5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本映画のダメな所を語るスレ Vol.4

1 :名無シネマさん:2008/06/27(金) 22:14:58 ID:XXqDxoCQ
誰かが言った…
「邦画が復興してきて賑わいを取り戻しています!」

※以下前スレより転載
全てがダメとは言わないがダメなものが多すぎる気がします。
そういう私的にはこれ(表現、演出、台詞、キャスト、ストーリーなどなど)
は許せないと思うようなことなどについてを意見、議論するような形で挙げて
行きましょう。

前スレ
日本映画のダメな所を語るスレ Vol.3
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/movie/1205592719/
日本映画のダメな所を語るスレ Vol.2
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/movie/1189786232/

2 :名無シネマさん:2008/06/27(金) 22:24:16 ID:D2ozNHtS
何がダメかといって、Vol.1を貼らない>>1が一番ダメだと思う

3 :名無シネマさん:2008/06/27(金) 22:29:32 ID:XXqDxoCQ
あいよ

日本映画のダメな所を語るスレ
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/movie/1184826250/

4 :名無シネマさん:2008/06/27(金) 22:43:29 ID:5cr6TFUi
ジャリタレ使ってTV局が「小遣い稼ぎをする邦画界

5 :名無シネマさん:2008/06/27(金) 22:56:11 ID:D2ozNHtS
>>3
少しマシになった
たゆまず精進せいよ

6 :名無シネマさん:2008/06/27(金) 23:36:27 ID:43m8M6F7
なぜ糞企画を映画化するの?
信じられないほど陳腐なの多すぎ。
日本ほどくだらない映画作る国も無い。


7 :名無シネマさん:2008/06/28(土) 01:04:11 ID:8U+zmVT/
まぁ夏休みの目玉が気色悪い人面魚の話なんだから仕方ない。

8 :名無シネマさん:2008/06/28(土) 01:34:47 ID:SNeI+XHH
気色悪い人面人は黙らっしゃい

9 :名無シネマさん:2008/06/29(日) 12:43:44 ID:VUyymHMn
近年(1998以降)の日本映画で、このスレの象徴的な作品を教えてください。
見てみたいので。

10 :名無シネマさん:2008/06/29(日) 13:28:05 ID:y5vMtkca
隠しとりで観てこい釣り師

11 :名無シネマさん:2008/06/29(日) 23:04:16 ID:z8aHOUjY
レンタルで「L change the WorLd 」見たけどひどいな
デスノートは面白いけど原作じゃない完全オリジナルだとこうもダメか
才能ないな

12 :名無シネマさん:2008/06/29(日) 23:25:25 ID:UWKs9dis
>9

とりあえず「ミッドナイトイーグル」は最低だった。

13 :名無シネマさん:2008/06/29(日) 23:51:29 ID:ubf7By8A
つい最近だと「少林少女」じゃないの?

14 :名無シネマさん:2008/06/30(月) 00:25:42 ID:jv0M8l1I
神様のパズルは少林少女を超えたとあったけど、
自分はどっちも見てないから、なんとも言えない。
どのみち、もう打ち切られたから見れないか。
どれぐらいのものか、DVD出たら見てみようかと思ってる。

15 :名無シネマさん:2008/06/30(月) 07:00:20 ID:+XQPTVT3
隅っこでこっそり興行するのはいいんだけど
あまりにも強引過ぎる宣伝打つのはどうかと
いま大ヒット!とかテレビでCMするにはいいけど
特番ばかりとかコンビとタイアップとか
本屋CDDVD屋まで大量宣伝攻勢にだのはさすがに引く
それ相応のポテンシャルがある映画ならいいんだけど

16 :名無シネマさん:2008/06/30(月) 12:29:54 ID:VyCUfW1x
ポニョの予告編がびみょ〜
ラピュタやもののけ姫の衝撃が皆無

17 :名無シネマさん:2008/06/30(月) 14:32:01 ID:5uEnqH+X
あれは確実に見に行く人を減らしたよね。
鬼太郎とかポケモンの方がずっと観たいと思うもん。

18 :名無シネマさん:2008/06/30(月) 16:37:13 ID:reJt9fEJ
知り合いがしきりに勧めるので「ぐるりのこと」を観てきた。
悪い出来じゃない。久方ぶりに良いものを観た。

でも・・・何かミニマムなんだよなぁ。コップの中の嵐とでもいうか。
空疎な大作も困りものだけど、志しの高い、丁寧に創られた大作だって出来るんじゃないか。
そういう日本映画を観てみたい。

19 :名無シネマさん:2008/06/30(月) 16:41:43 ID:5uEnqH+X
>志の高い大作
そんなものはここ30年以上作られていない。
南極物語はかろうじてその範疇に入りそうだけど。

日本にスピルバーグのような人間がいれば話は別だったろうが、
残念ながらそうはいかなかったわけで。

20 :名無シネマさん:2008/06/30(月) 19:44:53 ID:MPKuIuTU
だがしかしハチ公物語がリチャード・ギア主演でリメイク

21 :名無シネマさん:2008/07/01(火) 19:11:27 ID:LeoFCcFV
人材が糞なのは確か。
監督とかでも、子供っぽいよ。
ボーン・シリーズと踊る捜査戦線、比べろ。
金の問題じゃないのは確か。人材の差。
国際情勢、最新科学に興味ある日本の業界人はいない


22 :名無シネマさん:2008/07/01(火) 20:20:08 ID:9t9M4/+F
ボーン・シリーズって・・・


23 :名無シネマさん:2008/07/01(火) 21:26:58 ID:h6FAUWFz
踊る捜査戦線か・・・


24 :名無シネマさん:2008/07/01(火) 23:13:34 ID:I3qrXfuj
>23

なんか民兵の服着たラテン系な兄ちゃん達の群舞が頭をよぎった。

25 :名無シネマさん:2008/07/02(水) 00:44:52 ID:uOdPwdJn
仮に、1流の外人に日本で映画作らせたら
日本のよりは面白いだろう。
日本の監督に大金渡しても、ラストサムライ作れねーだろ


26 :名無シネマさん:2008/07/02(水) 19:40:58 ID:4BoadArW
芝居しすぎ
セリフ回しすぎ
キャラ設定演技しすぎ
自然さが感じない
すべて舞台的、アニメ的、な設定先行しすぎで世界観が描けていない

27 :名無シネマさん:2008/07/02(水) 20:09:15 ID:uOdPwdJn
人材が全部、糞だろ。
製作も監督も脚本も役者も。ついでにファンも。
この板も、エロ系、罵倒系のスレばっかじゃん。ろくに論議もできない低能が映画ファン。
邦画ヒット作もくだらない話ばっかだし。
今の日本には、知的に映画を俯瞰する習慣・風土が無い。
基本的にゆとりで育った連中が増えて、大学生が必死に勉強する中国インドに勝てるかよ。




28 :名無シネマさん:2008/07/02(水) 20:13:41 ID:hqTkIQQI
邦画は15秒CMを2時間分観賞させられる気分になる


29 :名無シネマさん:2008/07/02(水) 20:38:33 ID:5PGHbSoA
そんなに日本の何もかもが嫌でたまらないなら、糞尿は北朝鮮にでも行けばいい。
糞尿は極左なんだし、北朝鮮は共産主義だと信じてるんでしょ?

実際の北朝鮮は独裁国家だから、糞尿のような極左は虐殺されるだろうけどね。

30 :名無シネマさん:2008/07/02(水) 21:20:06 ID:xYIxaqIA
これが気違い右翼の言動か

31 :名無シネマさん:2008/07/02(水) 21:30:25 ID:t3Ka65yh
篇なのが一匹

32 :名無シネマさん:2008/07/02(水) 21:54:35 ID:lrabaWKL
>>29
映画の批評で日本の何もかもが嫌で極左扱いかよ。
だから腐ってるって言われるんだ

33 :名無シネマさん:2008/07/02(水) 22:31:33 ID:uOdPwdJn
馬鹿だなー、日本映画けなしたら日本全部が嫌い?
右翼思考はテメーだろ。
気に食わない事実指摘されたらファビョリやがって。

日本のゆとり学生とインド・中国の学生、どっちが知能高いと思ってんだあ?
米国の大学・企業・研究所がどこの国の学生欲しがってるのか知らないのか。


34 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 02:14:00 ID:pJdur8wT
内容の良し悪しは別として、
花より男子のヒットで、邦画は今後ますます女受けする恋愛映画中心に傾斜していくだろうね。

男向けのアクション映画や時代劇を作っても、手間と金がかかるわりには、
全然儲からないんだし。
ま、作る能力にも疑問符がつく状況だけど。

35 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 03:35:46 ID:MLSi33TP
やっぱみんなテレビドラマ好きなんだよ
クロサギはコケたんだっけ
スシ王子なんかドラマ自体誰も見てないのに映画化が決まってるっておかしくないか

36 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 06:42:50 ID:5oFDes81
話が糞企画ばっかなのはなぜ。
ブラッドダイアモンド、ボーン・スプレイマシーみたいな
大人が興味引くような知的な題材が一つもない。

日本の業界人と話すと、知性の無さ・子供っぽさに驚く。


37 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 06:44:37 ID:5oFDes81
ゼブラーマンみたけど、テンポの悪さ以前に
町の汚さ、日本人の生活のしょぼさが気になった。
町並みが極度に汚く、家も狭く、日本映画には暗い雰囲気が漂う。


38 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 07:11:22 ID:IFAmQZyo
日本映画の心配なんかいらねーから自分の心配しろよw

そんなに心配なら自分で日本映画を立て直せよ、ばーか
映画を作る勇気もないくせに批判してんじゃねーっていうのw

39 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 07:20:55 ID:Rf+muAus
>>38
お前樋口スレの粘着だろ

40 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 08:51:00 ID:wKB7aROA
>>38 汚さを売りにすればいんだよ。日本の映画人はそこらへんがわかってない。
韓国、中国映画なんかは汚さをあえて作品のテーマとして強調してる(オアシス、長江哀歌、等)

41 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 08:53:40 ID:wKB7aROA
↑間違えた>>38>>37

42 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 09:09:25 ID:kJsEp8sw
貧乏描写ならチャウ・シンチーの作品ははるかに上手く、そして登場人物が
バイタリティーにあふれている。
邦画の場合、画面が安く見えるのが問題。

シンチーは最新作のミラクル7号でも貧乏と笑いと人情物を上手く融合させていたな。

43 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 09:17:20 ID:w/OCD+zT
シンチー映画って一見馬鹿馬鹿しいけど、
実際は貧乏とか庶民の感情とかを巧く盛り込んだ映画を作るからな。
だから彼の映画は明るいようでいて、極めてシリアスなテーマが隠されてる。

ちなみに少林少女はシリアスな部分を完全無視し、馬鹿馬鹿しい部分だけを
肥大化させて作られますた…。

44 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 09:30:30 ID:EzOAOYcP
スレ違いすいません ・・・ これを他スレに一回だけコピペして下さい
       
■毎日新聞廃刊か ■子会社のスポーツニッポン不買運動

★祭り★
「日本の母は息子の性処理係」毎日新聞が捏造記事41
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/ms/1215003832/
★祭り★
【毎日・変態報道】 毎日新聞、「2ちゃんねる」を名指し…「女性社員中傷書きこみで法的措置」で★28
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1215022483/

オカルト板http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1214968183/ 
英語板 http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/english/1213971760/
大規模OFF http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1214614538/
YouTube板 http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1214375128/
ニュー速 http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1214798343/
医者 http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1210492753/
マスコミ http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1214603376/
司法 http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1214621509/

【毎日新聞】 iチャネル解約スレ 【変態報道】
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/keitai/1214802475/
▼iチャネル解約方法
iモードのiメニューから料金&お申込・設定を選択
4のオプション設定のiチャネル設定から解約可能

解約理由を告げたい場合は携帯から151にダイヤル
▼解約後の料金について
パケホーダイなどとは異なり、解約した場合はその月のiチャネル利用料金は日割りになります。
解約したその月に再契約も可能です。追加料金も発生しません。
iチャネルの解約は日本人(あなた)を馬鹿にしている毎日新聞社への直接的抗議に繋がります
ちなみに解約には5分とかかりません

45 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 10:09:25 ID:QiQgKBPI
>>42-43
そうそう
みんな良くわかってるねー
低予算でも邦画、特にテレビ局主導の映画よりおもしろい海外映画はいっぱいある
いやスシ王子みたいに大コケしてれば別にいいんだが
そんなウンコ映画でも客が入るってなw
そこがいちばんの問題

「あの映画見てるやつはダサい」って風潮にしないと
ツマラナイ映画に見に行かないっていう正常な淘汰が阻害されるからな

ガンガン批判してイインダヨー

46 ::2008/07/03(木) 11:32:46 ID:rWDogiH/
幼稚な感じの映画が多いわな

それもほとんど恋愛かコメディー路線

47 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 13:29:26 ID:MWIkMGVj
「相棒」観て思ったけど、邦画って脚本チェックする人いないのかね?
踊る2よりも穴だらけの作品があるとは思わなかった

48 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 15:06:31 ID:vARLVc8R
金になりゃいいんだと

49 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 16:41:00 ID:w/OCD+zT
>>47
昔から日本映画は脚本を大事にしないという悪習がある。

50 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 16:48:52 ID:GMK6xUeB
西田敏行を出すのやめてもらいたい

51 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 16:50:56 ID:w/OCD+zT
一時期の竹中直人的扱いを受けてるよな。
とりあえず出してアドリブさせりゃ笑いが取れる、みたいな。

52 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 17:45:04 ID:vARLVc8R
おまえらは西田敏行を見損なっている

53 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 19:16:56 ID:wKB7aROA
20世紀少年。予告編見ただけで糞臭がするな。なんでテレビドラマみたいな安っぽい映像なんだ?

54 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 19:18:25 ID:awuw82H7
長澤まさみがNTT西日本のCM発表会見で
「『あなたのことが大好き』と告白するカットはハンカチ王子だけをイメージしました!
 佑ちゃんにCMで公開告白です(笑)」

カンニング竹山
「長澤まさみは将来的には上手くハンカチ王子とくっつくんじゃない?
 昔の美空ひばりと小林旭や、松田聖子と郷ひろみみたいに。その年代を代表するカップルとして」

同い年の斎藤佑樹について熱く語る堀北真希を見たベッキーが
「TVでこんなに喋る堀北真希初めて見たよ(笑)!
 斎藤君と真希ちゃんが結婚すればお似合いじゃない?同い年同士」

日米野球で大勢の報道陣を連れてアメリカに来たハンカチ王子をアメリカのTVニュースが全米放送で
「彼は19歳ながら日本ではパリス・ヒルトン級のスター
 パリスと違うのは彼には実力があるということでしょうか」

宇多田ヒカル
「楽天の田中君が好き。
 何か困ったことがあったらお姉さんに言ってね、何でもするから!」

浅田真央
「遼君(石川遼)は私より若いのに優勝して凄い。私も遼君のこと大好きです」

石川遼はロッテのCMで、上戸彩や長澤まさみら人気女優たちと共演

松嶋初音
「ダルビッシュが取られちゃったので石川遼君狙いでいきます。食べちゃいたい」

55 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 19:19:21 ID:awuw82H7
明石家さんまと亀田興毅のあまりの仲の良さに、間違えてさんまを「(亀田の)お父さん」と呼んだアナウンサーが
「何か本物の親子みたいに見えちゃいまして」

島田紳助
「大毅が内藤ぶん投げた瞬間、昔のツッパッてた自分が重なってTV見ながら涙した
 大毅わかるぞ!俺もそんなんやった!お前は絶対チャンピオンになれよ!」

太田光
「(興奮しながら大声で)大毅はさ!頭丸めて、あんな死にそうな顔してさ!
 皆は、あいつにこれ以上何をしろって言ってんの!?これ以上あいつに何を・・・」

太田「番組に亀田の兄貴(興毅)が来てさ、CM中に俺が興毅に
   『あの女子アナ、お前のファンなんだってよ?』って言ったら急に大人しくなっちゃって」
田中「スッゲーかわいいんだよね(笑)」
太田「まるで子供だよ?俺が小声で『ヤっちゃえよ』って茶化したらさ
   『ちょっ!何言うてんねん!』って、顔真っ赤にして焦ってんの(笑)
   今、世間やマスコミじゃ物凄い悪い奴になってるけど、俺はあいつ等好きなんだよなぁ」

岡村隆史
「吉本が亀田兄弟を拾ってあげたらええねん。吉本のええ若頭になるよ
 あんな濃いキャラ、今の芸能界におらんで」
「日本の政治家は亀田興毅を見習え。皆、原稿読んで喋るでしょ?
 20歳の子があれだけ自分の言葉で喋ったんですよ」

橋下徹
「亀田興毅は自立した立派な人間だ」
「僕は単純な人間なのかも知れないですけど、
 あの状況で何の曇りもなく自分の父親が世界一と堂々と言える興毅君の姿は『良いな〜』って、
 現代の日本人がどこかに忘れてきたものを、あの少年は持ってると思うんですよ」

板垣恵介
「さすが悪ガキ大毅!」(内藤戦直後に)

56 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 19:34:01 ID:5oFDes81
先進国になってまで、生活の苦しさを表現するのもどうかと。
米国映画にはジョンQもあるけど、ほとんどは豊かな生活描くからね。
もっと、夢のある作品が作れないのかと。



57 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 19:35:45 ID:5oFDes81
テレビ局映画って本当に詰まらん。
売るにはあの手法しかないんだろうけど
質も考えて欲しいよ。儲かってんだから

58 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 19:47:31 ID:wKB7aROA
テレビドラマの安易な映画化で映画の敷居が低くなったのが問題だろ。
おかげでテレビと映画の区別もつかないようなアホな観客が増えだした。

59 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 19:49:44 ID:ANR4IKst
そんなに日本の何もかもが嫌でたまらないなら、糞尿は北朝鮮にでも行けばいい。
糞尿は極左なんだし、北朝鮮は共産主義だと信じてるんでしょ?

実際の北朝鮮は独裁国家だから、糞尿のような極左は虐殺されるだろうけどね。

60 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 19:51:53 ID:Rf+muAus
NGIDにしたからアンカーうつなよ

61 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 20:00:27 ID:QiQgKBPI
無能な右翼が日本をダメにするwww

62 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 21:19:11 ID:5hgoa8MW
無能な右翼は日本をダメにしないから大丈夫だよ

63 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 21:57:08 ID:wKB7aROA
<<56 中途半端に豊かだからダメなんだよ日本は。アメリカや中国ほどの格差社会があるわけでもないし、
際立った宗教観の対立もないし、移民などによって引き起こる民族的価値観の衝突も、日本じゃさほど起こらない。
こんな国からは、フラガールやオールウェイズのようなその場しのぎの感動を寄せ集めたような映画を作るのが関の山。
もちろんこんな映画は海外ではまったく通用しない。諸外国の観客にも興味を抱かせるには普遍的なドラマが必要になってくる。
民族的な枠組みを超えた誰しもも共感できるような葛藤を持った日本映画がほとんどないのは今の日本社会を見れば至極当然の話。
今の日本には何も考えないで生きている奴が多すぎる。一回うしろから一人ずつどついていく必要があるんだよ日本人には。
そうしたら幾らかマシな日本映画の作り手も現れるだろう。


64 :名無シネマさん:2008/07/03(木) 22:23:49 ID:ANR4IKst

129 :名無シネマさん :2008/07/02(水) 22:59:19 ID:FAa53K32
ID変えてるのはみんな知ってるんだよ、と何百回指摘されてもへこたれない
同じ調子で独り言してるんだから手が付けられないよ


65 :名無シネマさん:2008/07/04(金) 00:06:11 ID:ZeqCaAy6
人材が程度低すぎ。
業界人もファンもアホばっか。
この板みても、ろくに議論できてないスレばっか。



66 :名無シネマさん:2008/07/04(金) 02:56:19 ID:DXQD0P/b
>>63みたいなのも極端

とりあえず、逆をやれば正解だろう、と思いたい単直思考停止の典型例

映画はそういう単純さの発想でもっともダメにする

バカサヨ発想がアホウヨ発想になっただけみたいなw

67 :名無シネマさん:2008/07/04(金) 03:40:46 ID:6PmaUGpx
>>63を読む奴いるわけないだろ。
必死になってんじゃねえよ、精神障害者が。

68 :名無シネマさん:2008/07/04(金) 05:38:32 ID:DXQD0P/b

馬鹿な左翼が日本をダメにし

無能な右翼が日本をダメにするw

喜ぶのは三国人ダケw

69 :名無シネマさん:2008/07/04(金) 06:53:49 ID:74U5TJ1j
>>42を書いたものだけれど、汚さならリドリー・スコットのように
カッコイイ汚さを描くことも出来る。
ブラック・レインだって汚くてカッコイイ、ブレードランナーと同じような
大阪を撮っていた。
なぜか汚くてカッコイイフィルムを撮る人材が皆無とは言わないが、非常に少ない
のが不思議です。


70 :名無シネマさん:2008/07/04(金) 09:52:40 ID:ZeqCaAy6
しかし、世界第2の大国でありながら
豊かさを感じさせる映像が作れないのも・・・・・・・・・・・・・・・・・。
フランスとかスウェーデンの映画からは豊かさを強く感じるが。


71 :名無シネマさん:2008/07/04(金) 10:23:46 ID:wEv/CrP3
ジャパニメーションは豊かだが、実写はな

低予算のスタントバリバリ映画を見たいな

72 :名無シネマさん:2008/07/04(金) 10:37:27 ID:faxtMsPh
>>70
人を笑わせる暇があったら、まずsageろ

73 :名無シネマさん:2008/07/04(金) 14:25:00 ID:ZeqCaAy6
日本の町並みから、豊かさ・美しさを表現するのは無理だろうな。
中国・東南アジアの繁華街と変わらん


74 :名無シネマさん:2008/07/04(金) 21:21:33 ID:jvx+cyFd
ジャパ二メーションに期待している奴がまだ居たとな・・・
日本アニメなんてもうどこの国も相手にしてないよ。

75 :名無シネマさん:2008/07/04(金) 21:24:49 ID:fV9fldyh
>>74
それは名井ハイランダーは楽しみだ
まあアニメ屋が実写撮れるとは思わないが

76 :名無シネマさん:2008/07/04(金) 21:38:16 ID:6+1ypG5k
市川崑を知らないんですね、可哀想に

77 :名無シネマさん:2008/07/04(金) 22:12:38 ID:IZJGPGHN
>>74
スピードレーサーを知らないんですね、可愛そうに

78 :名無シネマさん:2008/07/04(金) 22:28:40 ID:+VzXjF/I
>>74
「ドラゴンボール」がハリウッドで映画化されてるのも知らないんですね。

79 :名無シネマさん:2008/07/04(金) 23:11:43 ID:jvx+cyFd
そうやっていつも裏方なんだよ日本アニメは。ハリウッドにネタ提供してるだけ。


80 :名無シネマさん:2008/07/04(金) 23:35:28 ID:QXlXHSwP
ネタ提供って、、、
マッハGO!GO!GO!は40年前のアニメなんですけど

81 :名無シネマさん:2008/07/04(金) 23:35:35 ID:ELfepsso
ネタにもされないよりまだいい。日本アニメ界も若い人材が育ってないみたいだから実写みたいに遠からず行き詰まりそうだが。

82 :名無シネマさん:2008/07/04(金) 23:38:10 ID:RH+3pt1Z
いまどき「ジャパ二メーション」とか、手垢まみれな単語を使うなよ恥ずかしい。

83 :名無シネマさん:2008/07/05(土) 00:01:03 ID:jvx+cyFd
ネタにもされないよりまだいい。

そうか?俺は日本の素材がハリウッドに安く売られて、メリケン達が儲けるという仕組みが悔しくて仕方がないんだが。


84 :名無シネマさん:2008/07/05(土) 00:14:20 ID:c7riKUXl
つまりはアイディアとしては悪くないんでしょ。
アニメもだしホラーのリメイクなんかも、アイディア自体は
買うけど作品としては買わないって事なんじゃ?

85 :名無シネマさん:2008/07/05(土) 00:20:56 ID:+PwMPj1D
スピードレーサーもアストロボーイもキンバも知らないんですね。可哀想に。

86 :名無シネマさん:2008/07/05(土) 00:28:48 ID:Fe0vRAWR
デスノートのハリウッド版も邦画版よりいい出来になんのかな

87 :名無シネマさん:2008/07/05(土) 04:09:21 ID:qqCz3y1p
デスノートはリュークのCGが酷かった。
映画自体は結構楽しめたのだが。

やはり、ハリウッドでリメイクしたほうが良いと思う。

88 :名無シネマさん:2008/07/05(土) 04:38:25 ID:V7KIPOQ5
デスノートは藤原のクドイ演技が酷かった

舞台じゃいいんだろうけど、映画じゃくどいんだよね
ああいう芝居芝居した芝居がかった演技って
不自然


89 :名無シネマさん:2008/07/05(土) 04:43:24 ID:PsnVJ4WG
デスノは原作漫画が後半糞だったせいもあるが
映画の方は、後編はそこそこ観れた。あくまでもそこそこだけど
でもやっぱり漫画もそうだが、内容がステレオタイプのキャラ押しでみせてくだけだもんなあ

出演俳優のファンでもなんでもない俺はアニメでいいかなって感じ



90 :名無シネマさん:2008/07/05(土) 08:26:45 ID:Fe0vRAWR
邦画版デスノは原作のニアメロ編削って、Lが勝つ展開にしたのがナイスだったな
ハリウッド版もそうしてほしいけど、原作どおりにしそうな気もする

91 :名無シネマさん:2008/07/05(土) 15:48:49 ID:ZYEHqbbb
題材がアレなので、アメリカでリメイクされるとしたらR指定
=ガキくさい演出の可能性は低い

92 :名無シネマさん:2008/07/05(土) 22:34:24 ID:vpX9xF/2
ゴルゴ13を実写化すれば受けるんじゃねーの。
活劇物で、世界が舞台だし
007なんかより100倍、話の設定が面白い。



93 :名無シネマさん:2008/07/05(土) 22:41:58 ID:oI3/zxZ7
わー
ざんしんなはっそうだねー
すごーい

94 :名無シネマさん:2008/07/05(土) 23:30:46 ID:0rYbmqHU
>>92はネタじゃなくてマジで言っているんだと思う。
本当にそのくらい、映画について何も知らない人みたいだから。

95 :名無シネマさん:2008/07/05(土) 23:39:04 ID:8dfI3Kny
CGをさりげなくではなく
モロにそれとわかるような部分に使うこと前提で映画を作っている点。
クリーチャーとか兵器とかね。
しかもそいつらのモーションがまたショボイ。モロCG
CGがまだ目新しかった時代の映画ジュラシックパーク1にも全然及んでいないようなレベルの低さ。

三丁目みたいな使い方から始めてレベル上げていったほうがいい
進歩がなさすぎる

96 :名無シネマさん:2008/07/05(土) 23:41:27 ID:8dfI3Kny
>>19
>日本にスピルバーグのような人間がいれば話は別だったろうが、
>残念ながらそうはいかなかったわけで。

日本では、アニメがそれに相当するだろう。
宮崎駿とか押井守とか。

97 :名無シネマさん:2008/07/05(土) 23:49:28 ID:R0cjUpxG
実写に居なきゃダメなんだよ。

98 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 00:28:48 ID:deTrWTno
なぜ駄目なの?おせーて。

99 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 00:33:18 ID:FmlJEWho
何の意味がある自作自演なんだよ

100 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 00:54:11 ID:rP+xAI7e
>>98 逆になぜダメじゃないと思うのか教えてほしいわ。
 宮崎のピークはすぎたし、押井はマニアにか受けないし。
 例えば、お隣の国韓国になんかには、日本より市場が狭いのに、パク・チャヌクやポン・ジュノ、
イ・チャンドン、キム・ギトクなど海外からある程度注目されている映画作家がたくさん居るのに。
日本には誰が居るんだよ。誰も居ないだろ

101 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 00:58:03 ID:INK6f3b2
>>100
実写なら
平和ボケした日本には三谷こうきとかいるじゃんw

日本が誇れるのはアニメでいいと思う

いっとくが日本はマニアの国だよ
凝ったものづくりをする国だと世界からは認識されている
日本のアニメやマンガからハリウッドリメイクに発展するタイトルの多さ見てもわかるだろ

102 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 01:10:02 ID:cVl018xP
こういう勘違いしたオタク増えてきたよな

103 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 01:20:29 ID:Kc16JYPr
たとえスピルバーグが日本にいたとしても、日本の金かけない映画じゃショボいもんしか作れんさ
アメリカだからできるんだよ

104 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 01:21:41 ID:rP+xAI7e
>>101 海外である程度実績を残している映画作家のことな。
三谷の作品は外人には少しは受けるだろうが、三谷自身の舞台気質が抜け切れてないため
映画としての芸術性が皆無に等しい(有頂天とかマジックアワーとかは映画にしなくても舞台で充分)
そのため海外じゃ実績が残せない。

日本が誇れるのはアニメでいいと思う

今の日本のアニメ界の現状を知ってれば、恐ろしくてもそんなことは言えないはずだが。

105 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 01:28:26 ID:Kc16JYPr
アニメももう終わりだろ
時かけとかが持ち上げられてる時点で死んでる
作画技術以外は最悪なのに、特に脚本

106 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 01:57:24 ID:Vz+58KGn
>>101
凝った実写映画ヨロ

107 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 02:01:09 ID:kwlGRXB+
まだまだアニメの偏見は根強いんだね。

108 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 02:03:59 ID:65yRO5Tv
2008年前期興行収入ランキング アメリカ(〜7/2)

 1位 アイアンマン(5/2〜)                        $309,955,000
  http://jp.youtube.com/watch?v=vhgzIM-9lfA
 2位 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(5/22〜)   $301,869,000
  http://jp.youtube.com/watch?v=lPTJ4v6KPrg
 3位 カンフー・パンダ(6/6〜)                      $184,023,000
  http://jp.youtube.com/watch?v=RR4TIYEAmIk
 4位 ホートン ふしぎな世界のダレダーレ(3/14〜)          $153,948,010
  http://jp.youtube.com/watch?v=ohQjwAy4gWg
 5位 セックス・アンド・ザ・シティ(5/30〜)               $141,879,000
  http://jp.youtube.com/watch?v=CDzGgaugb2s
 6位 ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛(5/16〜)   $138,060,613
  http://jp.youtube.com/watch?v=VqzYukVDqy4
 7位 インクレディブル・ハルク(6/13〜)                 $118,945,065
  http://jp.youtube.com/watch?v=OAJTZJRfue8
 8位 紀元前1万年(3/7〜)                         $94,784,201
  http://jp.youtube.com/watch?v=_xETYDnSpwE
 9位 You Don't Mess with the Zohan(6/6〜)              $92,364,893
  http://jp.youtube.com/watch?v=jmMXk0bA8gk
10位 WALL・E/ウォーリー(6/27〜)                   $86,311,330
  http://jp.youtube.com/watch?v=UwaIrN_qRRQ

ウォーリーは公開1週間弱にして既にトップ10入り
アイアンマンとインディジョーンズにどこまで迫れるか?

109 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 02:04:04 ID:Kc16JYPr
偏見

110 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 02:04:29 ID:65yRO5Tv
2008年前期興行収入ランキング 中国(〜6/29)

1位 ドラゴン・キングダム(4/24〜)                   $26,899,556
  http://jp.youtube.com/watch?v=6l35XHRgbVQ
2位 ミラクル7号(1/30〜)                        $26,166,803
  http://jp.youtube.com/watch?v=ZePBF0bBdz8
3位 カンフー・ダンク(2/8〜)                      $15,883,165
  http://jp.youtube.com/watch?v=S9OJJhOaz7o
4位 アイアンマン(4/30〜)                       $15,274,332
  http://jp.youtube.com/watch?v=vhgzIM-9lfA
5位 カンフー・パンダ(6/20〜)                     $14,552,228
  http://jp.youtube.com/watch?v=RR4TIYEAmIk
6位 ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛(6/6〜)   $12,078,349
  http://jp.youtube.com/watch?v=VqzYukVDqy4
7位 紀元前1万年(3/21〜)                       $10,851,097
  http://jp.youtube.com/watch?v=_xETYDnSpwE
8位 ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記(3/17〜)   $9,951,598
  http://jp.youtube.com/watch?v=D5ksSEsw0us
9位 三国之見龍卸甲(4/3〜)                      $9,331,504
  http://jp.youtube.com/watch?v=ZugMD9XzKi8
10位 ウォーター・ホース(2/17〜)                    $8,752,718
  http://jp.youtube.com/watch?v=yr_vCoMSrsA

カンフー・パンダは2週目にして2000万ドルを狙える位置に
そして7月は本年最大の注目作赤壁レッドクリフが公開へ
http://jp.youtube.com/watch?v=aOUw3ZkNXLc


111 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 02:05:00 ID:65yRO5Tv
2008年前期興行収入ランキング 日本(〜6/29)

 1位 相棒 -劇場版-(5/1〜)                       $41,304,209
  http://jp.youtube.com/watch?v=oagfEvTqDmo
 2位 ライラの冒険/黄金の羅針盤(3/1〜)               $33,501,399
  http://jp.youtube.com/watch?v=vK6MDIEQjMg
 3位 ドラえもん のび太と緑の巨人伝(3/8〜)             $31,269,299
  http://jp.youtube.com/watch?v=J6s-XFE50dA
 4位 L change the WorLd(2/9〜)                   $29,316,292
  http://jp.youtube.com/watch?v=7x3hG0wezdU
 5位 魔法にかけられて(3/14〜)                    $27,600,440
  http://jp.youtube.com/watch?v=CLdKwdGdZaI
 6位 ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛(5/21〜)   $26,405,844
  http://jp.youtube.com/watch?v=VqzYukVDqy4
 7位 ザ・マジックアワー(6/7〜)                     $25,152,849
  http://jp.youtube.com/watch?v=4jLKOWnbBw4
 8位 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(6/21〜)    $25,008,224
  http://jp.youtube.com/watch?v=lPTJ4v6KPrg
 9位 アース(1/12〜)                            $23,292,544
  http://jp.youtube.com/watch?v=9xpTYbP7w28
10位 名探偵コナン 戦慄の楽譜(4/19〜)                 $22,516,203
  http://jp.youtube.com/watch?v=c-XvkifzvU4

6/28より公開の花より男子ファイナルが相棒を上回る勢いで大ヒット中
http://jp.youtube.com/watch?v=eJ8km_1rBAI
7/19よりはスタジオジブリ最新作崖の上のポニョがいよいよ公開
http://jp.youtube.com/watch?v=soghXmUd9CM

112 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 08:39:32 ID:rU4e/DE6
基本的に収益が違いすぎる。
米国映画に対抗できる資金力・技術はどこにもない。
だって大作は、米国市場だけで1週間に70億円稼ぐからね。
アメ公ってなぜ狂ったように映画見まくるの?


113 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 09:45:39 ID:Sr4cPNxN
映画料金が違うから。
日本は高すぎ。


114 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 10:07:51 ID:uArRj3id
ゲゲゲの鬼太郎のCMが流れてましたが、鬼太郎までああいう調子でやるのかと。


115 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 11:33:49 ID:lC2f8azW
向こうの映画料金はいくらなの?

116 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 11:38:56 ID:WAYZigyH
600-800円くらいか?

117 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 11:59:18 ID:zy3jzfVO
>101
> 日本が誇れるのはアニメでいいと思う

もう誇れなくなった。
「スピードレーサー」が全部パクって全部グレードアップして使っちゃってるよ。
あれ見たら、もう日本がマニアの国だなんて恥ずかしくってとても言えない。

118 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 12:18:18 ID:lC2f8azW
500円か600円だったら見やすいのに。


日本のアニメの特色は
グレードアップすれば良くなる、ってもんじゃない気がする。



119 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 14:13:38 ID:ACM574Rh
>>112
あと、残業してまで働かないって文化もあるかも。
アフター5はスポーツ観戦や映画鑑賞に使うって人が多いみたい。

>>117
スピードレーサーは見てないんでなんとも言えんけど、
アニメだってちゃんと進化はしてるよ。
マクロスFなんて凄いと思うし。
ただ、複雑な設定を何話もかけて描くのがTVアニメなんで、
TVアニメは込み入った話を描けるが画にコストを掛けられない。
劇場アニメは画に注力できるが尺が短く複雑な話を描けない。

例えば宮崎アニメを見ると、基本的に活劇的な話なんだよね。
頑ななキャラが幾つもの事件を通じて少しずつ打ち解けていくみたいな話は描けない。
尺が足りないからね。

120 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 16:35:25 ID:F6DOYa8w
CGモデリングの密度でマクロス級とバルキリーの描き分けすら満足にできない、
その程度で進化してるとか言われても困る。

121 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 20:10:39 ID:rP+xAI7e
今時アニメなんかに期待してるのがアホ。

122 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 22:07:24 ID:ACM574Rh
>>120
ところがかつてはマクロスFの戦闘シーンを描くことすら不可能だった。
それこそ愛・おぼえていますか並の物量投入を行わなくちゃならなかった。
ところが今はTVアニメでも可能なレベルに下りてきた、CGの力を借りてね。
課題はあるがそれは一つ一つこなして行けば良い。
アニメは「こういうのを描きたい」という欲望がある限り伸びてゆくよ。

今注意して見てるのは「空の境界」だな。
全7章を7回に分けて公開する。マニアックな作品だが中々野心的な試みだ。
ファンを付いて来させる自信が無いとこうは出来ないよ。

123 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 22:12:10 ID:7OyZsvUx
だからアニメ板でやれと。

方法論だけでは面白い作品などできん

124 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 22:22:32 ID:7wcWoFeD
残念ながら、アニメを無視したり毛嫌いしてる人の方がもう少ないよ。

125 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 23:19:15 ID:rU4e/DE6
人材がアホばっか。
日本の業界人としゃべってても、子供っぽさ感じる。
全く知性・教養が無く、視野が狭い。
中国・イランの監督のように、感性の豊かさ・気品を感じない。
次代になう映画学校の生徒も、発想が安直で、硬直してるし、
広い世界・一流の文化を見ようという気概すらない。
2001年宇宙の旅が出て数十年たってから、ロボコンを映画にする発想が寒い。






126 :名無シネマさん:2008/07/06(日) 23:50:58 ID:6syMohnb
>>119
時間が短いから複雑な話は無理なんて言ってる時点で
映画のことを何にも分かってないね。



127 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 00:02:38 ID:ecC78prT
>>125は流石にネタだろう。
「ロボコン」を石森章子太郎原作の子供向け番組の映画化だと思ってたのか?
こりゃひどい。

128 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 00:03:38 ID:YBuBN8rl
>>126
現実に無理だからね。

129 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 00:49:44 ID:cJc0h7+D
アニメで複雑な話しても総集編みたいになるのがオチ

130 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 00:54:44 ID:YBuBN8rl
実写でも同じだよ。

131 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 02:16:17 ID:9ZrJQkMr
>>103は映画とかあんま見てないだろ。金がなくても面白い映画はできるよ。
ロシアとか韓国映画とかを見てるとつくずくそう思う。無駄なところに金をかける日本映画より何倍も面白い。



132 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 02:19:22 ID:mydKhnA9
料金の問題はかなり重要だと思う。

俺は1年アメリカに留学してたけど、封切り直後で5,6ドル
旬を過ぎたやつなんて2,3ドルだった。
(汚い劇場では1ドルなんてのもあったなあ)
周りの連中も気になった作品はどんどん劇場で見てた。

日本じゃDVDレンタルとの差がつきすぎて
劇場でみるのが 作品鑑賞<<<<<<話題性、イベント  になってる・・・

「一人で映画館にいけますか?」ってスレがあるけど、
こういう命題が成り立つ時点でちょっとおかしい。
映画を見てる最中は他人なんて関係ないんだから。
漫画喫茶に一人でいけますか?なんていったら滑稽だろ?

