12:22:17 ID:jXBXMGiA0
ttp://2ch.pop.tc/log/06/07/25/1557/1139654399.html

162 :○ 何故ない? クライムファイターズ スレ ○:2006/07/26(水) 15:51:22 ID:lddEoM1D0
ttp://ton.2ch.net/retro/kako/987/987871092.html

163 :過去スレ:2006/07/26(水) 20:10:28 ID:Am4R4CDB0
ttp://2ch.pop.tc/log/06/07/25/1557/

164 :くるみですぅ。:2006/07/26(水) 22:45:48 ID:4DLj9wxM0
ttp://salad.2ch.net/charaneta/kako/1008/10089/1008912568.html

165 :名無しより愛をこめて:2006/07/27(木) 12:04:24 ID:wzswxxi30


166 :篠原いずみだよっ!:2006/07/27(木) 16:50:42 ID:9qPhcPa30
ttp://cocoa.2ch.net/charaneta/kako/1009/10099/1009923909.html

167 :名無しより愛をこめて:2006/07/28(金) 00:10:40 ID:J133cdnM0


168 :名無しより愛をこめて:2006/07/28(金) 03:29:49 ID:x+OHaSvz0


169 :花咲く季節に華撃団も敵さんも質問に答えるワ!:2006/07/28(金) 22:09:09 ID:lxSmi4CD0
ttp://salad.2ch.net/charaneta/kako/1015/10157/1015766883.html

170 :名無しより愛をこめて:2006/07/28(金) 23:42:50 ID:tk4R8ujY0
夏だなぁ

171 :名無しより愛をこめて:2006/07/28(金) 23:51:02 ID:0eXaq12j0
>>158
「くっ、戦わなければならないのでござるか…。」
再び向かってくるアトムを見ながらワルダーは愛刀、雷神村雨を抜く。

その時、突如としてトランペットの音が聞こえてきた。
「トランペット…。」
ミツコがその音を聞いて辺りを見回す。
「このトランペットの音は…もしや!」
ワルダーがそのトランペットの音に聞き覚えがあるようだ。
一同が音の方を向くとあるビルの屋上に一人の青年が立っていた。

「悪のいる所に必ず現れ、悪の行われる所必ず行く…。」
青年は演奏を終えると名乗りを上げた。
「イチロー殿!」
ワルダーがその青年がキカイダー01に変身するイチローだと気づく。

172 :名無しより愛をこめて:2006/07/28(金) 23:52:05 ID:0eXaq12j0
「ミツコさん、ハンペン、大丈夫ですか!」
「ジロー!」
「ジロー君!」
ミツコ達の目の前にはジローとマリの二人が助けに来た。
「マリ殿も一緒でござるか。」
「ええ、光明寺博士の頼みでここへ来たの。」
マリがワルダーに事情を話す。
「みなさん下がっていてください。」
「ええ!」
ジローに言われるとミツコ達は

「ジロー、マリ、変身するぞ!」
「はい!」
「ええ!」
イチローが二人の目の前に来ると変身する事を促す。
「チェンジ!スイッチ・オン、ワン、ツー、スリー!」
「チェンジキカイダー01!」
「チェンジビジンダー!」
三人の人造人間は同時に変身した。
そしてキカイダー、01、ビジンダー、ワルダーの四大人造人間が並んだ。

・キカイダー/ジロー、キカイダー01/イチロー、ビジンダー/マリ、ワルダーVS鉄腕アトム

173 :名無しより愛をこめて:2006/07/28(金) 23:53:52 ID:0eXaq12j0
>ジローに言われるとミツコ達は

>ジローに言われるとミツコ達は後方へと向かった。
に直して下さい。

174 :名無しより愛をこめて:2006/07/29(土) 07:11:58 ID:sKQ3y9wK0


175 :名無しより愛をこめて:2006/07/29(土) 08:40:50 ID:Qp2eBida0
「でゅわーー」
ワルダーとビジンダーの攻撃で鉄腕アトムの両腕を切り落した。
「よし、止めだ」
「おう」
「デンジ・エンド」
「ブラスト・エンド」
「ウギャーーーーー」
ダブルエンドによって鉄腕アトムは倒された。

○ 鉄腕アトム倒される

176 :名無しより愛をこめて:2006/07/29(土) 09:59:28 ID:qu5nQwTdO
あれ…何でだろう。









殺し厨の>175がいる。

177 :名無しより愛をこめて:2006/07/29(土) 11:05:11 ID:Sra/W9tn0
殺し厨の>>175はスルーでお願いします

178 :名無しより愛をこめて:2006/07/29(土) 11:53:50 ID:+4+cCHs80


179 :やっほ〜!!  アイリスで〜す!!2:2006/07/29(土) 17:15:36 ID:De5qJAVv0
ttp://salad.2ch.net/charaneta/kako/1015/10154/1015472269.html

180 :名無しより愛をこめて:2006/07/29(土) 21:42:17 ID:Z/Y1+uX/0
180

181 :名無しより愛をこめて:2006/07/29(土) 23:17:15 ID:Qp2eBida0
新ルール
正義側の登場人物は絶対に死んではダメ
これは、名無しの一般隊員とかも含まれる。
もし死んだ場合は、無効、及びスルー。

よって一の谷博士は死んでおらず、そこから拡がった話は
全てスルー及び無効である。

例えば長野で県警本部が全滅したのも無効であり。
長野では1人も死亡者がでてないことになる。

当然、バラノイアとの戦いでも極東基地の迎撃に出撃した
隊員も1人も死んでいない事になる。



182 :名無しより愛をこめて:2006/07/30(日) 00:28:23 ID:Q3ZSn9Ap0


183 :名無しより愛をこめて:2006/07/30(日) 05:40:02 ID:qTg4jqLh0
正義側が死人が出ないなんて、偽善丸出しで幼稚だよなw

184 :名無しより愛をこめて:2006/07/30(日) 06:56:06 ID:czl57Bzo0


185 :名無しより愛をこめて:2006/07/30(日) 11:02:24 ID:sJyupIKA0
殺し厨=井上信者

186 :名無しより愛をこめて:2006/07/30(日) 16:01:48 ID:jE4AsEyF0


187 :名無しより愛をこめて:2006/07/30(日) 20:29:18 ID:sZFFNIGUO
>181=183
自演乙


正義側が死ぬのがダメなんて誰も言ってないだろ。
>1に
>話はきちんと繋がるように。
って書いてるべ。

お前みたいな殺し厨は、これを無視して話の流れも考えずいきなりキャラを殺してるから批判に合うんだけど。

まあ、ただの低脳荒らしに言っても理解不能か┐(´ー`)┌

188 :名無しより愛をこめて:2006/07/30(日) 22:45:32 ID:GyaWbHZf0
話が繋がってようが、正義側が死んだら喚く癖に
良く言うな屑虫。

ダメじゃなかったらヌマ・Oが死んだ時はどうなんだ?
言ってみろ て い の う  wwwwwww


189 :名無しより愛をこめて:2006/07/30(日) 23:26:02 ID:U4IaRgs40


190 :187:2006/07/31(月) 00:39:54 ID:oUP/Vqf1O
あれはスレ住民から「即死じゃなくてもいい」という意見があって、8スレ目の>689みたいな状況になったんだろ。
その後誰からも文句出なかったからそのままヌマ・Oは生存って事になってるんですけど?

揚げ足取った気になって喜んでるみたいだけど、状況ぐらいちゃんと確認しろよ。
だから殺し厨は低脳なんだよ。



スレ汚しすいません。引き続きストーリーをお書き下さい>住民の皆様

191 :名無しより愛をこめて:2006/07/31(月) 00:57:04 ID:l0MFfhqh0
さらに、誰かさんと違って整合性のある話でつなげてたからね。

192 :名無しより愛をこめて:2006/07/31(月) 03:21:39 ID:F+gmi0oU0


193 :名無しより愛をこめて:2006/07/31(月) 16:24:45 ID:Ye42Ims10
ttp://salad.2ch.net/charaneta/kako/1014/10145/1014549106.html

194 :名無しより愛をこめて:2006/07/31(月) 23:04:08 ID:rhRKopmd0
>>158
ミカエルはエンジェルウイングでハカイダーを追い詰めて行く。
「くっ…!」
ハカイダーはハカイダーショットをミカエルに向けるがエンジェルウイングがハカイダーを左手に命中、ハカイダーショットを落としてしまう。
「これで終わりだ!」
ミカエルは右手からエンジェルクローを出しハカイダーの胸を斬り付ける。
「うわぁぁぁ!」
「リョウ!」
ハカイダーは傷口火花を散らしながら倒れた。
それを見ながらカオルが絶叫する。

「フフフ…カイロン様に逆らう奴めが。」
ミカエル不気味に笑いながら倒れているハカイダーを見る。
そして目の前に落ちていたハカイダーショットを拾ってハカイダーの顔にその銃口を向ける。
それはかってのミカエルがハカイダーに行った屈辱とも言える行為であった。

・ハカイダー/リョウ、カオルVSミカエル

195 :名無しより愛をこめて:2006/07/31(月) 23:28:51 ID:dUrjZYMe0


196 :名無しより愛をこめて:2006/08/01(火) 06:38:29 ID:HE1OfbUq0
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1151419929/l50

197 :名無しより愛をこめて:2006/08/01(火) 08:12:37 ID:vpMlTN6j0


198 :名無しより愛をこめて:2006/08/01(火) 22:33:57 ID:Wq+EVjOdO
「ここで大人しくしていろ!」
パンサークロー戦闘員達によって、姿長官が牢獄に叩き込まれた。
姿「くっ…一体どうすればいいんだ…」
焦る姿長官。その後ろから、何者かが声をかける。
「あの…もしかしてその声は、光戦隊の姿長官ではないですか?」
姿「確かに私は姿ですが…まさか!?」
聞き覚えのある声に振り返る姿長官。視線の先には、エクシードラフト長官である桂木重吉の姿があった。
桂木「お久しぶりですな、姿長官」
姿長官「桂木長官…警視庁での会議に現れないと思っていたら、あなたまで内藤の手にかかっていたとは…」
桂木「ハハハ…うっかりしていたらこのザマですよ。情けないですな」
姿長官「いえ…しかし、どうすればここから出られるんでしょうか?」
桂木「…実は、方法が一つだけあります。ついてきて下さい」

そう言って、姿長官を手招きする桂木。

199 :名無しより愛をこめて:2006/08/01(火) 22:41:50 ID:Wq+EVjOdO
桂木が案内した先には、外に向けて掘られた穴があった。
姿「これは凄い…ですが、何故逃げようとしなかったのですか?」
桂木「実は…これのせいなのです」
立ち止まる桂木。その先には、大きな岩盤が道を塞いでいた。
姿「これは…」
桂木「この岩を避けて掘るだけの力は私にはない…どうすればいいのか悩んでいたのですよ」
姿「なるほど…では、私のオーラパワーを使ってみましょう」
桂木「オーラパワーを?」
姿「ええ…少し下がって下さい」
桂木が後ろに下がったのを確認する姿長官。
炭田に力を込め、一気に岩盤を割る。
姿「…はぁぁぁぁっ!」
桂木「す、凄い…」
姿「出口までもう少しです…急ぎましょう!」

200 :名無しより愛をこめて:2006/08/01(火) 22:48:15 ID:Wq+EVjOdO
「姿と桂木が脱走したぞ!」
「追え!追うんだ!」

サイレンと共に、あちこちからパンサークロー戦闘員達が集まってくる。
姿「くっ…とにかく走りましょう!」
桂木「はっ…はい!」

体力の続く限り走り続けた二人…追っ手からは逃れたものの、走りすぎてヘトヘトである。
桂木「ハァ…ハァ…そろそろ奴らも追って来ないでしょう…」
姿「そのようですね…とりあえず、あそこの牧場へ避難しましょう」
桂木「は…はい…」

牧場の入口で、倒れるように戸を叩く二人。
姿「すいません!どなたかいらっしゃいませんか?」

「は、はい…」
慌てて戸を開けたのは、一人の若い女性だった。

201 :名無しより愛をこめて:2006/08/01(火) 23:01:56 ID:Wq+EVjOdO
どうにか避難出来た二人は、女性にご飯をご馳走になる事になった。

桂木「ありがとうございます。ところで、お名前は…」
千恵「私、立野千恵です。『REX』のオーナーをしてます」
姿「REX?」
千恵「あ、このお店の名前です。ここ、牧場跡を利用して作ったレストランなんですよ」
桂木「なるほど…せっかくだから、何か食べていきませんか?」
姿「そうですね…(メニューを見)えっと…何々…『グ レイトカレー』
  …ちょっと『ぐ』が大きいんじゃないかなぁ…」
千恵「アハハ、そうですか?」
桂木「でも美味しそうですよ。それから、デザートにはこっちの『チェリーフルーツゼリー』を」
姿「私はブドウフルーツゼリーにします。食前に食べたいな」
千恵「はい☆(冷蔵庫からチェリーの入ったゼリーを取り出し)
ゴメンね、チェリーちゃんを丸ごと閉じ込めちゃって。あっ…ブドウちゃんがいない」
姿「あっ、無いのでしたら私もチェリーで…ところで、『REX』って変わった名前ですね。良かったら、お店の名前を聞かせてもらえますか?」


202 :名無しより愛をこめて:2006/08/01(火) 23:01:59 ID:Jbg80ymz0
201

203 :名無しより愛をこめて:2006/08/01(火) 23:20:12 ID:Wq+EVjOdO
姿の問いかけに、千恵はふと遠い目をする。

千恵「実は…私、昔恐竜を育てた事があるんです…」
姿「へぇ…」
千恵「ティラノサウルスの子どもに『REX』っていう名前をつけてたんですけど…こんな話、信じてくれないですよね」
桂木「いえいえ…怪獣がいるように、恐竜がまだいてもおかしくないでしょう」

和気あいあいと談話をする三人…その空気を壊すかのように、戸を叩く音がする。

「おい!ここに脱走者が来なかったか!」
パンサークロー戦闘員が、調査にやってきたようだ…

桂木「くっ…ここまで追ってくるとは…」

〇桂木重吉、姿三十郎→パンサークロー戦闘員達に追われる
〇立野千恵→桂木と姿をかくまう。

204 :名無しより愛をこめて:2006/08/02(水) 00:05:18 ID:RAbVWJsk0
確か姿長官はマスクマン達が救出したはずなんだが・・・。
また捕まってしまったのか?

205 :名無しより愛をこめて:2006/08/02(水) 00:16:33 ID:TarFewuW0
>>204
何か矛盾が生じたら、「時間軸がおかしくなっている影響だ」で切り抜けるのが総出演スレ流。

206 :名無しより愛をこめて:2006/08/02(水) 01:10:37 ID:tDHpgcjeO
すいません、姿長官ではなく鉄山将軍でしたOTL

207 :犬夜叉キャラがマターリ質問に答えて雑談するスレ:2006/08/02(水) 21:55:36 ID:a1pe3Qzt0
ttp://salad.2ch.net/charaneta/kako/1006/10066/1006689706.html

208 :名無しより愛をこめて:2006/08/02(水) 22:19:02 ID:nVboyu9O0
>>194
「首相、ここにも怪獣達が迫ってきました。」
デビラーの部屋に兵士が入ってくる。
「そうか、それならば…。」
兵士の報告を受けデビラーが不気味に笑う。

「首相、「黒き牡牛」を使うのですか。」
「その通りだ、あれはグルジェフすらにも知らせていなかったからな…。」
ミスターKに言われるとデビラーが静かに語る。
「ギャハハ、あれさえあれば怪獣ども一捻りだ!」
それを聞いたミスターKが大笑いする。
「よし、ブラックオックスを発進させろ。」
「はっ!」
デビラーは兵士にある指示をだす。

209 :名無しより愛をこめて:2006/08/02(水) 22:21:39 ID:nVboyu9O0
「ブラックオックス発進開始します!」
管制室にてデビラー将軍の指示を受けたオペレーターが何かの操作を開始する。
それと同時に首相官邸の庭が開くと同時に黒い巨大ロボが姿を現した。

その巨大ロボこそかって東京を襲った連続サイバーテロと同時に東京に出現した悪の巨大ロボ、ブラックオックスであった。
鉄人28号により倒されたものの、その設計データはメルカ共和国に得られてデビラー将軍の切り札として蘇ったのであった。

●ブラックオックス→ゴーデス怪獣の迎撃の為に出撃。
ブラックオックスは昨年の劇場版ベースです。

210 :名無しより愛をこめて:2006/08/02(水) 22:27:49 ID:nVboyu9O0
>メルカ共和国に得られて

>メルカ共和国に流されて。
に直してください。

211 :名無しより愛をこめて:2006/08/02(水) 23:29:49 ID:SHqI+A/h0


212 :「遙かなる時空の中で〜なりきり板異聞」三章:2006/08/03(木) 23:00:11 ID:ZpigBYdt0
ttp://cocoa.2ch.net/charaneta/kako/1013/10139/1013960576.html

213 :名無しより愛をこめて:2006/08/04(金) 00:43:25 ID:AZsKtAXI0


214 :名無しより愛をこめて:2006/08/04(金) 19:33:58 ID:aENK5+wU0
パンサークロー戦闘員が「REX」にやってきた最中、牧場の先の山では、二人の男女がそこにいた。

澪「真也さん、あの山ではたくさんジャスティパワーが蓄えられました。」
彼女は天道澪、星神島にすむ女性で、ジャスティパワーの源、ジャスティクリスタルを持つ。
真也「そうですね。しかし、最近怪獣やらが現れてますけど、あれはハデスやダルガが
再び復活したんでしょうか。」
彼は平賀真也、かつてはジャスティパワーの戦士、ジャスティライザーの1人、ライザーガントだ。
真也「そうだ、ふもとにレストランがありましたね。そこで休んできましょう」

そのころREXでは・・・
戦闘員「オマエ、隠しているといい事が無いぞ!」
千恵「知らない物は知りません!早く出て行ってください!」
「ガタッッ!!」
戦闘員「そこにいるのは誰だ!」
桂木「連れ戻すなら連れ戻すんだ。しかし彼女には手を出すな!」
戦闘員「そうはいかん、我々を騙そうとした罰だ。こいつも連れて行け!」


215 :名無しより愛をこめて:2006/08/04(金) 20:05:08 ID:aENK5+wU0
真也「なにやら騒がしいですね。」
澪「真也さん、ジャスティクリスタルが!」
真也「あのレストランか、急ごう!」
レストランに入った二人は、そこで変わった格好の奴らに出くわす。
真也「あんたたちは一体?」
戦闘員「見られてしまったか。こいつらも連れて行くぞ!」
桂木「早く逃げるんだ!」
戦闘員が二人に近づく。
澪「真也さん、ジャスティパワーを!」
真也「はい!」

インローダーを取り出す真也。
真也「ハッ!装着」
ライザーガント「ジャスティライザーガント!推参!」
桂木「あれは?」
戦闘員「何だその姿は?構わんやってしまえ!」
ガント「ガントスラッガー!」
戦闘員「ぐわぁぁっ!」
桂木たちを捕まえていた戦闘員を倒すガント。
ガント「大丈夫ですか?」
桂木「全員無事のようです。あなたたちは?」
澪「地球を守るジャスティライザーです。」
ガント「澪さん今のは?」
鉄山将軍「我々は、さっきのパンサークローという組織から脱走してきたんです。」
真也「もう大丈夫です。ですがここはまた奴等が来るかもしれません。ここは離れましょう。」
澪「念のため翔太君たちにも連絡を入れましょう」
続く



216 :名無しより愛をこめて:2006/08/04(金) 20:08:24 ID:aENK5+wU0
とその時、山で修行していた一人の男も降りてきた。
直人「千恵、何があったんだ?」
千恵「変な人たちがここにきたの。でも大丈夫。この人がやっつけてくれたから。」
直人「君は!」
真也「あなたはいつかの!」
澪「お知り合いですか?」
千恵「ええ。この先の山で修行しているんです。」
真也「ちょうどいい。あなたも来て下さい。僕だけではいまいち力不足ですから。」
直人「相手は?」
真也「この星を脅かす悪の軍団です。」
直人「おもしろい。協力しよう。」
桂木「では、我々の仲間の所に案内しましょう。」

○松坂直人(セイザータウロン)、平賀真也(ライザーガント)、天道澪、桂木重吉、鉄山将軍、立野千恵
→「REX」を離れる





217 :パチンコセクシーリアクション!橘深冬の乳:2006/08/04(金) 22:17:23 ID:BOxMhAKU0
ttp://yasai.2ch.net/arc/kako/990/990697258.html

218 :名無しより愛をこめて:2006/08/04(金) 23:55:50 ID:YAxWQ8e20


219 :名無しより愛をこめて:2006/08/05(土) 13:09:13 ID:N5yy14/B0
>>209
アトムが猛スピードでゼロワンに突撃してきた。
「ぐっ!?」
「ゼロワン殿!」
アトムの攻撃でゼロワンが吹き飛ばされると、ワルダーがゼロワンに近寄る。
「やめるんだ!」
キカイダーがアトムを止めようとするが逆にアトムに殴られ吹き飛ばされる。

「そんな、アトムって正義と平和の為に戦うロボットじゃなかったの?」
思えがけ無い光景を見てミツコが絶句する。
「ミツコさん、僕に考えがあります。」
「ジロー…。」
キカイダーが立ち上がるとアトムの方を向く。

220 :名無しより愛をこめて:2006/08/05(土) 13:10:59 ID:N5yy14/B0
「キカイダーは何をする気なのかな?」
高円寺博士がキカイダーを見て驚く。
「来たか…。」
キカイダーは迫ってくるアトム見るなり腕をXの字に組んだ。
「まさかあれは…。」
ミツコが何かに気づいたようだ。

「キカイダースパーク!」
キカイダーは腕から電流を放つ必殺技・キカイダースパークをアトムに放った。
アトムはキカイダースパークの電流を浴びて、そのまま動きが止まり倒れた。

「うっ…。」
「ジロー!」
「キカイダー!」
キカイダーが立ちすくむとジローの姿に戻った。
そのジローに同時に変身を解いたイチローとミツコが駆け寄る。

221 :名無しより愛をこめて:2006/08/05(土) 13:13:40 ID:N5yy14/B0
「あのロボットの動きを止めるのはこの方法しか無かったんだ。」
「だから、無理をしてもあのロボットを止めようとしていたのね。」
ジローがアトムにキカイダースパークを使った事を話す。
ミツコがジローに答える。

「やっぱり何かに操られたみたいね。」
マリがアトムを調べていた。
「やはり、お茶ノ水博士に見てもらわないといけないか。」
「お茶ノ水博士はバルカンベースにいますがこの状態で向かうのは難しいですね。」
高円寺博士がバルカンベースにいるお茶ノ水博士に見てもらう事を提案するが、イチローが周辺の現状を話す。
「それならアトム殿を連れてしばらく待つしか無いでござるな。」
ワルダーが避難する事を促すと一同は安全な場所へ向かって行った。

○キカイダー/ジロー、キカイダー01/イチロー、ビジンダー/マリ、ワルダー、高円寺寅彦、光明寺ミツコ、服部半平、鉄腕アトム
 →安全な場所へ避難、アトムは機能停止状態。

222 :名無しより愛をこめて:2006/08/05(土) 22:49:29 ID:tsx6covD0
222

223 :名無しより愛をこめて:2006/08/05(土) 23:19:37 ID:N5yy14/B0
>>194
「自らの銃で死ぬがいい…。」
ミカエルはハカイダーの頭を狙いハカイダーショットを撃つ。
「リョウ!」
思わずカオルがリョウの名を叫ぶ。
「ぐっ…!」
ハカイダーはハカイダーショットの銃弾を咄嗟に避ける。
「むっ!?」
ミカエルはハカイダーを見失うと、ハカイダーショットを構えながら辺りを見回しハカイダーを探す。

「この銃は貴様に扱える物ではない。」
「何!?」
後ろからミカエルの腕をハカイダーが掴んでいた。
ハカイダーはハカイダーショットを取り上げるとミカエルの腹を殴った。
「これがハカイダーショットの使い方だ!」
ハカイダーは殴ったミカエルの腹を目掛けて撃つ。
「ううう…カイロン様の為に負けられるか…。」
ミカエルは腹を押さえながら立ち上がろうとするが爆発を起こし倒れた。

224 :名無しより愛をこめて:2006/08/05(土) 23:21:02 ID:N5yy14/B0
「む…あの頭は!?」
ハカイダーはミカエルの頭を見てある事を思いだす。
それはかっての戦いで一旦ミカエルを倒したものの周辺の残骸が集まり巨大な戦車へと姿を変えたのであった。

「カイロン様に逆らう者めが…。」
ハカイダーの予測どおりミカエルの頭を中心に怪獣に破壊された国防軍の戦闘機や戦車の残骸が集まってきた。
ミカエルの頭をその残骸を包み形を作っていった。
「べ、別のロボットじゃない…。」
カオルがそれを見て驚く。

何とミカエルはカイロンを守護するエアロボットへと姿を変えた。
「俺はミカエル・エアロボット…誰にもカイロン様の邪魔をさせん…。」
ミカエル・エアロボットはハカイダーだけで無く周辺への砲撃を始めた。

・ハカイダー/リョウ、カオルVSミカエル・エアロボット

225 :奴の名はドモン・カッシュ!!―燃え上がれ闘志篇―:2006/08/06(日) 07:59:43 ID:SO1y5EFR0
ttp://salad.2ch.net/charaneta/kako/1010/10107/1010790522.html

226 :名無しより愛をこめて:2006/08/06(日) 11:37:13 ID:xqprM7Ol0
二次元で一人戦うジャンボーグ9は絶対絶命の危機に陥っていた。
敵の怒涛の攻撃により攻めることができなかったのだ。
そしてとうとうエネルギーが底を尽きてしまった。
「しまった!エネルギーが!」
ついにジャンボーグ9はうんともすんとも動かなくなってしまった。
「やったぞ!ついにジャンボーグ9を追い詰めたぞ!」
「このまま一気に止めをさしてやる!」
アンチゴーネとマッドゴーネは怪獣たちに指示を出した。
すると怪獣たちがジャンボーグ9を取り囲んだ。一斉に攻撃しようとしているのだ。
「ナオキ君!早く脱出するんだ!」
父ミラーマンが必死に叫ぶも、ナオキは脱出しようとしなかった。
脱出するの間に合わないことを知っていたからである。
「くそう!ここまでか!」

227 :名無しより愛をこめて:2006/08/06(日) 11:53:49 ID:xqprM7Ol0
ナオキが諦めかけたその時!
「ぬっ!なんだこの光は!」
見ると周囲に光が溢れ始めていた。
「これは・・・いったい・・・」
皆が驚いているとさらに激しく光が溢れて眩しく光った。
次の瞬間、ミラーマン、ジャンセスナ、ジャンボフェニックス、ジェットコンドル
、ハンターQが光の中から飛び出した!
「こちら村上。竜隊長。聞こえますか?」
「村上さん!?どうしてここに・・・」
「話は後です。今は怪獣たちを殲滅する方が先です。」
村上はそう言って通信を切り替えると指示を出した。
「全機。攻撃開始!」
「了解!」
すぐさま怪獣たちを攻撃を開始した。
一方ナオキはいきなり参戦した援軍の中にジャンセスナがいることに驚いていた。
「いったい誰が操縦しているんだ・・・」
「僕だよ。ナオキ君。」
「その声は京一郎!」
「エメラルド星人に臨時パイロットをするように頼まれたんだ。」
「そうだったのか・・・」
「よし!ジャンファイト!」
京一郎はすぐさまジャンセスナをジャンボーグAに変形させた。

228 :名無しより愛をこめて:2006/08/06(日) 12:16:00 ID:xqprM7Ol0
ジャンボーグAはすぐさまジャンボーグ9にエネルギーを与えた。
「すまない京一郎!」
「礼はいい。それよりも今は・・・」
ジャンボーグA、ジャンボーグ9とミラーマンはアンチゴーネとマッドゴーネ
の方を向いた。
「ぬぬぬ。まさかこのような時に援軍とは!」
「しかしこれはチャンスだぞ。マッドゴーネ!」
「そうだな。ジャンボーグAとミラーマンが加わったのだから倒しがいがある!」
「あいつら喜んでいるようだぞ・・・」
アンチゴーネたちの様子に三人は少々驚いていた。
「京太郎君。君は村上隊長たちの方を頼む。アンチゴーネたちは僕とナオキ君が戦う。」
「わかった。二人とも気をつけろ。」
ミラーマンはすぐさま怪獣たちに向かっていった。
「ナオキ君。僕はマッドゴーネと戦うから、君はアンチゴーネを頼む。」
「わかった。京一郎、マッドゴーネの弱点は頭の角だ。
いくらパワーアップしていても、角を叩けば奴は弱くなる。」
「ありがとう。行くぞ!」
ジャンボーグAたちは構えた。それに応じるようにアンチゴーネたちも
戦闘態勢に入った。こうして二次元の戦いに終局が近づいてきた。

・ジャンボーグA/岸京一郎、ジャンボーグ9/立花ナオキVSアンチゴーネ、マッドゴーネ
・ミラーマン/鏡京太郎、ジャンボフェニックス、ジェットコンドル、ハンターQ
VSエレキザウルス、デッドキング、ケンダウルス

229 :名無しより愛をこめて:2006/08/06(日) 16:18:09 ID:vLz2u3L60


230 :奇跡でも起きれば何とかなりますよ(Kanon):2006/08/06(日) 19:04:22 ID:7oqb+h3a0
ttp://salad.2ch.net/charaneta/kako/1008/10084/1008454834.html

231 :名無しより愛をこめて:2006/08/06(日) 23:45:55 ID:3V9ZZKmP0


232 :復活!あずまんが大王なりきりスレッド(質問兼雑談):2006/08/07(月) 16:08:53 ID:92eivUai0
ttp://cocoa.2ch.net/charaneta/kako/1006/10062/1006251110.html

233 :名無しより愛をこめて:2006/08/08(火) 03:32:28 ID:6A0QjbWQ0


234 :名無しより愛をこめて:2006/08/08(火) 12:22:50 ID:WichFM0w0
234

235 :アルクェイドの、月下のお茶会〜月姫総合スレッド〜:2006/08/08(火) 16:42:40 ID:xbLtuAyj0
ttp://salad.2ch.net/charaneta/kako/1007/10073/1007393019.html

236 :名無しより愛をこめて:2006/08/08(火) 19:21:02 ID:NolHPDQ60
ttp://www.youtube.com/watch?v=uTAMIhWn-WE&NR

237 :名無しより愛をこめて:2006/08/08(火) 23:13:47 ID:jmYpotMi0


238 :続・吸血大殲〜新たなる吸血鬼達の闘争の舞台〜:2006/08/09(水) 16:06:51 ID:i0Q08sM40
ttp://salad.2ch.net/charaneta/kako/1007/10073/1007397067.html

239 :名無しより愛をこめて:2006/08/09(水) 22:22:48 ID:HVLhicwA0
>>224
「うわぁぁぁぁ!」
ミカエル・エアロボットの砲撃によりハカイダーは後ろ側の瓦礫の山へ吹き飛ばされてしまう。
「リョウ、しっかりして。」
「カオル…ここは危険だ。」
カオルがハカイダーに駆け寄る。
「そんな、いつまでもリョウに付いているから。」
「いいか、お前だけは生き残ってゲンジロウの所に戻るんだ。」
「出来ないよ、それにそんな事はゲンジロウや他のみんなも望んでいないから。」
カオルは弱気になるハカイダーを説得する。

「見つけたぞ、ハカイダー、これで終わりにしてやる。」
その時、二人をミカエル・エアロボットが見つけてしまう。
ミカエル・エアロボットはハカイダーに向け砲門を開いた。
「ぐわぁぁぁl!」
「リョウ!」
ミカエル・エアロボットの砲撃を受け、ハカイダーは倒れてしまった。
それを見たカオルは絶句してしまう。

240 :名無しより愛をこめて:2006/08/09(水) 22:24:06 ID:HVLhicwA0
その時、地面が光り輝き、その光はハカイダーに集まってきた。
光に包まれハカイダーの傷が消えて行き再び立ち上がった。
「こ、この光は…。」
ハカイダーは自らにみなぎる力に驚いていた。
「リョウ、力が戻ったのね!」
「ああ、誰が仕掛けたのかは分からないが力が戻ったのは確かだ。」
ハカイダーはその力の事をカオルに話す。
その光はアースパワー発生装置によって吹き出したアースパワーの光であった。

「おのれ、そんな小細工が通用するか!」
ミカエル・エアロボットは再びハカイダーに砲門を向ける。
「ミカエル、心を失った貴様には負けやしない、破壊砲!」
ハカイダーの胸から砲門が出て、ハカイダーの最強の武器、破壊砲を撃つ。
その破壊砲はハカイダーのエネルギーではなくアースパワーそのものを放射していた。
「カイロン様ぁぁぁぁぁ…!」
ミカエル・エアロボットはアースパワー破壊砲の直撃を受け大爆発を起こした。

241 :名無しより愛をこめて:2006/08/09(水) 22:27:04 ID:HVLhicwA0
「ミカエル、操られた者に主張など無い。」
ハカイダーはミカエル・エアロボットの残骸を見て呟く。
「リョウ、後はグルジェフだけね。」
「ああ、早速、奴の逃げ道を追うぞ。」
「うん!」
二人は再びグルジェフの追跡を開始した。

○ハカイダー/リョウ、カオル→グルジェフを追う。
●ミカエル・エアロボット→ハカイダーに倒される。

242 :メタルギアスレッド:2006/08/09(水) 22:31:28 ID:76HW3ZlY0
ttp://salad.2ch.net/charaneta/kako/1007/10074/1007428705.html

243 :名無しより愛をこめて:2006/08/09(水) 23:47:45 ID:FyL+uN2P0


244 :名無しより愛をこめて:2006/08/10(木) 00:54:23 ID:3cG28lCi0
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1140972269/

245 :名無しより愛をこめて:2006/08/10(木) 03:36:01 ID:ZKcxKI6a0
245

246 :機動天使エンジェリックレイヤー:2006/08/10(木) 16:51:37 ID:3kb7nF4w0
ttp://salad.2ch.net/charaneta/kako/1012/10125/1012551050.html

247 :名無しより愛をこめて:2006/08/10(木) 23:16:14 ID:lRoo6hwg0


248 :名無しより愛をこめて:2006/08/11(金) 00:48:58 ID:dfey+D4x0
248

249 :名無しより愛をこめて:2006/08/11(金) 08:15:08 ID:IGKoRScl0


250 :名無しより愛をこめて:2006/08/11(金) 11:46:01 ID:R0SgEj9p0
250

251 :神坂一総合雑談&質問スレッド エピソード3(完):2006/08/11(金) 18:20:57 ID:rccY85hy0
ttp://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1012570604/

252 :名無しより愛をこめて:2006/08/11(金) 21:27:29 ID:HtMnEtwzO
空あげする奴はまだしも、関係ないスレのアドレス貼る奴は何なんだ?
容量使い切ってスレをDAT落ちさせたい殺し厨か?

253 :名無しより愛をこめて:2006/08/11(金) 21:29:33 ID:NT7cLF790
ならでかいAA貼るだろう
宣伝厨だろ

254 :名無しより愛をこめて:2006/08/11(金) 23:28:17 ID:fH62EZOG0


255 :名無しより愛をこめて:2006/08/12(土) 10:16:17 ID:I8JFyn/v0
>>221
>>241
機能を停止したアトムを連れて高円寺博士達は安全な場所へと向かって行った。
「きゃぁぁぁ!」
「ミツコさん!」
突如としてミツコを目掛けてビルの瓦礫が落ちてきた。
ジローがミツコに駆け寄りミツコを抱えて端へと避るとそれと同時に瓦礫が轟音を立て落下と共に砕けた。
「ミツコさん、大丈夫だったかい。」
「ジロー、助かったわ…。」
ミツコがジローを見てほっとする。

「おや、何か出てきたぞ。」
イチローが瓦礫の落ちた方向を指さすとビルの谷間から巨大な黒い影が姿を現した。
その黒い影はビルを拳で砕き、一同に近づいてきた。
「あ、あれはブラックオックス…!」
高円寺博士がその黒い影がブラックオックスだと見抜く。
「ブラックオックスってあの少し前に東京を襲ったロボットですよね。」
「そうだ、金田博士の作った鉄人28号が倒したはずだが…。」
ハンペンに対し高円寺博士が答えるが驚きが隠せなかった。
それに関わらずブラックオックスは一同に手を伸ばす。

256 :名無しより愛をこめて:2006/08/12(土) 10:22:25 ID:I8JFyn/v0
その時、空から青い影がブラックオックスに近づいてきた。
「ガオーッ!」
青い影は雄たけびを上げブラックオックスの前に降り立った。
「あれは…鉄人28号!」
高円寺博士がその青い影、鉄人28号を見て驚く。

「みなさん、ここに来てください!」
黒いベレー帽を被った少女が一同を呼ぶ。そこには何とバラバラマンとバラバラギャルもいた。
「お主はバラバラマン殿!」
「ワルダー殿か、高円寺博士も一緒でしたか。」
ワルダーとバラバラマンが
「君は?」
「私は立花真美といいます。バラバラマンさんと同じく高円寺博士に会うためにメルカに来ました。」
その少女、真美はイチローに聞かれ自己紹介をする。
「こう見えても真美さんは天才科学者なのよ。」
「天才科学者…ねぇ。」
バラバラギャルが真美の事を説明するとハンペンが固まっていた。

257 :名無しより愛をこめて:2006/08/12(土) 10:32:46 ID:I8JFyn/v0
「紹介が遅れました。私、ロボット管理局で働くバラバラマンといいます。」
「私はバラバラギャル、バラバラマン課長の部下です。」
続いてバラバラマンとバラバラギャルも自己紹介する。
「私達に心強い味方がもう一人います。」
真美が指をさした所にはリモコンを構えた一人の少年が立っていた。

「この子が強い味方なのかい?」
「そう、彼は鉄人を作った金田博士の孫、正太郎君よ!」
真美がその少年、正太郎を紹介するとハンペンが驚きのあまり声をあげる。

「行け、鉄人!」
「ガオー!」
正太郎の叫びと共に鉄人はブラックオックスに向かい鉄拳をぶち込んだ。
「ガオー!」
ブラックオックスが吹き飛ぶと鉄人は再び雄たけびを上げた。
その鉄人のボディーはアースパワーを受け輝いていた。

・鉄人28号、金田正太郎VSブラックオックス
○キカイダー/ジロー、キカイダー01/イチロー、ビジンダー/マリ、ワルダー、高円寺寅彦、光明寺ミツコ、服部半平、鉄腕アトム、
 バラバラマン、バラバラギャル、立花真美→鉄人戦いを見守る。
ブラックオックスという事で鉄人28号も出しました。
勿論、昨年の劇場版です。

258 :名無しより愛をこめて:2006/08/12(土) 12:07:55 ID:HksLkgd/0


259 :烈風のごとく華撃団も敵さんも質問に答えますわ!:2006/08/12(土) 17:08:26 ID:SnzUJHgZ0
ttp://salad.2ch.net/charaneta/kako/1012/10125/1012575803.html

260 :名無しより愛をこめて:2006/08/12(土) 22:52:27 ID:/gT1ZuNW0
昭和版の鉄人もでてるんだぞ。
どう辻褄あわせるんだ?
あわせられないなら 無効だ。
言っておくが、昭和版の鉄人は2メートル位だからな。

261 :名無しより愛をこめて:2006/08/12(土) 23:10:43 ID:/Td+lUYxO
それくらい柔軟性持てよ。
厳密な違いがある訳じゃないし。

262 :☆坊っちゃま〜、シーモンドです〜☆:2006/08/12(土) 23:15:37 ID:SFuyrVjR0
ttp://salad.2ch.net/charaneta/kako/1012/10129/1012901356.html

263 :名無しより愛をこめて:2006/08/12(土) 23:32:34 ID:qzZ76epz0


264 :カプコン・SNK 格闘ゲーム総合スレッド:2006/08/13(日) 07:48:55 ID:xx6DSgej0
ttp://salad.2ch.net/charaneta/kako/1013/10131/1013108674.html

265 :名無しより愛をこめて:2006/08/13(日) 17:05:34 ID:rUO/eAbi0
辻褄合わせができないようなので、255-257は無効です。

266 :名無しより愛をこめて:2006/08/13(日) 17:17:02 ID:PQHlzqiLO
そうやって何でも無効にしないでさ
ちょっとは考えようや。
テレビ版と劇場版のハットリくんみたいに並列化させればいいだろ。

267 :名無しより愛をこめて:2006/08/13(日) 18:41:32 ID:eMkEJu2U0
鉄人に関する辻褄合わせをします。

>>257
「ところで鉄人28号はQX団という犯罪組織と戦ったロボットだったけど。」
「ええ、あれはかって正太郎君のおじいさんが作った物を元にして等身大タイプを作りました。」
イチローが鉄人の事に付いて聞くと真美が答える。
「それにここにいる正太郎君という少年も…。」
「ここにいる正太郎君だけでなく同じ名前の少年探偵もいます。」
「そ、そんなにいるのか…。」
ジローが正太郎の事にも質問を出し、これにも真美が答える。
その横でハンペンが驚いていた。

・鉄人28号、金田正太郎(映画版)VSブラックオックス

268 :名無しより愛をこめて:2006/08/13(日) 20:21:47 ID:rUO/eAbi0
はいはいするーするー

269 :始皇帝・降臨?!:2006/08/13(日) 21:38:07 ID:Gijt0QNr0
一方、所変わってスカイ考古学研究所では…。

パイカル「どうした?機械人形ども…!もうスタミナ切れか?!」
揚子江大飯店「あたしらはヤプールとか言う奴のお蔭でまだまだ元気だよ…。」
八宝菜「確か『はいとろん』とか言う訳の判らない物らしいけど…。」
五目殿下「アブレラの『結界一發』よりは信頼できるからなぁ〜!」
スペードエース「貴様ら、ハイトロンエネルギーで…。」

中華魔界4悪人は、ジャッカー電撃隊の一同に勝ち誇るように言う。
その詞に、精霊の一種である天女アプラサを超獣にした程のヤプールの得体の
知れない力を改めて確認したジャッカーは、最早言葉も出なかった…。

五目殿下「貴様達は中華料理にしてもデビラどもより不味そうだからな…。
この場で一気にあの世に送ってくれるわ!」
パイカル「デビラども、ジャッカーに向けて一斉射撃だ!ただし、空飛ぶ火の車
に傷をつけたら全員中華饅頭の刑だぞ!!」
デビラ兵一同『デビラっ!!』
一斉に銃やらバズーカ砲などでジャッカーに狙いをつけるデビラ兵。ジャッカー
を消滅させるため、中華魔法を全開にしようとする4悪人…。


270 :名無しより愛をこめて:2006/08/13(日) 21:38:58 ID:Gijt0QNr0

『待たれいっ!!』

その時、一同を遮るように男の声が響いた。しかも、物凄く威厳のある声だ。

ハートクイン「嘘でしょう…?」
クローバーキング「秦の、始皇帝?!」
ダイヤジャック「何千年も前に死んだ皇帝が、何故?!」

空飛ぶ火の車の龍の頭の上に仁王立ちしていたその人物は、歴史の教科書の人物
である中華帝国初代皇帝そのままの姿で現れたのであった…。余りの唐突さに訳が
判らなくなるジャッカー電撃隊…。

ネムリン「秦の始皇帝?」
マコ「2000年以上の昔に戦国の世だった中国大陸を統一し、史上初めて『皇帝』
を名乗った人物よ…。戦乱の世を平定した一方、多くの書物を焼き捨てたり、自分
に反対する学者や役人や、自分の親族すら殺した暴君って話よ…。」
スカイ考古学研究所のデータベースで、中国大陸の古代史を勉強していたマコが
思い出したようにネムリンに言う。しかもその歴史上の大物は、自分達の乗る空
飛ぶ火の車の頭の上にいるのだ。

271 :名無しより愛をこめて:2006/08/13(日) 21:39:46 ID:Gijt0QNr0
始皇帝「その通りじゃ、倭国の娘よ…。我が諱は政、秦の王にて、王の上の王…。
即ち皇帝なり…!!」
ネムリン「その皇帝が、何で今頃ここに来たんだっちょ?」
マコ「ネムリン、無礼な事言わないのよ…。相手は焚書坑儒の大暴君よ…、こん
な事言ったら…。」
震えるような声でネムリンをなだめるマコ。

だが、意外にも始皇帝はネムリンの無礼講を気にも止めなかったのであった。

始皇帝「貴君の無礼講は皇帝の銘に於いて許してやろう…。こちらは、ちと気に
食わぬ輩がここにいたから、黄泉の國から時代を超えて蘇ったのじゃ!!」
そう言うと始皇帝は、右手に持った扇子で中華魔界4悪人を指した。

始皇帝「聴く所におくと、貴公等は中華魔界からの来訪者と申したな…。」
五目殿下「その通りであります、初代皇帝陛下!」
パイカル「我等は大中華世界再興の為…。」
揚子江大飯店「伝説の飛行戦車を陛下に献上し…。」
八宝菜「共に、この世界を大中華の下に統一いたしましょう…。」
そう言って会釈する4悪人。

272 :名無しより愛をこめて:2006/08/13(日) 21:40:51 ID:Gijt0QNr0
だが、当の始皇帝は4悪人に向けて眉間に皺を寄せながら怒鳴った。

始皇帝「愚か者どもが!今の中華世界がどんな有様か、貴様達は知っておろうな?
馬鹿な儒学者どものせいで2000年もの間中華民族は堕落し、蒙古や女真族や匈奴の
子孫共が大陸を蹂躙…。更には征服した奴らを皆殺しにして平然とし、その癖他国の
殺戮行為を自分たちより酷いものと捏造する現在の中華世界に希望が有るとでも言う
のか?!そんな物は焚書坑儒の如く、こうしてやる!!」

すると、空飛ぶ火の車の龍の頭から炎が放たれて、4台の特殊デーモンカーを炎に
包んだのであった。その凄まじい威力で大爆発を起こすデーモンカー。爆発に巻き
込まれ次々と倒されていくデビラ兵一同…。

五目殿下「何をするのでおらっしゃるのですか?陛下!」
始皇帝「こうするのよ!!」
そう叫びながら始皇帝は4悪人の目の前に降り立つと、扇子で次々と4悪人どもを
叩きのめしたのであった。その圧倒的な力と迫力に詞を失うジャッカー電撃隊とネ
ムリン&マコ。

そして、4悪人どもを叩きのめした始皇帝は、後方に向けて飛び上がると空飛ぶ火
の車の前にいるジャッカー電撃隊を守るように降り立ったのであった。

273 :名無しより愛をこめて:2006/08/13(日) 21:41:36 ID:Gijt0QNr0
五目殿下「まさか陛下は、この機械人形どもに加勢するのでありますか?!」
呆然とする五目殿下とその一味。
すると、008の上空に眩いまでの光がジャッカー電撃隊と空飛ぶ火の車、ネムリン
とマコと始皇帝の上空に降りかかったのであった。その光の中で不敵な笑いを浮
かべる始皇帝…。

パイカル「あの光は?」
揚子江大飯店「何なの?」
八宝菜「殿下!皇帝陛下が…!」
五目殿下「何だと?!」

その光…アースパワー発生衛星のアースの光が収まると、始皇帝だった人物がその
正体を露にしたのであった…。虹色のネクタイと白い帽子と背広とステッキの男、
それが彼らの目の前で始皇帝を演じていた男の正体であった…。

『ジャッカー電撃隊行動隊長、番場壮吉…。よろしく( ̄ー ̄)」』

その男の名は番場壮吉。ジャッカー電撃隊行動隊長にして、スーパー戦隊と呼ばれ
る5色の仮面の戦士達全てを統べる大物中の大物であった…。目の前の始皇帝が番
場の変装だった事に悔しさを滲ませる中華魔界4悪人。

274 :名無しより愛をこめて:2006/08/13(日) 21:42:23 ID:Gijt0QNr0
スペードエース「隊長!」
ハートクイン「やっぱり、ネタを仕込んでいたんですね…。」
番場「名演技だったろ?」
ネムリン「本当に凄いな、番場は…。」
すっかり感心するネムリン。笑う番場。

番場「余興はここまでだ…、こいつらを一気に片付けるぞ!ビィーッグ・ボンバー!!」
スペードエース「ビッグボンバーだ!」
JKQ『ビィーッグ・ボンバー!!』
その掛け声と共に、ジャッカー電撃隊が必殺武器の用意を始める。

ダイヤジャック「セット1!」
クローバーキング「セット2!」
ハートクイン「セット3!」
スペードエース「行くぞコンバイン、セットオン!!」
瞬時に完成するビッグボンバーの砲台。それを見届ける番場の姿を、ジャッカー一同
が見据える。

275 :名無しより愛をこめて:2006/08/13(日) 21:43:04 ID:Gijt0QNr0

『ビッグ・ワン!』

ジャッカー一同の掛け声と共に、飛び上がりながらビッグワンに変身する番場。その
手にはビッグボンバーの弾丸が握られている。

ビッグワン「ジャッカー必殺武器!フルコース料理、ビィーッグ・ボンバー!!」
その掛け声と共に弾丸をセットし、中華魔界4悪人に向けて発射するビッグワン。
するとどうであろうか?ビッグボンバーの弾丸が一瞬にフルコース中華料理に変わっ
たのであった。それを見て涎を垂らしながらフルコース料理にかぶりつく中華魔界4
悪人。

五目殿下「おお、フカヒレスープじゃ!」
パイカル「飲茶のフルコースだ!」
揚子江大飯店「本物の八宝菜じゃ!!」
八宝菜「老酒で乾杯よ!!」
そう言いながらガツガツと食らいつく4悪人ども。
だが、その途端食あたりを起こして苦しみだす4悪人…。

276 :名無しより愛をこめて:2006/08/13(日) 21:43:46 ID:Gijt0QNr0
パイカル「う、腹痛が…。」
揚子江大飯店「腹下りが…。」
八宝菜「あたしも…。」
五目殿下「何なんじゃぁぁぁぁぁ!」

それが、彼らの断末魔の詞であった。
偽のフルコース中華料理を食べた4悪人は、腹痛と共に大爆発を起こした。
そのシャレにもならない最後に呆れるジャッカー電撃隊一同とネムリン&マコ。

が、その時彼らは信じられない光景を目の当たりにした。
爆発で吹き飛ばされて黒焦げになりながらも、4悪人は生きていたのだ…。

五目殿下「おのれ機械人形ども!今度出会った時は貴様らを中華風フルコース拷問で
仕返ししてくれる…!ギャアァァァァァ!!」
ビッグボンバーの爆発で吹き飛ばされ、ガンバス大王の結界に突き破ったダメージを
受けながらも何とか生きている4悪人ども。弾き出されたショックで本物の地面に叩
きつけられる4悪人。それを取り囲むゴーデス細胞の光…。

277 :名無しより愛をこめて:2006/08/13(日) 21:44:27 ID:Gijt0QNr0
ダイヤジャック「隊長!連中にゴーデス細胞が?!」
ビッグワン「心配するな…。ゴーデス細胞の奴は連中がお気に召さない様子だ…。」
その詞通りゴーデス細胞は、中華魔界4悪人を何故か避けていた。同化する価値が
無いと言う事なのだろう…。

その中を008の外で待機していたデビラ兵たちがデーモンカーで駆けつける。

デビラ兵A「殿下!無事でおられますか?!」
五目殿下「無事も何もあるか?!こっちはもうボロボロなんじゃぞ…。」
最早虫の息の五目殿下一党。

デビラ兵B「それよりも、ヤプール殿より指令書が来ております!もしも敗れて生き
残った時は、我等の部隊と合流せよとの事であります!!」
五目殿下「合流?」
パイカル「ここは戦力の建て直しと、傷の療養に専念いたしましょう…。」
揚子江大飯店「賛成だね…。」
八宝菜「行く先はあるのかい?」
目の前のデビラ兵に質問する八宝菜。

278 :名無しより愛をこめて:2006/08/13(日) 21:45:12 ID:Gijt0QNr0
デビラ兵B「『ダマスクセに向かえ』と指令書には記してあります!」
五目殿下「ダマスクセ?」
パイカル「人間どもの世界で最大の死の商人の支配する街と聴いております…!」
その報告を聴いて、五目殿下は決断を下した。

五目殿下「判った、我等はこれよりダマスクセとやらに撤退する!全員脱出だ!」
デビラ兵一同『デビラっ!!』
そう答えるとデビラ達は、虫の息の中華魔界4悪人をデーモンカーに乗せて、空間
を割ながら008から撤退したのであった…。

クローバーキング「奴らが逃げていく…!」
スペードエース「放っておくんだ!それよりも隊長、我々はウルトラマンAとTACの
皆さんとマイティジャック隊の援護を致しましょう…!」
ビッグワン「そうだな…。それと、ネムリンにマコちゃん…。」
ネムリン「何だっちょ?」
マコ「何ですか?」
ビッグワンを見るネムリンとマコ。