劇場は映画に興味ある奴が気軽にいける存在であるべきだと思うよ。
ここでよくあがる観客の質もこれに大いに関わってるしな

133 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 03:16:16 ID:uiRui7wP
>>131
最近の韓国映画って面白いんですね。
グエムルくらいしか見てないなあ。反省。

日本映画がダメなのは、業界内できちんとした批評が成立していないこと。
日経エンターテインメントみたいな雑誌のような記事ばかりがもてはやされていて、
いくら儲かったかばかりですし。

政治家とかには辛口のワイドショーの司会も、邦画に対しては以上に甘口なのは何故?
まあ、所詮、試写会の券で映画を見に行くような人たちですから、仕方がないかもしれません。

134 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 03:17:18 ID:uiRui7wP
133です。
以上に ではなく 異常に でした。

135 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 03:36:43 ID:6cg+YKe5
2chでは初動や興行収入が正しい評価らしいよ。


その年の興行収入がよくても次の年には忘れられてる映画と
興行収入が悪くても、何年も語られ何年もDVDの売り上げがそこそこある映画と
どっちがいい作品なんだろうね。

136 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 05:05:37 ID:LQlRAN4R
まあ、その言葉は駄作を用語するタレントアイドルヲタの言葉だな

137 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 05:14:17 ID:9ZrJQkMr
>>133 old boy、オアシス、地球を守れ、殺人の追憶、韓国映画でこの四本は特にお勧め。
金をかけないから日本映画はつまらないだという幻想を払拭してくれる。

138 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 05:18:39 ID:dJeOe07V
アメリカにはパンフレットとかチラシがない。
だから映画雑誌が売れて、映画評論家も映画会社より強い立場でいられる。
日本は逆、映画雑誌は広告がなきゃ食っていけない。
それ以外の雑誌はプレス丸写しがほとんどで貶したところにはもう試写状を送らない。
それからTVや雑誌見る人も大多数は、私が好きな映画を何で貶すの的な抗議をする馬鹿ばっかりなのよ。

139 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 06:13:54 ID:XpLUiQ/C
雑誌で幅を利かせる辛口映画評論家も貶してるのは洋画ばっかしだしな
邦画には触れられない時点でたかが知れてる

140 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 07:45:50 ID:h9aJyRfK
邦画はまともになってきていると思うけどね。
ただ、作品によっての当たり外れが多すぎ。
人材のレベルが一定していないんだろうね。


141 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 11:48:09 ID:CheLPhCZ
>>139
洋画は期待されてるから、辛口評論もされるが、邦画には誰も期待しないから、
放って置かれてるんだろうな。


142 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 18:11:04 ID:9ZrJQkMr
邦画には期待してるんだけど、最近の日本映画を見ると欝になってくる。
20世紀少年の予告、なんだあれ?堤は映画的な演出とテレビドラマ的な演出の区別がついてるんだろうか?

143 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 18:46:55 ID:q74Sz70k
そもそも日本のテレビドラマが古い演出のまんまだよね

144 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 20:03:43 ID:zjom/ZCM
映画じゃないがライアーゲームだの、ハチワンダイバーだの超ダサい演出だな
未だにあんなスローモーションとフラッシュバックの使い方してる奴がいるとは
10代の奴はあんな古いセンスがかっこいいと思ってるんだろうか


145 :名無シネマさん:2008/07/07(月) 21:10:30 ID:q74Sz70k
まあ個人的にスロモとかが稚拙はまだ許せるんだが

役者バストアップ撮影でキメキメ語り調のセリフ回しシーン
だけはやめて欲しい
クーラー効かせ過ぎみたいに寒い

146 :名無シネマさん:2008/07/08(火) 01:09:16 ID:p0Zkn1VS
>>137
オアシスって、そういえば旧友が面白いって言ってたなあ。
レンタルDVDでも探しに行こうかな。
韓国映画のイメージはちょっとウェットな感じがあって、敬遠してたけど。

日本映画がダメだと言われていても、最近そんなに見てないから、
自分が見てないだけかもと思ったりもして。

147 :名無シネマさん:2008/07/08(火) 08:33:01 ID:V7C5rxfO
映画マニアでもない普通の観客は、演出とかあんまり気にしてないんじゃない
逆にパターンから外れたものがあると「わけわかんない」とかすぐ言われちゃうし

だから撃たれて倒れる時はスローモーション、回想シーンは周囲にモヤがかかってないとw

148 :名無シネマさん:2008/07/08(火) 20:54:57 ID:/YJHpKz5
>>147
死ねよお

149 :名無シネマさん:2008/07/08(火) 21:04:13 ID:MP3Mk/pI
日本の映画ってセリフ解説が多いんだよね
状況をセリフで説明すんなよ
作り手が観客を見下しすぎ
わかんないヤツもいるだろうがそんなやつ置いていけよ
いちいち拾うな

150 :名無シネマさん:2008/07/08(火) 21:22:02 ID:FXqhEjOx
映画学校ではバスターキートンやチャップリンを見せるべき

151 :名無シネマさん:2008/07/08(火) 23:22:19 ID:z8OeRIZW
早い話、邦画はバカが見てもわかる映画を作ってるってこと
ただ頭の悪いのはろくな仕事に就けないから所得が低い
だから映画館も行かないしレンタルもしないので無駄かと

152 :名無シネマさん:2008/07/09(水) 00:25:57 ID:NH9MZr+m
キャスティングが酷いよ、糞みたいな演技力のタレントやアイドルばっかり。
あと脚本も悪い、金を掛けないんだからもっとテンポ考えて欲しい。
いい映画もあるけど糞が多すぎだし、なぜかそっちに客が集まるし。まぁ、
一番悪いのは観る側の質だなぁ、糞でも出してりゃ儲かるから作るわな。
アメリカみたいに映画役者にもっとステイタス与えないといい役者が淘汰
されてしまって、もっと映画の質さがるっしょ。

153 :名無シネマさん:2008/07/09(水) 01:26:58 ID:vN90sJ8U
ステイタスってお金?長者番付を見ても、役者という肩書きの人が
入ってる事は少ない。バラエティタレントや芸人はいるけど。

154 :名無シネマさん:2008/07/09(水) 01:39:50 ID:NH9MZr+m
>>153
お金じゃなくて周りからの扱われ方とゆうか、リスペクトとゆうか。
ん〜とにかくアメリカじゃあ映画俳優はあまりTVやドラマやCMには出ないらしいんだ。
それは一種の専門プロ的なものじゃないかな?

155 :名無シネマさん:2008/07/09(水) 02:06:22 ID:K5RQ/ozS
ドラマならともかく、バラエティーに出るなんて論外だよね。

156 :名無シネマさん:2008/07/09(水) 02:28:10 ID:4+AB8x7u
芸能人の数や層に差があるから
まあ仕方ないわな

157 :名無シネマさん:2008/07/09(水) 02:45:07 ID:NH9MZr+m
まぁ昔の邦画なら観るべき物もたくさんあると思うけど、最近の物に限って
言えばちと酷いよな。わざわざでかいスクリーンで観る必要ねぇもん。
好き嫌いはさておきプライベートライアンなんて映画館で観た時最初の一時間
は呼吸も瞬きも忘れて瞳孔開きっぱなしだったが、ローレライなんか終始失笑
だったよ。

158 :名無シネマさん:2008/07/09(水) 10:24:30 ID:rDrWtVZC
>>154
そうだよなあ。出てても『○○人生を語る』みたいな、インタビューが主体の
番組な様な気がする。あと、シャレで、サタディー・ナイト・ライブくらいか。



159 :名無シネマさん:2008/07/09(水) 10:58:54 ID:WNLjtR+p
>>155
バラエティ番組にはスターもかなりでるよ。
「サタデーナイトライブ」には過去けっこうスターが出てる。
「セサミストリート」にはバート・ランカスターまで出演した。
>>158
「アクターズスタジオ・インタビュー」も知らないのか。

160 :名無シネマさん:2008/07/09(水) 11:35:09 ID:jysjWzXp
20世紀少年の予告編って、
3部作とはいえ、60億円もかけた大作映画には全然見えないな
この後、もっとしっかりした予告編を出してくれるんだろうか

161 :名無シネマさん:2008/07/09(水) 12:16:27 ID:s2K4AZXU
スポーツみたいに海外の有名プロデューサー連れてきて
底上げをはかるとか出来ないのかな?

162 :名無シネマさん:2008/07/09(水) 12:54:07 ID:vN90sJ8U
例えばハリウッドスターがCMやバラエティに出ないのは
出なくても構わないからじゃないのだろうか。年に数本
出れば十分にセレブな生活が出来る。清貧で尊敬されてる
訳じゃないし、その成り上がりもアメリカンドリームとして
尊敬の対象になると思うんだが。
でも日本に来ると大スターも結構バラエティに出てるね。

163 :名無シネマさん:2008/07/09(水) 19:51:10 ID:CkPmlaKz
観客のレベルが低い。役者がショボイ。おもしろい脚本がない。才能ある監督の不在。
ここまで揃うと日本映画の復活ってもうなさそうだな・・・

164 :名無シネマさん:2008/07/09(水) 20:09:42 ID:ID+4WQRy
一生誰にも相手にされず顔にツバ吐き掛けられるだけなんだから自殺しろよ

165 :名無シネマさん:2008/07/09(水) 22:08:36 ID:iMjMzSmm
おまいがしっかり相手してんじゃん それも必死こいて

166 :名無シネマさん:2008/07/09(水) 22:11:50 ID:iMjMzSmm
>>161 それやると

日本の無能な映像コンテンツ産業が壊滅なのが明るみになるから

テレビ局と広告代理店のズブズブ関係で必死こいて鎖国したいねんw

日本のテレビ局と広告代理店なんて、日本じゃえらそうな幅効かせてるけど

世界じゃスポーツ選手以下に通用しない低レベル無能っぷりさだからねw

167 :名無シネマさん:2008/07/09(水) 22:36:06 ID:RXRXqVU3
鶏口となるも牛後となるなかれ ですね。

168 :名無シネマさん:2008/07/10(木) 07:34:51 ID:1vR/rQTI
雨・泣ける話

169 :名無シネマさん:2008/07/10(木) 10:32:44 ID:e2UMMwFl
いい役者もいるし才能ある監督もいるだろうけど、その力を発揮する必要の無い
業界の体質みたいなのがあるのかもな。もしそうなら日本でいい映画作っても
あまり意味がないから適当にお涙頂戴な脚本書いて旬なアイドル使っときゃ
いいじゃんみたいになるわな。ホント金払って観に行く奴の気が知れん。

170 :名無シネマさん:2008/07/10(木) 17:17:56 ID:YLKY3BeN
見る側の大衆もTVドラマ脳って気がする
始まりから、洗い物しながらでも理解できる説明的なセリフやモノローグ
画一的なキャラクター勝負な物も多い

171 :名無シネマさん:2008/07/10(木) 20:09:50 ID:FvYdu6r9
最近の邦画で面白いと思ったのって
「たそがれ清兵衛」と「それでも僕はやってない」だけだな。

でもどっちも、日本人だからこそわかるリアリティというか、
日本人という仲間内でしか楽しめない映画というか、
いろんな意味でスケールが小さい気がした。

>>63が言ってる様なことは、右だの左だの関係なく、実際多少あるんじゃないのかな。

172 :名無シネマさん:2008/07/10(木) 22:39:57 ID:G/uJ/pZX
堤はスシ王子で大コケしといて、よく20世紀少年なんかに抜擢されたな。
しかも予告編を見た限り、テレビドラマとなんら変わりない安っぽい堤演出だし、ダメだこりゃ。

173 :名無シネマさん:2008/07/10(木) 22:45:23 ID:nVniZdvD
俺この間、ぐるりのこと。を銀座で見てきたのだけれど、
何しろ台詞が聞こえにくいったらなかったな。
まぁ内容を見れば敢えてそういう演出なのかな?とは思える
けれど、いずれにしろ日本映画は台詞が聞き取りにくい。
それがダビングのせいなのか劇場のシステムのせいなのかは
解らないけれど。

174 :名無シネマさん:2008/07/10(木) 23:08:55 ID:o8QHgPOM
ジャニーズを主役にしない映画はダメ

175 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 04:32:37 ID:dJ/uTA2x
世の中の情勢や出来事に興味が無くて
日々の仕事で日常に余裕も無く
何にも考えなくて生きてゆきたい人々相手の商売
てのが今の大手日本映画

176 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 04:35:34 ID:nBVfLu8D
つまり資源の無駄遣いですね。わかります。

177 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 06:30:50 ID:b56S+TmS
堤は他の功績が大きいからな。
失敗するとわかっている作品の監督をまかされ失敗したところで、
なんの影響もあるまい。

178 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 08:50:23 ID:rTfZCrXo
>>177
他の功績って何だっけ?

179 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 10:38:41 ID:zhkvjJ7o
別に映画だけじゃなく日本文化自体がローカルで普遍性を持ち得ないから
一時の感情の共有で感動したり興奮したりしても価値観に影響を与えたり
世界中で長年に渡って影響力を持つ作品は出てこないな。
そもそも邦楽にしろ小説にせよ世界中で楽しまれてる日本作品なんか皆無だし。
アニメも言うほど一般化はしてない。やっぱ欧米は欧米のアニメが強い。
任天堂だけは例外だがあれはおもちゃに徹してるから表現作品とはまた別だしな。

180 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 13:59:27 ID:FTQuao7n
日本文化自体がマニアックなのは分かるが、せめてロシア、韓国映画ぐらいには並びたい。


181 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 14:34:49 ID:5ebDb0H3
人材的に
漫画=ゲーム>アニメ>実写 って感じがする。

実写の監督は感性に頼って勉強不足。

182 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 14:46:57 ID:eLMtDsI7
独り言キチガイはこれまで映画何本見たことあるの?
ゼロってことはないでしょ?
マジに聞いてみたい。

183 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 15:06:16 ID:kL2dqZAr
アニメ畑の人間が撮った実写映画はあまりにも酷いものばかりだけどな
庵野、樋口、大友、押井・・・

184 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 15:13:44 ID:b56S+TmS
実写って、大学の映研あがりとか、感性が同人モノっぽい雰囲気が残っているんだよね。

185 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 16:16:31 ID:P/u7VMBW
なんか演技が上手い役者って少ないのかな
観ていてこっちが恥ずかしい気分になる事がよくある

186 :eemmww33:2008/07/11(金) 18:04:11 ID:DmRqJ1Ua

gooddoggoods76




187 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 18:18:37 ID:9riW36gc
優秀な人材がいない。
業界人と話すと、子供っぽいのにびっくり。
外国への関心もなく、教養も無い。
次代になう映画学校の生徒も、単に東京に出て来て暮らしたいだけで、
映画に対する情熱、人間に対する好奇心を感じない。


188 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 18:23:20 ID:9riW36gc
昔は名画座で小難しい映画やってて
一流大学の生徒がゴダール、小津について論じ合ってたけど
今はそういう知的文化交流してる学生もいない。
小児病的テレビ文化の影響からか、感受性が幼稚。
多分、文明論や政治について語れる人が一人もいない。
黒沢、宮崎の博識ぶりは過去の遺物。


189 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 18:55:18 ID:qaR5SoDE
あなたが輪の中に入れないでいるだけなのでは?

190 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 19:59:15 ID:awvN8jmX
馬鹿であれ、軽く生きろ、とか言うテレビや雑誌メディアに洗脳されてる馬鹿ばかりだかね
そういうの語ると「うわ、こいつ語っちゃってるよKY」とか言うんだよね
東大生でも「映画好きなの?踊る大走査線2みたいよねー?」とか言う次元だったからな
世間的に話題性があるものについていかないと遅れちゃうみたいな強迫観念があるのな
そんなのウンコあほクソ食らえという態度するとKYとか言い出す
まあ既存の大衆メディアにイイ子ちゃんに洗脳されてるおバカさんばかりだから

191 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 20:27:05 ID:9riW36gc
手塚、黒沢、宮崎、文学でも漱石・三島・松本清澄の博識は凄い。
ああいう知性がいなくなったのは、ゆとり教育のせいだろう。
あれは確実に、日本文化をじわじわと滅ぼしてる。
今の若者で、もののけ姫の時代背景・影の主題が
先住民・蝦夷の中央権力の同化、日本の一元化支配の過程と認識してる奴はほとんどいない。
宮崎は、東日本の神社の歴史・本尊まで考慮してあの物語を設計したんだがね。






192 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 21:22:15 ID:+TpB385P
>>188
今の若者は全部だめ、
みたいな世代丸ごと切り捨て論には反発感じるけど、
ただなんていうか、俺も含めて日本人の人生が
全体に薄っぺらくなってる気はする。
社会が整頓されすぎて
生々しい問題や対立やらが隠されてしまった。
余りに巨大でつけいる隙がないので、薄味の敗北感だけが募る。

未成熟で大きな矛盾のある社会の住人のほうが
骨太で見応えある映画を撮れるのは確かだと思う。
シリアスにしてもエンターテイメントにしても。

韓国映画なんか、その矛盾の味がまだ少し残ってるから
今は元気なんだろう。

193 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 21:50:06 ID:TyNJLQLM
また痛々しい人来ちゃったよ

194 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 22:11:50 ID:+TpB385P
すいません

195 :名無シネマさん:2008/07/11(金) 23:14:57 ID:TyNJLQLM
いや、あなたの上の人

196 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 07:51:13 ID:nQgL4qfe
作り手も作り手なら客も客っつーか…

インディジョーンズと1位を張り合うのが花より男子って、インディの出来云々はともかく
どっかおかしいとしか言いようがない。

197 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 08:06:20 ID:+hIAQPCz
アメリカじゃインディと「セックス・アンド・ザ・シティ」が張り合ったんだから、
観客の質って点じゃ似た様なもんなのかもしれないな。

198 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 08:33:13 ID:ZqJ/xd4B
邦画の軍や警察の動きっておかしくね?
例えば遮蔽物なしで銃を構えて相手と向き合うような。
意味もなく警察官が現場を動き回ってたりとか。


199 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 08:36:43 ID:DlcklrCO
>>198
制作者に経験・知識がないし、学ぼうとする意欲もないからね

200 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 08:41:46 ID:DgumCUxs
>>197
セックス・アンド・ザ・シティと花より男子を一緒にするんですか、ああそうですか

201 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 09:00:46 ID:E/fwlLML
どっちもテレビ原作だろ

202 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 09:01:27 ID:G58J5FuH
くだらない話多すぎ。
中華料理店で、殺し屋が殺す相手と話し合うとか
これ異常ないほど糞ストーリー。
なぜ、ああいう無意味な脚本が企画審査とおるか不明


203 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 09:49:02 ID:sEKDzJW2
洋画は知らんが
邦画は役者の演技力以前に力のある
所属事務所中心のキャスティングするから中身がなく詰まらん。


204 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 10:01:23 ID:n5YdxGfn
何を言っているのかさえさっぱりわけ分からないレスばかりの電波スレの中で
>>202は「ゴッドファーザー」への批判だと分かります。

あれ? 中華料理店でしたっけ?
ああ、そうか。「ゴッドファーザー」じゃなくてポランスキーの「チャイナタウン」か。

205 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 10:08:42 ID:DgumCUxs
>>204
なに言ってんだ?堤の映画しらべろハゲ

206 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 10:19:18 ID:n5YdxGfn
殺す相手とレストランで話し合うのがくだらないんでしょ???

207 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 10:47:10 ID:ZqJ/xd4B
ゴッドファーザーはちゃんと身体検査をさせて、仲間が先回りでトイレに銃を仕込んどくまでやっている。

テーブルに着く前に身体検査をするか、お互い銃を持っていることを前提に、
ガードを側もしくは部屋の外に立たせておくかはするべきだな。

関係ないけど、以前ファストフードのオープンテラスのようなところで
ヤクザの集団を見たことあったが、さすがにその防御態勢はすさまじかったぞ。
あれはさすがにプロの技だと思ったな。

208 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 10:58:59 ID:n5YdxGfn
そんなことより、>>>191みたいな人が病院に強制入院させられずに野放しにされている事態の方がずっと問題だと思う。


209 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 12:06:44 ID:qEgAxTZC
>>208

そこまで言うほど的外れか?
「もののけ姫」が網野史学などを踏まえた視点で、
世界観等の設定を構築してるのは事実だぞ。

実はガクモン的な裏付けがある、
それを理解できるだけの知識がないと
見ても空回りした解釈しかできない、
ということを拒絶したい
193,195,208みたいな人が
「ゆとり」だってことなのかな。

210 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 12:35:37 ID:c1QEVQtG
もののけ姫をそこまで高評価できない。
宣伝に踊らされた若い人なんじゃないかと。

211 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 13:42:27 ID:5FG9xmm7
>>209
的外れ以前の問題だな
独りよがりの意見に独善的な態度、平気で周りを見下す勘違いっぷり
邦画の駄目な所すべてを表してる

212 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 14:13:17 ID:x4FNyUmq
でももののけ姫は史実ではないけど、日本の成り立ちを
いろいろ文献読んだ上での世界構築だなというのは感じる。

213 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 14:19:36 ID:x4FNyUmq
史実でないというか、ファンタジーだけどって言った方が良いか。

214 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 14:23:08 ID:9sGZX5vZ
>209

リサーチの結果が映画の面白さに寄与してなけりゃ何の意味も無い。
「もののけ姫」は寄与してたのかも知れないが、観客がそんなこと
いちいち知ってる必要は無い。物語世界に酔えればそれでよし。

前提知識の有無を作品評価の土台に置こうとするから的外れって言われるんだよ。

215 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 14:48:15 ID:XCUm98DU
つうか>>191にしてもその他のレスにしても
解読不能なんだが

書いてる当人は日本語を書いてるつもりらしいけど

216 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 14:56:44 ID:0Sf3Hncx
知識と関係なく本質的に頭悪くて融通が利かないのもいるからな
常に自分が正しいと思ってるからタチが悪い

217 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 16:13:58 ID:2HjaNHXb
邦画の致命的な欠陥は年齢層を絞り、極一部の人しかターゲットにしていない

ハリウッド映画は面白い面白くないに関わらずどんなジャンルにもできるだけ
幅広い年齢層で多くの人に楽しめるように努力はしている


218 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 17:32:43 ID:SkxpUC4R
もののけは網野史学をベースにしてないだろ
ちゃんと読んでたらあんなのっぺりした天皇制理解、被差別民理解になる訳もない
公開時の網野との対談(正論だったかな)でも「へぇそうですか」みたいな反応で読んでる風じゃなかったし

219 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 17:41:42 ID:OfODlv4H
つチラシの裏

220 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 18:53:14 ID:TdYzCnZR
もののけの世界観は薄い
と言うか
あの世界観を綿密に描くのに二時間は短い
それがわからない所にパヤオの才能の限界がある

手塚治虫の「火の鳥」を1巻にまとめようとしても無理だろう それと同じだ
あれは十数巻にわたる長編大作だから構築できた世界観

もののけの世界観はもっと当時他の人々の生活に焦点を当てるべき
侍、農民、貴族、東の民、etc
そういった必要不可避な描写がすっぽ抜けていて
多々良場のみの生活に焦点を当てているから

なんか薄っぺらい と感じてしまう

221 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 18:57:40 ID:TdYzCnZR
侍、農民、貴族、東の民などの生活観をしっかり描き
その上で、あのタタラバの生活を描けばそれがより引き立ったハズ
人とは相容れないモノノケたちの存在も引き立ったハズ

これと同じ失敗は、実は、ラピュタでもやっている
だがラピュタのほうはモノノケほどではない
しかしシータの住んでいた谷とか、ラピュタ城内も、もっともっと描けば
相乗的に世界観がもっと膨らんだはずだった

ナウシカも同じ
2時間に収めないといけないジレンマで
あんな終わり方をしてしまっているのはマンガファンなら歯がゆいだろう

日本人は世界観を構築するのが下手だ

222 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 19:03:01 ID:lFbVfcwW
わかったから出てけ屑

223 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 19:16:13 ID:n8b7alBm
自分の評論が如何に薄っぺらいかには気づいてないんだな

224 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 19:42:21 ID:nQgL4qfe
なんかこいつの手にかかると、最も長く庶民の生活を描き続けてる
サザエさんが最も優れた映像作品て事になりそうだな

225 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 19:59:00 ID:qaqzbjRN
宮崎駿と山田洋次
今の日本人にとっては、この二人の作品こそが映画
それが良いか悪いかは知らない

226 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 21:03:25 ID:nGnvKruv
宮崎駿はやっぱりすごいわ

多くの功績を考えると、やはり日本で映画界の巨匠といえるな
アニメとか実写とか関係ねーわ

ゲド戦記のつまらなさでより非凡だと実感した

227 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 21:22:53 ID:Yd11d4ot
岡田斗司夫のゲド戦記裏話
http://www.kajisoku-f.com/dd/img03/img981_j03-1.jpg
http://www.kajisoku-f.com/dd/img03/img982_j03-2.jpg
http://www.kajisoku-f.com/dd/img03/img983_j03-3.jpg


228 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 21:37:01 ID:tD+JC+Fa
>225
山田洋次は微妙。世界でも宮崎ほどの知名度は無いし。北野武も山田のこと批判してたな。

229 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 21:53:45 ID:nGnvKruv
>>227
天才すぎて、誰の仕事も気に食わないのだろうな・・

ゲド戦記は
子供がみてもわかりやすい見せ場がなく淡々としてつまらないし、
大人が見てもいままでのジブリアニメと比べて明らかにつまらない
ゲド戦記という従事詩を、そのまま淡々とやったのがダメなきがした。

パヤオなら原作者の気を損ねることなく映画としても面白く、
いい方向にアレンジできたかもしれない。

>>228
たけしは教養あるし頭もいいけど、映画はワケワカランのが多いね。
暴力性でもってる部分もあるし。
なにより
たけし本人が出てきて映画以外とのギャップを楽しむような作風が多すぎ

230 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 21:56:44 ID:hNsHsBoi
山田は今の日本の現役の監督では最後の巨匠だな。
それに撮影所出身の監督ってほとんどいなくなったし。


231 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 22:30:02 ID:89mF8ZOS
>>228
世界で知名度があって、北野がほめると良い監督か
すげえな

232 :名無シネマさん:2008/07/12(土) 23:52:37 ID:G58J5FuH
1度見放して、とことん駄目になったほうがいい。
そうすれば本当に創作が好きで、才能ある奴だけ集まって
廃墟から金字塔を建てるだろう。
とにかく今の、軽薄短小・堕落低俗の業界をぶっ潰したほうがいい。
アイドル優先、事務所の政治力頼りの構造と低能ファンはいらない。





233 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 00:02:53 ID:t44ZcHCf
>>228
山田作品を一本も見ていないから、評価はぜんぶ他人頼み。

234 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 00:57:55 ID:BtchpEgt
日本の芸能界が日本映画をダメにしてるんじゃないかな?と思う

235 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 01:35:56 ID:7JszrPuf
まあアイドル映画が氾濫してると言えばそうだが、
邦画の冬の時代にあんまりアイドル映画が無い時期でも
傑作ばかりだったかというとそうでも無いし。
大体、素人キャスティングでも賞貰う様な作品を
作れる監督だっているのに、なんで邦画にそういう例が少ないのか。

236 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 02:13:13 ID:wiZ84MwN
口コミで人気が出る作品って邦画にほとんどないね。

237 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 02:35:18 ID:7JszrPuf
>>236
良くも悪くもあるよ。それこそセカチューなんかは
じわじわとヒットしたし、SGなんかもそういうパターンじゃないか?
去年の恋空なんかも、女子高生辺からどんどん鑑賞する年齢層が広がって
いってた。でも、口コミだとマニアウケする映画は難しい。一般ウケしてこそだから。

238 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 03:13:10 ID:K5IMM3AX
>>223 お前の鑑識眼が薄っぺらいから理解できないんだろうw

239 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 03:20:41 ID:K5IMM3AX
>1度見放して、とことん駄目になったほうがいい。
>そうすれば本当に創作が好きで、才能ある奴だけ集まって
>廃墟から金字塔を建てるだろう。

これはない
どんな魔法信じてんのかと、 言ってること宗教とマジ変わらんから考え直せって
そういう非現実な夢物語幻想を見ちゃいかん
廃墟から金字塔は立てられない
見るも無残な廃墟が永遠に残り続けるだけ

アホで低脳な構造がいらない壊さなきゃいけないのは同意

まず国が介入するべきであって
才能をサポートする体制を整えるべきだ
アメリカや海外みたいに映画は儲かる、となると才能も集まる

ダメにしてればいいなんて日本のアニメーターみたいな惨状を引き起こすだけだ
いま、ろくなアニメーターがいないだろ

240 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 03:21:52 ID:bQjKWTM2
やっぱりメディアにすぐ踊らされるスイーツ共が日本映画界の一番の癌ではないの?

241 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 03:30:03 ID:K5IMM3AX
今日本の映像コンテンツ産業はアフリカの貧困国みたいになりかけてる
儲からない→才能が集まらない→作品が作れない→儲からない→後続を育てられない→未来が無い
の死のスパイラル
ここで才能のあるやつらを待とうなんて
アフリカの貧困国を統一する英雄を待とうなんて言ってるのと同じことだ
そんな夢物語ありえん
まだアフリカ貧困までは行ってはいない
ガンダムとか過去の遺産に必死こいてすがりついてなんとかやれてはいる
でもこのまま進んで行ったらそうなるだろう
ゆとり劣化
なんてのも輪をかけてるし

242 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 03:31:19 ID:bQjKWTM2
国が映画にもっと助成金を出すのには同意。フランス、韓国の政府なんかは日本の何倍も映画に資金援助してる。

243 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 03:32:45 ID:7JszrPuf
>>240
逆にスイーツ発信でメディアに影響という減少も多々ある訳だが。
それより、何故男性が映画を見ないのかというのが問題じゃ?
家族連れ夫婦連れ以外の男性は、女性のみの客より全然少ない。
もっと20代後半から50代ぐらいの男性客が増えれば、それこそ
アニメやドラマ映画に頼らなくても良いと思うんだが。

244 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 03:56:41 ID:dxf7yvhX
デスノートのアニメ版のクオリティの高さは神
ラストのLの墓前での月に匹敵するぐらい鬼気迫る
迫真の演技を某ジャニタレにもやらせろと言いたい

245 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 05:07:39 ID:Lprx9XJF
>>244 藤原竜也や松山はジャニじゃねーだろ。花男でも批判したいのか?

>>239 どんだけ国家主義やねん。国家が介入したとして、たとえば中国や
    北朝鮮がよい映像ソフトを供給出来てるか?
    「靖国」ていどの映画でも大騒ぎする日本国が介入したら
    北朝鮮よりもプロパガンダ色バリバリの、日本は中国侵略してません的な
    右巻映画しかできなくなるわな。

必要なのは気骨ある資本家。たとえば徳間康快みたいなやつ。カネは出すが
口はださず、アニメーターを芸術家として尊重する人間だ。彼がいたから
ジブリは映画界の頂点を極めた。



246 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 07:29:51 ID:gNLVsO5g
>>245
頭おかしい奴は+から出てくるなよ

247 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 08:35:25 ID:K5IMM3AX
北朝鮮は貧乏だからダメだが

中国は日本よりいい娯楽大作映画作ってるだろ

どろろやらSHINOBIやらあずみより、HERO英雄やLOVERSや墨攻のほうが数百倍面白いわな

248 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 09:12:54 ID:+/Fohm3n
しかし、なぜ日本の業界人って低能なの?
社会性、芸術性、文学性と無縁のC級娯楽作ばっか。
ここ数年の邦画で素晴らしいのは、明日の記憶くらいかな。

レッドオクトーバーを追え、ハンニバルみたいな大人が楽しめる作品が皆無。
男性が映画館に来ない。



249 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 09:24:13 ID:7JszrPuf
やっぱり仕事に追われてると、元々映画が好きな人は別として
映画館へ行くのさえかったるいのかも。
パチンコなんかに行く人が映画館へ行けば、産業として
もっと大きくなるんだろうけど。

250 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 09:45:36 ID:MxeAxPDQ
視聴率取れなくなってスポンサーから金貰えなくなったからって
必死で映画で稼ごうとするテレビ局が日本映画の癌

251 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 10:58:41 ID:NlmGWZpe
>>248
制作者が知識が薄いので、世界観を作れないんだと思う。
ちょっと社会派ぶると反米やそれに従順な日本を批判してみたり、
官僚制度を盛り込んでみたりと。
邦画はメジャーでない作品は結構掘り出し物があると思うよ。
まずテレビCMを流すようなモノはダメかと。

252 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 11:06:22 ID:RSqj/wgl
ハンニバルみたいな大人が楽しめる作品が皆無。

253 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 11:20:14 ID:dGU7zaoO
>>245
逆ですよ。
日本政府が介入すれば「竹島は韓国領」とか「日本人は朝鮮人を強制連行した」とか
「南京で100万人虐殺した」とかのプロバガンダ映画を制作させますよ。

254 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 13:22:58 ID:DeiM3uAi
政府が介入するなら作品の内容じゃなくてまずは人材育成だな。
ハリウッドにしろ韓国にしろB級映画の監督まで当たり前のように身につけている知識を
何にも学ばないまま最先端で指揮をとっている人間がいるような日本が問題。

マイナーな映画を推すのもいいが、自主映画あがりのような監督が文法も知らずに
滅茶苦茶に撮ると、一見斬新に見えるが、専門知識がなければ、あくまで小学生の落書き
にすぎず、それ以上のものは作れない。

255 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 18:39:08 ID:+/Fohm3n
業界人と話すと、話が幼稚なのに驚く。
社会への関心ないんじゃねーの。
政治・社会問題に無関心で、女にこびるしか頭に無いから
やたらスケール小さい学生映画みたいなモノ取るんじゃないの。

平凡な人間からは、レッドオクトーバーを追え、レインマン、長江哀歌、墨攻みたいな名作は出てこない。


256 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 18:44:43 ID:+/Fohm3n
日本は人材がろくなのがいない。
中国・ベトナムの監督からは英知・誠実さ、韓国の監督からギラギラした野心、
タイの監督からは才気・独創性・ユーモア感じる。
日本の業界人から感じるのは、幼稚さ・スケールの小ささ・低俗な風潮にこびる卑屈さ。
目先のノルマこなすのが目的で、主義主張が無い。
アニメの押井・宮崎・りんたろう・庵野からは、個性・魅力感じるけどね。





257 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 19:18:05 ID:VO4K+xUA
売れる為の映画ばかりだ

258 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 19:37:53 ID:L2ZjquDF
映画だって商売だ
ってのを
才能が無くていい作品が作れないことを捻じ曲げて隠蔽することの言い訳にしすぎだよな

それでいて売れてない映画もあるから
目も当てられない

259 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 20:38:13 ID:UPmXXLxo
このスレって同じことばかり書かれてるね。
明らかに過去レスのコピペもあるし。

260 :名無シネマさん:2008/07/13(日) 21:01:49 ID:hVIoTA+k
若者が見ないような若者向け映画ばっかり作ってるって感じだな。
これじゃ年寄りも若者も見ないわな。
映画をセックスの前菜程度にしか考えてないやつらが日本の映画人口をささえてるってのも問題だがな。

261 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 01:02:09 ID:IcAooxQG
日本の芸能界だけでなく日本自体がスイーツ脳になりつつある。
地位・金・SEXが正義。

それにあぶれたものは問答無用で負け組み。

その中枢が東京。スイーツだらけ。
指定席映画館なんてカップル専用といわんばかりのスイーツ御用達。
中学生レベルから心の進歩がない人間の宝庫。
原因は山ほどある。



262 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 01:13:24 ID:naFyV5Bg
テンポが悪い
ぺらい話で二時間やんだからしょうがないとは思うが
さっさと次のシーンいけやと思うことがよくある

263 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 01:27:21 ID:euYqgEKh
年寄り臭い書き込みばっかりなのにスイーツとか言ってるのがキモイよ。
若者とか若者向け映画とか何だよ。加齢臭が充満してる。

「中枢」「宝庫」って言葉の意味、間違えてるよ。>>261

264 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 01:52:35 ID:paaUPZlG
>>261
北朝鮮の小学校で教えてる日本の捏造イメージそのまんまじゃん

資本主義を憎悪する左翼工作員、必死だな


265 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 07:36:33 ID:15OMe905
テレビが悪いんじゃないかって気が。
生まれたときから毎日、くだらない番組見て低俗な映画〈話〉作る。
低俗下品番組が確実に文化を滅ぼしてる。
チャップリン、バスター・キートンのギャグは権力の風刺・ウイットに富んでたが
ダウンタン、とんねるずは弱いものいじめの下品な笑い。
あれ見て育った奴に、ペーソスに富んだ映画作れるとは思わない。
芸人見ても下品でくだらない奴ばっかりで、民度を確実に下げてる。





266 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 08:04:24 ID:CG6LKyw+
民度とかいう奴は信用できん

267 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 11:24:10 ID:YIcbYtYe
糞尿はどうしても北朝鮮マンセーの方向に話を運びたいようだな。
言いがかりの内容が、左翼市民団体とまったく同じじゃないか。
例に出す日本のタレントがダウンタウン、とんねるずとは古過ぎる。
市民団体がネプチューンを名指しで批判したのが10年近く前だ。

下品な笑いがダメというならチャップリンやキートンはその元祖だぞ。
「モダンタイムス」は、食べ物を粗末にしていると、当時から良識派の批判を浴びていた。
キートンは、暴れてるだけだ、芸があるなら見せてみろと批判されていた。
それに、チャップリンは資本主義批判の為に権力風刺をしたんだ。
そして赤狩りのせいでアメリカにいられなくなった。
キートンの方は権力風刺とは無関係。彼がいつ、権力の風刺をした?
チャップリンの映画もキートンの映画も見たことないんだろう。

268 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 13:27:20 ID:pNuEmQTk
>>262
そのテンポの悪さを、間だといいはって、芸術的だと思っている節があるよな。

269 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 14:03:01 ID:3PNCHMci
>>268は自分のおふくろのマンコは世界一絞まりがいいと言い張って
それが芸術だと思ってる節があるよな。

270 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 14:14:10 ID:Amsx4BBp
>>267
私には>>265のどこが北朝鮮マンセーで、左翼市民団体と全く同じなのかが分かりません。
やっぱりあなたのように2ちゃん脳だとかスイーツ脳にならないと理解できないんでしょうか?
それと例に出す日本のタレントがダウンタウンやとんねるずだと古いなら、
誰を例に出せばいいんでしょう?
まさか3になるとアホになるとかいう人じゃないですよね。

271 :sage:2008/07/14(月) 15:06:55 ID:BlEczv0z
>>270

うんこ大好き!