279 :名無しより愛をこめて:2006/08/13(日) 21:45:54 ID:Gijt0QNr0
ビッグワン「君たちは空飛ぶ火の車でマシンマンとバイクロッサーの援護を頼む…。
ランカー商会の奴らが、バイオハンター・シルバの奴を投入したらしい…。彼らは君
たちの空飛ぶ火の車をテンタクルとオクトパスとデスターから守ったんだ…。今度は
君たちが、彼らを助けるんだ…。」
マコの目線にしゃがみ、肩を押さえるビッグワン。頷くネムリンとマコ。

ビッグワン「よぉーし、我々も反撃開始だ!」
『了解!』

こうして、スカイ考古学研究所を再び守ったジャッカー電撃隊とネムリン&マコは、
それぞれの戦場にへと散って行ったのであった…。

○番場壮吉/ビッグワン→始皇帝に変装して登場w
●五目殿下、パイカル、揚子江大飯店、八宝菜→生き残りデビラ達とともにダマスクセへ
○ジャッカー電撃隊(含むビッグワン)→ウルトラマンAとTACとマイティジャック隊の援護に
○ネムリン、大岩マコ、空飛ぶ火の車→マシンマンとバイクロッサーの援護に

五目殿下一党は以後フリーと致します。


280 :名無しより愛をこめて:2006/08/14(月) 10:14:08 ID:d3sIyAjoO
>257-268
先に設定決めてから書けよ。別にわざわざ何体も鉄人出さなくても、セーラームーンやハットリくんみたいに並行して出すことだって出来るんだし。
こんな事ばかりやってたら、また殺し厨に突っ込まれて無効だの何だの騒がれてめんどくさくなるじゃん。

281 :名無しより愛をこめて:2006/08/14(月) 12:10:35 ID:ZFROGwNN0


282 :『HAPPY☆LESSON』のママ達に甘やかされるスレ:2006/08/14(月) 16:37:35 ID:IaV+DJb10
ttp://cocoa.2ch.net/charaneta/kako/1017/10170/1017054644.html

283 :名無しより愛をこめて:2006/08/14(月) 17:37:31 ID:Z6FNlJ8j0
>>265は自身の殺しストーリーを無効にされて逆恨みしてる口だろ。

284 :名無しより愛をこめて:2006/08/14(月) 18:14:47 ID:XmbVIF3I0
辻褄が合ってない事を指摘したら殺し房か。
どうしようもないスレだな。

285 :名無しより愛をこめて:2006/08/14(月) 19:18:13 ID:d3sIyAjoO
はいはい、避難所でアク禁喰らった殺し厨君
どうしようもないスレに二度と来ないでね。無駄に空白あげしたり他の板のアドレス張らないでね。

286 :名無しより愛をこめて:2006/08/14(月) 19:41:13 ID:XmbVIF3I0
なんでも同一人物と思うんだから
どうしょうもない、単細胞の屑池沼だなwwwwwww

287 :名無しより愛をこめて:2006/08/14(月) 23:33:48 ID:aZOIKoIG0


288 :【オーラロードを】シーラ・ラパーナ【開きます】:2006/08/15(火) 17:53:05 ID:3E7M9kKP0
ttp://cocoa.2ch.net/charaneta/kako/1017/10174/1017412922.html

289 :名無しより愛をこめて:2006/08/16(水) 00:41:59 ID:JqF1TUHD0
現在200KB

290 :花右京メイド隊 ご奉仕させていただきます:2006/08/16(水) 16:12:19 ID:SXrd+IJs0
ttp://salad.2ch.net/charaneta/kako/1018/10180/1018012150.html

291 :名無しより愛をこめて:2006/08/16(水) 17:10:50 ID:gORkMCpX0


292 :名無しより愛をこめて:2006/08/16(水) 20:35:39 ID:P3pYy15z0
>>241
鉄人とブラックオックスとの戦いが始まった頃、グルジェフは工場へ向かっていた。
「急げ、怪獣達に追いつかれるぞ!」
グルジェフは運転手に急ぐ事を促す。

その時、ハカイダーのバイク、ギルディーがグルジェフの車の前に立ちはだかった。
「くっ、ハカイダーか…。」
ハカイダーを見てグルジェフが怖気好きながら車を降りる。
「もうミカエルは倒された。」
「後はお前だけだよ!」
ハカイダーと後ろに乗っていたカオルもギルディから降りる。

293 :名無しより愛をこめて:2006/08/16(水) 20:37:12 ID:P3pYy15z0
その時、工場の方から轟音と共に複数の巨大な影が姿を現した。
それはグルジェフの指揮で建造されているカラミティ、キングマグマー、キングデビラーに加え8機もの宇宙鉄面党ロボ達であった。
これら巨大ロボはカイロン・システムによって動き出したのであった。
「あ、あれはカラミティ、誰が動かしているんだ!?」
グルジェフがその巨大な影が自分達が建造している巨大ロボ達が勝手に動き出した事に驚きを隠せない。

「グルジェフ、これだけの戦力を持っていたとでもいうのか!?」
ハカイダーがグルジェフに怒りを剥き出しにしながら聞く。
「くっ、このままではやばい…。」
グルジェフは急いで車へ乗り込み逃げ出した。
「グルジェフの奴、逃げちゃったよ。」
「カオル、グルジェフを追うぞ。」
二人はグルジェフの車を追跡した。

294 :名無しより愛をこめて:2006/08/16(水) 20:38:25 ID:P3pYy15z0
少し行った場所にてグルジェフの車の正面にカラミティが立ちはだかった。
「だ、誰が動かしているんだ!?」
車内のグルジェフはカラミティを見てただ愕然とする。
カラミティが車を掴み始めた。
「グルジェフ様、このままでは脱出できません!」
「何故だ、何故俺の作ったロボがこんな事を…。」
運転手に脱出が不可能な事を聞かされるが、グルジェフは我を失っていた。
カラミティは車を地面に投げつけた。

その時、グルジェフを追っていたハカイダーとカオルの目の前にに車が落ちていく。
「あれって、グルジェフの車じゃない!」
カオルが車を見て指をさす。
車は地面に叩き付けられ爆発を起こした。
「グルジェフ…最後まで愚かだったな。」
爆風が消えるとハカイダーはリョウの姿に戻り炎に包まれるグルジェフの車を見る。
「リョウ、これからどうするの?」
「この事件の黒幕はグルジェフだけじゃない、黒幕を追うぞ!」
二人はデビラーを始末するため首相官邸へと向かって行った。

○ハカイダー/リョウ、カオル→デビラーを追跡する。
●グルジェフ→カラミティに倒される。
●カラミティ、キングマグマー、鉄面党ロボ→遂に作動。

295 :名無しより愛をこめて:2006/08/16(水) 23:26:51 ID:eiZPd2Xa0


296 :東京アンダーグラウンドの浅葱留美奈だ!:2006/08/17(木) 17:11:46 ID:nK3eiB6o0
ttp://cocoa.2ch.net/charaneta/kako/1018/10181/1018190829.html

297 :名無しより愛をこめて:2006/08/17(木) 22:28:02 ID:RAWfQ/jx0
ttp://www.toei.co.jp/tv/user/program/read_story3.asp?Fail=on&Command=Old&SID=196

298 :名無しより愛をこめて:2006/08/17(木) 23:35:59 ID:wXcHhu690


299 :名無しより愛をこめて:2006/08/18(金) 07:12:59 ID:Y1wq/h5A0
現在204KB

300 :名無しより愛をこめて:2006/08/18(金) 12:15:06 ID:jp/rC1bC0
300

301 :BEMANIシリーズの曲ですが何か?:2006/08/18(金) 22:33:07 ID:nljClp9z0
ttp://cocoa.2ch.net/charaneta/kako/1018/10184/1018486176.html

302 :名無しより愛をこめて:2006/08/18(金) 23:32:21 ID:dXedjNbQ0


303 :名無しより愛をこめて:2006/08/19(土) 16:18:53 ID:nPmKFjzJ0
ttp://skm3y.at.infoseek.co.jp/itadaki.html

304 :名無しより愛をこめて:2006/08/19(土) 23:41:42 ID:TEVE34VA0


305 :名無しより愛をこめて:2006/08/20(日) 22:45:52 ID:5tKqhI8W0
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/anime/846/1109947416/

306 :名無しより愛をこめて:2006/08/20(日) 23:49:12 ID:m3yWCLgj0
306

307 :名無しより愛をこめて:2006/08/21(月) 00:36:04 ID:pLNKXYJw0


308 :名無しより愛をこめて:2006/08/21(月) 14:30:55 ID:W49Y1xSIO
もうダメだなこのスレ

309 :名無しより愛をこめて:2006/08/21(月) 16:48:27 ID:wTvGv/+r0
ttp://piro52.tripod.com/maskOff/index.html

310 :名無しより愛をこめて:2006/08/21(月) 22:13:00 ID:cPBMmgyF0
>>294
カラミティがグルジェフを始末している時、高倉長官の指示でTAC、MACの両航空部隊が怪獣達の迎撃の為に出動した。
次々とタックファルコンから主力のレーザー砲、シルバーシャークが放たれ、次々とブローズとバランガスを倒していく。
マッキー1号からは次々とガンヘッド隊が降下し怪獣達への攻撃を繰り広げていく。

その時、どこからかレーザーやロケット弾での攻撃で次々とタックファルコンとマッキー1号が堕ちていく。
攻撃が止むとその方向から鉄面党ロボ達が姿を現した。
「ギャァァァオ!」
一匹のブローズがマーズサターンに光線を放つがマーズサターンも光線を放って相殺する。

「あのロボットはメルカの戦力なのか…。」
ガンヘッドのパイロットの一人が鉄面党ロボ達を見て驚愕する。
そのガンヘッド隊もスカイシャークの左手から爆弾で一網打尽されてしまう。

ガンヘッド隊が全滅すると同時にグルジェフを始末したカラミティが降り立つ。
それと同時に鉄面党ロボ達後ろにいたキングマグマーは特殊能力である日食を起こす。
日食の影響でメルカの町は暗闇に包まれ、世界各地でも日食の影響で闇に包まれていく。

・カラミティ、キングマグマー、キングデビラー、宇宙鉄面党ロボ(スカイシャーク〜ドラキバット)VSユニタング、コオクス、ブローズ、バランガス
キングマグマーの力で世界中で日食が起こりました。日食はキングマグマーが倒されるまで続きます。

311 :名無しより愛をこめて:2006/08/21(月) 22:40:49 ID:UHXpwc+90
ttp://www.youtube.com/watch?v=s9lp1kVnDTg

312 :名無しより愛をこめて:2006/08/21(月) 23:00:16 ID:W49Y1xSIO
避難所のテストスレに書いてないのにいいの?

313 :名無しより愛をこめて:2006/08/22(火) 03:39:24 ID:WFLd7uir0


314 :名無しより愛をこめて:2006/08/22(火) 17:26:19 ID:bSRgVCr20
ttp://vulminmi.hp.infoseek.co.jp/guidemap/guidemap.htm

315 :名無しより愛をこめて:2006/08/22(火) 18:03:47 ID:2mIVfBxt0
>>312
ちゃんと整合性合わせてあればいいんだよ。

316 :名無しより愛をこめて:2006/08/22(火) 23:20:23 ID:gKkna6rq0


317 :名無しより愛をこめて:2006/08/23(水) 16:46:46 ID:b/0aXnJ+0
ttp://www.shc-net.com/~etel/mondaiji/main.htm

318 :名無しより愛をこめて:2006/08/24(木) 00:52:44 ID:W3ObtCAs0
318

319 :名無しより愛をこめて:2006/08/24(木) 12:03:55 ID:h+K6+BTb0


320 :名無しより愛をこめて:2006/08/24(木) 17:50:16 ID:4MKkhWA60
ttp://www.geocities.jp/jdy07317/index.html

321 :名無しより愛をこめて:2006/08/24(木) 19:01:26 ID:D9jc6/Y90
まとめサイトに下書きとか言った仕切り房のバカのせいで過疎化に
拍車がかかったなw

322 :名無しより愛をこめて:2006/08/24(木) 19:46:00 ID:mDZUDtZV0
>>310
日食の闇に包まれたメルカの空に一機の輸送機が飛んでいた。
その輸送機の貨物質にはガンヘッドとは違う三機のロボットが並んでいた。
そして、その横にはかって超獣戦隊ライブマンであった大原丈、矢野鉄也、相川純一の三人と彼ら協力者、ドロテ博士の四人がいた。

「みんな、いくらライブマンとしての経験があるとは言え、このロボットは勝手が違うわ。」
「わかってるって、油断はしないさ!」
ドロテ博士が作戦要項を話すと鉄也が興奮気味になる。
「それが不安なんだって。」
「おい、何か言ったか?」
「そ、そんな事は無いよ。」
それを聞いた純一が鉄也と口論になりそうになる。
「おい、二人とも止めろ!」
二人を丈が止める。
「そこまでよ、鉄人も戦いに入っているから早く発進準備に入って。」
ドロテ博士の指示で三人はロボットに入る。

323 :名無しより愛をこめて:2006/08/24(木) 19:47:27 ID:mDZUDtZV0
「カーゴドア、開きます。」
オペレーターの指示で輸送機のカーゴドアが開きそ三機のロボットが外に姿を現した。

「ガンゲリオン、発進準備完了しました。」
「ガンゲリオンはあなた達にかかっているわ。」
「了解!」
丈がドロテ博士に発進準備が整った事を伝える。
「このコントローラーで大丈夫なのか?」
鉄也がまるでテレビゲームの様なコントローラーに戸惑う。

ガンゲリオンとはかって未来から来たロボット、「テトラ」によって建造され地球の水を狙い侵略した異星人「ボイド人」と戦ったロボットであった。
ボイド人との戦いが終わった後、そのデータは科学アカデミアに託されドロテ博士や真美の手により再び建造されたのであった。

そして丈達の操縦する3機のガンゲリオンは輸送機から地に降り立った。

324 :名無しより愛をこめて:2006/08/24(木) 19:48:45 ID:mDZUDtZV0
ガンゲリオン隊が発進準備をしている時、鉄面党ロボと怪獣達との戦いは更に激しくなっていた。
「ギャァァァオ!」
ユニタングが角からのレーザーでキングデビラーを攻撃し、キングデビラーが粉砕される。
「グギャァァァ!」
それに続きコオクスのミサイル攻撃で3機のベムパンサーとドラキバット、スパイダーロボを破壊して行く。
二匹の超獣はゴーデス細胞で操られているだけでなくハイトロンの恩恵で驚異的な能力に跳ね上がっていた。

そこにガンゲリオン隊が降り立った。
「怪獣だけじゃ無いみたいだね。」
「ああ、あのロボットも手ごわそうだな。」
丈と純一が鉄面党ロボを見てその強さを確信する。
メルカでの戦いはメルカ共和国との戦いではなくゴーデスとカイロン、二つの破壊者との戦いへと変わっていた。

・ガンゲリオン隊(イエローライオン/大原丈、ブラックバイソン/矢野鉄也、グリーンサイ/相川純一)VSカラミティ、キングマグマー、宇宙鉄面党ロボ(スカイシャーク〜ゴールドフィンガー)
 VSユニタング、コオクス、ブローズ、バランガス
○ドロテ博士→ガンゲリオン隊の指揮に入る。
●キングデビラー→ユニタングに倒される。
●ベムパンサー1号、2号、3号、スパイダーロボ、ドラキバット→コオクスに倒される。
ガンゲリオンは映画「ジュブナイル」に登場した巨大ロボです。

325 :名無しより愛をこめて:2006/08/24(木) 22:34:24 ID:ChmThk/E0
ttp://www.konami.jp/visual/momotenshi/index.html

326 :名無しより愛をこめて:2006/08/25(金) 00:30:40 ID:H5YgxIoN0


327 :名無しより愛をこめて:2006/08/25(金) 22:45:05 ID:4ZwYxe1J0
ttp://d.hatena.ne.jp/BWS/20060726

328 :名無しより愛をこめて:2006/08/25(金) 23:15:21 ID:pkS8zFQt0
>>324-326を書き直します。

>>310
日食の闇に覆われたメルカの上空にXIGのファイターEXが飛んでた。
「正太郎君と真美ちゃんはどこにいるんだ。」
『鉄人の反応が近づきました。』
ファイターEXのコックピットでは高山我夢がPALに鉄人の居場所を聞いていた。
彼はパンゲア・システムで高倉長官よりゴーデス怪獣出現の報を聞かされ、メルカ共和国へと出撃した。
そして彼と同じくアルケミスターズ所属である真美に合流する事も目的であった。
「鉄人が見えたようだね。」
『我夢、右側を見てください。」
「怪獣、それに巨大ロボットか!?」
我夢がPALに言われるまま右側を向くとそこは鉄面党ロボとゴーデス怪獣達の戦いが繰り広げられていた。

「ギャァァァオ!」
ユニタングが角からのレーザーでキングデビラーを攻撃し、キングデビラーが粉砕される。
「グギャァァァ!」
それに続きコオクスのミサイル攻撃で3機のベムパンサーとドラキバット、スパイダーロボを破壊して行く。
二匹の超獣はゴーデス細胞で操られているだけでなくハイトロンの恩恵で驚異的な能力に跳ね上がっていた。

329 :名無しより愛をこめて:2006/08/25(金) 23:16:13 ID:pkS8zFQt0
「このままじゃ街が危ない…PAL、頼むよ。」
『分かりました』
「ガイアーッ!」
我夢はファイターEXの操縦を任せるとエスプレンダーを掲げ光となった。

鉄面党ロボと怪獣達の間にウルトラマンガイアV2が降り立った。
その体はアースパワー強化装置直に受け光り輝いていた。

メルカでの戦いはメルカ共和国との戦いではなくゴーデスとカイロン、二つの破壊者との戦いへと変わっていた。

・ウルトラマンガイアV2/高山我夢VSカラミティ、キングマグマー、宇宙鉄面党ロボ(スカイシャーク〜ゴールドフィンガー)
 VSユニタング、コオクス、ブローズ、バランガス

330 :名無しより愛をこめて:2006/08/26(土) 08:13:27 ID:XPT5c2M10


331 :名無しより愛をこめて:2006/08/26(土) 17:07:06 ID:RYxdV1qG0
ttp://www.h5.dion.ne.jp/~sugoize/index.htm

332 :名無しより愛をこめて:2006/08/27(日) 00:28:37 ID:C9xxfEc10


333 :名無しより愛をこめて:2006/08/27(日) 03:22:00 ID:9VPSaBCB0
333

334 :名無しより愛をこめて:2006/08/27(日) 21:01:00 ID:lfk4OdFu0
ttp://nagoya.cool.ne.jp/s_hayate/

335 :名無しより愛をこめて:2006/08/28(月) 00:34:04 ID:oHPHOf670


336 :名無しより愛をこめて:2006/08/28(月) 08:01:24 ID:zIoD3/4v0
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1148816173/

337 :名無しより愛をこめて:2006/08/28(月) 11:52:10 ID:oWvsxmyf0


338 :名無しより愛をこめて:2006/08/28(月) 23:32:19 ID:gK5SrNjv0
>>329
鉄人とブラックオックスの戦いは日食の影響もあってかブラックオックスの有利に働いた。
「鉄人、ブラックオックスを探すんだ!」
正太郎が鉄人を見ながら叫ぶが、ブラックオックスが鉄人の後ろから攻め込む。
ブラックオックスに殴られ今度は鉄人は吹き飛ばされてしまう。
「鉄人、立ち上がるんだ!」
正太郎の声に答えるかのように鉄人が立ち上がろうとするがブラックオックスが鉄人を再び殴り付ける。

「どうすればいいんだ…。」
『少年よ、あきらめるな…。』
驚愕する正太郎にガンバス大王が声をかけてきた。
「あなたは…。」
『ワシはフェアリーランドの王、ガンバス大王じゃ。』
「ガンバス大王…。」
『鉄人は地球の力を背負っている。』
「地球の力…。」
『地球の力は大いなる意思を倒す為の力を持つ、ここで負けてはいかん!」
「はい!」
正太郎はガンバス大王に強く頷いた。

339 :名無しより愛をこめて:2006/08/28(月) 23:33:15 ID:gK5SrNjv0
「鉄人、動くんだ!」
正太郎がリモコンを操作しながら叫ぶと再び鉄人は立ち上がった。
鉄人が空へと飛び立つとブラックオックスも飛ぶ。
そして、日食の闇で鉄人とブラックオックスの戦いが再び繰り広げられた。

「鉄人の体の輝きが強くなっている。」
ジローが鉄人の輝きを感じ取る。
その輝きはアースパワーそのものであった。

「行け、鉄人!」
正太郎の叫びと共に鉄人がブラックオックスに猛スピードで向かってくる。
対するブラックオックスも鉄人を目掛け猛ダッシュする。
鉄人はアースパワーを拳に集めるが、ブラックオックスがいち早く鉄人に拳を向けた。
しかし、アースパワーを集めた鉄人の拳がブラックオックスの拳を砕きブラックオックスは爆発と共に砕け散った。

340 :名無しより愛をこめて:2006/08/28(月) 23:34:34 ID:gK5SrNjv0
「鉄人の勝ちみたいだな。」
イチローが鉄人を見上げ確信する。
鉄人は一同の前に降り立つ。

「正太郎君、やったじゃない!」
「真美さん、僕に声を掛けた人がいたんだ。」
「声を?」
正太郎が真美にガンバス大王の事を話すが彼女は不思議がっていた。

「おい、みんな、見てくれ。」
ハンペンが指をさした所ではゴーデス怪獣達と鉄面党ロボとの戦いが繰り広げられていた。
「それにウルトラマンもいるか。」
バラバラマンがウルトラマンガイアを見つける。
「よし、あの怪獣達を倒すぞ!」
正太郎は再び鉄人の操作を始めガイア達のいる場所へと向かって行った。

○キカイダー/ジロー、キカイダー01/イチロー、ビジンダー/マリ、ワルダー、高円寺寅彦、光明寺ミツコ、服部半平、鉄腕アトム、
 バラバラマン、バラバラギャル、金田正太郎、鉄人28号、立花真美→ウルトラマンガイアの援護に向かう。
●ブラックオックス→鉄人28号に倒される。

341 :名無しより愛をこめて:2006/08/28(月) 23:37:51 ID:YDBV26Ue0


342 :名無しより愛をこめて:2006/08/29(火) 07:51:02 ID:R4qBnZgm0
ttp://www2.plala.or.jp/gavan/index.html

343 :名無しより愛をこめて:2006/08/29(火) 17:01:27 ID:jL6uPS1/0
ttp://www.shiojiri.ne.jp/~bxeo6345/TOKU/nihon/nihon2.html

344 :名無しより愛をこめて:2006/08/30(水) 00:32:06 ID:oCmJN2Rc0


345 :名無しより愛をこめて:2006/08/30(水) 08:38:43 ID:1qG1ru0m0
345

346 :名無しより愛をこめて:2006/08/30(水) 16:12:21 ID:ISXzZ/wo0
ttp://homepage2.nifty.com/Legend/index.htm

347 :名無しより愛をこめて:2006/08/30(水) 21:12:48 ID:kw2487V4O
バダムの大本部では1号達5人ライダーとバダムライダーとの戦いが繰り広げられていた。
数の差もありバダムライダーの優勢になっていた。

348 :名無しより愛をこめて:2006/08/30(水) 22:37:43 ID:s4jKY2yc0
なにそれ

349 :名無しより愛をこめて:2006/08/30(水) 23:32:12 ID:Kx9Sztl00
現在の容量は216KB

350 :名無しより愛をこめて:2006/08/31(木) 03:34:31 ID:VUqeT9PE0
350

351 :名無しより愛をこめて:2006/08/31(木) 07:22:43 ID:W8RivR7X0


352 :名無しより愛をこめて:2006/08/31(木) 20:04:59 ID:mHDmdnUG0
>>340
首相官邸ではミスターKが何やら怪しげな動きを始めた。
「首相…。」
「副首相、どうしたのだ?」
「もうあんたの国も終わりだ、そして黄色い豚共を始末するのでな。」
「何…!?」
ミスターKは左腕の仕込み銃でデビラーの眉間を撃ちぬいた。

「さあ、観念するんだな…。」
そこにハカイダーとカオルが入ってくる。
「ガッテーム!まだ邪魔者がいたとでもいうのか?」
二人を見たミスターKは首相室を出た。
「あ、逃げる気かよ!」
「それなら追うぞ!」
二人はミスターKの後を追う。

353 :名無しより愛をこめて:2006/08/31(木) 20:06:10 ID:mHDmdnUG0
ミスターKは転送装置のある部屋までたどり着いた。
そこにハカイダーとカオルも追いつく。
「ハーッハッハ!私はバダムアメリカ本部へ向かう!」
「アメリカ本部だと!?」
ミスターKがアメリカ本部へ向かう事をハカイダーに告げる。
ハカイダーはその事に驚く。
「黄色い豚共が泣き喚く姿をここで見物しているがいい、フハハハ!」
ミスターKは転送装置の中へと入っていった。

「あの野郎、逃げやがったか。」
転送装置に消えるミスターKを見てカオルが叫ぶ。
「ああ、だがメルカももう終わりだな。」
ハカイダーはリョウの姿に戻りながらメルカの終わりを確信する。
デビラーが殺害された事に加えその犯人であったミスターKが逃亡したした事によりメルカ共和国は事実上、崩壊したのであった。

○ハカイダー/リョウ、カオル→メルカ崩壊を見届ける。
●デビラー将軍→ミスターKに倒される。
●ミスターK→バダムアメリカ支部に逃亡。
ミスターKはフリーです。

354 :名無しより愛をこめて:2006/08/31(木) 21:01:16 ID:HBJ/Rq8f0
ttp://s4.kcn-tv.ne.jp/users/chiakik/index.html

355 :名無しより愛をこめて:2006/09/01(金) 00:49:43 ID:N+tCLaao0


356 :名無しより愛をこめて:2006/09/01(金) 22:42:22 ID:lvBbcZME0
http://featherwood.cocolog-nifty.com/lucy/2006/07/index.html

357 :名無しより愛をこめて:2006/09/02(土) 00:49:32 ID:p+h0ke9x0


358 :名無しより愛をこめて:2006/09/02(土) 21:50:18 ID:ehI9Ndzz0
ttp://www.2chdat.net/

359 :名無しより愛をこめて:2006/09/02(土) 22:42:43 ID:LCrHw0sB0
バルカンベースでバラノイアとの激戦が繰り広げられている頃、ジュウレンジャー達は他のビーロボ達と合流していた。
「では、本田警部、譲君達をお願いします。」
「分かったわ、私達が守るから。」
ゲキが本田警部に子供達を保護する事を頼む。

「うおっ、凄く可愛いね!」
「は、はい…。」
「ちょっとダン、下がってなさい。」
ダンが中野巡査を口説こうとするがメイに止められる。

「へぇ、僕も君達と仲よくなれるかな?」
「結論から言おう、それは当然の事だ。」
ボーイの質問にゲロタンが答える。
「良かった、みんな可愛いしね。」
「可愛いって…照れるな。」
モモコに可愛いと言われるとシャークラーが照れる。

360 :名無しより愛をこめて:2006/09/02(土) 22:43:56 ID:LCrHw0sB0
そこに白魔道士バーザが来る。
「バーザ、どうしたのですか?」
「実は大獣神から与えられた物で正しき者に奇跡を起こすというそうじゃ。」
バーザがブライにスターピースを見せる。
「これってスターピースじゃないですか!」
「スターピース、そういう名前じゃったのか。」
ユウコがスターピースの名前を出し、バーザが確信する。

「そこにあったのか…。」
突如として建物の影から声が聞こえてきた。
「何物でござるか!」
ダンゴロンが影に向かい叫ぶ。
「俺はペガッサ星人、おとなしくスターピースを渡してもらおう。」
ペガッサ星人はスターピースに銃を向ける。

「みんな、変身だ!」
「おう!」
「ダイノバックラー!」
ゲキの掛け声で6人はジュウレンジャーに変身した。
「ザコール兵、かかれ!」
ペガッサ星人の一声でザコール兵達が現れた。

・ジュウレンジャー(ティラノレンジャー/ゲキ、トリケラレンジャー/ゴウシ、マンモスレンジャー/ダン、タイガーレンジャー/ボーイ、プテラレンジャー/メイ、ドラゴンレンジャー/ブライ)
VSペガッサ星人、ザゴール兵
○美少女仮面ポワトリン/村上ユウコ、ポワトリンプティット/村上モモコ、高円寺譲、吉祥寺蔵之助、三鷹小百合、本田律子警部、中野美樹巡査、
 ビーロボ(カブタック、クワジーロ、トビマスカイ、ガニラン、スパイドン、ダンゴロン、ゲロタン、コブランダー、シャークラー、テントリーナ)、バーザ
 →ペガッサ星人にスターピースを狙われる。

361 :名無しより愛をこめて:2006/09/02(土) 22:45:24 ID:LCrHw0sB0
忘れていましたがペガッサが別にいて彼は石堀に会わせて下さい。

362 :名無しより愛をこめて:2006/09/02(土) 22:46:50 ID:XcSz4gg10
俺も照れる

363 :名無しより愛をこめて:2006/09/02(土) 22:48:05 ID:LCrHw0sB0
ワケワカラン。
「別のペガッサは石堀に会わせて下さい。」だった。

364 :名無しより愛をこめて:2006/09/02(土) 23:40:34 ID:6L3qtRD+0
もともと探索しいてるペガッサ星人は大勢いる設定だから
大丈夫ですよ

365 :名無しより愛をこめて:2006/09/04(月) 01:04:43 ID:OcUMTnAJ0


366 :名無しより愛をこめて:2006/09/04(月) 22:23:04 ID:GoBu4tXs0
ttp://ledyba.ddo.jp/cgi/Buffalin.cgi

367 :名無しより愛をこめて:2006/09/04(月) 23:52:55 ID:lk5C/Kt70


368 :名無しより愛をこめて:2006/09/05(火) 16:50:19 ID:w6Jmaae10
ttp://www.newspace21.com/mix/btl.php

369 :名無しより愛をこめて:2006/09/05(火) 22:40:32 ID:mDlVacGN0
369

370 :名無しより愛をこめて:2006/09/06(水) 03:28:39 ID:SH1BYTb00


371 :名無しより愛をこめて:2006/09/06(水) 07:19:19 ID:698LLdTb0
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1147074721/l50

372 :名無しより愛をこめて:2006/09/06(水) 07:54:14 ID:UYaHAgS30
372

373 :名無しより愛をこめて:2006/09/06(水) 12:18:37 ID:0fR/wBTE0


374 :名無しより愛をこめて:2006/09/06(水) 15:39:23 ID:vLm6B1RC0
ttp://makimo.to/cgi-bin/dat2html/dat2html.cgi?

375 :名無しより愛をこめて:2006/09/06(水) 22:47:45 ID:XdXvzyz+0
ファイヤースクワットとウオノメ・マナコとの激戦が繰り広げられていた。
ザコール兵がバズーカから閃光弾を放つ。
「うおっ、まぶしっ!」
ギョク・ロウは思わずそのまぶしさで叫んでしまう。

376 :名無しより愛をこめて:2006/09/06(水) 23:27:33 ID:lu7LskSw0
死ねボケ

377 :名無しより愛をこめて:2006/09/07(木) 00:35:29 ID:aIqaSUIF0


378 :名無しより愛をこめて:2006/09/07(木) 22:07:21 ID:dNw6cJXI0
ttp://www.geocities.jp/tokusatu_sfx/index.html

379 :名無しより愛をこめて:2006/09/08(金) 00:35:17 ID:xCnRp8ef0


380 :名無しより愛をこめて:2006/09/08(金) 20:30:17 ID:6STR/IKD0
>>360
その時、謎の爆発が起こりザコール兵を吹き飛ばす。
「な…何物だ!?」
ペガッサ星人が爆発を方向を向く。

そこには何とジャカンジャの四本槍が立っていた。
「ねーねー、その石をちょーだいよー。」
フラビージョがスターピースをよこせと迫る。
「何を言う、お前達には渡さん!」
バーザが四本槍に杖を向ける。
「あ〜ら、渡さないとおしおきしちゃうから。」
ウェンディーヌが一同を挑発する。
「あいつらもスターピースを狙っているのかよ!」
「正解〜っ!ピンポーン!」
クワジーロが叫ぶとサタラクラが答える。
その表情はふざけているとしか言えなかった。

「おしゃべりはここまでだ、さあ、スターピースを我々ジャカンジャに渡せ!」
サンダールが一同に残忍な目を向ける。
「貴様達の様な奴らにスターピースは渡すか!」
ティラノレンジャーもジャカンジャ達に向かい叫ぶ。

381 :名無しより愛をこめて:2006/09/08(金) 20:31:26 ID:6STR/IKD0
「何っ、ジャカンジャだと!?」
ペガッサ星人がそのジャカンジャと言う名前を聞いて驚き恐れる。
「その通りだ。まずは貴様から始末してやろう、鮫手裏剣!」
「ぐわぁぁぁぁぁ!」
サンダールが鮫手裏剣を投げペガッサ星人を倒す。

「なんて強さだ…。」
シャークラーがジャカンジャの強さに圧倒される。
「イヒヒ、今度はお前達の番だよ〜。」
サタラクラが笑いながら一同を挑発する。

「みんな行くカブ、スーパーチェンジ!」
カブタックが声を掛けるとビーロボ達はスーパーチェンジを始めた。
「コスモマジック、メタモルフォーゼ!」
村上姉妹もポワトリン姉妹へと変身する。

「みんな、危ないから下がって。」
中野警部に言われ譲達は後方に下がった。

382 :名無しより愛をこめて:2006/09/08(金) 20:32:04 ID:6STR/IKD0
「ティラノレンジャー、ゲキ!」
「マンモスレンジャー、ゴウキ!」
「トリケラレンジャー、ダン!」
「タイガーレンジャー、ボーイ!」
「プテラレンジャー、メイ!」
「ドラゴンレンジャー、ブライ!」
「恐竜戦隊…。」
「ジュウレンジャー!」

「愛ある限り戦いましょう、命燃え尽きるまで。美少女仮面ポワトリン!」
一同が名乗りを上げていく。

「おのれぇ、デビラ兵ども、出て来い!」
「デビラ!」
サンダールがデーモン族の戦闘員、デビラ兵を数十人も呼び出す。

かくして、スターピースを賭けた戦いが始まりを告げた。

・ジュウレンジャー(ティラノレンジャー/ゲキ、トリケラレンジャー/ゴウシ、マンモスレンジャー/ダン、タイガーレンジャー/ボーイ、プテラレンジャー/メイ、ドラゴンレンジャー/ブライ)、
 ビーロボ(カブタック、クワジーロ、トビマスカイ、ガニラン、スパイドン、ダンゴロン、ゲロタン、コブランダー、シャークラー、テントリーナ)、ポワトリン/村上ユウコ、ポワトリンプティット/村上モモコ
 VSジャカンジャ四本槍(サンダール、フラビージョ、ウェンディーヌ、サタラクラ)、デビラ兵
○高円寺譲、吉祥寺蔵之助、三鷹小百合、本田律子警部、中野美樹巡査、バーザ→スターピースを狙われている。
●ペガッサ星人→サンダールに倒される。

383 :名無しより愛をこめて:2006/09/08(金) 20:51:30 ID:jjH46sOT0


384 :名無しより愛をこめて:2006/09/08(金) 22:18:00 ID:4BdfQclS0
ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/5678/

385 :名無しより愛をこめて:2006/09/09(土) 00:31:56 ID:vDW3weq+0


386 :名無しより愛をこめて:2006/09/09(土) 21:43:05 ID:ZklZg/Mg0
ttp://dictionary.goo.ne.jp/

387 :名無しより愛をこめて:2006/09/10(日) 00:24:32 ID:4vN066D60


388 :名無しより愛をこめて:2006/09/10(日) 20:25:45 ID:I1e27XhZ0
ttp://www.toshiba-emi.co.jp/dancemania/

389 :名無しより愛をこめて:2006/09/10(日) 22:26:53 ID:zmGLq5F90
9スレ目>>662あたりから

武「そうか、明君か」
明「…ところで、俺は、そしてあなた達はどうしてここへ?」
剛「ああ、実は…」
その問いかけに剛が答える。
剛がここを通りかかった時、たまたま海辺で倒れていた武を見つけ、助けたこと。
その後、近くで倒れていた明も見つけたこと。
それらを明に話した。
剛「俺は修行中の身でね。今はあちこちを回って修行しているんだ」
明「修行…というと、格闘家か何かで?」
剛「ああ。拳王流という流派の格闘技をやっている」
武「拳王流?どんな流派なんだ?」
剛「五行−木火土金水−と風、星に分類された七つの自然の"気"を使って戦う格闘技さ。
  そういえば、君達は変わった気を持っているみたいだな。ひょっとして君達は…」
剛がそう言いかけたところで…
 う わ ぁ ー !
外から人の悲鳴が聞こえてきた。
武「な、なんだ!?」
剛「とにかく行ってみよう!」

「ケーッ!」
忍者のように黒ずくめの格好をして、狐のような面をつけた一団が、人を捕らえようと追い回している。
早朝とはいえ、いやむしろ早朝であるせいで、釣りに来ていた人はそれなりにいて、捕らえる人には欠いていないようだ。
黒ずくめの者達はは「魔化魍忍群」と呼ばれる者達である。
本来、戦国時代にオロチの怪童子と妖姫に従っていた魔化魍忍群であるが、大いなる意志の力の所以であろうか。指揮官不在のまま手当たり次第に人を襲っている。
明「人が、襲われている…!」
明(あいつらも、デーモンなのか?…いや、俺を蘇らせたあの青年は、ここが俺のいた世界とは違う、と言っていた。じゃあ…?)

390 :名無しより愛をこめて:2006/09/10(日) 22:29:24 ID:zmGLq5F90
剛「襲われた人を助ける!あんた達は隠れていてくれ!」
武「おおっと!俺も戦うぜ!」
明「!俺も!」
魔化魍忍群に突っ込んでいく3人。
拳王流格闘術とガイボーグボディ、寄生生物ファラーによって得られた力、"声"を力として引き出す体内のボイストーンの力、
そして、デーモンと融合したことにより備わった力…
それぞれ違う力を秘めた3人の若者が、邪気によって産まれた雑兵を薙ぎ倒してゆく。
剛「早く逃げろ!」
「は、はいっ!」
障害となる者達を片付け、襲われていた一般人に逃げるように促す。そこに…
武「後ろだっ!」
剛「うおっ!?」
魔化魍忍群の一員が、手にした刀でで襲いかかって来た。
武の助言により、間一髪それをかわす剛。
剛に当たるはずだったそれは、目標が動いたことにより岩盤を切り取る結果となった。
明「岩を切り裂く力なんて…!」
明(やはり、デーモン?)
武「よーし、こうなったら…ボイスラッガー!」
武の掛け声と共に、彼の頭が白いヘルメットと、青い宝石で出来たような四角錐のバイザー(?)に覆われてゆく。
天馬武のもう一つの姿、ボイスラッガーサファイアだ。
明「!?」
剛「変身した!?」
サファイア「まだ言ってなかったっけか。俺はこれでも地球を護る戦士達の一人なんだぜ。行くぞ!」
そう言って、忍群の残りに突撃して行く。
剛「ならば俺も!…鎧気装!」
剛の身体に自然の"気"が集まり、彼もまた、その身体を変えてゆく。
風間剛のもう一つの姿、ガイファードへと。

391 :名無しより愛をこめて:2006/09/10(日) 22:30:19 ID:zmGLq5F90
明「姿が…変わった…。まさかあの人達も、デーモンに融合されて…?」
確かに風間剛は、別の生物に融合されているが、それは宇宙から来た寄生生物ファラーとである。
ガイファード「…明君、君は隠れて居るんだ。はあっ!」
駆けだしてゆくガイファード。彼も忍群の残りへと向かっていく。
明(あの人達も、デーモンに融合された?けど、人を守るために戦っている。
  俺も、もう一度、戦う、べき、なのか…?人を、守るために…)
黒青年によって蘇させられ、大いなる意志と戦う運命を課せられた不動明−デビルマン。
だが、彼は迷っていた。
「デーモンの力を使い」「人を守るために」戦うことに。

───お前が、デーモンだな?

牧村家の人々は受け入れてくれたとはいえ、彼等が殺されるきっかけになってしまった、自らに融合させられたデーモンの力。

───デーモンは殺せぇ!
───違う!俺はデーモンじゃない!
───ここの家、家族からデーモンが出たんだって…

自分達を滅ぼす異質な者達を排除しようとするだけならまだしも、それを利用して気に入らない他人を陥れる事すら平気で行う、人間の、醜さ。
黒青年との会話の中で一度は決意を固めたとはいえ、それらの出来事をまざまざと見せつけられていた不動明は、すぐには行動できずにいた。
「うわぁぁ!」
「なんだ、ありゃあ!?」
明・ガイファード・サファイア「!」
剛達に助けられて逃げる途中の釣り人達の目の前に、突如海から出てきた影。
現れたのは、巨大な、甲羅に覆われた生物であった。…魔化魍バケガニである。
そしてすぐさま、バケガニは人々を捕らえて食べるために、そのハサミを振り上げた。
ただの一般人である人々に、それから逃げる手段は、無い。
ガイファード「ダメだ!ここからじゃ間に合わない!」
サファイア「くそっ!」

392 :名無しより愛をこめて:2006/09/10(日) 22:31:29 ID:zmGLq5F90
明「…っ!」
ハサミが人々に振るわれ…上空に振り上げられた。何かに跳ね上げられたのだ。
バケガニと人々の間には、異形の男が人々を庇うようにして立っていた。
バケガニのハサミが振るわれようとするその一瞬のうちに、不動明がその身体をデーモン族の勇者アモンの物へと変化させて、
その異形の男─デビルマンとなり、バケガニのハサミから人々を守ったのだ。
そして、バケガニに見舞われる、鋭い一撃。
デビルマンの拳が叩き込まれ、バケガニが大きく吹き飛び、少し離れた岩場に激突する。
デビルマン「…早く逃げろ!」
「あ、あぁ…」
その言葉を受けて釣り人達が一目散に逃げてゆく。
「…あの人達、いきなり変身したぞ?あれが噂のオル平だかフェルビナクだか言う奴か?」
「…馬鹿かおめえ、オルフェノクは全身灰色だって話だぞ?むしろあれはアギトだろ」
「…あれ?あの青い三角形の人はTVで長野にいたのを見たことあるような…確かボイスなんとかって言う…」
デビルマン(…やはり、デーモンは異質な存在として、人々に受け入れられないのか…?)
釣り人達にとっては何気ない逃げながらの会話であったが、明はそれを、異質な者に対する恐怖・嫌悪・そして侮蔑と受け取ってしまった。
今までの明の経験を考えれば、仕方ないかもしれない。

ガイファード「変身した!?」
サファイア「あいつも戦士だったのか…!」
魔化魍忍群との戦いのさなかにある2人は、突然の出来事に驚いていた。とはいえ、他にも変身を行う者が身近にいた彼等のこと、
その驚きは長くはなかった。
サファイア「よーし、君まで変身できるとなれば百人力だ!明君、こっち来て手伝ってくれ!」
だがデビルマンは、その場から動かない。
先程の釣り人達の言葉を深刻に受け止めすぎたことにより生じた、自分が人々にとってやはり異質な者であるという孤独感、
無意識のうちに変身して、人を助けに向かったという自らの行為に対する驚き、それらが明をさらに深い迷いへと引きずり込んでいた。

393 :名無しより愛をこめて:2006/09/10(日) 22:34:21 ID:zmGLq5F90
サファイア「おーい!聞こえてるだろー?」
ガイファード(あの様子、もしかして…)
ガイファード「たあっ!…すまん、ここを頼む!」
サファイア「え、ちょっ!」
相手をしていた忍群の一員を引き離し、その場をサファイアに預けて、ガイファードはデビルマンの方へと向かった。

ガイファード「明君!」
デビルマン「…剛…さん?」
ガイファード「やはり、君は人とは少々違っていたんだね」
"気"を使う拳王流格闘術の使い手であるが故に、既に剛は明の気を読み、明が人と異質な気を身につけていることを悟っていた。
デビルマン「…そうです。俺は、デーモンの身体と、人の心を持つ存在─デビルマン。人とは違う存在…」
ガイファード「そうか。…君は、自分が人と異なる存在であることに悩んでいるのか」
デビルマン「…人間は、自分達と異なる存在を排除したがる。確かにデーモン達は人を排除しようとした」
あいつ──親友だった飛鳥了ことサタンに率いられて。
デビルマン「けど、そうでない、デーモンとなっても人の心を残した者だっていた。…人間はその者達すらも始末しようとした」
ガイファード「…。確かに、人間は自分達と異なる者を恐れ、忌み嫌う」
───たとえ弱くても、かっこ悪くても人間のほうがいい。
風間剛もまた、自分が人間でなくなったことに悩んだ経験を持つ者である。
ガイファード「だが、例え人間でなくなったとしても、受け入れてくれる者はいる」
───剛は、剛でしょ?
あの時、自分がガイファードであると知られてしまった時、今まで共に戦ってきた仲間は、
まるでそんなことは全然問題にならないとばかりに、そのまま受け入れてくれた。

デビルマン「…!」
───俺は、変わらんよ。今日は昨日と同じだ。
───違う!明君は、デーモンじゃない!人間なの!
デビルマン(小父さん、小母さん…美樹ちゃん…)

○ボイスラッガーサファイア/天馬武、ガイファード/風間剛、不動明/デビルマン→新潟で戦闘中

394 :名無しより愛をこめて:2006/09/11(月) 01:04:52 ID:sSgWHAly0


395 :名無しより愛をこめて:2006/09/11(月) 13:03:12 ID:sTOFNkz30
ttp://map.lawson.co.jp/c/f/

396 :beatmaniaIIDXのキャラだが-8th Style-:2006/09/11(月) 18:02:03 ID:OvanL8bm0
ttp://salad.2ch.net/charaneta/kako/1008/10080/1008000337.html

397 :名無しより愛をこめて:2006/09/11(月) 20:13:37 ID:vrBf0P2r0
>>393
ガイファード「でも、受け入れてくれる人が他にいたとしても、それだけでは進めない」
デビルマン「…?」
ガイファード「まず、自分自身が『人間でなくなった自分』を受け入れなければならないんだ」
デビルマン「自分自身が…受け入れる…」
自分自身が『人間でなくなった自分』を受け入れる…。
明も、かつてはそうできていた。しかし今は、彼が元いた世界での残酷な出来事が、明にそれをすることを拒むよう働きかけている。
ガイファード「望まずして与えられた力・身体だとしても、それには必ず、何か意味がある。
       降りかかった事をただ憎むだけでは、何も産まれない…いや、それどころか全てを失ってしまうことにすらなってしまうんだ」
今、ガイファードは一人の女性のことを思い出しながらそう話していた。
自分と敵対したあの女性。
理不尽な薬害事故で母親を失って以来、世間を、人を憎み、クラウンの下に下ったあの女性。
そのせいで、人の身体を失っただけでなく、何も満たされることなく命を失ってしまったあの女性──紫苑。
ガイファード「自分自身を受け入れるんだ。それから、君がその力を授かった意味を考えるんだ。
       そして、その力をどうするか、君が、正しいと思う使い方を考えるんだ」
デビルマン「…」
ドオーン!!
その時突然辺りに響く大きな音。
サファイア「おーい!そろそろ戻ってきてくれぇ!」
見ると、サファイアが忍群相手に一人奮戦している後ろで、デビルマンに吹っ飛ばされて倒れていたバケガニが立ち上がっている。
ガイファード「わかった、今行く!」
顔を落としたままのデビルマンにもう一度顔を向け、ガイファードは言った。
ガイファード「俺は、君の判断を信じる。自分の信じる道を行くんだ!」
そして、ガイファードもバケガニの方へと駆けて行く。
デビルマン「俺の…信じる道…」

ガイファード「ハアッ!すまない、待たせたな」
サファイアに刀を降りおろそうとしていた忍群の一人を蹴飛ばしつつ、ガイファードが戦線に復帰した。

398 :名無しより愛をこめて:2006/09/11(月) 20:14:41 ID:vrBf0P2r0
サファイア「遅いよ!…明君は大丈夫なのか?」
ガイファード「彼の心から、強い気を感じた。大丈夫だろう」
サファイア「よーし、あのデカブツが来る前に一気に倒すぞ!ソニックウェーブ!シュババババーン!!」
ガイファード「王気!砕撃蹴!」
ボイストーンの力を秘めた声の一撃と、気を纏った前二段蹴りが残りの魔化魍忍群に炸裂、そのまま爆散。これでここに出た魔化魍忍群は全滅した。
サファイア「これで後はあのカニだけだ!」
気を吐き、バケガニに向かっていく2人。さらに、それに続く翼。
ガイファード「…明君」
デビルマン「俺も…戦います!」
サファイア「よし!3人で行くぞ!」

だが、なかなかにバケガニは手強かった。
サファイア「うわっ、このっ、ハサミめっ!」
真っ正面から向き合っているサファイアは、ハサミによる連続攻撃をかわすのが精一杯で、攻撃を放つタイミングが取れない。
デビルマン「真上からなら…!」
デビルマンが上空からアプローチをかけ、そのまま甲羅を突き破ろうとするが…
デビルマン「うわっ!」
バケガニは甲羅から溶解液を噴き出させて、その進行を妨害。デビルマンの攻撃を不発に終わらせた。
ガイファード「王気、撃龍衝!」
背後に回ったガイファードが、手刀から風の気を放つが、硬い甲羅の前に弾かれてしまう。
ガイファード「くっ、なんて硬い甲羅だ…」
サファイア「後ろからじゃ駄目か…うわっと!そうだ!こういうときは腹から破るんだ!」
ハサミを捌きながらサファイアが叫ぶ。彼が打開策を思いついたのは、以前に明子──ボイスラッガー・ルビーあたりに『ヒーロー番組のお約束』でも聞かされたためであろうか。

399 :名無しより愛をこめて:2006/09/11(月) 20:15:47 ID:vrBf0P2r0
ガイファード「よし、俺もそっちに行く!」
サファイア「その前にこのハサミ何とかしないと!」
そうサファイアが叫んだ時、上空のデビルマンが弾かれたかのように動いた。
するとたちまちサファイアとバケガニの間に割り込み、両のハサミを下から持ち上げる形で押さえ込む。
デビルマン「俺が…抑えている間に、早く!」
サファイア「わかった!俺達の力を合わせるぞ!」
ガイファード「狙いは一点…あそこだ!」
ガイファードが示したのは、先程バケガニがデビルマンの一撃を喰らった際にできた僅かな傷。
デビルマンがハサミを持ち上げるにつれてバケガニの身体も持ち上がり、腹を2人に向ける形になった今、それははっきりと見て取れた。
サファイア「うおおお!絶叫!シュババババーーン!!」
ガイファード「ふん!はあ!…王気!極星拳!!」
2人の必殺技が合わさり、重なって行き、一つになって、小さな傷口に伸びていく。
その一つになった光の矢が、バケガニを貫き…
3人が離れた途端、バケガニが爆散した。

武「…倒した、みたいだな」
剛「あたりに邪悪な気は感じられない。そうみたいだ」
邪気の塊のような存在であるところの魔化魍を倒しても、その邪気は清められずに残る。
それが感じられないのは、ガイファードの"気"の力と、サファイアの"声"の力…2つが合わさり、擬似的"清めの音撃"とでもなったためであろうか。
剛「あいつら、一体何だったんだ?」
武「多分、『大いなる意志』によって蘇った化けモン、ってとこじゃないかな」
明「『大いなる意志』…」
───今、『大いなる意志』なる者が複数の世界を一つにして、混乱を招いています。
───あなたには『大いなる意思』を倒す為に再び生きてもらいます。

400 :名無しより愛をこめて:2006/09/11(月) 20:17:37 ID:vrBf0P2r0
自分が蘇らせられた時の黒の青年の言葉を反芻する明。一方、剛はそれとは対照的だった。
剛「『大いなる意志』?何だそりゃ?」
武「…。マジで知らないの?」
剛「いやー、俺はしばらくこの辺で修行してたんだけど、その間ほとんどテレビもラジオも見たり聞いたりしなかったしなぁ」
そこから3人の話は、武による『大いなる意志』についての話から、互いに持っている情報を交換し合う方向へと向かった。
3人とも変身して戦う戦士であるがために、互いの情報を共有することで何か新しい情報が得られるのではないかと考えたためだ。
武「まず、改めて自己紹介しとこうか。俺は天馬武。ボイスラッガー・サファイアだ」
剛「俺は風間剛。ガイファードだ」
明「不動明。デビルマンです」
武「改めてよろしくな。剛、明君」
明「…"明"でいいですよ」
その中で、剛は秘密結社クラウンと戦った時のことを、明は自分のいた世界で起こった人間とデーモン族との争い・その終結を、
武はムーオン帝国と戦った時のこと、そして大いなる意志によって、かつて自分らと戦ったムーオン帝国帝王ゲンバーなど、
悪の下に身を置く者達が蘇ったこと、それだけでなく自分の命をかけて悪魔獣ハーデスを封印したはずのボイスラッガー・ゴールドなど
正義の下に戦う者の中で命を散らしたはずの者達まで蘇っていることを話した。
明「それで、俺まで蘇させられて、戦うことになった、ってことですか…」
剛「俺はしばらくこの辺りにいたからなぁ。テレビとか見てなけりゃ気付かないわけだ」
確かに北陸のあたりではあまり大きな戦いは起こっていない。(妙高山の戦いはこれから起こる)
武「はあ、なんか新しい情報が手に入るかと思ったんだがなぁ。バルカンベースはどうなったんだろうか…」
剛「…そういう情報なら、情報源に心当たりが無いわけでもないが…」
武「え!」
剛「…よし、やってみよう。誰か、携帯電話持ってたら貸してくれないか?」

401 :名無しより愛をこめて:2006/09/11(月) 20:18:50 ID:vrBf0P2r0
○ボイスラッガーサファイア/天馬武、ガイファード/風間剛、不動明/デビルマン→戦闘を終え、相談中

まだ続きます。

402 :名無しより愛をこめて:2006/09/11(月) 21:34:31 ID:svJGaJdg0
>>401
武「このご時世に持ってないのかよ。じゃあ俺のを…あーだめだ。こりゃ完全に壊れてるな」
武がズボンのポケットから取り出した彼の携帯電話は、見るも無惨な状況にあった。おそらくゲンバーの攻撃を受けて
ボイスラッガーがちりぢりにさせられた時の余波だろう。
それを見て、ふと明は自分のズボンのポケットを探ってみた。──あった。自分の携帯だ。
あの時、牧村美樹に送ったはずの、怪物を模したストラップまでついている。黒の青年のはからいだろうか。
明「これ使って下さい」
剛「ありがとう。…えっと、確か優の番号は…」
剛はしばし記憶を掘り返しながら、ある番号にかけた。…つながった。相手が出る。
???『…はい、もしもし…誰?こんな朝早くにさ…』
剛「優、聞こえるか?」
???『え、その声…もしかして!』
剛「そうだ。剛だよ」
剛の掛けた相手は九条優、九条財閥の御曹司にして、姉の麗と共にクラウンとの戦いに協力してくれたガイファードの仲間の少年である。
優『剛さん!生きてたんだね!…待てよ、本当に剛さんだよね』
剛「え、何言ってるんだ?俺だよ。風間剛。ガイファードだよ」
優『どうかな〜、最近そういう詐欺多いからなぁ。…ねえ剛さん、北辰文書の解読を頼んだ先生って、とっても強いおじさんだったよね』
剛「何言ってんだ?俺達が頼んだ悦子先生はきれいな女の人だったじゃないか」
優『そうそう。で、剛さん、クラウンとの戦いの最中でも、剛さんの誕生日はみんなで祝ったよね。楽しかったなぁ』
剛「おいおい、お前達が準備してる最中にガイアソルジャーが来たんじゃないか。攫われたのは優、お前だったろ?」
優『…そこまで知ってるってことは…やっぱり、本物の剛さんなんだね!?』
剛「そう言ってるだろ?やっと信用してくれたか」
優『剛さん!どうしてあの後何も言わないでいなくなっちゃったのさ?』
剛「…戦いは終わった。だけど、これ以上お前達を巻き込みたくない、と思ったから、さ」
優『前にクラウンの基地を壊滅させてからいなくなっちゃった後だって、だからって黙ってどっか行くなんてやめてって言ったじゃないか』
剛「それでも、それがいいと思ってな。…まあそれはともかく、早速で悪いがちょっと調べて欲しいことがあるんだ」

403 :名無しより愛をこめて:2006/09/11(月) 21:35:36 ID:svJGaJdg0
剛は、かいつまんで事情を話し、『大いなる意志』との戦いについての情報を求めた。…答えはすぐに返ってきた。
優は008や月面など、地球圏各地で起こった戦いについて、防衛隊などによってプロテクトされている情報まで、ある程度把握していた。
実は優は結構な腕のハッカーでもあり、今回の戦いが起こってから、クラウン、そしてガイファードについても何か情報があるのではないか
と思って、様々な所からこっそりと情報を集めていたのだった。
武と明も携帯電話に耳を近づけて、優の知っている限りの情報を聞いた。
蛇足であるが、ゲンバーが既に倒されていたという情報を知った時に武が少々黄昏れていたことも付け加えておこう。
剛「そうか…。ありがとう、だいぶわかってきたよ」
優『ところで、剛さんはこれからどうするの?他のヒーローみたいに大いなる意志と戦うの?』
剛「そのつもりだ。とりあえずバルカンベースに行こうかと思うんだけど…」
優『…ねえ、ちょっとドクターに相談してみたらどう?』
ドクター──ファラーの研究をしていたために、クラウンに利用されそうになった科学者、城石丈雄のことである。
剛がクラウンから脱出する際に一緒に脱出し、その後も常にガイファードを支えてくれた人物だ。
剛「ドクターに?そうか、それがいいな。…でも、ドクターの連絡先がわからないぞ」
優『大丈夫、今から教えるから。ドクター、驚くだろうなぁ。ええっと、確か…』
そのまま口頭で、ある電話番号を伝える。復唱して確認する剛。
剛「よし、わかった。優、ありがとう」
優『…剛さん、また、会えるよね?』
剛「…戦いになるからな、保証はできないかもしれない。けど、多分また会えるはずさ」
優『わかった。がんばってね!』

優との電話を切り、剛は教えられた番号に掛けた。…つながった。
???『はい、もしもし』
剛「ドクター、久し振り。俺だ、風間剛だよ」
ドクター『剛…?剛、剛なのか!?やっぱり生きてたのか!』
ひとしきり再会(電話だが)を喜んだところで、剛は先程の優とのやりとりも含めて事情を話した。

404 :名無しより愛をこめて:2006/09/11(月) 21:36:21 ID:svJGaJdg0
剛「ドクター、どうすればいいと思う?」
ドクター『そうだなぁ…よし、こうしよう。国防省で落ち合おう!』
武「国防省?バルカンベースじゃなくてか?」
携帯に耳を近づけて話を聞いていた武が話に割り込む。ちなみに明も携帯に耳を近づけて聞いている。
ドクター『ん?君は…』
剛「彼はさっき説明したうちの一人、天馬武だよ。それで、国防省ってどういうことだ?」
ドクター『確かに、剛達でバルカンベースに行くのもいい手だろう。だけど、大いなる意志と戦う戦士…私にも心当たりがあるんでね。
     彼等と合流してからでも、行くのは遅くはないだろう?』
剛「なるほど…ってドクター、そもそも国防省になんか入れるのか?」
ドクター『まあな。私にもちょっとしたコネがあってな。ふふふ…』
その話を聞きながら、明が武にふと尋ねていた。
明「国防省?公の防衛組織ですか?」
武「そうだよ」
明「…信用できるんですか?」
明の脳裏には、彼が元いた世界で猛威を振るった"デーモンバスターズ"が浮かんでいた。彼等もまた、政府機関であった。
武「大丈夫さ。バトルフィーバー隊とか、平和のために戦ってる戦士達が集ってるはずさ」
そう言ってるうちにドクターとの話も終わりに近づいていた。
剛「そうか…。よし、ドクター、国防省で会おう!」
ドクター『ああ、剛も道中気を付けてな』
その言葉を聞いた後、電話が切れた。剛は礼を言いつつ、明に携帯を返す。
明「方針はこれで決まったんですね?」
剛「ああ、国防省に向かおう」
武「それはいいけど、足がないぞ?大いなる意志による騒ぎのせいで、電車とかが使えるかどうかもわからないし…」
剛「俺にはバイクがあるけどな。1台で3人というのはさすがに…」

405 :名無しより愛をこめて:2006/09/11(月) 21:37:37 ID:svJGaJdg0
その時、ふと予感がした明はあたりを見回した。するとそこには
明「俺の、バイク…」
元いた世界で明が使っていたバイクが、そこに停められていた。これもまた、黒の青年の気遣いであろうか。
剛「これで2台か。ま、1台よりはマシかな」
武「俺はどっちかの後ろに乗れ、ってことか?…まあ贅沢言ってる場合じゃないしなあ」
ともあれ、足は揃った。
3人の戦士はこれからの戦いへの決意を胸に、互いに見つめあう。
武「よし、それじゃあ…」
ぐう〜(←誰かの腹の虫)
武「…腹ごしらえするか」
自然に起こる笑い声。そういえばまだ朝飯も食べていなかった。

○風間剛/ガイファード、天馬武/ボイスラッガーサファイア、不動明/デビルマン→国防省へ向かう(朝食後w)

この面子での新潟での戦いはこれで終わりです。
まだ続けてこの面子で書かせてもらいます。

406 :名無しより愛をこめて:2006/09/12(火) 00:43:18 ID:yaad/fLJ0


407 :名無しより愛をこめて:2006/09/12(火) 03:17:39 ID:5tyOZkFw0
現在の容量は248KB

408 :名無しより愛をこめて:2006/09/12(火) 08:16:30 ID:NFU6VDcd0
408

409 :名無しより愛をこめて:2006/09/12(火) 12:07:26 ID:XDBbk4zI0


410 :名無しより愛をこめて:2006/09/12(火) 16:56:49 ID:xvTl7EuS0
ttp://valkyria.s56.xrea.com/charaneta/

411 :名無しより愛をこめて:2006/09/13(水) 03:22:00 ID:VYFHfxPj0


412 :名無しより愛をこめて:2006/09/13(水) 08:06:22 ID:EOgeMCa00
412

413 :名無しより愛をこめて:2006/09/13(水) 12:32:54 ID:gwK1dDb80


414 :名無しより愛をこめて:2006/09/13(水) 16:03:05 ID:vqCvzfIv0
ttp://www.10ch.tv/bbs/narikiri/index2.html

415 :名無しより愛をこめて:2006/09/14(木) 00:18:58 ID:v7oKr5Iu0


416 :名無しより愛をこめて:2006/09/14(木) 03:27:29 ID:l/9ouFmO0
416

417 :名無しより愛をこめて:2006/09/14(木) 12:25:04 ID:vKjivuA00


418 :名無しより愛をこめて:2006/09/14(木) 16:55:25 ID:nJQRJjWL0
ttp://yy11.kakiko.com/zurichpark/

419 :名無しより愛をこめて:2006/09/15(金) 00:44:25 ID:ubOcP7KZ0


420 :名無しより愛をこめて:2006/09/15(金) 03:30:11 ID:SdUQcjB30
420

421 :名無しより愛をこめて:2006/09/15(金) 08:45:34 ID:RJ0PKU610


422 :名無しより愛をこめて:2006/09/15(金) 17:58:13 ID:jhwEPqpW0
ttp://www.alfheim.jp/~narikiri/narikiri/TheSun/index.html

423 :名無しより愛をこめて:2006/09/16(土) 00:51:06 ID:xbgGnAJT0


424 :名無しより愛をこめて:2006/09/16(土) 07:56:07 ID:84voFt8T0
424

425 :名無しより愛をこめて:2006/09/16(土) 07:57:09 ID:ySAm4O2l0
425

426 :名無しより愛をこめて:2006/09/16(土) 12:11:01 ID:0wpeUf/u0


427 :名無しより愛をこめて:2006/09/16(土) 16:59:33 ID:LsuiQXoF0
ttp://charaneta.sakura.ne.jp/ikkoku/

428 :名無しより愛をこめて:2006/09/16(土) 23:19:20 ID:qwnTNp0l0
428

429 :名無しより愛をこめて:2006/09/17(日) 07:44:12 ID:uTZZc7Qz0


430 :名無しより愛をこめて:2006/09/17(日) 15:54:15 ID:cW09z6t60
>>353
ハラッパ国のとある工場から一機の輸送機がメルカ共和国へ向け飛んでいた。
そこに一人の青年が整備士と共にあるロボットの目の前にいた。
「ガンゲリオン、これが俺の乗るロボットか?」
「そうです、あなたなら乗りこなせます。」
そこにいた青年、赤間健一は整備士にそのロボット、ガンゲリオン・改の操縦を託される。
彼はかって大戦隊ゴーグルファイブのリーダー、ゴーグルレッドとして暗黒科学帝国デスダークとの戦いを繰り広げ、勝利を収めた。
その後、本郷博士の勧めでハラッパ国でガンゲリオン・改のテストパイロットになる。

ガンゲリオン…かって未来から来たロボット、「テトラ」によって建造され地球の水を狙い侵略した異星人「ボイド人」と戦ったロボットであった。
テトラこそボイド人によって破壊されたもののこのガンゲリオンはハラッパ国に預けられ、ガンヘッドをはじめとするロボット達を元に密かに改造されていたのであった。

「赤間さん、期待してします!」
「ああ、本郷博士から託されたこの使命を果たして見せるよ。」
赤間はガンゲリオン・改のコックピットに乗り込む。

431 :名無しより愛をこめて:2006/09/17(日) 15:57:50 ID:cW09z6t60
「ふう、流石に実戦となると久々だから不安だな。」
赤間はガンゲリオン・改のコックピットで発進準備を行いながら決意を固める。

ガンゲリオンのコックピットはテトラがテレビやカーナビといった家電製品で作った物であったが、ガンヘッドの操縦系統が組まれていた。

「カーゴドア、開きます。」
オペレーターの指示で輸送機のカーゴドアが開きガンゲリオン・改が外に姿を現した。
「ガンゲリオン・改、発進!」
赤間の叫びと共にガンゲリオン・改はメルカの地に降り立った。

ガイアV2と鉄面党ロボ、そしてゴーデス怪獣と超獣の戦いは熾烈を極めていた。
「ウッ…(くっ、なんて攻撃だ)。」
両者の激しい攻撃に防戦一方であるガイアV2。

その時、青い光が突撃し、マーズサターンとゴールドフィンガーを粉砕する。
(あれは…鉄人28号、正太郎君と真美ちゃんは来ているのか!)
ガイアV2がその青い光を鉄人28号だと確信する。
光が地に降りると鉄人となった。

「鉄人、ウルトラマンと一緒に戦うんだ!」
正太郎が鉄人に叫ぶ。
「あのロボットは残り少ないとは言え怪獣はかなりの数だぞ。」
イチローがその戦いを見て不安がる。
「みんな、空を見てみろ!」
高円寺博士が空を指さす。
その方向にはある影が地へ降りようとしていた。
「あれはガンゲリオン!」
真美がその影をガンゲリオン・改だという事に気づく。

432 :名無しより愛をこめて:2006/09/17(日) 16:00:22 ID:cW09z6t60
「ギャァァァオ!」
ブローズの一匹がガンゲリオン・改に光線を放つ。
「くっ、早速攻撃か!」
ガンゲリオン・改はブースターを避けると、ホバーで着陸を始めた。

「あのロボットを知っているのかい?」
「ええ、ガンゲリオンは私達の心強い味方です。」
イチローに聞かれ、真美は心強く答える。

「くらえっ!」
ガンゲリオン・改が地に降り立つと、一気にレーザー砲でスカイシャークを攻撃、スカイシャークは爆発した。


・ウルトラマンガイアV2/高山我夢、鉄人28号、金田正太郎、ガンゲリオン・改(ゴーグルレッド/赤間健一)VSカラミティ、キングマグマー
 VSユニタング、コオクス、ブローズ、バランガス
○キカイダー/ジロー、キカイダー01/イチロー、ビジンダー/マリ、ワルダー、高円寺寅彦、光明寺ミツコ、服部半平、鉄腕アトム、
 バラバラマン、バラバラギャル、立花真美→鉄人達の戦いを見守る。
●マーズサターン、ゴールドフィンガー→鉄人28号に倒される。
●スカイシャーク→ガンゲリオン・改に倒される。

433 :名無しより愛をこめて:2006/09/17(日) 22:23:28 ID:YLY7SeAB0
ttp://goisu.net/index.html

434 :名無しより愛をこめて:2006/09/18(月) 00:41:25 ID:Z0DJI8me0


435 :名無しより愛をこめて:2006/09/18(月) 23:27:03 ID:Au1XiH1A0
ttp://www.ishimoripro.com/shushu.htm

436 :名無しより愛をこめて:2006/09/19(火) 00:35:33 ID:/jQYHhmA0


437 :名無しより愛をこめて:2006/09/19(火) 16:49:42 ID:iex2pPVh0
ttp://ss-master.sakura.ne.jp/baki/index.htm

438 :名無しより愛をこめて:2006/09/20(水) 00:40:17 ID:kALMwzZd0


439 :名無しより愛をこめて:2006/09/20(水) 17:19:43 ID:djSsP/fM0
ttp://monoglider.hp.infoseek.co.jp/flight/data.html

440 :名無しより愛をこめて:2006/09/20(水) 20:13:32 ID:Qz56aM6K0
>>422
カラミティが鉄人とガンゲリオン・改に向かいレーザーを放つ。
「くっ!」
「鉄人、避けるんだ!」
間一髪、鉄人とガンゲリオン・改はレーザーを避ける。
「今度はこっちの番だ!」
ガンゲリオン・改はカラミティの横側へ向かうとレーザーで攻撃、カラミティを粉砕した。

「鉄人、あとはあのロボットだけだ!」
鉄人は正太郎の声と共にキングマグマーに向かって飛ぶ。
アースパワーを帯びた鉄人のタックルは協力でキングマグマーの杖もろとも一気に吹き飛ばす。

「わぁい、あのロボット達も終りね。」
真美が鉄面党ロボットを倒した事を喜ぶ。
その時、キングマグマーが倒された事により日食が収まり青空に戻った。

441 :名無しより愛をこめて:2006/09/20(水) 20:44:12 ID:Qz56aM6K0
一方のガイアV2は二匹の超獣とゴーデス怪獣達の猛攻で苦戦を強いられていた。
(うっ…いくらアースパワーを受けたとは言えこれだけの怪獣を倒せるか…。)
ガイアV2はアースパワー発生装置により通常異常のパワーを得たが10数匹もの怪獣を相手にするのは不利な状態であった。

(あ…あれは!)
その時、別のTACの航空機部隊が合流し、怪獣を攻撃していく。
(助けが来てくれたか、今だ!)
「ジュワァァァァ!」
ガイアV2は必殺技、フォトンストリームでユニタングとコオクスを攻撃、二匹の超獣は爆発と共に倒れた。
タックファルコンも次々とシルバーシャークで怪獣達を倒していく。

「ふう…終わったか。」
怪獣達が倒された事を確認すると赤間は安堵の表情を浮かべる。

442 :名無しより愛をこめて:2006/09/20(水) 20:45:19 ID:Qz56aM6K0
その時、カイロン・ユニットを乗せたデーモンカーから赤い光球が飛び出してきて鉄人達の目の前に現れた。
「あ、あの赤い球は何だ?」
バラバラマンが赤い球を指さす。

赤い球に鉄面党ロボットの残骸が集まって行き巨大な影を現す。
「そんな…ロボットにでもなると言うの…。」
真美があの球を見て何かを見抜く。

残骸は100メートルにも及ぶ巨大なエアロボットの姿へと変えて地に降り立った。
「我が名はカイロン…。」
あの赤い光球こそカイロン・ユニット、いやカイロンそのものであった。
カイロンの用心棒であるエアロボットの姿を借りカイロン・エアロボットへと化したのであった。
「カイロンってあのロボット工場の管理コンピューターじゃ…。」
真美がそのカイロンという名を聞いて驚愕する。
「管理コンピューター、あのロボットがそうなのかい?」
「ええ、カイロンは外宇宙の隕石なのです。」
ハンペンに聞かれると真美はカイロンの説明をする。

443 :名無しより愛をこめて:2006/09/20(水) 20:51:26 ID:Qz56aM6K0
カイロン・エアロボットは周辺に次々とミサイルを撃ち込む。
「くっ、どんだけミサイルがあるんだよ!」
ガンゲリオン・改が機銃でミサイルを撃つが、赤間はその数に圧倒される。
「よーし、今度は僕の番だ!」
正太郎が鉄人に攻撃の支持を出す。
鉄人はパンチをカイロン・エアロボットに繰り出すが、カイロン・エアロボットは放電で逆に鉄人を吹き飛ばす。
「鉄人!」
それを見た正太郎は思わず叫ぶ。

メルカ共和国での最後の戦いが始められた。

・ウルトラマンガイアV2/高山我夢、鉄人28号、金田正太郎、ガンゲリオン・改(ゴーグルレッド/赤間健一)、TAC航空機隊VSカイロン・エアロボット
●カラミティ→ガンゲリオン・改に倒される。
●キングマグマー→鉄人28号に倒される。
●ユニタング、コオクス、ブローズ、バランガス→ウルトラマンガイアV2とTAC航空機隊に倒される。

444 :名無しより愛をこめて:2006/09/21(木) 00:28:55 ID:W47/6ydw0
444

445 :名無しより愛をこめて:2006/09/21(木) 03:35:58 ID:IO1bO29c0


446 :筋肉刑事(マッスルデカ)参上!:2006/09/21(木) 19:52:01 ID:cUu4B9J50
>>146

鉄人がメルカでキングマグマーを倒す数分前…。

ユリ「兄さん達、昼なのに空が暗くなっているわ…!」
勇二「日食?!NASAから予報があったか?」
哲夫「いや、こいつは人工的な奴だな…。ルチ将軍が太陽フレアを人工的に作り出した
事があったが、それと同じ事を皆既日食って形で何処かの奴らが作り出しているみたい
だ…。」

科学者でもある早瀬3兄弟の長男…哲夫が、008の上空が突如暗くなった事を推察す
る。事実それはメルカ共和国で起きている現象が地球規模で展開されている事を示して
いた。

哲夫「それと、巨大エアロボットの被害も甚大だ…。」
勇二「そしたら、適当なガンヘッドに乗り込むか?」
ユリ「それがいいわ!」

そう言いながら早瀬3兄弟は、哲夫、勇二、ユリの順に「380」「381」「382」とナンバリング
されている無人のガンヘッドに飛び乗った。全てのガンヘッド達はブルックリンの乗るガン
ヘッド507の記憶の中にあるエアロボットの恐怖からか、全機の士気は殆ど最低レベルに
達していたのであった。ジャンヌのマルハチやダンのマルキューも例外ではなく、3連ビー
ムアイから発射される加粒子ビームと、両側面の電磁砲を避けるのが精一杯であった。
上空からはブルースワットのスターフォートレスと、スターウルフ・ケンのデカウイングロボが
必死に攻撃を行っていたが、元型であるブルガリオから流用した空間歪曲フィールドでレー
ザーやビーム、果てはミサイルまでもが明後日の方向に曲げられ、味方のガンヘッドやワン
セブンに命中する始末である。ワンセブンが接近しようとしても、両腕の放電攻撃でワンセ
ブンが吹き飛ばされ、容易にグレート・エアロボットに接近を許してはくれなかった。

447 :名無しより愛をこめて:2006/09/21(木) 19:52:43 ID:cUu4B9J50
哲夫「しっかりするんだ、ガンヘッド!あれはブルックリン君と507が戦ったエアロボット
じゃ無い!」
勇二「あくまでもガワだけだ!」
ユリ「そうよ、カイロンってコンピューターが、貴方達にトラウマを植えつけるためにわざ
とエアロボットに似せただけよ…。確かに元よりは強力になっているかもしれないけど…。」
必死に乗り込んだガンヘッド達をなだめる早瀬3兄弟。

哲夫「それに、こうは考えられないか?あれがエアロボットに似せているって事は、弱点
もコピーしてしまっている事を…。」
ブルックリン「弱点をコピー?!」
その詞を聞いたブルックリンは、早速データベースにアクセスして元型のある怪獣や怪人
が弱点までコピーしている例を検索する。すると瞬時に、GOD神話怪人の一人であった
マッハアキレスのデータが出てきたのであった…。

ガンヘッド507『これは、GODのマッハアキレス…。』
ブルックリン「ああ、GOD神話怪人の一人だ。ギリシャ神話の不死身の英雄アキレスを元
にした怪人…。だが、元になったアキレスの弱点は何処だったか判るか?」
ガンヘッド507『確か、神話ではアキレスは踵を毒蠍に刺されて、それが致命傷になって
死んだと伝えられて…。まさか?!』
ブルックリン「そのまさかだよ…。GODの連中は、アキレスを忠実にコピーし過ぎたのさ…。
それがそのまま致命傷になって、マッハアキレスの奴は文字通りのアキレス腱を狙われて、
それでXライダーに倒された…。」
ガンヘッド507『すると、奴の弱点も…。』
ブルックリン「あの時と同じ、奴の目玉だ!!」
叫ぶブルックリン。すると、ガンヘッド達が後退を止め攻撃態勢に移ろうとする。 

448 :名無しより愛をこめて:2006/09/21(木) 19:53:38 ID:cUu4B9J50
ブルックリン「そう言えばアルケミースターズの議長が、ジャンボーのバリアを破る方法
があるって、そのデータを送っていたな…。」
哲夫「確か、バリアの振動数と同じ波長の振動波をぶつければ、それでバリアの効力が
相殺されるって、データにありましたね…。」
思い出したように哲夫が言う。

『その役目は、俺達に任せてくれ!』

その時、闇を切り裂くサーチライトとパトライトが、一同を突き刺した。
それはデカバイクロボに跨がって駆けつけた、地球署のデカレンジャーロボであった。

ケン「お前達、いいのか?!」
バン「スワンさんからお墨付きです!」
ホージー「例のシステムを何とか押さえ込んで…。」
セン「今までのデカレンジャーロボよりパワーアップしています…!」
テツ「格好はナンセンスですけど…。」
ジャスミン「と言うよりは趣味最悪…。」
ウメコ「見ても笑わないでね〜。」

そう言いながらデカレンジャー達が、早速の新形態のお披露目を開始する。

『マッスルモード、セット!超特捜合体、スーパーマッスルデカレンジャーロボ!!』

その叫びと共に、デカレンジャー達のデカスーツが筋肉を模した装甲に覆われたので
あった。同時にデカレンジャーロボとデカバイクロボが合体し、デカレンジャー達の
ように筋肉を模した装甲に覆われる…。

『ビルドアップ!デカレンジャーマッスル&スーパーマッスルデカレンジャーロボ!』

それとともにボディビルダーのポージングを構えながら、まるで怪重機の如き姿になっ
たデカレンジャーロボが姿を現したのであった。それを背にデカレンジャー達も、筋肉
隆々な姿を見せつけるようなグラフィックを全員に映し出してる…。 

449 :名無しより愛をこめて:2006/09/21(木) 19:54:35 ID:cUu4B9J50
ケン「こいつは…、完全にアブレラの趣味だな…。」
すっかり頭を抱えているスターウルフ・ケン。

デカレンジャー達の新形態の正体は、アブレラ商会が宇宙警察に配備した新製品「デカ
マッスルギア」の制御システムにリミッターを追加してスペック変更を施した「マッスル
モード」と呼ばれる戦闘形態であった。スワンの調査で5分間ならデカレンジャー達の
精神が変調しない事が判ったので、装着者を殺人鬼に変えるジェノサイドシステムを
純粋に強化戦闘モードにする事がやっとの事で可能になったのだ。

が、その姿はデカレンジャーの面影を残していたが、最早広域宇宙犯罪者…アリエナイ
ザーと殆ど変わらなかった。スーパーマッスルデカレンジャーロボに至っては、怪重機
そのものの凶悪な姿である…。

ジャスミン&ウメコ「こうなったら自棄糞よ!」
テツ&ホージー&セン「早い所このバケモノを片づけて…!」
バン「鬱陶しい鎧を外そうぜ!!」
そう言ってバンは、スーパーマッスルデカレンジャーロボのスラスターを全開にした。
アブレラ商会の神同然の科学力で飛躍的にパワーアップしたそのスピードは、まさに
光速の動きも同然であった。瞬時にグレート・エアロボットの左脇に接近するデカレン
ジャーロボ…。

『スーパーマッスル・ガトリングパンチ!!』
マッスルモードのキモい姿の恥ずかしさを振り切るように、自棄糞な喚き声でデカレン
ジャー達が必殺のパンチを繰り出す。その速度は1秒間に6万発のパンチが繰り出され
ると言う、通常のスーパーデカレンジャーロボではあり得ない凄まじいパンチであった。
そのパンチが空間歪曲フィールドの振動数とシンクロしたのか、グレート・エアロボットの
バリアが瞬時に消滅する…。 

450 :名無しより愛をこめて:2006/09/21(木) 19:55:25 ID:cUu4B9J50
勇二「バリアが、消えた?」
ユリ「本当だわ…。」
哲夫「ダニエル君の言った通りだ…。」
ブルックリン「ガンヘッド、今だ!!」
ガンヘッド507『全機、シルバーシャーク・カノンでエアロボットの眼を狙え!』
全ガンヘッド『了解!』
三郎「ワンセブン、ミサイル全弾発射だ!」
ワンセブン『イエス!』
ショウ「こっちも応援するぜ!!」
一斉攻撃をかけるガンヘッド部隊とブルースワット、そしてワンセブン。
高倉長官がガンヘッド部隊に提供した戦車用のシルバーシャーク砲とワンセブンのミサ
イル、地上と上空からのブルースワットとスターウルフ・ケンの攻撃で3連ビームアイを
中心に蜂の巣となっていくグレート・エアロボット…。

そして、エアロボットを模したブルガリオの成れの果ては眼を失った事で戦闘続行は不
可能と判断し、動力システムを全停止し自爆したのであった。

丁度その時、不意に暗闇だったのが一気に晴天に変わったのであった。
鉄人がキングマグマーを倒したので、人工日食が消滅したのだ。
同時に、スーパーデカレンジャーロボとデカレンジャー達がマッスルモードを解除し、
元のデカレンジャー&スーパーデカレンジャーロボが雄姿を現したのであった…。

それはまるで、彼らの勝利を祝すかのような太陽の輝きであった…。

●グレート・エアロボット→マッスルモードのスーパーデカレンジャーロボとガンヘッ
ド部隊、ワンセブンとブルースワットらによって倒される。 


451 :名無しより愛をこめて:2006/09/21(木) 22:48:43 ID:lZcuj2H00
ttp://www.h5.dion.ne.jp/~ikeruze/

452 :名無しより愛をこめて:2006/09/22(金) 00:28:08 ID:ULMok7D60


453 :名無しより愛をこめて:2006/09/22(金) 19:45:10 ID:5Mj8Aa8R0
二次元ではすさまじい激闘が繰り広げられていた。
「ミラーナイフ!!」
ミラーナイフが宙をきるも、ケンダウルスの反射板によって防がれる。
その直後、デッドキングとエレキザウルスの光線がミラーマンを襲った。
とっさに防御するもミラーマンは吹き飛ばされてしまった。
「ハンターQ、ミサイルで怪獣の反射板を攻撃。
ジェットコンドルは、怪獣の後ろに回って動きを止めるんだ!」
「了解!」
村上隊長の指揮により、各機攻撃が開始した。
だが反射板はハンターQのミサイル攻撃でも傷一つ付かず、
ジェットコンドルが回りこもうとすると激しい攻撃に会い思うようならなかった。

454 :名無しより愛をこめて:2006/09/22(金) 20:04:16 ID:5Mj8Aa8R0
「隊長、怪獣たちは連携が取れていて回りこめません!」
「せめて、あの反射板さえ取り除けたら・・・」
活路が見出せない状況の中、村上にある考えが浮かんだ。
「一つ方法がある。だがその作戦は全員の命が危うくなる。」
「村上さん。いまさら我々は命が惜しくはありません。」
「覚悟はできています。やりましょう!」
ムラマツキャップとヒウラキャップの言葉を聞いた村上は語り始めた。

まずジャンボフェニックスとハンターQが分離して二匹の注意を引く。
その間にジェットコンドルが反射板の接合部分をミサイルで
破壊するという作戦である。
「藤本、フブキ君。君達に我々の命運を託す。頼んだぞ!」
「了解!」
「作戦開始!」
一か八かの作戦が決行された。

455 :名無しより愛をこめて:2006/09/22(金) 20:16:35 ID:5Mj8Aa8R0
分離したジャンボフェニックスとハンターQが高空から攻撃を開始した。
それを見たデッドキングが攻撃を始めた。
「やはりもう一匹はこっち警戒しているな。」
「藤本さん。仕損じないでくださいよ。失敗したら全員あの世行きです。」
「わかってる。フブキ君も操縦を頼む!」
ジェットコンドルはケンダウルス目掛けて突っ込んだ。
直後エレキザウルスが攻撃してきた。その攻撃を低空飛行でかわしつつ、
ジェットコンドルは飛び込んだ。
「いまだ!藤本さん!」
「もらった!」
藤本はミサイルを発射した。弧を描くように飛ぶミサイルは
見事反射板の接合部分を直撃して破壊した。
ジェットコンドルは一気に旋回してエレキザウルスの攻撃から逃れた。

456 :名無しより愛をこめて:2006/09/22(金) 20:32:20 ID:5Mj8Aa8R0
その直後ミラーマンが三匹目掛けて突っ込んできた。
それを見てエレキザウルスはすばやく光線を発射した。
とっさにミラーマンは反射板を蹴り上げた。
するとエレキザウルスの光線は反射板に当たり、反射してデッドキングに直撃した。
デッドキングは炎上して果てた。
「全機、怪獣に一斉攻撃開始!」
体制を整えたジャンボフェニックスとハンターQ、ジェットコンドルの
一斉射撃が開始され、全弾ケンダウルスに命中した。
ケンダウルスは爆死した。
ミラーマン目掛けてエレキザウルスのチェーンハンドが発射された。
ミラーマンは冷静な判断で避けると、チェーンハンドを掴み、
そのままエレキザウルスをジャイアントスウィングで投げ飛ばした。
そしてそのまま間髪入れずに構えを取った。
「シルバークロス!!」
銀色に輝く光の手裏剣がエレキザウルスに命中すると、
エレキザウルスは緑色の炎が燃え上がり果てた。

●ケンダウルス、エレキザウルス、デッドキング→ミラーマンらによって倒される。

457 :名無しより愛をこめて:2006/09/22(金) 21:49:32 ID:R8ah3+0g0
ttp://www.geocities.jp/nn060529/index.html

458 :名無しより愛をこめて:2006/09/23(土) 00:46:41 ID:KNEt38xz0


459 :名無しより愛をこめて:2006/09/23(土) 19:29:18 ID:Cgq9OmVo0
>>443
「シルバーシャーク、一斉発射!」
タックファルコン全機がシルバーシャークの準備に入る。
しかし、それを見ぬかの様にカイロン・エアロボットはタックファルコンを全機をミサイルで沈める。
「なんてこった、TACの戦闘機が全滅だ。」
それを見たハンペンが慌てる。
「こんな奴、ウルトラマンでも倒せるのかよ。」
イチローも驚きを隠せない。

首相官邸を出たリョウとカオルはカイロン・エアロボットを見つける。
「あれってさっきの奴じゃなかいか!」
カオルが驚きの声を出す。
「カオル、あのロボットを倒しに行くぞ。」
「倒すって正気なのかよ…。」
「いいから行くぞ!」
二人はカイロン・エアロボットへと向かって行った。

460 :名無しより愛をこめて:2006/09/23(土) 19:29:57 ID:Cgq9OmVo0
「テトラ、奴の弱点を調べるんだ!」
「分かった。」
赤間がガンゲリオン・改に内装された人工知能「テトラ・システム」でカイロン・エアロボットの弱点を調べようとする。
その隙も逃がさずカイロン・エアロボットはミサイルをガンゲリオン・改に撃つ。
「弱点を調べるのも許されないのか…。」
赤間はカイロン・エアロボットに唖然とした

「みんな、見てよ。」
マリが指をさした所にはハカイダーとカオルがいた。
「あれは…ハカイダー!?」
ジローが二人を見て驚く。
「待って、あれは私達の知っているハカイダーじゃないわ。」
ミツコが別のハカイダーだという事に気づいていた。

「何をする気なんだよ!?」
「離れていろ!」
ハカイダーはカオルをつき離すと何とガイアV2に破壊砲を放った。
「な、何しているんだよ!」
カオルの静止に構わずリョウは鉄人とガンゲリオンにも破壊砲を放つ。
「て、鉄人…!?」
正太郎が鉄人を見て叫ぶ。

461 :名無しより愛をこめて:2006/09/23(土) 19:32:07 ID:Cgq9OmVo0
破壊砲を直撃したガイアV2達が強い光に包まれた。
「テトラ、エネルギーが上昇しているがどうしたんだ?」
「テトラ、分からない。」
赤間がテトラ・システムに聞くが理由が分からなかった。
「鉄人、動けるのか!?」
正太郎が鉄人のエネルギーが上昇したのを確信した。

(力がみなぎっていく…。)
「ジュワァァァァ!」
ガイアV2がその力を受け、スプリームバージョンへと二段変身した。
「テトラ、奴にとどめをさすぞ!」
「わかった、レーザー砲、最大エネルギー。」
赤間はテトラ・システムにレーザー砲発射の指示を出す。
「鉄人、フルパワーだ!」
正太郎の声と共に鉄人が立ち上がりポーズを決める。

「リョウ、そういう事だったんだな。」
カオルはハカイダーの行動の意味を理解したようだった。
「やっと気づいたみたいだな。」
破壊砲を撃ち終えたハカイダーはカオルの方を向き変身を解く。

462 :名無しより愛をこめて:2006/09/23(土) 19:33:06 ID:Cgq9OmVo0
変身を解いたリョウとカオルが高円寺博士達の前に近寄る。
「君、一体何をやったんだ。」
「地球の力を分けただけだ。」
高円寺博士に聞かれるとリョウは答えた。
「これであのロボットもお陀仏だろうな。」
カオルは大喜びだ。

「鉄人、そのまま突っ込め!」
鉄人が空へ飛ぶとカイロン・エアロボットの3連ビームアイに体当たりする。
鉄人がエアロボットを貫き空へと姿を現した。
「ジュワァァァァ!」
「これでとどめだ!」
ガイアV2のフォトンストリームとガンゲリオン・改のレーザー砲が同時に放たれカイロン・エアロボットに直撃する。
そしてカイロン・エアロボットは大爆発を起こした。

爆炎が消えるとガイアV2と鉄人、ガンゲリオン・改が姿を現した。
「勝ったのね…。」
真美が勝利を確信しほっとする。
「勝ったぜ!」
カオルもオーバーリアクションで喜ぶ。
メルカ共和国での戦いは遂に終わりを告げた。

○キカイダー/ジロー、キカイダー01/イチロー、ビジンダー/マリ、ワルダー、高円寺寅彦、光明寺ミツコ、服部半平、鉄腕アトム、ウルトラマンガイアV2/高山我夢、
 バラバラマン、バラバラギャル、鉄人28号、立花真美、ゴーグルレッド/赤間健一、ガンゲリオン・改、ハカイダー/リョウ、カオル→メルカでの戦いを終わらせる。
●カイロン・エアロボット→ガイアV2、鉄人28号、ガンゲリオン・改に倒される。

463 :名無しより愛をこめて:2006/09/23(土) 21:03:00 ID:k1rnFedC0
ttp://ha5.seikyou.ne.jp/home/r-yamamoto/yumegaku/goraku/yamamotoyohko/yamamotoyohko.htm

464 :名無しより愛をこめて:2006/09/24(日) 00:28:40 ID:2TrlqNsw0


465 :名無しより愛をこめて:2006/09/24(日) 07:21:47 ID:mfIzNUou0
ttp://internet.kill.jp/wiki/index.php?%A5%B3%A5%DF%A5%C3%A5%AF%2F%CD%E5%CE%F3%A5%AD%A5%E3%A5%E9%2F%C7%CF%BE%EC%CC%B1%CD%BA

466 :名無しより愛をこめて:2006/09/24(日) 08:44:00 ID:EX1YR09i0


467 :名無しより愛をこめて:2006/09/24(日) 09:28:59 ID:LhikaVeV0
どっかのバカが、避難所に最初に書込めとか言って敷居を高くして
過疎化に拍車をかけたな

468 :名無しより愛をこめて:2006/09/24(日) 14:13:32 ID:g9F3+L9x0
468

469 :名無しより愛をこめて:2006/09/24(日) 19:58:34 ID:vaZwJhMI0


470 :名無しより愛をこめて:2006/09/24(日) 22:03:29 ID:JmRo9V+70
ttp://karen.saiin.net/~soweiru/okaruto/o_top.htm

471 :名無しより愛をこめて:2006/09/24(日) 23:45:35 ID:bwePLPmF0


472 :名無しより愛をこめて:2006/09/25(月) 16:17:40 ID:cLc3g1e+0
ttp://ku-gyou.net/index.html

473 :名無しより愛をこめて:2006/09/25(月) 19:38:30 ID:z7TVuoL40
メルカ編のラスト行きます。

>>462
「おーい!」
ファイターEXが着陸すると一同の前に我夢が駆け寄って来る。
「我夢さん!」
「真美ちゃん、やっぱりここにいたのか。」
真美が喜んだ表情で叫ぶ。
「真美ちゃん、この人と知り合いなの?」
ハンペンが真美に聞く。
「ええ、私と同じアルケミスターズの人なの」
「高山我夢です、よろしくお願いいたします。」
我夢は一同に挨拶する。
「ああ、こちらこそ。」
イチローと我夢が握手をかわす。

「この国も終わりだな。」
リョウが首相官邸を向いて物思いにふける。
「終わり、何かあったのかい?」
「大統領のデビラーが副大統領のミスターKに殺された。その後、ミスターKの奴は転送装置で逃げたけどな。」
赤間に聞かれるとリョウが一同にメルカ共和国の最後を話す。
「そんな内輪もめがあったのか、滅びるのも無理は無いか…。」
バラバラマンがリョウの話を聞いて納得する。

474 :名無しより愛をこめて:2006/09/25(月) 19:39:30 ID:z7TVuoL40
「博士達はこれからどうするのです?」
「これからアトムの修理とスターピースを届ける為にもバルカンベースに寄らなくてはな。」
正太郎に聞かれ、高円寺博士がバルカンベースに向かう事を言う。

バルカンベースにはお茶ノ水博士がいるだけでなく既にスターピースが三つもあった。
鉄人やガンゲリオン・改もある事を考えるとヒーロー側の戦力も整いつつあった。

「君達もバルカンベースへ行くかい?」
「いや、俺には向かうところがある。
ジローがリョウに聞くとリョウは即座に答えた。
「この戦いが終わったら戻って欲しいって言われた場所があるんだ。」
カオルが理由を話す。
向かう場所がアンチ・バダム同盟という事は言えなかった。
「それならばまた会えるのも楽しみにしているよ。」
「ああ…。」
ジローの言葉にリョウが頷く。
「それなら輸送機で送っていくよ。」
バラバラマンがリョウとカオルを輸送機で日本まで送る事を伝える。

475 :名無しより愛をこめて:2006/09/25(月) 19:40:23 ID:z7TVuoL40
「僕はコマンダーへの報告の為、XIGの基地に戻りますのでお元気で。」
「ええ、まあ会いましょう。」
「こちらこそ、お元気で。」
我夢は正太郎と真美に見送られながらファイターEXに乗り込みエリアルベースUへと戻って行った。

「では、我々もバルカンベースへ向かおう!」
高円寺博士の一言で一同はガンゲリオン・改を輸送機に乗り込み、一路バルカンベースへと向かう。

メルカ共和国はその後、ハラッパ王国の長老の提案で新たなる空中都市00Xとして生まれ変わったのであった。


○キカイダー/ジロー、キカイダー01/イチロー、ビジンダー/マリ、ワルダー、高円寺寅彦、光明寺ミツコ、服部半平、鉄腕アトム、
 バラバラマン、バラバラギャル、鉄人28号、立花真美、ゴーグルレッド/赤間健一、ガンゲリオン・改→アトムの修理とスターピースを渡す為、バルカンベースへ向かう。
○ハカイダー/リョウ、カオル→アンチ・バダム同盟に戻る。
○ウルトラマンガイアV2/高山我夢→エリアルベースUへ戻る。

476 :名無しより愛をこめて:2006/09/25(月) 19:44:06 ID:z7TVuoL40
メルカ編の一同はフリーとします。

477 :名無しより愛をこめて:2006/09/26(火) 00:27:06 ID:LZY6/TBp0


478 :名無しより愛をこめて:2006/09/26(火) 08:17:31 ID:aAmUKQAa0
保全age

479 :名無しより愛をこめて:2006/09/26(火) 12:24:44 ID:4Jw0DCIj0


480 :名無しより愛をこめて:2006/09/26(火) 17:23:36 ID:KY+r0yJV0
480

481 :名無しより愛をこめて:2006/09/27(水) 00:24:38 ID:MzJUA2Ti0


482 :名無しより愛をこめて:2006/09/27(水) 16:46:00 ID:YGnEW8fM0
ttp://www.kukanzeneki.net/index.html

483 :名無しより愛をこめて:2006/09/28(木) 03:44:25 ID:3TCKqlc+0


484 :名無しより愛をこめて:2006/09/28(木) 22:29:43 ID:LwH+PgBO0
484

485 :名無しより愛をこめて:2006/09/29(金) 03:24:20 ID:k2A6chcF0


486 :名無しより愛をこめて:2006/09/29(金) 21:45:19 ID:ORl0OAlz0
ttp://www5e.biglobe.ne.jp/~ekisya/index.htm

487 :名無しより愛をこめて:2006/09/30(土) 03:28:06 ID:Pudt3uwh0


488 :ウルトラシリーズ防衛組織SS 2冊目:2006/09/30(土) 21:44:29 ID:tdPDAWhZ0
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1159610450/

489 :名無しより愛をこめて:2006/10/01(日) 15:28:01 ID:T7TcCNwv0


490 :名無しより愛をこめて:2006/10/01(日) 15:55:03 ID:dOLqVhyk0
ここはダダロイドのアジト。
ゴッドマンが正義のヒーローだとわかり撤退したレーダーバットンとデスギャットが作戦を練っていた。
「なあ、ゴッドマンで俺達の声に答えてくれるのか…。」
「そんな事で弱気になるな、これでも食え!」
些細な事で弱きになるレーダーバットンにデスギャットが何故かプリンを出してきた。

「これはアグ○スプリン!」
レーダーバットンがそのプリンを見て驚きの声を上げる。
「これを取りに行くのは大変だったんだぞ。」
「この一日10個限定のプリンを、お前はホントいい奴だ。」
ア○ネスプリンを食べながら感激するレーダーバットン。

「って事でゴッドマン生け捕りの作戦だけど…。」
「そんな事いいよ…。」
デスギャットが作戦の趣旨を話そうとするがレーダーバットンはすっかりアグ○スプリンに夢中だった。

491 :名無しより愛をこめて:2006/10/01(日) 15:55:45 ID:dOLqVhyk0
壁を破ってサイの姿の怪人が現れた。
「ちょ、ちょっと最後の一口だったのに。」
その反動でア○ネスプリンが落ちる。
「おー、サイクルマン、来てくれたか。」
「おうよ、お前達の頼みとあって駆けつけたんだ。」
デスギャットがその怪人、サイクルマンの名を呼ぶ。
打倒ゴッドマンの為に呼ばれたサイクルマンは意気揚々のようだ。

「ってプリン…。」
それを尻目にレーダーバットンはプリンの事で相当ショックだった。

●デスギャット→打倒ゴッドマンの為にサイクルマンを呼ぶ。
●サイクルマン→打倒ゴッドマンの為に地球に来る。
●レーダーバットン→プリンを食べ切れずショックにw
ダダロイド一味はフリーです。

492 :名無しより愛をこめて:2006/10/01(日) 23:29:32 ID:1T+VIu8u0


493 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 20:14:10 ID:O3UPADgr0
ダダロイドコンビは神男が倒したんだ…。
>>490-491はスルーしてください。

494 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 23:14:48 ID:keU7MA+O0


495 :名無しより愛をこめて:2006/10/07(土) 06:08:15 ID:VI4eJrsA0
メルカ共和国内では、ハラッパ国による支配統治のもと、一方的な
空中都市宣言をされた事に90%以上の国民が反発をし各地で
テロが勃発し始めた。

496 :名無しより愛をこめて:2006/10/07(土) 20:30:52 ID:qEb4dwHu0
>>493
いや、生きてたはずだが。
(話の最後でボロボロになりながら「次こそは〜」とか言ってる。その後も出てきていて死んでない)

497 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 20:24:19 ID:9GYZfwFt0
 

498 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 22:38:08 ID:iGDvRhMi0
バルカンベース動かします。


京太郎達が二次元に突入した頃、バルカンベースではメカの修理、戦士達が治療や仮眠をしていた。
指令室に嵐山長官を始め夢野博士ら科学者陣がいた。

「室井教官、あなた方が来なければバラノイアに負けていたかもしれません。」
「そんな、嵐山長官に言われると恥ずかしいです。」
嵐山長官が室井教官に礼を言う。

「バラノイアが緯度ゼロに…。」
「はい、僕と昌平さんがバラノイアに捕らわれた時に奴ら緯度ゼロに基地を移していました。」
リキが嵐山長官にバラノイアに捕らわれた時の経緯を話す。
「そんな、緯度ゼロまでバラノイアの手に堕ちていただなんて。」
三神博士がそれを聞いて驚く。

「しかし、バラノイアにはまだ物凄い数のジャンボーがあります。」
ドロシー博士がジャンボーの名前を出す。
「アルケミスターズのダニエル君からのデータをまとめましたが、バリアと同じ波長の振動波をぶつければバリアを破れるそうですね。」
夢野博士がダニエル議長からのデータをまとめる。
「今の所は二隻の轟天のドリルが有力ですね。」
岩本博士が轟天のドリルが有利な事をあげる。
「問題は数のジャンボーを相手に出来るかどうかですね。」
ドロシー博士がジャンボーの数について聞いてくる。
「あれだけの数を相手にするのであれば隙を付かれてしまうじゃろうな。」
お茶ノ水博士が真剣な話す。

499 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 22:39:38 ID:iGDvRhMi0
「長官、バラノイアだけでなくゴーデスもいます。」
村野博士が手を上げて言う。
「ゴーデスは高倉長官がTACの戦力を総動員で喰い止めていますがそれでも難しいでしょう。」
「困ったのう、せめてアトムがいてくれれば…。」
嵐山長官が状況を告げるとお茶ノ水博士が頭を抱える。

「皆さ〜ん、お困りのようですね。」
ドアが開き、そこから高円寺博士とキカイダー兄弟が入ってきた。
「高円寺博士!」
「イチロー、それにジロー!」
それぞれ嵐山長官と光明寺博士が声を上げる。
「スターピースもしっかりと持って来たよ。」
高円寺博士がスターピースを一同に見せる。
「これで4つ目ですね。」
嵐山長官がスターピースを見て頷く。

「二人とも、高円寺博士を守ってくれてありがとう。」
高円寺博士がキカイダー兄弟に礼を言う。
「ワルダーやミツコさんも来ていますよ。」
ジローがミツコ達も来ている事を言う。
「ミツコもか、元気だったようだな。」
光明寺博士が娘であるミツコが来ている事で喜ぶ。

500 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 22:45:08 ID:iGDvRhMi0
「お茶ノ水、実はアトムも連れてきましたよ〜。」
「なんじゃと!」
高円寺博士がアトムの事を話すとお茶の水博士が驚きながら席を立つ。
「はい、実はアトムは誰かに操られていましたが、何とか止める事は出来ました。今は格納庫で修理をしています。」
ジローがアトムが修理中だと言う事を知らせる。
「よし、それならワシがアトムを直してやろう。」
お茶ノ水は意気揚々と格納庫へと向かって行った。

高円寺博士の帰還でバラノイアとゴーデス、双方の決戦への戦力が整おうとしていた。

○キカイダー/ジロー、キカイダー01/イチロー、ビジンダー/マリ、ワルダー、高円寺寅彦、光明寺ミツコ、服部半平、
 バラバラマン、バラバラギャル、鉄人28号、立花真美、ゴーグルレッド/赤間健一、ガンゲリオン・改→バルカンベースに到着。
○鉄腕アトム→バルカンベースにて修理中。
○お茶ノ水博士→アトムの修理に向かう

501 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 23:06:12 ID:iGDvRhMi0
バルカンベースメンバー…嵐山長官、夢野博士、ドロシー・アンダーソン、佐原博士、岩本博士、村野博士、岸田技術主任、
光明寺博士、光明寺ミツコ、お茶の水博士、高円寺寅彦、三神博士、滝川博士、御手洗博士、大河内参謀、小中井副参謀、小野寺参謀、伴野大作、
バトルフィーバーJ(バトルジャパン/伝正夫、バトルフランス/志田京介、バトルコサック/神誠、バトルケニア/曙四郎、ミスアメリカ/汀マリア)
サンバルカン(バルイーグル/飛羽高之、バルシャーク/鮫島欣也、バルパンサー/豹朝夫)、
マスクマン(レッドマスク/タケル、ブラックマスク/ケンタ、ブルーマスク/アキラ、イエローマスク/ハルカ、ピンクマスク/モモコ) 、
オーレンジャー(オーレッド/星野吾郎、オーグリーン/四日市昌平、オーブルー/三田祐司、オーイエロー/二条樹里、キングレンジャー/リキ )、
メガレンジャー(メガレッド/伊達健太、メガブラック/遠藤耕一郎、メガブルー/並木瞬、メガイエロー/城ヶ崎千里、メガピンク/今村みく、メガシルバー/早川雄作)、
バンドーラ、トットバット、ブックバック、プリプリカン、
スパイダーマン/山城拓也、イナズマン/渡五郎、ゴーグルレッド/赤間健一、ガンゲリオン・改、ダイナレッド/弾北斗、
宇宙刑事(ギャバン/一条寺烈、シャリバン/伊賀電、シャイダー/沢村大、アニー、マリーン) 、スピルバン/城洋介、
ジャイアントロボ、U7(草間大作)、紅健、レッドバロン、嵐田陽、マッハバロン、
MYDO(ウルトラセブン/薩摩萬、ウルトラマンゼアス/朝日勝人、数学、星見透、武村岩太)、
ウルトラマンレオ/おおとりゲン、ウルトラマンパワード/ケンイチカイ、ウルトラマンナイス/夢野銀河、
白バラ仮面/嵐山美佐、セーラームーン/月野うさぎ、ナイルなトトメス/中島サナエ、アラーの使者/鳴海五郎、
宇宙防衛艦轟天(三好考次、室井礼次、滝川マリ、ジミー、冬木和夫、三笠忠)、
グリッドマン/翔直人、グリッドマンシグマ/藤堂武史、
キカイダー/ジロー、キカイダー01/イチロー、ビジンダー/マリ、ワルダー、服部半平、鉄腕アトム、バラバラマン、バラバラギャル、鉄人28号、金田正太郎、立花真美

バルカンベースの現行メンバーはこれでよろしいでしょうか?