まで読んだ。

272 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 15:35:29 ID:9WjnT5fa
時代について行けない年寄りの愚痴ばっかだなココ

273 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 16:55:02 ID:9m7bW3Ph
時代の最先端を行く若者キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

274 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 17:46:14 ID:15OMe905
時代の先端いってるのが恋空、ウオーターボーイズとかだからねwwww
でも、しょうがない。
毎日テレビで低俗番組見て育った連中が、今、作り手だから。
毎日、下品なゴミ芸人見てゲラゲラ笑う連中が観客だし。
吉本が人気あるんだよ、この国じゃ。




275 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 17:50:52 ID:1hyeO2yZ
>>274
年寄りは介護ホームに行け

276 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 18:13:56 ID:rKwVgUb5
自分はキャスト揃えに魅力を感じないから邦画はつまんないなと思う。
例えば年末に日テレの大作映画が公開されるという記事を見掛けたけど、
メインキャストは伊藤英明や香椎由宇と書いてあって見る気にもなれない。

277 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 18:45:24 ID:WnlYI0nw
監督が本当に使いたい人は中々使えないみたいだね。
あと知名度や大手事務所のプッシュで選ばれた人もCMの契約優先であんまりイメージ変わることはやってくれないとか。

278 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 18:53:16 ID:LzC4g420
アニヲタとスイーツさえいなくなれば

279 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 19:56:57 ID:1hQVjTeS
>>274
同意だな。ここ数年の人気邦画って殆んどコミックの映画化ばかりじゃないか。
勉強もろくにせず、そういう糞尿コミックを読みふける阿呆若年層のためのマーケットに成り下がってしまったんだよ。
出てくる俳優も、ろくに演技メソッドすら知らないグラビアモデル、イケメンだけが取り柄の、
でくの棒男優ばかり。 年寄り呼ばわり、多いに結構。あと4、5年も経てば若年どもも下の世代から同じ事言われるのだよ。

280 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 20:07:29 ID:jmkLRIvu
独り言キチガイ遂に開き直って加齢自慢かよ

281 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 20:34:26 ID:NxsGe7n5
ゆとりの反論は小学生の負け惜しみそのものだなぁw

282 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 21:50:24 ID:7zV+V9kS
日本で映画監督になれる才能がある人はみんな漫画家やアニメの方に流れてんじゃないの。
実写の邦画では表現の限界が低いことをみんな知ってるんだよ。

283 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 21:55:00 ID:O/uyNyqL
限界が低いだって。
日本語の勉強しなくちゃいけないねー。

284 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 22:09:35 ID:Xi5zhFMW
現状の邦画界で、いきなりポン、と凄い才能が現れるって無理ですか?

285 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 22:46:39 ID:TchL66nR
東宝じゃ無理

286 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 22:49:22 ID:YjGAfqsP
>>284
アフタースクールの内田けんじとかはそうじゃない?

287 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 23:17:58 ID:byZxYZ+o
>>242
去年だけで日本映画が何百本、制作されたか知っているか? もちろん一握りのヒット作以外は「誰も観ない」
これ以上に補助金など突っ込んだら誰も観ない映画がさらに量産されるだけ。
安いギャラでもいいから作りたい人となぜか出資してくれる人が多過ぎて余りにも
「誰も観ない」国産映画が作られ過ぎているのが日本映画の真の病巣。よく批判される
TV局映画など、作品の質はともかくそれなりにマーケティングして利益は出しているのだからそれだけで実は立派。

例えば今はちょっと有名なアイドルや俳優の主演映画が余りにも簡単に作られるだろ? 昨日、ミスマガジンに選ばれた
女の子なんか新人なのにもう2〜3本も映画に出ている。共演は他の若いイケメン俳優や女性アイドル。
そんなのアイドルオタ以外は「誰も観ない」のに。

>>254
ただでさえ本編の現場に就けずにTVやVPなどの零細政策会社に吸い込まれていく
卒業生が量産されているのに、これ以上に学校なんか作ってどうすんの?

288 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 23:21:42 ID:HaB8BP5M
マンガは別にして、アニメには才能無いじゃん今
鉄筋クリコートとか何とか言うアニメ見たけど
監督は外人だったのな
しかもこの映画もラストに縁故ウンコ邦楽押し付けられて世界観ブチ壊されてるw
Plaidの曲だけにしとけばよかったのに

あと、内田けんじが凄い才能になっちゃうのが邦画界だもんなぁ
70点の佳作監督だけど
85点オーバーのこいつぁ凄い監督だぜぇってほどじゃないよ
まあ他が30点以下のダメすぎばかりだから
70点でもスゲェってなっちゃうんだろうが

289 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 23:23:16 ID:byZxYZ+o
>>282
もちろん例外的な人は何人もいるけど、漫画・アニメと実写映画の才能は実際はほと
んど交錯していない。前者は自前で絵が書けないとなれない(目指せない)という参入障壁が
あるから、基本的には全く別の世界。

日本映画の現状を憂えるなら、思いつきだけではなくせめて少しは調べてから書いて欲しい。

>>286
脚本でビックリさせるような映画はそう何本も作れないから、内田けんじはこれからが正念場。
それと内田もアメリカに留学した後、アメリカや日本で本編の現場に就けたわけでもなく、
自主制作でPFFに引っ掛かって何とかデビューまで漕ぎ着けた。内田は自分で脚本を書けたのが幸いした。
脚本の才能がなかったら劇場用映画の監督にもなれず、山のようにいる元自主映画青年で終わっていただろう。

290 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 23:24:08 ID:HaB8BP5M
>>287
え、最近のテレビ局映画コケ多いじゃないですか
半分くらいコケてるよ

スシ王子、隠し砦、少林少女、サイボーグ、etc

どこがマーケティング成功しているんだ???
あほのヴァカ錯誤もほどほどにしておいてくれw

291 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 23:27:43 ID:TchL66nR
少林少女は当たってないし、駄作もいいとこだけどこけてないよ

292 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 23:31:31 ID:HaB8BP5M
>>291 微コケですよ 完璧な期待ハズレですよ
少なくともテレビ局ご自慢のマーケティングとやらの思惑からはすっかりハズレ
あんなのでも宣伝とか予算10億くらいかかってんだぞw
興行は絶対値評価じゃないからな
コケかどうかってのは予算や宣伝など総合的に判断するもの
この流れで少林少女2が作られるか?
と言ったら絶対にそれは無いからね
どこがマーケティング成功してるんだよと

293 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 23:33:20 ID:HaB8BP5M
あとさっきBSでホテルルワンダ見たんだが
これをそこらの日本人監督が作るとサッブい人情ドラマになるのは間違いが無いね
中学生病バトルロワイヤルな作文レベルみたいな、正義とはいったい何なのか?!
みたいなテーマになっちゃって稚拙な演技台詞回しゴッコだろうしなw

294 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 23:33:43 ID:byZxYZ+o
>>288
>まあ他が30点以下のダメすぎばかりだから70点でもスゲェってなっちゃうんだろうが

ただ日本映画の場合、諸外国の映画に比べ、制作費や制作日数の限界で出来ない
ことの方が遥かに多いから、そこは汲んであげないといけないとは思う。

はっきり言えば、ショボい制作条件しか用意できなくなった今の日本で映画を撮ること自体が実はもう無理。
にも関わらずひどい条件を受け入れてそれでも撮りたいという人が多過ぎるんです。

>>290 >>292
でも花男とかは当たっているのでしょう? それとたぶんキミはTV局が製作幹事を
取った映画も、製作委員会に入っているだけの映画も両方をごっちゃにしている。
少林少女はフジテレビ主導だから、TV局映画としては失敗したのは事実でしょう。

295 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 23:38:06 ID:byZxYZ+o
>>293
そりゃ向こうの監督や俳優は大真面目にアメリカ国内の人種偏見や階層や、アメリカの
対アフリカ政策の是非について考え続けてきた人たちなんだから、日本人にそう
いう葛藤がない(薄い)のはそれは仕方がないこと。
大体が在日だの部落だのヘイトスピーチがカッコいいと思っている馬鹿が普通にいる国なんだし。

まあアメリカも人種偏見は日本よりも厳しいけどね。

296 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 23:38:38 ID:HaB8BP5M
>諸外国の映画に比べ、制作費や制作日数の限界で出来ない
>ことの方が遥かに多いから、そこは汲んであげないといけないとは思う。

>はっきり言えば、ショボい制作条件しか用意できなくなった今の日本で映画を撮ること自体が実はもう無理。
>にも関わらずひどい条件を受け入れてそれでも撮りたいという人が多過ぎるんです

毎回これ言う馬鹿いるけどさ
そんなのはいい訳にならないんだよ

低予算でもおもしろい海外映画はいっぱいあるんだよ
なんで汲んであげなきゃいけないんだよw

この土地は荒廃しているから
作物が美味しく無いのは汲んであげなきゃって
そんな馬鹿なことあるかよw
じゃあちゃんと土地耕して土壌改良して美味しい作物作れるようにしろよ って
それ含めて農業だろうが?

同じように、それ含めて映画文化なんだよ

制作費云々はいい訳にならない
アフリカのようにな貧困国でもないのに
G8にも参加できる先進国だろう日本は

297 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 23:41:04 ID:TchL66nR
とりあえずポケモンやコナンに負けるような駄作ばかり作らないでほしいなと言って寝る

298 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 23:45:36 ID:byZxYZ+o
>>296
誤解があるようだけど、別に言い訳や擁護としてそういうことを書いているわけではありません。

もうね、はっきり言ってしまえば、今の日本で映画を作ること自体が馬鹿げたことなんです。
それと「G8にも参加できる先進国」でも、こんなに国産映画を作っている国はアメリカと日本しかない。
アメリカはともかく日本の場合、儲かりもしないのに作りたい人が多過ぎること自体が問題なんです。

それと「低予算でもおもしろい海外映画」これは実は何の参考にもなりません。「低予算」
とはいっても、為替などを考えると向こうとしてはそれなりのお金が掛かっている場合が大半なのでは?

「制作費云々はいい訳にならない 」言い訳というか、実際、お金がないと何も撮れないって。

299 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 23:48:25 ID:HaB8BP5M
国の助成金も、ただ闇雲に出すんではなくて
海外でそこそこ実績の有る賞を取ったら、助成金が出る
見たいなシステムにすればいい
そうすれば海外視野な作品がいっぱい出てくるし

300 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 23:51:32 ID:byZxYZ+o
>>299
アホか。そんなことをしたら、向こうの映画祭で受けそうなクソみたいなアート系映画が増
えるだけ。まあ青山某とか是枝某とか河瀬某とかあの辺は大喜びすることだろうよ。

それと和製エンタテインメントが海外に売れるというのも幻想だから、そういうのも勘弁な。

301 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 23:52:43 ID:HaB8BP5M
>>298
だからなんだよ お金があっても映画取れてないだろ

お金が無くてもダメだが
お金が無いから汲んであげろなんてのはいい訳にならねぇんだよ
なんでそこわからないかな?
お金が無い状態でいい映画取れって一言も言ってないよ

才能が無いからダメだった映画も、金が無いからダメになったってすり替え論法にすんな
って言ってるわけ

そもそも金が無いなら映画作れないだろ?自分が言ってるように
でも作ってンじゃん 矛盾してンじゃん

金がないって泣き言言うなら、初めから映画作るなよ

302 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 23:54:51 ID:HaB8BP5M
ピータージャクソンのロードオブザリングス三部作の制作秘話
予算のかき集め秘話を見る限り


予算組むところから映画制作ってのはじまってンねん

予算をうまく組む事も映画を作る才能のうちなんだよ



303 :名無シネマさん:2008/07/14(月) 23:57:54 ID:HaB8BP5M

土地が無ければ作物は作れない そのとおり 農業が出来る土地を確保するのも農業するための才能の一部

金が無ければ映画は作れない そのとおり 映画を作るための予算を組む能力も才能の一部


なんで「汲んであげなきゃいけない」んだよ

304 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 00:00:45 ID:m35wICQ3
>>302
全世界公開が前提の映画のことを例に出されても。
世の中儲からないところに金を出す人も会社も少ない。
金の余ってる人と会社が映画に金を出す。
金は出すが、そこには投資的要素は殆どなく、文化的パトロン意識の方が強いから、
内容も吟味しないし短期的結果を求めない。かといって長期的に芸術作品として残るものを作るでもない。
から日本の映画はしょうも無いのばっかりが出来上がる。


305 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 00:26:45 ID:wFrIAjzX
>>301 >>303
だから日本映画の場合、安いギャラや悪い制作条件でも自分が作れるだけで満足する監
督が多過ぎるって言ってるでしょ? 大体が自分が儲からなくてもいいから映画を作りたい人が多過ぎるのねん。

>>304
文化的パトロン意識というのとも違うような気がする。バブルの頃に企業の節税で
映画が作られるとよく言われたけど、例えば現在でも製作委員会方式なら億単位の映画でも小口で数百万〜数千万の
出資で済むし、当たれば確かに他の有価証券を買うよりはリターンが確実なのは事実。
証券会社を通した証券化といった資金の集め方もあるし。
映画は儲からないけど、反面、当たれば大きい手頃な投機先ではあるんだ。それと
自社のCMとして映画を作りたいとか、映画のことは知らないけど海外映画祭受賞やプ
ロデューサーの名誉は欲しい出資者やワンマン経営者とか。徳間康快とか中村雅哉とかのタイプだね。

加えて、監督が安いギャラでも寝れない休めないスケジュールでも請けてくれる人が沢山いるんだもん。
「誰も観ない」映画が量産されるサイクルが自ずとあるんだよ。

306 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 00:27:06 ID:5wQrjWLH
金は必要だけど、金だけじゃないだろう。もっと、基本的な撮影技術がないのでは?
アメリカの映画人は、大学の映画学科なり映画学校出が少なくないでしょ。
日本の場合は現場の叩き上げ。日本では体系的に撮影技術を教わる機会がないんでしょ。
昨日見た邦画なんて、家に帰ってからトイレに入るまでをワンカットで撮ってたよ。
とろとろ廊下を歩いたりするシーン

307 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 00:35:04 ID:5wQrjWLH
>スシ王子、隠し砦、少林少女、サイボーグ、etc

でもこれらの映画が作られる理由ってなんだろう。俺はこのどれも観ていないので評価は避けるが、
観なかった理由も、どう見てもツマラナそうと言う言葉につきる。
特に隠し砦〜に限って言えば、オリジナルは好きな映画なのに、食指は動かなかったね。
テレビCMで、長澤と誰かのラブロマンス風に見えて、こりゃ観ない方がいいなとw思ったね。
結局テーマが掘り下げられていないから、何でもありの幕の内風の映画になってしまう。
無意味なラブシーンを入れたり・・・

308 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 01:47:20 ID:oe86dVN9
韓国でもうすぐ公開される『良い奴、悪い奴、変な奴』は面白そうだな
カンヌで絶賛されたそうだし、女優がほとんど登場しないようだが
満州を舞台に日本軍と戦うウエスタン・ムービーらしい

ttp://www.firstshowing.net/2008/05/24/worth-watching-may-24-the-good-the-bad-and-the-weird-trailer/
ttp://jp.youtube.com/watch?v=MSu_T0XOhr4&feature=related

309 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 02:02:36 ID:kUt9No+6
あのね、こんなスレを真面目に読もうと思う人なんかどこにもいないよ

310 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 02:10:34 ID:5vYnzrjC
韓国映画って最近むちゃくちゃ面白いけど、あれは日本映画より金を掛けてるからなのか?
例えばold boyやグエムルみたいな映画は日本じゃ撮れないわけ?

311 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 02:17:16 ID:5vYnzrjC
>>300 和製エンタテインメントが受けないのが分かってるなら、お前の言うクソみたいなアート系映画でしか
海外の映画祭にはアピールできないんだがな。ていうか、いつからアート系映画を極端に毛嫌いする日本人が増え始めたんだ?

312 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 02:20:33 ID:JJeoiaEZ
沖縄天下一武道会 けっこう盛り上がったハンマーフックで殴り合いのキックボクシング映像
http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_080713103141_1.htm

313 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 02:31:04 ID:h+x8uZxu
気まぐれで『亡国のイージス』という映画を借りて観た。
ゲロ吐くほど陳腐で萎えまくった・・・

314 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 03:31:14 ID:wFrIAjzX
>>306
アメリカ映画の監督・撮影監督に比べ日本の監督が文法を知らないとはよく言われるけど、
ただ現場の問題はほとんどカネに起因しているのが現実なので、制作条件さえ改善されれば研究する
余裕も出てきて、そういうのは自ずと良くなっていくと思う。また>>287に書いたように、日本も映像の
学校は数だけなら既に余っているから、これ以上に増やしても零細の現場で使い捨てられる犠牲者が増えるだけ。

>昨日見た邦画なんて、家に帰ってからトイレに入るまでをワンカットで撮ってたよ。

それはそういうダラダラ編集を勇気を持って「切れ」と言い切れるプロデューサーや
編集者がいないことがいちばん大きいと思う。契約や交渉で監督の権限の範囲が決まるアメリカと
違い、日本は監督とプロデューサー・編集者の力関係がその場その場の阿吽の
呼吸で決まるからしばしば曖昧になってしまう。逆に言えば監督の要求を一切聞かないベテラン編集者とかそういう堅物もいる(少なくとも昔はいた)
それと切りたくても日本映画は素材が足りない場合が多いからそうとしか繋げなかったのかもしれない。
ただ今はTV局映画などはTVドラマみたいに明確なプロデューサー主導で作ることも多いみたいだけどな。

現場的にも、今のカメラマンは明らかに駄目なカットでも監督の言う通りにしか
撮らない人が多いみたいよ。昔みたいに「そんなカットが撮れるか!」「監督にも
覗かせねえ」とかいうタイプは良くも悪くもいなくなっていると思う。
今は監督もスタッフを自分のやり易い人優先で組んじゃうしね。昔みたいに監督の言うことを
聞かないカタブツスタッフとかそういう人は良くも悪くも少ないと思う。もちろん現場では監督
よりも偉いらしい木村威夫さんとかそういう人はまだチラホラはいるだろうけど。

315 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 03:33:31 ID:wFrIAjzX
>>307
>でもこれらの映画が作られる理由ってなんだろう。

そう言われても・・・ただ何となく色んな思惑でお金が突っ込まれてしまう構造があるのだろうとしか言い様がない。>>305

>結局テーマが掘り下げられていないから、何でもありの幕の内風の映画になってしまう。

結局、日本映画は監督に任せっきりか、もしくはプロデューサーたちが注文を
つけまくって空中分解するか、両極端なのよね。アメリカも口出しする人は
多いけど、向こうの監督はそういう注文を適当に捌いて自分のやりたいことに持っていく
のが巧いんだろうな。それだけ場数や戦っているステージが違うのだろう。

>>310
韓国映画は韓ドラと同じで韓国政府が輸出産業として力を入れているだけ。

>>311
逆に聞くけど、そこまで無理して海外の映画祭に出すことを自己目的化して何か意味がある? 
税金を使ってアート系監督たちのワガママを満足させることに何の意味があるわけ? あんな自分の監
督としてのエゴと名誉欲を満たしたいだけの人種はいないけどな。あんな連中に税金を使え、とそこまで言うなら止めないけど。

しかも今の監督はリアリティを作り込むことが全然できないから(リアリズムも所詮はお金かもしれないけどね)、
海外の映画には必ずある現地の文化的なコードとかそういうリアリズムが限りなく
希薄で、日本文化紹介としても大半は寸足らずなシロモノだ。そんなの輸出して何か意味がある?

316 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 04:30:40 ID:AoHqs5Dg
近年の日本映画の堕落の諸悪の根源は。
踊る大捜査線のような低レベルのテレビドラマを少し長くして映画にしたこと
しかもヒットしたこと
ホント、こんな子どもだましの映画が大ヒット
その後は、
踊る大捜査線の3流役者の主演するバカ派生映画w

織田祐二とかユースケサンタマリアとか柳葉敏郎とか、
3流ダイコン役者が大いばりで、スター気取り
笑っちゃうよ




317 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 05:17:45 ID:F+L7TjfF
>>313
どうしてああなっちゃうんだろうね・・・。
以前見た邦画なんか、
超シリアス・ハードボイルドなはずの映画で、
殺し屋が岸壁で涙流しながら縦笛吹いてた。
夕日を背負って。
縦笛って。
なんなんだろこのセンスはと思った。

318 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 06:27:27 ID:5vYnzrjC
>>315 アート映画に限らず、世界に通用する映像コンテンツを輸出して何も意味がないとは思えない。
まず日本は、年間150本以上の長編映画を製作しているのに、そのほとんどが輸出を考慮していない。
しかも、その大半が哀れなぐらい低予算で作られている。そうかと思えば三億、四億以上の制作費で、国内市場しか
想定していないようなテレビドラマ映画を作り(踊る大捜査、海猿、花より団子、トリック等)テレビや広告で宣伝して
元を取ろうとしてる。今の日本社会では、なぜかそんな映画が大ヒットを飛ばしてしまうけど、一歩国外へ出れば作品の質がすべて。
アート映画や娯楽映画に関わらず、全ての作品が映画としての普遍的な完成度を求められる。
踊る大走査線を韓国へ持って行って大失敗したのも、テレビドラマもどきの映画は世界では通用しないことを顕著に表している。
通用しなくても日本人に受けてればいいジャンという人も居るけど、それじゃあダメなんだって。これは是枝も言っていたが、
やはり海外の視点や批評がないと鍛えられない。フランス映画が窮地に陥ってるのも、営利主義な大衆映画が幅を利かせ、
映画をビジネスとして考え始めた出資者が作家映画に援助しなくなったせい。自分たちだけのとても小さな世界で幸せに仲良くやっている状態が
長らく続くと、供給多寡に陥り、しだいに中から腐って来る。こういう状態になると、フらガールをアカデミー賞に持って行ったり、
大奥でパルムドールを狙ってみたり、と明らかに狂ってるとしか言い様がない事態が起こり、以上の事柄は、日本の映画業界における作品評価の基準が
世界のそれと明らかにズレているという事を表してる。今後の日本映画の課題は、このズレをいかにして修正するかが重要になるだろうけども、
そのためには仲間内で褒め合うだけじゃなしに、もっと真面目に映画を輸出産業としてみたほうがいいんじゃないの?

319 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 06:40:42 ID:scCXJPcx
新人賞撮った横浜聡子のジャーマン+雨はおもろかった
制作費50万位の自主映画なんだが

欠点も多いけど、インディー映画にありがちな閉じた世界での馴れ合いコミュニケーションではなくて
外の世界へ向かう力は感じたな
子供の撮り方がやわらかさがあった

ただ次は難しいだろうとは感じる
プロのスタッフの中でどう自分の力を発揮出来るかは未知数


320 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 07:33:13 ID:vNwXBWoI
>>313
最後まで頑張った真田広之大先生(身長は小)がマリオネットになる映画ですね。
寝そべって赤と白の旗を持たされ陳腐なダンスを披露してましたね。
あれは何て罰ゲームですか?

321 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 07:48:54 ID:5wQrjWLH
亡国のイージスは小説はもう少しまともだったけどね。
日本映画の実力を示すいい材料ですなw
終盤のグソー争奪戦はもう笑うしかない。


322 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 13:40:41 ID:T8gsEwKF
金の問題じゃねーだろ。
話自体、くだらなすぎる。
世界のどこに、恋空、ウオーターボーイズ、チャイニーズディナー並の企画通す国があるんだよwww
金があったとしても、今の陣容じゃろくなの作れないのは自明の理。
監督としゃべってても、スケールの小さい話題・幼稚な感性に唖然。
総合商社の社員のほうがよほど人間的に面白い。



323 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 13:56:56 ID:T8gsEwKF
つうかさ、どこ見たら資金の限界にこじつけられるのかね。
中国・タイ・韓国と比べて、日本はレベル高いの?
どう見ても貧乏なあいつらのほうが、傑作取ってるじゃん。


324 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 16:17:02 ID:FwFhYnEF
大して面白くも無いのに、マスコミが大騒ぎしすぎるってのもあるんじゃないか?
で、マスコミが取り上げる=面白い と勘違いしたバカが騒ぐからみんなイライラするんだと思う

325 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 18:58:56 ID:Oii5R7Bi
>>324
最近は、マスコミが大騒ぎする邦画ほどツマラナイ、っていうのがみんなわかって
きて、騙される人間が減ったけどな。これは、非常にいい傾向だと思う。
それでも、まだ騙される人間は、多いけどな。

326 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 19:10:44 ID:wFrIAjzX
>>318
>まず日本は、年間150本以上の長編映画を製作しているのに、そのほとんどが輸出を考慮していない。

まず、今の日本映画の公開本数はそんなもんじゃ済まない。「誰も観ない」のに制作・
公開本数が多過ぎること自体が日本映画の最大の問題点。日本映画の病巣は「自分が損してでも
いいから作りたい人」「観客がいなくてもいいから、自分の監督としてのエゴを満たしたいだけの人」
「そんな映画になぜかお金を出してくれる人」が多過ぎること自体にある。

・・・そんな状況で今以上に「海外」「海外」言い出したら・・・どうなると思う? 
海外の映画祭やバイヤーに受けるためだけに作られるエセアート系映画やエセ
エンタテインメント映画の洪水が起こるだけだよ。

>今後の日本映画の課題は、このズレをいかにして修正するかが重要になるだろうけども、
>そのためには仲間内で褒め合うだけじゃなしに、もっと真面目に映画を輸出産業としてみたほうがいいんじゃないの?

そういう言い分はいっけんもっともらしいが、そこで実際に監督・プロデューサーがやるのは、
「海外進出の名目でいかに国から補助金(税金)を踏んだくるか」「いかに世界進出をウリに出資
者を騙してカネを巻き上げるか」「海外の映画祭や評論家に受けるためだけの映画をいかに作るか」
「海外のバイヤーに買ってもらえるように、わざと連中のステレオタイプの日本観
(ゲイシャフジヤマ、禅、日本の現代コミックアート、アキバ文化、ジャパニーズホラー、
その他・・・)に合わせた映画をいかに作るか」・・・。

といった行動だよ。具体名は挙げないが、もう何人もの監督やプロデューサーがやってきたことだ。

海外の映画祭のレッドカーペットを歩くこと自体を生き甲斐にしているような
監督たちのエゴを満足させたいなら、それもいいかもしれんけどな。まあそういう
趣味に税金だけは突っ込まないで欲しいと思うけどな。

327 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 19:12:31 ID:wFrIAjzX
>>322
だって、そんな「くだらない」映画にお金を出す出資社がなぜかあるんだもん。
文句はお金を出した人(会社)に言ってくれ。

>>323
為替や購買力平価の問題も考えろ。それと途上国ほど人の値段(人件費)は
安いと考えていい。同じお金でも雇える人数が違ってくる。「社会が豊かになって平均的
な賃金が上昇するほど映画は作りにくくなる」とは橋本忍先生も言っていたと思う。

また中国・タイ・韓国も映画の制作本数自体はそんなに多くないはず。先進国でも
こんなに映画を作っているのはアメリカと日本だけ。
ここで話を戻すと、そうした状況を考慮すると、日本映画の制作本数は余りにも多
過ぎる。これは実際の回収可能な市場に比して作りたい人が多過ぎるためで、結果として
低ギャラや劣悪な制作条件を受け入れてしまう悪循環に陥っているわけ。

>>324
映画ライター・映画記者は試写やパーティや撮影現場に出入りしてプロデューサー・監督・俳優と仲
良くできること自体に自足している人が大多数だから、まあ仕方がない。業界人も本音で
はライターや記者をパブリシストの代わりとしか思ってないし、実際にそうなんだから仕方がない。
それとマスコミの人が何か取材するかとか時間や紙面を何かで埋めるかという場合に、映画
ネタは映画の紹介とかインタビューとかやることが決まりきっていて飛びつきやすいということもあると思う。

宮崎駿の名前と作品の中身と日本テレビ・提携スポンサーの宣伝だけで集客できる
ジブリが、鈴木Pの目立ちたがりとは裏腹に実際はほとんどジャーナリストを接
待していないらしいと言われるのは有名な話。

328 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 19:59:45 ID:dmespMp+
だからこそ国の助成金は必要なんだよ

329 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 20:13:21 ID:wFrIAjzX
>>328
釣りか? 補助金は、他国のように民間の資金ではもう映画が余り作れない国では有効な政策なのは事実。

日本はなぜかまだまだ出資者だけは沢山いるんだから、そこに税金を突っ込む必然性は全くない。

今は芸術文化振興基金程度しかないが(細かく言えば、釣りバカなどの御当地映画に
自治体が直接間接にお金を出す場合もあるが)、これ以上に税金なんかばら撒いてみろ。

「映画を作りたい」「海外の映画祭でセレブになりたい」という自分のワガママを満たす
ことしか考えていない意地汚い監督・プロデューサーが税金を食い物にするだけだ。
小○康平みたいな奴を増やしても意味ないだろ。

330 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 20:42:15 ID:T8gsEwKF
木更津キャッツは、木更津市が資金的にも協力してるかな。
撮影地自治体が観光振興で、出資してくれてるのか。

角川春樹ってなぜあんなに太っ腹なの?
不入りも多いんだから破産してもおかしくないのに




331 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 20:49:27 ID:oVX7r+wV
薬中が太っ腹ってw

鯛で海老を釣ろうとしたら沢蟹が釣れたでござるの巻

332 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 22:01:06 ID:CqihDpPY
太っ腹の意味間違えてるよ。

333 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 22:03:15 ID:T8gsEwKF
あれだけ出資してる以上、金満だろ。
儲からないのになぜ映画作り続ける?


334 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 22:09:44 ID:oVX7r+wV
>>333
儲けようと投資しては失敗してるだけなんだがといわないとわからない?

335 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 22:10:21 ID:5vYnzrjC
「映画を作りたい」「海外の映画祭でセレブになりたい」という自分のワガママを満たす
ことしか考えていない意地汚い監督・プロデューサーが税金を食い物にするだけだ。

そんな考えを持った俗物プロデューサー、監督がこの国には異様に多い気がする。なぜだろう

336 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 22:16:01 ID:xSnQWV90
出資とか投資とか、何でここまでデタラメ日本語ばかりなんだ?
自分の会社の商品を作るのに金を使うことが、何で出資だとか投資だとかになるんだよ。

337 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 22:16:52 ID:oVX7r+wV
自分の会社?

338 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 22:19:07 ID:iv0XIp40
>>335
>異様に多い気がする。何故だろう
お前が妄想狂だから

339 :名無シネマさん:2008/07/15(火) 23:19:43 ID:T8gsEwKF
何で春樹って破産しないの?
あれだけ映画で失敗してるのに。


340 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 00:23:02 ID:plsKCjcF
昔稼ぎまくったからとか?

341 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 00:33:58 ID:vWWZFadq
お金が回り続けているうちは一応大丈夫かな。


342 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 01:03:54 ID:6Al658zJ
最近の日本映画は安っぽいんだよね
なんか学生が自主製作してるように感じる

つまりプロフェッショナルがいない

343 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 05:00:18 ID:EYXlZ5zS
>>330
木更津キャッツアイはそういう話は聞かないけど、直接にお金は出さないにせよ、
TV・映画で当たって以降は地元も協力的になっているのでは?

ところで近年は観光振興目当てでフィルムコミッションやロケ誘致が流行っているけど、
例えば釣りバカなどはかなり露骨に地元に制作協力費やチケットの買い上げを要求するみたいだけどな。
その他、TV・映画で地元の方が熱心に動いた作品の場合(「せひ来て欲しい」と頭を下げたのだから当然だが)、直接に
お金は動かなくてもロケ地やエキストラの無償提供といった部分でかなり協力させられる。

各地がTV・映画のロケ誘致に熱心なのは観光客が欲しいからだけど、実のところ、こ
の種のタイアップの損得(経済効果)の真贋はよく分からない部分も大きいし、一旦は観光客が増えても
ブームが去るとタイアップ効果などなくなってしまう。
ドラマ・映画はともかく一般のTV番組の場合はクルーの無礼に「もう二度と関わりたくない」
ということも多いようだし、私企業や地元有志がロケに協力するのはともかく、こういう部分に税金が突っ込まれると
すればやっぱり感心できないんだよね。地域活性化といっても打てる手は限られているから、
そこでTV・映画の影響力が注目されているんだけど、TV屋や映画屋が田舎者を上手く利用
して税金を食い潰しそうとしているだけなんじゃないか、という疑問は拭えない。

>>339
春樹の最近の製作作品は「製作委員会」方式なので、角川春樹事務所の単独製作
ではない。例えば『蒼き狼』ではエイベックスにかなりカネを出させたみたいなので、
他の出資社に損をツケ回せる限りは大丈夫だと思う。もちろん映画がコケれば角川春樹事務所の経営はやばくなる
だろうけど、個人としての春樹は自分の資産だけは守っているのでは?

344 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 05:02:36 ID:EYXlZ5zS
>>342
ただ、そういういかにもプロらしい商業映画が作れる国となると、今の世界でも
アメリカ・インド・中国・韓国、、、と限られてくるのでは? アメリカ・インドは映画
産業が商業的に成り立っている国だし、韓国・中国は国策経営みたいなものでしょう?
商業的に自立するか、もしくは国策で安定した制作環境が維持されるか、どっちかの
国でないとプロフェッショナルな商業映画なんか出てこないよ(ただこういうことを書くと、
すぐに日本でも補助金や保護政策を、とかいう話になるから嫌なんだけど)

それと皮肉なことに今の日本映画の場合、海外の映画人には独特の素人っぽさが受けているのも現実でしょ? 日本
人だと北野武とかには「ワンパターンもいい加減にしろ」とか思うけど、海外の評論家や
プロの監督はまだマジで北野武を偉い人だと思っているらしい。
河瀬直美が受けるのも、ああいうスピリチュアルな芸風をヨーロッパ人の監督や評論家が好むからだろうし。
「いま会い」とかも日本人にはただのTV局映画だけど、どこが受けたのかなぜか
ジェニファー・ガーナーがリメイクするとか言っている(imdbではAnnouncedのままだ
が http://www.imdb.com/title/tt0467165/

345 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 06:04:18 ID:DFpHntX8
>>344
ソナチネと座頭市と監督ばんざいがワンパターンてどんだけw

あと海外リメイクは別に元の映画の出来評価で決定するもんじゃないぞ。


346 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 06:30:43 ID:GyvJoABk
そういえば、映画ファンドってどうなったの?
少し前に話題になってなかったか。

347 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 06:31:17 ID:dR9HGb91
>>344
業界に詳しいみたいだが、あなたの話によると

・損をしてでもめちゃくちゃな条件でも
 なんでもいいから映画を作りたいという自己満足映画人
・内容なんか知ったこっちゃなく、意味不明の基準で出資を決めるアホスポンサー
・結果的に少数の良作ではなく無数の駄作が粛々と量産される
・それを評価する映画マスコミも適当、記事埋めりゃあそれでいい

ということで、こういう現状になってるってこと?
だとすると日本映画の問題は金がないんじゃなく
金が無闇に分散し、またその使い方も無茶苦茶ってことなんかな?
これを改善するにはどうしたらいいんだろう。
イギリス映画なんかどうやってんのかな。

348 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 13:46:08 ID:EYXlZ5zS
>>345
今のハリウッドが日本映画を含む他国の映画をリメイクのネタとしてリサーチしているだけ、というのは
その通り。ただジェニファー・ガーナーはかなりマジで『いま会い』を気に入ったらしいが?

>>346
wikipedia:映画ファンド によると、映画ファンドは個人向けと法人向けに大
雑把に分かれる。あれも元本割れとかしてないのかなあ? ただ当たれば他の有
価証券よりは割がいいんだとは思う。ちなみにファンド形式の資金調達の失敗がギャガにトドメを指したようだ。

「2006年に大和証券を幹事に、5本の映画製作に20億円を投資したが、全て回収不能の不良債権と化し、親会社のUSENは危機に陥る」
(wikipedia:ギャガ・コミュニケーションズ)

個人的には、この種は映画を知らない個人と法人を騙しているだけにしか見えない。
そこで躓いたギャガはいい気味だよ。

349 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 13:48:13 ID:EYXlZ5zS
>>347
>だとすると日本映画の問題は金がないんじゃなく
>金が無闇に分散し、またその使い方も無茶苦茶ってことなんかな?
>これを改善するにはどうしたらいいんだろう。

真面目に考えるとこの問題は難しい。

(1)プロデューサーからすれば、公開規模から逆算して大体の予算枠が決まってしまうので、
1千万も掛かっていないような映画も、数億単位の映画も、実際に回収できているかは
別として一応の積算根拠はある。そこで日本映画の場合、「大作」といっても
現状の日本国内の市場規模ではハリウッド映画のような規模では絶対に撮影できない。どう
せ日本映画は海外には大した金額では売れないので、海外収益は期待できない。
興行的なリスクの分散としても、1本の大作を作るよりもそのお金で何本かの低予算映画を作
った方がいいという考え方もあり(低予算で撮ってDVDやTV放送に売ればグロスで元
は取れるかもしれない)、そこで低予算映画が無闇に増えてしまう面がある。

(2)出資者の側からしても、製作委員会やファンドのお陰で小口出資がしやすくなっているし、
1本の大作に集中投資するよりも、分散投資してリスクを回避したい。具体的に例示すれば、何本かの「大作」に
分散投資するか、何本かの低予算映画を作るようなプロジェクトに出資するかの選択肢はあるかもしれない。

(3)現場的にも、劇場用映画の撮影も可能なビデオ機材の進歩や、単館における
ビデオプロジェクターの普及で、ビデオを使った劇場用映画の低予算撮影が可能になってきた。
しかもそんな条件でも作ってもいいという監督・スタッフもいるとなれば・・・。

350 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 13:56:14 ID:EYXlZ5zS
>>349のつづき
自分が考えているのは、(1)はどうしようもないとして、(2)(3)の部分で
もっと制作本数を絞って、制作条件も向上できないかということ。
(2)→出資者がもっと厳しく出資を吟味する。ただなぜかそれでもお金を出
してくれる人が絶えないので・・・う〜む、何故なんでしょう?
(3)→日本の各協会(監督協会・撮影監督協会など)がアメリカのユニオン並に
力をつけて、出資者・製作者側に待遇改善をもっと強力に交渉して、自分たちも安い仕事はしな
いような申し合わせを行う。またユニオンに入らないと業界では仕事が出来ないような自治権を持つ。

ただ「安い仕事はしない」「待遇向上」「自治権を持つ」となると、日本では出資者・プロデューサー
が映画制作に慎重になって大半の会員の仕事はかえって減る→大量脱会や新団体への分派が起こる、会員外
の監督・スタッフに仕事がどんどん流れてしまう・・・だけでしょうね。あるいはユニオンに入れない
監督・スタッフから「同業者が参入障壁を作るのか!」と批判されて終わりだろうな。

・・・つかそもそも、海外のユニオン事情は不明だけど、日本映画監督協会は劇場用映画さえ
撮っていない演出家を簡単に入れ過ぎ。他の協会もTV・CM系の人も入れてい
るけど、これはいい(そういう人も劇場用映画の仕事はすることがあるし、本編系
スタッフでも劇場用映画だけやっている人は今はほとんどいない)
一方、監督協会は本当にひどい。自主映画監督みたいな奴まで入れている。こんなクラスの奴は自分
が撮れるだけで満足しているから、地位向上のために共に戦う仲間には絶対になりえない。
いくら商業映画と自主制作の境界線が曖昧になってきたとはいえ、監督協会は商業監督・職業
監督としてガチでやっていく覚悟のあるでもない人間を安易に入れ過ぎ。

351 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 16:21:44 ID:UKJMfVY2
製作本数減らして、一本あたりの投資額増やすと
質が向上するって根拠は何?