502 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 08:31:42 ID:FV/1EXKy0


503 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 18:34:22 ID:ENn1hg3o0
避難所の指摘は無視か。
避難所に書込む意味ねーな

504 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 19:23:14 ID:MGQF6kuHO
避難所でアク禁食らったからってすねるなよ殺し厨

505 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 20:28:46 ID:ENn1hg3o0
なんでも殺し厨扱いか。
低能の屑虫ばっか巣くうスレだな。

506 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 22:31:21 ID:UjHvJ1Kt0
>>498の訂正版UPします。

京太郎達が二次元に突入した頃、バルカンベースではメカの修理、戦士達が治療や仮眠をしていた。
指令室に嵐山長官を始め夢野博士ら科学者陣がいた。

「三好さん、あなた方が来なければバラノイアに負けていたかもしれません。」
「そんな、嵐山長官に言われると恥ずかしいです。」
嵐山長官が三好に礼を言う。

「バラノイアの居場所はスーパー轟天のコンピューターで調べていますがまだ掴めていません。」
「かなり難航しそうですね。」
三神博士がバラノイアの本拠地を追跡している事を話すと嵐山長官が苦渋の表情を浮かべる。

「しかし、バラノイアにはまだ物凄い数のジャンボーがあります。」
ドロシー博士がジャンボーの名前を出す。
「アルケミスターズのダニエル君からのデータをまとめましたが、バリアと同じ波長の振動波をぶつければバリアを破れるそうですね。」
夢野博士がダニエル議長からのデータをまとめる。
「今の所は二隻の轟天のドリルが有力ですね。」
岩本博士が轟天のドリルが有利な事をあげる。
「問題は数のジャンボーを相手に出来るかどうかですね。」
ドロシー博士がジャンボーの数について聞いてくる。
「あれだけの数を相手にするのであれば隙を付かれてしまうじゃろうな。」
お茶ノ水博士が真剣な話す。

507 :名無しより愛をこめて:2006/10/14(土) 20:31:04 ID:zBAec7vz0
>お茶ノ水博士が真剣な話す。

>お茶ノ水博士が真剣に話す。

508 :名無しより愛をこめて:2006/10/15(日) 00:47:57 ID:zMxdHggC0
大門はSRIに合流するとともに自分の素性を伝え、SRIとともに百窓へ入っていった。
中は驚くほど静まり返っていた。
「チェンジ、ザボーガー」
大門は不安を覚えザボーガーを呼び寄せた。
「せんぱ〜い」「牧く〜ん」SRIの面々が呼びかけても返ってくる言葉は無かった。

どれくらいの時間がたっただろうか、宇宙人が相手の為に全員は一塊になり屋敷内を探索していた。
その時、大門はある部屋から人の気配を感じた。
「開けます」大門が合図を送る。瞬間全員に緊張が走り、頷いた

扉を開けるとそこには何食わぬ顔で牧達がいた。
SRIは牧達に駆け寄り、無事だったことに喜び合っていた。
しかし、大門だけは喜べずにいた。それは牧から尋常ではない殺気を感じていた。


509 :名無しより愛をこめて:2006/10/17(火) 23:27:13 ID:M/vOLBWKO
バダム大本部で五人ライダーはチェ・ホンマンを迎え討っていた。

510 :名無しより愛をこめて:2006/10/18(水) 18:49:35 ID:7AcKSGrr0
しね

511 :国防省大決戦!:2006/10/21(土) 18:50:54 ID:ZvAeoBx50
ここは国防省。ここもまた、バルカンベースや地球守備隊本部などと同じく、地球を護らんとする者達の砦である。
その一室。そこには地球を護るために戦ったかつての星の戦士達が揃っていた。
蘭「ウォフ・マナフとも和解して、やっと平和になったと思ってたのに…」
涼子「今度は『大いなる意志』なんてものが出てきたとはね」
辰平「そこで俺達グランセイザーの再結集、ってわけだ」
仁「ま、俺は涼子さんと一緒にいられればそれだけで嬉しいけどね♪」
豪「仁、既婚者に手を出すのは良くないぞ?」
かつてグランセイザーと呼ばれ、宇宙連合ウォフ・マナフと戦い、宇宙意志を説得した者達…の一部。
雨宮涼子/セイザーヴェルソー、秤谷仁/セイザーダイル、早乙女蘭/セイザーヴィジュエル、神谷豪/セイザートラゴス、そして三上辰平/セイザーギャンズ。
翔太「しかしまさかあの松坂直人もグランセイザーだったなんて、驚きだよな」
麗香「聞けば澪さんを診察してくれたお医者さん(※伝通院洸)もそうだったらしいですよ」
ユカ「ボスキートとの戦いの時(※セイザーX劇場版)に現れたグランセイザーとは違うのかしら」
かつてジャスティライザーと呼ばれ、カイザーハデス、そして魔神ダルガと戦い、地球を護った者達…のこれまた一部。
伊達翔太/元ジャスティライザーグレン、真田ユカ/元ジャスティライザーカゲリ、そしてジャスティライザー達の中心的立場にいる天堂澪のお付きである本宮麗香。
麗「剛にまた会えるなんて…」
優「う〜ん、思ったより早く剛さんと会えるのもビックリだけど、ドクターが古代史の研究に移ってたのもビックリだな〜。
  ドクター、前に古代史なんかわけわかんないって言ってなかったっけ?」
堀口「いや、私もあの後古代史の面白さに気付いてな。それに…」
優「それに?」
堀口「古代史を研究すれば、ガイアネットの記録から、ガイアネットと一緒に行方不明になった剛や将人の手がかりも
   つかめるかもしれないと思ってだな」
ガイファードこと風間剛をサポートしてクラウンと戦った九条麗、九条優の姉弟。

512 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 18:52:32 ID:ZvAeoBx50
そして彼等をここに呼んだ張本人、グランセイザーを支えて戦い、現在では国防省宇宙監視班特別顧問となっている堀口一郎博士
──以前の名は城石丈雄、ガイファードの良き理解者『ドクター』として彼をサポートした人物──である。
さらには国防省の特命課課長でありグランセイザーとも親交の深い御園木篤史、その部下で戦闘部隊『月光』の隊長である沖田宗一郎も同席している。
豪「…そういえば、なんか中途半端な集合だな。まあ長野に救助活動に行ってる洸と愛はしょうがないとしても」
辰平「誠は連絡がつかなかったんだ。ナックライザー使おうとも思ったんだけど…緊急時とはいえいきなりそれで呼び出すのもどうかと思ったし」
仁「炎のトライブは月面旅行中らしいからなぁ。この状況じゃ地球に戻ってくるのは難しいだろうね」
実際はロギアと共に、既に地球に戻っている。が、ここにいる誰もがまだそれを知らない。
豪「未加がそこにいるじゃないか」
辰平「いや、さっき違うって言ってただろ?確かによく似てるかもしれないけど、あっちは九条麗さん。そういや拳王流の使い手でもあるってさっき言ってたな」
蘭「拳王流といえば…直人もぜんぜん連絡つかないし…ってそうだ!直人って道場開いてるハズじゃない!…涼子さん、何か知らない?夫婦でしょ?」
セイザータウロンこと松坂直人もまた、拳王流格闘術の使い手である。
涼子「…それがね、あの人道場開いた後でもたまにふらっといなくなっちゃうのよ」
ひょっとしたらガンシーサーが必要になった時にいきなり戻ってくるかもしれない。
翔太「直人さん、いないのか」
かつて松坂直人によって励まされた経験のある翔太は、その話を横で聞いていて内心少しガッカリしていた。
ユカ「いないっていえば、澪さん大丈夫かなぁ」
麗香「真也さんがついていってるはずだから多分大丈夫だと思うけど…」
ジャスティライザーの一員である平賀真也こと元ライザーガントと、ジャスティライザーの中心的人物である天堂澪もこの場にいない。

513 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 18:53:22 ID:ZvAeoBx50
堀口博士による協力要請が、いまや国防省宇宙監視班特別顧問となっている澪からもジャスティライザーに届く予定であったが、
澪は真也をつれて、お付きである麗香の知らぬ間にどこかへと出かけてしまっていたのだ。
代わりに麗香が連絡を受け取り、翔太とユカに呼びかけたのであった。
翔太「ところで、拓人達はどこに行ったんだ?」
ボスキート事件(※セイザーX劇場板)で知り合った超星艦隊セイザーX…のやっぱり一部、
安藤拓人/元ライオセイザーとレミー・フリーデの2人もここに呼ばれている。
ユカ「それなら、さっき用事があるからって出ていったけど」
麗香「なんでも、別件で先にここに来てるおじいさんに届ける物があるそうよ」

国防省地下ドック。国防省の戦士達の盾となり矛となる兵器が収められているべき場所。
ただ、今は閑散として、わずかな兵器しか残っていない。
大いなる意志の引き起こした戦乱に対処すべく、バトルシャークなど、その多くが出撃中であるためだ。
そこに、安藤拓人、レミー・フリーデは来ていた。
拓人「ほらじいちゃん、忘れ物。母さんの作った弁当だぜ」
宗二郎「ん?拓人、お前もここに来てたのか」
拓人「お前も来てたのかって、そりゃないだろ?俺だって前にここの人達と一緒にボスキートと戦ったんだぜ?」
宗二郎「…だが、今は装着できないんだろう?」
セイザーXが戦い抜いた、コスモカプセルを巡る長い戦い。
その結果、宇宙海賊による支配の歴史は改変され、セイザーXの仲間達は各々散り散りに別れ、その装備は消滅した。
拓人「それでも、俺は戦う。アドやみんなが変えたこの世界を、もう闇に浸蝕はさせない」
宗二郎「…」

514 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 18:54:13 ID:ZvAeoBx50
レミー「ところで、ここで何をしていたんですか?」
宗二郎「ああ、これの修理に協力してくれとたのまれてな。古い友人の頼みだから断れもしなくてな」
レミー「これって確か、ボスキートとの戦いの時に出てきた…」
迎撃戦艦轟天。国防省の所有する轟天号の1隻である。
拓人「へえ、ボスキートとの戦いに出てきたこれがまた出てくるのか」
宗二郎「大体の修復は終わっているから、あとは最終調整だけだ。もう間もなく使える状態に…」
そこまで言った時、地下ドックにかすかな振動が伝わってきた。

堀口「な、何だ?」
御園木「何が起こった?」
突然の振動に、談笑していた戦士達の間に緊張が走る。
沖田「…どうやら、この近くに何かが落ちてきたらしいです。映像出ます」
内線で連絡をとり、状況の確認を行った沖田が説明する。そして、部屋に備え付けられていたモニターに外の様子が映し出された。
そこには円筒形に近い巨大な機械の様子が映し出されていた。周辺の建造物の崩れ方を見ると、突然降ってきたようだ。
ユカ「…あれはソニッククラッシャー!」
堀口「何?」
翔太「俺達が戦ったカイザーハデスって奴の使った破壊兵器だ!」
ユカ「あれは下半分、まだ出てきている様子はないけど、別にある上半分と合わさったら地球が破壊されてしまいます!」
麗「じゃあその前に早く壊さないと!」
涼子「…とはいえ、こっちは超星神は出せないのよ?」
超星神は、1つのトライブを構成している3人が全て揃っていないと召喚できない。

515 :国防省大決戦! とりあえず今回はここまで:2006/10/21(土) 18:55:01 ID:ZvAeoBx50
翔太「俺達もまだ装着できないから、幻星神も出せないし…」
麗香「澪さんがいてくれたら…」
ボスキートとの戦いで一度はジャスティパワーを取り戻したが、再び返してしまった今となっては翔太もユカも装着できない。
せめて天堂澪がいれば、彼女の持つジャスティクリスタルを使ってジャスティパワーを取り戻すことができるが…。
豪「グランビークルで行くしかないか?」
御園木「いや、それには及ばん。沖田、ユウヒ起動だ!」
沖田「了解!」

地下ドックから赤い巨人が現れる。国防省の誇るロボット兵器、五式支援機士ユウヒだ。
沖田「目標、国防省より東約5`の地点」
会議室からヘリに移った沖田が指示を出す。それと共に、ユウヒがその専用輸送機「流星」に吊されて運ばれていく。

その様子を会議室から眺める戦士達。
堀口「…さっき、そのソニッククラッシャーというのはカイザーハデスの兵器だと言ったね?」
翔太「ああ、俺達が戦った奴さ」
堀口「そうか…」
優「どしたのドクター?」
豪「大いなる意志によって、かつて倒れた者達が復活してると言うんです。そのハデスという奴も蘇っていても何の不思議も…」
蘭「…ちょっと待って。それってまさかひょっとして」
涼子「ハデスの兵器が現れた。ならばその近くにハデスって奴が…」
堀口「現れて…来る!」
その言葉を言い終わった直後。国防省は、何体もの巨大な影に取り囲まれた。

○堀口一郎、九条麗、九条優、雨宮涼子/セイザーヴェルソー、秤谷仁/セイザーダイル、早乙女蘭/セイザーヴィジュエル、
神谷豪/セイザートラゴス、三上辰平/セイザーギャンズ、伊達翔太、真田ユカ、本宮麗香、御園木篤史
→国防省にて、巨獣軍団の襲撃を受ける。
○安藤拓人、レミー・フリーデ、安藤宗二郎→国防省地下ドックにいる。
○沖田宗一郎→ユウヒと共に、ソニッククラッシャー破壊に行く。
●巨獣軍団(トロイドン、バグリアン、スカラベレス、キングゼロ、レオガイアス、量産型メガリオン数体)→国防省に襲来

516 :名無しより愛をこめて:2006/10/27(金) 21:04:51 ID:Xdh5dSwa0
 

517 :名無しより愛をこめて:2006/10/30(月) 22:29:50 ID:FYp9eK1I0
>>500
スーパー轟天のブリッジでは大河内参謀らMYDOのメンバーとオーレンジャーがバラノイアの居場所を解析してた。
「緯度零度、海底2万メートル…。」
スーパー轟天がバラノイアに強奪された際のデータがMISAKOちゃんに残されていたが、その答えに小中井副参謀が驚きを隠せ無い。
「そこにバラノイアがいるというのであれば行ってみるしかありませんね。」
吾郎がその場所に向かう決意を固める。
「それならば嵐山長官に伝えよう。」
大河内参謀が嵐山長官に伝える為、ブリッジを出た。

一方、バルカンベースの道場では飛羽が真剣を振っていた。
(イナズマギンガー…奴はまた俺を狙ってくる。)
かの強敵、イナズマギンガーが襲ってきた事に、予想はしていたものの動揺を隠せないでいた。
「飛羽君、やっぱりいたか。」
「伝さん…。」
そこに朝と同じく伝が道場に入ってきた。
「あのイナズマギンガーって奴の事を考えていたのか?」
「な、何故分かるのですか?」
伝がイナズマギンガーの名前を出した事に飛羽が驚く。
「今朝もそうだったけどイナズマギンガーの事をずっと考えていたのか。」
「は、はい…。」
伝は昨日から飛羽がイナズマギンガーの事を考えていた事を見抜いていた。
「だが、君一人で戦っているわけではない、それは君が一番わかっている事だ。」
「はい!」
伝は飛羽に諭す。

518 :名無しより愛をこめて:2006/10/30(月) 22:30:44 ID:FYp9eK1I0
格納庫では赤間にとって意外な人物との再会があった。
「青山、黄島!」
その意外な人物は元ゴーグルファイブのメンバー、ゴーグルブルー・青山三郎とゴーグルイエロー・黄島太であった。
「お前がメルカに行っている間に黒田と一緒に本郷博士の手伝いをしていたんだからさ。」
黄島が今までの経緯を話す。
「ところで黒田とミキは?」
「黒田なら本郷博士が会議に出るっていうからそのエスコートを、ミキは休暇を取って旅行に行っているよ。」
赤間が他の二人の事を聞くと、青山が答える。
本郷博士が内藤に捕らわれている事を三人は知る由も無かった。

「ゴーグルシーザーもゴーグルロボもしっかりと整備が済んでいるぞ!」
「でもガンゲリオンがあるからな。」
黄島がゴーグルファイブの各メカも健在な事を言うと赤間は目の前のガンゲリオン・改を見ながら思い詰める。

519 :名無しより愛をこめて:2006/10/30(月) 22:31:28 ID:FYp9eK1I0
「その必要は無いぞ。」
「バラバラマン!」
一同の前にバラバラマンとバラバラギャルがやって来て、赤間が驚きで声をあげる。
「ガンゲリオンを見せて貰ったけど私にも動かせそうだ。」
バラバラマンが意気揚々となっている。
「テトラのサポートがあるとは言え、ロボの操縦は大丈夫なのですか?」
「私達はロボット管理庁でロボット操縦の訓練を受けているので大丈夫です。」
赤間に聞かれるとバラバラギャルはロボット操縦の訓練を受けている事を話す。

「それにガンゲリオン・改はもう一機とあったぞ。」
「あれはテトラ・システムが付いていない量産タイプです。」
バラバラマンがガンゲリオン・改がもう一つあった事に気づく。
赤間はそれを量産型だという事を二人に教える。
「量産型が私が、赤間さんが使っていたのは課長が乗りますがよろしいでしょうか?」
バラバラギャルがそれぞれのガンゲリオンを操縦する事を提案する。
「ならば、ガンゲリオンはお二人に譲ります。」
赤間は二人にガンゲリオンの操縦を二人に任せる。

二機のガンゲリオンはバラバラマンとバラバラギャルが操縦する事になった。

○大河内参謀→バラノイアの居場所を付きとめ、嵐山長官に伝える。
○青山三郎/ゴーグルブルー、黄島太/ゴーグルイエロー→バルカンベースに到着。
○バラバラマン→ガンゲリオン・改の操縦を任される。
○バラバラギャル→量産型ガンゲリオンに乗り込む。

520 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 21:05:07 ID:mGCLRUSl0
保守

521 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 22:41:29 ID:+m6LV67H0
二次元で繰り広げれている戦いもいよいよ最終局面を迎えようとしていた。
ジャンボーグ9とアンチゴーネの戦いは、始めのうちは互角だったものの
次第にアンチゴーネが、優勢になってきた。
Aからエネルギーを分け与えられたものの、満足に戦える程ではなかったのだ。
「やはり、エネルギーが不足しているようだな!ならば押し切るまでよ!」
アンチゴーネはステッキからレーザーを連続発射してきた。
もはやバリヤーを張ることができないジャンボーグ9は必死に避けるも
努力も虚しく直撃してしまった。
(どうする・・・このエネルギーではミラクルフラッシャーも撃てない。
 こうなったら全エネルギーをジャンカッターに一点集中させてぶつける他ない。
 しかしヤツがそんな隙を与えるとは思えん。)
嵐のような猛攻の中ナオキは必死に思考をめぐらせた。
(よおし・・・分の悪い賭けだがこの方法を使うしかない!)
ナオキはある方法を思いつき決心した。

522 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 22:57:53 ID:+m6LV67H0
ジャンボーグ9は猛攻の合間を縫うようにジャンカッターを放った。
「そんな見え見えの攻撃が当たるか!」
アンチゴーネはいとも簡単に避けてしまった。
「よし今だ!」
ジャンボーグ9はその隙を見逃さずアンチゴーネに突進した。
「真っ向から来るか!受けて立ってやる!」
アンチゴーネもステッキを剣に変えて突進した。
そのアンチゴーネの後ろからジャンカッターが襲ってきた。
「馬鹿め!挟み撃ちにしようとすることなんぞ、お見通しだ!」
アンチゴーネはジャンカッターをかわしてそのまま突進した。
「挟み撃ちをするなんて気は最初からないぜ!アンチゴーネ!」
「何だと!」
「お前の負けだ!」
ジャンボーグ9は戻ってきたジャンカッターを右手に持ちエネルギーを集中させた。
ジャンボーグ9とアンチゴーネはそのまますれ違いざまお互いの武器を振りぬいた。

523 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 23:05:30 ID:+m6LV67H0
しばらく沈黙が流れた。
その直後アンチゴーネが崩れ落ちた。一瞬早くジャンボーグ9の攻撃が当たったのだ。
「見事だ・・・ジャンボーグ9!これで満足してあの世に行ける・・・
 デモンゴーネ閣下・・・我が同胞たちを頼み・・・ます・・・」
そう言うとアンチゴーネは大爆発を起こした。
「アンチゴーネ・・・お前・・・」
アンチゴーネの最後の言葉にナオキは何か空しさを感じた。
何とも言えない奇妙な感情であった。

○立花ナオキ/ジャンボーグ9→アンチゴーネを倒す。
●アンチゴーネ→ジャンボーグ9に破る。

524 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 20:05:28 ID:PFAWA1Ny0
>>519
指令室には大河内参謀が嵐山長官にバラノイアの居場所を伝えていた。
「深海2万メートル…緯度0、そんな所に基地があるのですか?」
夢野博士がその事を聞いて驚く。
「よくは分かりませんがスーパー轟天のデータによれば、その場所にバラノイアの反応がありました。」
大河内参謀が事情を説明する。

「それは僕から説明させてください!」
「リキ君…。」
リキが指令室に入って来て、嵐山長官が彼の名前を呼ぶ。
「僕と昌平さんがバラノイアに捕らわれていた時、奴らは緯度0と呼ばれる基地にいました。」
リキがバラノイアに捕らわれた時の状況を話す。
「よし、まずはその緯度0の基地に轟天とスーパー轟天を向かわせます。」
嵐山長官が緯度0に戦力を向かわせる事を決意する。

○嵐山長官→リキからの情報をもとに緯度0に戦力を向かわせる。
緯度0に向かう向かうメンバーは次の人に任せます。

525 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 22:52:38 ID:PFAWA1Ny0
バルカンベースメンバー…嵐山長官、夢野博士、ドロシー・アンダーソン、佐原博士、岩本博士、村野博士、岸田技術主任、
光明寺博士、光明寺ミツコ、お茶の水博士、高円寺寅彦、三神博士、滝川博士、御手洗博士、大河内参謀、小中井副参謀、小野寺参謀、伴野大作、
バトルフィーバーJ(バトルジャパン/伝正夫、バトルフランス/志田京介、バトルコサック/神誠、バトルケニア/曙四郎、ミスアメリカ/汀マリア)
サンバルカン(バルイーグル/飛羽高之、バルシャーク/鮫島欣也、バルパンサー/豹朝夫)、
ゴーグルV(ゴーグルレッド/赤間健一、ゴーグルブルー/青山三郎、ゴーグルブルー/黄島太)、
マスクマン(レッドマスク/タケル、ブラックマスク/ケンタ、ブルーマスク/アキラ、イエローマスク/ハルカ、ピンクマスク/モモコ) 、
オーレンジャー(オーレッド/星野吾郎、オーグリーン/四日市昌平、オーブルー/三田祐司、オーイエロー/二条樹里、キングレンジャー/リキ )、
メガレンジャー(メガレッド/伊達健太、メガブラック/遠藤耕一郎、メガブルー/並木瞬、メガイエロー/城ヶ崎千里、メガピンク/今村みく、メガシルバー/早川雄作)、
バンドーラ、トットバット、ブックバック、プリプリカン、
スパイダーマン/山城拓也、イナズマン/渡五郎、ダイナレッド/弾北斗、
宇宙刑事(ギャバン/一条寺烈、シャリバン/伊賀電、シャイダー/沢村大、アニー、マリーン) 、スピルバン/城洋介、
ジャイアントロボ、U7(草間大作)、紅健、レッドバロン、嵐田陽、マッハバロン、
MYDO(ウルトラセブン/薩摩萬、ウルトラマンゼアス/朝日勝人、数学、星見透、武村岩太)、
ウルトラマンレオ/おおとりゲン、ウルトラマンパワード/ケンイチカイ、ウルトラマンナイス/夢野銀河、
白バラ仮面/嵐山美佐、セーラームーン/月野うさぎ、ナイルなトトメス/中島サナエ、アラーの使者/鳴海五郎、
宇宙防衛艦轟天(三好考次、室井礼次、滝川マリ、ジミー、冬木和夫、三笠忠)、
グリッドマン/翔直人、グリッドマンシグマ/藤堂武史、
キカイダー/ジロー、キカイダー01/イチロー、ビジンダー/マリ、ワルダー、服部半平、鉄腕アトム、バラバラマン、バラバラギャル、鉄人28号、金田正太郎、立花真美

526 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 22:54:27 ID:PFAWA1Ny0
バルカンベース配備のメカ…鉄面党ロボ(ブリザード7、ディモスZ、改造 ブレ−キング、ノリシロン12、増刊、最終、カノンメガス)、
スーパー轟天(MYDOの隊員が乗艦)、ガンゲリオン・改(バラバラマンが搭乗)、量産型ガンゲリオン(バラバラギャルが搭乗)

ここで現時点のバルカンベースのメンバーと戦力です。緯度0突入組はこれを参考にして下さい。

527 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 20:21:20 ID:wjpG7uwE0
ガキン!と鈍い音がしたかと思うと折れた刀身が地に落ちた。
ジャンボーグAとマッドゴーネの戦いはマッドゴーネが有利であった。
ジャンボーグ9に比べて今ひとつ破壊力に欠けている分ジャンボーグAは
劣勢に陥ってしまったのだ。
そして逆転を狙ってジャンサーベルをマッドゴーネの角に斬りつけるも
逆にジャンサーベルを折られてしまったのだ。
「どうやらここまでのようだな!そろそろ終りにさせてもらうぞ!」
マッドゴーネはステッキから糸状の光線をAに発射したするとAはチェーンで
縛り付けられてしまった。
「くっ!しまった!」
「止めは全エネルギーを集中した光線で木っ端微塵にしてくれるわ!」
マッドゴーネはステッキの先にエネルギーを集中させ始めた。
(あんなものをくらってしまったら助からない!
このチェーンは簡単に切断できるが、切断した直後に光線をくらってしまう。
だがあの攻撃をうまく利用できれば・・・いや迷っている暇はない!
一か八か!この作戦に賭ける!)

528 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 20:35:31 ID:wjpG7uwE0
「うおおおお!」
ジャンボーグAはチェーンは一気に切断した。
しかしもうマッドゴーネは攻撃の準備は完了していた。
「死ね!ジャンボーグA!」
マッドゴーネはステッキから一気に光線を発射した。
「頼む!うまくいってくれ!」
ジャンボーグAは一点に凝縮したバリヤーで光線を防いだ。
バリヤーにじょじょに亀裂が走り始めた。
「こざかしい!だがそれも無駄な抵抗よ!」
「無駄ではない!これで良いんだ!お前のこの攻撃が良いんだ!」
「何をたわけたことを!どんな意味があると言うんだ!その抵抗に!」
「こういうことだ!」
ジャンボーグAはバリヤーの角度を少しずらした。すると光線が反射して
マッドゴーネの角に直撃し、角を粉砕した。
「しっしまった!」
「残った全エネルギーだ!くらえ!」
角を破壊され弱ったマッドゴーネにジャンボーグAは
残りの全エネルギーをこめたゴールデンレザーを発射した。

529 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 20:43:40 ID:wjpG7uwE0
ゴールデンレザーがマッドゴーネを直撃した。
「しくじったというわけか・・・だがこれで満足だ。これで良いんだ。
 デモンゴーネ閣下・・・後は・・・頼みます・・・」
マッドゴーネは大爆発を起こして散った。
「マッドゴーネ。お前は望んでいなかったのだな。自分の復活を・・・」
京一郎はマッドゴーネの気持ちを知り、同情の気持ちを抱いた。

こうして二次元の戦いは幕を閉じたが、安心はできない。
どこかに消えたデモンゴーネやインベーダーたちがいつ現れるのか?
わからないからである。

○岸京一郎/ジャンボーグA→マッドゴーネを撃破する。
●マッドゴーネ→ジャンボーグAに敗れる。

530 :名無しより愛をこめて:2006/11/11(土) 17:15:55 ID:2n4zjliM0
アポロガイストによって、バダム大本部へと転送された5人ライダーは大本部の中を歩いていた。
「不気味なほど静かですね。」
「先輩、それは俺もです。」
風見と敬介が思った以上に静かだった事に不安が隠せない。

「アポロガイストの奴、俺達を騙したのか?」
「城、あの男がそんな事をする事は無いと思うが。」
茂が頭を抱えると、猛が自らの考えを話す。
「多分、一文字先輩達がどこかにいると思いますから探しましょう。」
「ああ…。」
風見が皆に他の5人を探す事を促すと、猛が頷いた。
5人は先へと進んで行った。

531 :名無しより愛をこめて:2006/11/11(土) 17:18:12 ID:2n4zjliM0
「誰か…いる!」
「アマゾン、どこにいるんだ!?」
その時、アマゾンが殺気を感じ、猛がアマゾンに問いかける。
「あっち…。」
アマゾンが指をさした場所では仮面ライダーファーストとセカンドが8人のバダムライダー相手に特訓を行っていた。
「こ、このライダー達は!?」
それを見た猛が驚く。
「まるで俺達じゃないか…!」
茂がバダムライダーを見て絶句する。

「む、ネズミが入り込んだみたいだな…。」
バダムライダーがNo8が猛達を見つける。
「見つかったか。」
風見がバダムライダーに見つかった事に気づく。

「あれはもしかすると大首領様の言っていたライダー達だな。」
ファーストが猛達をライダーだと見抜く。

「やむおえん、戦うしかない。変身!」
猛達はそれぞれ変身する。
「やっと姿を現したか、大首領様に逆らう奴らめ。」
セカンドが5人ライダーを見て思いがけない言葉を発っする。

かくして5人ライダーと別世界のダブルライダー、8人のバダムライダーとの戦いが始まった。

・仮面ライダー(1号/本郷猛、V3/風見志郎、X/神敬介、アマゾン/山本大介、ストロンガー/城茂) VS 仮面ライダーFIRST、SECOND、バダムライダーNo1〜No8

532 :名無しより愛をこめて:2006/11/17(金) 11:54:03 ID:Uf4wJQni0
ほしゅ

533 :名無しより愛をこめて:2006/11/20(月) 22:54:50 ID:x3xgYe4Z0
第2の護国聖獣を復活させるためダイレオンは池田湖へ急いでいたが、ダイレオンにもゴーデスの放った光が包み込んだ。
「何か光ったわ!」
美都がその光を見て叫ぶ。

光が収まるとダイレオンの目の前にゲルカドンが姿を現した。
「怪獣かよ!」
アンリが目を丸くして驚く。
「ギャァァァオ!」
ゲルカドンがダイレオンに火炎弾を放つ。
「うおっ!」
ダイレオンは何とか火炎弾を避けるが精一杯だった。
そしてダイレオンは着陸する。

「大魔神、あの怪獣を…。」
綾奈は大魔神にゲルカドンと戦う事を指示する。
「待つんだ、君達は池田湖に向かうんだ。」
「蒲生さん。」
譲二がそんな綾奈を止める池田湖へ向かう事を促す。
綾奈は思わず彼の名を出す。

534 :名無しより愛をこめて:2006/11/20(月) 22:59:04 ID:x3xgYe4Z0
「それなら俺もあの怪獣を喰い止めよう。」
「秀一君…。」
秀一もゲルカドンと戦う事を決意する。
「黙っちゃいられねぇよ、俺も行くぜ!」
天馬も立ち上がり拳を握り決意を固める。
「剣、私達も天馬の手助けをするよ。」
「う、うん…。」
美加と剣も譲二達の手助けをする事にした。

「五国聖獣を復活させられるのは君しかいない、急ぐんだ。」
「はい!」
綾奈は譲二に頷いた。
「あんた達も無事でいてくれよな。」
「ああ、また会おうぜ。」
ジャスピオンと天馬がそれぞれを称えあう。
そして譲二達5人は外へと出た。

535 :名無しより愛をこめて:2006/11/20(月) 23:02:01 ID:x3xgYe4Z0
飛び立とうとするダイレオンにゲルカドンが火炎弾を撃とうとする。
「ギャァァァオ!」
その時、光線や機銃がゲルカドンに命中、ゲルカドンはその攻撃の方向を向く。

そこにはスペクトルマン、超星神ガルーダ、ダイロギアン、フレイムドライバーが並んでいた。
「ダイレオンには指一本触れさせないぜ!」
タリアスが意気揚々とゲルカドンに指をさす。
「もう天馬ったら…。」
そんなタリアスにミトラスが呆れている。

しかし、ゲルカドンは高度を上げ、上空から火炎弾で一同を攻撃する。
「くっ、容赦無しか…。」
ロギアが必死で避けるながら、たじろいでしまう。
「こうなりゃ突っ込んでやるぜ!」
ガルーダはライブモードに変形してゲルカドン目掛けて飛び立つ。
「うわっ、無茶だよ!」
それを見るリオンが驚く。

「くらえ、ダイブブレイザー!」
「ギャァァァァオ!」
ガルーダの必殺技、ダイブブレイザーでゲルカドンは地面へと落ち、そのまま大爆発を起こした。

536 :名無しより愛をこめて:2006/11/20(月) 23:02:40 ID:x3xgYe4Z0
ゲルカドンを倒した一同は変身を解いて集まっていた。
「あの光で怪獣が出現したというのか?」
「そうみたいだな、もしかすると世界各地に怪獣が現れたようだな。」
譲二の憶測に秀一が答える。
二人の憶測の通り、世界各地にゴーデス怪獣が出没しており、防衛軍やTACが迎撃していた。

「それなら早く池田湖へ行こうぜ。」
「天馬、いまは連戦でかなり消耗しているから無理は出来ないわ。」
焦る天馬を美加が押さえる。
「やはりさっきの怪獣や護国聖獣の事をどこかに伝えないといけないね。」
剣が提案を出す。
「それなら国防省へ向かった方がいいわね。御園木さんなら力になってくれそうよ。」
美加が国防省へ行く案を出す。
「それなら国防省へ行く事にしよう。」
譲二も国防省に向かう事を賛成する。
そして一同は国防省へ向かう事になった。
しかし、国防省がソニッククラッシャーと巨獣軍団に襲われている事を知る由も無かった。


○大魔神、比良坂綾奈、朝倉美都、ベルベラ、ガルガル3、ジャスピオン、アンリ→護国聖獣モスラを蘇らせるため、池田湖へ。
○スペクトルマン/蒲生譲二、インパクター・ロギア/星山秀一、セイザータリアス/弓道天馬、
セイザーミトラス/獅堂未加、セイザーリオン/獅堂剣、護国聖獣バラゴン→国防省へ向かう。
以後フリーです。

537 :復活!星の戦士たち(1):2006/11/24(金) 20:45:39 ID:zu88wGme0
「ロケットランチャー、発射!」
沖田がユウヒに指令を出す。
しかし巨獣達の進行はとまらない。
「くっそう!装着さえできれば!」
憤る翔太たち。
「黙って見てるわけにはいかん!グランビークルで行こう!」
トラゴスに従い、6セイザーはグランビークルへ。
「き…恐獣!?」
拓人が驚く。
「拓人さん、あれはハデスが使っていた宇宙巨獣です!」

「ユウヒ、防戦機能低下!」
「こんなに多かったら勝てないよ〜」
「仁!やめなさい!」
ユウヒはレオガイアスのスピード戦法に翻弄され、思うように戦えない。グランビークルも
強固なボディのメガリオン相手に苦戦してしまう。残る巨獣は国防省へ向かってくる。
「こっちにくるわ!!」
「やっべぇ!」

「たっくん!?どこ行くの!?」
駆け出したタクトを制止するレミー。
「俺だって!前は愛と勇気と正義のためにこの星を救った戦士の一人なんだ!!装着できなくても!
何度だって行ってやる!」
車を緊急発進させ、巨獣へ走る拓人。
「拓人、よせ!闇雲にやるだけじゃダメだ!」
「宗二郎さん…」


538 :復活!星の戦士たち(2):2006/11/24(金) 20:48:04 ID:zu88wGme0

「あぁっ!!あいつ、なんて無茶を!」
拓人の車を見つけるギャンズ。
「着いて来い!巨獣ども!」
巨獣達を誘導しようとする拓人。しかしメガリオンが光弾を放つ。
「うわぁーっ!!」
「拓人!!」
車は爆発し、炎上した。
「くそっっ!ビームバルカン!!」
「辰平!無茶よ!」

ギャンズの捨て身の至近距離からのアクアフリッパーで、なんとかメガリオン一体を倒す。
しかし、残る巨獣達は国防省へと迫っていた。

「くっそ、ジャスティパワーさえあれば!」



539 :復活!星の戦士たち(3):2006/11/24(金) 21:49:34 ID:zu88wGme0
「こっちにくる!うわーっ!」
「ライザーキャノン!!」
「って、あれっ?」
攻撃寸前の所だったスカレベレスが姿を消した。
「あれを見て!!」
レミーが指差した方を見ると、そこには幻星神ジュウライザーの姿があった。
「ジュウライザーよ!」
「真也が帰ってきたんだ!!」
「澪さん!!!」
そして、天堂澪が翔太達の所へ駆け込んできた。
「翔太君、ユカちゃん。ジャスティパワーを!」
「よっしゃ!」「うん!」

「「装着!!」」

「ジャスティライザー!」
「グレン見参!」「カゲリ参上!」
「「星神獣! 幻星獣ライゼロス召喚!」」
「はっ!ケンライザー!」「ニンライザー!」
「3大幻星神が揃った!」堀口が叫んだ。
「翔太!ユカ!行くぞ!」「まかせとけ!」「わかったわ!」
真也の声に答える2人。



540 :復活!星の戦士たち(4):2006/11/24(金) 21:56:22 ID:zu88wGme0
「あれが幻星神…」「くそぅ!直人さえいれば…」
「蘭!豪!前を見て!」
涼子が叫ぶが時既に遅く、トロイドンは目の前に来ていた。
「うわーっ!!」「豪さん!あれを!」
間一髪のところでタウロンのアーストライバーの一撃が炸裂した!
「直人さん!」「くっそ〜、おいしいとこ持ってきやがって。」
直人はすぐに言った。
「豪!蘭!ガンシーサーを呼ぶぞ!」
「はい!」「待っていたぞ!」
「「「超星神!ガンシーサー!!」」」

「ダイブ!イン!」直人が乗り込んだ。
「ライガーライアット!」

「すっげえ!あの時の超星神だ!」喜ぶ翔太。
「翔太!よそ見している暇はないぞ!マグナグラスパー!」
スカラベレスを吹っ飛ばすジュウライザー。
「解ってるって。はっ!ライザーセイバー!」

「うっ!」メガリオンの集団戦法に苦戦するライブモードのガンシーサー。
「あっ!直人さん!そうだ!」体制を立て直したガンシーサーに跨るケンライザー。
「翔太、何してるんだ?」「おいっ!オマエ」
「直人さん!行きますよ!」「あっ、ああ!燃えてきたぜ!」ケンライザーを乗せて
駆け出すガンシーサー。
「はぁっ!!ライディングライザーセイバー!」メガリオンの大群を切りつけた。
「直人さん!あの時の借り、返しましたよ!」
「おうっ! よーし!ウォーリアーモード!」

541 :復活!星の戦士たち(5):2006/11/24(金) 22:14:30 ID:zu88wGme0
「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!!」直人得意の重く、そして素早い格闘技で
メガリオンの数をどんどん減らしていくガンシーサー。

「メガヒートスラッシュ!」「サンダーバースト!」「タイフーンスライサー!」

幻星神の必殺技が巨獣達を蹴散らした!

「ユウヒ、第2動力炉ダウン!」
「構うな!攻撃開始!」
この隙を逃さず攻撃するレオガイアス。だが、ユウヒの
捨て身の超重量級のメガトンパンチにレオガイアスは倒れた。

「セイザーギア!」
ガンシーサーモードに変化した。
「マタドールッ!バァーストッ!」
ガンシーサーの一撃に、キングゼロは一撃で倒された。

「拓人!」「たっくん!」
拓人がいたはずの所に駆けつけた2人。生きているとは流石に予想していなかったが、
拓人はコスモカプセル・ライオン1の放つ光に包まれ一命を取り留めていた。

○堀口一郎、九条麗、九条優、雨宮涼子/セイザーヴェルソー、秤谷仁/セイザーダイル、早乙女蘭/セイザーヴィジュエル、
神谷豪/セイザートラゴス、三上辰平/セイザーギャンズ、伊達翔太/ライザーグレン、真田ユカ/ライザーカゲリ、本宮麗香、
御園木篤史 安藤拓人、レミー・フリーデ、安藤宗二郎、沖田宗一郎 →巨獣軍団を倒す

○平賀真也/ライザーガント、松坂直人/セイザータウロン、天堂澪→国防省に到着し、上のメンバーと共に巨獣を倒す
(真也たちと行動していた桂木達は別チームと合流した為、今は行動していない(どこの
チームかは書く人が自由に決めて結構です)


542 :国防省編書いてる香具師:2006/11/25(土) 12:49:50 ID:Mmpab1tH0
>>537-541
すいません、まだ「以後フリーです」と宣言してないんですけど…。

543 :名無しより愛をこめて:2006/11/25(土) 16:02:46 ID:AZkFb3JQO
>542
じゃあ、自分が考えてたネタを>537-541に繋がるように書き直したら?

544 :542:2006/11/25(土) 18:33:11 ID:MG8Wz2aq0
>>543
今考えてるやつじゃどう考えてもつながらないんです。ガントもタウロンも出てこないし…。巨獣全滅する前にまだ出す奴いるし…。

545 :名無しより愛をこめて:2006/11/25(土) 19:11:48 ID:AZkFb3JQO
じゃあ諦めるんだね。
「続きます」と書かなかった自分が悪い。

546 :朝から更新下妻編:2006/11/26(日) 07:46:04 ID:sB86g4taO
>>118 続き
楠木「あの…渋谷であって渋谷でないって、どういうことですか?」
渡来「それは口で話すより…彼等に聞いた方がいいと思うよ」
渡来が目線をやった先には、数人の少年少女達がいた。
ファラ「何だあいつら?」
イチコ「あたいには分かる…あいつらはここをシマにしてるんだ」
林田「なるほど…じゃあ、あいつらをシメちまえば暗闇指令の居場所がわかるって事だな…」
海堂「ちゅーことは…」
ナイ・メア「「やっちゃおうか♪」」
身構えるファラ達。それを合図として、少年少女達が襲いかかる。

阿藤「うわぁっ!ちょ、ちょっとちょっとヤバいんじゃないのぉ?」
イチコ「心配すんな!あたいらがコテンパンにしてやるぜ!」
桃子「正当防衛だから大丈夫ですよね」
αフォン、βフォン、γフォンを取り出し、仮面ライダーα、β、γに変身する三人。
それに続き海堂と長田もオルフェノクに、ナイとメアもバンキュリアに変身する。
神山「僕達も手伝いましょう!」
林田「よし、応援だ!」
マスクド「任せろ!」
前田「こういう時は大人しく避難した方がいいんじゃないか…?」
林田「馬鹿野郎!クロ高が舐められてもいいのか!」
坂本「そうだ!」
楠木「って、あたし達関係ないでしょ!」
坂本「いや…俺は今、猛烈に感動している!母校の為に闘う姿…これこそ青春だ!」
楠木「…そんなもんなのかなぁ?」
坂本「そうそう!」
楠木「(キャラ変わっちゃってるよ…)」
α「あのぉ…ちょっといいですか?」
林田「どうした?」
α「すいません…ピンチになっちゃいました」
地球防衛軍「何ぃぃぃぃぃっ!」

547 :名無しより愛をこめて:2006/11/26(日) 08:20:06 ID:sB86g4taO
謎のチームの足元には、無惨にもβやγ、バンキュリアやオルフェノクの姿が転がっている。
γ「な、何だこいつら…」
クレインオルフェノク「強い…何でなの…」
ミキオ「なーんだ…強そうなのは見た目だけかよ!」
パルハンズの一員、ミキオがクレインオルフェノクの頭を蹴り上げる。
クレインオルフェノク「ああうっ!」
スネークオルフェノク「由佳!」
ショータ「でも…こんなに多くの奴らシメちまって大丈夫かな?ロックオンされちまったら…」
北斗の子分「おい…あいつら何言ってるんだ?」
フレディ「…?(首を傾げる)」
阿藤「いやぁ…最近の若い子の会話はちょっとわかんないなぁ…何だかなぁ…」
渡来「どうやら『ロックオン』という言葉に何か意味があるらしいね…」
楠木「それより、みんなを助けなきゃ!」
坂本「だけど、どうすりゃいいんだよ…」
楠木「あ、元に戻った」
坂本「何のことだ?」
楠木「別に」
マスクド「考えても仕方ない、まずは行動だ!」
パルハンズに突進するマスクド竹野内。ゴリラとフレディがそれに続く。
メカ沢「助太刀するぜ…メカ沢…ビーム!」
メカ沢が変形し、辺り構わずビームを放つ。その威力に、周りが大パニックになる。
ミキオ「何だよこれ!話が違うぞ!」
リュウゴ「ちっ…何やってんだ、逃げるぞ!」
一網打尽に逃げていくパルハンズ。後には傷だらけのライダー達と、エネルギーを使い果たしたメカ沢が残った…

548 :名無しより愛をこめて:2006/11/26(日) 08:48:17 ID:sB86g4taO
前田「逃げたか…」
楠木「でも、みんなが…」
β「クソっ…ライダーに変身してんのに、何で勝てねぇんだ…」
悔しそうに地面を殴りつけるイチコ。ナイやメア、ファラも無言のままうつむいている。
だが桃子だけは…
桃子「負けは負けです。素直に認めましょう」
ファラ「ハァ?おめぇ…悔しくねぇのかよ?」
桃子「全然。むしろ清々しいくらいです」
イチコ「てめぇ…それでもライダーか!」
イチコが桃子の胸ぐらを掴む。だが、桃子もひるまなかった。
桃子「私だって…好きでライダーになったんじゃない!」
由佳「桃子ちゃん…」
桃子「本当はこんな所、来たくなかった…磯部さんのお店でMoi-meme-MoitieとかBODY LINEとかの服を買って、バカ親父からお金をちょろまかして、ゴスロリらしく生きたかった…もうライダーになって戦うのはイヤなの!」
イチコ「…そうかよ。だったら勝手にしな」
桃子を叩きつけ、背を向けるイチコ。
そのイチコが言った一言は、あまりにも非情だった。
桃子「言われなくたって…こんなベルトなんかいらない!」
αフォンとベルトを叩きつけ、一人走り去る桃子。
神山「桃子ちゃん!」
ファラ「ほっとけ。あいつが決めた事だ…それより、教授。これからどうする?」
渡来「うーん…」
渡来が考え込んでいるその時である。とある少年が声をかけてきた。
ツヨシ「お前ら、こんな所で何やってんだ?」
阿藤「え?いや、実はおじさん達この辺初めてでさぁ…ご飯食べて休める所探してるんだよねぇ」
ツヨシ「だったら、俺についてきなよ。うまい店紹介するぜ」
由佳「でも…」
渡来「今はメカ沢君をメンテして、君達の傷を癒やす事が先だ」
由佳「…わかりました」
イチコ「じゃあ、行こうぜ。ぐずぐずしててもしょうがねぇ。」
さっきの対立が嘘のように元気な声でツヨシについていくイチコ。その様子が逆に、一同に辛さを伝えていた…

549 :名無しより愛をこめて:2006/11/26(日) 08:54:15 ID:sB86g4taO
〇仮面ライダーβ/白百合いちご、仮面ライダーγ/スローブ星人ファラ、
クレインオルフェノク/長田由佳、スネークオルフェノク/海堂直也、バンキュリア/ナイ+メア、
地球防衛軍(神山、林田、前田、フレディ、ゴリラ、マスクド竹野内、竹野内、阿東快、北斗、北斗の子分)、渡来角之進、
楠木涼、坂本剛一→ツヨシに美味い飯をごちそうになる。
〇メカ沢新一→エネルギー切れ
〇竜ヶ崎桃子→仮面ライダーαのベルトを捨て、一人どこかへ走り去る
●パルハンズ→敗走


550 :542:2006/11/26(日) 09:34:27 ID:zuBflAnU0
>>545
確かに「続きます」と書いたつもりで書いてなかった俺に続きを独占する権利は無いですが、
>>537-541のガントやタウロンの出し方はいいんですか?
今まで他の話に出てたキャラは、フリーになるまで待つか、出さないで展開させてきてたんで、
こっちとしてもそうして解決させるつもりだったのに、こう事後承諾みたいな形でやられたんじゃあ
「こういう状況で王手決められてる。どうする?」という問いに「将棋盤ひっくり返せばいい」なんて
言われたような気がするんですが。

551 :名無しより愛をこめて:2006/11/28(火) 17:39:15 ID:JWCLSaED0
>>550
>>537-541はスルー。
今回だけだけだから、次からは続けたい時に「続きます」と一言書くように。

552 :名無しより愛をこめて:2006/11/28(火) 21:38:09 ID:ZX2lAbv80
ふざけるな 糞野郎

553 :542:2006/11/29(水) 20:40:07 ID:4/U7r76X0
>>551
わかりました。

554 :名無しより愛をこめて:2006/11/29(水) 20:43:52 ID:4y+LEoCy0
しねしね

555 :名無しより愛をこめて:2006/11/29(水) 21:43:35 ID:F3nK5aUl0
 〃//  ト,_ノ    / /|ミ|
   / /  ,-''")  ,..-| .|,,...,,,, `"''ヽ
  / /  / /  .;/~|i^|   `"、  ヽ,,    人,_,人,_,人,_,人,_,人,_,_,人,
 ,ノ..-!、 (_ノ   ,.l'  i'U|     ヽ   'l  < 仮面ライダー555アクセルフォームが  >
『(o■ )ロ[][i   {  |「:i|       }   } < マッハスピードで!!555ゲットだ!!   >
 i。|ミ|。にニコ   'l..  |V|       i   i   Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
/| | | |ヽ ||   'l. '|| |       l'  /\
| |  ̄.| |.|   ヽ、"iヘ    ,〃l"  /  〉、
|「  o  ~i 「|     ヘ...,ゞヽ三彡''"ヽ>'   /
、L __  」 |」      ヾ/^|^\〃、__,./」_ノ.,,
ヽヘ V | 77 ー―ァ ヾニニ/ ム∠´__ノ、
 ヾT~''Tミヽ   _ノ オ  ノ           オオオオォォォォ!!!!





556 :名無しより愛をこめて:2006/11/30(木) 00:01:06 ID:xtUlej7H0
::::::::::::::::::::::::......   ........::::::::::::::::::::::::::: ;;;;;;;::::::::::::::::::
           γ ⌒ ⌒ `ヘ
          イ ""  ⌒  ヾ ヾ    ドガァァァァァァァァン.....
        / (   ⌒    ヽ  )ヽ
        (      、 ,     ヾ )
 ................... .......ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ........... ........
 :::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ::::::::::::::.......::::::
  _ _i=n_ ._ [l_ .._....,,. .-ー;''!  i;;;〜−ヽ_ii_i=n_ [l h__
  /==H=ロロ-.γ ,〜ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ 「!=FH=ロロ
  ¶:::-幵-冂::( (    |l  |    )  )=HロΠ=_Π
  Π=_Π「Uヾ、 ⌒〜"""''''''⌒〜'"´ ノ;;'':::日lTΠl:::....
 Д日lTl,,..:''''"   ""'''ー-┬ーr--〜''""   :::Д日lT::::
 FH=n.:::::'            |   |         :::FL日l」:::::
 ロΠ=:::::.:.        ノ 从 ゝ
 口=Π田:::.                   .::::Γ| ‡∩:::::
 Γ| ‡∩Π::....                ...:::Eヨ::日lTlロ::::
 Д日lTlロ_Π::::.......            ...::::::::田:凵Π_=H:::
 =Hロ凵Π=_Πロ=HロΠ:::.................:::::::::::口ロロH「l.FFl



557 :ウルトラシリーズ防衛組織SS:2006/12/01(金) 19:28:25 ID:oc+vie+J0
http://2ch.pop.tc/log/06/12/01/0848/1140972269.html

558 :名無しより愛をこめて:2006/12/01(金) 19:33:52 ID:tz3md62A0
>>360
「ザコは僕達に任せるカブ!」
「プティット、目の前の敵を喰いとめましょう。」
「ええ、お姉ちゃん。」
カブタック達がビーロボとポワトリン姉妹デビラー兵を喰い止める。

「スターピースは渡すか!」
「ほう、剣で戦うのか、ならば私が相手だ!」
ティラノレンジャーが龍撃剣を構えると、サンダールも赦悪彗星刀を構える。

「これでもくらいなさい!」
「どかん!」
ドラゴンレンジャー達、他のジュウレンジャーはサンダール達と戦うが三人の光線攻撃に歯が立たない。
「冗談じゃねえよ!」
「イッヒッヒ、ボキ達を侮っちゃうとこうなるんだよ〜。」
トリケラレンジャーが三人の強さにたじろぐが、サタラクラは挑発するように笑う。

559 :名無しより愛をこめて:2006/12/01(金) 19:36:35 ID:tz3md62A0
ティラノレンジャーはサンダールに押されていた。
「くっ、なんて強さだ…。」
「ほう、地球のヒーローとはそれ程なのか?」
サンダールはティラノレンジャーを剣の間から睨み付ける。

「ふざけた風貌とは思えない位強い…。」
ドラゴンレンジャーが呆然とする。
「強いも何もこれがあるからね♪」
フラビージョはスターピースを取り出す。
「スターピースを持っとたんかいな!」
スパイドンがそのスターピースを見て驚く。
「あんた達が持っているのもお見通しよぉ〜。」
ウンディーヌがジュウレンジャー達の持つスターピースを取とろうとする。

このまま、スターピースは四本槍の手に渡ってしまうのか!?

・ジュウレンジャー(ティラノレンジャー/ゲキ、トリケラレンジャー/ゴウシ、マンモスレンジャー/ダン、タイガーレンジャー/ボーイ、プテラレンジャー/メイ、ドラゴンレンジャー/ブライ)、
 ビーロボ(カブタック、クワジーロ、トビマスカイ、ガニラン、スパイドン、ダンゴロン、ゲロタン、コブランダー、シャークラー、テントリーナ)、ポワトリン/村上ユウコ、ポワトリンプティット/村上モモコ
 VSジャカンジャ四本槍(サンダール、フラビージョ、ウェンディーヌ、サタラクラ)、デビラ兵

560 :名無しより愛をこめて:2006/12/01(金) 23:32:46 ID:VRNkLpMj0
宇宙の果てにある墓場。
そこで、かつてウルトラの父に破れたエンペラー星人が封じられていた。
そこに集まる無数の光。
激しい衝撃と共に空間が裂け、エンペラー星人が復活を果たした。

●エンペラー星人復活 (タロウに出てきたので無問題です)

561 :シリアスな流れになってきた下妻編:2006/12/04(月) 18:37:13 ID:MI1rAt210
>>549続き
「ここだよ」
ツヨシがビルの一室に案内する。
ファラ「おいおい…またビルの一室かよ」
ツヨシ「また?」
ファラ「あたし達、一回こうやって騙されてさぁ…あの時は酷い目にあったぜ。な?」
ファラがイチコに問いかける。が、イチコは返事をしない。
前田「おい…聞いてんのか?」
イチコ「あ、ああ…何の話だっけ?」
呆然と答えるイチコ。明らかに気力がない。
坂本「…さっきの事、堪えてるみたいだな」
怪堂「ああ…でも、俺達にはどうしょうもねえよ」
話し続ける坂本らをよそに、ツヨシが扉を開ける。
ツヨシ「ケンゴさん、いますか?」
ケンゴ「おう…って何だ何だ、お前シブヤ慣れしてねぇとか言ってもうそんなに仲間ができたのかよ」
イチコ「…仲間じゃねえ。偶々そこで会っただけだ…」
トゲのある言い方に、一瞬空気が凍りつく。
だが、ケンゴはそれくらいでは動じなかった。
ケンゴ「ま、いいや…とりあえず…ひの、ふの…よし、何とか作れるな」
渡来「?」

562 :シブヤ編:2006/12/04(月) 18:44:08 ID:MI1rAt210
ケンゴ「よし…出来た。特製ソースカツ丼だ」
ファラ「おっ、旨そうじゃねえか!いっただきまーす!!」
ナイ+メア「「いただきまーす!!」」
ご馳走にありつき、ファラ達の顔が緩む。
だがその中で、まだ表情を曇らせていた者がいた。
イチコ「…」
阿藤「あれぇ?イチコちゃん食べないのぉ?なんで?」
イチコ「…いらねぇ…」
阿藤「えーっ!!勿体無いなぁ…なんだかなぁ…」
ツヨシ「せっかく作ってくれたんだ、ちょっとくらい食べてやれよ」
イチコ「いらねぇっつってんだろ!!」
ケンゴ「ああ、いい…無理に食うな。これは俺が夜食にするよ」
長田「ところで…ケンゴさん、でしたね。実は私達、この世界の住人じゃなくて…」
ケンゴ「見りゃわかるよ。シブヤにゴリラやロボがいるかよ」
海堂「なら話がはええ。この世界ってのはよ…一体どうなってんだ?ロックオンって何だよ?」
ツヨシ「…それは、俺から話すよ。もっとも、俺もこの世界の事良く知らねえけど…」
渡来「うん、分かる範囲で頼むよ」
ツヨシ「ああ、実は…」

563 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 18:53:37 ID:MI1rAt210
状況を聞いて、渡来たちの顔が険しくなる。

ツヨシ「ごめん…あんまり説明上手くなくて…」
神山「いや…教授、この世界を脱出する方法はないのでしょうか?」
渡来「うーん…手探りで探してくしかないねぇ…」
ケンゴ「そうだツヨシ…悪いがエマを探してきてくれねぇか」
ツヨシ「あっ…わかりました」
楠木「エマ?」
ケンゴ「ああ。うちで働いてる子なんだが…いつまでたっても連絡が取れねぇんだ」
ツヨシ「分かりました、探してきます」
海堂「俺も行くぜ。戦力は多い方がいいだろうしな」
長田「じゃあ…私も行きます」
メア「私達はどうしよ?」
ナイ「うーん…行っちゃおうか☆」
ファラ「よし!あたしらも行くぜ!」
イチコ「…いい…」
ファラ「ああん?」
イチコ「いいって言ったんだよ!!行きてぇなら勝手に行きな!!」
前田「おい、そんな言い方…」
ファラ「…わかったよ。そうやっていつまでもウジウジしてろよ」
イチコ「何だと…」
ファラ「今のお前…最高にかっこ悪いぜ」
イチコ「…てめぇ!!」
ファラに飛び掛ろうとするイチコ。それをケンゴが制した。
ケンゴ「…ここじゃ揉め事はご法度だ。やるなら外でやれ」
ファラ「…ちっ。わかったよ…」
渡来「じゃあ、僕はメカ沢君の様子を見るとするよ。フレディ君はどうする?」
フレディ「…(テレビを指差す)」
ケンゴ「ああ、テレビか…?好きに見ていいぜ」
フレディがテレビをつけると、そこには…

「プ ー タ ン」の四文字が写されていた。

564 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 19:00:04 ID:MI1rAt210
結局、エマを探すのはファラ・バンキュリア・長田・海堂・そしてツヨシの六人になった。

ナイ「ねぇねぇ、エマちゃんってどんな人?」
メア「もしかして…ツヨシ君の彼氏?」
ツヨシ「そ、そんなんじゃねえよ…////」
海堂「いいってことよ。青年負い易く、学ナントカって言うじゃねえか」
ツヨシ「だからそんなんじゃねぇって…エマは、パルハンズでパシリになってた俺を助けてくれたんだ」
長田「パルハンズって…さっき私達を襲った人たちですね」
ファラ「あいつらマジうぜぇよなぁ…今度会ったら厚底キックでギッタギタにしてやるぜ!」

そんな話をしていた時である。
「キャーッ!!」
長田「悲鳴!?」
ツヨシ「あっちだ、行ってみよう!!」

565 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 19:11:29 ID:MI1rAt210
ツヨシ達が向かった先には、パルハンズが…そしてエマがいた。
リュウゴ「だりぃな…今更悲劇のヒロイン気取りかよ…」
金網に叩きつけられたまま、体を起こすエマ…その目線の先には、アサギがいた。
アサギ「…」
ミキオ「リュウゴさん…さっさとやっちまいましょうよ。俺達までロックオンされちゃたまんないっすよ」
リュウゴ「そうだなぁ…俺もヨジレになんざなりたくねぇしな!!」
アサギ「…っ!!!」
リュウゴ「そんじゃそろそろ行きますか…」
鉄パイプを手にエマに殴りかかろうとするリュウゴ。そのときである。
海堂「待てっ!!」
リュウゴ「あん?」
ファラ「てめぇら…よってたかって何やってんだよ!」
リュウゴ「これはこれは…さっき俺達にボコられたザコどもじゃん」
長田「今度は負けません!!」
クレインオルフェノクに変身する長田。海堂もスネークオルフェノクに変わる。
メア「ナイ、私達もいこ☆」
ナイ「うん…やっちゃおうか!!」
ナイとメア、二人の体が融合してバンキュリアになる。
ファラ「てめぇら…今度こそギッタギタにしてやるぜ!」
γフォンを取り出し、ファラも仮面ライダーγに変身する。
ツヨシ「あ、アサギ…お前…」
スネークオルフェノク「なんだ、知り合いか?」
ツヨシ「あいつは攻撃しないでくれ!俺の仲間なんだ!」
ファラ「わかったよ…みんな行くぜ!!」
Sオルフェノク、Cオルフェノク、バンキュリア「おうっ!!」

566 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 19:12:26 ID:MI1rAt210
・仮面ライダーγ/スローブ星人ファラ、クレインオルフェノク/長田由佳、スネークオルフェノク/海堂直也、
 バンキュリア/ナイ+メア VS パルハンズ
○地球防衛軍(神山、林田、前田、フレディ、ゴリラ、マスクド竹野内、竹野内、阿東快、北斗、北斗の子分)、
 楠木涼、坂本剛一→タトゥーショップ「KOYA」に残る。
○渡来角之進→メカ沢を修理。
○仮面ライダーβ/白百合いちご→出動せず


567 :国防省大決戦!2 ウオノメ・マナコ特別遊撃隊:2006/12/04(月) 23:49:07 ID:lvx4nk7Y0
>>515
ゾラ「巨獣軍団、全て転送致しました」
ハデス「うむ。いよいよだな」
バッカス「ここ国防省は、バルカンベースとやらに勝るとも劣らぬ地球防衛の拠点。ここを我等が落としたともなれば、
     ウオノメ・マナコにおけるハデス様の株も上がるというもの」
ハデス「わかっておるわ!ゾラ!バッカス!サイバーナイト、デストコマンドの準備はいいか!」
ゾラ「もちろん、すでに準備完了しております」
バッカス「こちらもです。ただ、デモンナイトはともかく、ダン・ハウザーの行方が知れぬ為、総員と言うわけにはいきませんが…」
アドロクス「こちらからも腕利きのレジェンダーを2名、クロガネ様より借り受けております」
ハデス「よし、出撃!」

翔太「あれは、俺達が倒してきた巨獣じゃないか!」
御園木「馬鹿な、何故ここのレーダーにひっからずに来ることができた?」
堀口「いや、今はそれよりもあいつらを倒すことの方が先です」
突如現れた巨獣達の対策に焦る戦士達。彼等に今出撃させられる巨大戦力は、無い。
涼子「…グランビークルで行くしかないわね」
御園木「こちらからもメーサータンク部隊他、出撃できるものは出そう。…く、ユウヒを出撃させていなければ…」
豪「なら行くぞ!装着!」蘭「装着!」
豪と蘭の2人の姿が、山羊座と乙女座の戦士であるセイザートラゴスとセイザーヴィジュエルのそれに変わってゆく。
豪・蘭「「ダイブ、イン!」」
どこからか召喚された大地のトライブ専用グランビークル「アーストライバー」2機に、それぞれ2人が吸い込まれてゆく。

568 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 23:49:57 ID:lvx4nk7Y0
辰平「俺達も!装…」
「大変です!」
そこへ慌てて入ってくる「月光」の隊員。
御園木「どうした!」
「あの怪獣(※巨獣)達以外にも別の一団が現れました!」
全員「なんだって!?」
「ここももうじき危険になります。早く避難を…」
翔太「…あ、あれは!ハデスの戦艦じゃないか!」
窓の外には、ゆっくりと近づいてくるハデスの戦艦が近づいていた。

カイザーハデスは、自身の戦艦から国防省全域に対して一方的な通信を送りつけていた。
ハデス「聞けい!国防省とやらにいる者達よ!我々は、カイザーハデス軍改めウオノメ・マナコ特別遊撃隊!」

ウオノメ・マナコ特別遊撃隊。
それは、兄クロガネと共に蘇ったハデスが、兄と当時の会長ベンゼン星人に頼みこんで結成した、旧ハデス軍を中心に構成されたハデスの私兵集団である。
その結成を待ってようやく活動を開始したハデスは、「ウオノメにカイザーハデス有り」と言わしめるだけの成果を立て、自分がウオノメ・マナコ内で
のしあがるため、手始めに地球防衛の首脳の一つを倒そうと考えついた。
そのためにどこを攻めるべきか悩んだのだが、当時まだウオノメにいたX星人により国防省の襲撃を勧められ、それにのったため、今ここにいるのである。
ちなみにハデスの行動を危惧したクロガネが、その行動を監視させるために自分の腹心であるアドロクスをハデスの下につけており、
そのアドロクスはウオノメの方針を考えて襲撃に反対したが、ハデスはその言葉に聞く耳を持たず、加えてアドロクス自身も国防省に個人的な恨みがあった
ため、この攻撃に、少なくとも表向きには積極的に参加しているのだ。

569 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 23:50:52 ID:lvx4nk7Y0
アドロクス(馬鹿!ウオノメ・マナコの名前を出すなんて…ちょっとは考えってものがないのかしら?)
ハデスが発った時点のウオノメ・マナコの、地球破壊のみを目的とし、争いはあまり起こさない、という方針を是と考えていたアドロクスは、
いきなりのハデスの発言に絶句した。しかし、言ってしまった以上、今更止める訳にもいかず、内心でハデスを罵るしかできなかった。
ハデス「我々の目的は地球の破壊。そのため、邪魔になりそうな奴等の一員であるお前達を手始めに潰しに来たのだ!
    だが、お前達が武装を放棄し、私に従うならばお前達の命は保証しよう!さあ、返答は…」
「ふざけるな!」
ハデス「!?」
突如、国防省内のスピーカーから聞こえてきた拒絶の言葉に、今度はハデスが絶句する番であった。

???「今俺達がこうしている間にも、バルカンベースや008では理不尽な暴力に対して必死に立ち向かってる者達がいるんだ!
    ここで俺達だけ貴様などに屈してしまう訳にはいかない!」
いきなりの声に、内容はともかくそのタイミングには戦士達も驚いた。加えて、発言者がわからないことも驚きの理由の一つにもなっている。
拓人「誰が喋ってるんだ?」
宗二郎「…あいつか。無茶はあいかわらずだな」
???「これは俺だけの発言ではない!ここに集っている者達はみな同じ考えでいる、と俺は思っている!」
スピーカーを通して、発言者の周りにいるらしい者達からも「そうだ!」などと同意を示す声が多数挙がってくる。
???「繰り返す。ハデスとやら、俺達は貴様などに屈したりはしない!」
ハデス「貴様…よくもそこまで言えたものだな…!何者だ!」
???「国防省総司令官、神宮司 翼だ…!」
ハデス「ほざきおって…その言葉が何を意味するかわかっているだろうな!全軍、攻撃開始!国防省を瓦礫の塊に変えてやるのだ!」

ゾラ「少しは迷うこともあると思いましたが…」
バッカス「神宮司、とか言いましたな。地球人ながらたいした男です」
ハデス「…少々時間が早まったが、こうなることは予想できていた。巨獣達とサイバーナイト、デストコマンドに攻撃を開始させよ!我々も出るぞ!」

570 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 23:51:38 ID:lvx4nk7Y0
御園木「総司令官…」
翔太「俺達の言いたいことを言ってくれるなんて、凄い人だな!」
『月光』隊員「御園木課長、奴等の仲間と思われる一団が侵攻し始めました!怪獣達も攻撃を開始してきます!」
涼子「聞いたわね。装着!」
仁・辰平「装着!」
涼子の合図をきっかけに、3人がそれぞれ水瓶座・天秤座・蟹座の戦士へと装着してゆく。
ヴェルソー「私達は小さい奴等を相手にする。そっちは怪獣を頼むわ」
グランセイザー共通の変身アイテムでもあるナックライザーを通して、既にグランビークルに乗り込んでいる2人に連絡を入れる。
トラゴス「わかった!」
御園木「頼む、ユウヒが戻るまでだけでも耐えてくれ…!」
そのまま御園木は部屋の通信端末から、国防省の地上戦力の出撃要請を発信する。
ユカ「私達も…」
麗香「待って。今のままじゃ装着できないんでしょ?」
翔太「だからって、あの総司令官とかの言葉を聞いて黙って見てるなんかできないぜ!それに、相手はあのハデスなんだ!」
ユカ「そうよ。第一、以前は麗香さんだって装着しないでも戦ってたでしょ?私達にだってそれくらいはできる!」
麗香「あ…」
言葉につまる麗香。どうやらジャスティライザー達の士気も高いようだ。
堀口「麗、優、お前達は今のうちに避難するんだ」
麗「それはないでしょドクター。私達だって剛と一緒にクラウンと戦ってきたのよ?」
優「そうだよ!僕達も戦うよ!ほら、念のためにと思ってパワーアクセレーターも持ってきてあるんだ!」
パワーアクセレーター。麗と優のためにかつてドクターが作ったプロテクターである。
麗は脚に、優は腕に、と装着箇所こそ違うが、どちらも装着した人間の能力を何十倍にも増幅することができる。
堀口「…わかった。じゃあ、せめてこれを使ってくれ」
麗「これって…これもパワーアクセレーター?」
堀口「万が一、と思って作っておいたんだ。麗用の腕パーツと優用の脚パーツだ」
これで、2人とも腕と脚にパワーアクセレーターを装着して戦うことができる。
堀口「本当なら役に立たなければよかったんだがな…。麗、優、気をつけろよ」
優「大丈夫!任せてよ!」
麗「後で剛がここにくるんだから。それまでにやっつけるわ!」

571 :国防省大決戦!2 とりあえず今回はここまで:2006/12/04(月) 23:52:25 ID:lvx4nk7Y0
拓人「俺も負けてられない!奴等と戦うぜ!」
グランセイザーら星の戦士達が会議室から戦いに出た頃、地下ドックでは拓人も士気を高めていた。
宗二郎「…止めても無駄だろうな。なら、ここを守っていてくれ」
拓人「ここを?」
宗二郎「轟天の最終調整がこれからなんだ。これを終わらせればこいつも出撃できる。そうすれば少しは外の戦いの助けになるだろう。
    それに、神宮司の奴がいるのもここなんだ」
そう言って轟天の方を示す。どうやら神宮司司令は轟天の中にいるようだ。
拓人「そうか、わかった!…レミー、お前は?」
レミー「戦うわ。私だって、シャーク隊長に散々鍛えられたんだから」

○堀口一郎、九条麗、九条優、雨宮涼子/セイザーヴェルソー、秤谷仁/セイザーダイル、早乙女蘭/セイザーヴィジュエル、
神谷豪/セイザートラゴス、三上辰平/セイザーギャンズ、伊達翔太、真田ユカ、本宮麗香、御園木篤史
→ウオノメ・マナコ特別遊撃隊を迎撃に向かう
○安藤拓人、レミー・フリーデ→国防省地下ドックを守る。
○安藤宗二郎、神宮司翼→迎撃戦艦轟天の最終調整を急ぐ
●巨獣軍団(トロイドン、バグリアン、スカラベレス、キングゼロ、レオガイアス、量産型メガリオン数体)→国防省に攻撃開始
●カイザーハデス、ドクターゾラ、ゼネラルバッカス、コマンダーアドロクス、サイバーナイト(全員)、
 デストコマンド(デモンナイトとダン・ハウザー以外全員)、レジェンダー(ヴァルカン、ギャメリオン)→国防省に攻撃開始

まだ続きます

572 :sh15uya編:2006/12/05(火) 17:11:25 ID:P4oU6+VY0
>566続き
ファラ達が戦っているころ…桃子は一人、町を歩いていた。
そんな桃子に、声をかける男…ブンカムのリーダー・DJである。

DJ「YO!なあ、どこ行くんだよ」
桃子「…別にどこだっていいじゃないですか」
DJ「そんな怖い顔するなよ。YO、あんた…ブンカムに入らねぇか?」
桃子「ブンカム?」
DJ「俺たちのグループだよ。YO、頼む…お願いだよ…今俺たちすっげぇやべぇんだ」
桃子「生憎、私は泡沫候補に興味はありませんから」
DJ「そんな事いわないでさ…」
桃子を追うDJ。その時である。
DJ「危ない、上!!」
桃子「えっ!?」
桃子が空を見上げると、人が…まるで落ちることが快楽であるかのように降ってきた。
桃子「きゃっ!!」
慌ててよける桃子。だが、落ちてきた男は微動だにせず…地面にたたきつけられた。

桃子「きゃあああああああああああっ!!!」

573 :sh15uya編:2006/12/05(火) 17:21:47 ID:P4oU6+VY0
DJ「な、分かったろ…このままじゃ俺までやべぇんだよ…頼むよ」
ぐちゃぐちゃになった死体を見ながらDJが焦った様子で詰め寄る。
桃子「お断りします!!!私は…決めたんです。もう戦わないって…」
DJ「…わかったよ。だけどな…次に死ぬのはお前かもしれねぇぞ!」
桃子「お構いなく。自分の体は自分で守りますから…」

そう言って歩き出そうとする桃子。だが…彼女の周りを複数の女達が囲む。

ナミ「らしくないじゃんDJ…ソトの人間に頼るなんてさ」
桃子「貴女達は…?」
ナミ「うちらはラブゲン…ま、ブンカムとは腐れ縁みたいなもんかな?」
桃子「ラブゲンってことは…もしかして、この子を知ってますか?」
カバンからアサギの写真を取り出し、ナミに見せる桃子。
写真を手にした瞬間、ナミの顔が醜く歪む。
ナミ「なぁんだ…あんた、ヨジレの仲間なんだね」
桃子「ヨジレ…?」
ナミ「知らないなら知らなくてもいいよ…ぶっつぶすまでだからさ!!」
ナミの合図とともに、ラブゲンのメンバーが桃子に襲い掛かる。
桃子「キャッ…」
慌てて公衆トイレに逃げる桃子。

574 :sh15uya編:2006/12/05(火) 17:36:25 ID:P4oU6+VY0
個室に鍵をかけ、一人閉じこもる桃子。周りはラブゲンだらけである。
桃子「何で…どうして追ってくるのよ?」
「知りたいかえ?」
聞き覚えのある声に振り向く桃子。そこには…ベルトを渡したババァがいた。
桃子「あなたは…」
ババァ「イーッヒッヒッヒ、お困りのようじゃねぇ」
桃子「別に…」
ババァ「隠さなくてもいいよ…あの腐れ外道どもに追われてるんじゃろ?」
桃子「…はい…」
ババァ「ならばどうしてライダーに変身せんのじゃ?ベルト渡したじゃろうが?」
桃子「私は…もうライダーにはなりません。ベルトはどこかに捨てました」
ババァ「何じゃと?バカめ…ベルトがなくてどうやって戦うんじゃ」
桃子「もう戦いたくないんです…」
ババァ「この腐れマ○コめが。いいかい、あんたが望む望まないにかかわらず、
    今世界中…いや、全銀河、全次元が戦いに巻き込まれとるんじゃ」
桃子「えっ…」
ババァ「あんたが戦いたくないならそれでもええ。だけどな、どこに逃げても…
    戦いは続くんじゃ。逃げきれんほどにな…」
桃子「…」
桃子の体が震える。
逃げる事ができないとすれば、どうすればいいのか…
答えは分かっていたが、その結果にたどり着くのを脳が拒否している。
その様子を知ってか知らずか、ババァがズタ袋から何か取り出す。
ババァ「ホレ、ベルトじゃ。ババァが拾っておいたぞえ」
桃子「これは…」
ババァ「ちょっとだけ細工をしといたわ…まあ、どう使うかはお前次第じゃな…」
そういうと、ババァは振り向き…鏡の中へ消えていった。
桃子「あのババァはいったい…」


575 :sh15uya編:2006/12/05(火) 17:42:54 ID:P4oU6+VY0
考える間もなく、扉が叩き壊される。エマを中心としたラブゲンの奴等だ。
エマ「やれーーーーーーーーーー!!」
襲い掛かるラブゲン達。それを避けるかのように、桃子がαフォンを押す。
1、1、1…
standing by...
桃子「変身!!」
comprete...
仮面ライダーαに変身する桃子。その目に迷いはなかった。

エマ「な、何よあのカッコ…」
DJ「あいつがいれば、パルハンズやピースだって…
   YO、頼むぜ!俺たちのために戦ってくれよ!!」

α「…嫌です…私が戦うのは…誰のためでもない…私のためだぁっ!!」

576 :sh15uya編:2006/12/05(火) 17:57:56 ID:P4oU6+VY0
一方…オルフェノク達は、パルハンズ達を一人、また一人と倒していく。

クレインオルフェノク「覚悟しなさい…あとはあなただけです!!」
リュウゴ「フン…フハハハハハ…マジだりぃなぁ、おめぇら…」
スネークオルフェノク「な、何だ…こいつ、いかれちまったか?」
リュウゴ「イカレてなかいねぇよ…俺には…これがあるんだよっ!!」
おもむろに服を脱ぎだすリュウゴ。そこには…マッスルギアを着込んだボディがあらわになった。
バンキュリア「なっ、何だよあいつ…」
リュウゴ「この体さえあればおめぇらなんか怖くねぇ…行くぜ!!」
スネークオルフェノクとクレインオルフェノクに手を伸ばし、地面にたたきつけるリュウゴ。
そのまま右手でスネークオルフェノクを、バンキュリアに向けて放り投げる。
バンキュリア「ああっ!!」
γ「ど、どうすりゃいいんだよ…」
リュウゴ「おめぇも死ね!!」
焦るγにもリュウゴの鉄拳が飛ぶ。まるで紙のように、γが跳ね飛ばされた。
γ「う、うーん…」
クレインオルフェノク「ファラ!!」

577 :sh15uya編:2006/12/05(火) 18:00:44 ID:P4oU6+VY0
ババァ「…あんたもそろそろ潮時だねぇ…」
ファラ「…えっ?」
ババァの声に目を覚ますファラ。
すると、今まで戦っていた場所は消え…代わりにどこまでも闇が広がっていた。
ババァ「イーッヒッヒッヒ…どうやら、大ピンチみたいじゃね…」
ファラ「あんた確か…頼むよ!!このままじゃあたい達全滅だ!!」
ババァ「よぉし…取って置きの手を使うとするかね。ただし…これを使うと、あんたの体が持たなくなるよ…」
ファラ「何だっていい!早く!!」
ババァ「分かったわかった…そんなにせかすんじゃないよ…次に目を覚ましたとき、γは最大の力を発揮する」
ファラ「よし!!」
ババァ「だけど…あんたは確実に死ぬよ。それでもいいのかい?」
ファラ「…っ…」
一瞬躊躇するファラ。だが、覚悟を決める。
ファラ「いいよ…どうせあたしはいつも一人だ。死ぬときだって一緒さ」
ババァ「そうか…ならば…」
ババァの体が光に包まれ…神崎士郎へと変わっていく。
士郎「戦え!!!」

578 :sh15uya編:2006/12/05(火) 18:20:17 ID:P4oU6+VY0
気を失っているγを尻目に、リュウゴがクレインオルフェノクらを痛めつけていく。
リュウゴ「ヒャハハハハ!だりぃな…みんな死ねよ!!」
γ「…死ぬのはてめぇだ!!」
リュウゴ「何だと…?」
リュウゴが振り向くと、そこには真っ赤に染まったγの姿があった。
スネークオルフェノク「おい…あれは…」
クレインオルフェノク「…γにあんな機能があるなんて…」
γ「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」
γがリュウゴに向かってキックを放つ。リュウゴが勢い良く吹き飛ばされ、建物をなぎ倒していく。
その様子を、アサギとエマを連れて逃げていたツヨシが呆然と眺めている。
ツヨシ「何だあの力…」
エマ「わかんない…でも…あれは『使ってはいけないもの』だ…」
ツヨシ「何だって…?」
エマ「あんな事をしたら…多分…」

579 :sh15uya編:2006/12/05(火) 18:22:28 ID:P4oU6+VY0
崩れ落ち、変身を解くγ。そこにナイ達が駆け寄る。
ナイ「大丈夫、ファラちゃん!?」
メア「さっきの力は…」
ファラ「ああ…あれか…へへっ、悪いな…ちょっと無茶しちまった…」
海堂「おい…大丈夫かよ!!」
ファラ「…ダメだと…思う…」
長田「そんな事言わないで下さい!!」
ファラ「いや…分かるんだよ…あのな…イチコと桃子に…伝えてくれ…
    あんた達は…本当は…すっげぇいいコンビなのに…どうしちまったんだ…
    今までみたいに…仲良くやって…」
海堂「おい…おい!!マジかよ!!!」
ファラ「…それから…イチコの事…責めねぇでやってくれ。
    多分…あいつは道を見失ってる…だけだから…」
ナイ「…ファラちゃん!!」
メア「ファラちゃん!!」
ファラ「…必ず…伝えてくれよ…頼んだ…ぜ…」
ファラの腕から力が抜け、腕にタトゥーが浮かぶ…
ファラ「…『いってきます』…」
海堂「おい…ファラ…ファラああああああああああああああああ!!」

○スネークオルフェノク/海堂直也、クレインオルフェノク/長田由佳、
 バンキュリア/ナイ+メア、アサギ、エマ、ツヨシ→パルハンズを撃退
○仮面ライダーγ/スローブ星人ファラウェイ→死亡
●リュウゴ→吹き飛ばされる

580 :名無しより愛をこめて:2006/12/10(日) 23:00:29 ID:n6xDs6RL0
保守age

581 :名無しより愛をこめて:2006/12/12(火) 15:01:01 ID:2j1pXNoO0
???「死ね」
リュウゴ「うわあああああああああ」

●リュウゴ→何者かに殺される
△???→リュウゴを殺害する

582 :名無しより愛をこめて:2006/12/12(火) 18:47:19 ID:r2OakYV60
ファラを失った事で悲しみにくれる海堂達。
その悲しみは深く彼らはこの場から一歩も動こうとはしなかった。

「バサッ…。」
一同の前に何かが投げつけられてきた。
「リュウゴ…!?」
エマがそれを見てリュウゴだという事に気づく。
リュウゴはマッスルギアを装着したままであった。
「こいつ、さっきの…。」
海堂もリュウゴの死体を見て驚く。

その時、どこからとも無く鎖鎌が一同に振りかざされる。
「一体誰なのよ!」
「もーっ!」
ナイとメアの二人が声をあげる。

583 :名無しより愛をこめて:2006/12/12(火) 18:49:20 ID:r2OakYV60
「…。」
その鎖鎌を投げつけた男は静かに一同の前に姿を現した。
「サンタクロース…?」
由佳がその姿を見て唖然とする。
あのサンタクロースそのものであった。
「こいつがリュウゴを殺したのかよ。」
ツヨシがリュウゴを殺したのをそのサンタクロースだと確信する。

サンタクロースは鎖鎌を振り回しながら不気味に迫ってきた。

・スネークオルフェノク/海堂直也、クレインオルフェノク/長田由佳、
 バンキュリア/ナイ+メア、アサギ、エマ、ツヨシVSサンタクロース

サンタクロースは映画「楳図かずお恐怖劇場」に登場します。
ttp://www.umezu-movie.com/

584 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 19:32:34 ID:Kpd0eicZ0
>>559
「ビュッ…!」
「きゃっ!」
その時、何処からか鞭が飛んできてウンディーヌの手元に命中する。
その反動で彼女はスターピースを落としてしまう。
「あっ、スターピースが!?」
譲がその落ちていくスターピースを受け止める。
「もう〜、誰なのよ。」
フラビージョが鞭の方向を向く。

「げっ、あいつは昨日の!」
サタラクラが鞭の主を見て驚く。
「私は弱き者、正しき者の味方…レッドタイガー!」
その鞭を振るったのは、レッドタイガーであった。

585 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 19:33:17 ID:Kpd0eicZ0
「さあ、ここまでだ!」
「ぐっ…。」
サンダールがティラノレンジャーに剣を振るう。
「あれは…!」
レッドタイガーがサンダールに気づくとサンダールに鞭を振るう。

鞭がサンダールに当たりティラノレンジャーと距離が離れる。
「あの敵は私に任せて、仲間の元に行くんだ!」
「あ…ああ。」
ティラノレンジャーはレッドタイガーに促され、カブタック達の方に向かって行った。

「昨日のヒーローか、相手にとって不足は無い!」
「行くぞ、正義に敗北は無い!」
レッドタイガーとサンダールは互いをにらみ合う。
「ならば…バルシオン発進!」
サンダールはランカー商会から与えられたバルシオンを呼ぶ。

586 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 19:39:09 ID:Kpd0eicZ0
「あ、何か来たぜ。」
シャークラーが空を見ると4機のバルシオンが空から降り立つのを見つける。
そして、そのバルシオンはそれぞれ赤、青、緑、ピンクの四色で彩られていた。

「みんな、バルシオンに乗り込むぞ。」
サンダールに促され四本槍はバルシオンに乗り込む。

サタラクラ「グフフフフ、踏んじゃうよ〜。」
ウンディーヌ「もう逃げられないわよ。」
フラビージョ「ピンクのロボット、かわいい〜。」
サタラクラは緑、ウンディーヌは青、フラビージョがピンクと、それぞれのバルシオンに乗り込む。

「あれだけのロボットを、冗談じゃねぇよ!」
トリケラレンジャーがバルシオンを見て驚く。

「よし、反バイオ粒子砲、発射だ!」
サンダールの指示で四機のバルシオンは一斉に反バイオ粒子砲を放つ。
一同は何とか避けるが、その破壊力は凄まじかった。

・ジュウレンジャー(ティラノレンジャー/ゲキ、トリケラレンジャー/ゴウシ、マンモスレンジャー/ダン、タイガーレンジャー/ボーイ、プテラレンジャー/メイ、ドラゴンレンジャー/ブライ)、
 ビーロボ(カブタック、クワジーロ、トビマスカイ、ガニラン、スパイドン、ダンゴロン、ゲロタン、コブランダー、シャークラー、テントリーナ)、
ポワトリン/村上ユウコ、ポワトリンプティット/村上モモコ、レッドタイガー
 VSバルシオン(ジャカンジャ四本槍)
●ジャカンジャ四本槍(サンダール、フラビージョ、ウェンディーヌ、サタラクラ)→バルシオンに乗り込む。

587 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 14:53:30 ID:7Lh62V170
てすと

588 :名無しより愛をこめて:2006/12/25(月) 23:04:50 ID:WPvPcYID0
>>586
反バイオ粒子砲の爆炎が消えるとレッドタイガーが前へと出た。
「ならば…ランボールジャイアンート!」
レッドタイガーは巨大ロボ、ランボルジャイアントを呼び出した。

すると空から100メートルにも及ぶ巨大ロボが降り立った。
それこそがランボルジャイアントであった。
「す、凄いデカイけど…」
サタラクラが驚く。
「奴らの仲間なのか!?」
コブランダーがランボルジャイアントを四本槍のメカだと思ってしまう。

「トゥ!」
レッドタイガーがランボルジャイアントに乗り込んだ。
「あいつ、あのロボットに乗り込んだぞ」
シャークラーがそのレッドタイガーに気づく。

589 :名無しより愛をこめて:2006/12/25(月) 23:06:40 ID:WPvPcYID0
「この通常の3倍のバルジオンに勝てると思っているのか!」
サンダールのバルジオンがランボルジャイアントに反バイオ粒子砲を撃つ。
反バイオ粒子砲が命中するとランボルジャイアントが爆炎の中に消えた。
「デカい癖に歯ごたえ無いじゃん」
フラビージョが意外な結果に呆れる。

爆炎が消えるとランボルジャイアントが再び姿を現した。
「何よ、ビクともしないの!?」
ウエンディーヌがランボルジャイアントに驚く。
「こうなったら一斉に反バイオ粒子砲を撃つぞ!」
「ねー、最初からそうした方が良かったんじゃない?」
サンダールが反バイオ粒子砲の一斉発射を促すとサタラクラが横から茶々を入れる。

そして四機のバルジオンから同時に反バイオ粒子砲が放たれるがランボルジャイアントは何と空へ飛び上がった。
「な、なんちゅーロボットなの!?」
サタラクラが思わず驚く。
「悪の巨大ロボよ、行くぞ!」
ランボルジャイアントの砲門が開き、一斉にミサイルが発射された。

590 :名無しより愛をこめて:2006/12/25(月) 23:08:34 ID:WPvPcYID0
ランボルジャイアントのミサイルは次々とバルジオンに命中、次々と爆破していく。
「きゃ〜、脱出!」
「もぅ〜何で〜」
「うひゃぁ、ボキでも勝てないの!」
三人はバルジオンから脱出した。

「何、なんて破壊力だ…」
サンダールが絶句する。

「僕達もいるカブ!」
バルジオンの目の前にはドテカブッタクを中心にトンデモジョーズ、6匹の守護獣が並んでいた。
「うぬぬ…私のバルジオンに勝てると思っているのか」
サンダールは内心では焦っていた。
バルジオンは専用剣バルジオンメーザーを抜き、ティラノザウルスに向かっていく。
「うっ、なんて速さだ!?」
ティラノレンジャーはバルジオンのスピードに驚く。

591 :名無しより愛をこめて:2006/12/25(月) 23:10:16 ID:WPvPcYID0
バルジオンメーザーがティラノザウルスに振り下ろされるその時…。
『ガキィィィィン!!』
「ゲキ、大丈夫か?」
「兄さん…」
剛龍神がドラゴンアントラーでバルジオンを受け止めた。
ドラゴンレンジャーが弟であるティラノレンジャーに声をかける。

「も〜、何やってるのよ〜」
戦いを見ていたフラビージョがサンダールの思わぬ苦戦を見てじれったく思う。
「俺達がいる事を忘れるなー!」
コブランダーをはじめとする他のビーロボとポワトリン姉妹が三人の目の前に並ぶ。
「様々な星を滅ぼしあまつスターピースを力ずくで奪うなんて…例え宇宙刑事ギャバンが許してもこの美少女仮面ポワトリンが許しません」
ポワトリンがお馴染みの台詞を決める。
「なんて生意気な小娘…デビラ兵、やってしまいなさい!」
「デビラ!」
ウエンディーヌの合図でデビラ兵がゾロリとやってくる。


・剛龍神、守護獣ティラノザウルス、守護獣プテラノドン、ドテカブタック、トンデモジョーズ、ランボルジャイアント
 VSバルジオン(サンダール)
・ビーロボ(クワジーロ、トビマスカイ、ガニラン、スパイドン、ダンゴロン、ゲロタン、コブランダー、テントリーナ)、
ポワトリン/村上ユウコ、ポワトリンプティット/村上モモコ
 VSフラビージョ、ウェンディーヌ、サタラクラ、デビラ兵
●バルジオン(サンダール以外)→ランボルジャイアントに倒される。

592 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 02:30:23 ID:zhZ6k1U5O
あまつスターピースって何だよ…
「あまつさえ」だろ…

593 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 16:39:42 ID:npIVWJQH0
>>592
チーフ「天津スターピース・・・。天津甕星の力が封じられていると云う
    伝説のプレシャスか」
姐さん「・・・ハザードレベル350。間違いありません、強力なプレシャスです」

594 :名無しより愛をこめて:2006/12/27(水) 15:57:32 ID:pjYrWNKp0
>>593
「テンシン」スターピース?

595 :名無しより愛をこめて:2006/12/27(水) 15:58:06 ID:pjYrWNKp0
sage忘れ・・・;

596 :名無しより愛をこめて:2006/12/27(水) 16:30:20 ID:klQ+IMDQ0
ボウケンジャーもOKなら、カブトもだすぞー

597 :名無しより愛をこめて:2006/12/27(水) 21:34:30 ID:PqaGttqX0
いや、ただのネタだろw
普通に待ってくれよ。

598 :名無しより愛をこめて:2006/12/29(金) 01:10:20 ID:fWN0qq4p0
とりあえずこれでガマン・・・か?

ルパン「そろそろ、おれも行かせてもらうぜ、神崎さん・・・」
神崎「ああ・・・まかせたぞ・・・ルパン三世・・・・」

△ルパン三世(目黒祐樹版)参戦

『ルパン三世 念力珍作戦』
ttp://www.toho-a-park.com/video/new/nenriki/d_index.html

599 :名無しより愛をこめて:2006/12/29(金) 19:00:55 ID:XOwCn+zf0
ttp://www.youtube.com/watch?v=p4nLy35nGUY&mode=related&search=
ttp://www.youtube.com/watch?v=GXu8jdAfHVU&mode=related&search=


600 :名無しより愛をこめて:2006/12/30(土) 13:04:37 ID:+aw92YPH0
600

601 :名無しより愛をこめて:2006/12/31(日) 08:08:08 ID:xPDjs/C60
魔弾戦記リュウケンドー

602 :名無しより愛をこめて:2007/01/08(月) 21:55:29 ID:uGFKk+iJ0
>>591
「さあ、一気にとどめを刺すんだ!」
「ああ!」
レッドタイガーにバルジオンへのとどめを刺す事を促され、ティラノレンジャーが頷く。
「うぬぬ…まとめて葬ってやる」
サンダールは再び反バイオ粒子砲の発射準備に入った。

「そうは行くか、ティラノソニック!」
「電撃爆走シュート!」
「フィンブレード竜巻斬り!」
チャージ中のバルジオンにティラノザウルス、ドテカブタック、トンデモジョーズの必殺技が次々と決まる。
「超爆裂龍神突き!」
最後に剛龍神の超爆裂龍神突きでバルジオンは大きな穴を開けられ、そこから爆発を起こした。

「う、うおぉぉぉぉ!」
バルジオンの中からサンダールが命からがら脱出した。

603 :名無しより愛をこめて:2007/01/08(月) 21:56:06 ID:uGFKk+iJ0
サンダールはビーロボ達とデビラ兵達との戦っている場所に落ちていった。
「う…うう」
「あっ、サンちゃん!」
サタラクラがサンダールに気づく。
「くっ、サタラクラ、お前も奴らに苦戦していたのか?」
「そーなんだよ、デビラ兵がコテンパンにされてるよ」
サンダールがサタラクラに事情を聞く。

「ならば…ここで奴らを始末してしまおう」
サンダールが赦悪彗星刀を抜きビーロボ達を睨み付ける。
「結論から言おう…あれだけの実力者がでたからやばい!」
「おい、何言っているんだよ!」
ゲロタンがいつもの様に結論を言うがコブランダーに突っ込まれる。

604 :名無しより愛をこめて:2007/01/08(月) 21:58:11 ID:uGFKk+iJ0
「宇宙忍法、縄頭蓋!」
サンダールの必殺技、縄頭蓋がビーロボ達を吹き飛ばしていく。
「なんて強さなの!?」
ポワトリンが立ち上がりながらサンダールの方向を向く。
「フハハハ…おとなしくスターピースを渡して貰おう」
四本槍が一列に並ぶとサンダールが高笑する。

「レンジャーガン!」
その時、声と共に5本のレーザーが四本槍を狙う。
「ってやっぱり…」
フラビージョその方向を向くとジュウレンジャー達がいた。
「僕達が来たからにはスターピースは渡さないカブ!」
カブタックが四本槍に見得を切る。

・ジュウレンジャー(ティラノレンジャー/ゲキ、トリケラレンジャー/ゴウシ、マンモスレンジャー/ダン、タイガーレンジャー/ボーイ、プテラレンジャー/メイ、ドラゴンレンジャー/ブライ)、
 ビーロボ(カブタック、クワジーロ、トビマスカイ、ガニラン、スパイドン、ダンゴロン、ゲロタン、コブランダー、シャークラー、テントリーナ)、
ポワトリン/村上ユウコ、ポワトリンプティット/村上モモコ、レッドタイガー
 VSジャカンジャ四本槍(サンダール、フラビージョ、ウェンディーヌ、サタラクラ)、デビラ兵

605 :ブキミなる援軍:2007/01/13(土) 00:09:26 ID:lXsEf2XP0
>>133
>>450

トリプルファイターとガンヘッド部隊と同時刻の008市街…。

ギン「日食?」
ケン「ネットでチェックし忘れたのか?」
マシンマン「いや、感じからして高度な科学力を持った何者かの仕業だ…。」

兄弟拳バイクロッサーと星雲仮面マシンマンも、メルカ共和国でカイロン5が
引き起こした人工日食に右往左往していた。折角アースパワー発生衛星の
アースの光でパワーアップしたと言うのに、拍子抜けの展開であった。

一方、ランカー商会の刺客達はイレギュラーの人工日食に狂喜していた。

シルバ「カイロンめ、味な事をしてくれるな…。」
アンカー男「あの隕石生命体のCPUか?」
カッチュウナイト「そうだ…。ついでに言えばカイロンはルチ将軍閣下の弟君
におらせられる…。ある意味これはゴーラゾンガー様の救いの日食だ…!」
怪盗ウルフ「ならば、一気に決着を付けてやる!」
そう言うと犯罪ヘルメットで暴走中の怪盗ウルフが、マントの下から秘密兵器
…オギャー銃を取り出した。

怪盗ウルフ「こいつでマシンマンとバイクロッサーの奴らを赤ん坊にして、無
抵抗になった所で一気にブッ殺してやる!!」
犯罪ヘルメットのゴーグルの下で、血走った目の怪盗ウルフが喚く。

アンカー男「赤ん坊なら一切抵抗できないからな…。」
カッチュウナイト「オギャー銃を撃ったと同時に…。」
シルバ「一気に破壊してやる!」
一斉に狙いをつけるランカー商会刺客一同&デビラ兵。 


606 :名無しより愛をこめて:2007/01/13(土) 00:11:24 ID:lXsEf2XP0
その時であった。

マシンマンとバイクロッサーの後方から、ランカー商会御一行様一同に向けて
無数のレーザー光線が降り注いだ。
直後、脳が剥き出しになったような帽子を被った黒タイツの不気味な雰囲気の
兵士達がランカー商会刺客一同とデビラ兵一同に襲い掛かったのであった…。

『間に合ったか…!』

マシンマンとバイクロッサーの後方に、威厳を湛えた声が響いた。
振り向くとそこには、ローブによく似た軍服姿の人物が、黒タイツ兵士を指揮
しながら彼らの目の前に立っていた。

マシンマン「貴方は?」
『私の名はグザレ指令…。バンキッドの少年少女諸君の知らせを受けて君たち
を助けに来た…。』
ケン「グザレ指令?」
ギン「聴いた事がある…!かつてのブキミ星人の地球侵略部隊司令官…。」
グザレ指令「それは昔の話だよ,バイクロッサーの諸君…。現在は宇宙連合
ウォフ・マナフのブキミ星代表でもある…、言わば君達の友人だよ…。」

そういった人物の名はグザレ指令と言った。かつて、ブキミ星人は20年後の大人
になる子供たちを狙った地球侵略計画を展開していたのだが、バンキッドの少年
少女達の活躍でブキミ星人は地球侵略を諦め、今では完全に和解していたので
あった。恐らくバンキッドの一同が、マシンマンとバイクロッサーに何かがあった時
に備えて知らせておいたのであろう…。 

607 :名無しより愛をこめて:2007/01/13(土) 00:13:02 ID:lXsEf2XP0
グザレ指令「それと不思議な事に、私が処刑した士官達が無事な姿で現れた事
だよ…。Sガル少尉の話では、黒服の人物に助けられたとか…。」
『!』

その詞にマシンマンとバイクロッサーはピンと来たのであった。

ケン&ギン「それでは…。」
グザレ指令「我等ブキミ星人も、君達と共に『大いなる意思』と戦おう…!」
マシンマン「有り難うございます、グザレ指令!」

こうして、マシンマンとバイクロッサーは意外な友達の輪に救われたのであった。
新たな異星からの友人を迎えて…。

○グザレ指令、ブキミ星人士官&兵士一同→バンキッド隊の知らせを受け合流
星雲仮面マシンマン、兄弟拳バイクロッサー、グザレ指令、ブキミ兵
vsアンカー男、カッチュウナイト、バイオハンター・シルバ、怪盗ウルフ、デビラ兵

マシンマンがバンキッドの少年少女達と焼き肉パーティしていた事を生かして、
ブキミ星人御一行様方をヒーロー側に合流させてみました…。


608 :名無しより愛をこめて:2007/01/15(月) 23:21:36 ID:hGFQrNjG0
>>604
「あ…スターピースが!」
譲が手の平を開くと、彼の手の上のスターピースが輝き始める。
「あの光は何よ!?」
ウェンディーヌが光を見て声をあげる。

同時バーザが持っていたスターピースも輝き、二つの輝きはジュウレンジャーの六人を包んでいく。
「この光は…」
マンモスレンジャーが、その光に不思議な力がみなぎっている事を感じ取る。
「力がみなぎって行くぜ」
トリケラレンジャーが意気揚々となる。
「一気にとどめを刺すぞ!」
「おおぅ!」
ドラゴンレンジャーがとどめを刺す事を促すと、五人はそれに答える。

609 :名無しより愛をこめて:2007/01/15(月) 23:22:22 ID:hGFQrNjG0
「龍撃剣!」
「モスブレイカー!」
「トリケランス!」
「サーベルダガー!」
「プテラダガー!」
そして、ジュウレンジャーはそれぞれの武器を取り出す。
その武器を合体させ必殺武器ハウリングキャノンを完成させた。

「な…何をしようっての!?」
フラビージョがたまげる。
「うぬぬ…」
サンダールもジュウレンジャーの力に圧倒される。
「ハウリングキャノン・スターピーススペシャル!」
ハウリングキャノンからスターピースの光が四本槍に放たれた。

「もーなんでよ〜」
「いや〜ん」
「ぎゃー、どーしてーこーなんの〜」
「馬鹿な…」
四本槍が断末魔をあげ爆発の中へ消えていく。

610 :名無しより愛をこめて:2007/01/15(月) 23:23:15 ID:hGFQrNjG0
「勝ったか」
ティラノレンジャーが爆発を見て勝利を確信する。
「やったカブー!」
カブタックや他の一同も大喜びだ。

「まだだ…まだ終わらんよ…」
炎の中からサンダールが姿を現した。
「あいつ、しぶといで!」
スパイドンが慌てる。
よろつきながらサンダールはジュウレンジャー達に向かっていた。

その時、無数の蝙蝠が一同の前を飛びかう。
「蝙蝠だと!?」
クワジーロが驚く。
その蝙蝠は一つに集まり、何とデーモン・アボロスの姿になった。
「アボロス…何故貴様が!?」
「あなた方を助けてスターピース探しに使おうと考えたのは私にとって最大の抜かりでしたね」
サンダールがアボロスを見て驚く。
アボロスはサンダールに静かに向かっていく。

○ジュウレンジャー(ティラノレンジャー/ゲキ、トリケラレンジャー/ゴウシ、マンモスレンジャー/ダン、タイガーレンジャー/ボーイ、プテラレンジャー/メイ、ドラゴンレンジャー/ブライ)、
ビーロボ(カブタック、クワジーロ、トビマスカイ、ガニラン、スパイドン、ダンゴロン、ゲロタン、コブランダー、シャークラー、テントリーナ)、
ポワトリン/村上ユウコ、ポワトリンプティット/村上モモコ、レッドタイガー→サンダール以外の四本槍を倒す。
●サンダール→スターピースを狙う。
●デーモン・アボロス→サンダールを不要と見抜く。
●フラビージョ、ウェンディーヌ、サタラクラ→ジュウレンジャーに倒される。

611 :名無しより愛をこめて:2007/01/15(月) 23:56:31 ID:lqm3uDaY0
保全age

612 :名無しより愛をこめて:2007/01/21(日) 08:30:20 ID:te63etljO
カブト参戦可能

613 :名無しより愛をこめて:2007/01/21(日) 23:02:15 ID:Zg8frhO/0
警視庁の長官は藤岡弘だから、設定上無理

614 :名無しより愛をこめて:2007/01/22(月) 00:27:04 ID:3XuaThB10
>>613
加賀美父は前警視総監で現在は警察庁長官とかにすればよくね?
で、藤岡弘、現警視総監は元特命捜査課刑事で現在は「銭形」性を名乗り
孫娘が沢山いるとか。


615 :名無しより愛をこめて:2007/01/22(月) 12:18:21 ID:jFv08gCq0
>>614
そうだね。丁度グロンギとアンデッドが4年前に同時に暴れている事になっているから、
ZECTの不祥事も1年前の出来事にすれば良いと思う。

616 :名無しより愛をこめて:2007/01/23(火) 12:35:43 ID:J2ilBPmb0
>>610
「冗談ではない」
「ぎゃあ」

サンダールはアボロスを刀で刺殺した。

●サンダール→アボロスを返り討ち。
●デーモン・アボロス→サンダールに返り討ちにされる。

617 :名無しより愛をこめて:2007/01/23(火) 19:16:21 ID:WGNnYkJb0
>>615
それはそれとして、何故、藤岡弘が銭型になるのだね?w

618 :名無しより愛をこめて:2007/01/23(火) 20:16:35 ID:N/YQg7HoO
せっかくルパンが参戦してるんだからとっつぁんの娘じゃだめかい?