古い話だが、「敦煌」を米国で業界人に見せたら、居眠りされた。
大作予算こうじても、肝心の作品作る人材が問題だろ。
日本人監督で、才能あるのって誰?〈個人的には、呪怨もつまらなかった〉



352 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 16:27:14 ID:UKJMfVY2
いいにくい話だけど、日本人全体の質の劣化が根本にあると思う。
作り手も客も低能。毎日、テレビでくだらない番組手育ったゆとり連中が社会の中枢。
日本ほど低俗な番組多い国はない。
作る方も見る方も、吉本・とんねるず見て笑ってる糞どもなんだよ。
この板だって、エロスレ・ネタスレばっかで論議なってないだろ。
故にテレビで洗脳されて、低俗アイドル映画ばかり大ヒットしてしまう。


353 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 17:00:48 ID:EAMZ5nCo
バカ騙して金儲けし手何が悪いんだ?
バカを増やす政策とったのは無能な役人どもだろが
若い奴に責任転化してんじゃねーよ

354 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 17:15:14 ID:f3pajWUd
もう、言ってることが支離滅裂でワケワカラン

355 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 17:16:44 ID:z7FDjnOv
日本人監督で、才能あるのって誰?

そこが問題だろ。予算をいくら投じてもセンスのない監督(森田、堤、坂本、樋口等)
が抜擢されたら駄作にしかならん。

356 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 17:20:31 ID:f3pajWUd
支離滅裂すぎるんだよ。>>355にしても何だよ。
>才能あるのって誰? そこが問題だろ。
書いてる当人が読み返しても解読できないだろ。

357 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 18:22:24 ID:/04oop5X
赤ペン先生がいらっしゃる!

358 :名無シネマさん:2008/07/16(水) 19:04:55 ID:f3pajWUd
この上のレスも支離滅裂だろうから読む気が起きない。

ラピュタ阿佐ヶ谷ってどうよ
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/movie/1066355442/l50
ここをいま読んでたら、これまた意味不明レス。これもお前だろ。

私は628を書きました。641さん、いろいろな方が書いているようなので、お書きになった事がどれなのか
わからないので、事実がどれかわからなくなっています。
厳然たる事実との事ですが、私は635さんの意見を指示します。映画館で映画を観れるのはありがたい事ですが、
それを阻害する様な事は考えものです。会社組織のお話でもお客を迎えているならば、OBの方であっても
今度は会社への営業妨害になっていませんか?あなたと会社従業員さんが共通意識で動いていらっしゃるならば、
訴えられはしないと思いますが、係争中という部分にも影響がでませんか?

 館主さんや経営者さんが悪者になっている構図も外部からはわかりやすく、多くの部分で事実なのでしょう。
ですが、従業員の仕事の不備を愛嬌で許すかどうかはお客の抱く印象です。以前に館主さんのせいにしている書き込みがございましたが、
従業員さんの傷のなめ合いの様で、あまり気持ちのよい印象を受けません。あまり減点法でものを評価しない方がよいのではないかと
思いました。良いものは良い、という部分もないと一方的なお話ばかりで630さんのおっしゃる通り、グチリ場としか受け取れません。
ですから世論に訴えるには道のりが遠すぎます。
639さんのおっしゃる通り、女性の方と思われますが、その観点でも快適な映画鑑賞の場を提供してくださるいい映画館だと思っています。
ではまた、映画を観に行った際に感想を書き込ませて頂きます。
これ以上は無用の口出しと思いますので、失礼させて頂きます。

359 :名無シネマさん:2008/07/17(木) 01:34:48 ID:LIopDRi7
俺には ID:f3pajWUd のレスの方が支離滅裂だ・・

360 :名無シネマさん:2008/07/17(木) 02:02:24 ID:cHNFHMpI
>>351
>製作本数減らして、一本あたりの投資額増やすと質が向上する

そんなことは誰も書いていない。ただ現在の日本映画界は、そもそもがまともに
映画を作れる環境ではなくなっている。「質」や監督個々人の才能をどうこう言う以前の問題
があるんだ。そういう点から糾していく必要がある。ただし、それをやるとかえって仕事
が減るから当事者である業界人たちも賛成しないだろうな、とは思う→>>350

『敦煌』について言えば、故徳間康快のようなワンマン経営者が自分のワガママだけで
中華ロマンにのめり込んでいったことが全ての過ちの始まり。たぶん徳間さんは
『君よ噴怒の河を渉れ』 が中国でヒットしたり、日中合作の『未完の対局』が中国側の
協力で成功裏に終わったことがとても嬉しかったんだろうね。
ちなみに日本のにっかつスタジオセンターで仕上げをやる中国の監督が出てきたのはこの1980年代の
徳間コネクションがきっかけだと思う。日本に中国映画を紹介したのも東光徳間だし、
映画制作は高くついた道楽ではあったが、日中の映画交流には徳間さんの貢献はとても大きい。

『敦煌』や『おろしや国酔夢譚』といった徳間の大作には悪評も多いし、実際にその
通りなのだろうけど、「大作」とはいえ本来は日本映画の予算では不可能なスケールを要求さ
れていることも忘れてはならない。要するに元々の企画が間違っているんだよ。

>>355
だから、それはそんな監督にお金を出す出資者に言え。不思議なことにそんな
監督たちになぜかカネを出す人がいるんだから。

361 :名無シネマさん:2008/07/18(金) 12:15:38 ID:YsF/TnOf
>>360
金と環境のせいにしておけば無能な日本の監督連中は安泰だな。
企画の大小なんて関係ないだろ、何作ってもろくなもの出来ないんだから。


362 :名無シネマさん:2008/07/18(金) 13:05:08 ID:QtuQTjDn
>>360
誰も日本人の監督を擁護などしていない。ただ仮に貴方の仰る通り「日本の監督連中」が「無
能」で「何作ってもろくなもの出来ない」とすれば、やっぱり「じゃあなんで
そんな監督にお金を出す人たちがいるの?」という話にしかなんないよ。

>だから、それはそんな監督にお金を出す出資者に言え。不思議なことにそんな
>監督たちになぜかカネを出す人がいるんだから。

363 :名無シネマさん:2008/07/18(金) 13:21:38 ID:N26qr+N6
北野武のように客の入らない映画を乱発する勘違い監督がいる。
北野作品だからと駄作をシネコンで上映させる。
当然客は入らないし、邦画のイメージが悪くなる。
駄作でも上映されるルートができている邦画界の現状が悪い。

364 :名無シネマさん:2008/07/18(金) 14:48:46 ID:TEaH+lID
金出してる人は金融商品として映画を見てるのさ。
面白い奴よりも利益が計算できる奴が重宝される。
そこそこでもそこそこで安定してればそれに見合った投資をすればいい。

>>363
タケシは日本で全く売れなくても大丈夫だろう。海外で計算できるから。

365 :名無シネマさん:2008/07/18(金) 16:03:41 ID:ImoR56w5
俺達は日本の監督が無能だと考えているが、
金を出す連中は、本気で才能があると思っているのかも知れんぜ?

366 :名無シネマさん:2008/07/18(金) 17:53:19 ID:QtuQTjDn
>>364
たけし映画の興収は絶望的な数字しか出ていない。『アキレスと亀』も以前に比べると出資
社は減っている。ただDVDは売れるらしく、DVD販売権を取るバンダイビジュアルは黒字。
テレビ朝日とWOWOWは出資の代償に地上波・衛星における初放送の権利を買っているから、そこで
黒字という計算にしているだけだろう。ただテレ朝のプライムで流せるような映画でもないけどね。
自局の番組のレギュラー出演者であるタレント・たけしとのお付き合いでお金を出しているだけだろう。
東京テアトルは共同配給と自社館での公開を行うので、配給と興行で損の出ない範囲内を計算してお金を出しているんだと思う。

>タケシは日本で全く売れなくても大丈夫だろう。海外で計算できるから。

日本映画は海外では実際にはほとんど高値では売れないよ。どんなに映画祭で受賞しても、
観るのは映画マニアしかいないんだから。たけし映画など、結局はタレント・ビート
たけしが稼いだカネをオフィス北野の映画制作で浪費しているだけなのが現実でしょ?

>>365
さあ・・・でもそれでもお金を出してくれる人(会社)はなぜかあるわけだし・・・。ガイシュツだけど、
出資者(社)にあるのは当たれば他の有価証券を買うよりは実入りがいいという判断だけだろうね。
景気がいい時期は節税や企業メセナとしての映画投資も流行ったし、金券屋のカウンターでの投売りを見ると、
出資社の社員やさらにその下の下請けなどにチケットを押し付ければ済むという面もあるのかもしれない。
旧角川書店や某住宅メーカーは社員に万〜数十万単位でチケットを買わせていたらしい。

その他、昔も今も、TV局が下請けに自社映画のチケットを買わせているとか、業界内でチケットの現物支給が
下請けやスタッフへの支払いの代わりになっているとか、下請けやスタッフがキックバックとしてチ
ケットを買わされるとかという噂は根強い。監督・スタッフもチケットを買わされたりノ
ルマを負わされたりも普通にあると思う。地方ロケ作品なども地元がチケットを買わされることは多い。

367 :名無シネマさん:2008/07/18(金) 20:17:33 ID:uOKE713M
角川春樹が大作作ってた時期は、角川社員が
ノルマで何千枚の売りさばいてたね。
でも、駄作の券ばら撒いても客が失望して、映画館来なくなるだけ。無意味。

ところで、春樹はなあんなに投資できる財力あるの?
いくらなんでも道楽やりすぎだろ


368 :名無シネマさん:2008/07/18(金) 20:31:59 ID:YbmrIpjE
遺産と昔の春樹事務所の稼ぎ

369 :名無シネマさん:2008/07/18(金) 21:50:58 ID:SeG5sK3d
ハリウッドにも進出しただろ、ルビーカイロってたいしたことない映画一本だけ作って撤退したけど

370 :名無シネマさん:2008/07/18(金) 21:58:49 ID:KX4guW72
>>367
一人当たり何千枚売らなくちゃならないなら本来の仕事をするが時間なくなるし、
そんなに売れるわけがない。
マスコミで言われていた噂話を鵜呑みにした上で、
更に自分の妄想を付け加えて話を膨らませてる。
恥ずかしいよ。

371 :名無シネマさん:2008/07/18(金) 22:19:27 ID:uOKE713M
馬鹿だなー。
あの当時、角川の社員がノルマ決められてて
営業で無理やり押し付けてたのは有名。
よく訪問先の会社のゴミ箱に、何百枚もぶちまけてたよwww


372 :名無シネマさん:2008/07/18(金) 22:24:18 ID:uOKE713M
よく、日本は経費かかりすぎで映画取れる環境じゃないというけど
何十億円もする大作も作られてるし、資金は潤沢。〈ハリウッドにはかなわないが〉
角川の映画とか見てると、予算不足でいいものが作るの不可能ということはない。
大体、国内市場だけで映画産業が成り立つ〈世界では少数の〉国であり、
映画制作が不可能というのは、無能業界人の言い訳に過ぎない。

中国韓国タイの映画見た時点で、日本映画の欠点が予算じゃないと誰でもわかる。
外国は、邦画ほどくだらない話撮らないからね。




373 :名無シネマさん:2008/07/18(金) 22:30:13 ID:uOKE713M
大体よー、資金稼ぐためには世界中で公開すりゃあいいんだよ。
白人の国ではジャニーズ・びジュアル系が大人気で、東洋人がもてるんだろ。
不細工な白人より美形の東洋人のでる映画が大人気なって、ハリウッドを叩き潰すだろ。
日本映画、世界中で公開して、ディカプリオ・ブラピ以上の人気俳優作ればすむ話。
俺たち日本人の方が、醜い白人よりずっと美しいから大成功間違いなし。

以上、「純血東洋人はなぜハリウッドで通用しないか」スレの連投コピペ王・誇り高き愛国君〈笑〉の提案でした。






374 :名無シネマさん:2008/07/18(金) 22:53:45 ID:65WOenEN
「訪問先の会社のゴミ箱に、何百枚もぶちまけてた」ことを
「売った」って言うのか?

375 :名無シネマさん:2008/07/18(金) 23:40:57 ID:QtuQTjDn
>>367 >>371
実際に儲かる儲からないとは別に日本映画が濫作され続けている謎については、
カネの回し方にカラクリがあるんだと思う。

(1)出資者(社)から映画は儲かるという錯覚でカネを引き出す。実際、当たると実入りはいい。
愛媛の某菓子メーカーの社長が、伊丹十三の『お葬式』(1984)に出資したら
予想外のヒットとなり、以後も伊丹プロの社長を兼任することになったのは有名な話。

(2)儲かっている企業の節税や企業メセナ・自社のCMとしてカネを出させる。例えば香川の某下着メーカー
の前社長は、1990年代前半に3本も映画に出資している。恐らくは社長氏は映画のことなど何も知らなかったと思うが、
メセナ・CMの代わりになればいいとか、有名な映画祭に出せば貴方もプロデューサー
として文化人ですよとか、女優さんとお食事やゴルフができますよとか、そういう誘惑でフラフラ
とカネを出してしまったのではないか? 企業のワンマン経営者には有名な女優さんと親し
くできるというだけでお金を出してしまう人種がいる。別に愛人関係になれなくてもいい。
そういう人は有名女優と食事やゴルフの付き合いができるだけでも満足する。
あの社長が3本で止めたのはさすがに実入りの悪さに懲りたからだろう。

(3)(2)に似ているが、イケイケ経営者やワンマンオーナーの道楽。MARUGENの川本源司郎とか、
元日活の中村雅哉とか、旧大映の故徳間康快とか、逮捕されたアートンの郭充良とか。
零細な映画でも成金みたいな映画好きの実業家がお金を出したりプロデューサーになったりとかあるよ。
そういう人は親切で紳士的で気前がいい面とドケチで平気で他人を利用する面と二面性を持
っているけどね。前者だけ見ていると本当に痛い目に遭う。

(4)低予算で撮って二次利用で回収する。わざわざ単館などで公開するのは、「劇場公開作品」
となっているとDVDが売りやすいから。しばしば劇場保証金を取られるが、それは宣伝費と考える。

376 :名無シネマさん:2008/07/18(金) 23:45:41 ID:QtuQTjDn
>>375 のつづき
(5)自主制作で撮れるだけで満足する人種。資金繰りがどうなっているか? 知らね。
たまに映画を作りたいとかいう市民団体や篤志家が出てきたり、自治体などが出資したりするが、
この種の映画もここに含めてもいいかもしれない。残るのは借金の山だと思うが。こんな映画ばか
り撮っているのが神○征二郎や小○康平やその他独立プロ系の「良心的」な監督たちだね。
晩年の向○寛の映画の金主もこの辺だったのかもしれない。

(6)(1)〜(5)との合わせ技として、チケットを手形のように使ってどこか(誰か)
に損をツケ回す。>>366 つまりは金券屋で安値がついているような映画だね。

>>372
>大体、国内市場だけで映画産業が成り立つ〈世界では少数の〉国であり

ま、上のような錬金術で虚構の産業を維持しているという意味では「成り立って」
いるのかもね。実際に儲かっているかは別にして制作本数だけはアメリカ・インドの次に多いし。

377 :名無シネマさん:2008/07/19(土) 01:09:08 ID:QVZjpKD2
>>371
角川社員というのを、凄い影響力のある人たちなんだと思い込んでないか?
常識的に考えて、
「前売り券数千枚(仮に3000枚としておく)×額面の金額1500円=450万円」
この売上高(月給の10倍以上)を出さなくてはならない商売を、一人づつが、
前売り券が発売されてから公開まで一ヶ月余りの間に出さなくてはならないとしたら、
本来の仕事をする時間どころか、寝る時間さえなくなるだろう。
それとも何? 角川の社員が取引先ごとに「数百枚の前売り券を買え」と言えば、
個々の取引先はみな素直に買い取るんだと、
角川の社員は、一人一人それぞれ別個に十社以上の取引会社があるんだと、
つまり、「角川というのはそれほど凄い会社で、角川社員というのはそれほど凄い人たちなんだ」と、
そう言いたいわけ?
俺が勤めていた会社は昔も今も、角川とは深い付き合いがあるど、「天と地と」の際に、
売り付けられた前売り券は会社全体で50枚だったよ。
それも、角川営業部を通してであって、社員の手売りでは勿論ない。
紙に印刷された前売り券を直接手渡しされて買うのでもない。
直接手渡しの手売りなんて、当時だって、場末の健康ランド巡業の演歌歌手くらいしかしてなかった。
だいたい、前売り券押し付け販売は、それ以前の三越の「燃える秋」事件の時に大騒ぎとなって以来、
おおっぴらには出来なくなっていたし、現在でもそう。
どの会社の営業システムも、取引先との関係というものも、あなたが妄想しているほど単純なものではないよ。

378 :名無シネマさん:2008/07/19(土) 01:53:23 ID:iQMa1iCs
スタッフの賃金が安い業界に才能は集まらない
プロ野球選手の下限年俸が決まってるもそうした理由
夢も無い、能力を篩いにかける厳しい場所も無いのが
今の日本映画界って印象かな

379 :名無シネマさん:2008/07/19(土) 02:26:32 ID:s32aoHha
>>377
数千枚は誇張にせよ、当時の角川書店の社員が一人当たり100〜200枚単位でチケットを買わされてい
たゴシップは有名な話ですよね? 今も昔もどこかが映画を作るたびにこういう噂が流れてきますよね。
貴方の会社は50枚で済んで良かったですね。もっとも社員や取引先に買っても
らったチケットのうち、着券率はどの程度だったのやら・・・。
チケットを巡っては都市伝説的な噂が多いし、自分も割と嫌な話はチラホラ聞いています。
低予算娯楽映画で監督がギャラと同額のチケットを買わされた話もあったけどね。
こんなに監督志願者が多い現状で、監督させてやるだけで有難く思えということなのかな?

>>378
>スタッフの賃金が安い業界に才能は集まらない

「才能」といえるかどうかは分からないが、映画をやりたい人だけは沢山いるよ。
ただ大半はそれなりの規模の本編には就けないけどね。そういうクラスのスタッフは大体は固まっているから。

賃金が安いといっても、それなりのグレードの技師や助手になれば食えることは食える。本編以外
にもCMとかTVとかの仕事もあるから。ただ食える位置に行き着くまでに辞める人が多い。
本編から離れてVPとかブライダルビデオとかそういう世界が本業になっている人も結構いるみたいだ。
例えばカメラマンでいちばん割がいいのは(もちろん、それなりに予算があるような規模の)CMを
メインにやっているような人じゃないかな? そういう人は拘束時間が長くギャラ
が下がる本編は嫌うかもね。CMだけやっていれば食えるんだし。

>夢も無い、能力を篩いにかける厳しい場所も無い

一応は「夢」はあるんじゃない? 自分も西川美和とかみたいになりたいとか。
「能力を篩いにかける」と言っていいのかは分からないが、デビューしてさらにそれなりの監
督として生き残るには恐ろしく「厳しい」世界ではありますよ。

380 :名無シネマさん:2008/07/19(土) 02:49:38 ID:QVZjpKD2
噂の真相とか日刊ゲンダイとかに載ってるような噂を鵜呑みにする人は、単なる馬鹿。
角川商法には批判されるべき点は多々あったが、「それは社員がチケットを買わされていた」という点ではない。
実際にはそんなことはなかったんだから、角川を批判したことにはならない。
会社組織というものがどういうものかすら理解できてない馬鹿には、何も批判できないよ。

>>367は、社員が買わされたチケットが何千枚だと言っているのに、
あなたは100〜200枚単位だと言っている。
あなたは、まず>>367に対して反論すべきでは?

381 :名無シネマさん:2008/07/19(土) 03:04:38 ID:hlaSb5mH
>>371
質問
>よく訪問先の会社のゴミ箱に、何百枚もぶちまけてたよwww

角川社員を尾行してたの?

382 :名無シネマさん:2008/07/19(土) 09:17:01 ID:Dz2QcLRG
>380

1980年代の日本映画界を知ってれば、それが単なるゴシップじゃない事くらい
充分承知の上だろうに。今更とぼけてみせる意味がどこにあるんだ?

ついでに言えば、それ角川だけじゃなくて東宝も東映もやっていた。
俺の知り合いはバンダイビジュアルに勤めてたけど、新人なのにノルマ持たされて
いつもぼやいてたよ。

>377の言う通り、単なる社員がほいほいチケット売れる訳が無い。
だから彼等は捨てる。それも自社近辺ではなく、自社にばれない取引先のゴミ箱に。
取引先も事情は知ってるからゴミ箱くらい喜んで提供する。
買取らされるよりマシだからね。
もしかしたら、お義理で買って上げてその後捨ててたりもしたかもしれない。

それが>371の見た光景。俺自身も見た事がある。

383 :名無シネマさん:2008/07/19(土) 09:53:28 ID:IvFA7fBC
>>371
「俺の会社」なら分かるけど「訪問先」
しかも「よくぶちまけてた」
よその会社のゴミ箱に何百枚の紙束をぶちまける?
買ってもらえなかったから?
金券ショップに売れば何万かにはなるのに

384 :名無シネマさん:2008/07/19(土) 11:12:06 ID:s32aoHha
>>380
貴方の仰りたいことがよく分からないのだけれど、まあ、付き合いやお金の融通として
「お互いさま」として50枚程度で済むなら許容範囲と考えてらっしゃるなら、それはそれでいいんじゃないですかね?
近年も某税理士会の映画とか、某食品会社の映画とか、元野球選手が主演の郵便局の映画とかがあったしね。
今度も早慶戦の映画があるので(監督はこの種の映画の常連、神○征二郎!)、同窓会や野球関係者に前売り
を買ってもらっているのかもしれない。神○の前作(鹿児島大学と熊本大学の映画)
の収支はどうなっているのだろう? プロデューサーは大阪の弁護士さんだったけどね。

>>382
前売りチケットを使った複雑怪奇な資金繰りもまた、日本映画の病。現状でも
さほど変わっているとは思えないのですが・・・。
どこかで誰かが損を買っているはずなのだが、そのお金の流れの実態が極めて
見えにくい。たまに「噂の真相とか日刊ゲンダイ」とかビジネス誌・映画誌などに散
発的にゴシップが載るが、恐らくは当事者である業界人たちでさえ自分たちのやっ
ていることの全容がよく分かっていないのかもしれない。
映画によっては新聞社・TV局・有名出版社なども当事者なので、話が表に出にくい面はあると思う。

その他御存知の通り、業界には独特の分かりにくい慣行がとても多い。それらを当事者である業界
人でさえよく知らないことがある。それを「どんな業種にもよくあること」としてしまっていいのか、どうか。
ある五社で撮っていた監督さんは久々に低予算で独立プロの劇場用映画の仕事をした際、
プロデューサーに「空けてくれるコヤがなかなか見つからない」と言われて劇場保証金を積む慣習を初めて知ったとか。

>>383
金券ショップも古本屋と同じで、持ち込まれるブツをいつも買ってくれるわけじゃないよ。

385 :名無シネマさん:2008/07/19(土) 11:46:56 ID:rQHbXsKZ
「天と地と」の前売り券が大量に棄てられてた件は、北野武が映画評論の本に書いてたよ。


386 :名無シネマさん:2008/07/19(土) 22:29:21 ID:7274v0AM
それって、本当に買って貰っているのかな?
観客動員があるように見せかけるために、無料で配っている可能性はないの?

387 :名無シネマさん:2008/07/20(日) 01:44:56 ID:TSn83j0x
そこらへんはノルマ引き受けた側の裁量だろう。
無料で配った場合は、その分の売り上げを配った奴が充填してたんだろうね。
少なくとも俺は「買って下さい」はさんざん言われたが、
「タダであげる」と言われた事は無い。

388 :名無シネマさん:2008/07/20(日) 05:39:41 ID:UQeOwmGw
だが、徳間康快の道楽も無駄ではなかった。彼はジブリを立派に育てたから。
というわけでポニョを見にいこっとw

 

389 :名無シネマさん:2008/07/20(日) 05:56:15 ID:3nY6f+vt
死ねカス

390 :名無シネマさん:2008/07/20(日) 13:55:31 ID:Lxd031H4
日本の芸能が駄目なのって批判するやつがいないからだよ。
アホみたいに褒めまくりすぎ。

391 :名無シネマさん:2008/07/20(日) 19:39:14 ID:RunqZsCC
興行収入を見守るスレ252

2008/07/20(日) 15:17:18 ID:YKqwbgKe
09年正月興行は邦画が大攻勢
2008/07/04

すでに正月までロングラン予定の『崖の上のポニョ』(C)2008 二馬力・GNDHDDT 2009年の正月興行で、
全国チェーンで公開される邦画の本数が、洋画を大幅に上回ることがわかった。

現在、日本のチェーンには東宝、東映の邦画系、東宝系、松竹・東急系の洋画系、それに角川映画の邦洋混合の
新チェーンなどに分かれる。

総トータル12系統のうち、洋画は4本なのに対して、邦画は何と倍の8本。
前例のないような圧倒的な本数に、相変わらず邦画の勢いが続いていることがうかがわれる。

 邦画系に邦画が入るのは当然として、洋画系5系統で邦画が公開されるのが何といっても異例中の異例だ。

系統別にいえば、日劇3系に『私は貝になりたい』、みゆき座系にロングラン予定の『崖の上のポニョ』(以上東宝洋画系)、
サロンパスルーブル丸の内系に『252−生存者あり』、丸の内ピカデリー2系に『特命係長 只野仁』、
丸の内プラゼール系に『赤い糸』(以上松竹・東急系)といった具合。

これに、邦画系の『K20 怪人二十面相・伝』(東宝系)、アニメ版『ゲゲゲの鬼太郎』(東映系)、そして『空へ〜救いの翼〜』(角川映画系)が
加わる壮観さだ。

 洋画は、『地球が静止する日』、『WALL・E/ウォーリー』、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の3本が主だったところだが、
作品ごとの興行のポテンシャルはともかく、数の上では邦画が圧倒的に有利なのは一目りょう然。
興行の結果が今から楽しみだが、この状況は洋画興行の厳しさの裏返しでもある。

>駄作が多いのに、一時期邦画の数が増えて、このハシャギを見ていると来年以後は反動が酷いのと
思うのは私だけだろうか?

392 :名無シネマさん:2008/07/20(日) 19:46:09 ID:3nY6f+vt
>>391
ゆとりが字幕読めないからだ
馬鹿は害悪だなあ。死んでほしいわ

393 :名無シネマさん:2008/07/20(日) 20:45:50 ID:JTfDHuUJ
大抵の映画は"大衆娯楽"なんだから一部にあわせないでほしいよな

394 :名無シネマさん:2008/07/20(日) 23:56:14 ID:hIVKAFIs
>>391
その辺の日本映画は(質はともかく)ヒットする可能性が高いから、それ自体は
いいと思う。問題は、
(1)そういう映画でも裏ではこのスレに出てきたような前売りの押し付けが横行していないか?
(2)そのクラス以下の日本映画の製作本数も多過ぎること。大半は赤字、もしくは出資
者から詐欺同然にカネを巻き上げたり、前売りをどこかに押し付けたり、現場の制作者
に無理をさせたり、といった状況で支えられているに違いないこと。

この2点だと思いますね。

>>392-393
世界的に観て字幕上映がこんなに多い国の方が少ないのだから、「字幕が読めない」→
「ゆとり」というのは短絡。洋画の吹き替えも増えているが、興行的には字幕が
嫌いな観客まで集めるのは別に悪いことではない。

日本の映画界の本当の懸案は、(A)市場に比して出資者と制作者が過大なので、日
本映画の製作本数が多過ぎる(実質は赤字の国産映画の洪水になっている)こと
(B)東宝の寡占で入場料が下がらないので、総映画人口が伸び悩んでいること

の2点だと思うよ。

395 :名無シネマさん:2008/07/21(月) 00:22:46 ID:Eq8gpeRE


  誰 も 読 ん で な い よ




396 :名無シネマさん:2008/07/21(月) 00:27:41 ID:NQoSB2d0
>>395
そういうことを書いて何が楽しいのか、分からない。

397 :名無シネマさん:2008/07/21(月) 03:44:21 ID:Zodu48Lo
>>396
夏厨

398 :名無シネマさん:2008/07/21(月) 04:30:07 ID:hXQXvuWc
日本映画が駄目になっても、たとえ消滅しても一般の人は困らない
TVでドラマ見ればいいだけ
心理的になんとなく皆が見てるから観にいこかって感じだろ

399 :名無シネマさん:2008/07/21(月) 21:02:52 ID:I+qKFU3a
アイドルとかお笑い芸人とか明らかに演技が下手な人間が出演するのが嫌。
ジブリは声優を本職に任せてクオリティを下げないでほしい。
桑田圭介・北野武・米米クラブのボーカル・ウンナン等、勘違いアーチストが映画を作らないでほしい。
その時代の人気者ってのは時代が過ぎれば只の下手糞。
北野武の悲惨な演技を北野武を知らない世代は痛々しく感じるだろう。
そんなもの日本語を解らない外人からしか評価されない。
事務所の思惑や業界のチカラ関係にスポンサーの意向で才能のない連中に映画制作が任される。


400 :名無シネマさん:2008/07/22(火) 11:16:56 ID:dEMZoGA1
       【日本映画の集客方法】

福沢諭吉の映画〈柴田恭平主演〉は、慶応大学出身の経営者が出資。
慶応人たちが集団でまとめ買いした〈不入りだとわかってたので〉。

大川隆法の映画は、幸福の科学信者がノルマで友人誘ってる。

もう映画興行といえない。


401 :名無シネマさん:2008/07/22(火) 11:20:50 ID:dEMZoGA1
村上隆とか、小田和正の映画って誰がどういう根拠で出資した?
素人監督って外国じゃありえねーだろ。
もう、映画製作自体なめられきってるんだよ。
こんな無能な奴でも撮れるなら、俺でも出来ると。

勘違いで手出す糞どもを懲らしめるためるに
「椎名桜子賞」作って、大々的に授賞式開いて日本中に晒そうぜwwwwwwwwwwwwwwww




402 :名無シネマさん:2008/07/22(火) 11:41:19 ID:tJrnnlWM
このキチガイは団塊世代のじじいなんだぜ

403 :名無シネマさん:2008/07/22(火) 17:05:46 ID:hAu35thL
自分のヘタクソな演技にダメだししない主演兼監督の作品がクソなのは当然だろう。
客が喜ばない映画がタケシのような素人監督の特徴だと思う。
「外国で賞を取る俺の作品を観ないのは日本の客の質が悪い。」
そんなことを言うよりも客が喜ぶ作品を作ってほしいです。

404 :名無シネマさん:2008/07/22(火) 19:22:24 ID:ynzYXC8x
加齢くせー

405 :名無シネマさん:2008/07/22(火) 20:17:23 ID:AB7TVANc
というか、面白い映画を作るのってそんなに難しい?


406 :名無シネマさん:2008/07/22(火) 20:39:23 ID:C5gOQwlJ
日本人が演じてるところ

407 :名無シネマさん:2008/07/22(火) 20:47:49 ID:PI8g0MLr
>>893
大抵の映画は大多数に合わせて作られてますが

408 :名無シネマさん:2008/07/22(火) 20:49:14 ID:PI8g0MLr
>>393

409 :名無シネマさん:2008/07/22(火) 21:34:32 ID:8ZcGHx4G
藤沢周平原作の映画は数を重ねるごとに恋愛映画になってきてるな
たそがれ清兵衛は結構面白かったんだが

410 :名無シネマさん:2008/07/22(火) 22:11:12 ID:TBmWFcDB
というか日本映画って、昔っから面白くなかったじゃん
日本映画で決まって取り上げられるのは黒澤・小津・溝口あたりが相場で
30年ぐらい前から日本映画は止まってる
日本映画はつまらないっていうのはもう長いこと定説になってるし
今の時代の日本じゃまともな「映画」は作れないだろ

411 :名無シネマさん:2008/07/22(火) 22:15:19 ID:bnB3gXWP
>>410
諏訪監督とかどうよ

412 :名無シネマさん:2008/07/22(火) 22:22:59 ID:dhMbFqV+
どうやってこんなに何度もID変えてるの?

413 :名無シネマさん:2008/07/22(火) 22:23:22 ID:sn1oVHBG
黒澤・小津・溝口の名前をだせば通だと思われますという人がいるよな

414 :名無シネマさん:2008/07/22(火) 22:39:28 ID:TBmWFcDB
しかし黒澤・小津・溝口の映画を見たが一般大衆向きじゃないと思ったぞ
黒澤はなんか生臭くてドロドロしてるし、小津はなんか展開がスローすぎて退屈だし
溝口は女の描き方が嫌だったな

415 :名無シネマさん:2008/07/22(火) 22:59:58 ID:+mKkJnoM
凄い人がいるもんだ。
クラシック板でも「ベートーベン、モーツァルト、シューベルトの曲を聴いたが…」などと
言い出す人が現れることがあるのかな?
もし現れたとしてそれにレスする人がいるのかな?

416 :名無シネマさん:2008/07/22(火) 23:47:57 ID:dEMZoGA1
日本を代表する一流新聞の英語サイト〈ディリー毎日〉見たけど
日本人って変態すぎるんじゃない?
あれじゃろくな映画作れないよ。
異常性欲民族だね。


417 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 00:04:03 ID:SIW6bmVb
>>416
どこの国の人ですか?

418 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 04:13:15 ID:OVB15NJC
最近の韓国映画なんかと比べると日本映画はやっぱりダメすぎる。
OLD BOYなんか、映像と演出と演技から脚本全てが完璧だもん。日本でこれ撮れる奴居るか?

419 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 04:32:25 ID:j2G7o/6D
サブだっけ?
あの人のは軽いなりに
近いものを感じた。
タイトル忘れたけど
みんなで走ってるやつとか。

あとオールドボーイは確かにやたら面白かったけど
完璧かと言うとどうだろ。
結構見てる間、ここはちょっとなあと思うシーンあったよ。

420 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 06:49:57 ID:WtRnAPhL
「ALWAYS三丁目の夕日」見たけどとても映画と呼べる代物では無かった。
漫画チックな構成(漫画原作だが)でCGが多すぎ、時代考証がされておらず
本当の昭和30年代ではない。俳優の演技も大仰でテレビドラマ的であった。

にもかかわらず大絶賛で興行成績が良かったわけだから・・・・
質が悪くても売れればいんじゃない?

421 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 07:55:42 ID:ZYgEdwql
三丁目の夕日公開中のスレで粘着して叩いてた時
見てないのがばれて笑われてたねえ

422 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 08:01:27 ID:FIssLil1
根本なところでおかしい日本映画が多いのは確かだね。
その流れでどうしてそんな結論なんだ!というのが多いね。
もしくは、最後まで見たけど、何を言いたいかわからない映画。
ただあるがままに随筆のような映画が多いよ。
そこのところが「予算が低くても、良い映画」が作れない理由だろうね。


423 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 08:01:33 ID:nsevJAjW
>>415
ベートーベン、モーツァルト、シューベルトはクラシックの巨人として評価が固まってるけど。
"classic"って「古典」という意味だけではなく、第一義に「一級の」「最上級の」という意味もある。

424 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 08:15:33 ID:WtRnAPhL
>>422
随筆みたいな感じでも、まだ新藤兼人レベルならいいけど
今の映画は音楽のPVかと思うような垂れ流しが多いね

425 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 09:38:00 ID:8XfVHUj3
あほんだら。新藤兼人の映画見たことないだろ。
溝口の弟子だった人だぞ。
何が随筆みたいだ。
音楽のPVと随筆がどうつながるんだ?

426 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 09:58:08 ID:thA2korD
新藤兼人は監督としてそんなに良いと思わないけどな
脚本家としては良いけど
つかスレチかスマン

427 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 10:10:44 ID:9VYGHhOJ
脚本家・新藤は土曜ワイド劇場をやってたな
これもスレチ

428 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 10:30:42 ID:Tw82qSuW
韓国がマンガ原作の作品を撮る → オールドボーイ

日本がマンガ原作を撮る → はっとりくん、デビルマン、三丁目の夕日the mobie(笑)

429 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 10:46:48 ID:au4kLjQo
米がマンガ原作を撮る→ドラゴンボール、スピードレーサー

430 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 12:58:21 ID:hF8f0Ose
それにしても、他スレの情報などを見ると相変わらず日本映画の製作本数の多さは異常だなあ。

新作映画制作情報提供スレhttp://tv11.2ch.net/test/read.cgi/movie/1210308135/l50

allcinemaの公開情報を見ても公開本数も多いし、なんでこんなに儲かりもしない日本
映画が撮られてしまうのか(公開されてしまうのか)、本当によく分からん。

431 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 13:02:59 ID:OVB15NJC
もういっその事日本の素材全部、韓国の監督に任せて撮ってもらえよ。日本よりはるかに
マシな作品になると思う。ポン・ジュノやパク・チャヌク、イ・チャンドンみたいな映画作家は、
何で日本には居ないわけ?

432 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 13:09:31 ID:6R2x2r+G
事件は会議室で起きてるじゃなげんばあああおきたらぬう


が総て



433 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 13:25:10 ID:jktjQOPX
子連れ狼や女囚さそりもバタアシ金魚も無能の人も月光の囁きも殺し屋1も、市川崑のプーサンも篠田正浩の少年時代も相米慎二の翔んだカップルも漫画原作
漫画原作でくだらないの撮ってるといえばハリウッドでしょ

434 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 13:34:37 ID:OVB15NJC
いや日本だよ。中途半端な予算しかないのに大風呂敷しこうとするから失敗する。
20世紀少年なんかの予告見てみ、酷すぎて涙出てくるから。

435 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 14:02:14 ID:hF8f0Ose
>>431
韓国は日本よりは制作条件がいいみたいだから、日本のショボい条件を押し
付けて同じものが撮れるかというと無理なのでは? あ、『僕の彼女はサイボーグ』の
監督は韓国人なんだっけ? 観てないけど。

>>434
日本映画の大作がしばしば、本当はその予算では不可能なスケールを要求されてしまうのは
1980年代から問題になっていた。
一つの回答が日常ドラマにこそ高額の予算をつける『三丁目の夕日』だったわけ。それなりの
予算でスペクタクルを撮るのではなく、日常ドラマを撮る。映画オタクには監督の演出力・脚本力不足故に映
画になっていないと批判されたが、興行的・批評的には成功した。
山田洋次の映画なども似た発想。本当はもっと予算を落としても撮れるシナリオだけど、ロケー
ションや美術には入念にお金を掛ける。ああいう映画だとロケだけでも国内何箇所も行ったりする。
その気になれば関東や京都の範囲内でも充分だけど、敢えて贅沢する。まあせっか
くセットやロケに大金を投じても使い切っていない映画も多いけど・・・。

436 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 14:06:47 ID:Lxh5iE9+
漫画の20世紀少年は神作品なのにな・・・・
日本はゲーム、漫画、アニメで頑張ればいいよ。海外でもそれなりに評価されてる。
実写映画に関しては中国、韓国に負けてるし、世界で相手にされてない。



437 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 14:29:01 ID:LjDO91sY
>>436
>漫画の20世紀少年は神作品なのにな・・・・
え?なんだって?

438 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 15:02:04 ID:OVB15NJC
>>435 韓国は日本よりは制作条件がいいみたいだから

 具体的にどういいの?

439 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 16:13:09 ID:MnvfG76H
Pが悪い

440 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 16:18:50 ID:hF8f0Ose
>>438
韓国は、国が輸出産業として力を入れているから資金が集まりやすく、スタジオも整備されており
機材も贅沢に使え、ポスプロも念入りに行えるようだ。国が力を入れているお陰で
街中でロケがしやすい面も有利だろう。
ただ韓国の映画・TVドラマもそろそろ赤字になってくるような気もするけどな。
(というか実際は赤字のコンテンツの方が多いような気がするのですが)
輸出といっても実際の市場は主に日本を含むアジア圏しかないわけだし、ハリウッドも
リメイクの元ネタとして韓国映画を欲しがっているだけだしね。

ちなみに「実際の市場は主にアジア圏しかない」というのは、日本が「輸出産業
としての日本映画」に深入りしてはいけない理由にもなっている。そんなのどうせ赤字になるだけ。
日本映画が真に抱える問題とは実はこのスレにあるような国内市場の問題なんだけどね。

441 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 16:20:32 ID:+DOi4byl
>>438自分は>>435じゃないけど
韓国のほうが大規模ロケもすんなり許可が通るとか(観光収入につながるので行政も日本より協力的)

あと日本は企業が多いが韓国は一般の人が映画ファンドに参加出来る機会も多い
国が自国映画の上映を奨励、おまけに映画の料金も日本より安い。日本は上映場所が見つからないことだって多いのに

>>435の考えと違ってたらスマン

442 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 16:53:13 ID:OVB15NJC
というか日本はなんでロケに非協力的なの?
バベルやロストインも撮影許可下りなくて、ゲリラ撮影で大変だったって。

443 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 17:06:30 ID:hF8f0Ose
>>441
ただ実際は韓国の映画ファンドも赤字が多いと思う。スクリーンクォータはその国の
国民から国外のコンテンツを観る自由を奪うとして批判も多い。

>日本は上映場所が見つからないことだって多いのに

それは撮った後にどうするかまで考えずに映画を作るプロデューサーが多過ぎるだけだよ。

>>442
色んな理由はあるだろうけど・・・。海外の事情は不明だけど、残念ながら日本の映画屋・
TV屋には無礼な奴も多く、マチバの人間は付き合いたくないのが本音だからでしょう。
いい人も多いけど、一方でせっかく協力しても善意を踏みにじるようなことを
平気でする奴も沢山いる。地方ロケでも上映(放映)は忘れた頃にやっととか、何かと
いえばキップ買ってくれとか。

これも要するに余裕がない制作環境の現れなのかもしれない。

444 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 17:40:48 ID:LjDO91sY
日本は配給と制作が同じ場合が多いからダメなんだろ

445 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 18:14:07 ID:FIssLil1
常識で考えて渋谷の街中や銀座でも、映画のために通行止めや規制をかけるのは無理だろう
たまに撮影してて、公道を我が物顔で避けろとか言われると頭にくるぞ。

446 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 18:16:14 ID:FIssLil1
韓国映画ってすでにほとんど赤字だよ

http://www.chosunonline.com/article/20070314000056

447 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 18:33:34 ID:3dW7/cKA
>>映画オタクには監督の演出力・脚本力不足故に映
画になっていないと批判されたが

結局こういう奴らが日本映画をダメにしてるんだよね。

448 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 18:41:39 ID:OVB15NJC
じゃあ具体的にどういう奴らが日本映画を良くしてくれるの?

449 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 18:52:48 ID:hF8f0Ose
>>445
映画屋はすぐに「許可を出さない役所・警察が悪い」と言うけど、今の日本では実際に
は一般人からもそういう大掛かりなロケの理解はほとんど得られないだろうね。
たまに地方ロケでそういうことが出来る程度。それだけ映画屋・TV屋の評判は悪いのよ。
フィルムコミッションなどで多少はマシになってきたという程度。
これも、制作条件に余裕がないから無茶をやる→忌避される の悪循環だと思う。

>>446
だから韓国映画バブルはもうすぐ終わると思う。まあいくら赤字を積み上げても映
画制作が続けられている日本もアレだけどな。

>>447
『三丁目の夕日』のことなら、興行的にも批評的にも成功しているから、映画
オタクの影響力は皆無だよ。誰が日本映画をダメにしているのか?
大半の映画は赤字にも関わらず、いまだになぜかカネを出す人がいるからでしょう。

>>448
「良くなる」というのが、産業的に復興するという意味なら、「東宝の権力が
弱まって入場料金が下がり、映画人口が増える」「大半は赤字の国産映画になぜか
カネが投じられるような不可解な事態が減少する」この2点がないとどうにもならない。
・・・つまりはどっちも無理ってことさ!

450 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 18:57:02 ID:0Lbd6qv5
黒澤・宮崎・ピカチュウが日本でも興行成績を上げ、外国でも評価される。

樋口・タケシ、製作本数が多いが駄作ばかり。興行成績は国内外で最低。

451 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 19:11:12 ID:FIssLil1
そもそも韓流ってあったのかな。
>>446のグラフでも一番黒字の時で295億ウォン=約30億円だからね。
日本映画のスレなので、これ以上韓国映画については書かないが。

452 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 19:23:48 ID:OVB15NJC
>>449 「良くなる」っていうのは、産業的に復興するという意味で言ったんじゃなくて、
質的に向上してほしいって意味ね。
赤字でもクオリティの高い映画が作られている韓国に比べて(地球を守れ、復讐者に憐れみを等、)
日本は赤字でも黒字でも駄作に近いものしか作られてないと思う(この場合の駄作って言うのは、日本人にしか受けず、
世界の人々が見ても共感できる普遍的なテーマを持っていない「三丁目」みたいな映画のことね、)

453 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 19:34:45 ID:kiHp0l4S
アホらしいね。
共感できるテーマとか言ったらパゾリーニ作品なんかどうなる。
日本映画は普遍的テーマばかり描いてるから退屈なんだよ。
当たり障りのない、万人受けの映画ばかり。
>>452は「三丁目の夕日」とか「釣りバカ」とかをを有難がって見てろよ。

454 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 19:45:46 ID:OVB15NJC
>>453 ???
 いやだから「三丁目」とか「釣りばか」とか、日本人という枠組みでの普遍性をテーマにした
当たり障りのない映画はダメだって言ってるジャン。>>453と同じ意見だよ。
俺が言ってるのは、もっと文化や価値観や風習が違う人々にも、アプローチできるような普遍的なテーマを
持ち備えた日本映画がもっとあってもいんじゃないかってこと。

455 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 20:36:58 ID:Q0HyS4lA
要は人材がアホなんだよ。
金あっても傑作撮れない。
おめーら、業界人、その予備軍の映画学校生徒と喋ってみい。
あまりの小さいスケール・幼稚な感性にビビルよ。普通の凡人だもん。
これじゃ、駄作しか作れねーのも当然。ある学校で、脚本書かせたら、同じ様なテーマのものばかりという喜劇もあった。

ここで資金のせいにしてる人、「12人の怒れる男」「ブレアウイッチ・プロジェクト」について一言どうぞ。
「イージーライダー」だって低予算だぜ。要は感性の差。

456 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 20:51:51 ID:hF8f0Ose
>>452 >>454
「質」については、そんなの何が良い悪いだの簡単に決め様がないとしか言えない。キネ旬ベストテン
や日本アカデミー賞で評価されれば「質」が高いのか? 海外の映画祭で受賞すればいいのか? 
後者の場合、ガイジンが喜びそうな記号を散りばめた監督が有利になるだけ。

>>455
強いて言えば今の日本の監督は自分が監督であること自体に自足している人が多いのは事実。
監督志願者も自分がデビューして監督になること自体がゴールになっているのも事実。
ただ、それはそんな「幼稚」な連中にカネを出す出資者に言ってくれ。そんなのでもカネ出す
奴がいるんだから仕方がないだろ。

それとこのスレでも出たはずだけど、アメリカ映画の「低予算」は日本映画の大作程度の予算は
実は掛かっている場合が多いから、あんまり参考にならないんだよね。シドニー・ルメットもリハー
サルだけは時間を掛けたはずで、その程度の贅沢さえ日本映画では難しいことも多い。
イージー・ライダーを日本で撮ったら「低予算」ではできないだろ。移動する話なんだからロケ
のセッティングだけでも大変だ。しかも排他的な地方の暗部を抉るような映画に誰が協力すんだっての。
ブレアウイッチ・プロジェクトねえ。あの監督コンビは一発屋で全く後が続いてないし、
たった一回しか使えないアイデア勝負の映画を持ち出されても・・・。

457 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 20:53:34 ID:rCPaPHs0
説教したいなら町内会館のロビーでどうぞ

458 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 20:53:58 ID:MnvfG76H
しかも排他的な地方の暗部を抉るような映画に誰が協力すんだっての。
ブレアウイッチ・プロジェクトねえ。あの監督コンビは一発屋で全く後が続いてないし、
たった一回しか使えないアイデア勝負の映画を持ち出されても・・・。


そんなこと言ってたら何もできないね

459 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 21:24:26 ID:1WLVTYKA
ID:hF8f0Oseは映画界隈を良く知ってると思うけど、
じゃぁどうなれば良くなるかという視点が弱い。

今の論調だと、ああ日本映画は理論的に終わってるんですね。
じゃぁ関わらない方がいいですねと思われるだけかと思う。

そこまで分かってるなら、可能性のある人と金を繋ぐパイプ役みたいなのやればいいんじゃないか?

460 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 21:41:28 ID:nXb4Y9eB
自分は業界に詳しいって自慢したいだけだろ
なのに内容は在り来たりな、おまえに言われなくても
そんなこと知ってるよっていう程度のこと
っていうか、映画監督目指してたのに挫折して、
その恨みを2ちゃんで晴らしてんじゃないの

461 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 22:17:21 ID:68pjLyRq
>>459
>>460
両方とも一行目の途中までしか読んでないが、キチガイのたわごとを
解読できる人なんかいるわけないんだから
両方ともキチガイの自作自演ということで絶対に間違いないわけだ。

462 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 23:12:57 ID:Q0HyS4lA
12人の怒れる男まで、資金の差かいwww
言い訳の天才だね。
ありゃどう見ても、金かかってねーよ。
それでも映画史に残る傑作なんだな。
日本の痴漢の映画は見てねーけどよ、もう実力の差だよ。



463 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 23:24:25 ID:Q0HyS4lA
多分、リドリーやコッポラ、チャン・イーモウ、アン・リーなら
日本で作っても傑作できるね。
機材・資金以前に、実力が違う。
日本のくだらねー話の映画作る奴らよりは、ましなの撮るよ。

しかしよ、〈機械と人間の対立描いた〉2001年宇宙への旅が出来て40年位後に
ロボコンの映画作ろうという感性って何?


464 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 23:28:29 ID:AHOEzX/1
邦画ねぇ・・・実況しながらじゃないと見られないよ。
外国のB級にも劣る。

465 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 23:31:06 ID:FD7P2I0m
ここでも独り言かい。
糞尿は自分が何をしたいのかも、もう分からなくなってるんだろ?

466 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 23:34:25 ID:cSBtW8Q1
>>463
スピルバーグの映画でも結構ミスがあるように、いちいち重箱の隅を気にしてたら、
ちまちま小さくまとまってしまい、大技は出せない。
仮面ライダーの仮面の下からはみ出た髪とか、ウルトラマンの背中のジッパーとか、
子供でも大人になって目をつぶってる事があるのに、お前は器が小さ過ぎ。
嫌なら読むなよ。

467 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 23:35:10 ID:FD7P2I0m
「2001年宇宙への旅」は機械と人間の対立を描いたんじゃない。
「時計じかけ」「シャイニング」「フルメタル」と同じキチガイ大暴れの映画だ。

468 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 23:36:00 ID:FD7P2I0m
>>466

>>465


469 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 23:37:23 ID:cSBtW8Q1
>>468
スピルバーグの映画でも結構ミスがあるように、いちいち重箱の隅を気にしてたら、
ちまちま小さくまとまってしまい、大技は出せない。
仮面ライダーの仮面の下からはみ出た髪とか、ウルトラマンの背中のジッパーとか、
子供でも大人になって目をつぶってる事があるのに、お前は器が小さ過ぎ。
嫌なら読むなよ。

470 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 23:38:44 ID:FD7P2I0m
>>469

>>465

471 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 23:53:01 ID:OVB15NJC
>>456「質」については、そんなの何が良い悪いだの簡単に決め様がないとしか言えない。

 それを言ってしまったら、今まで話してきた日本映画のダメな所も、結局は全部主観の問題で、
人それぞれ感じ方は違うと開き直ってるようにしか聞こえないんだが。海外の主要な映画祭でも評価されている
最近の韓国やロシアの映画を見ると、やはり日本アカデミーショーの作品とはレベルが違うと思うが。内輪受けで
評価された作品と、古今東西、世界中から来る映画とコンペでしのぎを競いあった作品とは、断然どちらが映画としての
完成度が高いかは素人目でもわかる。それでも日本人にさえ受ければそれでいい、世界なんて関係ない。
ガイジンが喜びそうな記号を散りばめた監督が有利になるだけ、と外の目を頑なに拒絶するなら、日本映画の進展はこれ以上
ないだろうな。あとは観客の趣向が画一化し、供給多寡に陥り、しだいに腐っていくだけ。

 予算については詳しくないので良く分からんが、例えば現在日本で活躍している監督に、潤沢な資金と機材とロケのセッティングまで
その他もろもろの良い環境を完璧に与えたら傑作が撮れるようになるの?


472 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 23:55:14 ID:FD7P2I0m
>>471

>>465

473 :名無シネマさん:2008/07/23(水) 23:57:14 ID:0Lbd6qv5
コミックスが原作の映画
 ハリウッド          邦画
・スーパーマン      ・キャシャーン
・スパイダーマン     ・はっとりくん
・デアデビル        ・デビルマン
・300            ・三丁目
・101            ・釣りバカ

映像技術集団の力の差(彼等を雇用できる資金力)が大きいのだろう。
B級映画を手掛ける映像技術集団の「UFO」でさえ圧倒的な技術力の映像をつくる。

シャル・ウイ・ダンスとかジュオンとか、脚本や雰囲気で勝る事ができても資本の違いがでかい。
マーケットの巨大さがハリウッド。邦画はハリウッド以外のフランスやスペイン映画となら遜色はないと思う。

日本人はCG映像や特殊メイクは得意分野なのに最高の人材は邦画を離れハリウッドへ行ってしまう。


474 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 00:01:24 ID:9/T64IwG
ボールペンが無重力で漂っている、と。
それだけで、そこにゾゾゾーって感覚を作り手自身が感じているかどうか。

475 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 00:14:29 ID:YV73yZrI
>>462
入念なリハーサルが出来るほど俳優を拘束するにも所詮はカネ。フリードキンの撮った
TVムービー版のリメイクでさえそこら辺の邦画よりは遥かにカネが掛かっているはずだ。

>>463
>多分、リドリーやコッポラ、チャン・イーモウ、アン・リーなら
>日本で作っても傑作できるね。

イーモウやアン・リーはともかく、リドリーやコッポラは「俺様が休むトレーラーさえないのか!」
と怒って半日で帰るだろうな。

>>471
海外海外言ったところで、今度は海外の映画祭ディレクターやバイヤーにいかに
受けるかしか考えなくなるから、実際はあんまり意味がない。

>予算については詳しくないので良く分からんが、例えば現在日本で活躍している監督に、潤沢な資金と機材とロケのセッティングまで
>その他もろもろの良い環境を完璧に与えたら傑作が撮れるようになるの?

そんなことは分からない。だが、今の日本には「くだらない企画にまでなぜかカネ
が突っ込まれるから、赤字映画が大半のはずなのに国産映画の制作・公開本数が多過ぎる」「監督も撮
れるだけで満足するから悪条件を引き受けてしまう」という絶望的な状況がまずあるんだ。この
2点をどうにかしない限り、「質」をどうこう言う次元にさえ達することが出来ない。

もっとはっきり言えば、やはり何もかもボタンが掛け違ってしまっている今の日本の制作環境で
映画を撮ろうということ自体が本当は間違っているんだと思うけどね。アニメと同じだよね。そもそ
も日本でアニメを作ろうという行為自体がもう間違っているわけで。

476 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 00:36:25 ID:9/T64IwG
投資としてであれ、消費としてであれ、個人のお金の使い道というのは、
決して正すということはできない種類のもだと思う。

477 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 00:44:16 ID:YV73yZrI
>>476
全く仰る通り。ではなぜ日本映画にカネを出す奴が絶えないのか? ここが考えても
考えてもいまだによく分からないんだよねえ。

478 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 00:46:33 ID:cs1nfts8
「くだらない企画にまでなぜかカネ
が突っ込まれるから、赤字映画が大半のはずなのに国産映画の制作・公開本数が多過ぎる」

多すぎると具体的にどういう問題がおきるわけ?

「監督も撮れるだけで満足するから悪条件を引き受けてしまう」

悪条件というのは具体的に?

479 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 00:53:29 ID:9/T64IwG
ハリウッドで、ある脚本が製作者や監督や有力俳優の間で、何年も転がっている、
というような話を聞くと羨ましく感じる。消化のスパンというか焦点というか。

仕事の速さとか規模とか人材とかを真似しても、なんか違うだろうなという感じはある。

480 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 01:19:08 ID:YV73yZrI
>>478
>多すぎると具体的にどういう問題がおきるわけ?

色んな問題があるだろうけど、例えば、赤字映画が多過ぎると、映画に継続して出資
しようという安定した出資者がいなくなってしまう。結果的に次の新しいカモを
見つけるしかない。ますます映画がうさんくさいものに思われるし、実際にうさんくさい(とほほ・・・)
もちろんアメリカでも1割の黒字で9割の赤字を埋める状況ではあるんだけどね。
日本の場合は埋め切れているのかどうかさえよく分からない。

>悪条件というのは具体的に?

例えばスケジュール。こんなに低日数と低人数で商業映画を挙げる国はそんなにないと思う。
連日早朝深夜とか徹夜とか、現場が無理をし過ぎているのではないか?

>>479
アメリカは舞台・映画・TVドラマと、観客にとっても作り手にとってもドラマに対する考え方とか、
リテラシーが全然違う国だと思うんですよね。ダークナイトが映画史上最高の
ヒットとか日本じゃ絶対に有り得ないでしょ? 入場料金が安いせいで映画が国民的な娯楽として根
付いている国だから、映画をよく観ていて観客のレベルも違うんだよ。あんなに教育
レベルの低い国なのにね。ただアメリカの一般的な観客も作り手も旧作や古典は全然知らないようだ。

481 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 01:24:31 ID:K+BFFfzR
>>475
リドリーもコッポラも日本で映画撮ってるがね。

482 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 01:35:44 ID:YV73yZrI
>>481
リドリーは『ブラックレイン』でロケ地として日本を使っただけ。コッポラは
プロデューサーとして『影武者』『Mishima』をやっただけ。
日本映画の予算で「日本映画」を撮ったわけではない。

この程度の区別もつかずに余計なツッコミを入れるな。

483 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 01:40:28 ID:YV73yZrI
あ、『ロスト・イン・トランスレーション』もあるか。あれもどこかで関わった人
(普段はアメリカ在住の日本人スタッフ)のインタビューを読んだら、日本側の
下請けプロデューサーがハリウッドでは有り得ない予算で現場を請けたらしく、日本側
スタッフが相当に無理をしていて気の毒だったみたいだね。

484 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 01:48:25 ID:vcFMgVmB
>>480
資本だの条件云々なんて関係ないって。
そもそも、数百億の資金があったら傑作を作れそうな監督なんて日本にいるか?


485 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 02:08:32 ID:9/T64IwG
>>480
リテラシー、というのは少し大上段のように思う。
個人的に、橋爪功とか野際陽子が出ているような2時間ドラマは、
筋が分からないのに途中から見いってしまったりする。
密度に安心できるというか。

でも「日本映画」というときの特有の「いやな」感じはとても気になる。

486 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 02:22:28 ID:9/T64IwG
ノーランは、ヒップ・ホップ的な意味でなしに、タフだと思う。

487 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 06:28:19 ID:cs1nfts8
>>480 赤字映画が多過ぎると、映画に継続して出資 しようという安定した出資者がいなくなってしまう。

居なくなるならいいじゃん。製作本数が多すぎるんだろ。問題解決ジャン。あと、次の新しいカモを
見つけることが、なぜ映画をうさんくさいものにする、に繋がるのか?うさんくさいって、具体的にどういうこと?

488 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 07:28:13 ID:VkPKlKGG
アメリカは素晴らしい
日本はダメ
こんな話は聞き飽きた

489 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 07:31:36 ID:EmsLylXH
でも依然として状況は変わらないからなぁ…。
日本の夏映画は去年西遊記今年ポニョ、と
子供だましレベルの安い映画ばかり。確実に世界から取り残されてる。

490 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 07:47:44 ID:zJUEixrf
基本的に人材が駄目。
日本の監督としゃべってて「こいつ、人と違う事した事あるのかな」って思う。
ありきたりの日常から1歩も抜け出さない凡人の群れ。
その証拠に、脚本からして平々凡々でみる気がしない。どうでもいいようなくだらねー話ばっか。
脚本コンクールで読んでても、退屈でスケール小さい話ばっかでうんざり。
青年マンガのほうがよほど、面白いよ。

資金は2の次だね。ゴダールは路上撮影で「勝手にしやがれ」を作った。
ロッキーだって低予算。日本は、資金あっても駄作しか取れない。それは脚本からして明らか



491 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 08:25:38 ID:A4uuE1Kj
糞尿は日本に生まれたから虐待されてるんじゃない。
アメリカ人として生まれたとしてもフランス人として生まれたとしても
やはり差別されてたよ。
地球上どこの国に逃げてもキチガイと呼ばれ、ただ生きているだけで指差されて爆笑されるよ。
日本を悪く言っても何の意味もない。
どんなに必死になって反日活動をしても、みんなの愛国心は揺るがない。
糞尿は宇宙板とかで(そんなのがあればの話だが)
「地球は銀河系の恥(ワラ」とか書いてればいいんだよ。

492 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 08:35:07 ID:os55Pi2X
おまいら日本映画と言っても、テレビ局が作ったメジャー作品しか見てないんじゃね?
日本映画の大作はほとんどクソだが、そうでないものでおもしろい作品は増えてきているぞ。

493 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 08:55:28 ID:zJUEixrf
じゃ、日本映画で面白い話って一つでもあるのか言ってみい。
身内で褒めあってで賞やり取りしてるだけじゃん。
個性溢れる題材って何かある?
タイの映画のほうがよほど面白い独創的な映画作ってる。


494 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 09:24:09 ID:zJUEixrf
踊る捜査戦線、有頂天ホテルって言う駄作が大ヒットする構図が変。
米国でもバットマンの駄作がヒットしたりするけど。

テレビで宣伝してるものは条件反射で見に行く洗脳されやすい奴らが
業界を支えてる。ゆとりの弊害だね。



495 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 10:22:47 ID:o9fSMk1F
構図?

496 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 11:08:57 ID:UGBbBIp6
274 名無シネマさん 2008/07/03(木) 03:06:26 ID:ANR4IKst
>ID変えてるのはみんな知ってるんだよ、と何百回指摘されてもへこたれない
>同じ調子で独り言してるんだから手が付けられないよ

http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/movie/1213801639/129

497 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 14:54:38 ID:Wlp/tSWB
>>492
老人ホームの便所の落書きだから何を言っても無駄

498 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 16:04:37 ID:8rDj18Pq

>>497

274 名無シネマさん 2008/07/03(木) 03:06:26 ID:ANR4IKst
>ID変えてるのはみんな知ってるんだよ、と何百回指摘されてもへこたれない
>同じ調子で独り言してるんだから手が付けられないよ

http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/movie/1213801639/129



499 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 22:02:55 ID:YV73yZrI
>>487
>あと、次の新しいカモを見つけることが、なぜ映画をうさんくさいものに
>する、に繋がるのか?うさんくさいって、具体的にどういうこと?

結局、実際にリターンがあるかどうかとは別に、映画制作など出資者からカネを踏ん
だくって作った者の勝ち、という極めてうさんくさいビジネスになってしまっているんだよ。
ただこれは日本だけではなく世界中で似たような面はあるだろうけどね。

>>489 >>494
まあヒットする映画はそれはそれでいいんですよ。リターンを出しているだけでも大したもんだ。問題は、リタ
ーンも出せないような映画にどこかから踏んだくられた資金が投下されて消えていくことなんだね。

>>490
作品にもよるけど、ゴダールも日本映画では出来ないような贅沢な撮影を結構やっているよ。
ロッキーも同時代の日本映画に比べればそれなりにお金は掛かっている。

>>492
どの辺の映画を指して「おもしろい」と言っているのかは不明だが、今の日本映画には
「詐欺同然に出資が引き出され」「悪条件でも仕事を請ける人が多過ぎて」「誰も観ない」映画が量産される
という、「質」以前の問題があるんだ。ここをどうにかしない限りはどうにもならない。

500 :名無シネマさん:2008/07/24(木) 23:26:52 ID:o9LnY1Vb
>どの辺の映画を指して「おもしろい」と言っているのかは不明だが、今の日本映画には
>「詐欺同然に出資が引き出され」「悪条件でも仕事を請ける人が多過ぎて」「誰も観ない」映画が量産される
>という、「質」以前の問題があるんだ。ここをどうにかしない限りはどうにもならない。

才能がなくとも仕事を与えられるため、映画制作の世界から淘汰されないシステムですね。



501 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 00:45:22 ID:r1werB4j
>>499 ちょっと聞きたいんだけど、もし詐欺同然の出資がなくなって、悪条件でも仕事を請ける人が少なくなり、
「誰も観ない」映画が量産されることがなくなったとしたら、日本映画界にどんな福音をもたらしてくれるわけ。



502 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 06:23:24 ID:KslF/z0V
>>500
>才能がなくとも仕事を与えられるため、映画制作の世界から淘汰されないシステムですね。

いや、「淘汰」はあるんだよ。いつのまにか撮れなくなった監督など沢山いるんだから。結局、実際の国産映画の
市場規模に比して「映画監督になりたい人」「映画監督を続けたい人」が多過ぎるんだよ。

>>501
詐欺同然の出資がなくなれば→映画業界の信用度が向上する。映画と関わって嫌な思いをした人の大半
の理由は「金」だろう。お金にクリアーなビジネスになれば社会的地位も向上するはずだ。

悪条件でも仕事を請ける人が少なくなれば→監督・スタッフ・俳優の平均的な待遇と制作条件が向上する。
ただし、悪条件のお陰で仕事がもらえていたレベルの人たちは受注が減って困るだろうから、待遇向上を訴えても
切られるだけと賛成しないかもしれない。ここでも市場規模に比して参入希望者と労働者が多過ぎる構造があるんですね。

「誰も観ない」映画が量産されることがなくなれば→粗製濫造映画が減って個々の作品の
品質が上がっていけば、これも日本映画の信用度の向上に繋がる。ただ反面、悪条件でもいいから
作りたいというクラスの監督たちからは仕事を奪ってしまうのも事実だろうね。
新人監督も減ってしまうでしょう。1990年代後半以降、日本映画に新人監督が出やすく
なっているけど、これも監督たちが悪条件を引き受ける代償だった面があり、
ここをどう評価するかは極めて難しい問題なんだ。10人に1人でもメジャーになれればいいじゃないか
とするか、そのために9人を使い捨てるのは間違っているんじゃないかとするか。

503 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 07:19:25 ID:fk7rJnm5
↑の意見は変。
駄作〈凡人〉に金が入ることを劣化の原因にしてるけど、
それは少なくとも名作を作る障害にはならない。
金が出資され過ぎると嘆くけど、それは良質な人材にも投資されるということで
傑作が作られる基盤にはなってるはず。
ただ問題は、日本に才能ある人材がいないこと。岩井俊二も劣化したし。

日本で才能ある人材って誰?
〈個人的には、シャル・ウイ・ダンスも呪怨もつまらなかった〉


504 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 07:23:30 ID:fk7rJnm5
インファナル・アフェア、マッハ、恋人達の食卓。
優れた作品の根本に、優れた脚本がある。
日本実写映画で魅力ある題材・設定がない。
どうでもいいようなくだらない話ばっかじゃん。
宮崎・押井・大友のアニメには、話そのものがスケールでかく、魅力あるけど。

でも、踊る捜査戦線程度で大ヒットしちゃうんだよな〈テレビの洗脳で〉。


505 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 07:33:27 ID:HdNrCrvR
同じ日本人だと見慣れてるせいか厳しい目で見てしまうよな。
外人はそんなに上手くなくともなんかサマに見えるし。

506 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 07:42:32 ID:do9VJ383
>>505
大友の実写は糞だったぞ

507 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 07:57:12 ID:do9VJ383
>>504でした

508 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 08:00:21 ID:r1werB4j
>>502  「誰も観ない」映画が量産されることがなくなれば→粗製濫造映画が減って個々の作品の
品質が上がっていけば、これも日本映画の信用度の向上に繋がる。

 粗悪映画が減ったからといって、なんで個々の作品の品質が上がるってなるわけ?

509 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 10:00:44 ID:t4ObGfiu
>>508
ただの粗さがしみたいなレスは鬱陶しいだけ。

510 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 10:45:14 ID:KslF/z0V
>>503
>金が出資され過ぎると嘆くけど、それは良質な人材にも投資されるということで
>傑作が作られる基盤にはなってるはず。

それは新人監督ラッシュの功罪をどう見るか? という問題と同一でしかないよ。

>1990年代後半以降、日本映画に新人監督が出やすくなっているけど、これも監督
>たちが悪条件を引き受ける代償だった面があり、ここをどう評価するかは極めて難しい問題なんだ。
>10人に1人でもメジャーになれればいいじゃないかとするか、そのために9人を
>使い捨てるのは間違っているんじゃないかとするか。

それと余りに安い映画が多いと、観客も「こんなもんか」と思ってしまうので、かえって日
本映画の信用度を下げてしまうよ。一般観客は単館系の観客のように優しくはない。

人材や企画については、「でもそんな監督や企画に金を出す出資者やプロデューサーはなんで
いるわけ?」という話にしかなんないよ。だから文句を言うべきは実は監督個々人ではなく、出
資者やプロデューサーの方なんだよね。『踊る』については、儲かるものを作って何が悪い
のかと言われれば誰も反論は出来ないでしょう。ただ『踊る』もスピンオフを合わせてもそんなに
沢山作れるわけでもないので、あれは放っておいてもいいと思うけどね。

511 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 11:50:08 ID:E+jjZqAo
日本映画だけでなく、中国朝鮮映画にも言えることだけど
問題は「顔」
おじさん連中になるとみんな冴えないというか汚いし
セクシーな中年男性というのも殆どいない
しかし外人になると、一般人でも絵になるので画面が持つ


512 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 13:36:22 ID:lA36OTWF
邦画って、徒弟制度の因習を引き継いでいる気がするな。
それぞれの技術の蓄積はすごいんだろうけどね。一般人が映画を楽しむには必要ないところばかり豪華だったり。
着物の内張りに凝って、それがわかるやつが粋だってのたまっている連中。
でも、肝心の外張りがツンツルテンだから、誰も見ないみたいな。

513 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 14:05:31 ID:xzPiAZmk
>>509
>>508のどこが粗探し?
素直な疑問だと思うけど


514 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 15:00:37 ID:r1werB4j
>>510 新人監督ラッシュの功罪をどう見るか?
 >>503 が言ってるのは、新人監督ラッシュといっておきながら、何一つ才能のある監督が出てきてないじゃん
、っていうことでしょ。>>510のいう悪条件?が、個々の作品の質にまで影響を及ぼしてくるなら、なんとか打開策を
を見つけなきゃいけないだろうけど、実際その悪条件がどの程度個々の作品の「質」に影響を及ぼしてくるのかが、
>>510の文面ではよくわかりずらいんだけど。

人材や企画については、「でもそんな監督や企画に金を出す出資者やプロデューサーはなんで
いるわけ?」という話にしかなんないよ。だから文句を言うべきは実は監督個々人ではなく、出
資者やプロデューサーの方なんだよね。

 ここがよくわからない。くだらない企画や監督に金を出す出資者やプロデューサーはなんで居るわけ?じゃなくて、
じゃあなぜ、そんなくだらない企画や監督しか居ないのか?を考えるほうが筋が通ってない?
少なくとも最近の邦画を見る限り、予算や企画の問題よりも、監督個人の演出や脚本のほうがなってない作品のほうが
目立つけど。

 >>508でも言ったけど、粗製濫造映画が減ることと、個々の作品の品質が上がることはまったく別問題じゃないの?
粗製濫造映画が減ることで、残りの映画に「質的な面で」どういったプラス効果が生まれるわけ?

515 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 16:52:07 ID:yqnxOGSH
本広 + 大金 = クソ映画

そのクソ映画 + 膨大な宣伝 = 大ヒット

大ヒットしたから本広に大金で・・・

516 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 21:30:40 ID:KslF/z0V
>>513-514
個々の作品の品質が「上がる」か否かはともかく、安っぽい映画を量産しないことが
日本映画の信用度を増すには本来は不可欠。

>余りに安い映画が多いと、観客も「こんなもんか」と思ってしまうので、かえって日
>本映画の信用度を下げてしまうよ。一般観客は単館系の観客のように優しくはない。

ちなみに自分は安っぽくても気にならない方だが、一般観客はそんなに優しくないから、安い映画が
多いのはやはり好ましいことではないだろう。これってそんなに難しい話かね?

>ここがよくわからない。くだらない企画や監督に金を出す出資者やプロデューサーはなんで居るわけ?じゃなくて、
>じゃあなぜ、そんなくだらない企画や監督しか居ないのか?を考えるほうが筋が通ってない?
>少なくとも最近の邦画を見る限り、予算や企画の問題よりも、監督個人の演出や脚本のほうがなってない作品のほうが目立つ

だから話が全然逆だろ。仮に今の日本映画に「くだらない企画」しかなく「演出や脚本がなって
ない監督」しかいないというなら、じゃあそんなものにカネを出す奴は誰だ? という話にしかな
らないよ。これもそんなに難しい話か?
そもそも映画の出来を監督個人に負わせるのは少しおかしくないか? もちろん
作品論・監督論としてはそれでいい。しかし一歩引いてみると、「ではなぜそういう監督に
カネが投じられるのか?」も考えてみる必要はあるんじゃないか?
はっきり言ってしまうと、いまだにプロデューサーの多くはとにかく出資者からカネを巻き
上げて作っちまえばいい(後は知ったこっちゃねえ)、ぐらいにしか考えていないんじゃねえのか?

この辺の「映画とカネ」の問題から詰めていって映画界をもっとクリアーでクリーンな
ものにしていかないと、日本映画界には「質」以前の状況がある現実は何も変わらないと思うぞ?

>>515
本広のような監督は別にいいんだよ。「質」はともかく一応はヒットさせているんだから。
作品の出来はともかくリターンを出しているだけでも偉いだろ。『少林少女』は知らんけどな(藁)

517 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 21:38:16 ID:KslF/z0V
>>514
「質」「人材」についてだが、確かに自分も今の日本人の監督の大半は駄目だとは思う。
でも映画の「良い」「悪い」はそんなに簡単に決められない以上、「質」「才能」を論じても
主観のぶつけ合いと堂々巡りにしかならないので、そこを論じても余り生産的なことにはならない。

日本映画の本当の病巣は「質」「人材」を論じる以前のところにあるんだ。>>516

518 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 22:21:16 ID:Yww7yXoR
>>476でも書いたけど、
お金がある人が好きなようにお金を使うのは、
決して馬鹿なことではない、と思う。

ハリウッドで、ある王道的といえる企画の映画化に尽力したという人が、
(テレビで)「無間地獄でした」と語っていたのを聞いたとき、
ああ、これはシステムの問題じゃないなと思った。

519 :名無シネマさん:2008/07/25(金) 23:26:18 ID:S0c5oj9H
>>516
資本側が金を出す理由なんて道楽でもなければ何らかの利益があるからに決まってる。
監督が優秀じゃなくても利益になる事はある。そんなの日本に限らないし、大昔から同じ。
そんな環境の中でも優秀な作品は数多く生まれてきただろ。
あなたの言ってるのは、日本映画がつまらない事とはほとんど無関係。


520 :名無シネマさん:2008/07/26(土) 07:36:37 ID:ES0K83P9
同じ俳優ばかり出てくるとこが嫌い。

521 :名無シネマさん:2008/07/26(土) 08:57:39 ID:7h/ii1dq
香港映画も結構そうだよね

522 :名無シネマさん:2008/07/26(土) 10:43:35 ID:1L5DNfWr
>>518-519
何が言いたいのかよく分からないが、少なくとも、詐欺同然に出資を募って作られる映画や、
チケットを各方面に買い取らせる映画がなくなるだけでも日本映画界は信用を取り戻すことができる。
何とかして安っぽい映画を濫作させない状況を作ることも品質保証には重要だ。

>あなたの言ってるのは、日本映画がつまらない事とはほとんど無関係。

「面白い」「つまらない」など個々人の主観でしかないから、そこを論じても堂々巡り。
内外で賞を獲ればいいのか? 賞などその時々の時流を制した者が勝つだけだ。

日本映画界には「質」個々人の「才能」以前の問題があるんだけど、これってそん
なに難しい話なのだろうか?

523 :名無シネマさん:2008/07/26(土) 11:03:34 ID:z1drGzTr
>>522
>何とかして安っぽい映画を濫作させない状況を作ることも品質保証には重要だ。

品質保証って何?
誰がするの?
どっかの「公的機関」?
それとも物知り顔のあなた?

524 :名無シネマさん:2008/07/26(土) 11:09:46 ID:1L5DNfWr
>>523
ここでいう「安っぽい」とは、単館系を中心に濫作されている低予算映画のことだよ。

>余りに安い映画が多いと、観客も「こんなもんか」と思ってしまうので、かえって日
>本映画の信用度を下げてしまうよ。一般観客は単館系の観客のように優しくはない。
>ちなみに自分は安っぽくても気にならない方だが、一般観客はそんなに優しくないから、安い映画が
>多いのはやはり好ましいことではないだろう。これってそんなに難しい話かね?