619 :名無しより愛をこめて:2007/01/23(火) 20:37:56 ID:WGNnYkJb0
いや普通に銭型がでればいいんじゃないかと
それに映画の銭型は伊東四郎だぞw

620 :名無しより愛をこめて:2007/01/23(火) 20:39:11 ID:WGNnYkJb0
それはそうと>>616
は作者?

621 :名無しより愛をこめて:2007/01/23(火) 20:52:41 ID:N/YQg7HoO
>616は殺し厨だろ

622 :名無しより愛をこめて:2007/01/23(火) 22:18:29 ID:jl0yA3Vw0
>>617
「ケータイ刑事」ネタなんだが・・・。
あのシリーズでは銭形姉妹(と従姉妹)の「ケータイ刑事」の祖父が
「銭形警視総監」で警察を牛耳ってる「銭形一族」の長なんだが、
「太陽にほえろ」のスニーカー刑事とか、「華麗なる刑事」のバーボン刑事とか、
「トミーとマツ」のトミーとマツがそれぞれ歴代のケータイ刑事の「相棒」として
世代を超えて活躍してるんだ。以上の事から、
藤岡弘、警視総監=正体はかつての特命捜査課刑事
すなわち「特捜最前線」の桜井刑事で
現在は故あって「銭形」警視総監を襲名してるとか。
スケバン刑事が同じ名前を受け継いできたみたいに。

623 :名無しより愛をこめて:2007/01/24(水) 18:07:13 ID:LoNvIWXc0
そんな、ほとんどの人が分らんネタは却下w

624 :名無しより愛をこめて:2007/01/24(水) 22:33:05 ID:JO5vBDUdO
ケータイ刑事はまだしも、それ以外は出さないどこ?

625 :国防省大決戦!3 再会、ガイファード:2007/01/27(土) 20:16:43 ID:BOdqsRyP0
沖田「これか。近くで見ないとわからないが、随分壊れてるな」
国防省より東5`ほどの地点。ハデス軍の落としたソニッククラッシャーはここに落ちてきた。
沖田の言うとおり、所々装甲が剥がれたり、ヒビが入ったりしている。
実は、これは地球破壊のためではなくハデス軍が地球に侵入するために使った物である。
この時点で地球はまだデスギドラ死亡の影響により起こった衛星の破壊でできたデブリに覆われた状態であり、
ハデス軍はこれを地球に落としてデブリの層の中に侵入できるだけの通路を開け、そこより超高々度から国防省上空に入ってきたのだ。
もちろん、ユウヒのような巨大戦力を国防省からしばらくの間離しておく陽動の役割も兼ねている。
沖田「こいつを壊す…か」
「ユウヒの力ならそのくらい…ん、通信?」
同行していた月光の隊員が国防省からの通信を受け取る。
「…!隊長!国防省が攻撃を受けているとの報告です!」
沖田「なんだって!?よし、早くこいつを破壊して戻るぞ!滑空砲発射!」

国防省。省内に殴り込んできたハデス軍と、そこを守る星の戦士達の戦いはは既に始まっていた。
ヴェルソー「セルクロス!」
ダイル「アックスタッガー!」
ギャンズ「カルニコス!とおあっ!」
個人武器を手元に呼び、サイバーナイト軍団との戦いに乗り込んでいくグランセイザー達。
装着しない(orできない)者達も、ハデス軍戦闘員ザコールを相手に渡り合っていた。
巨獣軍団はというと、やはり守る者達と戦っていた。
大地のグランビークル───アーストライバーに乗った2人のグランセイザー、そして国防省の誇るメーサータンク部隊ほか地上部隊。
それらが巨獣達に、備え付けられた砲を放つ。だが
トラゴス「くそ、あまり効いてないみたいだな…」
彼我戦力差のせいか、戦力それ自体の戦闘力の差か、いかんせん国防省側不利の状況のまま、せいぜい注意を引きつけるくらいしかできていなかった。

626 :名無しより愛をこめて:2007/01/27(土) 20:19:15 ID:BOdqsRyP0
そして、最初は勢いのあった地上のセイザー達も、すぐに数に押されて苦戦気味になっていた。
ギャンズ「大海嘯、切だ…うわっ!」
ゼッカードに必殺技を決めようとしたギャンズが、背後からガンデロンの銃撃を喰らい、技を不発に終わらせられる。
アーマーガンナー、ライノスレイブ、ザウラスらの攻勢を一人で支えきる形に持ち込まれてしまい、防戦一方のヴェルソー。
ダイルがラジメウスの分身に惑わされている隙に、ガーディアスの念動力で振り回される。
変身できない者達も、とにかく数の多いザコール達に翻弄されていた。
そして次第に敵の数に押されて分断させれていく星の戦士達。分断しての各個撃破─これもまたハデス軍の狙いだったのかもしれない。
ユカ「いくらザコールとはいえ、こう数が多くちゃ…!翔太、あれ!」
翔太「え?あっ!」
ジャスティライザーの2人が気付いたのは、敵戦艦より降りてくる者。
この部隊の総大将であるカイザーハデスと、その幹部であるところのゾラ、バッカス、アドロクスらである。
ハデス「フハハハハ!大きな事を言っておった割には戦力は大したことはないな」
そこにザコールの1体が駆けつけ、なにやらアドロクスに耳打ちする。
アドロクス「ふむ…。ハデス様、どうやら特に守りの堅い場所があるようです。そこに奴等の切り札が隠されているらしいとか」
ハデス「なるほどな…。お前達!デストコマンド共を率いてそこへ向かうぞ!」
ゾラ・バッカス・アドロクス「ハッ!」
それを見ていたジャスティライザーの2人。
翔太「あいつらどこへ行く気だ?ユカ、とにかく追いかけるぞ!」

その頃、堀口、九条兄弟、麗香の4人はセイザーやライザーとも分断され、他と同様敵の数に押されつつも戦っていた。
だが、いくらヒーローと共に戦ってきた彼等とは言えただの人間。限界はある。徐々に疲れが現れ始めた。
しかしその時、いきなりザコールの一角が何者かによって崩された。
麗香「あれは、神野…」
その「何者か」とは、神野司郎ことライザー星人リゲル。クラストオンした今の姿はデモンナイト。そのデモンナイトがいきなり現れた。

627 :名無しより愛をこめて:2007/01/27(土) 20:19:50 ID:BOdqsRyP0
麗香「神野、駆けつけて来てくれたの…?」
ライザー星の復興のため星に帰った彼が何時の間にやら来てくれたか。それはどうでも良かった。
ただ、彼が助けに来てくれた。その事が心強く、疲れもあって麗香は安心した。…その頭に振り下ろされんとするナイトシュバートにも気付かなかった。
麗「危ない!」
それに気付いた麗がすかさず間に割って入り、麗香を庇う。
振り下ろされたナイトシュバート─デモンナイトの持つ青龍刀─はその腕のパワーアクセレーターを切り裂くのみに終わった。
優「…どういうこと?操られてるの?」
堀口「…それとも、こいつは麗香君の言う神野とやらではなく、偽物であるのかもしれん。いかん、これはいかんぞぉ〜!」
かつて九条麗などに化けてガイファードを攪乱したクラウンのガイアソルジャー・ワルキューレ。
その前例を思い出して堀口は「偽物」の可能性を示した。…そして、麗香はその「偽物」に心当たりがあった。
麗香「あんた、まさかあの時のダルガ帝国軍の!」
デモンナイト?「…よく見破ったなぁ〜」
正体を見破られてか、偽デモンナイトの姿が徐々に、似てもにつかない怪人の姿へと変わってゆく。
デモンナイト?「そう、俺はダルガ帝国軍のレジェンダー・ギャメリオン!」
以前デモンナイトに化けて、ジャスティライザーとデモンナイトの心理的な分断を謀ったレジェンダー・ギャメリオン。それがこいつの正体であった。
「ったく、すぐに見破られおって。辛抱が足りないんじゃないか?」
さらに突然の物陰からの声。その声の方向を見ると、赤っぽい色の岩で作られたような怪人が出てきた。
赤岩怪人の名はレジェンダー・ヴァルカン。ジャスティライザーが初めて戦ったダルガ帝国軍の構成員である。
ヴァルカン「アドロクス様からここの内情を探るよう言われていたことを忘れたか?」
堀口(アドロクスとは誰だ?ハデスではなく?…この事は覚えていた方が良さそうだな)
ギャメリオン「ならさっさとこいつ等を倒して行くとすればいい」
かつてと違い、やや直情的になっている趣のあるギャメリオン。大いなる意志の力の影響だろうか。
ヴァルカン「ふん。仕方ない」
そう言って自らの獲物である大鎌を構えるヴァルカン。ギャメリオンも戦闘態勢に構え直す。

628 :名無しより愛をこめて:2007/01/27(土) 20:20:35 ID:BOdqsRyP0
一方、巨獣軍団。国防省地上戦力が次々と倒され、形勢は完全にハデス軍に傾いていた。
残った戦力が果敢に反撃を仕掛けるも、それを物ともせず向かってくる巨獣達にかなわず撃破される。
ヴィジュエル「せめてガンシーサーが出せれば…直人がいれば…!」
トラゴス「俺達だけじゃ駄目なのかっ!」
無念の叫びを上げ、量産型メガリオンの光弾を避けながら、少しでも効いてくれと思いつつバグリアンに砲火を向ける。
しかしその思いも虚しく、バリアーの役目を果たすバグリアンのガスに遮られる。
だがその刹那、突然横から砲撃が来て、それを喰らったバグリアンがよろめく。
沖田「ミサイル発射!」
輸送用ヘリ「流星」に吊るされて戻ってきたユウヒがそのままミサイルを巨獣軍団に発射する。
そのままワイヤーをパージして国防省内に降り立つユウヒ。
沖田「これ以上好きやらせるか!」

優「うわあ!」
ギャメリオンの舌にはね飛ばされた優が叫ぶ。麗香達は2人のレジェンダーに追いつめられていた。
ギャメリオン「ここまでのようだなぁ〜」
ヴァルカンが銃にもなっているその鎌を構え、4人に照準を合わせる。
麗(剛…)
ヴァルカン「覚悟しろ」
ヴァルカンの鎌から銃弾が放たれ、それが4人に…否、その間に入った黒い翼に遮られた。
ヴァルカン「何!?何者だお前は!」
黒い翼が開かれ、その中から翼の所有者である人物が現れた。
「…」

629 :名無しより愛をこめて:2007/01/27(土) 20:21:12 ID:BOdqsRyP0
「シュババババーン!!」
ヴァルカン「ぬおうっ!」
その後ろから放たれた音、というか衝撃波を受けてヴァルカンが吹き飛ぶ。
ギャメリオン「ヴァルカン?ぐあっ!」
更にギャメリオンも、乱入してきたバイクにはね飛ばされる。
ギャメリオン「な、なんだお前ら!」
翼を開いた悪魔、駆けつけてきた青いバイザーのヘルメットの男、そしてバイクから降りた3人目の男。
堀口「まさか、まさか!」
麗「剛!」
剛「麗、優、ドクター。遅くなってすまなかった」
サファイア「随分大変なことになってるみたいだな。なんだこの変な怪人共は」
デビルマン「…これ以上、理不尽に誰かを傷つけさせない!」
デビルマン、ボイスラッガーサファイア、そして風間剛。新潟から駆けつけてきた3人である。
剛「行くぞ、鎧気装!」
剛が気を纏い、その姿をガイファードへと変えていく。第2ラウンドは始まった。

国防省地下格納庫。
「月光」らが特に集中的に守り、なんとか整備中の轟天及びその中の神宮司司令にザコール達を近づけないでいた。
だが、新たな闖入者達はザコールほどヤワではなかった。
「うわぁぁ!」
格納庫に侵入してきた9つの影。彼等によって「月光」の敷いた防御が崩れ、格納庫のパワーバランスもまた大きく傾いた。
拓人「何だ、あいつらは!」
格納庫内で必死に、防衛網をくぐってきたザコールと戦っていた安藤拓人とレミー・フリーデにも衝撃が走る。
バッカス「奴等、こんなところに巨大戦艦を隠していたのか!」
ハデス「奴等が必死に守っているこの戦艦。これを破壊して奴等にさらに絶望を味あわせてくれるわ!」

630 :国防省大決戦!3 今回はここまで:2007/01/27(土) 20:26:24 ID:BOdqsRyP0
翔太「そうはさせるか!」
ザコール達の集団をなんとか振り切って、なんとか格納庫に駆けつけた翔太達がハデスらの前に立ちふさがる。
翔太「ハデス!お前達の好きにはさせないぜ!」
ゾラ「ライザーグレンに、ライザーカゲリか?」
アドロクス「なぜ装着しない?…ほほう、ハデス様、どうやらジャスティパワーを失っているようです」
翔太・ユカ「「!」」
ハデス「ふふん、堕ちた物だなジャスティライザー!シロガネにもなれないどころかましてや装着もできないお前達など怖くもないわ」
ユカ「装着できなくても…」
翔太「お前達になんか負けない!」
そこへ、拓人達2人もハデスの前に立ちはだかった。
拓人「俺達も一緒に戦う!」
翔太「拓人君…」
ハデス「ただの人間風情が…。デストコマンド!相手をしてやれ!」

ガイファード、ボイスラッガーサファイア、デビルマン、堀口一郎、九条麗、九条優、本宮麗香VSレジェンダーヴァルカン、レジェンダーギャメリオン
セイザーヴェルソー、セイザーダイル、セイザーギャンズ、御園木篤史、"月光"部隊VSサイバーナイト軍団(全員)
沖田宗一郎(五色支援機士ユウヒ)、セイザーヴィジュエル(アーストライバー)、セイザートラゴス(アーストライバー)VS巨獣軍団(トロイドン、バグリアン、スカラベレス、キングゼロ、レオガイアス、量産型メガリオン数体)
○伊達翔太、真田ユカ、安藤拓人、レミー・フリーデVSカイザーハデス、ドクターゾラ、ゼネラルバッカス、コマンダーアドロクス、デストコマンド(デモンナイトとダン・ハウザー以外全員)
○安藤宗二郎、神宮司翼→迎撃戦艦轟天の最終調整を急ぐ

続きます

631 :名無しより愛をこめて:2007/01/30(火) 23:13:13 ID:Qx7O40Fi0
ttp://2ch.pop.tc/log/06/07/18/0025/1113149612.html
ttp://2ch.pop.tc/log/06/08/01/0807/1103093484.html
ttp://2ch.pop.tc/log/07/01/18/0855/1097235393.html
ttp://2ch.pop.tc/log/06/09/28/0816/1101087131.html
ttp://2ch.pop.tc/log/07/01/26/1230/1102338823.html
ttp://2ch.pop.tc/log/06/09/28/0816/1109828337.html
ttp://2ch.pop.tc/log/06/09/28/0816/1103295263.html
ttp://2ch.pop.tc/log/06/09/28/0816/1107902632.html
ttp://2ch.pop.tc/log/06/09/28/0816/1108029573.html
ttp://2ch.pop.tc/log/06/09/28/0816/1109747151.html
ttp://2ch.pop.tc/log/07/01/26/1917/1098520381.html
http://2ch.pop.tc/log/06/09/28/0816/1102148144.html


632 :名無しより愛をこめて:2007/02/04(日) 09:34:44 ID:mRqbd5dL0
ttp://2ch.pop.tc/log/06/12/04/2216/1105263210.html
ttp://2ch.pop.tc/log/05/04/01/1822/1084509688.html
ttp://2ch.pop.tc/log/05/10/05/0723/1107347770.html
ttp://2ch.pop.tc/log/05/05/03/2359/1098015820.html
ttp://2ch.pop.tc/log/06/12/04/2216/1077111374.html
ttp://2ch.pop.tc/log/05/08/08/2245/1105531597.html
http://2ch.pop.tc/log/05/08/08/2245/1090033200.html

633 :名無しより愛をこめて:2007/02/11(日) 08:31:17 ID:oLycxz9MO
ボウゼンラー…じゃないや、ボウケンジャー解禁

だけどVSシリーズは待ってね

634 :名無しより愛をこめて:2007/02/12(月) 23:19:34 ID:uJRD11ym0
>>616は別人です。
では、カブタック編ラスト行きます。

>>610
「抜かり…?」
サンダールがアボロスの一言にショックを隠せ無い。
「フハハハ…その通りです」
アボロスが不気味に笑い始め、それと同時に空が闇に包まれる。

「日食か!?」
空を見ながらマンモスレンジャーが驚く。
その闇はメルカ共和国のキングマグマーが起こした日食とは誰も知る由も無かった。

「ならば我々を助けたのも…」
「あなた方にスターピースを探してもらう為です」
アボロスはサンダールに彼らを助けた理由を話す。
「もう用済みという事なのか?」
「その通りです…!」
アボロスは剣を抜きサンダールを無残にも斬りつけた。
「何故だ…」
「現実は厳しいのですよ、良く憶えておきなさい」
サンダールはサンダールはそのままガクリと倒れ、それを見ながらアボロスが呟く。



635 :名無しより愛をこめて:2007/02/12(月) 23:22:00 ID:uJRD11ym0
「こ、こいつ仲間を斬ったんか!?」
スパイドンがアボロスの行為に驚く。
「その通りです、もうあの男は役立たずなので始末しただけです」
アボロスがその理由を話す。
「それだけで仲間を斬ったというのか!?」
「仲間、奴はスターピース探しの為の道具にしか過ぎませんから…」
ドラゴンレンジャーが聞くとアボロスが咄嗟に答える。

「一体貴様は何者だ!?」
「自己紹介が遅れましたが私はデーモン・アボロスと申します。実際はエージェントXとして知られていますが」
ティラノレンジャーに聞かれるとアボロスは自らを名乗る。
「エージェントX…」
ポワトリンがその名前を驚きながら呟く。
「では皆様、スターピース探しに頑張ってください」
アボロスは再び無数の蝙蝠となり何処かへと消えていった。
それと同じく日食が収まり再び青空が広がった。

636 :名無しより愛をこめて:2007/02/12(月) 23:24:26 ID:uJRD11ym0
一同は変身を解き戦いの終わりを確信する。
「エージェントX、奴は一体何者なんだ?」
ゴウシがアボロスのいた場所を見回す。
「どうやらスターピースを狙っているようですけど…」
ユウコが不安がる。

「これからの戦いは危ないから君達は本田警部達にかくまってもらうんだ」
「僕達にはそれは出来ません、カブタック達と一緒にスターピースを探すから!」
ゲキは譲達に残る事を促すが、譲はそれを断る。
「私も譲君と同じです」
「俺達がいれば心強いから」
小百合と蔵之助も決意を固めていた。
「小百合ちゃん、ミスター…」
譲は二人の決意に大喜びであった。

「私と中野巡査は町の人々を守る為に署に戻るわ」
「それでは頼みます」
本田警部中野巡査と共にがブライに署に戻る事を伝える。

637 :名無しより愛をこめて:2007/02/12(月) 23:25:28 ID:uJRD11ym0
「あれ、あのアメフトみたいな格好のヒーローは?」
「どっか行ったみたいカブね」
譲とカブタックがレッドタイガーがまた何処かへ去った事に気づく。

「じゃあバルカンベースへ戻ろう!」
ゲキが一同にバルカンベースに戻る事を促す。
(そいやぁバルカンベースにパンドーラがいるんだよな、バーザ様が知ったらどうしよ…)
ダンはパンドーラがバルカンベースにいる事を思い出し不安がる。
そして一同はバルカンベースへ戻って行った。


○ジュウレンジャー(ティラノレンジャー/ゲキ、トリケラレンジャー/ゴウシ、マンモスレンジャー/ダン、タイガーレンジャー/ボーイ、プテラレンジャー/メイ、ドラゴンレンジャー/ブライ)、
美少女仮面ポワトリン/村上ユウコ、ポワトリンプティット/村上モモコ、高円寺譲、吉祥寺蔵之助、三鷹小百合、
 ビーロボ(カブタック、クワジーロ、トビマスカイ、ガニラン、スパイドン、ダンゴロン、ゲロタン、コブランダー、シャークラー、テントリーナ)、バーザ
 →バルカンベースに戻る。
○本田律子警部、中野美樹巡査→市民を守る為、署に戻る。
○レッドタイガー→またも何処かへと去って行く。
●デーモン・アボロス→ランカー商会に戻る。
●サンダール→アボロスに倒される。
以後フリーです。

638 :名無しより愛をこめて:2007/02/20(火) 22:10:09 ID:fo8TTCye0
保守あげ

639 :名無しより愛をこめて:2007/02/23(金) 23:58:33 ID:i/C3xP690
 

640 :名無しより愛をこめて:2007/02/24(土) 12:13:02 ID:eq0qGyHo0
避難所が規制かかっているorz

641 :ヤプールの決意:2007/02/27(火) 23:17:29 ID:HdStdBwq0
008編の方も、エースvsヤプールサイド逝きますです。

>>607

同時刻、所変わって008港湾地区…。

エース「ムッ?」
SJK『日食だと?』
突然の日食に右往左往するウルトラマンAとスーパージャンボキング。

ナマハゲ「お天道様が、どうなっちまったんだ?」
天田「奈美、天文台かNASAから連絡は無かったか?」
奈美「ありません…。」
アプラサ「これは、人為的なものだわ…。」
ブラッドレー博士『可能性は十分あり得る…。ルチ将軍が太陽フレアを人工的に起こ
したんだ、何処かのバカが人工日食を作り出している…。気をつけ給え…!』
天田「SMJ!」
マイティ号のブリッジも、TAC南太平洋国際本部派遣軍も周囲を警戒し始める。

すると、キングカッパーらヤプール超獣軍団の後方に雷鳴が轟き、そのエリアの空間
が割れたのであった。そこから出てくる1隻の宇宙船と、3匹の超獣…。

『フハハハハハハハ!まだくたばっていなかったか?』
『貴様は…、改造巨大ヤプールか?』
スーパージャンボキングの中のヤプールは、目の前の宇宙船の主の声に聞き覚えが
あった。テンペラー星人如き三下の手下に成り下がった、ヤプール一族の恥さらしが
ノコノコと出てきた事に、ヤプールは怒りを覚えていたのだ。

642 :名無しより愛をこめて:2007/02/27(火) 23:19:58 ID:HdStdBwq0
改ヤプール『私が手を下さなくとも貴様は勝手にくたばるだろうが、それでは面白み
が無いのでな…。』
SJK『それで、ベロクロン二世とサボテンダーの改造型超獣と、超獣化したベムスター
を連れて来たのか?』
改ヤプール『それだけではない…。こちらには完全生命体イフと言う切り札が…。?!』
その時、改造巨大ヤプールはイフの姿が見当たらない事に気付いたのであった。
余りの唐突さに混乱する改造巨大ヤプール。

すると、スーパージャンボキングの中のヤプールが、自嘲気味に笑ったのであった。

SJK『フフフフフフフ…、ハハハハハハハ!全く、どいつもこいつも身の丈以上の
事を行おうとして自ら墓穴を掘っている…!バラノイアのゴーデス然り、ルチ将軍の
超時空ネットワーク作戦、ウオノメ・マナコのジスプ、そして貴様もだ…。
最も私も、かつてブラックピジョンを制御できなかった事から何も学んでいなかった
かもしれないがな…。』
そんな中でキングカッパー、キングクラブ、アイスロンの3体が、改造巨大ヤプール
の放った超獣軍団と戦闘を開始する…。

SJK『ウルトラマンA!私を改造ベムスターの腹目掛けて投げつけろ!!そして、
私がベムスターに取り付いたらすぐにエースバリアで私とベムスターを包み込め!!
今の貴様に溜め込まれているアースの力なら、1000分の1も消耗しないはずだ…!!』
エース『何を考えている、ヤプール?!』

643 :名無しより愛をこめて:2007/02/27(火) 23:22:01 ID:HdStdBwq0
すると、スーパージャンボキングの中のヤプールが切り出す。

SJK『ウルトラマンAよ…、マイナス宇宙を覚えているか?』
エース『忘れもしない…。私と兄さん達がゴルゴダ星で処刑されそうになったからな…。
だが、ゴルゴダ星は貴様が爆破したのでは…?』
SJK『その通りだ…。だが、ゴルゴダエリアに続くゲートはまだ残っている…。』
エース『残っているだと…?!』
SJK『それも、あのゴーデスの真上に被っているのだよ…。』
エース『まさか貴様?!』
ウルトラマンAはヤプールが何を考えているのかが判ったのであった…。ゴーデスの
真上で自爆し、その時に生じるブラックホールの力でゴーデスをマイナス宇宙に葬り
去ろうと言うのだ。

SJK『急げ!私の身体はそう長くは持たぬ…。ハイトロンとブラックホールのエネルギー
で自爆する前に、私の身体を奴の腹に叩き込め!!』
頷くエース。言われるままにエースリフターでスーパージャンボキングを持ち上げる
と、狙いを定めたかのようにベムスター目掛けて投げつける。

エース『テェェェェッ!』
叫び声と共にスーパージャンボキングの身体がベムスターの腹に命中する。
それを見届けるとエースは、握り拳で両腕をクロスして高速回転を始めた。エースの
身体が高速回転する摩擦で空間に一瞬の亀裂が生じ、その亀裂がバリアの膜となって
スーパージャンボキングと改造ベムスターを包み込む。そして、球形のバリアに両者
が完全に包み込まれると、エースはそれを持ち上げて空に飛び上がった。

エース『シュワッ!』
空高く飛び上がるウルトラマンAと2体の超獣。その速度は瞬時に音速を飛び越え、
それを示すかのようにソニック・ブームの白い輪が広がっていく…。

644 :名無しより愛をこめて:2007/02/27(火) 23:23:25 ID:HdStdBwq0
改ヤプール『逃がすか…!』
ベロクロン二世にエースを撃ち落とすように指示する改造巨大ヤプール。ベロクロン
の眼がエースをロックオンし、身体中にミサイルが顔を出す。

しかしその時、ベロクロン二世が前方からのミサイルと、後方からのレーザー攻撃で
その巨体が怯み、照準のロックを外してしまったのであった…。

改ヤプール『何だと?!』
天田「ジャッカーのスカイエースと…。」
ブラッドレー博士「スペースコマンドのバッカス3世か…?」
そして不意に日食が解けて太陽が顔をのぞかせる…。

そこには、太陽に向かって飛ぶスカイエースと、太陽を背にして飛ぶバッカス3世の
姿があった。その両者に狼狽するベロクロン二世…。

しかし、反撃もままならぬ内にベロクロン二世は頭上からのレーザーの雨に撃ち抜か
れ、大爆発を起こしたのであった。それに巻き込まれるキングクラブとアイスロン。
その爆心地点に噴水の如き水しぶきを上げて降り立ったのは、スターウルフ・ケンと
コン8のコンビが操るデカウイングロボであった。

番場「間に合った!」
ケン「滑り込みセーフだぜ!」
ジョウ「ケン、やっぱり貴様だったのか?」
ケン「そう言うキャプテンこそ、月守っているんじゃ無かったのか?」
ヒメ「ケン!実はね、ブキミ星人のグザレ指令って人が月は任せてくれって…。」
リュウ「『お前達の友達を救って来い』って言うんで、来たって訳さ…。」
ケン「全く、お前ら…。」
泣き笑いのスターウルフ・ケン。狼の目に涙と言う所だろう…。

645 :名無しより愛をこめて:2007/02/27(火) 23:25:30 ID:HdStdBwq0
SJK『ジャンボーのデビラ達に告げる!これよりお前達は艦をジャッカー電撃隊に
引き渡した後、原隊に復帰せよ!これは私の至上命令である、直ちに明け渡して
原隊に復帰せよ!以上だ!!』
デビラ兵一同『デビラッ!!』
そう言うとデビラ達はジャンボーを自動制御に切り換えて、割れた空間を通って退
艦を始めたのであった。ジャッカーはそれをモニターで見届けると、ジャンボーの格
納庫にスカイエースを着艦させたのであった…。

ハートクイン「艦内にデビラの反応はありません…。」
スペードエース「桂さん、ジャンボーのシステムをこちらの仕様に変更し,ロックを
お願いします…。」
SS-17/桂『了解です。ジャンボーの制御コンピューターのOSを変更、全システム
をジャッカー仕様にロック致します…。』
SS-17/桂が、ジャンボーのコンピューターのOSを瞬時に書き換える。そして、バ
ラノイアに乗っ取られないようにバラノイア製のシステムを全て閉鎖する。

646 :名無しより愛をこめて:2007/02/27(火) 23:26:59 ID:HdStdBwq0
ブラッドレー博士「準備は整ったみたいですな…。」
天田「こちらも、準備完了です…。」
番場「よし、これより我々はウルトラマンAを援護し、ゴーデスとその下僕達を地球
から一掃する…。全機発進、GO!」
番場の掛け声と共に一斉発進するマイティ号とTAC南太平洋国際本部派遣軍、
そしてバッカス3世とデカウイングロボとジャンボー…。

それをキングカッパーが見送ると、目の前にいる改造サボテンダーを見据えた。

改ヤプール『ええい!改造サボテンダーよ、貴様はキングカッパーを始末しろ!
こちらは一時撤退する…!!』
そう言いながら改造巨大ヤプールの宇宙船は、空を割って008から姿を消したので
あった…。

△改造ベロクロン二世→スカイエースとバッカス3世、デカウイングロボの連携で倒される。
●キングクラブ、アイスロン→改造ベロクロン二世の爆発に巻き込まれて倒される。
●デビラ兵(ジャンボークルー)→総員退艦し、ダマスクセのデーモン怪人本隊へ。
△完全生命体イフ→行方不明に
△改造巨大ヤプール→一時撤退
○ウルトラマンA/北斗星司&南夕子→スーパージャンボキングと改造ベムスターをエース
バリアで包み込み、ゴーデスの上空へ
○ジャッカー電撃隊→ジャンボーを入手し、ウルトラマンAの援護に。
○マイティジャック隊、TAC南太平洋国際本部派遣軍→ウルトラマンAの援護に。
○新星拳/スターウルフ・ケン、コン8、バッカス3世クルー→合流し、ウルトラマンAの援護に。
キングカッパーvs改造サボテンダー

尚、改造巨大ヤプールとイフはフリーと致します。

647 :名無しより愛をこめて:2007/02/28(水) 23:07:16 ID:v7imstxi0
こちらもゴーデスネタで行きます。


パンゲアシステムを通じて高倉長官からゴーデス出現の報を受けたUMAもキラウエア火山へと駆けつけた。
「なんて大きさなの…」
ハマーの機内からゴーデスの姿を見たジーンが驚愕する。
過去に彼女自身もゴーデス細胞に侵された事のある為にその衝撃は大きかった。
「ジーン、あの頃とは違って今の君ならゴーデスに勝てる」
「ジャック…」
ハマーを操縦していたジャックがジーンを励ます。

「ギャァァァオ!」
ハマーの目の前にゲルカドンが姿を現しハマーに火球を撃った。
「くっ…」
ジャックは何とか火球を避けようとするがハマーのエンジン部に火球が当ってしまう。
「ジャック!」
「ジーン!」
もう一機のハマーを操縦していたワイルダーとキムが二人の名前を叫ぶ。

「よし、こうなったら…」
そのままハマーは地面へ落ちようとした時、ジャックへデルタプラズマーを取り出す。

648 :名無しより愛をこめて:2007/02/28(水) 23:10:36 ID:v7imstxi0
その頃、UMA基地ではアーサー隊長とモルガンが戦いを見守っていた。
「隊長、ゴーデスも例の大いなる意思なのでしょうか?」
「いや、私の推測だが誰かがゴーデス細胞を隠し持っていたと」
モルガンの質問にアーサー隊長が自分なりの推測を出す。
「隠し持っていた…って事は!?」
モルガンが、その推測で何かに気づく。

「何を隠し持っていたというのかね?」
作戦室にアーミーの最高指揮官であるブリューワー将軍が入ってい来た。
「これはブリューワー将軍」
モルガンが恐る恐る敬礼する。
「将軍、あなたはゴーデスに関して何かご存知だとでしょうね」
「何を言うかね、アーサー君」
アーサー隊長がブリューワー将軍に問い詰める。
「それにゴーデス細胞を隠しているとでも…」
「さすがはUMAの隊長だ、その通りだ」
アーサー隊長が更に問い詰めるとブリューワー将軍は信じられない事を話す。

649 :名無しより愛をこめて:2007/02/28(水) 23:12:42 ID:QjO+ckR+0
「へー、こっちはもう落葉してんのか…。ヘーックショイ!
それにしても寒いったらありゃしねえ」
震えながら校内を見学して回るおれに一人の女子大生が声をかけた。
「あらアナタ見学の方?」
「えぇ、まぁ…やっぱ東京はでっかいですね」
と、お愛想で感想を述べると女子大生は突然大声で笑い出した。
「あはは!あ〜おかしい。キミちょっと田舎ものすぎだヨ〜」
国の言葉が無意識に出てたのかもしれない。赤面してうつむくおれを気遣うように
おれが片手にしていた文庫を取り上げて言葉を続けた。
「あら?その文庫本、ちょっと見せて。萩原朔太郎…。『群集の中の孤独』…か。
この町にぴったりの言葉ね」

650 :名無しより愛をこめて:2007/02/28(水) 23:13:36 ID:v7imstxi0
「そんな、やっぱりアーミーがゴーデス細胞が送り込んでいただなんて」
モルガンが、アーミーの行動に怯えてしまう。
「やはりな…」
アーサー隊長は冷静に対応するが怒りを隠しきれなかった。
「あの時ゴーデスが倒された後、調査隊を派遣したが、彼らがでゴーデス細胞の一片を見つけたのだよ。
 それを知った私は、その細胞からゴーデスを育ててアーミーの兵器として使おうと思ったけどな」
ブリューワー将軍は思いがけない事実を話し始める。
「ゴーデスを兵器に?真舟博士が研究していた生態コントロール装置でも完成しない限り無理なのではないでしょうか?」
「実は科学アカデミアで、それの開発が進んでおりテスト段階まで行っているがな…」
科学アカデミアの天宮副学長が開発していたMBS-004は既にアーミーにも情報が掴まれていた。

「あなたはどこまで汚い男なのですか!」
遂にアーサー隊長の怒りが爆発した。
「ほう…君も異を唱えるのか、科学アカデミアの上部も反対だったけどな」
ブリューワー将軍は平然とした対応を取る。

651 :名無しより愛をこめて:2007/02/28(水) 23:15:34 ID:v7imstxi0
落下するハマーが光に包まれると、その光はウルトラマングレートになった。
「ウルトラマンか!」
グレートを見たワイルダーが喜ぶ。
グレートが地上に降り立つとハマーを安全な場所に置く。
「ウルトラマン…頼むわ」
ハマーから降りたジーンはグレートを見上げる。

「ギャァァァオ!」
「ムッ…!」
ゲルカドンがグレートに向け火球を撃った。
「デヤァァァ!」
グレートはマグナムシュートで火球を跳ね返す。
「グギャァァァ!」
ゲルカドンは自らの火球の直撃で落下し爆発を起こした。

グレートはゴーデスの方を向く。
(ゴーデス、僕は君ともう一度戦わなければならないのか…それならば容赦はしない)
ジャックはゴーデスと再び戦う事を決意する。
そしてグレートの体にアースパワーが漲り輝いていく。

・ウルトラマングレート/ジャック・シンドー、UMA(ジーン・エコー、ロイド・ワイルダー、キム・シャオミン)VSゴーデス
○アーサー・グランド、チャールズ・モルガン→ブリューワー将軍から真実を聞かされる。
●ブリューワー将軍→UMA基地に乗り込む。

652 :名無しより愛をこめて:2007/03/01(木) 15:11:57 ID:tdTsyjuE0
保全age

653 :名無しより愛をこめて:2007/03/01(木) 22:12:06 ID:jlt571lF0
ttp://www.youtube.com/watch?v=V88fF3-CaWM&mode=related&search=
ttp://www.youtube.com/watch?v=hl91i-sSP2Q&mode=related&search=
ttp://www.youtube.com/watch?v=w9Tw-kxPYnY&mode=related&search=
ttp://www.youtube.com/watch?v=i8axqPh-7Q4&mode=related&search=
ttp://www.youtube.com/watch?v=sqojZSjPu6U&mode=related&search=
ttp://www.youtube.com/watch?v=r_rzl4q_-Q0&mode=related&search=
ttp://www.youtube.com/watch?v=JDddcB0brag&mode=related&search=
ttp://www.youtube.com/watch?v=seJH1SI6jYE&mode=related&search=
ttp://www.youtube.com/watch?v=fJB7NcP8FUo&mode=related&search=

654 :名無しより愛をこめて:2007/03/01(木) 23:34:07 ID:tN8DOpSv0
バラノイアにアーミーの秘密研究所が襲われゴーデス細胞が
奪われた時にアーサーが将軍を問いつめて、アーミーがゴーデス細胞を持っていた事を白状させたのも、今は遠い昔。

655 :名無しより愛をこめて:2007/03/02(金) 23:39:47 ID:lgDgW0po0
>>654
フォローありがとうございます。
過去ログ読み直したら将軍に問い詰めていたので>>648-650はスルーにします。
また、UMAとグレートはフリーです。


656 :名無しより愛をこめて:2007/03/04(日) 00:09:06 ID:Fe6H53l30
書き直せばOK

657 :名無しより愛をこめて:2007/03/07(水) 01:18:34 ID:kcV5focP0
hosyu

658 :名無しより愛をこめて:2007/03/07(水) 23:10:07 ID:6z08YIXs0
>>648>>650の訂正Verです。

一方、UMA基地ではアーサー隊長とモルガンがゴーデスとの戦いを見守っていた。
「ブリューワーの奴め、まさかゴーデスを兵器をしようとしたなんて」
アーサー隊長が怒りに震えていた。

アーサー隊長は昨日、ブリューワー将軍を問い詰めた時に思いがけない事実を聞かされた。
将軍は過去にゴーデスが倒された後、現地に調査隊を派遣しゴーデス細胞の破片を発見したという。
将軍は既に科学アカデミアの開発するMBS-004システムの情報を掴んでおりゴーデスを思いのままに操ろうとしていたのであった。

○アーサー・グランド、チャールズ・モルガン→UMA基地で戦いを見守る。

659 :名無しより愛をこめて:2007/03/09(金) 22:58:17 ID:peA7KTH90
hoshu

660 :名無しより愛をこめて:2007/03/11(日) 07:33:38 ID:fCmGEEIX0
http://p2.chbox.jp/read.php?url=http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1144227440/all
http://contents-factory.net/remix2ch/read.php?url=http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1144227440/
http://com-nika.osask.jp/bbs/bbs.php?http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1144227440/
http://imona.net/dat.pl/r/etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1144227440/

661 :名無しより愛をこめて:2007/03/13(火) 23:45:52 ID:lAaPbMEO0
「一気に邪神を攻撃するんだ!」
「了解!」
ヒビキの指示にコウダ達ZEROの面々が答える。
ガッツイーグル各機は散開しガタノゾーアを攻撃する。
「くっ、なんて奴なの!?」
ガタノゾーアはガッツイーグルの攻撃を物ともせず、それを見たリョウが驚く。
続いてガッツウイング各機、機龍が次々とガタノゾーアに攻撃するが全く歯が立たなかった。
「思った以上の化け物ね」
茜がガタノゾーアの強さに愕然とする。

「ギャァァァオ!」
ガタノゾーアは電流をガッツウイング1号に放ち、翼を破壊する。
「きゃぁぁぁぁ!」
「くっ…」
ダイゴはスパークレンスを取り出し天に掲げる。

海へ落ちようとした時、ガッツウイング1号は光に包まれ、その光はウルトラマンティガとなった。
「ダイゴ…」
レナがティガを眺める。
彼女の表情には不安がよぎっていた。それは戦いの始まりの時に変身を止めたイルマをはじめとするGUTSの隊員達も同じであった。

「ダァァァァ!」
ガッツウイング1号を陸地に置くとティガはスカイタイプとなりガタノゾーアへと飛び立つ。

662 :名無しより愛をこめて:2007/03/13(火) 23:48:38 ID:lAaPbMEO0
「ギャァァァオ!」
ガタノゾーアはティガに電流を撃つも、ティガは避けながらガタノゾーアへと近づく。
「ダァァァァ!」
ティガはガタノゾーアにスカイキックを放つが、ガタノゾーアは触手でティガの足を撒きつけ海へ叩き付ける。
「やばい、ウルトラマンが!」
それを見た茜が驚きの声をあげる。

海へ叩きつけられたティガはパワータイプに変身して触手から抜け出す。
「ダァァァァ!」
ティガの必殺技、デラシウム光線をガタノゾーアに向ける。
しかし、ガタノゾーアには通用しなかった。
「グッ…」
ティガはマルチタイプに戻りゼペリウム光線を発射しようとする。
しかし、ガタノゾーアの方が早くティガに電流を放った。
「グワァァァァ…」
電流を浴びたティガの体は元の石像へと戻り海へ沈んで行った。

「ダイゴー!」
レナが海へ沈むティガを見ながら悲痛の叫びをあげる。

・GUTS(イルマ、ムナカタ、シンジョウ、ホリイ、ヤズミ、レナ)、ZERO(ヒビキ、コウダ、カリヤ、リョウ)、機龍隊(富樫、家城茜、葉山)VSガタノゾーア
○ダイゴ/ウルトラマンティガ→石像へと戻り海へ沈む。
以後フリーですが、まだアースパワー発生装置を発動前です。
また、ギャオスや轟天号は次の人に任せます。

663 :名無しより愛をこめて:2007/03/14(水) 01:43:37 ID:oTxJQM0Z0
えっと、細かいこと言うとデラシウム光線やなくてデラシウム光流やでー

664 :決着!ランカー商会暗殺団:2007/03/14(水) 23:00:05 ID:ttz3bhZ+0
>>646

グザレ指令「デビラどもは我々に任せて、君たちは存分に奴らと戦い給え…!」
その詞に頷くマシンマンとバイクロッサー。

マシンマン「行くぞ!」
ケン&ギン「おう!」
デビラ兵とブキミ兵の取っ組み合いを横に、マシンマンとバイクロッサーの逆襲が
始まった。それぞれワープスロットルとクロスブレード、スリングフラッシャーを構えて
ランカー商会刺客一同に飛び掛かる3戦士。

「スロットルガン!」
「クロスブレード!」
「スリングフラッシャー!」
マシンマンのワープスロットルが怪盗ウルフのオギャー銃を破壊する。続いてバイ
クロッサー・ケンがアンカー男の巨大錨を切り倒し、バイクロッサー・ギンがスリング
フラッシャー2連射でカッチュウナイトとシルバを牽制する…。

665 :名無しより愛をこめて:2007/03/14(水) 23:00:53 ID:ttz3bhZ+0
怪盗ウルフ「クソッ!」
完全に頭に血が上った怪盗ウルフは、壊されたオギャー銃を投げ捨てると腰に下げた
サーベルを取り出した。

マシンマン「レーザーサーベル!」
対するマシンマンも、レーザーサーベルを取り出す。グリップからレーザーの光が伸び、
伸びきるとともにサーベルの刃が実体化する。

怪盗ウルフ「覚悟しろ、マシンマン!!」
素早い速さでマシンマンに向かってダッシュする怪盗ウルフ。犯罪ヘルメットは装着者の
悪の心だけでなく、肉体の方も強化する機能もあるようであった。人間業とは思えない
ハイジャンプでマシンマン目掛けてサーベルを振り下ろす怪盗ウルフ…。

が、マシンマンは無言でジャンプすると、怪盗ウルフの犯罪ヘルメットにサーベルの刃を
振り下ろし、同時に胸に「M」の字を書くように怪盗ウルフを切り付けた。
そのショックで気絶し、そのまま人工地盤に叩きつけられる怪盗ウルフ。
同時に、犯罪ヘルメットも縦に割れて怪盗ウルフの素顔が露になる…。 

666 :名無しより愛をこめて:2007/03/14(水) 23:01:58 ID:ttz3bhZ+0
シルバ「戦闘不能か?!」
怪盗ウルフが気絶しているだけなのを生体センサーでチェックし、愕然とするシルバ。
シルバの楯になるようにマシンマンとバイクロッサーに立ちはだかるアンカー男と
カッチュウナイト。

マシンマン「止めだ!」
ケン「ギン、ブレーザーカノンだ!」
ギン「おう!」
マシンマンのヘルメットのゴーグルの下から眼が光った。同時に背中のマントが展
開され、周囲の空間からエネルギーを集積させる。そのエネルギーと、身体に漲る
アースの力がレーザーサーベルの刃を眩く発光させる…。
そしてバイクロッサーの方も、ギンがギンクロンに飛び乗って兄のケンに向かって
ギンクロンを走らせる。飛び上がるギンクロン。受け止めるケン…。

『反バイオ粒子バリア、始動!』
ランカー商会の刺客である3体のロボットが、切り札の反バイオ粒子バリアを始動
させる。反バイオ粒子の膜が3体を覆い尽くす…。

ギン「ブレーザーカノン砲、発射準備完了!」
その声とともにギンクロンの照準スコープがケンの目の前に飛び出す。狙いは反バ
イオ粒子バリアを張り巡らせた3体の犯罪ロボットたちだ。


667 :名無しより愛をこめて:2007/03/14(水) 23:03:21 ID:ttz3bhZ+0
それを見たマシンマンは、光り輝くレーザーサーベルを構えながら3体の方向に向
かってジャンプした。その輝く瞳は真っ直ぐにバリアに向かっていた。

『マシン・サンダー!!』
マシンマンのレーザーサーベルが「Z」の字を描くようにバリアを切り付けた。その
エネルギーで反バイオ粒子バリアを突破すると同時に「*」のマークを書くように
アンカー男とカッチュウナイトを切り付け、瞬時に離脱する。

その瞬間を、バイクロッサーは逃がさなかった。

ケン「OK!」
『シューティング!!』
ギンクロンのライトから、電光を交えたビームが迸る。そのビームが3体の犯罪ロボットを
直撃し、貫いた!