これも監督協会などが悪条件では作らせないようにすれば改善は可能だ。ただ、
そうなると逆に仕事が減る監督・スタッフの方が大多数だから、難しいんだね→>>350
新人監督もデビューできなくなるから反対するだろうね。

525 :名無シネマさん:2008/07/26(土) 13:22:06 ID:sEXRrGNC
勇壮な映画や
面白いハイテンポ映画や
エンターテイメント映画や
痛快アクション映画で
まともで質の高い映画をとれる監督が全くいない。
現在は100%いない。
本広とか樋口とか堤監督とか質の低い低レベルな監督だけ。

スローなゆったり映画や
NHK教育テレビのような教養映画とか
人情もの映画では
良質な映画がけっこうある。そういうのがうまい日本人監督はいる。
明日への記憶とか
かもめ食堂とか




526 :名無シネマさん:2008/07/26(土) 15:08:17 ID:uYqHKy4b
>>522
商業映画は大衆の評価が一番だろ。
黒澤より樋口の「隠し砦」の大方の平均点のほうが高いようなら
今の日本映画に文句は少ないだろ。が、結果は明白じゃないのか。
個人の主観がどうのこうのなんて無能な人間の言い訳。
そういう考え方そのものが日本映画をダメにしている。

527 :名無シネマさん:2008/07/26(土) 15:16:53 ID:6SNIK8Ja
>>525
そうなんだよな。
ハリウッド式のテンポの早いアクションやサスペンス、
低予算でも脚本の妙で見せるスリラー、乾いたかっこいいバイオレンスモノ、
骨太のスケールでかい史劇・社会派映画みたいのが
日本はまったく、皆無といっていいほど撮れない。
戦争映画は言うに及ばず。

でも韓国や中国、東南アジアの監督は、荒削りながら
そういうエンターテイメントを(たまに)撮ってくる。
その違いが何なのか、ID:1L5DNfWrさんのずっと主張してる金の話もよくわかるんだけど、
でも正直それだけでもないような気がする。

日本だって、明日への記憶やたそがれ清兵衛は確かによかったし、
それでもやってないも小粒ながら実にリアルだった。
がんばっていきまっしょいみたいなスポコン系、
下妻物語やかんくろう(字忘れ)など小ネタで責めるアニメ臭いコメディ、
あと精神異常者が作ったのか?と思うような陰惨なバイオレンス、
リングや呪怨、CUREなどいや〜なホラー系、そういうのは、結構うまいと思う。
最初からやりたいことを絞った、こじんまりしたジャンル映画は見れるのもある。

でもスケールを少し大きくすると途端にダメになるんだよなあ・・・

528 :名無シネマさん:2008/07/26(土) 16:59:11 ID:3lrbBUwr
>>522 「面白い」「つまらない」など個々人の主観でしかないから、そこを論じても堂々巡り。
内外で賞を獲ればいいのか? 賞などその時々の時流を制した者が勝つだけだ。

>>471でも言ったけど、そんなことを言ってしまったら、今まで上で話してきた日本映画のダメな所も、結局は全部主観の問題で
人それぞれ感じ方は違う、と開き直ってるようにしか聞こえないんだが。
 日本映画界の構造上の問題はわかった。でも日本映画の信用を墜落させているのは、単館系を中心に濫作されている低予算映画じゃなくて
、テレビ局資本の10億そこら掛かってるメジャー映画のほうでしょ。

529 :名無シネマさん:2008/07/26(土) 17:55:59 ID:Bti98wz9
>>522
単館系って結構面白いのもあるけど
ああ言うのは低予算だからこそ出来た企画だと思うけどな
(高予算だったらとにかく非現実的、非現代的なものを作るだろうし)
安っぽいって言葉一つで終わらしてしまうのはどうかと思うけど

530 :名無シネマさん:2008/07/26(土) 19:43:24 ID:midkLovr
>>527
深作のいつかギラギラする日はそれなりに頑張っていたと思うよ

廃屋を爆破するのが限度だったけどw

531 :名無シネマさん:2008/07/26(土) 20:06:21 ID:1L5DNfWr
>>526
>個人の主観がどうのこうのなんて無能な人間の言い訳。
>そういう考え方そのものが日本映画をダメにしている。

「無能な人間の言い訳」って・・・(苦笑) 「商業映画は大衆の評価が一番」といっても、
それは興行的な成功においてはそうだというだけであって、客観的な「良い」「悪い」
に直結するもんじゃないでしょ? それぐらい「面白い」「つまらない」というのは
簡単には決められないものなんだ。
だいたい、その「大衆」は、ここで文句を言っている人が批判するような『踊る』と
か観て満足しているわけでしょう? ・・・だったら何の問題もないことになる。あれ?
それと『隠し砦』は比較例としては全然駄目だね。今の一般観客はクロサワやミフネの名前などに
何の感動も覚えないから、「モノクロのモタモタした映画」としか思わない人が大半だろう。
クロサワの名前に感動するような映画通の評価と一般観客の評価はそれぐらい違うんだ。

>>527
>でも韓国や中国、東南アジアの監督は、荒削りながら
>そういうエンターテイメントを(たまに)撮ってくる。
>その違いが何なのか、ID:1L5DNfWrさんのずっと主張してる金の話もよくわかるんだけど、
>でも正直それだけでもないような気がする。

いつ頃からそうなったのか不明だけど、日本の監督志望者で真正面から娯楽をやりたい人
って余りいないんだよ。ドラマでも恐ろしく狭い世界の人間関係を動かすことしか考えていない。
なぜそうなったのか? いまだに自分にも理由がよく分からないんだよね。

>でもスケールを少し大きくすると途端にダメになるんだよなあ・・・

それは監督の資質の問題に加え、やはりお金なんだよ。仮に風呂敷を広げても予算的に
現場で撮り切れなくなってしまう。

532 :名無シネマさん:2008/07/26(土) 20:07:40 ID:1L5DNfWr
>>528
>でも日本映画の信用を墜落させているのは、単館系を中心に濫作されている低予算映画じゃなくて
>テレビ局資本の10億そこら掛かってるメジャー映画のほうでしょ。

え? >>531にも書いたけど、一般観客は(客観的な「質」はともかく)『踊る』や『三丁目』や『花男』
に満足しているじゃん。>>526 もそうだけど、どこか言っていることがおかしいぞ?

>>529

>ちなみに自分は安っぽくても気にならない方だが、一般観客はそんなに優しくないから、安い映画が
>多いのはやはり好ましいことではないだろう。これってそんなに難しい話かね?

あと、単館系でもそこそこお金が掛かっているものは結構あると思う(回収できて
いるのかは不明だが) 問題は、その下の予算の映画が多過ぎることなんだね。
予算の限界はどうしても画面に出てくるから、あんまりそういう映画が増え過ぎるのも問題だと思う。
新人やなかなか劇場用映画を撮れない監督さんなどは撮らせてもらえるだけで有難いのかもしれないが・・・。

533 :名無シネマさん:2008/07/26(土) 21:46:12 ID:tasLqpK6
>>460
禿同
ルサンチマンイラネ

534 :名無シネマさん:2008/07/26(土) 22:12:45 ID:3lrbBUwr
>>532 え? >>531にも書いたけど、一般観客は(客観的な「質」はともかく)『踊る』や『三丁目』や『花男』
に満足しているじゃん。>>526 もそうだけど、どこか言っていることがおかしいぞ?

 おかしいのは当たり前じゃん。このスレに居る奴らは、大衆じゃないんだから。
 みんなある程度映画をたくさん見てるし、日本映画にある種の危機意識を持ってる。だからこうやって日本映画のダメな所を語ってんじゃん。
 問題はテレビ局主導の大衆映画が幅を利かせすぎて、そういう映画通をうならせるような日本映画がぱったりと無くなってしまったってことでしょ。
 日本映画業界の不条理な問題点も考えなきゃいけないけど、だからといって「質」の問題は主観なので後回し、とはいかんだろ。
 どう考えても今の日本映画には、主観とかそういうレベルに収まりきらない程のダメなところが幾つもあると思うが、コレも個人の主観で流されてしまうなら、
 大衆が良いと言うならそれで良し、になってしまうよ。
 「踊る大走査線」が大ヒットする日本と、「殺人の追憶」が大ヒットする韓国。やはり大衆レベルで何かが違うんじゃないの?

535 :名無シネマさん:2008/07/26(土) 22:14:37 ID:bWAtv+xG
自殺しろ
キチガイ

536 :名無シネマさん:2008/07/26(土) 22:55:51 ID:1L5DNfWr
>>534
>問題はテレビ局主導の大衆映画が幅を利かせすぎて、そういう映画通をうならせるような日本映画
>がぱったりと無くなってしまったってことでしょ。

「映画通をうならせる」ねえ・・・。現在公開中だと、内田けんじとか原田眞人とか是枝裕和とか
長崎俊一とか橋口亮輔とか、、、じゃ駄目なの? どれも「映画通」(笑)には評判がいいようだが。

>どう考えても今の日本映画には、主観とかそういうレベルに収まりきらない程のダメなと
>ころが幾つもあると思うが、コレも個人の主観で流されてしまうなら、 大衆が良いと言うならそれで良し、
>になってしまうよ。

だから「良い」「悪い」なんて、そんなの大半は主観なんだよ。論じても論じてもキリがない。
上記の「映画通」(藁)に評判がいい監督たちにせよ批判はあるんだし。
「大衆が良いと言うならそれで良し」それを言い出したのは>>526だけどな。

>「踊る大走査線」が大ヒットする日本と、「殺人の追憶」が大ヒットする韓国。やはり大衆レベルで何かが違うんじゃないの?

韓国はスクリーンクォータ制がある国なので、簡単に比較はできない。『殺人の追憶』
は有名な未解決事件の実録ものとしてヒットしただけ。ちなみにデータを見ると03年なら韓
国国内では『シルミド』の方が当たっていたと思う。
大体、韓国人も大衆レベルではそんなに映画を知っているわけじゃないだろ。外国映画の
正式の輸入本数も少ないしね。
『踊る』に関せば、韓国ではTV局がそういう映画ビジネスをやってないみたいだしね。
韓国で似たようなビジネスをやるとどうなるだろう? 『冬のソナタ 劇場版』とか?

537 :名無シネマさん:2008/07/26(土) 23:05:10 ID:1L5DNfWr
>>534
>みんなある程度映画をたくさん見てるし、日本映画にある種の危機意識を持ってる。だからこうやって日本映画のダメな所を語ってんじゃん。
>日本映画業界の不条理な問題点も考えなきゃいけないけど、だからといって「質」の問題は主観なので後回し、とはいかんだろ。

「危機意識」「質」といったって、そんなの人によって求めるものが全然違うわけだし。

ある人は海外の映画祭や単館系で受けるような、黒沢清とか是枝裕和とか河瀬直美とか
青山真治とか西川美和とか、そういう監督の作品をもっと作れと言っているのかもしれない。
ある人はこのあいだ亡くなった市川崑みたいな名匠の映画がもっと欲しいと言っているのかもしれない。
ある人は『フラガール』とかそういうハートウォーミングなものを作れと言っているのかもしれない。
ある人はハリウッドの娯楽大作みたいなものを作れと言っているのかもしれない。

・・・キリがないね。だから所詮は主観のぶつけ合いでしかないじゃん、そんなの。

538 :名無シネマさん:2008/07/27(日) 00:00:47 ID:ugTQbi9o
>>531

>「モノクロのモタモタした映画」としか思わない人が大半

あんた、バカにしすぎだよ。
まあ似たような考え方の奴が映画作ってたりするから日本はダメなんだろうがな。
観客が映画館へ足を運ぶ要素は映画の内容以外にも色々あるだろ。
興業成績だけ見て客が出来にも満足しているなんて、ずいぶん短絡的な考え方するもんだね。
「踊る」に関してはTVが人気だった影響が大きいだろ、そんなこともわからんの?

539 :名無シネマさん:2008/07/27(日) 00:16:55 ID:k4Va7yMg
「粘着バカにいつも唯一レスする人」は山田洋次スレでも粘着バカにレスしてるなあ。
何考えてるんだ?

540 :名無シネマさん:2008/07/27(日) 02:38:57 ID:q6mAPn0j
>>537「質」っていうのは映画としての完成度ってことね。
〜のような方向性の映画や、〜のような映画のジャンルを目指せってのはただの個人の趣向じゃん。
 で、これを言うと、じゃあ完成度って誰が決めてるんだよ、それも主観じゃんと言われそうだが・・・


541 :名無シネマさん:2008/07/27(日) 09:12:52 ID:zSqjeMDd
>>533
だよな

542 :名無シネマさん:2008/07/27(日) 09:31:59 ID:zgcytIg1
根底には、優秀な人材が映画界に来ないことがある。

業界人はどいつも小市民で、国際情勢や社会問題に無関心。
次代になう映画学校の生徒も、個性的で頭の切れる奴がいない。
話題は低俗だし、脚本書かせると支離死滅。単に東京でてきたいだけの低能多し。
脚本コンクール投稿作も駄作で、入選作ですら眠気がする。全く、未来感じない。
もっと本を読んで、広い世界に目を向けてほしい。〈マンガしか読まないアホ多し〉
ただ、若者に教養無いのはゆとり教育のせいと思う。






543 :名無シネマさん:2008/07/27(日) 09:34:33 ID:zgcytIg1
よく資金って言われるけど、違うだろ。
踊る捜査戦線見て、面白い?
あれは金かけてるけど、つまらない。
世界で公開できるようなものではない。
結局、才能の問題だと思うね。
才能ない奴はいくら金かけても無意味。


544 :名無シネマさん:2008/07/27(日) 09:37:44 ID:zgcytIg1
花田少年史とか、三丁目の夕日、博士の愛した数式、今あなたに会いたい・・・・・・・
全く面白くない作品がヒットするのはなぜ?
冬のソナタに熱狂する婆を笑えないぜ。








545 :名無シネマさん:2008/07/27(日) 11:32:45 ID:IdwVtDIp
>>538
>興業成績だけ見て客が出来にも満足しているなんて、ずいぶん短絡的な考え方するもんだね。

「満足」していると思う。例えば『踊る』シリーズは現にヒットを続けている。
1作目で見限られたなら、こんなに何作も作られたりはしない。

>「踊る」に関してはTVが人気だった影響が大きいだろ、そんなこともわからんの?

それでも客は入ったという事実はある。「質」はともかく、興行的には何も間違ったことはしていない。

>>543
『踊る』だって、アメリカ映画に比べれば遥かに低予算だ。まあ個人的には本広克行にカネを
突っ込んでも仕方がないとは思うけど。ただ一応は当ててるしね。

>>544
それは日本の観客が映画(映像ドラマ)に慣れていないからだよ。映画館の入場料金は高いし、
TV(地上波)もバラエティ番組が中心の国だからね。映画(映像ドラマ)の
見方が未熟なだけですよ。ただアメリカのような国民的に映画好きでTVドラマの
レベルも高い国の方が例外で、一般観客のレベルは世界的にそんなに変わらないとは思うけどね。

546 :名無シネマさん:2008/07/27(日) 13:00:25 ID:+qXnIFJs
ハイハイ、アメリカ最高ですね、ハイハイ

547 :名無シネマさん:2008/07/27(日) 13:40:52 ID:zgcytIg1
Xファイル、24は面白いよ。米国人じゃなくてもハラハラする。
資金以前に、こういう社会的ドラマを作ろうという気が無いんじゃない?
よく企画段階の脚本読むけど、本当にスケール小さいね。
どうでもいいようなくだらない小さい話ばっかりで。
こんな脚本しか思い浮かばないような奴らは、どんな資金・環境でも駄目だよ。
知的な人が業界に来ないのが、最大の問題。





548 :名無シネマさん:2008/07/27(日) 14:33:54 ID:q6mAPn0j
>>545は日本映画にいったいどうなって欲しいの?誰も見ないような粗悪映画が淘汰された所で、
映画の見方が未熟な日本人にしか受けないようなテレビ映画が大ヒットされたんじゃ日本映画は死んでるのと同じだと思うけど。
それでも一般観客が日本映画に集まれば全て良し、後は知らん!なわけ?

549 :名無シネマさん:2008/07/27(日) 14:47:26 ID:eiLtMCJT
>>532
いやだからさ
低予算は低予算なりに工夫の使用があって
それがヒットしたりするときもあるわけよ
それを安っぽいで片付けるなと

550 :名無シネマさん:2008/07/27(日) 14:54:19 ID:79jBd3/r
>>548
別にどうなったって関係ないよ。
日本をどうにかしたいならお前どっか別の国に行けよ。北朝鮮とか。
みんな日本や日本映画を愛している中でお前だけが邪魔なんだよ。

551 :名無シネマさん:2008/07/27(日) 15:03:46 ID:q6mAPn0j
↑ウヨ発狂。

552 :名無シネマさん:2008/07/27(日) 15:13:37 ID:gTQPO25Y
>>547
Xファイルや24は社会派ドラマだったんですね

553 :名無シネマさん:2008/07/27(日) 17:14:15 ID:IdwVtDIp
>>548
日本の映画界を変えるには二段構えの作戦が必要だ。

(1)東宝の権力が強過ぎるために高止まっている入場料金を下げて、映画館
入場者数全体を増やし、映画人口を育てる。もちろん増えた観客が邦画に来るかどうかは
分からないが。結果的にシネコン以外の映画館は苦しくなる可能性はあるが、それはまた別の話だ。

(2)日本映画については、怪しげな出資で作られる映画や、前売りを各方面に買い取らせることで作
られる映画を淘汰する。この種の映画こそが映画界のダーティなイメージの温床になっている。
ここで注目されるのが昨今の映画ファンドの動きで、良心的なファンドもあるが怪しげなファンドもある
という現実が投資家にも分かってきているようだ。高い勉強料を払った代償ではあるが・・・。

貴方が言う「質」については、主観のぶつかり合いでしかないから何とも言えないとしか
言い様がない。TV局映画については、制作側も興行的に当たるものを作っているだけなので、それ
自体を悪いとは言えないだろう。個人的には、映画人口が増えて観客が映画慣れし
てきて(観客の映画を観る眼が向上してきて)、チケット押し付けの悪習もなくなれば、
そういう安易な企画は自ずと減ると確信している。

>>549
それは分かるけど、現在でさえ既にお金がない現場は可能な限りの工夫と無理をしているわ
けですよ。今の日本の映画人ほど、低予算でもそれなりに見られる映画を作ってくれる人たちはた
ぶんいないです(もちろん、お金と時間を掛けている割には無駄遣いしている映画もあるけどね) 
余りに無理をし過ぎていて、出資者やプロデューサーも「この程度の予算でも作れるだろ?」
となってしまっている面はないとはいえない。
ただ監督やスタッフにも、条件の向上を訴えるとかえって仕事が減るかもしれない(新人もデビュー
できなくなるかもしれない)という弱みがあるので、ここは難しいんですね。

554 :名無シネマさん:2008/07/27(日) 20:40:48 ID:5aPcfov6
チケット代が大人1000円で見れたら、映画はかなり見やすくなると思うが、
未だに1800円と言う世界1の高さは崩れていないのが不思議。
ネット予約はこれからどんどん発展するが、前売り券は廃止して、当日券は安くする
べきだと思う。

555 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 04:50:44 ID:dKz/L3qg
貴方が言う「質」については、主観のぶつかり合いでしかないから何とも言えないとしか
言い様がない。

 確かに今現在傑作とされている作品も、単に個人の主観の集まりでしかないじゃんと
言いきってしまえばそれまでだけど、多くの人々の共感を得ているのは、やはりそれなりの理由があるわけで。
 例えば、「踊る」と「殺人の追憶」を比べてみて、どちらが今後の世界の映画史に何十年も残っていくかと考えてみると間違いなく、
「殺人の追憶」のほうだろう。
 でこれを言うと、それも主観じゃん!逆に踊るファンからしたら「踊る」のほう残る!って言うかもしれないだろ、と言われそうだけど、
まぁそれは、こちらとあちらが映画に対して何を求めているかが前提として、まったく違うわけだから話にならない。
 ただ、唯一つはっきりしているのは「殺人の追憶」は世界でも通用した(売れた)が、「踊る」はまったく通用しなかったってこと。
これはテレビもどき日本映画全部に言えることだけど。




556 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 06:26:08 ID:2Ubt7SST
シュリとかブラザーフッドとかの韓国映画は、例え、その俳優に親しみのない日本人にもかなり魅了させるような魅力あるレベルの映画。
なんといっても、出演者の真剣な演技やプロとしての自覚ある迫力演技が伝わってくるから印象深い。

踊る大捜査線なんて、あんなもん同級生や友人が出ているから見に行くような感じで低レベル。
内輪向けにつくって応援してもらって、当てましたなんて感じ。お粗末すぎる。
まともな演出でも脚本でも全くない。これの俳優の演技なんて漫画レベルの低質な演技で、魅力も何も感じない。
優しい日本人観客に甘えすぎの単なるアイドル映画。
踊る、なんて恥ずかしくて海外なんかに出せないし、こんなふざけた演出の映画を誰もみない。
歌手としても俳優としてもプロ根性がゼロのスマップらが出ている映画と全く同じ。
ミッドナイトイーグルで感動したり、スマップの西遊記観て喜ぶ日本人観客、なんて情けないんだよ・



557 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 06:57:37 ID:85NlrqsK
日本映画もむごいが、韓国映画もむごいぞ。
シュリとかどこがおもしろいか全くわからん。JSAなんて終わりまで見るのがつらかった。
クソ映画同士を比べて意味があるのか?

558 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 07:14:54 ID:dKz/L3qg
イ・チャンドン、パク・チャヌク、ポン・ジュノ、キム・ギトク。
とりあえず、こいつらの映画は一通り見て。日本映画のしょぼさが分かる、特に役者の。

559 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 07:25:21 ID:T4XMl1YM
ハリウッドなんてクソ
まさにマクドナルドハンバーガー並のまずさ
どんなに金をかけて作っても冷めたら不味くて食えない

560 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 07:37:41 ID:kEwL913c
キチガイは死んだ方がいいとしか言いようがない

561 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 07:54:51 ID:8n6haK12
「シュリ」をハリウッドで全く同じ絵で作ったら、単なる凡作なんだよね。
けどあの映画には、ハリウッドの凡作によくある、「数少ないスタッフの
才気が光る瞬間」がきちんと描き込まれてる。思い入れが映像に結びついてる。
例えば「踊る大走査線」にはそういう場面がひとつとして存在しない。

562 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 08:03:21 ID:dKz/L3qg
シュリなんかより、日本人は[オールドボーイ」を早く見て危機感を持つべき。
正直あの映画には今の日本映画界じゃ太刀打ちできない。

563 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 12:39:04 ID:iy8y6EQ7
>>561
インファナル・アフェアをハリウッドでリメイクしたらディパーテッドの
ような凡作になる、のと同じか。

確かに踊るのような凡作がなぜヒットしたか理解できない。

564 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 12:52:06 ID:T2R69x7N
>>562
ID:dKz/L3qgさんたちへ。貴方たちの理想を実現するためにこそ、

(1)入場料金値下げにより映画人口全体を拡大する

(2)映画慣れした観客(映画を観る眼を持った観客)を増やす

(3)日本映画においては、怪しげな出資の映画や、現場スタッフの無理を前提に作られる低予算映画を減らす

という三段構えの作戦が必要なのです。>>553

TV局映画については、儲かるものを作るなとはいえません。そういう映画がヒットする
土壌がある(観客が映画慣れしていない)ことが問題だと感じています。
それと、(1)→(3)の過程で、結果的に洋画の観客だけが増え、日本映画の
観客が減り製作本数も減ったとしても、それ自体は仕方がないと思います。現状でさえ
日本映画は実際の市場に比して製作本数が多過ぎるわけですから、むしろ減った方が好都合でしょう。
つまりは日本は監督になりたい人が多過ぎるんです。

565 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 12:53:40 ID:T2R69x7N
>>562
それと韓国映画については、スクリーンクォータ制で国策としてコンテンツ輸出政策を
行っている国ですから、比較としては適切ではないと思いますね。この間まで
軍事政権だった国で、近年になって得られた表現の自由を最大限に使ってやろう、という
ことで史実や社会問題を扱った力作や野心的な実験作が作られる面もあると思います。

また韓国の場合はTV局が映画ビジネスを行っていないようですし、映画とTVドラマの監督(ディレクター)
の区別も厳密なようですから、TVドラマ的な映画が増えない可能性はあるんじゃないでしょうか?
逆に言えば、TV局の映画制作が儲かる、TVディレクターが映画を撮ってもいい、という
風潮になれば、韓国映画も日本の後追いをする可能性はあるということです。
ただ韓流でも恋愛映画などは日本で云う「スイート」のために作ってあるとしか思えないのですが・・・。
少し古い映画ですが、『私の頭の中の消しゴム』(04)などは原作は日本のTVドラマ
でしたし、美術や演出も日本の恋愛ドラマの影響を感じて仕方がなかったけどねえ。

566 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 14:43:41 ID:ZoMNY+79
映画慣れした観客だとか、映画を観る眼を持った観客だとか、エラそうに
自分は映画慣れしてるつもりか?
自分は映画を観る目を持ってるつもりか?

567 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 15:23:42 ID:2Ubt7SST
>>566
映画を観る目?とかの大仰なことなんか意識してないでしょ
日本の映画(特にアクション系)のあまりの低質さに気がついた人が、危機感を抱いて発言しているだけだろ
踊る大捜査線観て素晴らしいと思うやつは、別にこのままでいいという感じだから
批判もしないでしょ、

そのお粗末さに気づかない状態だから、
踊る大捜査線だけでなく海猿や新日本沈没など観ても
マンセー状態のようだから、批判もできるわけない。
クリティカルシンキングができないんだろ


568 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 15:43:25 ID:92b2J5xW
韓国映画、ポン・ジュノ、キム・ギドク、ホ・サンス辺りの作品は面白いと思うけど
シュリなんか持ち上げる映画でもないだろ。アクションがカメラ持ってバタバタしてるだけで退屈
オールドボーイは演出に関して良いとは思わないけど
やっぱ役者の力は感じたな
日本は芸能プロダクションが権力持ちすぎな印象。内情は知らんけど
役者で画面が保つ映画も少ないなあ
後コミカルなCMでてた人がシリアスな映画に出てると醒めてしまうな

569 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 18:08:44 ID:pdavJpT6
韓国映画スレを一人で必死に荒してる人が何を言ってるんだろう

570 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 18:41:52 ID:85NlrqsK
関係ないスレで韓国映画をマンセーしている朝鮮人が紛れ込んでますね。

571 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 20:20:47 ID:8RlXHM0T
>>567
やっぱりクリティカルシンキングだよね!

572 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 20:26:00 ID:XwHez2Rx
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/movie/1217234373/116-125

116 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 20:13:17 ID:pNRT3Ojt
日本で誰も洋画なんて観に行かないように徹底的にマスコミは洗脳するべきだと思う
洋画は日本から駆逐するべき


121 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 20:16:45 ID:q+1QWhRi
>>116
同意
洋画がヒットするだけでムカムカする

125 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 20:19:41 ID:orsZBlJ6
もっと完璧に洋画を日本から駆逐できないのかなぁ?
TBSの番組で洋画の宣伝が多くてムカついてたけど
最近洋画の宣伝が少なくなった気がする
ようやくTBSも少しは正常化したのか?

573 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 20:32:04 ID:ryhk+1w6
>>572
自分で書いた自作自演を自分の独り言スレに貼って何がしたい?

574 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 21:35:13 ID:7i8ITOGT
坊ちゃん

  先祖代々の事大主義で有史以来常に属国となっている。
  日清戦争ではせっかく日本が朝鮮独立のため戦争をし勝利してくれたのに
  戦争後はロシアの属国を願ったニダ。
  なぜそんな卑屈でいられるかと聞く人があるかも知れぬ。
  別段深い理由でもない。
  古代から中国の奴隷であることこそウリナラの使命と自覚していたから
  李氏王朝でも「朝貢」を続けていて、朝鮮王は清の皇帝に任命してもらい
  「朝鮮」という名も漢につけてもらっていたから属国を恥とも思っていなかったニダ。
  日清戦後、日本が大きな眼をして独立したほうが朝鮮のためだといったから
  この次は日本の属国になりますから許してくださいと答えたニダ


          ∧__∧   ________
        <丶`Д´>/ ̄/ ̄/
        ( 二二二つ / と)
        |    /  /  /
    __  |      ̄| ̄ ̄
    \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    ||\             \
    ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
    ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
       .||             ||


575 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 22:32:25 ID:nP+jIENB
米国・韓国・中国じゃ、役者は演劇学校で修行するわけ。
日本は演技教育受けてないし、
それ以前に事務所の政治力で配役が決まってる〈ドラマがひどい〉。
実力も糞もないんだよ。ただの低俗な見世物の芸能人たち。
役者が演技わかってないもん。勝負以前の話。




576 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 23:26:09 ID:yzCQCvaP
日本じゃお笑いタレント出身の現役役者はビートたけしくらいだけど、アメリカには沢山いるよ。
サタデーナイトライブ出演者はみな役者になったし、他にもロビン・ウィリアムスとかジム・キャリー。
日本じゃどの芸能事務所も演劇学校と契約してて基礎練習をきっちりさせる。
アメリカは個人ごとにエージェントと契約してるから練習するしないは個人の勝手。
TVでヘラヘラ笑ってるタレントはプライベートでもヘラヘラしてると思ってるんでしょ。
妄想するのは勝手だけど現実を知らないのに知ったかぶりするのは恥ずかしいよ。
TVでヘラヘラしてる人はプライベートでもヘラヘラしてると思い込んでるのはあなただけだよ。

577 :名無シネマさん:2008/07/28(月) 23:31:09 ID:dKz/L3qg
↑なんだこいつ?

578 :名無シネマさん:2008/07/29(火) 04:02:36 ID:6xLVJsDf
日本はお笑い出身の役者はもっといるよ

579 :名無シネマさん:2008/07/29(火) 05:12:26 ID:5h+DD6RG
>日本じゃどの芸能事務所も演劇学校と契約してて基礎練習をきっちりさせる。

その結果がアレなのか・・・
中韓含め、海外俳優がうまく見えるのは
言葉がわからないことによる脳内補完も当然あるだろうが
それにしても表情の作り方や身のこなしが、
特に若手俳優クラスで圧倒的に日本負けてると思う。

580 :名無シネマさん:2008/07/29(火) 06:58:16 ID:mo78b2ux
外人が日本のテレビ番組を評していたが
一部の料理番組やドキュメンタリ番組やクイズアトラクション番組は面白い
しかし、バラエティ、ドラマと銘打って
有名芸能人が愚か者(idiot)を演じている番組は見るに耐えない
だそうだ

581 :名無シネマさん:2008/07/29(火) 07:02:59 ID:nhwxA7tQ
>>576
日本の俳優も、舞台俳優崩れ→お笑いタレント→リベンジして普通の俳優にチャレンジ
という人は多いけどね。最近は小劇場の芝居がお笑いに限りなく接近しているから、
俳優とお笑いの区別も無意味になりつつあるけど。

アメリカもエージェントの政治力はあるのに、「日本は不公平、アメリカは公平!」
と信じ込んでいる人が多いのは不思議。アメリカの映画・ドラマで無名俳優を抜擢するのは、スターはギャ
ラが高止まっていたり、スケジュールが埋まっていたりするからやむを得ずというだけ。
人気シリーズに何シーズンも出たTVスターなどは稼ぎも大きくもう余り働かなくていいからオファーが来ても
断ることも多いという(単にイメージの固定で仕事が減っただけの人もいるが)

あと、日本だってオーディションはバンバンやってるのに、「日本にオーディションはない」
と信じている人とか。有名タレントのいる事務所がキャスティングに権力を行使するのは事実だが、
それだけの力を行使するためには人気タレントを抱えなければならず、そのためにはどの会社もそれな
りの投資と企業努力はしている。タレント(候補生)が有名事務所にプッシュ(ゴリ押し)される位
置にまで行くのがどんなに大変か、想像もつかないのだろう。
局プロへの接待やキックバックとかそういうダーティな部分は糾されるべきだろうが、
ただし背後にはタレント個々人と事務所の命懸けの戦いがあるんだ。

582 :名無シネマさん:2008/07/29(火) 07:05:49 ID:mo78b2ux
コントタッチ
コメディタッチ
って演劇は作りやすいんだよね
ある種の逃げ


583 :名無シネマさん:2008/07/29(火) 07:06:27 ID:nhwxA7tQ
>>579
中韓は知らないけどアメリカは層の厚さも全く違うし、演劇文化・演劇教育の厚みも違う。
ユニオンに入るだけでも大変。その辺の違いが出ている部分はあるだろうけど。

>>580
>有名芸能人が愚か者(idiot)を演じている番組は見るに耐えない

海外の事情は不明だけど、日本でもギャラ稼ぎのためにやむを得ずなんですけどね。
とくに日本人は有名人や政治家がTVでバカをやるとそれだけで親しみを
感じて安心するからね。

584 :名無シネマさん:2008/07/29(火) 07:12:35 ID:nhwxA7tQ
>>582
日本の小劇場演劇のことなら、「逃げ」というか、新劇へのアンチとしてのア
ングラ・小劇場が、いつのまにか敵を見失い際限のない自己模倣に陥っていっただけでしょ?
あの辺は1980〜90年代の時点で自分たちが何をやっているのかもよく分からない人たちだったよ。

まあ舞台俳優崩れがコメディアンになるのは、単に舞台では食えないからだけど。

585 :名無シネマさん:2008/07/29(火) 11:17:57 ID:kiETj4mh
的外れ

586 :名無シネマさん:2008/07/29(火) 18:17:53 ID:62mLpv6T
何で日本人は、あんなに演技ドへたくそなの?
海外と比べると素人の学芸会。
英米の役者は、異様に上手い。



587 :名無シネマさん:2008/07/29(火) 18:38:06 ID:CXnMXIN7
日本で俳優になる道って、ほとんどが劇団員あがりか、モデル・アイドルあがりだからだろう。
劇団員の演技は舞台では映えるが、映画・ドラマでは過剰で臭いものになってしまうし、
モデル・アイドルの演技は言わずもがな。


588 :名無シネマさん:2008/07/29(火) 18:48:09 ID:xDr/t0tW
舞台出身でも臭い人とそうでない人といる印象

589 :名無シネマさん:2008/07/29(火) 20:07:52 ID:62mLpv6T
英米の役者も舞台出身が多い。
でも、リチャード・バートン、ローレンス・オリビエ、ケネス・ブラナーは映画でも上手。
というか、役者全体が上手い。本当に上手い。他国の役者も結構、上手い。
日本の役者ほどわざとらしく、声もぼそぼそしてるのは見たことがない。
あれは、プロじゃないよ。


590 :名無シネマさん:2008/07/29(火) 20:48:32 ID:mT2/hJCm
邦画って映画もTVでやってるドラマもクオリティ同じ程度だね。
そのくせこのドラマが映画化!とか言っていままでタダで見せてたくせに
いきなり金取る方向にもっていきやがって。

591 :名無シネマさん:2008/07/29(火) 21:44:06 ID:vY4BseMk
>589

映画俳優として出立した人でも、ある程度経験積んだら舞台踏むよね。
役者にとっての最終到達地点はブロードウェイ、ハリウッドは中継地点、
っていう共通認識が既にある。素直に羨ましい文化だね。

592 :2ちゃん住民の実態:2008/07/29(火) 21:49:46 ID:RdXz9y+L
2ちゃんねるで爆笑問題・太田光に殺人予告、32歳無職の男(ハンドルネーム「パンツ」)を逮捕


警視庁杉並署は27日、インターネットの掲示板「2ちゃんねる」にお笑いコンビ「爆笑問題」の
太田光を殺すなどと書き込んだ脅迫容疑で、無職・小沢史人容疑者(32)を逮捕した。

 小沢容疑者は8日午後1時ごろ、自宅のパソコンから掲示板に「爆笑問題の太田光を殺します。
包丁で刺し殺します。ご期待ください。これは殺人予告だ。警察に通報するな。通報すれば殺す」
などと書き込み脅迫した疑い。「通報するな」と書いていたが、書き込みを見た閲覧者からあっさり
通報され、12日には太田が被害届を提出。杉並署はIPアドレスなどから犯人を割り出した。

 小沢容疑者は、太田が日テレ系「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。」などで
ネットの殺人予告を繰り返し批判していたのが気に入らなかったようだ。「逆に書き込んでやろうと
思った。殺すつもりはなくユーモアのつもりだった」と供述しているという。ほかの書き込みでも
ハンドルネームを「パンツ」とし「殺すぞ」「ぶっ殺すぞ」などの挑発を繰り返している。

 近隣住民によると、小沢容疑者は3人兄弟の末っ子で、現在は両親と3人暮らし。外出は少なく、
2階の自室は明け方まで電気がついていたという。「眼鏡をかけ色白で小太り。あいさつをしても
返ってこなかった」。別の住民も「とにかく暗くて怖かった」と話す。

 高校中退後は定職に就かず、母親は「幼稚園でいじめに遭い、性格が変わった。切れると
何をするか分からない」などと漏らしていたという。周辺住民とトラブルになったこともあり
「うるせえなあ」「関係ねえんだよ」と声を荒らげることがあったという。

 太田の所属事務所タイタンは「昨今、ネットで犯罪を予告する事件が増えている中、警察に
協力する形で被害届を提出いたしました。犯罪の撲滅につながればと思っております」との
コメントを出した。太田に護衛を増やすなどの対応はしなかったという。

全文
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20080728-OHT1T00115.htm


593 :2ちゃん住民の実態:2008/07/29(火) 21:50:20 ID:RdXz9y+L
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1151718.html
http://image.blog.livedoor.jp/dqnplus/imgs/c/0/c0746d07.jpg

55 名前: パンツ ◆7vYOZotTDo [sage] 投稿日: 2008/05/06(火) 21:10:11 ID:Zb5Zlvkt0
知恵遅れに絡まれると大変だな
ネットで匿名だと
どうしてこんなに乱暴になれるのか
おっさん?
それが年長者にいう言葉か
匿名ってのは恐ろしいもんだ

32 パンツ ◆7vYOZotTDo [sage] Date:2008/07/25(金) 05:16:50 ID:VZEyRitV0 Be:
俺が逮捕されたら日本経済が崩壊するよ

851 名前:パンツ ◆7vYOZotTDo [sage] 投稿日:2006/06/24(土) 20:33:33 ID:chc111bC0
不甲斐ない書き込み
力ない書き込み
平凡な人生の平凡な書き込み
お前らの人生が惨敗だろ

545 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2006/11/21(水) 12:14:18 ID:Raksnilv0
無職って哀れだな
無職は何も生み出さない
俺みたいなエリート階級の人間がいるから
日本は成り立っている
無職は俺に感謝する気持ちを常に忘れないように


594 :2ちゃん住民の実態:2008/07/29(火) 21:50:53 ID:RdXz9y+L

519 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/02/16(土) 03:14:04 ID:m+lSRTBt
>>503
他人に理解されようと思って書き込んでるわけじゃないからね
別に気にしないよ
2chの会社員や学生や主婦に共感される事の無意味さを知っている
「人知らずして慍らず」だ
勝海舟も言っている
自分を理解してくれる人間は
自分の死んだ1000年後に
一人だけいてくれれば十分だと
俺の書き込みを1000年後に見た一人が
俺の書いていることを理解してくれればいいと思って書いているよ
お前らのやっている事は
相互理解ではなく
寂しさを紛らわすための馴れ合いだと分かっている
それに俺はトップとは孤独という物だと言う事を知っている
孤独に耐えられるのがトップだと思っている
そして俺は書き込みのトップなんだ



595 :名無シネマさん:2008/07/31(木) 08:12:38 ID:w7OlUcNH
業界にアホしかおらん。
映画学校生徒の程度の低さに幻滅。



596 :名無シネマさん:2008/07/31(木) 14:28:56 ID:GyD682b7
邦画ってなんで画質が眠いの?フィルムのサイズが小さいのか?それとも、現像が下手くそなのか?
それとも撮影技術や照明技術が未熟なのか?
ハリウッド映画や、韓国映画はパリッとしててシャープなのに。
外国映画何本か見てから、日本映画見ると「??」って感じになる。

597 :名無シネマさん:2008/07/31(木) 14:54:32 ID:XvOdcwr6
日本から出て行けよ

598 :名無シネマさん:2008/07/31(木) 15:51:04 ID:qRBZkEsQ
ガキから小銭を巻き上げるための似非映画は論外として、
邦画がダメに見えやすいのは、要するに自分達が日本人であるからってこともあるんではないでしょうか?
つまり空気とか演技とか、ダメなところが肌で分かってしまうというか。

599 :名無シネマさん:2008/07/31(木) 15:53:23 ID:9cFtCg/h
http://www.youtube.com/watch?v=7WbWEM2mS1Q

600 :名無シネマさん:2008/07/31(木) 16:21:14 ID:vdWhMtrh
>>596
>フィルムのサイズが小さいのか?