『グワァァァァッ!』
ブレーザーカノンの直撃方向から、敵の断末魔の声が響いた。同時に人工日食も解けて、
太陽の光が3人の子供たちの守護者を迎えるように射し込む…。 

668 :名無しより愛をこめて:2007/03/14(水) 23:04:40 ID:UeE9sxw50
「へー、こっちはもう落葉してんのか…。ヘーックショイ!
それにしても寒いったらありゃしねえ」
震えながら校内を見学して回るおれに一人の女子大生が声をかけた。
「あらアナタ見学の方?」
「えぇ、まぁ…やっぱ東京はでっかいですね」
と、お愛想で感想を述べると女子大生は突然大声で笑い出した。
「あはは!あ〜おかしい。キミちょっと田舎ものすぎだヨ〜」
国の言葉が無意識に出てたのかもしれない。赤面してうつむくおれを気遣うように
おれが片手にしていた文庫を取り上げて言葉を続けた。
「あら?その文庫本、ちょっと見せて。萩原朔太郎…。『群集の中の孤独』…か。
この町にぴったりの言葉ね」

669 :名無しより愛をこめて:2007/03/14(水) 23:05:06 ID:ttz3bhZ+0
しかし、その中から3人の戦士とグザレ指令は信じられないものを見つけたのであ
った…。

シルバ「アースの力の前には…、反バイオ粒子バリアも無力と言う事か…。」
マシンマン「マシンサンダーと…。」
ケン「ブレーザーカノンに…。」
ギン「耐えた…?!」
マシンマンとバイクロッサーは、マシンサンダーとブレーザーカノンの2段攻撃で
シルバが殆ど軽傷なのを見て驚きを隠せなかった。

シルバ「ドクターQ殿の断熱吸収コーティングが無かったら、貴様達の餌食になって
いた所だな…。」
マシンマン「断熱吸収コーティング?」
ケン「ブルースワットのシルバニック・ギアと同じなのかもしれない…。」
ギン「それにしても、何て奴だ…。」
呆然となる3戦士。

シルバ「だが今は、貴様達と遊んでいる暇は無い…。今回は私がプロフェッサーKの
用心棒となった挨拶代わりだ!今度来る時は、我が愛機バルジオンで貴様達を踏み
潰してやる!!」
そう吐き捨てるように言うと、シルバは左腰に有るスイッチを入れた。すると、シルバが
光の柱の中に消えていく。そしてデビラ兵一同も、ブキミ兵に追われるように次々と
デーモンカーで退散していく…。


670 :名無しより愛をこめて:2007/03/14(水) 23:06:17 ID:ttz3bhZ+0
グザレ指令「転送機で逃げられたな…。」
ケン「それにしても、厄介な奴に狙われたな…。」
ギン「相手が何者であるかを特定する事が出来る暗殺ロボットか…。」
グザレ指令「使い方によっては、あのシルバとか言う奴は危険な存在だぞ…?」
核心を漬く詞を言うグザレ指令。相手を特定する能力があると言う事は、プログラム
次第で特定の人種だけを選んで抹殺出来る、究極の民族浄化兵器になるという事
なのだ。 

グザレ指令「それより、ランカー商会から来たと言うこの男…。どうするつもりだ?」
マシンマン「任せてください…。」
そう言ってマシンマンはゆっくりと、気絶している怪盗ウルフに近付いて行った…。

『カタルシス・ウェーブ!』

マシンマンの右腕から、虹色の光が放出されて怪盗ウルフに降り注いだ。吸いよせ
られるように起き上がっていく怪盗ウルフの身体。

そして、マシンマンが右手の指をパチンと鳴らすと、ビックリしたように怪盗ウルフは
目を覚ましたのであった…。

怪盗ウルフ「ここは、何処だ…?」
マシンマン「この街で大勢の人を殺した凶悪犯を脱獄させるとは、何て事を!」
怪盗ウルフ「す、全て話しますから許してください…!警察は何処だ…?」
すっかりしどろもどろな怪盗ウルフ。カタルシス・ウェーブが効き過ぎたらしい…。
思わず笑みがこぼれる3人の戦士とグザレ指令。その横でケンローダーから飛び出し
てくる真紀の姿があった…。

671 :名無しより愛をこめて:2007/03/14(水) 23:06:20 ID:UeE9sxw50
「この町にぴったりの言葉ね」
彼女はそう言いながらもう一度笑ってみせた。
その笑顔はどこか儚げで、まるで「今の自分がそうだから」と呟いているように見えた。
「……」
足元を走り抜ける木枯らしに、再度身を振るわせる。
すっかり葉も枯れ落ちてしまった桜の木が彼女の横顔と被って見えた。
「寒っ……」
無意識に漏れた呟きに我に返ったのか、彼女は俺の手に文庫本を戻すと親指で構内を指ししめす。
「あーっとゴメン。こんな所で立ち話もなんだね、中に入らない?」
「えっ?」
「まだ構内見てないんでしょ? ヒマなお姉さんが案内してあげるよ」
「えっ、良いんですか?」
「良いの良いの。ヒマしてんだからさー」
「げほっ」
バンバンと背中を叩かれると、寒さでやられていた肺が悲鳴を上げる。
「あ、ゴメンゴメン。でも少し大げさだなーキミ」
演技のつもりは微塵も無い。むせ返りながらも俺は半ば強引に構内へと導かれていった。

672 :名無しより愛をこめて:2007/03/14(水) 23:07:20 ID:ttz3bhZ+0
真紀「終わったみたいね…!」
マシンマン「真紀さん…。カメラ、解像度低いですよ?」
ケン「それに、フォーカスがマニュアルになっていてピンボケかもしれませんよ?」
ギン「余程慌てていたようだったし…。」
真紀「ええぇぇぇぇっ?!」
慌ててデジカメを見る真紀。案の定、低解像度のマニュアルモードになっていた。

真紀「これじゃ編集長に怒られちゃう…。」
グザレ指令「大丈夫だ…、これならいいだろう…。」
そう言ってグザレ指令はデジカメを「高解像度」「オートフォーカス」に切り換えて
真紀に手渡す。

真紀「有り難うございます!」
笑顔で答える真紀。ファインダーにはマシンマンとグザレ指令を中心に、左側に
バイクロッサー・ケン、右側にバイクロッサー・ギンが身構える構図が出来上がっ
ている。

真紀はその構図を逃さずにシャッターを切った。3人の子供たちの守護者と、
異星からの友人達の姿が、デジカメのメモリーに記憶される。

673 :名無しより愛をこめて:2007/03/14(水) 23:07:52 ID:UeE9sxw50
一通り各教室を見終えた俺たちは、ロビーに置かれた椅子にもたれかかり一息ついていた。
彼女はとても流暢に、そして笑い話を織り交ぜながら、一つ一つの部屋を丁寧に紹介して回ってくれた。
喋り方のおかしな名物教授とか、この部屋の何番目の席に座ると必ず問題を解かされるとか。
寮で起こった事件の話。仲の良い友達の話。
大げさな身振り手振りを交えた、大方受験とは無関係な話ばかりの独演会が、楽しくて楽しくて仕方が無い。

お陰でかなりの長時間を費やしてしまったことに気が付いたのは、最後の一部屋を回り終えた後だった。

「なんかごめんねー無理に付き合せちゃったみたいで。はい、コーヒーで良かった?」
「あ、有難うございます」
差し出された紙コップを受け取ると、一口啜る。
「ほうっ……」
と白い息が口から昇る。
大きめに作られた通路を外からの冷たい風が吹き抜けていて、屋外ほど寒くはないにせよ若干このロビーは寒かった。
「はー暖けー……あちっ」
続けてもう一口。慌てて飲んだため舌を軽く火傷してしまう。
「あははっ、慌てないの」
彼女はそんな俺の田舎者っぷりを隣でココアを啜りながら楽しそうに眺めていた。
視線が重なり気恥ずかしさで少し頬が赤くなっているのが自分でも解る。
赤面してうつむく俺を気遣うように俺が片手にしていたコーヒーを手に取ると彼女は言葉を続けた。

「ところで良い壷があるんだけど」

674 :名無しより愛をこめて:2007/03/14(水) 23:08:32 ID:ttz3bhZ+0
その時、マシンマンとバイクロッサーが何かを感じ取った様子であった。彼らの頭の中
に、市街地に入っている「383」のナンバーのガンヘッドと、アギトとオルフェノクらしき
者達が、大勢のデビラ兵と交戦中の様子だった…。

マシンマン「グザレ指令、僕達はこれから市街地のガンヘッドを支援に行きます!」
ケン「商店街の人達が、一致協力して『ある物』を作るために必死なんです…!」
ギン「指令は怪盗ウルフをAPPLEの地下司令部に連行しておいて下さい…!」
グザレ指令「よかろう…、この男の身柄は無事ゼネラル藤井と言う人物に送り届けよう…。」
そう言って3人の子供たちの守護者と異星からの来訪者は、それぞれの場所にへと向
かったのであった。

真紀「私も連れて行って!危険は覚悟しているわ…!」
ケン「判りました…、ケンローダーに乗って!」

そして真紀も、008の住民達が総出で戦っている姿を見届けにケンローダーに飛び
乗ったのであった…。

●アンカー男、カッチュウナイト→マシンマンとバイクロッサーに倒される。
●バイオハンター・シルバ→プロフェッサーKとレディMのいる御多良市へ脱出。
●怪盗ウルフ→カタルシスウェーブで改心し、グザレ指令の手でAPPLE地下司令部へ。
●デビラ兵一同→ダマスクセに撤退。
○星雲仮面マシンマン、兄弟拳バイクロッサー、葉山真紀→市街地の一般人アギトと
オルフェノク、ガンヘッド383の支援(&取材)に。
○グザレ指令、ブキミ兵→怪盗ウルフを連行してAPPLE地下司令部へ。

マシンマンとバイクロッサーは、前に書いた「一般市民の戦い」の面子と、
ネムリン&マコwith空飛ぶ火の車と合流させますです…。 

675 :名無しより愛をこめて:2007/03/16(金) 12:24:01 ID:irRUGped0
http://www.youtube.com/watch?v=ENoAW0uzX3U&mode=related&search=
ttp://www.youtube.com/watch?v=ay72lCcQawY&mode=related&search=
ttp://www.youtube.com/watch?v=S0QeHPferPM&mode=related&search=
ttp://www.youtube.com/watch?v=mm_Yqvp9igY&mode=related&search=
ttp://www.youtube.com/watch?v=pynwVB55NPI&mode=related&search=
ttp://www.youtube.com/watch?v=Nr7Qq7RW5dE&mode=related&search=
ttp://www.youtube.com/watch?v=4N32T3GhTJc&mode=related&search=
ttp://www.youtube.com/watch?v=yK3OFl7gCIw&mode=related&search=
ttp://www.youtube.com/watch?v=kF_Kdj4FrDU&mode=related&search=

676 :名無しより愛をこめて:2007/03/27(火) 15:48:30 ID:SW3XSYheO
保守

677 :名無しより愛をこめて:2007/03/28(水) 21:54:19 ID:2lhYeWKt0
二次元での戦いはひとまず終結した。
話し合いの結果、TACの治療とAと9の改修のため留まることになった。

「申し訳ありません。我々のためにバルカンベースの戦力を削いでしまい。」
「竜隊長、気にしないで下さい。」
「私の方からも礼を言わして下さい。あなた方のおかげで鏡の国は
 壊滅の危機を免れました。」
「しかし、我々の到着が遅れたせいでこれだけの被害を出してしまいました。
 感謝はいりません。」
そんな会話をしていると二次元人の一人が入ってきた。

「鏡さん!ドクターが到着しました!」
「そうか・・・来てくれたか。至急連れてきてくれ。」
「わかりました。」
「ドクターとは、いったい誰ですか?」
「ドクターはこことは違う次元の住人で、その人のおかげで
 京太郎のエネルギー時限爆弾が取り出せたのです。」
「お連れしました!」
そのドクターが部屋に入ってきた。その人物を見て一番驚いたのは
ヒウラであった。

「あなたは!ドクター!」
「ヒウラさん!どうしてここに!?」
その人物とはギギ・ドクターのことであった。




678 :名無しより愛をこめて:2007/03/28(水) 21:56:04 ID:2lhYeWKt0
何故彼女がここにいるのか?
知っての通りギギ人たちが別の次元に移住したのだが、物資の不足に苦しんでいた。
そこに物資を援助してくれたのが、鏡の国の住人であった。
以来ギギ人と二次元人は親しい仲となり、国交が結ばれた。
二次元に帰ったのはいいもの、エネルギー時限爆弾の恐怖に苦しんでいた
京太郎はギギ・ドクターの助けを借りてエネルギー時限爆弾を体内から
取り出すことに成功したのであった。

「そんなことがあったのですか。」
「ええ、以来我々とギギ人は助け合う仲になったんです。」
「ヒウラさん。また会えてうれしいです。」
「いえ、こちらこそまた会えてうれしいかぎりです。」
その再会に皆は心から喜んだ。
「鏡さん。私を呼んだのは援助だけではありませんね?」
「ええ、実はある物をお見せしたいと思ったのです。」
そう言って、父ミラーマンが差し出した物。
それは遺跡から持ち出されたノートのことであった。


679 :名無しより愛をこめて:2007/03/28(水) 21:59:24 ID:2lhYeWKt0
「このノートの文字に見覚えはないでしょうか?」
「この文字は・・・今まで見たことのない字ね。
 今まで見たどの文献の中にも出てきてないわ。」
「そうですか。解読は無理か・・・」

父ミラーマンがノートを机に置いて腕を組んで悩んでいると、
ナオキがノートを取って見てみた。
「おい!ナオキ!勝手まねは・・・」
「この書を手に取りし者たちへ。この書を読めること、
 すなわち遥か昔に災いをもたらせし者が復活した証なり。」

いきなりナオキがノートを読み始めたので一同は凄然とした。
「ナオキ!お前どうしてそのノートが読める?」
「実はその・・・」
ナオキは昨晩見た夢の話を一同に話した。
「信じがたい話だが、この際信じよう。ノートの内容はどうなんだ。」
「それが・・・ノートの大部分が字の損傷が激しくて読むことができないんです。
 かろうじて最初の方と最後の方だけが読めるんです。」
「安田、お前はナオキ君が解読した内容をまとめてくれ。」
「私も手伝います。」
「わかりました。ナオキ君は引き続き解読してくれ。」
村上の指示で解読が始まった。
「鏡さん。もしかしたらこれは何か重大な情報が得られるのでは?」
「私もそう思っています。」
こうしてノートの解読が始まった。


680 :名無しより愛をこめて:2007/03/28(水) 22:11:42 ID:2lhYeWKt0
○鏡京太郎/ミラーマン、立花ナオキ/ジャンボーグ9、岸京一郎/ジャンボーグA
科特隊(ムラマツ、アラシ)、PAT(村上浩、藤本武、安田秀彦、野村由紀、
 野村せつこ、熊井五郎)、チームEYES(ヒウラ、フブキ)、ギギ・ドクター
 、父ミラーマン→ノートの解読を始める。

681 :名無しより愛をこめて:2007/03/29(木) 10:17:57 ID:pujG1ze8O
デスノート参戦か!?

682 :名無しより愛をこめて:2007/03/31(土) 17:28:45 ID:yF210tmv0
メビウス参戦可能

683 :名無しより愛をこめて:2007/04/04(水) 23:39:14 ID:Cy601Pcm0
バダム大本部動かします。


5人ライダー達がバダムライダーとの戦いを始めた頃、
ヒマラヤ山脈の上空にはグランギズモ2、マシンバッファロー、そしてキングギドラがバダム大本部へ突入しようとしていた。

マシンバッファローの艦内では決戦を前に勇介は008にいる番場に九州での報告の後、おぼろからカラクリマシンの整備状況が伝えられた。
「トライコンドルとマンモスはまだやけど他のカラクリマシンバッチリ使えるで」
「サンキュー、おぼろさん」
おぼろからの通信を聞いて鷹介がガッツポーズを執る。
「ほな、頑張ってなー」
おぼろは通信を終わらせる。

「あれ、シュリケンジャーは?」
「あいつなら突入隊に参加すると言ってグランギズモの方にいるが」
辺りを見回しながらシュリケンジャーを探す七海に吼太が答える。

「まさか、七海はシュリケンジャーにも気があったのか…」
一鍬は何か勘違いしているようであった。

684 :名無しより愛をこめて:2007/04/04(水) 23:40:20 ID:Cy601Pcm0
一方、グランギズモの指令室ではメキドがイガムから突入作戦の概要を聞かされていた。
「以上が突入作戦のです」
「よし、それで頼むぞ(イガム王子って良く見るとホント綺麗だ…)」
思わずメキドはイガムの顔を見て思わず見とれてしまった。
「メキド、何ボサッとしてるのよ!」
「キメラ…イガム殿が余りにも綺麗で」
キメラの一言でメキドが我に帰るが、もうキメラの怒りは誰にも止められなかった。
「綺麗ってなによ!」
キメラはメキドに更に問い詰める。

「イガム様、準備が整いました」
フーミンが入ってくる。
「うむ、すまむな。私は転送装置に向かいます」
「で、では、ご武運を…」
イガムとフーミンが指令室を出る。
しかしメキドの顔は明らかに赤かった。
「メキドったら…もう知らない!」
「おい、待てよ、キメラ」
メキドは指令室を出ようとするキメラを止める。

685 :名無しより愛をこめて:2007/04/04(水) 23:42:06 ID:Cy601Pcm0
転送装置の前にはシュリケンジャーを始めとする突入作戦のメンバーが集まっていた。
そのメンバーはイガム王子を筆頭に地底忍フーミン、静弦太郎、霧島五郎、ファラキャット、雷甲太郎、星川竜、
霧島美穂、一文字隼人、結城丈二、筑波弘、沖一也、村雨良、そしてシュリケンジャーといった面々だった。

「ご主人様〜、一緒に戦いましょうね〜」
「わかったから、よしてくれよ」
ファラキャットが五郎を後ろから抱きつく。

「もー、五郎さん、なんであのロボットを直せと言ったのよ!」
美穂もキメラと同じく頭にきていた。
それはファラキャットが五郎にべたついていたからであった。
「ははは、朝からにぎやかなもんじゃねぇか」
「もう、ライコウさんまで」
ライコウが美穂をどやす。

「大本部か、あの時の決着を付ける時が来たな…」
隼人がかって追い詰めた謎の男を思いだしながら決意を固める。
「ええ、先輩達の手がかりも得られそうですね」
「ああ」
それに答える弘に隼人は強く頷く。

○静弦太郎、アイアンキング/霧島五郎、ダイナブラック/星川竜、イガム、フーミン、仮面ライダーファム/霧島美穂、雷甲太郎、ファラキャット、
ハリケンジャー、ゴウライジャー、シュリケンジャー、メキド王子、キメラ王女、ウルトラマンアグル/藤宮博也、レッドファルコン/天宮竜介、
仮面ライダー(2号 ライダーマン スカイライダー ゼクロス スーパー1) 、キングギドラ→バダム大本部へ突入。
兵力として ヒーロー達のマシンの他にグランギズモ2 ジャシンカの戦闘機ギズモスキートメカシンカ・シンカ獣の数やキャラはお任せで
あと、倉庫に残っているメガスとカンスも適度に混ぜて下さい。

686 :名無しより愛をこめて:2007/04/08(日) 19:03:14 ID:8aPlI2UV0
バダムとの決戦始めます。

>>685
「もの凄いエネルギー反応があります!」
通信員が焦った表情で叫ぶ。
「遂に奴等のお出ましか、モニターに映せ!」
「了解」
勇介の指示でモニターに外の状況が映る。
ヒマラヤ山脈の火山の一つの火口から無数のマドー戦闘機が次々と飛び立ち、最後にマドーの戦闘母艦が姿を現した。

「よし、カラクリマシン発進だ!」
「了解、着陸いたします」
勇介のカラクリマシン発進の指示を出す。
「行くぜ、忍風、シノビチェンジ!」
「シノビチェンジ!」
鷹介の一言で三人はハリケンジャーに変身する。
「一鍬、行くぞ」
「あ、ああ…」
「轟雷、シノビチェンジ!」
続いてゴウライジャーも変身する。

「ハリケンジャー、ゴウライジャー、頼むぞ」
「はい、任せて下さい」
ハリケンイエローが勇介に頷く。
そして五人はブリッジを後にした。

687 :名無しより愛をこめて:2007/04/08(日) 19:04:18 ID:8aPlI2UV0
「来たか…ギズモキートを出せるだけ出せ!」
「はっ」
メキドの指揮でグランギズモから戦闘機ギズモキートが次々と発進していく。

マシンバッファローが着陸すると上部のハッチが開きハリケンホークが姿を現す。
「ハリケンホーク、行くぜぇ!」
ハリケンレッドの叫びと共にハリケンホークが大空へと飛び立つ。
「ハリケンレオン、発進!」
「ハリケンドルフィン、行くわよ!」
「ゴウライビートル、出る」
「ゴウライスタッグ、出る」
その後、機首が開き他のカラクリマシンが次々と発進する。

「準備は出来ています、MBF-004作動!」
「ギャァァァァオ!」
藤宮はMBF-O04を作動させる。
キングギドラは雄叫びを上げ、ギズモキートに続きマドー戦闘機の大群へと向かって行った。

688 :名無しより愛をこめて:2007/04/08(日) 19:05:45 ID:8aPlI2UV0
「奴等も出撃したか…量産型メカゴジラを出せ!」
「はっ」
マドー母艦では指揮を執るガイラー将軍がバラノイアから提供された量産型メカゴジラ発進の指示を出す。
マドー母艦から地上に10体もの量産型メカゴジラが降り立った。

「あれはメカゴジラ、しかも何て数だ!?」
カブトライジャーが量産型メカゴジラに驚く。
「メカゴジラってブラックホール第3惑星人の作ったロボット怪獣の?」
「ああ、あれだけのロボットを量産出来るとはバダムの科学力は恐ろしいな」
ハリケンイエローの通信にカブトライジャーが答える。

「こうなりゃ合体して一気に片付けようぜ」
ハリケンレッドが皆に合体を促す。
「忍風合体、旋風神!」
「轟雷合体、轟雷神!」
2体のカラクリ巨人が量産型メカゴジラの前に姿を現した。

689 :名無しより愛をこめて:2007/04/08(日) 19:07:25 ID:8aPlI2UV0
突入部隊も外部での戦いに気づいていた。
「始まりましたね」
「ああ…」
隼人が結城に頷く。

「ここいらでボヤボヤしている訳にはいかねぇ、ここでこの戦いを終わらせようぜ」
「ええ、我々は死ぬ為にここへ来た訳ではありません。大いなる意思を打つ為に来たのです」
弦太郎とイガムが決意を固めあう。
「弦の字、それはここにいるみんなもそうだぜ」
「五郎…」
五郎が弦太郎に言う。
五郎の通りここにいる全員の答えは同じであった。

「ユー達、そろそろ行くヨ」
シュリケンジャーを先頭に転送装置へと入っていく。
「おやっさん…風見…本郷、待っいてくれよ」
最後に隼人が一言残し転送装置へ入っていった。

そして、転送装置はバダム大本部へ彼らを送った。


・旋風神、轟雷神、マシンバッファロー(ウルトラマンアグル/藤宮博也、レッドファルコン/天宮竜介)、グランギズモU(メキド王子、キメラ王女)
 キングギドラ、ギズモキートVSマドー母艦(ガイラー将軍)、マドー戦闘機、量産型メカゴジラ×10
○静弦太郎、アイアンキング/霧島五郎、ダイナブラック/星川竜、イガム、フーミン、
仮面ライダーファム/霧島美穂、雷甲太郎、ファラキャット、シュリケンジャー、
仮面ライダー(2号 ライダーマン スカイライダー ゼクロス スーパー1) →バダム大本部へたどり着く。

690 :名無しより愛をこめて:2007/04/11(水) 00:08:45 ID:xtNpoG5P0
age

691 :名無しより愛をこめて:2007/04/12(木) 18:06:15 ID:gL7UUuHf0
ttp://www.youtube.com/watch?v=RgMYZ2yfChc&NR=1
ttp://www.youtube.com/watch?v=z1zYldKpScw&NR=1

692 :名無しより愛をこめて:2007/04/13(金) 22:04:05 ID:rgSSAuKI0
>>689
「カッ…」という音と共に部屋に灯りがともり、思いがけない光景が広がっていた。
「本郷…!」
「風見、何故ここに!?」
隼人と結城が思いもよらず叫ぶ。
それは十字架に磔にされた猛達、5人の仮面ライダーであった。

「結城、みんな…無事に戻れたのか」
風見が隼人達を見て驚くが、無事だった事への喜びの方が大きかった。
「俺達に構うな、頼む!」
「何を言うんだ、お前達を見殺しに出来るか!」
猛が弱気になるが隼人が言い返す。

「あの人たちって…」
「あれは俺達と同じ仮面ライダーだ」
美穂に聞かれ、弘が答える。

693 :名無しより愛をこめて:2007/04/13(金) 22:10:04 ID:rgSSAuKI0
「ほう、ようやく餌が食いついて来たようだな…」
その声と共に一同の前にFIRSTとSECOND、そして8人のバダムライダーが姿を現した。
「バダムライダーか…」
敬介がその名を呼ぶ。

「ここにいる俺と同じ名を持つ仮面ライダーの処刑を始めようとしていた所なのさ…」
FIRSTが話し始める。
「貴様…正気か!?」
悪のライダー達にイガムの怒りが爆発する。
「騒いでも無駄だ、既に準備も整っているのでな」
SECONDが準備が整っている事を話す。

「野郎…許せねぇ、アイよ…」
ライコウがアイを呼び出そうとする。
「させるか!」
「ぐっ、何しやがる!」
バダムライダーNo8がライコウの足元に十字手裏剣を投げる。
「フハハハハ、少しでも手を出してみろ。そしたら貴様達も死ぬ事になるぞ」
バダムライダーNo1がライコウを指さしながら笑う。

「おかしいな、部屋に入った時からシュリケンジャーさんがいないが…」
「ええ、一体何があったのでしょうか?」
星川とフーミンがシュリケンジャーがいない事に気づく。

694 :名無しより愛をこめて:2007/04/13(金) 22:12:06 ID:rgSSAuKI0
「俺も混ぜてくれないか?」
突然、一同の前に星川に瓜二つの男が現れた。
「星川さん…?」
美穂がその男を見て星川と勘違いする。
「あの男、何者なんだ?」
星川本人が驚きを隠せなかった。

「俺の名はマッドギャラン、お前達バダムに力を貸しに来た」
その男はかって宇宙を巨獣で支配しようとしたサタンゴースの息子、マッドギャランを名乗った。
「ほう、俺達に力を貸すのか。面白い奴だ」
「ああ、よろしく頼む」
マッドギャランとFIRSTが睨みあう。

猛達との再会を果たしたものの、突如として現れた二人の仮面ライダーとバダムライダー。
そして、マッドギャランの登場により戦いは不利な状況に傾いていった。


○静弦太郎、アイアンキング/霧島五郎、ダイナブラック/星川竜、イガム、フーミン、
仮面ライダーファム/霧島美穂、雷甲太郎、ファラキャット、
仮面ライダー(2号 ライダーマン スカイライダー ゼクロス スーパー1) →バダム大本部へたどり着く。
○シュリケンジャー→どこかへ消える。
○仮面ライダー(1号/本郷猛、V3/風見志郎、X/神敬介、アマゾン/山本大介、ストロンガー/城茂)
→バダムライダーに破れ、処刑寸前となる。
●仮面ライダーFIRST、SECOND、バダムライダーNo1〜No8→猛達を処刑する。
●マッドギャラン(?)→バダムライダーに協力を求める。
マッドギャランの正体に関してワクテカしてる人がいますが、少し待ってくださいね。

695 :名無しより愛をこめて:2007/04/15(日) 17:31:54 ID:sJ//6FUz0
とりあえずノートの内容の前半部分を書きます。
>>155

数時間後ノートの内容が解読され皆の前に出された。
その内容は皆を驚愕させた。
「こんなことが起きていたのか・・・」
「天才だ・・・このノートを書いた人は・・・」

最初世界は「光」に満ちていた。世界のすみずみまで「光」が溢れていた。
しかしやがて、「光」は全生命の敵になった。
「光」を支配に使うものたちが現れたのだ。キリエルとン・マである。
彼らはこの世界の神という存在から光を統べる者として選ばれた。
しかし奴らは、己の欲望のために光を使い始めたのだ。
生きるものたちは抵抗したが「光」の前では無力であった。
キリエルとン・マは生命を弄んだ。
やがて生きるものたちの「光」に対する憎悪が光の反存在を生み出した。
「闇」の誕生である。
その「闇」の中でも特異な存在だったのが、大いなる意思である。


696 :名無しより愛をこめて:2007/04/15(日) 17:33:29 ID:sJ//6FUz0
普通「闇」は強大な力を持って誕生してくるケースが多かったが、
大いなる意思は違っていた。
奴は強大な力ではなく心を持って生まれてきたのだ。
これは、今では当たり前のことだと多くのものたちは思うだろうが、
昔は特異なケースであった。
その頃の生命には「心」というものが存在していなかった。
キリエルとン・マが生命から「心」を奪い取っていたのだ。
そのため、「闇」のものたちは「光」を見つければ無差別に本能のままに力を振るった。
だが大いなる意思は違った。奴は生まれた時から「心」を持っていたのだ。
何故強大な力ではなく「心」を持って生まれたきたのか?今となって知る術はない。

結局「光」を過信したキリエルとン・マは「光」から見限られてしまい
天から地に堕ちた。
「光」は生命と一部の「闇」のものたちに宿った。
ここから新たなる戦いが始まるのだが、多くのものたちはその重要性に気付かなかった。
「闇」の中でたった一人だけ、「心」を持って生まれてきた大いなる意思の存在を。

前半部分は終了です。後半部分は後日書き込みます。




697 :名無しより愛をこめて:2007/04/15(日) 23:18:00 ID:vgpWk/sY0
>>695-696
レスアンカーが避難所のままになっていますが…。

698 :名無しより愛をこめて:2007/04/17(火) 20:59:01 ID:FKI0gA+M0
>>688
>>694

その時、旋風神を掴んでいた二機のメカゴジラに次々とミサイルが打ち込まれ、その反動で倒れる。
「あの攻撃は一体?」
ハリケンイエローがミサイルの方を向くと5機の巨大ロボットが立っていた。
その顔ぶはゴリラカンス、サイカンス、カメレオンカンス、サメカンス、カマキリカンスであった。

『お前達、地上にはメカジャイガンを送ったぞ』
「ありがたい、これで百人力だ!」
旋風神と轟轟神にメキドから通信が入り、カブトライジャーがその通信に答える。

「よっしゃぁ、これで形勢逆転だぜ!」
ハリケンレッドが勢いに乗り叫ぶ。
「こうなったらソードスラッシャーを使おう」
「ああ、カラクリボール1号、ソードスラッシャー!」
イエローに促され、ソードスラッシャーを出す。
「究極奥義、分身幻斬り!」
そして3体に分身した旋風神により3機のメカゴジラが切り裂かれ、そのまま倒れこみ大爆発を起こす。

699 :名無しより愛をこめて:2007/04/17(火) 21:00:37 ID:FKI0gA+M0
「我々も行くぞ、カラクリボール4号、プラントアックス!」
轟雷神がプラントアックスを構える。
「究極奥義、大回転轟斬り!」
轟雷神が回転して2機のメカゴジラを倒す。

「おのれ…一気に5機もメカゴジラが沈められるとは!?」
ガイラー将軍が量産型メカゴジラが5体も倒された事に驚愕する。
『ガイラー将軍、苦戦しているようですね』
「ポーか」
そんなガイラー将軍に神官ポーから通信が入る。
『我々フーマも力を貸しましょう」
「それはありがたい、頼むぞ!」
ポーの通信にガイラーが喜びの表情を浮かべる。

「副学長、3時方向から別の反応があります」
「バダムの援軍か!?」
マシンバッファローのレーダーが敵の反応を捉える。
そこには神官ポーの指揮するフーマの戦闘母艦と無数のフーマ戦闘機が姿を現した。

・旋風神、轟雷神、マシンバッファロー(ウルトラマンアグル/藤宮博也、レッドファルコン/天宮竜介)、グランギズモU(メキド王子、キメラ王女)
 キングギドラ、メカジャイガン(ギズモキート、ゴリラカンス、サイカンス、カメレオンカンス、サメカンス、カマキリカンス)、
VSマドー母艦(ガイラー将軍)、マドー戦闘機、量産型メカゴジラ×5、フーマ母艦(神官ポー)、フーマ戦闘機

700 :名無しより愛をこめて:2007/04/18(水) 07:29:16 ID:JaaIV4Vs0
700

701 :名無しより愛をこめて:2007/04/18(水) 21:26:08 ID:eMa3DUWs0
このスレもそろそろなので少し動かしてみます。

>>583
サンタクロースは無言で鎖鎌を振りかざすと、その鎖鎌はエマへと伸びていく。
「エマっ!」
ツヨシがエマを横へ押すが、鎖鎌に縛り付けられる。
「ツヨシっ!」
「こいつ、エマに手を出すな…」
縛られながらもツヨシはサンタクロースに叫ぶ。

「野郎、もう許せねぇ!」
海堂がスネークオルフェノクに変身しサンタクロースに殴りかかる。
「ぐっ…」
殴られた反動でサンタクロースは鎖鎌を放してしまい、そのまま倒れる。

「ツヨシ、大丈夫?」
「ああ」
エマがツヨシを縛っていた鎖鎌を解く。

702 :名無しより愛をこめて:2007/04/18(水) 21:35:49 ID:eMa3DUWs0
「み、見てよ」
由佳がサンタクロースを指さす。
「うっそー!?」
「変身するのー!?」
サンタクロースを見たナイとメアが驚きの声を上げる。

サンタクロースは黒い長髪の男へと姿を変えて立ち上がった。
「ピース…!」
エマがその男を見て叫ぶ。
サンタクロースの正体は"壊れた"15歳の少年少女を始末するピースと呼ばれた男だった。

「石橋をぉ…叩いてぇ…渡るぅ…」
ピースは刀を構え不気味に呟きだした。

・スネークオルフェノク/海堂直也、クレインオルフェノク/長田由佳、
 バンキュリア/ナイ+メア、アサギ、エマ、ツヨシVSピース
提案のあったサンタ=ピースの展開をやってみました。

703 :名無しさん:2007/04/24(火) 14:48:15 ID:krRoOBN30
保守

704 :名無しより愛をこめて:2007/04/24(火) 21:18:17 ID:4zWe5QNs0
お待たせいたしました。ライダー再集結です。

>>699
「おのれ、気に食わん!」
「俺もだ!」
バダムライダーNo4とNo5がマッドギャランに対しての不満を露にする。
「ほう、俺に歯向かうというのか?」
マッドギャランは宇宙刑事のコンバットスーツの様な姿に変身する。
「あいつも変身するのかよ!?」
それを見た五郎が驚く。

「喰らえ、電キック!」
バダムライダーNo5が必殺技の電キックをマッドギャランに向ける。
「当たるかっ」
マッドギャランは電キックを余裕で避ける。
「今度は俺が相手だ、ライドルホイップ!」
バダムライダーNo3がライドルホイップを振るうが、マッドギャランは剣で軽々と受け止める。
「それだけか…」
「奴め、何て強さだ…」
マッドギャランがバダムライダーNo3を睨む。

705 :名無しより愛をこめて:2007/04/24(火) 21:20:05 ID:4zWe5QNs0
「次は貴様達だ…」
「何っ!?」
「お前…ゆるさない!」
マッドギャランは剣を構えながら磔にされている猛達を睨む。
それを見た城とアマゾンが声をあげる。
「今度こそ、終わりか…」
風見が覚悟を決める。
「我々と組む為に邪魔者を始末するのか」
「その通りだ、こいつらをお前等に代わって始末してやろう」
FIRSTの聞かれ、マッドギャランが答える。

マッドギャランは猛達の手足を抑えていた輪を切った。
「貴様、何のつもりだ!?」
バダムライダーNo1がマッドギャランの思わぬ行動に慌てる。
「何様のつもり…それはこっちの台詞だ!」
マッドギャランは変身を解き、バダムライダーに見栄を切る。

706 :名無しより愛をこめて:2007/04/24(火) 21:21:37 ID:4zWe5QNs0
「き、貴様は一体!?」
バダムライダーNo8がマッドギャランの変貌に驚く。
「今からそれを教えてやる」
マッドギャランは野球ボール大の球を取り出す。
「まさか、あいつは…!?」
弦太郎が何かを確信する。

「天空、シノビチェンジ!」
マッドギャランがポーズを執り叫ぶと、マッドギャランの体が光に包まれる。
「シュリケンジャー、見参!」
マッドギャランの正体はシュリケンジャーであった。
「ありがとう、君のお陰で俺達は助かったよ」
「ユー達が無事でミーも嬉しかったヨ」
猛がシュリケンジャーに礼を言うと、シュリケンジャーがそれに頷いた。

707 :名無しより愛をこめて:2007/04/24(火) 21:22:47 ID:4zWe5QNs0
「本郷…」
「ああ、再び10人が揃ったな」
駆け寄ってきた隼人が猛と再会を喜びあう。
「おのれ、貴様らまとめて始末してやる!」
バダムライダーNo1がシュリケンジャー達を見て怒りに拳を握る。

「みんな、準備はいいな」
「ああ…」
「行きましょう」
本郷の合図に隼人と風見が答える。
「10人揃ったんだ」
「絶対に俺達は勝てる」
「アマゾン、みんな揃って嬉しい」
「今度は俺達の番だぜ」
「お前達偽者には負けはしない」
「本物のライダーの力を見せてやる!」
「さあ、行くぜ」
結城、敬介、アマゾン、茂、弘、沖、良が次々とバダムライダー達に見栄を切る。

「変身!」
10人は同時に変身した。

708 :名無しより愛をこめて:2007/04/24(火) 21:25:14 ID:4zWe5QNs0
「遂に仮面ライダーが揃ったのか!」
星川がライダー達を見て声をあげる。

「ほう、どっちが本当のライダーか教えてやる」
「仮面ライダーの力はお前達、悪の心を持つ奴等に負ける訳にはいかない」
FIRSTが仮面ライダー達に向かい指をさしながら挑発する。
それに対し、1号はバダムライダー達に見得を切る。

遂に正義と悪のライダーの戦いのゴングが今、鳴らされた。

・静弦太郎、アイアンキング/霧島五郎、ダイナブラック/星川竜、イガム、フーミン、
仮面ライダーファム/霧島美穂、雷甲太郎、ファラキャット、シュリケンジャー
仮面ライダー(1号/本郷猛、2号/一文字隼人、V3/風見志郎、ライダーマン/結城丈二、X/神敬介、アマゾン/山本大介、ストロンガー/城茂、スカイライダー/筑波弘、スーパー1、沖一也、ZX、村雨良)
VS仮面ライダーFIRST、SECOND、バダムライダーNo1〜No8

709 :名無しより愛をこめて:2007/04/25(水) 22:09:54 ID:2s+5PP5T0
ww

710 :名無しより愛をこめて:2007/04/26(木) 10:00:28 ID:vEo6wZ5g0
「ライダー・・・・・・・・・変身!!!」
「変身!!」
「変身・・・っV3ァア!!!」
「ライダー、マンッッ!!」
「大、変、身!!!」
「アァー、マァー、ゾォォーーーーーン!!!」
「変、身っ、ストロンガー!!!!」
「スカイ・・・・変身っ!!」
「変身!!」
「変んんん身っっっ!!!」

711 :名無しより愛をこめて:2007/04/28(土) 12:30:52 ID:6G/0dPLUO
下がりすぎあげ

712 :名無しより愛をこめて:2007/05/03(木) 11:29:46 ID:/LDEtY4Y0
ティガの復活編です。

>>662
ガタノゾーアに破れ、石像に戻ったティガはそのまま更に海の深くへと沈んでいった。

「マドカ・ダイゴよ…」
「誰だ…」
ティガの意識の中ではダイゴに黒い服の青年が語り掛ける。
「君はかって邪神に勝利出来たのか憶えているかい?」
「あの時は世界中の人々の光でガタノゾーアを倒せたんだ」
「その通りだ、まさに人々の、いや、地球の光が君を蘇らせる」
ダイゴに答えると黒い服の青年は思わぬ事を言った。

「まさか…!?」
ダイゴは何かを感じ取りスパークレンズを取り出すと、スパークレンズが輝いていた。
「この力は地球の声に答えたドリームボールの光だ」
「ドリームボール?」
「ドリームボール、それは君が光を導く者の証」
黒い服の青年はダイゴを光を導く者の一人である事を告げる。

713 :名無しより愛をこめて:2007/05/03(木) 11:31:06 ID:/LDEtY4Y0
「光を導く者?」
「それは闇の力を、そして大いなる意思を倒せる唯一の力」
「その力が僕に…」
ダイゴは黒い服の青年の話に驚きを隠せなかった。

「そう、スパークレンズにはドリームボールが埋め込まれている、そして更なる光が今から溢れる!」
黒い服の青年の叫びと共にスパークレンズに光が強くなった。
「この光は…」
「これこそが地球の光、これは地球人の手によって作られた光だ」
黒い服の青年の言う「地球の光」とはアースパワー発生装置からの光であった。

「この力を使って再び世界を守る!」
「頼むぞ」
ダイゴは黒い服の青年に頷くとアースパワーが漲るスパークレンズを天にかざした。
そして辺り一面は光に包まれた。

○ダイゴ/ウルトラマンティガ→地球の力で復活

714 :名無しより愛をこめて:2007/05/09(水) 10:56:28 ID:6wCPryhn0
age

715 :名無しより愛をこめて:2007/05/12(土) 21:44:05 ID:KMmOfSIR0
ミレニアムライダーの続きです。

真魚と天音を連れ去ったジョッカーのロケバスは番句市の工場跡地へと到着した。
「さあ、降りろ!」
「きゃぁ」
戦闘員の一人が二人をバスから強引に降ろす。

「ラッコ、ラッコ〜、よくやったぞ」
そこにラッコ男を先頭に怪人軍団が姿を現した。
「また、あの化け物なの!?」
天音が怪人達を見て声をあげる。
「クエッ、クエッ、クエッ、チョコ玉男〜」
更にチョコ玉男を中心に先のレンタルビデオ男とカメラ男の三怪人が現れた。
「パシャパシャ、お嬢さん、写真撮らせてもらよ」
「きゃあ!」
「何撮っているのよ!?」
カメラ男が二人を撮影する。
「ふっふっふ、カメラ男に撮られるとは余程気に入られたな」
レンタルビデオ男がそれを見て笑う。

716 :名無しより愛をこめて:2007/05/12(土) 21:45:26 ID:KMmOfSIR0
その頃、アンチバダム同盟のロビーでは一同が集まっていた。
「まさか、ジョッカーがあれだけ強くなっていたとは…」
藤兵衛はデルサー軍団をも凌ぐジョッカー怪人軍団に驚きと恐怖を隠しきれなかった。
「あのレンタルビデオ男もいました。まだ怪人がいるでしょう」
猛は他にも怪人がいる事を推測する。
「せめて真魚ちゃんと天音ちゃんだけでも助けられれば」
雄介が二人の事を思い嘆く。

「あんなふざけた奴らを野放しにしといていいのかよ!」
「凱、落ち着け。闇雲に突っ込んでも返り討ちにあうだけだ」
凱はその悔しさから壁を殴るが、竜に止められる。
「竜…凱…」
その二人を見た香は不安で心が一杯だった。

「ジェラ様を見なかったか?」
バーラが息を切らせながらロビーに入る。
「ジェラならシャドーに呼ばれて外に出たぞ」
「そうか、すまなかったな」
ミカにジェラの場所を教えられるとバーラはロビーを出た。

717 :名無しより愛をこめて:2007/05/12(土) 21:48:15 ID:KMmOfSIR0
そのジェラとシャドーの二人はジョッカーとの戦いの繰り広げられた場所にいた。
「何故私を呼んだ?」
「ジェラ、俺と組め」
シャドーはジェラを指さしながら告げる。
「貴様、まだ憎しみなどに駆り立てられているのか!?」
「その通りだ、あの仮面ライダーをな…」
ジェラはシャドーの言葉に怒りに震えるが、シャドーは表情を変えずに答える。
シャドーには人格が変わったものの、打倒浅倉の熱意は変わっていなかった。

「貴様ぁ!」
ジェラは鞭を振るうが、シャドーは軽々と避ける。
「俺に歯向かうつもりか、邪甲…」
シャドーは着地するとブラックビートへと変身した。
「もう貴様だけは許すわけにはいけない!」
ジェラは鞭を構えながらブラックビートを睨む。

718 :名無しより愛をこめて:2007/05/12(土) 21:50:37 ID:KMmOfSIR0
「そんな丸腰で勝てると思っているのか!」
ブラックビートはジャミングマグナムを次々と撃つ。
「奴め、あの時とは違うぞ!?」
「そうだ、今の俺は千年の邪気とあの男への憎しみのみだ!」
「あの男…ブルービートとは違う!?」
ジェラはブラックビートの憎しみをブルービートでは無いと気づいた。
「それに気づく事は無い、喰らえ!」
ブラックビートはスティンガービュートでジェラを斬りつけようとする。
「ジェラ様…」
「バーラ!」
ジェラの目の前にバーラが飛び出すが、スティンガービュートで斬られてしまう。
「くっ、邪魔が入ったか」
ブラックビートは倒れたバーラを見て悔しがる。

「バーラ、しっかりしろ!」
「ジェラ様…私達の無念を晴らしてください」
ジェラはバーラを抱き上げるも、バーラは立ち上がる力も無かった。
「何を言うんだ?」
「そして、大いなる意思を倒して平和を取り戻してください…」
「バーラ、バーラぁ!」
既に意識の無いバーラを抱えながらジェラが叫ぶ。

719 :名無しより愛をこめて:2007/05/12(土) 21:54:28 ID:KMmOfSIR0
「ブラックビート…貴様」
「今回は余計な邪魔が入ったが次こそは仮面ライダー王蛇、いや、アンチバダム同盟を倒してみせる!」
ジェラはブラックビートの方を向くが、ブラックビートは思いがけない事を告げる。
「まさか、アンチバダム同盟もか!?」
ブラックビートの言葉にジェラはショックを隠し切れない。
しかし、ブラックビートの姿は砂埃と共に消えていた。

「ジェラ、何かあったのかよ?」
「ミカ、シャドーの奴が…」
後からバーラを追ったミカが来る。
「そんな!?」
「ああ、あの男は憎しみの塊だ」
ジェラはミカに今までの事情を話す。

チョコ玉男らを加えたジョッカー超再生怪人軍団、そして、アンチバダム同盟打倒を企むブラックビート。
ミレニアムライダーはこれらの強敵に勝つ事は出来るのだろうか?

○風谷真魚、栗原天音→番句市の工場跡地で捕らわれる。
○バーラ→ブラックビートに倒される。
●ジョッカー超再生怪人軍団(ラッコ男、コアラ男、ペンギン男、サメ男、ゴキブリ男、チョコ玉男、レンタルビデオ男、カメラ男)
 →番句市の工場跡地でミレニアムライダーを待つ。
●ブラックビート→何処かえ消える。

720 :名無しより愛をこめて:2007/05/15(火) 01:20:45 ID:pdBl1ebGO
下がりすぎあげ

721 :名無しより愛をこめて:2007/05/16(水) 23:32:48 ID:xHaUGOld0
>>719
ジェラとブラックビートが戦っていた頃、アンチバダム同盟本部では動きがあった。
「お前達、それだけの根性だったとは見損なったぜ」
早川が一同を軽蔑する。
「早川さん…」
それを聞いた翔一が早川の名を出しながら絶句する。
「二人を助け出せる手立ても見つけられないんじゃ終わりだな。俺一人で行かせてもらうぜ」
早川はそのままロビーを出た。

「早川さん、一人じゃ無理ですよ!」
「城戸、今は早川さんを信じるんだ」
真司が早川を止めようするが、蓮に抑えられる。

ロビーにミカとジェラが入る。
「ったく、早川はどっか行こうとしているのか?」
「なんか一人でジョッカーの所へ向かったみたいだよ」
ミカが早川の事を聞くとゴハットが答える。

722 :名無しより愛をこめて:2007/05/16(水) 23:35:33 ID:xHaUGOld0
「いや、早川さんの言う通り、俺達は甘かったかも知れない」
雄介が口を開く。
「そうだな、ここで俺達がへたばる訳にはいかねぇからな」
「ここでジョッカーとの決着もつけないとな」
凱と竜も決意を固める。

「わかった、メンバーは決まったな」
藤兵衛が指示を出す。
「メンバーを言います。まず五代さん、津上さん、氷川さん、葦原涼さん、真司さん、蓮さん、北岡先生、手塚さん、
 佐野さん、浅倉さん、のミレニアムライダーズ、ジェットマンの五人、そして猛さんです」
尾室がメンバーを読み上げる。
「みんな、準備が出来たらGトレーラーに乗り込んで」
小沢がGトレーラーで向かう事を促す。
「では、僕もサポートで向かいますよ」
「あんたは足手まといになるだけでしょ!」
ゴハットも名乗り出るが小沢にどやされる。
それでもGトレーラーにちゃっかりゴハットが乗り込む事になった。

そして、ミレニアムライダーズとジョッカー超再生怪人軍団との決戦が始まろうとしていた。

○ミレニアムライダーズ(仮面ライダークウガ/五代雄介、仮面ライダーアギト/津上翔一、 仮面ライダーG3-X/氷川誠、仮面ライダーギルス/葦原涼、
 仮面ライダー龍騎/城戸真司、仮面ライダーナイト/秋山蓮、仮面ライダーゾルダ/北岡秀一、由良吾郎、仮面ライダー王蛇/浅倉威、仮面ライダーライア/手塚海之、仮面ライダーインペラー/佐野満)、
 鳥人戦隊ジェットマン(レッドホーク/天堂竜、ブラックコンドル/結城凱、イエローオウル/大石雷太、ホワイトスワン/鹿鳴館香、ブルースワロー/早坂アコ)、
仮面ノリダー/木梨猛、G3マイルド/尾室隆弘、小沢澄子、ゴハット→ジョッカーとの決戦と真魚と天音の救出へ。
○怪傑ズバット/早川健→一足先にジョッカーとの決戦へ。

723 :名無しより愛をこめて:2007/05/18(金) 23:30:12 ID:UlFHUxkL0
そろそろ次スレ立てるか?

724 :名無しより愛をこめて:2007/05/23(水) 18:55:53 ID:zvcSn98G0
>>722
「私達、どうなっちゃうの…」
「翔一君…」
ジョッカーに捕らわれている真魚と天音は不安で心が一杯だった。

その時、辺り一面にギターの音が鳴り響く。
「だ、誰だ?」
ラッコ男をはじめとする怪人が周りを見回す。
「ジョッカーのみなさん、お嬢さん方を返しに来たぜ」
入り口からギターを弾きながら早川が現れた。
「早川さん!」
天音が早川を見て喜びの声をあげる。

725 :名無しより愛をこめて:2007/05/23(水) 18:57:36 ID:zvcSn98G0
「ええーい、超スーパー戦闘員のみなさん、奴を倒せ!」
「イー!」
チョコ玉男の一声で数人の戦闘員が早川に襲い掛かる。
「早川さん!」
真魚の叫びも空しく早川は戦闘員になす術も無かった。
「何?」
「消えた?」
突如、早川が姿を消し、戦闘員達が辺りを見回す。

その時、ズバットが愛車ズバッカーで次々と戦闘員達を吹き飛ばす。
「ズバッと参上、ズバッと解決、人呼んでさすらいのヒーロー…快傑ズッバァァッット!」
ズバッカーから降り、ズバットが高らかに名乗りを上げる。

726 :名無しより愛をこめて:2007/05/23(水) 18:59:42 ID:zvcSn98G0
「俺たちもいるぜ!」
龍騎の威勢の良い声と共にミレニアムライダーズ、ジェットマン、そしてノリダーが姿を現した。
「翔一君!」
「浅倉さん!」
二人がライダー達を見て喜びの声をあげる。

「うぬぬ、戦闘員のみなさん、やっていまえ!」
「イー!」
チョコ玉男の指示で次々と戦闘員がライダー達に向かっていく。
「ジョッカー、正義の力がある限りいくらお前達が強化されても屈しない!」
ノリダーは怪人達を指さしながら見得を切る。
「ジョッカー超再生怪人軍団…バダムに手を貸し多くの人々を苦しめようとする貴様らを許さん!」
ノリダーに続きズバットも派手に見得を切る。

・ミレニアムライダーズ(仮面ライダークウガ/五代雄介、仮面ライダーアギト/津上翔一、 仮面ライダーG3-X/氷川誠、仮面ライダーギルス/葦原涼、
 仮面ライダー龍騎/城戸真司、仮面ライダーナイト/秋山蓮、仮面ライダーゾルダ/北岡秀一、由良吾郎、仮面ライダー王蛇/浅倉威、仮面ライダーライア/手塚海之、仮面ライダーインペラー/佐野満)、
 鳥人戦隊ジェットマン(レッドホーク/天堂竜、ブラックコンドル/結城凱、イエローオウル/大石雷太、ホワイトスワン/鹿鳴館香、ブルースワロー/早坂アコ)、
仮面ノリダー/木梨猛、怪傑ズバット/早川健
VSジョッカー超再生怪人軍団(ラッコ男、コアラ男、ペンギン男、サメ男、ゴキブリ男、チョコ玉男、レンタルビデオ男、カメラ男)

727 :名無しより愛をこめて:2007/05/25(金) 21:45:08 ID:ehZAErzp0
>>726
「散々いたぶってくれた落とし前はつけてやるぜ!」
ブラックコンドルはジェットウイングを開くと戦闘員達に向かって飛ぶ。
「どこだ?」
「あ、真上だ」
戦闘員達がブラックコンドルを見失うが、戦闘員の一人が真上にいるのを見つける。
「気づいても遅いぜ、コンドルフィニッシュ!」
「イー!」
ブラックコンドルはブリンガーソードを構え、必殺のコンドルフィニッシュで一気に戦闘員を斬りつける。

「ノリダーカーニバール&フェスティバール!」
別方向から来た戦闘員達はノリダーが次々と倒していく。

「さあ、雑魚は倒した。残りはあんた達だぜ…」
ズバットはZ剣を構えながら再び見得を切る。
「ラッコ、ラッコ〜、それはどうかな」
ラッコ男が高笑いをする。

728 :名無しより愛をこめて:2007/05/25(金) 22:20:05 ID:ehZAErzp0
「きゃぁ!」
「何するのよ!?」
ラッコ男の目の前では二人の戦闘員が真魚と天音を押さえつけていた。
「真魚ちゃん!」
「天音ちゃん、そんな!?」
アギトと王蛇が二人を見て絶句する。

「これで手も足も出せまい。くらえ!」
「うわぁぁぁぁ!」
チョコ玉男がライダー達にチョコ玉爆弾を次々と投げる。
このまま手立ては無いままなのか!?

・ミレニアムライダーズ(仮面ライダークウガ/五代雄介、仮面ライダーアギト/津上翔一、 仮面ライダーG3-X/氷川誠、仮面ライダーギルス/葦原涼、
 仮面ライダー龍騎/城戸真司、仮面ライダーナイト/秋山蓮、仮面ライダーゾルダ/北岡秀一、由良吾郎、仮面ライダー王蛇/浅倉威、仮面ライダーライア/手塚海之、仮面ライダーインペラー/佐野満)、
 鳥人戦隊ジェットマン(レッドホーク/天堂竜、ブラックコンドル/結城凱、イエローオウル/大石雷太、ホワイトスワン/鹿鳴館香、ブルースワロー/早坂アコ)、
仮面ノリダー/木梨猛、怪傑ズバット/早川健
VSジョッカー超再生怪人軍団(ラッコ男、コアラ男、ペンギン男、サメ男、ゴキブリ男、チョコ玉男、レンタルビデオ男、カメラ男)
○風谷真魚、栗原天音→人質にされる。

729 :名無しより愛をこめて:2007/05/27(日) 23:10:48 ID:SIeNQTBiO
あげ

730 :時空を超えた決戦編 カブトvs電王vs響鬼:2007/05/28(月) 00:30:45 ID:4w5WWeuz0
天道「俺の名は・・・天道総司。天の道を往き・・・」

M良太郎「うるせーってんだよ!!俺、参上!!・・・てめぇは黙ってろ!!
時の運行をゴチャゴチャ変えやがってナンなんだよお前は!!」

天道「なんだお前は・・・煩い奴だな。俺は総てを司る男。
俺を止められるものなどいない。」

ヒビキ「まぁまぁ、お二人さんとも。仲良くいこうぜ?な?」

天道&M良太郎「はいはい。」


3人の戦士の周囲を囲む、ワーム・魔化網・イマジンの大群。
そしてそれを指揮するのは・・・

ドクトルG「仮面ラァーイダッ!!の諸君。貴様らを皆殺しにしてやろう。」

乃木怜治「カァァァブトと愉快な仲間達。俺たちが今すぐ・・・殺してあげるよ?」

迫り来る怪物の群れ。時間を司る砂丘の中で、今最大の戦いが始まろうとしている。
対するは、3人の仮面ライダー。



731 :時空を超えた決戦編 カブトvs電王vs響鬼:2007/05/28(月) 00:36:22 ID:4w5WWeuz0
天の道を往き、総てを司る。俺が、正義。
その名は仮面ライダーカブト。

天道「いくら数がいようと関係ない・・・一番強いのは、俺だからな。
・・・変身。」

優しさと強さを持った、2つの魂が共鳴するとき奇跡が起こる。
その名は、仮面ライダー電王。

良太郎「いくよ・・・モモタロス」
モモタロス「わーかってるよ!!いくぜぇ!!」

良太郎&モモタロス「変身!!」

人はいつだって変われる。心を鍛え、体を鍛え、技を鍛える。
自分だけの道を行け。それが君の響き。

ヒビキ「やれやれ・・・そんじゃ、一仕事しますか。」
その名、仮面ライダー響鬼。

3人のライダーが時空を超え、悪を討つ為に集う。
いよいよ決戦は始まる・・・

陣内恭介「変な電車を追ってここまで来たのはいいけど・・・なんなんだよ、ここ」
上杉実「うわぁぁぁ!!!なんやここぉ!!」

それを遠巻きに見守る?2人の戦士。
彼らは一体・・・

・仮面ライダーカブト/天道総司 ・仮面ライダー電王/野上良太郎 ・仮面ライダー響鬼/ヒビキ

・レッドレーサー/陣内恭介 ・グリーンレーサー/上杉実

732 :名無しより愛をこめて:2007/05/29(火) 21:13:18 ID:yqG/dc+SO
>>730-731
話の流れに沿ってない上に、現在放送中の電王が出てるので無効

733 :名無しより愛をこめて:2007/06/01(金) 17:12:46 ID:+kbJ8wAr0
カブト勢はまだ未参戦?なら参加させたいんだが。

734 :名無しより愛をこめて:2007/06/02(土) 07:30:45 ID:agEKmRDm0
もう参戦してるよ

735 :名無しより愛をこめて:2007/06/02(土) 23:30:23 ID:gceJ2ojI0
天道はまだ出てないんじゃない。矢車とかも。

736 :名無しより愛をこめて:2007/06/03(日) 05:35:56 ID:33dZdTOI0
襲い掛かる圧倒的数の宇宙傭兵団。
その数の前にさすがのエジンも限界が来ていた。

「ぐは」
一瞬の隙をつかれ、膝を切られ膝まずくエジン。
そこへ、無数の刃が降り注いだ。
「ぐは」
血まみれになり倒れるエジン。
「こっこの石板をジャッ、ジャスピオンに・・・・」
最後の力を振り絞り銀河バイブルの書かれた石板を届けようとするも
目の前で石板は砕け散った。
「ふっ、お前の希望も砕け散った。さぁ、とどめだエジンの首を切り落とせ!
そしてジャスピオンに送り届けるのだ」
「はっ」
「ジャッジャスピオーーーーーン、ぎゃっああああああ」
地獄の苦しみの中、エジンは生きたまま首を切り落とされた。

○ エジン死亡
銀河バイブルの一節は破壊される


737 :名無しより愛をこめて:2007/06/04(月) 21:46:45 ID:MwXTGr2AO
>>736はどうなの?
闇雲にキャラ殺したいだけにしか見えない

738 :名無しより愛をこめて:2007/06/04(月) 23:19:36 ID:nVfM4xfT0
>>728
その時、ラッコ男の投げたチョコ爆弾が瞬時に空中へと舞い上がり爆発していく。
それは一瞬の出来事であった。
ラッコ男が捕まえていたはずの人質の2人さえも、何処かへと消えている。
酷く狼狽し、焦り始める怪人軍団。一体ナニが起きたのか?