90年代以降、スーパー16で撮る劇場用映画も多くなったし、今はビデオ撮影も多い。

>それとも、現像が下手くそなのか?

ポスプロも時間とお金だしなあ。

>それとも撮影技術や照明技術が未熟なのか?

未熟というか、いつ頃からの流行なのか、日本映画はわざとらしい陰影や色彩を嫌う傾向
があるのは事実。照明の作為が見えにくいナチュラルな照明設計を好む監督やカメラマンが多いみたい。
あと、日本映画の制作条件では照明やカメラのセッティングに制約がある場合も
多いので、そこで絵が平板になってしまう。スタジオセットだと可能な照明が
ロケセットだと作りにくい。ロケもアメリカみたいに大胆に出来ない。
監督とスタッフの意思疎通や信頼の不足で絵が崩れることも結構あるみたいだね。
時間的に余裕がない、もしくはスタッフィングに失敗しているからだろうけど。
照明技師もカメラマンも全体の予算の中から可能なことを割り出して行うしかないから、一部分だけ
突出したカットや実験的なカットが撮りにくいこともあると思う。基本的には予算的に可能な
範囲内で平均的に絵を合わせていくしかないからね。仮に全編で実験的な撮影を行ったとして、そ
れで映画が崩壊しても誰も責任を取れないもんね。Vシネとか低予算映画だと
「どうせ誰も観ないんだからやることやっちゃえ」みたいなこともあるみたいだけど。

>>598
それは当然にあるでしょ? 外国映画だと映っている風景だけでも納得させられるからね。

601 :名無シネマさん:2008/07/31(木) 17:05:19 ID:VVjW5fMX
独り言バカと糞真面目長文レスさんと数人の煽り
いつ見ても同じメンバーだけだね
オフ会やって話せばいい

602 :名無シネマさん:2008/07/31(木) 18:01:30 ID:7xECBkjL
836 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2008/07/31(木) 17:51:10 ID:myRbIRCr0
朝鮮事情 明治39年 荒川五郎 著作

http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40010268&VOL_NUM=00000&KOMA=56&ITYPE=0

・濁っている水だろうが、小便や糞が混ざっている水でも平気で飲む。とにかく不潔で、味噌と糞も朝鮮_人にとっては一緒だ。
・壁は馬糞を混ぜる。壁が固くなるそうだ。
・驚くべき事に小便で顔を洗う。肌のきめが細かくなるそうだ。
・肺結核や解熱として小便を飲む
・いよいよ病気が酷くなると、大便を食べる。
・穴で暮らしているから夏は暑く、家の外で寝るが、顔の近くを大便や小便が流れているが、
 朝鮮_人にとっては臭くないらしく、平気で寝る。
・小便壷が家の中にあり、客がいても平気で小便をする。また、痰を吐くときは口の近くに壷を持ってくる。
・雨が降るとこれらの不潔物と雨水が一緒になりすねの上まで浸かり、家の中の物が水に浸るが、
洗うという事はしないでそのまま使っている。
・婦人が洗濯をしているので見てみると小便水と見分けの付かない黒い水に洗濯物を揉んだり打ったりしている。

小便で顔を洗い、病気なると小便を飲み、病気が酷くなると大便を食べ、小便壷に痰を吐く。これが朝鮮の医学。


【書籍】 日本の浪人が見た1893年の朝鮮の風景〜『朝鮮雑記』本間久介著、初の完訳[06/16]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1213710884/


朝鮮人は好んで狗肉を食らう。家庭ではそれを番犬としてではなく食用として飼っている。
犬に人糞を与えて養ってる。
室内で幼児が脱糞をしたら犬を呼んで嘗めさせるが、洗濯をしないので不潔極まりない.


リアルチャングムわろたw
しかも、これ明治時代でしょ?
併合しなかったら、大便垂れ流しだったねw

603 :名無シネマさん:2008/07/31(木) 18:18:50 ID:WOjP1l8V
>>601
自演じゃないの? ろくに読んでないから分からんけど
疑問型レスの人と話したことあるって人のレスを前にどっかで読んだな
どこだったけな

604 :名無シネマさん:2008/07/31(木) 23:13:51 ID:S38bHlLE
日本映画界の嫌な一面
誰も見ない北野映画を業界人だけが何故か不気味に絶賛。
じゃあ、一般受けするの?興行収入は見込めるの?評論を信じて観に行った人がガッカリする様な事はやめて欲しいよ。

>800 名前: 名無シネマ@上映中 [sage] 投稿日: 2008/07/31(木) 22:35:08 ID:7/l8NlVm
>>797
>素晴らしい作品だった。インタビューが楽しみ。
>実は今回も前ニ作みたいだったらどうしよう、と少し心配していた(笑)
>渋谷陽一(ロッキング・オン代表取締役)
>ttp://ro69.jp/blog/shibuya.html?2008/07/11
>北野武監督最新作のアキレスと亀の試写にいく。
>自分の今までの生い立ちと重なるところが多く、
>まるで鏡を見ているような錯覚におちいる。しかし、
>自分は劇中の主人公ほど、<純粋>でなかったので、
>あれほどの不幸も、そしてあれほどの幸福も感じること
>がなく終わっていくのだろう。
> こういった企画が成立してしまう北野監督すごい。
>誠意のある映画なので、興味をもった人は見てね、、と。
>雨宮慶太(映画監督、特撮キャラクタデザイナー)
>ttp://nanatukaze.jugem.jp/?eid=167
>赤坂にて北野武監督の新作「アキレスと亀」を見る。瞬く間の2時間。
>これまでの北野作品とは明らかに違うテイスト。
>アートと人間がかもす悲しさ、可笑しさ、やりきれなさがうまく描き出されている。
>アートは何をもってホンモノとするのか、痛烈な皮肉が作品全体に込められていた。
>もちろん、アーティスト自身のやりきれぬ狂気も。
>一志治夫(ノンフィクション作家)
>ttp://bosco.eplus2.jp/article/103118105.html
>「色彩感覚が凄い。構図が凄い。絵が凄い。なんなんだろう、あの人は」
>大竹まこと
>ttp://www.joqr.co.jp/bbqr/podcast/ootake-opening080730.mp3


605 :名無シネマさん:2008/07/31(木) 23:26:05 ID:wL7+ovby
>>604 業界人は手放しで妄信的に絶賛してるわけじゃないことは
   引用文からすらくみとれるだろ。北野映画には独特のクセがある。
   それは業界人により強くアピールする性質のものというだけ。
   興行だけなら座頭市でもみときな。

   邦画のダメなところは、北野のような個性を圧殺しようとする
   604のようなダメファンが多いこと。  

606 :名無シネマさん:2008/07/31(木) 23:27:39 ID:cOhb0xaf
>>604
北野武のウンコは煮て食べるのと焼いて食べる
のとどっちが美味しいかと
悩んでるようなキチガイの言葉には何の説得力もないよ

607 :名無シネマさん:2008/08/01(金) 06:34:22 ID:XB5MwFZN
作品のスケールや舞台に関係なく、画面が物凄い窮屈に見えるよね。
もうちょっとカメラを引けなかったのかなと思うシーンばかり。

608 :名無シネマさん:2008/08/01(金) 16:27:50 ID:Yd6nEPeD
604はドラマ観てりゃいいんだよ。無理する必要は何もない
つか邦画なんか真剣に観てる奴は圧倒的に少ない
そうした人達をターゲットにするにはドラマ映画が一番無難だからね
日本てTVが普及してからドラマ>>>映画の文化なんじゃないの
昔の事は知らんが

609 :名無シネマさん:2008/08/01(金) 17:07:07 ID:Zu19cOCI
タケシの寒いギャグを無理して笑うような人達がタケシの映画を誉める。
ジャニーズやアイドルが主役を張るような邦画界は才能よりも金で配役や評価が下る。

610 :名無シネマさん:2008/08/01(金) 17:38:10 ID:br7bJ5vl
>>609

321 名無シネマ@上映中 2008/07/02(水) 12:13:58 ID:tJti6Tnw
世界でただ一人だけの北野信者(それも超盲目的)だから面白がられて
スレpart1からずっと、みんなから好き放題にオモチャにされてきたのに
自分では北野信者たちを煽ってるつもりだったんだからキチガイはやはり面白い。


611 :名無シネマさん:2008/08/01(金) 22:42:21 ID:wR6rwrGY
いや、もうたけし自身が〈絶大な人気で〉権威になってる。
たけし批判すると、感性にぶいという空気ある。
もう批判がタブーになってる。
でも、客は正直だよ。つまらないものには金払わない。



612 :名無シネマさん:2008/08/01(金) 22:44:36 ID:wR6rwrGY
映画の根本の脚本が駄目。
日本映画界には、個性的で知的な人材がいない。
脚本コンクール・映画学校生徒の脚本読んでも、くだらないのばっか。
なぜあそこまでどうでもいい話にこだわるのか理解できない。
日本の業界人で、話の面白い人はいない。


613 :名無シネマさん:2008/08/01(金) 23:05:07 ID:Uj+YbFVO
>>612
しつこすぎるんだよ。もうその話はわかったよ。
何度目なんだ。もうわかった、わかったから。

おじいちゃんみたいに同じ文句を延々と、
こっちが君を理解できないよ。
自分が面白い話をしろってんだよ。

614 :名無シネマさん:2008/08/02(土) 05:11:38 ID:Ff/ZgCFm
キリン、伊藤園は創価
サントリーは在日変態新聞(毎日新聞)のスポンサー
スポーツニッポンは在日変態新聞の子会社

公明党、創価、池田大作(在日朝鮮人)個人を徹底的に追求した朝木明代元市議は殺害された。
現職の警察官が犯人を3人と特定した。
創価の検察官が捜査をストップさせた。

【桜井誠編】朝木明代元市議・不審死事件を訴える!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm413●1036
http://jp.youtube.com/watch?v=Cu●GBIk3arLs

【せと弘幸編】朝木明代元市議・不審死事件を訴える!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm41●30867
http://jp.youtube.com/watch?v=CA●jjED3xJfY

**************************
http://blog.live●door.jp/the_radical_right/archives/51991616.html


↑一日最低一コピペすること

  /  \ ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウ
 /ノ  (@)\ ジサツニキマッテルジサツニキマッテルジサツニキマッテルジサツニキマッテル
.| (@)   ⌒)\ ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッ
.|   (__ノ ̄|  |   ///;ト,  ジサツニキマッテルジサツニキマッテルジサツニキマッテルジサツニキマッテル
 \   |_/  / ////゙l゙l;  ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョ


615 :名無シネマさん:2008/08/02(土) 05:13:32 ID:IIvZKbJZ
259 :この子の名無しのお祝いに :2008/08/01(金) 19:58:44 ID:7ndzo7k9
いろいろ検索してネタ探して
それでも誰にもかまってもらえないとコピペすんの
キチガイ糞尿の習慣になってるな。
死ねよキチガイ。

616 :名無シネマさん:2008/08/02(土) 11:03:31 ID:/7oIAw5c
もう、日本人自体が馬鹿になってるから
駄目な作品しか作れないんじゃないかって気がする。
政治は世襲、マスコミは記者クラブで
能力あるものが自由に競争できない変な社会になってる。
テレビは低俗で、国民を愚民化させる一方だし。
現に、音楽とかファッションモデル、サッカーでも日本人は世界に通じてない。


617 :名無シネマさん:2008/08/02(土) 11:12:03 ID:yz9KDMr/
小国としての自覚を持とうよ。分不相応な映画作り過ぎ。

618 :名無シネマさん:2008/08/03(日) 23:52:57 ID:zyhUp+Vg
日本には才能以前に映画監督の器に足る人間がほとんどいないんではないかと思う
監督って製作総指揮だからもう監督やってる自分が立場に飲まれちゃってるというか
とにかく監督としての立場や威厳保つことと映画を何とか完成させること
そこで思考が止まっちゃってる、演者も演者で出演できた時点で満足してる
長期の撮影で団結心なんかできちゃったりして
試写の時点では映画の出来に感動してんじゃなく完成した事実だけに感動してる
そういう人たちの集まりが日本映画界

619 :名無シネマさん:2008/08/04(月) 00:32:14 ID:J9LQg5eT
ほんとに自分が気が狂ってることも分かってないの?

620 :名無シネマさん:2008/08/04(月) 00:32:56 ID:BNhVbrf1
残念ながら日本映画は韓国映画にすら負けてるよ。予算なんて関係ない。
イ・チャンドン、キム・ギトク、パク・チャヌク、ポンジュノ
こいつら4人と肩を並べれる日本人監督なんていないだろ?


621 :名無シネマさん:2008/08/04(月) 00:44:12 ID:mh4Ay8IF
宮崎駿 押井守

622 :名無シネマさん:2008/08/04(月) 00:53:28 ID:BNhVbrf1
どっちもアニメか。実写の畑では居ないのかな・・・
青山と是枝にはちょっと期待してたんだけど、
あいつら、たまにとんでもない駄作撮るしな・・・

623 :名無シネマさん:2008/08/04(月) 01:58:05 ID:JYfIblUG
映画は脚本で決まると。
ところが名作のリメイクもので脚本が悪かろうはずがない作品や
マンガ原作でマンガが面白いのにかかわらず、いい映画にならない。

もうね、演出から編集から役者から全部ダメなんだ   ><

624 :名無シネマさん:2008/08/04(月) 02:02:32 ID:z1Kt+dmu
そうやってアニメを差別して実写の方が偉いとあぐらをかいてるから
衰退したんじゃないの?


625 :名無シネマさん:2008/08/04(月) 02:04:48 ID:JYfIblUG
宮崎はトトロだけ。惜しいなんてカス
そのトトロでも、古い日本映画傑作には全然及ばない。

626 :名無シネマさん:2008/08/04(月) 02:32:15 ID:5+Qq2Va2
宮崎はカリオストロ、ナウシカ、ラピュタじゃないの。
この辺は日本実写映画が逆立ちしてもできない
どこの国の人でも、子供も大人も楽しめる見事なエンターテイメントになってた。

その後はずっと「価値あるアニメ映画」を作ろうと迷走し続けて今に至るような感じ。

627 :名無シネマさん:2008/08/04(月) 07:56:47 ID:ztG+2mTr
町並みも汚いし、生活もしょぼい。
顔は醜いし、文化もお宅系のぞけばダサい〈外人は、誰も日本のロックなんて聞かないよ〉。
茶道とか歌舞伎とか日本人でさえ縁遠いものが、世界的普遍性ある分けない。

日本に魅力なんてない。



628 :名無シネマさん:2008/08/04(月) 10:29:44 ID:RLe+axr0
糞尿は日本に生まれたから虐待されてるんじゃない。
アメリカ人として生まれたとしてもフランス人として生まれたとしても
やはり差別されてたよ。
地球上どこの国に逃げてもキチガイと呼ばれ、ただ生きているだけで指差されて爆笑されるよ。
日本を悪く言っても何の意味もない。
どんなに必死になって反日活動をしても、みんなの愛国心は揺るがない。
糞尿は宇宙板とかで(そんなのがあればの話だが)
「地球は銀河系の恥(ワラ」とか書いてればいいんだよ。

629 :名無シネマさん:2008/08/04(月) 11:05:55 ID:BNhVbrf1
韓国映画なんか見ると、日本よりも町並みも汚いし、生活もしょぼいのに、
あえてそのしょぼさを強調してくるから、うまく絵になってるな(グエムル,オアシス,殺人の追憶)
上でも言ってる奴居るけど、日本は分不相応な映画撮りすぎだと思う。
韓国映画みたいに、町並みも汚いし、顔は醜いし、全てがダサいんだから、
あえてそれを逆手にとって武器してやろうって気合のある日本映画をもっと見たい。
最近は「誰も知らない」という映画がそこらへんをうまく描いていたが。
海猿や日本沈没なんか明らかにダサいのに無理にかっこつけようとするから、
余計ダサく見える。
韓国映画みたいに開き直ればいいのに。


630 :名無シネマさん:2008/08/04(月) 11:19:01 ID:gftXkgk9
俺だったら、毎日何も仕事しなくてもよくて金があったら
毎日でも映画見に行くな。
夏の間は泳ぎに行くとか。

631 :名無シネマさん:2008/08/04(月) 11:19:30 ID:tFQNW/MT
>>629
スワロウテイルは?

632 :名無シネマさん:2008/08/04(月) 14:45:40 ID:yBmPPsjS
脚本・監督とかの問題もあるだろうけど、やっぱり何の芸も無いタレントを起用する所がダメだと思う
それで学芸会レベルなのに、マスコミが過剰に評価するからみんな白けるんじゃないだろうか?


633 :名無シネマさん:2008/08/04(月) 21:38:44 ID:5zo2ueP3
スワロウテイルは、美術部門はがんばってたけど
肝心のストーリーがダメだ。
ところどころ、いい場面もあったんだけどね。

634 :名無シネマさん:2008/08/04(月) 23:18:24 ID:E0Ftp+u7
スレまったく読まずに書いちゃうけど
ジャニーズをはじめとした、プロダクションの大小でキャスティングが決まっちゃうのが
まず大前提に悪いんじゃないの?
それと、黒澤明の後継者がでなかったこと。(黒澤さんは武を後継者と考えていたらしいけど)
ゲーム、漫画が世界に通用してるってことは創造性って観点では悪くないのだと思う
現に、リメイクはされてるし。
あと、ハリウッド映画を全く規制してないから(俺は規制は反対だけど)
国によっては日本制アニメが入りすぎてて自国の国のアニメがまったく育たない国もあるらしいし
それと女の客を前提にしている映画が多すぎる気がするな。ゲームも漫画も大多数は男性が消費者でしょう?




すいません、映画のど素人が思ったまま書きました

635 :名無シネマさん:2008/08/05(火) 00:56:49 ID:zHSrRVWp
>>634
>ジャニーズをはじめとした、プロダクションの大小でキャスティングが決まっちゃう

アメリカにもエージェントはいるよ。

>それと、黒澤明の後継者がでなかったこと。(黒澤さんは武を後継者と考えていたらしいけど)

小泉堯史じゃ駄目かね? 黒澤の助監督経験者でまだ撮っているのは出目昌伸ぐらいか。
それとプロの映画人が武映画を絶賛するのは、「自分たちが雁字搦めになっている
映画の約束ごと(脚本はこうでなくちゃいけないとか、こういうカットは避けるべきとか)
を無視して自由に撮っているたけしが羨ましい」からであって、本気で好きというのとも少し違うんだよね。
黒澤さんは本気で好きだったのかもしれないけど、撮っている映画は全然違うんだし。
まあ黒澤さんも晩年になるほど自分のやりたいことしか通さなくなっていたから、フォトジェニックやディテールが
優先で約束事としてのストーリーや段取りがないたけしの映画を本当に羨ましく思っていたのかもしれない。

>それと女の客を前提にしている映画が多すぎる気がするな。

女性客は友達や彼氏や子供と一緒に来る人が多いから手堅いんだよ。

636 :名無シネマさん:2008/08/05(火) 01:27:26 ID:XnF1M3zM
小泉堯史が黒澤の後継者か・・・
日本映画界も本当に終わってるな。

637 :名無シネマさん:2008/08/05(火) 02:25:30 ID:gDFRUDwy
疑問型レスの人は余程のバカか余程のお人好しか
でなかったら糞尿の自演だな
四行目の頭を見ただけだけど。

638 :名無シネマさん:2008/08/05(火) 02:39:39 ID:zHSrRVWp
>>636
真面目な話、黒澤の助監督経験者は、
(1)監督にはならなかった。(2)監督としては中堅どころで終わった。
(3)もう亡くなったか、撮らなくなった。

人が大半。ただ1970年代以降はどの監督も受難だったので、そういう悪い時代に
引っ掛かった人も多いけどね。黒澤組の助監経験者で最近(ここ5年以内)に映画・TVドラマ
を撮っているのは、出目昌伸(『バルトの楽園』06)小泉堯史(『明日への遺言』08)
米田興弘(『超星艦隊セイザーX』06〜)程度しかいない。
強いて言えば『トラ! トラ! トラ!』黒澤版のB班・助監督だった人たち(佐藤純彌・
大澤豊・後藤俊夫)も撮ってはいる。黒澤組撮影部経験者の木村大作も初の
「監督」作品(『劒岳 点の記』)を撮影中。

後継者といったところで、巨匠に就いていた人も自分が監督になると同じことをするわ
けでもない。黒澤組レベルの撮影現場を組める監督もいない。小泉さんは美術・衣装・撮影
(ツーキャメ)と割合に贅沢な現場を組むみたいだけど、あれも採算を考えると相当
に無理をしていると思う。プロデューサーとしては本当はもっと安く上げたいのが本音だろう。
ただ小泉さんは黒澤組直系の本格派がウリだから、そこは贅沢にやるしかない。

>>637
つか、糞尿って誰だよ?(疑問型)

639 :名無シネマさん:2008/08/05(火) 11:28:00 ID:1uFE8IHP
>>633
岩井監督読むのが苦手って言ってるもんね
あの人はビジュアルで勝負するしかないわ

640 :名無シネマさん:2008/08/05(火) 12:22:11 ID:XnF1M3zM
岩井ってほんとヨーロッパや北米ではウケが悪いな。
アジアではこんなウケてんのに。やっぱり映像だけじゃダメなんだな。

641 :名無シネマさん:2008/08/05(火) 15:14:23 ID:MaoMyT9S
>>637
糞尿は浅草東宝スレで有名になった人です。

642 :名無シネマさん:2008/08/05(火) 16:07:12 ID:N56rOU76
造る側もアレだが見る側も終わってるな
踊る何とかが興行収入100億越えた時は開いた□が塞がらなかった
素人集団が撮った動画を楽しむ見る目がない客…
これじゃ面白くなりようがない
クソゲーMGS4のムービー見てる方がずっと楽しいや

643 :名無シネマさん:2008/08/05(火) 16:08:15 ID:N56rOU76
造る側もアレだが見る側も終わってるな
踊る何とかが興行収入100億越えた時は開いた□が塞がらなかった
素人集団が撮った動画を楽しむ見る目がない客…
これじゃ面白くなりようがない
クソゲーMGS4のムービー見てる方がずっと楽しいや

644 :名無シネマさん:2008/08/05(火) 17:02:06 ID:zHoTe+pz
おちつけ

645 :名無シネマさん:2008/08/05(火) 18:20:49 ID:Xnri/e5B
岩井は誰かの撮影監督しとけばいいのに

646 :名無シネマさん:2008/08/05(火) 19:02:28 ID:rdiAU+E8
>>640
そもそもキェシロフスキの劣化コピーだったからなあ
向こうじゃキツイと思う
映画に興味の無かった連中を巻き込んだ功績は大きかったとは思うけど

647 :名無シネマさん:2008/08/05(火) 22:36:37 ID:cxNwCuCs
> >それと女の客を前提にしている映画が多すぎる気がするな。
> 女性客は友達や彼氏や子供と一緒に来る人が多いから手堅いんだよ。

この目先の金を取ったせいでテレビも駄目になった

648 :名無シネマさん:2008/08/05(火) 23:01:49 ID:Pih2AYuu
mixiとかブログ検索してみると、どろろ面白かったという人が多くてびびった。
まあアレがダメだという人は最初から見ようともしてないのかもしれないが。

649 :名無シネマさん:2008/08/06(水) 18:53:36 ID:aPz4SGf4
【映画】とどまるところを知らないテレビ局の邦画製作、民放だけじゃなくNHKまで…今年の正月映画は主要テレビ局が全て製作参加
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1218015904/

650 :名無シネマさん:2008/08/08(金) 18:16:06 ID:WSmqAS0U
ほんと、1箇所でもいいからぞくっとする場面を撮れる才能を感じさせる監督が日本にはいないね。


651 :名無シネマさん:2008/08/08(金) 20:20:24 ID:OTljIcos
日本沈没(新)やパラサイト・イヴに邦画問題の全てが詰まってると思う
風呂敷広げすぎ
主張のために作るのではなく
「主張はあるけど、これも入れられるなら、これも入れよう」

日本人特有の「詰め込めば詰め込むほどお得」日本家電的な思想が出ている

どうでもいいけど未だにメーカー製PC凄いな
メモリ512MBでVista、常駐ゴッソリて

652 :名無シネマさん:2008/08/08(金) 23:13:09 ID:KHQuwqbr
殺人の追憶、オールドボーイ、サマリア、見て思ったわ。
日本映画クソすぎ、オワタ( ̄▽ ̄ )/www

653 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 06:19:37 ID:W0byP6PK
いっぺん24とか完コピして作ってみてどれくらい面白さに差がでるか見てみたいわ

654 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 07:38:19 ID:O6CShglQ
それをやろうとしたのが、ドラマのSPらしい。
見てないからどのぐらいの出来なのかは知らんが。

655 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 09:12:00 ID:RTLPW+zp
日本ではマンネリとかで洋画の人気落ちてるけど、
ボーン・アルティメイタム、バンテージポイント、ダークナイト、
イースタン・プロミス、ホット・ファズなんか見たら
邦画ではとてもじゃないけど太刀打ちできないとオモタ

656 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 10:41:19 ID:dZVRQcx2
洋画と太刀打ちなんてしなくていいよ。どうせ、かないっこないんだから。
その前に、まずは韓国映画にすら質的に負けている現状をどうにかしてくれ。

657 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 10:54:11 ID:RZIU8Niu
そんなに日本映画酷いと思わないけどね

658 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 10:57:14 ID:hqQZtrO6
もうさ、「日本人は韓国人に土下座して教えを乞え」とか「日本人は全員、韓国人の奴隷になれ」とか
「日本は韓国の属国になるべき」とか、そこまで書かないと誰にも相手にしてもらえないと思うよ。

659 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 11:16:55 ID:dZVRQcx2
↑意味がわからん。まぁ釣りだろうけど。

660 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 11:27:30 ID:W0byP6PK
こういうスレではネラーのノリで韓国叩くとかいらないから
中学生じゃないんだからw

661 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 13:29:59 ID:bHbXs8lG
韓国映画に学ぶべき点が多いのは事実です。
謙虚になって良い点はどんどん学びましょう。

662 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 14:09:28 ID:DgQPi8oZ
しつこいな
脚本パクれって事か?

663 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 14:50:51 ID:S1Z9oSy/
北京オリンピック開会式のチャンイーモーの演出観ていたら、
その芸術性に圧倒された

なんだよ日本の演出家は、日本最高の演出家が
長野オリンピックでやった劇団四季のバカエロ団長かよ

黒澤明に長野の開会式の演出させるべきだった
85歳じゃ無理か。




664 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 14:56:39 ID:tHODKzGf
日本は芸術的才能より山師の才能があったほうが生き延びれる

665 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 15:17:12 ID:S1Z9oSy/
>>664
なるほどねえ。山師か。
映画界も演劇会も山師ばかりが成功して跋扈するのが日本の芸術文化社会だよなあ
浅利慶太なんか、ブロードウェイとかディズニーの劇を100%パクッテくるだけのパクリ坊主が、
長野オリンピックの総合演出監督になれるのだから、異常だよな。
映画界もまったく同じで、山師ばかり跋扈している。
山師
山師とは本来は鉱物資源や水資源などを産出する山岳を探し出し、
莫大な利益を得ることに賭ける事を生業にする者。しかし「一山当てる、
山を賭ける」など低確率であるが当たれば利益の多い事に賭ける事をする者
を指すようになった。
詐欺師としての山師とは、沢山の元手は必要だが、大きな利益になる嘘のは
なしを持ちかけて、資金提供や出資を持ちかけて金品を騙し取る者。



666 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 16:01:36 ID:oY0kjM6b
糞尿は何がきっかけでそこまで日本嫌いになったの?

667 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 20:35:08 ID:QG6qlZWd
>>663
国家のオリンピックに対する必死度の違いくらいは考えような。
映画以上に演出家の才能だけでどうにかなる問題じゃないだろうが。

668 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 21:30:06 ID:TpAjJbEE
日本映画がそんなにすごいとは思わないが、最近の日本映画は見られるレベルにはなりつつあるぞ。
ここで必死に韓国映画と比べているやつがいるが、どう見ても韓国映画よりもいいだろう。
韓国映画は3本見たら飽きる。日本映画は撮影技術はともかく、原作がしっかりしたのが多いから見られるよ。

669 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 22:06:50 ID:W7azSGdJ
日本は中国・韓国に追い抜かれて久しいので
いつまでも虚勢を張っていないで、負けを認めて
教えを請うべきですね。

670 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 22:13:37 ID:2V726TUn
日本映画については、国内で製作・公開された作品
全てを観ることが可能だから、駄作・凡作のたぐいも
目についてしまうけど、
このスレでしきりに話題になってる韓国その他、
海外の作品は、ある程度配給会社の選択眼というか、
フィルターを介して選ばれた作品だけが公開されてるんだから、
それなりに出来のいい、秀逸な作品の率が高いのは
当然だと思う。

比較するなら、その辺の事情も加味した上ででないと
意味ないんでは。

671 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 23:10:07 ID:XgcU3Rs9
そういう次元の問題ではないよ
日本のはメジャーなやつも総崩れといっても過言ではない

672 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 23:16:51 ID:IuX42N3T
外国映画の吹き替えに力を入れたり(主にたんなる話題作りだが)
CMも大ヒット上映中!とか、公開前にTVで特集組んだり
なんの関係もクソもない有名人がその映画のプロモーションしてたり
てめえの国の映画に対してなんという消極的な態度。
外国映画には適わないという諦めの姿勢も悲しいほど見て取れる。

673 :名無シネマさん:2008/08/09(土) 23:43:00 ID:2V726TUn
>>671
メジャーな作品=良作と決まったわけではないのは
日本に限らない、ハリウッドでも同じことだし、
むしろテレビ資本などの入った商業主義ベッタリのメジャーな凡作と、
韓国その他の最良な作品とを比較しても仕方がない、
と言ってるんだが。

では、最近の日本映画で「最良の作品」と呼び得るのは
何があるか、と言えば難しいけど。

674 :名無シネマさん:2008/08/10(日) 00:04:30 ID:TpAjJbEE
日本のはメジャーなのが総崩れじゃないのかな。
テレビ局が力を入れる「大作」の外れは多いよね。
でも、あんまり広告に力を入れない方が普通におもしろかったりするな。

675 :名無シネマさん:2008/08/10(日) 00:20:44 ID:0y1+f8SW
というか最近見た邦画でおもしろかったの「誰も知らない」ぐらいしかないわ。
韓国映画は幾つも出てくるが・・・邦画を面白いと言ってる奴って、いったい何の映画を見たの?


676 :名無シネマさん:2008/08/10(日) 01:11:08 ID:a0mTp62u
ってか、良作駄作国内外、具体的な作品名出してみない?

677 :名無シネマさん:2008/08/10(日) 03:18:02 ID:i9g1bUEz
邦画は「俺の見たい映画を殆ど作らない」からダメ。
ホラーやアクションの好きな俺にとっては邦画界は不毛の地に近い。
まあ、そんなもの作っても商売にならないのというのも分かるが。

678 :名無シネマさん:2008/08/10(日) 13:07:06 ID:Tu9vBS/4
あの、日本映画のレベルの低さを象徴する映画である「海猿」の3
が制作決定さだそうです

信じられない
馬鹿日本人映画界


679 :名無シネマさん:2008/08/10(日) 13:54:21 ID:ynpgniCm
売れた映画の続編を作るのって当たり前の事だが。

680 :名無シネマさん:2008/08/10(日) 14:04:44 ID:OKS4y+4o
まあ日本っぽい映画作ってくれれば個人的には良いけどね
ほら画面から伝わってくるじゃん日本だってのが

681 :名無シネマさん:2008/08/10(日) 14:04:56 ID:OYIaZ/cB
>668
しっかりした原作って、愛の流刑地とか椿山課長の7日間とかスカイクロラとかですか?

682 :名無シネマさん:2008/08/10(日) 15:59:05 ID:+9Tt9jll
とはいえハリウッドはニホンのパクリ リメイクばかり

683 :名無シネマさん:2008/08/10(日) 20:46:12 ID:JR6iD6BP
55億で「コケた」と言われる『インディジョーンズ』
30億で空前の大ヒットと威張る『座頭市』
映画祭で大絶賛されたとか言う『監督バンザイ』はたった2億!

邦画界は映画の規模だけでなく関係者もスケールが小さい。

684 :名無シネマさん:2008/08/10(日) 20:52:32 ID:qM8Cq/4/
>>683
制作費、公開規模は無視?
まあ淘汰されるべきものは淘汰されるべきだ

685 :名無シネマさん:2008/08/10(日) 21:31:18 ID:0y1+f8SW
>679 海猿が売れてしまうという現実が終わってる。

686 :名無シネマさん:2008/08/10(日) 21:49:39 ID:cowjNqFQ
所詮邦画は女子供にウケればいい。それだけ。
外国に対し威張れる出来の作品なんてもはや「無い」

687 :名無シネマさん:2008/08/11(月) 07:56:18 ID:WpqmL8fT
日本映画クソすぎオワタ \( ̄▽ ̄)/

688 :名無シネマさん:2008/08/11(月) 11:54:54 ID:gvmpksFp
テレビ局はなぜ、映画作るの?
儲かる商売じゃないと思うけど。


689 :名無シネマさん:2008/08/11(月) 11:58:36 ID:gvmpksFp
日本映画は、柴崎・堀北・沢尻・長沢・新垣・上野・蒼井ら
新人女優の同時多発的台頭で商業的に復興。
でも、質は高くない。あくまで女子中高生向けで
大人が劇場に来てない。





690 :名無シネマさん:2008/08/11(月) 12:14:04 ID:VetezX01
>>683
内容的にこけてただろ
なんだよUFOって

691 :名無シネマさん:2008/08/11(月) 14:26:59 ID:35Ck3PQm
映画のPも客を信じてないからな
いちいち説明しなきゃ納得しないバカや感性のマヒした年寄り相手に商売するのが
一番手堅い

コアな映画ファンよりそっちの方が圧倒的に多いんだから

692 :名無シネマさん:2008/08/11(月) 16:20:51 ID:7Ec5+VJs
なんか今度、邦画らしからぬスケールの映画ができるそうじゃないか?
三部作とかで、破格の予算らしいね?
20世紀少年、とかいう。マンガ原作のSF?ふーん。
キャストも豪華だね。
で、誰が監督なの?堤??
・・・・・・
駄作決定!見る価値なし。
東宝って金をドブに捨るのが好きなのかなあ?不思議だよね。

693 :名無シネマさん:2008/08/11(月) 21:35:20 ID:WpqmL8fT
20世紀少年は予告がすでに酷いからな。わざわざつまらないシーンを寄せ集めしたみたいな。
まぁはっきり言って、今の日本映画なんか世界の誰も相手にしてないからな。


694 :名無シネマさん:2008/08/11(月) 21:59:35 ID:ypoygzcs
>>692
堤監督なんて、なーーんちゃって3流監督に巨額をまかせるなんて、太っ腹だねw

俳優も豊川とか宇梶とか石塚とか演技もできない俳優を起用するなんてさすが。


695 :名無シネマさん:2008/08/11(月) 22:12:24 ID:frSdCz4g
ネットにこの馬鹿がいる限り
ネットで日本映画界が批判されることはないな。

リアル社会では誰もが日本映画界を批判したとしても
ネット内では誰も批判しないということになるんだろう。
この馬鹿が生きてるうちは。

696 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 00:40:49 ID:IGWNV9uT
日本映画の駄目なところ=亀山千広

697 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 03:06:14 ID:U7wlFczc
予告編からして駄目じゃね?
かならずと言っていいほど日本人歌手使ったちょっとセンチな感じの
ポップミュージックが流れるあれ。寒いって思うの俺だけじゃないよな。


698 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 03:37:10 ID:XrjIQLjX
ドラマでもそうだけど、演技を誇張しすぎ。見てて恥ずかしい。見てないけどな。

699 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 03:42:42 ID:qgXCrMHE
映画というより芸能人のプロモーションビデオ作ってるって感じ。

700 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 04:13:17 ID:HV4O3RF8
>>696
今年になって亀山と言うか、フジの映画がコケているのは
亀山=フジ商法が飽きられたんだろうな。

701 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 07:31:34 ID:Ti8OGFoV
テレビ局映画って、採算取れてるの?
昔と違って、局映画多すぎ。


702 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 07:33:13 ID:Ti8OGFoV
織田裕二ってなぜあんなに動員多いの?
ちっとも美男子じゃないし、映画も「ベストガイ」と「ホワイトアウト」以外つまらない。

ま、今の日本映画で傑作に2本も出てるのは秀逸だが



703 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 08:20:25 ID:mKhnqg+w
>>ベストガイとホワイトアウト以外つまらない

釣りですか?