「CLOCK OVER」

同時に、何処からともなく聞こえてくる声。
この声の主は・・・一体何者か。ライダーの敵か味方か。

―おばあちゃんは言っていた。この世で覚えておかなければならない名前はただ1つ。

爆弾が発した煙の中、1つの足音が聞こえる。
その両手には、気絶してる風谷真魚、栗原天音の姿。
紅き装甲を纏った、蒼眼の戦士が姿を現す。

―天の道を往き、総てを司る男・・・仮面ライダーカブト。

静かに、そして力強く敵を前に宣言する戦士。
時空を超え、傲岸不遜の仮面ライダーが駆けつけた。


「おばあちゃんは言っていた。この世でやってはならないことは2つ。
食べ物を大切にしないことと・・・女の子を傷付けることだ。
お前たち、その娘は気絶しているだけだ。安心しろ。」

カブトと名乗った蒼眼の戦士は、ライダー達に不遜に言い放つと再び怪人軍団へと向き直った。

「さぁ、反撃開始だ。」

739 :名無しより愛をこめて:2007/06/04(月) 23:21:00 ID:nVfM4xfT0
・ミレニアムライダーズ(仮面ライダークウガ/五代雄介、仮面ライダーアギト/津上翔一、 仮面ライダーG3-X/氷川誠、仮面ライダーギルス/葦原涼、
 仮面ライダー龍騎/城戸真司、仮面ライダーナイト/秋山蓮、仮面ライダーゾルダ/北岡秀一、由良吾郎、仮面ライダー王蛇/浅倉威、仮面ライダーライア/手塚海之、仮面ライダーインペラー/佐野満)、
 鳥人戦隊ジェットマン(レッドホーク/天堂竜、ブラックコンドル/結城凱、イエローオウル/大石雷太、ホワイトスワン/鹿鳴館香、ブルースワロー/早坂アコ)、
仮面ノリダー/木梨猛、怪傑ズバット/早川健
VSジョッカー超再生怪人軍団(ラッコ男、コアラ男、ペンギン男、サメ男、ゴキブリ男、チョコ玉男、レンタルビデオ男、カメラ男)

・所属不明 仮面ライダーカブト/天道総司

○風谷真魚、栗原天音→突如現れたカブトにより救出



740 :名無しより愛をこめて:2007/06/15(金) 19:47:55 ID:tgqV2937O
あげへん

741 :名無しより愛をこめて:2007/06/18(月) 17:34:27 ID:lFF895QU0
>>739
「ありがとうございます、二人は安全な場所に避難させます」
G-3マイルドを装備した尾室が真魚と天音をGトレーラーに運んでいく。

「おのれぇ、邪魔をしおってぇ!」
カブトの後ろからユーカリの葉を降りながらコアラ男が迫る。
「ライダーキック」
『ライダーキック』
カブトゼクターから発した電子音と共にカブトの強烈な回し蹴りが決まる。
「うぎゃぁぁぁぁぁ!」
コアラ男は叫びと共に爆発した。

「あのライダー、何者なんだ?」
ライアがカブトを見て驚く。
「お前たちの味方だ…」
爆煙からカブトが姿を現しライダー達の方に歩いていく。


742 :名無しより愛をこめて:2007/06/18(月) 17:35:10 ID:lFF895QU0
「うわー、あのライダー、すっごく強いよ!」
いつの間にかGトレーラーを出てたゴハットが大興奮している。
「お前さん、そんな所にいたのか」
「って早川さん、いつの間に?」
「訳は聞かないでくれ…」
ゴハットの前にいきなり早川が現れた。
ゴハットに理由を聞かれるがズバットスーツのタイムリミットが来た事を言えなかった。

○風谷真魚、栗原天音→尾室にGトレーラーへ運ばれる。
○怪傑ズバット/早川健、闇生物ゴハット→戦いの解説役に?
●コアラ男→カブトに倒される。


743 :名無しより愛をこめて:2007/06/20(水) 23:04:40 ID:NH/UGHk00
>>742
「もう我慢できないわ!」
「私達が相手ですわよ!」
ホワイトスワンとブルースワローがレンタルビデオ男向かう。
「おっと、巻き戻しぃ!」
突如、立ちはだかるレンタルビデオがリモコンで二人を巻き戻す。
「キャッ、何なのよ!?」
落ちて尻餅をついたブルースワローがレンタルビデオ男に驚く。

「時間を操る…ならば!」
『コピーベント』
ライアが何かに気づくとエビルバイザーにカードを装填する。
ライアの手のひらにレンタルビデオ男と同じリモコンが姿を現した。
「何、俺のリモコンだと!?」
「その通りだ!」
驚くレンタルビデオ男にリモコンで一時停止させる。
「とどめだ!」
『ファイナルベント』
身動きの取れないレンタルビデオ男にライアの必殺技、ハイドベノンが決まる。

744 :名無しより愛をこめて:2007/06/20(水) 23:14:25 ID:NH/UGHk00
一方、アギトはフレイムフォームに姿を変えてペンギン男と対峙していた。
「ぐっ、俺は熱さに弱いんだ…」
アギトの渾身のパンチを喰らい、たじろぐペンギン男。
「ハァァァァァ!」
アギトはフレイムカリバーを構え必殺技のセイバースラッシュでペンギン男を切り裂く。
「ぐぎゃぁぁぁぁ!」
ペンギン男は倒れながら爆発した。

クウガはサメ男と対峙するが、サメ男の攻撃に圧倒される。
「サメサメ〜、ライダーの力はこんなものか」
嘲笑するサメ男に対し、クウガはドラゴンフォームへと変身した。
目の前の鉄パイプを構えドラゴンロッドに変える。
「いくぞ!」
ドラゴンロッドをサメ男に突き立てると、スプラッシュドラゴンを放つ。
「サメサメぇ…!」
スプラッシュドラゴンのエネルギーを受けきれずサメ男は爆発してしまう。

クウガとアギトは爆発をバックにポーズを執る。

●レンタルビデオ男→ライアに倒される。
●ペンギン男→アギトに倒される。
●サメ男→クウガに倒される。


745 :名無しより愛をこめて:2007/06/22(金) 10:06:43 ID:c4u3dSNv0
>>744
ゴキブリ男は素早い動きでインペラーに迫る。
「ゴキゴキぃ、勝てると思っているのかぁ!」
インペラーはガゼルスタッブで立ち向かうが、力の差は歴然であった。
「こうなったらゼール達、頼むよ!」
『ファイナルベント』
インペラーがガゼルバイザーにカードに装填すると、多くのガゼル系モンスターが現れゴキブリ男に向かっていく。
「ゴキゴキ、そんなの聞いていないぞぉ!」
ガゼル系モンスターが次々とゴキブリ男を攻撃し、最後にインペラーの一撃が決まる。

「おのれ、遠くから攻撃しおって…」
一方、カメラ男はゾルダの砲撃によりレンズを破壊され立ちすくんでいた。
「さあ、これで決めさせてもらうよ」
「北岡さん、ファイナルベント使ったら僕達まで吹き飛ばされます」
「わかったよ。じゃ、こっち使うか」
ゾルダはマグナバイザーにカードを装填しようとするがG-3Xに止められる。
『シュートベント』
「それじゃ僕も!」
ゾルダのギガランチャーとG-3XのGXランチャーによりカメラ男は爆発した。


746 :名無しより愛をこめて:2007/06/22(金) 10:08:52 ID:c4u3dSNv0
チョコ玉男はナイトに次々とチョコ玉を投げる。
ナイトはチョコ玉の攻撃を受け倒れてしまう。
「ハッハッハ、ライダーの力もこれ程なのか…何っ!?」
倒れたナイトが消えていくのを見てチョコ玉男が驚く。
「俺はここだ!」
「まさか、分身だと!?」
チョコ玉男が後ろを向くと、そこには本物のナイトがいた。

「とどめだ!」
『ファイナルベント』
ナイトの必殺技、飛翔斬の一撃でチョコ玉男は倒された。

●ゴキブリ男→インペラーに倒される。
●カメラ男→G3-Xとゾルダに倒される。
●チョコ玉男→ナイトに倒される。

747 :名無しより愛をこめて:2007/06/23(土) 20:06:36 ID:OsDupWzE0
ノリダーとラッコ男との決着は「高いところ」でお願いいたします。

748 :名無しより愛をこめて:2007/06/25(月) 21:10:31 ID:bnnfG5RF0
ミレニアムライダーVSジョッカーのクライマックスです。

>>746
「くぬぬ…まさか超再生怪人が敗れるとは」
最後の一人となったラッコ男は驚愕する。
「ラッコ男、高いところで勝負だ。トゥー!」
「木梨さん、俺も行きます!」
ノリダーが高らかにジャンプすると龍騎も続いてジャンプした。
「ラッコー!」
ラッコ男も二人に続きジャンプする。

三人が降り立ったのは工場の屋根の上でまさに「高いところ」だった。
「ラッコ男、とどめだ!」
「二人まとめて始末してやるぅ」
ノリダーとラッコ男が互いをにらみ合う。


749 :名無しより愛をこめて:2007/06/25(月) 21:15:05 ID:bnnfG5RF0
「っしゃぁ、行くぜ!」
『ファイナルベント』
龍騎がドラグバイザーに装填するとドラグレッダーが龍騎の後ろで大空に舞う。
「トゥ!」
ノリダーと龍騎が大空高くジャンプする。
「ノリダー、本家本元とダブルキック!」
「ギャァァァ!」
ラッコ男にノリダーキックとドラゴンライダーキックが決まり、ラッコ男は地面へと落ちる。

ラッコ男が落下した場所に岩石が次々と落ちる。
「何故…パワーアップしたのに…」
岩石の下敷きになったラッコ男は苦言を残しそのまま意識を失った。

「総出演でも大活躍。かめーんノリダー、ニン」
「やったぜ!」
着地したノリダーと龍騎が高らかに名乗り上げる。

750 :名無しより愛をこめて:2007/06/25(月) 21:18:53 ID:bnnfG5RF0
工場地帯の高台でデルザーの改造魔人がライダー達とジョッカーとの戦いを見ていた。
「ジョッカーめが、大口を叩いておいてこのざまとはな…」
ドクロ少佐がジョッカーを嘲笑する。
「いや、あのライダーどもが強くなった。それだけだ」
狼長官が自らの論を出す。

「まあいい、答えはどちらもだ。戻るぞ」
マジーン大元帥に促され改造魔人はバダム日本本部へと戻っていった。

●ラッコ男→ノリダーに倒される。
●デルザー軍団→バダム日本本部に戻る。

751 :名無しより愛をこめて:2007/06/26(火) 16:56:49 ID:Qprb+yJA0
ttp://www.youtube.com/watch?v=0LTsl3tl3Fc&mode=related&search=

752 :名無しより愛をこめて:2007/06/27(水) 23:47:55 ID:5B5i1Xp+0
>>750
戦いが終わり一同はGトレーラーの前に集まっていた。
「君も仮面ライダーのようだけど?」
「俺か?俺は天道総司、天の道を往き、総てを司る男」
雄介に聞かれる天道は咄嗟にお馴染みの台詞をはいた。

「天の道?ふざけているのか」
凱が天道にとっかかる。
「おばあちゃんが言っていた。人を疑うのではなく受け入れろ」
天道は見事に言葉を返す。
「んだとぉ!」
「凱、よすんだ!」
「けっ」
凱はまだ天道に突っかかろうとするが竜に止められる。


753 :名無しより愛をこめて:2007/06/27(水) 23:50:27 ID:5B5i1Xp+0
「俺はゼクトの指示でお前達アンチバダム同盟に協力する」
「ゼクト?」
天道の言葉にゴハットが聞いてくる。
「ゼクトって一年前にワームと戦った組織ですね」
氷川がゼクトについて答える。
ゼクトはワームとの戦いが終わった後、解散となったが、
バダムの出現により元警視総監で現在は監査役である加賀美陸により再編されたのであった。

「あらためて君のお陰でジョッカーを倒せたよ。ありがとう」
「ああ、これからも頼む」
猛と天道を握手をする。
そして、天道を加えたミレニアムライダーズはアンチバダム同盟へと戻る事になった。


○ミレニアムライダーズ(仮面ライダークウガ/五代雄介、仮面ライダーアギト/津上翔一、 仮面ライダーG3-X/氷川誠、仮面ライダーギルス/葦原涼、
 仮面ライダー龍騎/城戸真司、仮面ライダーナイト/秋山蓮、仮面ライダーゾルダ/北岡秀一、由良吾郎、仮面ライダー王蛇/浅倉威、仮面ライダーライア/手塚海之、仮面ライダーインペラー/佐野満)、
 鳥人戦隊ジェットマン(レッドホーク/天堂竜、ブラックコンドル/結城凱、イエローオウル/大石雷太、ホワイトスワン/鹿鳴館香、ブルースワロー/早坂アコ)、
 仮面ノリダー/木梨猛、怪傑ズバット/早川健、闇生物ゴハット、風谷真魚、栗原天音、G3マイルド/尾室隆弘、小沢澄子、
 天道総司/仮面ライダーカブト→アンチバダム同盟本部に戻る。

やっとこさジョッカーとの決着を付ける事が出来ました。
他のゼクトライダーも上手く使えたら良いなと思う今日このごろです。

754 :名無しより愛をこめて:2007/06/30(土) 01:00:00 ID:4F5pR6ieO
リュウケンドーとギンガマン、
コスモスとガタックって
どうなってる?
このメンバーでヒトネタ考えてんだけど・・・

755 :名無しより愛をこめて:2007/06/30(土) 01:06:40 ID:CfWWa4Ix0
よし、やってみせよ

756 :名無しより愛をこめて:2007/06/30(土) 22:34:02 ID:Lnu2+GaE0
756

757 :名無しより愛をこめて:2007/07/01(日) 12:10:40 ID:keRs4Giv0
>>754
その質問に答えます。

リュウケンドー、ガッタク=未登場
ギンガマン=エリアルベースにいる。
コスモス=チームEYES基地に戻る。なお、ヒウラとフブキはTACらと二次元に。


758 :名無しより愛をこめて:2007/07/01(日) 13:54:46 ID:keRs4Giv0
>>753
ミレニアムライダーズの面々が戻ったアンチバダム同盟本部はにぎやかさが戻っていた。
「ねーねー、新しく入った人ってイケメンなんでしょ」
「どんな人?」
厨房の前に礼子とミカ以外のドールハウスメンバーをはじめとするアンチバダム同盟の女性陣が集まる。
本部に戻るなり早速昼食を作り始めた天道を見るためであった。
「そんなにこられても困りますよ」
尾室が一同を止めようとするが、そんな物は彼女らにはお構い無しだった。

「出来たぞ…」
厨房のドアが開いて天道が出てくる。
「キャー!」
「かっこいいー!」
「やっぱりイケメンね!」
天道を見るや否や女性陣の黄色い歓声がわきあがる。

「トホホ…僕どうするんだよ」
尾室の事はどうやら忘れられていたようだ。


759 :名無しより愛をこめて:2007/07/01(日) 13:56:03 ID:keRs4Giv0
一方、入り口では源次郎がメルカから帰ってきたリョウとカオルを迎えていた。
「おおっ、戻ってくると信じていたよ」
「そりゃそうだ。私とリョウが戻ってこないと思ったのか」
再会を喜ぶ源次郎にカオルがおだてる。
「源次郎、メルカの方はデビラーもグルジェフも倒された」
「それなら平和に近づいたんだな」
リョウからメルカでの結果を聞かされると源次郎は大喜びする。

「立花さん、ありがとうございます。我々はバルカンベースに向かいます」
竜がバルカンベースに向かう事を藤兵衛に話していた。
「天堂君、こちらこそありがとう。君たちがいなければジョッカーも倒せなかったかもしれない」
藤兵衛が竜に例を言う。
「竜、準備はできたわよ」
ドアをあけると香達が入ってきた。
「では、我々はこれで」
「元気でな」
藤兵衛はジェットマンの五人を見送る。


760 :名無しより愛をこめて:2007/07/01(日) 14:00:15 ID:keRs4Giv0
ジェットマンと入れ替わりで滝川博士が藤兵衛の部屋に入ってくる。
「立花さん、今まで判明したバダムのデータを他の組織に預けたいのですが」
「それが安全でしょう。ならば地球平和守備隊がいいですね」
藤兵衛が平和守備隊に預ける事を提案する。
「平和守備隊基地へ向かうメンバーは少人数で動いた方がいいでしょう」
滝川博士が提案を出す。

しばらくして藤兵衛の部屋に水原、ひかる、山吹三姉妹が入ってくる。
「このディスクを地球平和守備隊に渡して欲しい」
「では、お任せください」
ひかるが藤兵衛から今までの戦いのデータの入ったディスクを受け取る。
「守備隊にはウルトラマン様がいたりして…」
「ウルトラマン様?」
月子が妙な妄想を抱くと、水原が不思議がる。
ちなみに平和守備隊の基地にはウルトラマンに変身する者はいないが。

そしてその五人で平和守備隊基地へと向かう事になった。


761 :名無しより愛をこめて:2007/07/01(日) 14:02:38 ID:keRs4Giv0
ロビーでは早川を中心に今後の事を話していた。
「当面の敵はデルザーの改造魔人どもだな」
「ええ、デルザーはまた俺達を狙ってくるかもしれません」
早川がデルザーの名前を出すと光太郎が答える。
「でも、みんなの笑顔を守る為には屈してはいられません」
雄介は自らの決意を話す。
「五代、強くなったな」
「一条さん、その為にアマダムが託されたかもしれません」
雄介が一条に強く頷く。

来るべきデルザー、そしてバダムとの決戦に向けて一同の心は一つに繋がれた。

○ジェットマン(レッドホーク/天堂竜、ブラックコンドル/結城凱、イエローオウル/大石雷太、ホワイトスワン/鹿鳴館香、ブルースワロー/早坂アコ)
 →バルカンベースに向かう。
○仮面ライダーグレイブ/水原、アンドロ仮面/月ひかる、シュシュトリアン(山吹月子、雪子、花子)→地球平和守備隊に向かう。


762 :名無しより愛をこめて:2007/07/01(日) 14:06:58 ID:keRs4Giv0
現在のアンチ・バダム同盟メンバー…立花藤兵衛、谷源次郎、珠純子、珠シゲル、
滝和也、滝竜介、電波人間タックル/岬ユリ子、がんがんじい/矢田頑二、海堂博士、
仮面ライダーBLACK RX/南光太郎、仮面ライダーZO/麻生勝、
瀬川耕二/仮面ライダーJ、ベリー、仮面ライダークウガ/五代雄介、一条薫、
仮面ライダーアギト/津上翔一、 仮面ライダーG3-X/氷川誠、G3マイルド/尾室隆弘、
小沢澄子、仮面ライダーギルス/葦原涼、アナザーアギト/木野薫、
仮面ライダーG4/水城史朗、深見里沙、風谷真魚、美杉義彦、美杉太一、
仮面ライダー龍騎/城戸真司、仮面ライダーナイト/秋山蓮、
仮面ライダーゾルダ/北岡秀一、由良吾郎、仮面ライダー王蛇/浅倉威、
仮面ライダーライア/手塚海之、仮面ライダーインペラー/佐野満、仮面ライダーカブト/天道総司、
栗原天音、栗原遥香、快傑ズバット/早川健、闇生物ゴハット、
ジェラ、バーラ、ブラックビート/シャドー、仮面ノリダー/木梨猛、
ドールハウス(神崎礼子、綾小路ミカ、夏希、あゆみ、薫、由香里、リサ)

アンチバダム編は以後フリーといたします。

763 :名無しより愛をこめて:2007/07/01(日) 18:59:54 ID:+vj4hykx0
岩石を掻き分けてラッコ男が這い出てきた。なんとラッコ男は生きていたのだ。
「あいつら絶対に・・・」
しかし

「フリーズ」

ラッコ男は動きが止まったかと思うとその刹那吹き飛ばされた。
「ギャアア」
本当に絶命したラッコ男の前に立った者は1年前天道達に倒されたカッシスワーム=乃木だった。
乃木はラッコ男の遺骸を一瞥すると何処かへ歩き去って行った。

●ラッコ男:乃木にとどめをさされる。
△乃木:ラッコ男を殺害して何処かへ去る。

764 :名無しより愛をこめて:2007/07/02(月) 00:50:12 ID:PFQLwHL0O
ありがとうございます。
>>757さん
一応流れだけ
1あけぼの町
2集結
3パワースポット
4復活!!魔弾戦士!!
で考えてるんですが・・・。
コスモス、移動させて大丈夫でしょうか?
OKだったら水曜にテストスレに書いてみます。
たびたび申し訳ありません。

765 :名無しより愛をこめて:2007/07/02(月) 07:12:47 ID:3SjwjhTy0
765

766 :名無しより愛をこめて:2007/07/02(月) 19:52:44 ID:GjICq4hh0
>>764
大丈夫ですよ。楽しみにしております。

767 :名無しより愛をこめて:2007/07/04(水) 18:59:30 ID:snIDB7fl0
光の国へ急いでいたマックスとゼノンの目の前に1体の無双鉄神インペライザーが空間転移で現れた。
インペライザーはマックスに向いビームで攻撃する。
「ぐっ」
マックスはそのビーム攻撃をかわすとマクシウムカノンを放つ。
マキシウムカノンでインペライザーは頭を吹き飛ばされ動きを止めた。
「やったか…」
ゼノンが動きの止まったインペライザーを見て安心する。
「あ、頭が!?」
インペライザーの頭が即座に修復され、それを見たマックスが驚く。

その間にも無数のインペライザーが次々と空間転移で現れる。
「こうなったら分身して…」
「マックス、よすんだ」
マックスが分身しようとするがゼノンに止められる。
「ゼノン、どうして?」
「君だけでも光の国へ向かえ。ここは私が喰い止める」
「ゼノン…」
ゼノンはマックスだけでも光の国へ向かわせようとしていた。
「私も後から向かう。だから急ぐんだ!」
「はい、光の国は絶対に爆破させません!」
マックスは光の国へ向けて飛び立った。

・ウルトラマンゼノンVSインペライザー
○ウルトラマンマックス→光の国へ向かう

768 :名無しより愛をこめて:2007/07/05(木) 00:33:30 ID:fTvjoA+D0
768

769 :名無しより愛をこめて:2007/07/05(木) 18:27:03 ID:STVLQj2f0
と思ったらもう479KB。
そろそろ次スレの準備に入ろうか。

770 :名無しより愛をこめて:2007/07/05(木) 23:21:15 ID:cAlkocDv0
メフィスト「時は来た、悪魔くんよ、究極魔法で世界中の悪の怪人、怪獣達を
消しさるぞ」
悪魔くん「えっ、そんなことできるの」
メフィスト「できるとも、みよこの力!魔力デスノート!」
そう叫ぶと、1冊のノートがでてきた。
悪魔くん「このノートは?」
メフィスト「死神共が持っているデスノートじゃ、このノートに顔を知っている
者の名前を書く事で殺す事ができるのじゃ。これで「大いなる意志」で蘇った
奴らを一掃できるぞ」
悪魔くん「でも、全ての連中の顔なんてしらないぞ」
メフィスト「大丈夫、この全宇宙怪獣怪人悪党図鑑に書いてある連中の
名前を書いて行けば、大丈夫」
悪魔くん「さすがメフィスト」
メフイスト「そうと決まれば、早速作業開始じゃ」

○悪魔くん デスノートを使用
これで今、総出演にでてきている敵キャラはほぼ全て死ぬ事になります


771 :名無しより愛をこめて:2007/07/05(木) 23:25:42 ID:mtJgkvUe0
はいはいまた死亡厨

772 :名無しより愛をこめて:2007/07/06(金) 21:31:06 ID:G3msuPHu0
アアー、何いってんだ屑虫?
正義側は1人も死んでないだろ。
いちいち難癖つけるな、引き蘢りの糞野郎

773 :名無しより愛をこめて:2007/07/06(金) 21:35:35 ID:MDZo1EQ70
じゃあ


敵は全て死にました





774 :名無しより愛をこめて:2007/07/07(土) 16:47:49 ID:hCcCdVIp0
ttp://www24.big.or.jp/~yotchi/druaga/druaga.html

775 :名無しより愛をこめて:2007/07/07(土) 22:46:26 ID:hCcCdVIp0
ttp://pohwa.adam.ne.jp/cgi-bin/link/su2_links.cgi?action=make_html&cat=10&txtnumber=log

776 :HONEY PUNCH:2007/07/08(日) 23:04:56 ID:5z5eO/Bu0
ttp://www.youtube.com/watch?v=WXDcxeGPZYs&mode=related&search=

777 :名無しより愛をこめて:2007/07/08(日) 23:11:25 ID:ebgbra+D0
>>771
のせいでスレが荒れた。
崩しね

778 :名無しより愛をこめて:2007/07/08(日) 23:56:39 ID:CrhA9Q8t0


779 :名無しより愛をこめて:2007/07/09(月) 00:29:03 ID:iqc8cRGP0


780 :名無しより愛をこめて:2007/07/09(月) 07:30:09 ID:0VLakGnL0
ttp://www.geocities.jp/mirrorhenkan/

781 :名無しより愛をこめて:2007/07/09(月) 12:13:16 ID:oakrYPmO0
次スレ立てようと思ったら立てられず。
避難所にテンプレ貼るので代わりをお願いいたします。

782 :名無しより愛をこめて:2007/07/09(月) 19:16:20 ID:q/e6C2d/0
>>770>>772>>777

783 :STAR SOLDIER:2007/07/09(月) 22:36:16 ID:4Sy+ceUF0
ttp://www.youtube.com/watch?v=Nic2sR5aiXI&mode=related&search=

784 :Gimme Gimme Gimme:2007/07/09(月) 22:42:12 ID:4Sy+ceUF0
ttp://www.youtube.com/watch?v=27wFdgfPGv8&mode=related&search=

785 :名無しより愛をこめて:2007/07/09(月) 23:25:49 ID:Rf7KXcOA0
ttp://www.geocities.jp/daikichimaster21/

786 :名無しより愛をこめて:2007/07/10(火) 00:02:09 ID:Rf7KXcOA0
786

787 :名無しより愛をこめて:2007/07/10(火) 03:23:39 ID:mQ5PA8sT0
ttp://www1.ocn.ne.jp/~gero/

788 :名無しより愛をこめて:2007/07/10(火) 07:39:26 ID:erttiwD00
ttp://www.dreamexpressclub.com/comtents.html

789 :名無しより愛をこめて:2007/07/10(火) 15:55:18 ID:4j9oS1UO0
789

790 :IDにNervが出たら神!176th 【060426】:2007/07/10(火) 16:00:15 ID:4j9oS1UO0
ttp://2ch.pop.tc/log/06/12/04/2216/1146004826.html

791 :フタコイ オルタナティブOP:2007/07/10(火) 16:08:36 ID:4j9oS1UO0
ttp://www.youtube.com/watch?v=M6GNLXqh53Y&mode=related&search=

792 :名無しより愛をこめて:2007/07/10(火) 20:22:25 ID:MfLArWkB0
次スレ立ちました。
特撮キャラ総出演 第12章
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1184066206

793 :名無しより愛をこめて:2007/07/11(水) 00:24:24 ID:KKRT7qhG0
ttp://www.h2.dion.ne.jp/~koga_tj/index.htm

794 :名無しより愛をこめて:2007/07/11(水) 06:45:06 ID:YQifgJRW0
ttp://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1159104038/535-

795 :名無しより愛をこめて:2007/07/11(水) 08:18:15 ID:vI8CRaPF0
ttp://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1154933708/624-

796 :名無しより愛をこめて:2007/07/11(水) 12:12:21 ID:c+NJstvj0
ttp://etc6.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1135465472/416-

797 :PASSING BREEZE:2007/07/11(水) 22:30:58 ID:Dq202EEh0
ttp://www.youtube.com/watch?v=_bdj3SolMWI&mode=related&search=

798 :ドルアーガの塔:2007/07/11(水) 22:51:58 ID:Dq202EEh0
ttp://www.youtube.com/watch?v=0LTsl3tl3Fc&mode=related&search=

799 :ONLY YOU:2007/07/11(水) 22:55:52 ID:Dq202EEh0
ttp://www.youtube.com/watch?v=hZSc0SnWGFw&mode=related&search=

800 :名無しより愛をこめて:2007/07/11(水) 23:28:49 ID:FR9MubJw0
800

801 :名無しより愛をこめて:2007/07/12(木) 00:18:08 ID:FT9N9IBe0
ttp://www.bekkoame.ne.jp/~kobatan03/shrunk2/kuroneko.html

802 :名無しより愛をこめて:2007/07/12(木) 03:21:25 ID:L0hyVrE20
ttp://www.rinku.zaq.ne.jp/akai/index.html

803 :名無しより愛をこめて:2007/07/12(木) 07:39:03 ID:0fcPRFvQ0
ttp://www.wonderfarm.co.jp/pets/

804 :名無しより愛をこめて:2007/07/12(木) 12:04:21 ID:fe+JogMt0
ttp://www.osakakara.net/

805 :Mr.WONDERFUL:2007/07/12(木) 22:20:30 ID:0ktE6PW50
ttp://www.youtube.com/watch?v=CwdIqBqdHFE&mode=related&search=

806 :ヒデオ体操第一:2007/07/12(木) 22:32:55 ID:0ktE6PW50
ttp://www.youtube.com/watch?v=qVv7FbtfgF8&mode=related&search=

807 :名無しより愛をこめて:2007/07/12(木) 23:41:52 ID:on3vOnkG0
ttp://voiddd.com/wiki/index.php?DanceDanceRevolutionSuperNOVA

808 :名無しより愛をこめて:2007/07/13(金) 01:12:07 ID:zGpXoaj30
ttp://www.tsubasa.to/chronicle/

809 :ダブルドラゴン最終面:2007/07/13(金) 20:16:26 ID:g+omND6L0
ttp://www.youtube.com/watch?v=PJwphXaZ-VA&mode=related&search=

810 :名無しより愛をこめて:2007/07/13(金) 23:46:14 ID:kkuXe6Nd0
810

811 :名無しより愛をこめて:2007/07/14(土) 00:21:49 ID:cGqTfBAF0
ttp://charaneta.just-size.net/bbs/tokinoyu/

812 :名無しより愛をこめて:2007/07/14(土) 08:29:11 ID:Xe6s1SGj0
ttp://www.asahi-net.or.jp/~tj8t-itu/index.html

813 :名無しより愛をこめて:2007/07/14(土) 23:09:45 ID:7/LGlMYM0
ttp://www.youtube.com/watch?v=xaEyqkASXp8

814 :名無しより愛をこめて:2007/07/14(土) 23:54:33 ID:IAWSrEao0


815 :名無しより愛をこめて:2007/07/15(日) 00:39:23 ID:AYCxTsOr0
ttp://www.togenochaya.com/

816 :名無しより愛をこめて:2007/07/15(日) 09:27:33 ID:ktk5VosP0
816

817 :名無しより愛をこめて:2007/07/15(日) 16:37:14 ID:dKuKDgru0
ttp://hacchi-no-he.net/

818 :TEMPLE OF LOVE:2007/07/15(日) 22:58:38 ID:BT/EKckP0
ttp://www.youtube.com/watch?v=NcV83HcyV1w

819 :飛翔鮫:2007/07/15(日) 23:14:22 ID:BT/EKckP0
ttp://www.youtube.com/watch?v=qKXJG_cYQA8&mode=related&search=

820 :名無しより愛をこめて:2007/07/15(日) 23:57:33 ID:fN6ufHcA0
820

821 :名無しより愛をこめて:2007/07/16(月) 00:10:57 ID:J8joobpe0
ttp://www1.coralnet.or.jp/suwa_h/

822 :名無しより愛をこめて:2007/07/16(月) 03:07:28 ID:eJtSbkVj0
ttp://tamagazou.machinami.net/index.shtml

823 :名無しより愛をこめて:2007/07/16(月) 14:30:37 ID:X0hP+yc+0
ttp://kaz9n.hp.infoseek.co.jp/

824 :名無しより愛をこめて:2007/07/16(月) 14:32:41 ID:X0hP+yc+0
824

825 :テラクレスタ:2007/07/16(月) 22:23:48 ID:44cdvS620
ttp://www.youtube.com/watch?v=lAGVKquAF3E&mode=related&search=

826 :さくらと名前のない本:2007/07/16(月) 22:56:42 ID:44cdvS620
ttp://www.youtube.com/watch?v=eiIM8wG-Its&mode=related&search=

827 :ミニミニ楓の大冒険:2007/07/16(月) 23:01:58 ID:44cdvS620
ttp://www.youtube.com/watch?v=HUEyiNifwks&mode=related&search=

828 :名無しより愛をこめて:2007/07/16(月) 23:53:17 ID:S1/1X9i50
828

829 :名無しより愛をこめて:2007/07/17(火) 00:08:59 ID:6mYauZ1s0
ttp://ex21.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1179862577/l50

830 :名無しより愛をこめて:2007/07/17(火) 03:25:20 ID:KqSrPRXZ0


831 :名無しより愛をこめて:2007/07/17(火) 06:47:55 ID:2j7j8/Zn0
ttp://www.konami.jp/visual/akazukin/

832 :名無しより愛をこめて:2007/07/17(火) 07:52:24 ID:LZOeO0140
832

833 :名無しより愛をこめて:2007/07/17(火) 12:05:08 ID:zSccL6tf0
ttp://www.tv-osaka.co.jp/pitaten/

834 :girls in trouble! DEKARANGER:2007/07/17(火) 16:02:46 ID:XVnYAURd0
ttp://www.youtube.com/watch?v=PA_FPkCi7os&mode=related&search=

835 :夢使い:2007/07/17(火) 20:56:13 ID:fU4JTgpm0
ttp://www.youtube.com/watch?v=tfJQexk5iRM&mode=related&search=

836 :Break Down!:2007/07/17(火) 21:03:54 ID:fU4JTgpm0
ttp://www.youtube.com/watch?v=JGi3wMVpHaw&mode=related&search=

837 :名無しより愛をこめて:2007/07/17(火) 22:51:11 ID:I2dK94GV0
ttp://www.nekonofuguri.com/top.shtml

838 :名無しより愛をこめて:2007/07/17(火) 23:50:58 ID:FMkp7feE0


839 :名無しより愛をこめて:2007/07/18(水) 00:25:46 ID:uOYzXQro0


840 :名無しより愛をこめて:2007/07/18(水) 03:16:39 ID:/b9kICFf0
840

841 :名無しより愛をこめて:2007/07/18(水) 08:01:25 ID:fBzPx2Ok0


842 :名無しより愛をこめて:2007/07/18(水) 12:07:58 ID:fF2m1gge0
842

843 :【otomeman】星乙女アストラエア【乙change!】:2007/07/18(水) 16:51:23 ID:hPlg1sTC0
ttp://2ch.pop.tc/log/07/02/04/1606/1114172499.html

844 :ウルトラマンA体操:2007/07/18(水) 16:59:58 ID:hPlg1sTC0
ttp://www.youtube.com/watch?v=jZjFiB-radw&mode=related&search=

845 :ウルトラマン VS 仮面ライダー:2007/07/18(水) 17:05:01 ID:hPlg1sTC0
ttp://www.youtube.com/watch?v=Vx9wxdnGOys&mode=related&search=

846 :PASSING BREEZE:2007/07/18(水) 22:49:00 ID:hPlg1sTC0
ttp://www.youtube.com/watch?v=JfEMHk6YdoE&mode=related&search=

847 :SPLASH WAVE:2007/07/18(水) 22:52:36 ID:hPlg1sTC0
ttp://www.youtube.com/watch?v=yjcvedFiEjE&mode=related&search=

848 :名無しより愛をこめて:2007/07/18(水) 23:17:54 ID:Wj9Aylax0
848

849 :名無しより愛をこめて:2007/07/19(木) 00:35:45 ID:7s6rP6ak0
ttp://onihinnyu.hp.infoseek.co.jp/gash.html

850 :名無しより愛をこめて:2007/07/19(木) 08:14:03 ID:aaguBvd/0


851 :名無しより愛をこめて:2007/07/19(木) 12:14:50 ID:CD8m1bUh0


852 :名無しより愛をこめて:2007/07/19(木) 12:19:22 ID:CD8m1bUh0
852

853 :SUPER SENTAI WORLD!:2007/07/19(木) 22:41:34 ID:uFiIplmu0
ttp://www.youtube.com/watch?v=HzvGXqGICBw&mode=related&search=

854 :名無しより愛をこめて:2007/07/20(金) 00:36:14 ID:YBfBw5nQ0


855 :名無しより愛をこめて:2007/07/20(金) 03:11:03 ID:zdPuHNA40


856 :名無しより愛をこめて:2007/07/20(金) 06:33:10 ID:IIiK6nV90
856

857 :名無しより愛をこめて:2007/07/20(金) 12:22:52 ID:x1jZaOd40


858 :バラージの青い石:2007/07/20(金) 22:52:55 ID:i889jBxq0
ttp://www.youtube.com/watch?v=SuSqOgme3dM&mode=related&search=

859 :ウルトラ父子餅つき大作戦!:2007/07/20(金) 22:59:00 ID:i889jBxq0
ttp://www.youtube.com/watch?v=mSCNnYJ1gXU&mode=related&search=

860 :名無しより愛をこめて:2007/07/20(金) 23:58:35 ID:4y4fDr8v0


861 :名無しより愛をこめて:2007/07/21(土) 00:55:16 ID:wtgBuUXq0


862 :名無しより愛をこめて:2007/07/21(土) 03:35:31 ID:0kD2Aj0e0


863 :名無しより愛をこめて:2007/07/21(土) 07:03:53 ID:ccPh6lZ+0


864 :名無しより愛をこめて:2007/07/21(土) 08:23:08 ID:N6+9/2JI0
864

865 :名無しより愛をこめて:2007/07/21(土) 12:04:03 ID:kOCJW3e/0


866 :名無しより愛をこめて:2007/07/21(土) 16:35:58 ID:dd7NhqOr0
867

867 :TWO OF HEARTS:2007/07/21(土) 16:37:44 ID:dd7NhqOr0
ttp://www.youtube.com/watch?v=SwcJ1hFwcx0&mode=related&search=

868 :大道寺知世:2007/07/21(土) 21:59:46 ID:dd7NhqOr0
ttp://www.youtube.com/watch?v=4mNNIStEMfc&mode=related&search=

869 :苺鈴:2007/07/21(土) 22:08:22 ID:dd7NhqOr0
ttp://www.youtube.com/watch?v=B1ACJ1BxCZ4&mode=related&search=

870 :苺鈴:2007/07/21(土) 22:17:06 ID:dd7NhqOr0
ttp://www.youtube.com/watch?v=EU__kvFxp0g&mode=related&search=

871 :EYES ON ME:2007/07/21(土) 22:27:42 ID:dd7NhqOr0
ttp://www.youtube.com/watch?v=lUwHqHpf9_Y

872 :名無しより愛をこめて:2007/07/21(土) 23:25:33 ID:0fXzmneE0
872

873 :名無しより愛をこめて:2007/07/22(日) 00:22:05 ID:E71vUPcn0
873

874 :名無しより愛をこめて:2007/07/22(日) 03:09:13 ID:UH4VKIlV0


875 :苺鈴:2007/07/22(日) 07:57:34 ID:vwJ+UP080
ttp://www.youtube.com/watch?v=WhCz5ngsDro&mode=related&search=

876 :名無しより愛をこめて:2007/07/22(日) 15:23:24 ID:KGCdJT/k0
876

877 :名無しより愛をこめて:2007/07/22(日) 23:31:57 ID:NI2H+X2W0


878 :名無しより愛をこめて:2007/07/23(月) 00:14:40 ID:gmHkoqt70


879 :名無しより愛をこめて:2007/07/23(月) 03:21:30 ID:Jr74YJ0H0
879

880 :名無しより愛をこめて:2007/07/23(月) 07:01:15 ID:d1YnHztJ0
880

881 :名無しより愛をこめて:2007/07/23(月) 12:06:34 ID:uHkDGokJ0


882 :名無しより愛をこめて:2007/07/23(月) 23:30:51 ID:cP1BPuAc0


883 :名無しより愛をこめて:2007/07/24(火) 00:14:58 ID:8Urhm+M30


884 :名無しより愛をこめて:2007/07/24(火) 06:57:53 ID:CZT+Di3q0
884

885 :名無しより愛をこめて:2007/07/24(火) 08:22:30 ID:Hgc6dPb70


886 :名無しより愛をこめて:2007/07/24(火) 12:17:19 ID:+klq6s1Q0


887 :碧川れたす:2007/07/24(火) 17:16:24 ID:AoteuTwq0
ttp://www.youtube.com/watch?v=YeCnapjn_G4&mode=related&search=

888 :名無しより愛をこめて:2007/07/24(火) 17:17:46 ID:AoteuTwq0
888

889 :BYE BYE BABY BALLOON:2007/07/24(火) 17:19:58 ID:AoteuTwq0
ttp://www.youtube.com/watch?v=0vVQTXjeois&mode=related&search=

890 :セーラームーン:2007/07/24(火) 21:30:14 ID:pMziMRhe0
ttp://www.youtube.com/watch?v=5kS6VlxtMJM&mode=related&search=

891 :名無しより愛をこめて:2007/07/24(火) 23:15:42 ID:02Iags940


892 :名無しより愛をこめて:2007/07/25(水) 00:09:21 ID:210sMY0y0


893 :名無しより愛をこめて:2007/07/25(水) 03:39:20 ID:zRWpUJT+0


894 :名無しより愛をこめて:2007/07/25(水) 07:11:05 ID:ucj0LhLD0


895 :SLAP FIGHT:2007/07/25(水) 16:43:42 ID:rfuGK9Pd0
ttp://www.youtube.com/watch?v=EvrtzdhVCh4&mode=related&search=

896 :ミュウミント VS ミュウザクロ:2007/07/25(水) 17:02:50 ID:rfuGK9Pd0
ttp://www.youtube.com/watch?v=UKtucQwoV2o&mode=related&search=

897 :名無しより愛をこめて:2007/07/25(水) 17:07:04 ID:rfuGK9Pd0
897

898 :ミュウミント VS ミュウザクロ:2007/07/25(水) 22:14:16 ID:rfuGK9Pd0
ttp://www.youtube.com/watch?v=L7D4kij2Du0&mode=related&search=

899 :アキハバラ電脳組:2007/07/25(水) 22:31:37 ID:rfuGK9Pd0
ttp://www.youtube.com/watch?v=p6-UDNkOq0o&mode=related&search=

900 :名無しより愛をこめて:2007/07/25(水) 23:21:13 ID:WIzdCVnC0
900

901 :名無しより愛をこめて:2007/07/26(木) 00:10:22 ID:q72Ty4310


902 :名無しより愛をこめて:2007/07/26(木) 06:46:02 ID:m9URcUD10


903 :名無しより愛をこめて:2007/07/26(木) 12:05:42 ID:92eG+tHD0
903

904 :名無しより愛をこめて:2007/07/26(木) 13:37:13 ID:LH7CLtmJO
904

905 :名無しより愛をこめて:2007/07/26(木) 17:45:11 ID:LH7CLtmJO
905

906 :名無しより愛をこめて:2007/07/26(木) 18:05:08 ID:7rKXpEUn0
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/07/26/KFullNormal20070726038_p.html

907 :SURRENDER 〜YOUR LOVE〜:2007/07/26(木) 23:23:02 ID:3Cyj4PBh0
ttp://www.youtube.com/watch?v=BiXSZnUz3_U&mode=related&search=

908 :名無しより愛をこめて:2007/07/26(木) 23:54:26 ID:Sj+fxKx+0


909 :名無しより愛をこめて:2007/07/27(金) 00:34:20 ID:Lv8oQlNf0
909

910 :名無しより愛をこめて:2007/07/27(金) 03:13:15 ID:vlXWiKXL0


911 :名無しより愛をこめて:2007/07/27(金) 11:38:16 ID:1Yrc8JAnO
9・11

912 :名無しより愛をこめて:2007/07/27(金) 12:04:37 ID:8/EX3QEo0
912

913 :マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ ピュア最終回:2007/07/27(金) 20:16:39 ID:YJuyo2P20
ttp://www.youtube.com/watch?v=FLCjRFUTrA4&mode=related&search=

914 :マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ ピュア最終回:2007/07/27(金) 20:24:19 ID:YJuyo2P20
ttp://www.youtube.com/watch?v=yvBIWZkyTTI&mode=related&search=

915 :名無しより愛をこめて:2007/07/27(金) 23:54:47 ID:maaKCCx40
915

916 :名無しより愛をこめて:2007/07/28(土) 01:09:34 ID:W6pI3y7V0
916

917 :名無しより愛をこめて:2007/07/28(土) 03:25:59 ID:8L92/FbX0


918 :名無しより愛をこめて:2007/07/28(土) 06:54:03 ID:SJTBDDEn0
918

919 :名無しより愛をこめて:2007/07/28(土) 12:13:07 ID:dxiC1W3H0


920 :魔法先生ネギま!:2007/07/28(土) 17:09:38 ID:BuuYCAJ40
ttp://www.youtube.com/watch?v=1kddhf3kLXg&mode=related&search=

921 :名無しより愛をこめて:2007/07/28(土) 22:58:36 ID:GPxnf2WV0
921

922 :名無しより愛をこめて:2007/07/29(日) 00:20:27 ID:kK2sEJ4x0


923 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 03:01:46 ID:4U3s14uF0


924 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 06:11:06 ID:1zH9zK2a0
924

925 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 09:01:04 ID:AEV7whrZ0
925

926 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 14:54:04 ID:UtdjNzXG0


927 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 15:29:46 ID:xxu/LdxeO
927

928 :ウルトラマンガイア:2007/07/29(日) 22:54:25 ID:SCiPeqQq0
ttp://www.youtube.com/watch?v=sKE6-KQVxR4&mode=related&search=

929 :亡霊怪獣シーボーズ:2007/07/29(日) 22:56:31 ID:SCiPeqQq0
ttp://www.youtube.com/watch?v=Mx8L5lUgP7I&mode=related&search=

930 :名無しより愛をこめて:2007/07/29(日) 23:42:03 ID:lAAeNJy70
930

931 :名無しより愛をこめて:2007/07/30(月) 00:41:21 ID:ZOFdfXUJ0


932 :名無しより愛をこめて:2007/07/30(月) 03:38:45 ID:zOB1USnw0


933 :名無しより愛をこめて:2007/07/30(月) 07:27:49 ID:RZjSxkQT0


934 :名無しより愛をこめて:2007/07/30(月) 10:23:02 ID:dBmh1QiCO
934

935 :名無しより愛をこめて:2007/07/30(月) 12:35:24 ID:IWW5tFlL0
935

936 :名無しより愛をこめて:2007/07/30(月) 22:22:28 ID:dBmh1QiCO
936

937 :名無しより愛をこめて:2007/07/30(月) 22:32:57 ID:NzMcjbZA0


938 :名無しより愛をこめて:2007/07/30(月) 23:53:17 ID:4mSySRzO0


939 :名無しより愛をこめて:2007/07/31(火) 00:09:55 ID:Pviov2zp0
936

940 :名無しより愛をこめて:2007/07/31(火) 03:44:35 ID:hyuFG2Le0
940

941 :名無しより愛をこめて:2007/07/31(火) 06:40:13 ID:M0kVGM5S0


942 :名無しより愛をこめて:2007/07/31(火) 09:55:09 ID:IWKaT3gtO
942

943 :名無しより愛をこめて:2007/07/31(火) 12:10:07 ID:ORfzHYE70


944 :名無しより愛をこめて:2007/07/31(火) 13:38:44 ID:IWKaT3gtO


945 :名無しより愛をこめて:2007/07/31(火) 16:51:47 ID:cg7CRAlZ0
945

946 :Pink Rose:2007/07/31(火) 17:00:50 ID:cg7CRAlZ0
ttp://www.youtube.com/watch?v=lrURGSWpCIk&mode=related&search=

947 :名無しより愛をこめて:2007/07/31(火) 23:07:51 ID:2WIojJCk0


948 :名無しより愛をこめて:2007/07/31(火) 23:56:49 ID:x41RiyH20


949 :名無しより愛をこめて:2007/08/01(水) 00:12:09 ID:FB6ePoB/0


950 :名無しより愛をこめて:2007/08/01(水) 00:29:43 ID:DUzqlGK9O
950

951 :名無しより愛をこめて:2007/08/01(水) 03:14:09 ID:XeKjXFBk0
951

952 :名無しより愛をこめて:2007/08/01(水) 06:36:52 ID:xbHHFIm30


953 :名無しより愛をこめて:2007/08/01(水) 12:07:05 ID:RxVvOPMI0


954 :名無しより愛をこめて:2007/08/01(水) 15:45:56 ID:DUzqlGK9O


955 :PITFALL II:2007/08/01(水) 22:06:29 ID:vGhNqCkK0
ttp://www.youtube.com/watch?v=53mrJ8DxMtk&mode=related&search=

956 :BIG TIME:2007/08/01(水) 22:24:36 ID:vGhNqCkK0
ttp://www.youtube.com/watch?v=pwZBd5iOjp4&mode=related&search=

957 :名無しより愛をこめて:2007/08/01(水) 23:28:23 ID:mZAx/yyY0
957

958 :名無しより愛をこめて:2007/08/01(水) 23:59:31 ID:nxnVXCnF0


959 :名無しより愛をこめて:2007/08/02(木) 00:28:34 ID:wSKo1Zqs0


960 :名無しより愛をこめて:2007/08/02(木) 03:17:27 ID:ZpNJfnIV0
960

961 :名無しより愛をこめて:2007/08/02(木) 06:14:37 ID:O5TrVDfb0


962 :名無しより愛をこめて:2007/08/02(木) 10:42:32 ID:U3bAFN8QO
962

963 :名無しより愛をこめて:2007/08/02(木) 12:08:12 ID:cBmo57XD0
963

964 :名無しより愛をこめて:2007/08/02(木) 17:49:51 ID:6nnznZG10
○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○
このレスをみたあなたは・・・3日から7日に
ラッキーなことが起きるでしょう。片思いの人と両思いになったり
成績や順位が上ったりetc...でもこのレスをコピペして別々のスレに
5個貼り付けてください。貼り付けなかったら今あなたが1番起きて
ほしくないことが起きてしまうでしょう。
コピペするかしないかはあなた次第...
○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○


965 :名無しより愛をこめて:2007/08/02(木) 23:19:33 ID:JXf3cfYM0


966 :名無しより愛をこめて:2007/08/03(金) 00:21:35 ID:r3ouqjOSO
966

967 :名無しより愛をこめて:2007/08/03(金) 03:24:30 ID:n47cMxQD0


968 :名無しより愛をこめて:2007/08/03(金) 06:39:03 ID:eLN6rRnI0


969 :名無しより愛をこめて:2007/08/03(金) 11:11:20 ID:r3ouqjOSO
969

970 :名無しより愛をこめて:2007/08/03(金) 11:59:40 ID:2/HcwRR90
残り30

971 :KING KONG 1976:2007/08/03(金) 22:59:39 ID:rf0p5doL0
ttp://www.youtube.com/watch?v=TyD7JRhZhoQ&mode=related&search=

972 :名無しより愛をこめて:2007/08/03(金) 23:02:45 ID:r3ouqjOSO
972

973 :名無しより愛をこめて:2007/08/04(土) 00:29:55 ID:f85SmpCT0


974 :名無しより愛をこめて:2007/08/04(土) 03:25:26 ID:xtzfdh+/0


975 :名無しより愛をこめて:2007/08/04(土) 07:04:39 ID:c53MEH770
975

976 :名無しより愛をこめて:2007/08/04(土) 12:05:56 ID:BuLt3xqa0


977 :名無しより愛をこめて:2007/08/04(土) 17:28:06 ID:No/s7fopO
977

978 :名無しより愛をこめて:2007/08/04(土) 23:30:58 ID:MPCix0xb0
978

979 :名無しより愛をこめて:2007/08/05(日) 00:05:34 ID:Qz2pf/Ok0


980 :名無しより愛をこめて:2007/08/05(日) 06:09:48 ID:ABWeiGeB0
残り20

981 :名無しより愛をこめて:2007/08/05(日) 08:39:01 ID:ZMUwU59EO
981

982 :名無しより愛をこめて:2007/08/05(日) 09:22:04 ID:vomJ+zop0


983 :名無しより愛をこめて:2007/08/05(日) 16:30:04 ID:GnmtLiYl0


984 :名無しより愛をこめて:2007/08/05(日) 23:44:03 ID:UB9K++n/0
984

985 :名無しより愛をこめて:2007/08/06(月) 01:01:29 ID:2JEB4tY90


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)