704 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 08:44:54 ID:Ti8OGFoV
テレビ局映画って、結局、局の事業であって、テレビ局の連中が贅沢するためのものだろ。(言うまでもないが)
何で年収1500万円の日本一裕福な業界の奴らがさらに豊かになるために
貧乏な一般人が(駄作に金投じて)奉仕するの?
テレビ局社員の裕福さ知ったら、バカらしいの極地だぜ。

俺なんてテレビ局の奴らに裕福な暮らしさせたくないから、局映画は意地でも見ない。(くだらないのばっかりだし)


705 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 09:39:06 ID:k3M6gydH
テレビ局映画って何であんなにダサいの?
日本沈没で草薙と柴咲の再開シーンで「Keep Holdeing U」が流れたときは
あまりのダサさにゾっとした。海猿と大和にも同じダサさが漂ってたな。
製作者はあれがかっこいいと思ってるんだろうか。

706 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 10:03:56 ID:A+GVn+ey
沈みゆく船の中でケータイ使ってプロポーズとかは真剣にやるもんではないとは思うな。



707 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 10:06:58 ID:k3M6gydH
海猿ってたしかアメリカに持っていって、大笑いされたんだよな。日本の恥。

708 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 10:24:01 ID:A+GVn+ey
恋愛と癒しの要素を入れようとしないで作ってみてくれよ。
あと泣かそうとしない。
泣ける映画=良い映画って思い込んでるよな。
そもそも泣けないけどさ。

709 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 11:19:03 ID:XrjIQLjX
日本の映画はもはや見る価値など無いと言い切る。
レンタルで勝手に出せ。映画館でプロモ映像を偉そうに上映すんな。

710 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 11:26:08 ID:3FszChHs
病気と動物と昔は良かったネタは
禁止にしてほしい

711 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 14:53:59 ID:SLpVs57v
なぜか予告編だけは、いつもいつも
どの日本映画もすごいんだな

海猿も日本沈没も踊るも予告編がすごいので、見に行ったら、
全体はひどい出来
2時間の物語が描けないんだよね
どれもこれも、一部場面だけを大がかりに流して、ぎょっと思わせるだけ

そうそう、タイトルがかっこいいので見たら、
最低最悪が ミッドナイトイーグル


712 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 15:15:14 ID:k3M6gydH
海猿も日本沈没も予告ですでに糞臭を放ってただろ。
20世紀少年の予告も酷いしなw

713 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 15:43:45 ID:G+0zI044
20世紀少年の予告編は、3部作とはいえ、60億円を投じた大作映画、
という感じが全然伝わって来ないのがなw

予告編だけなら、中華圏映画とかの方が上手い場合が多い気がする。
糞映画だった某作も、予告編はかっこよかったし。

714 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 17:51:15 ID:MqzsFakY
しょぼい
ずっと前テレビでやってた陰陽師?見て吹いた覚えがあるよ
朝の戦隊モノの特殊効果かよwと
ギャグ映画ならまだしも、役者が大真面目にやってるからそれがまた笑える

715 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 18:15:19 ID:ZHcnCcgU
それよりヒドかったのがどろろですよ。

716 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 19:36:52 ID:gdyDTPC8
感動しましたー
共感して泣いちゃいましたー
ちょーおすすめー


717 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 19:45:48 ID:PkO3hgmo
思ったんだけど
朝の特撮作ってるスタッフが映画作れば良いんでね?

718 :名無シネマさん:2008/08/12(火) 22:10:39 ID:ZHcnCcgU
そういうことは仮面ライダーThe FirstとNextは見てから言ってください。

でもULTRAMAN は割と良かった。

719 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 05:10:31 ID:Z2J71l5B
今年ヒットしたアメリカ映画

クローバーフィールド
ダークナイト

あと20年かかっても日本人には作れない

720 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 07:31:27 ID:cJg8+Yy5
20年たっても作れないよ。
というかアメリカ映画と比べようとするのが馬鹿らしい。
その前に、チョンやシナに完敗している現状に危機感もったほうがいい。

721 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 11:04:19 ID:f0Enwr+a
基本的に、白人とは感性・脳の出来が違うんだよ
スタンド・バイ・ミーなんて子供の探検モノでも
人生の悲しみをうまく表現してる。
日本映画で子供を主役にした幼稚で陳腐な作品とは桁違いの佳作だろ。
金以前にもう人間性・想像力・発想力が違う。
日本人は白人には勝てないよ。金を言い訳にしてる奴は、本質を理解してない。
金が倍あったって、白人の創造性には勝てない。ミケランジェロ、デル・ピエロと写楽、中田の差。



722 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 11:07:18 ID:f0Enwr+a
オメーら、勘違いすんなよ。
白人と有色人種じゃ能力が違うんだよ。
日本人がトルストイのような小説書けるか?
フェラーリみたいな車作れるか?
ライト兄弟みたいな発明できるか。
有色人種の頭脳・能力なんて屁なんだよ。
宇宙船を火星まで飛ばされるか。





723 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 11:10:53 ID:BY33mJGd

514 名無シネマ@上映中 2008/08/13(水) 10:43:05 ID:bngJBAsV
何の病気なんですか?

515 名無シネマ@上映中 2008/08/13(水) 10:45:11 ID:hs7A2Clr
このスレこえー。狂気が滲み出てるね。


724 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 13:52:17 ID:lb3CmEdV
あ、それ書いたの私です

725 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 14:26:54 ID:f0Enwr+a
白人と日本人では、金で無く能力が違う

スタンド・バイ・ミー>>>>>>>>越えられない壁>>>>>>>>>>>>>日本のしょうも無い子役映画



726 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 14:53:33 ID:ywNeriR/
>>725
ジュブナイルの事か−!

727 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 15:06:06 ID:LLXAotSP
そもそも、大日本人(笑)とかデビルマン(笑)とか恋空(爆笑)を作って劇場公開しちゃってる時点で終わってるだろ

728 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 15:21:53 ID:IxBF2o6E
>>718
仮面ライダー完全に忘れてたわwwごめんwww

>>721
原作のイメージをぶちこわしにしても映画を作るのが良いとするなら良いんでねえの?


729 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 18:00:30 ID:HnptXvXL
豊川とか阿倍とか、

背が高いだけの木偶の坊大根俳優がどんどん映画に起用される日本




730 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 18:39:24 ID:cJg8+Yy5
というか日本という国自体が糞。

731 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 18:46:18 ID:5S8F+CLY
キチガイ糞尿

つい最近まで自分は愛国者だと思ってて自分以外は左翼シンパだと思ってたんだぜ
実際は逆だし糞尿は反日だからみんなから叩かれてたのに。
キチガイにもほどがある。

732 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 19:39:24 ID:kMcbDy8z
20世紀少年の予告みたけど涙出てくるなー糞すぎて。
日本人って映画にハイビジョンカメラとか使わない方がいいんじゃないかな。
びっくりするぐらいショボい絵になってるんだけど、
作ってる本人もなんでこんなにテレビドラマレベルな映像になったのかとか
よくわかってないんじゃないかな。あれで60億は泣けるよ。
やっぱ予算よりも才能がアレなんだね。

733 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 20:01:36 ID:mNMedQ5z
>>708
だな。


734 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 20:53:51 ID:p9SdVWiz
>>732
ハリウッドでもジェネシス、ヴァイパーなどのデジタルカメラを使っているのに
日本ではなぜあんなに安い、ビデオの画像になるのだろうか?

735 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 21:01:56 ID:cJg8+Yy5
さっき韓国映画の「うつせみ」見たが、やっぱり日本映画より画質がシャープだわ。
日本映画ってなんでドラマみたいな野暮ったい画質なの?

736 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 21:36:57 ID:A37ypYTa
「今日も外出しませんでした」
まで読んだ

737 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 22:03:05 ID:f0Enwr+a
スタンド・バイーミーは素晴らしいよ。
金もかかってない、奇抜な仕掛け・撮影があるわけでもない。
それでも、人生の悲しみ、友情の大切さ、少年時代の終わりの切なさとか見事に表現。
日本の映画人はあれの数十倍金使っても、あれだけの名作は作れない。
日本の子役映画、花田少年史とかと比べてみろよ。
もう、白人と日本じゃ能力違いすぎだろう。


738 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 22:05:47 ID:8w4staZ+
可愛い子役やかっこいい俳優をつかえばいいってもんじゃないのに


739 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 22:09:33 ID:IxBF2o6E
>>737
白人と日本人の割合考えろよ

740 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 22:21:44 ID:cJg8+Yy5
>>739 >>737はただのキチガイだから、相手にしないほうがいいよ。

741 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 23:20:06 ID:D54fs6Mf
日本人の糞さに泣けてくるな・・・orz

742 :名無シネマさん:2008/08/13(水) 23:56:32 ID:quhG1pbA
・役者を横に並べる構図
・↑の上、さらに1人の演技が終わるまで、他の人は棒立ちで待ってるとこ

743 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 01:39:31 ID:Ajmz/f0O
藤子藤夫の少年時代の映画、
まんま少年時代だっけ?あれなんか結構良かったと思った。


744 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 01:41:45 ID:ZwwWBoGJ
背伸びしすぎな印象
できる事をやればいいのに、安っぽいCGしか出来ないのに無理に使ったり

745 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 02:17:40 ID:6loh4yh9
演技力もないんだから、せめて脱げよ〜日本の女優は何様って感じで笑えらぁ〜ケケケ

746 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 04:15:07 ID:EdPdKcTL
日本映画の糞さはもう笑えない領域に来てると思う。


747 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 08:11:31 ID:kKEcXozu
金じゃねーだろ。才能、能力、頭脳の差。
スタンド・バイ・ミーと日本の子役映画比べてみろ。
前者より金かけてる日本映画あっても、あれほど心に響く佳作は無い。
要は日本人が才能の無いダサい民族だということ。


748 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 08:15:30 ID:8gvCklyI
自前の映画だけならまだしも、よそさまの映画にまで
発声すらままならないジャニタレや芸人にアフレコさせたりして
オリジナルの製作者に対して申し訳ない気持ちです

749 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 13:41:39 ID:hDaLjXWc
ま、あれだけど、スタンドバイミーの制作費は800万ドルな。
いくらだ?10億円近いな。その時のレートがわからないからなんとも言えないが。
米の低予算映画の標準的な制作費だ。
前にもヴィレッジを勝手に低予算映画と決めつけて、金じゃねえって
叫んでいるやついたけど、調べたらヴィレッジの制作費は80億円くらいだった。
この80億円には宣伝費も入っていると思われる。宣伝費はおよそ30%が相場だそうだ。
だからヴィレッジの実質制作費はおよそ56億円くらいと推定していいだろう。

750 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 13:48:47 ID:VaVxww8K
ミッドナイトイーグルのラストの涙のお別れ犠牲場面は、
たぶんアルマゲドンのラストを意識してマネしたんだろうが

もう、へたくそ過ぎてお笑いにもならなかった。
マネさえできない。
馬鹿日本人監督





751 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 14:18:52 ID:n1leWz26
TVをつければ番組に出まくってるような俳優やタレントがそのままの役で映画の中に出てきちゃうからつまらない。
演技をすれば、あくまで「演技」にしか見えないのも致命的。
特色がある俳優だと思えても、普段からそれらしい仕草をしてたり、芸を垂れ流ししてたり。
あと、乾いた空気感を感じるような色遣い。これがどの映画を見ても同じ。

752 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 14:24:28 ID:6qznka1D
糞尿は日本に生まれたから虐待されてるんじゃない。
アメリカ人として生まれたとしてもフランス人として生まれたとしても
やはり差別されてたよ。
地球上どこの国に逃げてもキチガイと呼ばれ、ただ生きているだけで指差されて爆笑されるよ。
日本を悪く言っても何の意味もない。
どんなに必死になって反日活動をしても、みんなの愛国心は揺るがない。
糞尿は宇宙板とかで(そんなのがあればの話だが)
「地球は銀河系の恥(ワラ」とか書いてればいいんだよ。

753 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 18:41:00 ID:1d8kRrnl
>>751
てかそれ以前に事務所が顔を照らすようにお願いしてるわけで
バラエティーみたいな照らし方するのが当たり前みたいなんです

754 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 18:57:08 ID:ifX4+COT
>>749
「どろろ」なんて 20億もかけていて あんなんだったじゃん

やっぱ金じゃねぇよ 金も必要だけど、 金だけじゃねぇ

755 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 19:35:20 ID:EdPdKcTL
最近おもしろかった日本映画って「誰も知らない」と「ユリイカ」ぐらい。
どちらもたいした予算は投じられてないと思うが。監督のセンスがいいため見られるな。
同時にキム・ギトクやイ・チャンドンの映画も、金は掛かってないが、上質な作りになってる。
金、金言ってる奴は現実を見たほうがいいよ。

756 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 19:38:36 ID:/H6CbxgV
花よりもなほとサッドヴァケーションも面白かったですよ

757 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 20:02:14 ID:hDaLjXWc
>>754
いや「金だけじゃない」に反論しているんじゃないよ。
ただ、特に米の低予算映画というのは、意外にちゃんとお金掛かってますよ、
と指摘してるだけ。ああいう映像を撮るためには、それなりの金が掛かるんだね。
で「どろろ」みたいに20億だ!大作だ!と欲張ると、その分10億円の映画に
負けてしまうと。
20億程度なら普通の映画しか撮れないんだよ。無理し過ぎ。
今度の20世紀少年も3部作で60億だと聞いた。1本あたり20億。
普通の映画しか撮れないハズなんだけどね。なんかSFらしいけど…。

758 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 20:27:36 ID:Ha16uS0I
その普通さがないのだと思う。

759 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 22:17:03 ID:6QeAakb1
最近のデジタル撮りのビデオ丸出しの邦画とか
フィルムっぽく見せる努力を怠ってるからショボく見えるというのはあるな。




760 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 22:49:28 ID:7a0FgaY7
とにかく演出の時点でその流れでそのセリフ、行動は不自然だろ
っていうシーンがたくさんあって映画だからこれくらい許されるでしょ的な
演出が目障り、リアリティがまったくないんだよ

761 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 22:52:18 ID:H/78QrN3
>>760
具体的に例を挙げてくれない?

762 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 23:11:29 ID:nPW6ADJu
>>761
「第三の男」で、主人公のホリーが純文学作家だと勘違いされるところとか
「真昼の決闘」で、町のみんなが薄情すぎるところとか
「哀愁」で、ビビアン・リーが娼婦になっているのを主人公が見抜けないところとか

763 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 23:26:13 ID:EdPdKcTL
>>761 海猿、日本沈没、デビルマン、男達の大和、模倣犯、蒼き狼、三丁目なんとか、恋空(笑)

普通に腐るほど出てくるじゃん。

764 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 23:33:10 ID:3F3iIqOK
外国映画の場合は行動や言葉が不自然かどうか
よく分からんからその点に関しては俺は何とも言えんなぁ。

765 :名無シネマさん:2008/08/14(木) 23:49:19 ID:3F3iIqOK
何かよく知らないけどアニメ界って最近人材が枯渇してるんでしょ?
代理店が暴利を貪るせいで制作側にほとんど利益が回らないために
人件費を超低レベルに抑えつけざるを得なくなり、
結果新しい人材がほとんど入って来なくなったとか、そんな話を読んだ。

実写の場合にも代理店やらが介入してその場限りの短期的な利益を楽に得ようとして、
人材を育てようとかいう将来を見据えた意識が希薄になってんじゃないの?
アニメの話が本当かどうかは知らないし、実写の話は完全な想像でしかないけど・・・。

766 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 00:30:28 ID:QGelijR7
海猿2、の最後のほうで、
海水が流れ落ちる中、
主人公の馬鹿大根役者が船の下から梯子を登っていく脱出シーン
馬鹿みたいなテーマ音楽を流して
ゆっくりゆっくり梯子を登る主人公
「いったいいつまで梯子を映しているんだよ、ボケ監督「」

丘では、馬鹿みたいに長い長い時間をかえて
カメラをぐるぐる上から回しながら
船を眺めてお祈りするヒロインを映すだけ
「いったいいつまで馬鹿女1人を頭や背中から映しているんだよ、ボケ監督」

もういいかげん、ストレスたまって仕方がなかった


767 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 01:06:58 ID:hxiwbc6r
悪いけど、海猿とか見てボヤいているのは同情できないなあ。
そりゃあんたもそーとー馬鹿だね、としか思えない。
うんこ見に行ってうんこに文句言うんじゃねーよと。
逆にそんなうんこに金与えて、のさばらせて、こっちはいい迷惑だよ。

768 :760:2008/08/15(金) 01:20:48 ID:db+18LuK
>>762
そういう次元じゃないんだよ
ネラーがしてやったりとあげつらっていい気になれるような重箱隅矛盾じゃなくて
>>763の人が上げたようなのを始めとしたキリがない脱力感が襲ってくるレベルの話
デビルマンの1シーンのあそこがおかしいとか指摘する気すら起きないというような

769 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 04:06:13 ID:GLmDKYnp
>>765
友達のアニメーターは半年で食えなくて辞めた
バイトレベルの月給でこき使われて好きでもこれは無理だと思ったそうな

770 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 06:54:50 ID:wj78g0tE
>>765
新人(動画マン)は月5万くらい。。2年目になると10万〜以上稼げる。上手い人は半年〜1年で原画に昇進。
原画にあがれば人並みに稼げるし年収1000万以上稼いでる人もいる。ほんの数人だが3000万以上稼いでる人がいるらしい。
ただ、原画に上がるまでに9割の人が辞めちゃう。
理由;実力不足、低賃金。
    最近、キャラデザがキモいから





771 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 12:24:30 ID:hxiwbc6r
月5万は労働基準法に抵触してるよな。
アニメなんかどうだっていいけど、ちょっとは改善してやれってんだよな。

772 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 12:52:20 ID:5On7yXOI
制作までの間のピンハネがひどいからな

773 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 15:08:05 ID:udy07dTZ
問題は金掛けた駄作がそこそこヒットして、作家性の強い小粒な作品は
ほとんど興行をあげれない上に、待遇も酷いという現状をなんとかせんと。
「誰も知らない」や「ユリイカ」はヒットしたんだろうか。

774 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 15:35:05 ID:kMaZ53JS
>>772
広告代理店、テレビ局に制作費の8割とられるからね。



775 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 15:45:23 ID:0yalwigt
そんなことより日本語の勉強をして早く人と会話できるようにするほうが先決じゃないのかな?
このままではただの一人ともまともに言葉を交わすことなく惨めに死んでゆくことになるよ。

776 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 18:39:05 ID:umrMI7ux
【映画】北川景子が同世代に伝える戦争の真実…「真夏のオリオン」ヒロイン役
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1218575830/l50

何でもかんでも恋愛要素入れなきゃヒットしないと思い込んでること
恋愛要素入れても隠し砦はこけたし、そもそも潜水艦映画にヒロインはいらんだろ

777 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 21:20:04 ID:PVKFLAC6
恋愛要素と若者にウケるキャスティングはエサ。
・・・でもなんでもなく、それがないと100パーセントウケない邦画。

778 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 21:30:50 ID:wxMyevOQ
「誰も知らない」なんかは、そのどちらもなかったけどね。

もっとも、あの作品も、海外の映画祭での受賞、という
露払いがなかったらどの程度の興行だったかは
なんとも言えないけど。

779 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 21:36:14 ID:APNXl3OU
人の死とか感動ものにしようと無理してる感じはする。

780 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 21:38:43 ID:APNXl3OU
>>590
ふと思ったけど海外はドラマの雰囲気が映画並みのクオリティだよな。
邦画が放送してると「何のドラマだろう」って思うけど、海外のドラマが夜中に流れてるのを見ると「何の洋画だっけ?」と思ってしまう。

781 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 21:44:14 ID:APNXl3OU
>>629
かっこつけてるとは違うかもしれんけど、しかめっ面のキャラクターが多いよね邦画。
ドラマかもしれんけど。
フィクションなんだから楽しく見せてくれれば良いのに。

782 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 21:45:01 ID:gozfkh9q
テレビ局映画って、駄作ばっかなのに
なぜあそこまでヒットすんの。
日本人、洗脳されすぎwwwwwwwwwww

783 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 21:59:59 ID:cy5PlxUA
>>780
>邦画が放送してると「何のドラマだろう」って思うけど、

今の日本のドラマは100%HD収録で、HDの画質そのままだ。
映画と見分けが付かないのはどうかと思うぞ。
よほど質の悪いモニターを使っていたら見分けが付かなくても当たり前だが。

784 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 22:10:47 ID:wxMyevOQ
そういう意味では、フィルム製作で相応のクオリティの
作品を作るための技術的な基盤とか、予算的な相場とかが
テレビドラマ(の一部)の製作の場も含めて確立されてるのかもね。

アメリカのテレビドラマでも、30分枠の連続コメディみたいなものは
ビデオ撮りそのままの画質で放送してるのもあるけどね。

785 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 23:10:57 ID:HidLfMyv
乳も出せれん女が女優ぶれるこんな国じゃ本物はでませんwww

786 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 23:22:41 ID:BY4Kkd9D
別のスレで「ぶれる」っていう言葉が日本語になってないと笑われてるのに何で繰り返すのかな

「裸の王様」っていう言葉も、同じ糞尿が書いてるの気付いて欲しくてわざと何度も使ってるのかと思ってたけど
ただ単に、ばれてるんだよと何度教えられても理解できないバカだということなんだな

787 :名無シネマさん:2008/08/15(金) 23:24:18 ID:BY4Kkd9D
>>784
何言ってるのか分からないよ

788 :名無シネマさん:2008/08/16(土) 13:30:10 ID:CU/mRSfc
人材育成が大切だったってことだな


789 :名無シネマさん:2008/08/16(土) 15:07:21 ID:8o6camN+
>>780
30分のシットコムに1億かけるけどDVDださない
みたいなこと平気でするからな海外は

790 :名無シネマさん:2008/08/16(土) 15:25:22 ID:lb+71hLs
土屋敏男氏は日本テレビ放送網第2日本テレビ事業本部
エグゼクティブ・ディレクター、第2日本テレビ(商店会長)。
Tプロデューサー、T部長で有名。

業界内の正直な意見として次のように述べている
「実は、ぼくら地上波のテレビをやっている人たちは、視聴者を信じていない
んですよ。見ている人のことを、かなりモノがわからない人だと想定して、
その人たちにどう見せるかと工夫しているんです。
ものすごく悪い言い方をすると、もう「馬鹿にどう見せるか」と、みんな絶対
にクチには出さないけれども、どこかの所ではみんながそう思っているような
フシがありますね」

ttp://www.1101.com/T-bucho/2002-06-24.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

――テレビが日本の民度低下に影響しているということはありませんか。

大橋 その見方は、すごく皮相的だよ。(米国では)ビル・ゲイツ
もブッシュ家も、ニュースやスポーツ中継以外、テレビなんか見て
ませんよ。(日本も)勝ち組とか金持ちとかインテリがテレビを見
なくなっただけなんですよ。負け組、貧乏人、それから程度の低
い人が見ているんです。だから、芸能界の裏話を共有した気にな
って満足しているんです。

http://business.nikkeibp.co.jp/free/tvwars/interview/20060127005218_print.shtml

791 :名無シネマさん:2008/08/16(土) 17:46:30 ID:ukO5WM2l
日航機墜落の映画とかどうなの?
CM見る限りで面白そうだったけど・・・

792 :名無シネマさん:2008/08/16(土) 18:05:28 ID:pPEuFy5J
>>791
おもしろいよ。ただ、CMがミスリードしているが、日航機墜落の映画ではない。
今年の俺が見た邦画ではNo1だね。ただ、この映画が脚光を浴びないのがいまの日本映画界の病巣だね。


793 :名無シネマさん:2008/08/16(土) 19:18:37 ID:P21Ahwv8
>>791
同じネタでNHKでやったドラマの方がずっと良かった

794 :名無シネマさん:2008/08/17(日) 09:13:19 ID:W6gnx/a+
これから公開される邦画で、良さそうなのはありませんかね?

795 :名無シネマさん:2008/08/17(日) 12:21:18 ID:QMsBhRxW
ttp://wwws.warnerbros.co.jp/252/
はそこそこ面白そう

796 :名無シネマさん:2008/08/17(日) 12:23:28 ID:F3wFsC6F
>719
ネタ切れとか言われてるけど、なんだかんだで漫画原作映画も最近あっちはちゃんと作ってるからなー。
予算がないとか言うかもしれないけど、それ以前に脚本の時点でスパイダーマン2とかスーパーマンリターンズほど優れた
(原作リスペクトがあってしかも面白い)漫画原作邦画を見たことがない。
っつーかハリウッドどころか、香港映画の頭文字Dにすら負けてる。

797 :名無シネマさん:2008/08/17(日) 12:55:17 ID:W9PbDHIu
日本の俳優なんて綺麗だ、かっこいいだの持ち上げられるためになってるようなのばかりだからな
そんなの起用する監督も監督っていう肩書きを得た時点で思考が停止してる

798 :名無シネマさん:2008/08/17(日) 13:24:24 ID:aEKX2K0j
監督が好きで起用するとか
プロデューサーが集客率を考えて起用するとか
ネームバリューを持ってる他の役者のスケジュールが合わないとか
一人の俳優を起用するにも様々な都合があるわけで。

なのに監督一人の責任としか思わないのも思考停止。

799 :名無シネマさん:2008/08/17(日) 16:34:54 ID:W9PbDHIu
それらひっくるめてもつまらん映画つくっていい言い訳にはならないよ

800 :名無シネマさん:2008/08/17(日) 18:15:43 ID:aEKX2K0j
誰も「つまらん映画つくっていい」なんか言ってないが。
見た映画がつまらなかったら大問題だ。
だからこそ「誰が」「何が」原因だったのか見極めた方がいいんじゃないの?



801 :名無シネマさん:2008/08/17(日) 19:05:14 ID:tZfWO990
>>795
そんな海猿台風編みたいな映画いらん
ていうか、もう邦画はパニック映画つくんな

802 :名無シネマさん:2008/08/17(日) 19:38:35 ID:doZ5OjJn
>>800
日本映画が駄目な理由なんかこのスレでも散々出てきたやん。

(1)実際の市場規模としては儲かる産業でもないのに、なぜか金を出す人と作りたい人が沢山いる。
日本映画は騙されて損を買ってくれる出資者(細かく言えば節税とかメセナとか色々と理由はあるんだろうが)・出資社
などからの前売りのセールスや押し付けを付き合いで黙々と受けてくれるどっかの中小企業・低ギ
ャラでもいいから映画の仕事にしがみついていたい(あるいはもう映像以外の
仕事に転職できない)馬鹿が支えている。
(2)V撮りの普及で短いスケジュール・低予算でも撮影が可能になり、単館系映画の濫作を招いている。
(3)とにかく視聴者(観客)に受けりゃいいんだ、というTV局映画の氾濫。
ただTV局映画は利益だけはキッチリ出す作品が多いから実は罪は少ない方だろう。少な
くとも出資詐欺はやっていない(下請けへの前売り押し付けなどの噂はともかく)
映画通(気取り)は出来が気に食わないのだろうがな。

実は監督の才能や個々の作品の出来がどうこうとか言うのは4番目か5番目ぐらいなんだけどな。
ここが区別できない人が多いのが不思議なんだけどね。
気に入らない奴は観なければいい。邦画なんか観なくてもダークナイトとかハムナプトラとか
面白い映画は山のようにある。ハリウッドが嫌ならアート系でも観りゃいいんだし。

強いて言えば、憧れだけで映画監督になりたい馬鹿・映画監督であり続けたいという理由だけ
で監督業を続けている奴が多過ぎるとは言えるよ→(1)(2)

803 :名無シネマさん:2008/08/17(日) 21:00:42 ID:7OGj960z
TV局映画ってなんであんなにダサいの?
ちょっ演出変えりゃいいのに、なんでわざわざ恥ずかしい方向に持っていこうとするんだろうか


804 :名無シネマさん:2008/08/17(日) 21:24:08 ID:cCyd7xQc
ええじゃないか、えじゃないか
そんなの普通、そんなの普通。

805 :名無シネマさん:2008/08/17(日) 22:43:29 ID:LfZvq5zG
>>803
それってテレビ局映画に限らず、邦画の特色なんだよね。
昔から、お涙ちょうだいの浪花節的なドロ臭くて安っぽいのをやるんだよね。
主観的で扇情的、安直で非理性的な部分をやたらと強調する。
2ちゃん流で言えば、邦画ってDQN映画なんだよな。
それでもおもしろいものは、あるにはあるんだけど、そればっかりなんだよな。
クローズゼロってのを観たけど、けっこうおもしろかった。でもやっぱり浪花節。
まあ、まさにDQN映画だからそれでいいんだけど、またかよ…って思う。
それ以外作れないんじゃないかねえ?

806 :名無シネマさん:2008/08/17(日) 23:02:11 ID:doZ5OjJn
>>803 >>805
監督やプロデューサーもそういうのが受けると思っているし、実際に受ける(例:三丁目)

807 :名無シネマさん:2008/08/17(日) 23:06:15 ID:n8L2vLV1
>806
そういうのしか役者がやれないんじゃない?
それ以外の話は全部アニメに行っちゃってる気がする。

808 :名無シネマさん:2008/08/17(日) 23:21:53 ID:7OGj960z
なんで受けるんだろうな。
日本人が比較的情緒に流されやすい所に起因があるのかも。
フラガールなんかアメリカの評論家に筋が読めるってはっきり言われてたし。
少なくとも日本沈没や三丁目みたいな演出の映画は、10年位したらもの凄く恥ずかしく見えると思う


809 :名無シネマさん:2008/08/17(日) 23:30:38 ID:doZ5OjJn
>>807
俳優が単調なパターン芝居を持ち出したら「それじゃ駄目だろ」と指摘するのも
監督の本来の役目なんだけどね。それが出来ないのは現場が忙しくて時間がないせいも
あるのだろうし、また芝居が分からない監督も多いんだと思う。
ここでまた「監督の才能がどうこう」とかいう人が出てくるだろうけど、日本の映画・演劇界にはアメリカ
のアクターズ・スタジオみたいな「あそこでやっていることを目標にすれば間違い
ない」という演技やレッスンのスタンダードもないしね。新劇も小劇場もみんなやってることがバラバラだし。

ちなみに日本のタレント・アイドルが演技のレッスンを受けていない、というのは間違い。その程度ならみん
な演技コーチに就いてやってる(事務所もやらせる) ただしアメリカにあるような確
固たる水準の何ものかとはレベルが違うんだと思うんだよ。
つか、アニメももう駄目だろ? あそこに何か面白いものがあるか? 1年に何本か
劇場用の大作が出てくるだけだろ? 

>>808
単に日本の観客(視聴者)が本当にいいものを余り観ていないからだよ。アメリカはTVからして
レベルが違うだろ。映画館の入場料金も安いから目も肥えてるだろ。

810 :名無シネマさん:2008/08/18(月) 01:50:08 ID:Ge+dP9en
>>809
今は映画にしろドラマにしろDVDで手軽に見れるんだから
いいものをあまり見ていないなんてことはないよ。

811 :名無シネマさん:2008/08/18(月) 03:34:46 ID:9NGAwhaH
>>809 アメリカは入場料金が安いのに比べ、レンタルが日本より高いんじゃなかった?


812 :名無シネマさん:2008/08/18(月) 04:06:50 ID:BGbTAli9
ゴミ映画が面白いと感じる観客のせいだと思います。



813 :名無シネマさん:2008/08/18(月) 09:43:05 ID:8WLmQ3Gr
NHKで映画俳優を招いて
司会がインタビューしたり、観客が質問したりとかやる番組あるじゃん
あれ見ると
日本の役者の底の浅さが凄いよく分かる
適当に愛嬌ふりまいていればいいみたいな

814 :名無シネマさん:2008/08/18(月) 10:34:16 ID:v5PE7AaD
日本人の演技特有の、遠くを見つめて話しかけてる人の周りをおもむろに歩きながら
喋り終えたあとにクスッと笑う…の一連の流れがダサくてダサくて見るたび憤死しそうになる
(わかるかな)
なんで話しかけてる人の顔を見ない?なんで話しながら意味もなく歩く?なんで意味もなく笑う?
海外の俳優のようにジッとカメラを見つめて表情と台詞だけで表現できないからだとは思うが、
それにしてもあまりにもワンパターンすぎて吐きそうになる
どうしても動きをつけさせたいならせめて動きに意味を持たせろよ

815 :名無シネマさん:2008/08/18(月) 10:40:19 ID:nRpOHga8
演技力がないから動き回ってないと間がもたないんだろ

816 :名無シネマさん:2008/08/18(月) 11:47:14 ID:FqvgWxQj
正直に言ったら?
独り言バカはくだらないテレビドラマしか見たことがないんでしょ?
テレビ局内でも三番級ラインのスタッフが作ってるようなの
テレビ局が作る映画はドラマと同じ演出してるんだろうと妄想してるね

817 :名無シネマさん:2008/08/18(月) 16:50:52 ID:pwoPZKpN
作品の質はいったん脇に置くとして、
興行戦略としては、国内市場だけに頼らず、海外の市場からも収益を得られるようにしたいね

ハリウッド映画に対抗は無理としても、アジアの市場は押さえておくべき
東南アジアなんか、このまま手をこまねいていたら、中華系映画に制圧されてしまうよ

818 :名無シネマさん:2008/08/18(月) 22:47:59 ID:RKG8McIE
海外市場に向けた話をすればだ、
企画段階のものを海外の映画マーケットで
プリセールできない今の時点でダメって感じだよね。



819 :名無シネマさん:2008/08/19(火) 01:29:04 ID:nr1AQ+qd
この前テレビでやってたキサラギみたいな、過剰演技で無駄に叫びまくる演出はどうにかしてくれ。
コメディのキサラギですらツライのに、テレビ局制作の映画とかだと非コメディでもこういうシーンがあったりするから苛つく。

820 :名無シネマさん:2008/08/19(火) 01:37:02 ID:Fvt+5PCp
>>817
映画を国家戦略に含めている国に押されるのは当たり前だわな。

821 :名無シネマさん:2008/08/19(火) 03:06:55 ID:Y35MM3S+
>>818
いや、おれが聞いたところによると、
公開前から海外で引く手あまただって言ってたぞ、どろろ。

その後の話は聞かないけどさ。

822 :名無シネマさん:2008/08/19(火) 06:08:00 ID:ZP6yPUNZ
日本的なシンボルを飾っておけば、ある程度反応はあるはな。
ただ「どろろ」に至っては、最初に予告編だけを向こうのバイヤーに見せていただけで、
後で本編見せたらアチャーだったと聞いたが。そこからは質の問題だろうな。



823 :名無シネマさん:2008/08/19(火) 11:09:43 ID:cjscrgwF
>>819
テレビ界では
あれがシュールコントなノリで気の効いた演出ってことになってるんだよ
「ちょっと笑い要素を入れる気が効いてるっしょウフ」みたいなw
うざいくらいのワンパタン過ぎなのにな

824 :名無シネマさん:2008/08/19(火) 18:01:36 ID:cyH0Xv/3
日本はTVでやるドラマも、
スクリーンに映し出して製作陣がコレは映画だと言い張ってるがいつもと変わらないドラマも、
どちらも演技がなんだか過剰。わざとらしい。
金取りたきゃ出演者を選べ。アイドルのプロモ映像作るノリなのか?

825 :名無シネマさん:2008/08/19(火) 20:13:21 ID:ZP6yPUNZ
山田洋次の「母べえ」見たらわかりやすい。
演技が過剰もしかり、日本映画のダメな部分が一杯凝縮されてる。

826 :名無シネマさん:2008/08/19(火) 20:22:13 ID:EuVr0zjF
>>821
いや、おれが聞いたところによると、
公開前から海外で引く手あまただって言ってたぞ、デビルマンも。

827 :名無シネマさん:2008/08/20(水) 00:16:50 ID:4+sGO5Aj
つまりこれは、宣伝担当者の
「海外からの問い合わせが多く、数カ国と交渉中です!」などの発言は、
「少なくとも国内では誰も相手にしてくれません」という意味なんだな。

828 :名無シネマさん:2008/08/20(水) 01:27:49 ID:uvbSR86K
ミッドナイトイーグルは一応本当にアメリカで単館上映したんだっけ。
ネットでレビュー見たらボロクソだったけど(当然だが)。

829 :名無シネマさん:2008/08/20(水) 02:16:58 ID:riT5Xk87
海外っても単館で1週間だけとかDVD発売のみとかひっくるめてでしょ。

830 :名無シネマさん:2008/08/20(水) 03:07:47 ID:HzwC7TQ+
海外で単館って、アーティストの海外公演のようなものだろう

831 :名無シネマさん:2008/08/20(水) 03:40:40 ID:LzNLWT9A
なんだかんだいって隣の芝はなんとやらじゃない?

832 :名無シネマさん:2008/08/21(木) 19:53:12 ID:49W46rOQ
最近ロカールプロダクションとかなんとかで
ハリウッド会社の金で邦画作ってるのあるんだろ?
海外の金が絡むからクオリティチェックみたいのも
海外目線に厳しくなったりしないのかね。
やっぱ同じ村の中で作るから何も変わらずかな。

833 :名無シネマさん:2008/08/21(木) 23:04:12 ID:EO7HPabm
>>819
キサラギは面白かったけど、邦画はいちいち大げさすぎって印象はあるな。
ちょっとストーリーに進展があると感動的なBGMで間を取りまくってテンポが止まる。
実際はここぞと言うところで使ってるのかもしれないけどタイミング外してる様な…


邦画見ないけど

834 :名無シネマさん:2008/08/22(金) 00:44:40 ID:ite/wuLB
多分ある種の人々にとっては「邦画であること」自体がダメなんだろうな・・・

835 :名無シネマさん:2008/08/22(金) 00:47:51 ID:ZWyXYwI4
映画で非日常を味わいたいのに、日常的なものを見せられても。
邦画の質が悪いんじゃなくて、外国の非日常的なものが観たいわけで。


836 :名無シネマさん:2008/08/22(金) 01:11:27 ID:NRM4GNJF
演技のヘタさが、所詮「俳優の仕事」という現実に引き戻す。

837 :名無シネマさん:2008/08/22(金) 01:16:52 ID:doiWtfgX
日常的なテレビドラマ的演出や演技をやめれば変わるのに。

でも邦画はテレビドラマのスペシャル版の普及を目指してるみたい。

838 :名無シネマさん:2008/08/22(金) 01:36:16 ID:NRM4GNJF
手軽でタダなTVドラマで客を掴んでおいてから
そのドラマを映画化して金を取る、という流れですか。こすずるいですね。

839 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 02:04:10 ID:z06dbyHS
キサラギとかは面白かったんだけど、映画としては見れない。
無意識のうちに「小劇場系の舞台の観劇モードスイッチ」が入ってしまっていた。
そういう目線で見れば面白いものもあるけど小粒感が否めないのと日本人ピンポイント狙いの
センスでは海外には通用しないからなあ。

大作w映画は酷すぎてもう何も言えない。
誰も喜ばない上に俗っ気が抜けない金だけ食うヤツよりは同じ低俗でも
自分のケツは自分で拭くドラマ映画やアニメ特撮映画の方が百倍マシ。

840 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 11:53:58 ID:J3s/c1M8
海外に通用するならタケシとかでも良いのかよw

841 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 16:57:47 ID:G21KCOkz
武はもう終わってる。海外にも堂々と出せるような作品が撮れる監督となると
日本には誰が居るだろう。是枝、河瀬、青山ぐらいか?全員微妙だけど

842 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 17:04:16 ID:9j2qP7rp
誰一人としていないでしょう。

843 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 17:05:56 ID:G21KCOkz
韓国や中国はいっぱい居るのにね

844 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 17:18:07 ID:RQhfTXve
あれもだめ。これもだめ。
本当はお前が一番だめなんだろ?

845 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 17:42:00 ID:rgkMbSQP
松本人志がいるじゃん

846 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 18:05:31 ID:6HPXmrj5
>>843
中国はともかく韓国って国際評価は日本と特に差はないような・・・。

847 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 18:24:14 ID:G21KCOkz
>>846 韓国映画見てる?
イ・チャンドン、キム・ギドク、ポン・ジュノ、パク・チャヌク
少なくともこの四人は日本の実写映画監督より国際的評価を受けてるよ。

848 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 18:28:14 ID:LDGFpd4z
>>847
だからその程度なら日本と変わりないってことだろう

849 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 18:34:41 ID:6HPXmrj5
そういうのって「見てる見てない」で決まる問題なのかw
いや、その監督達の作品の何本かは俺も観てるけどね。

850 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 18:50:04 ID:pAWjtpsS
>>848
君の意見はこの人に似てるね。

星野仙一、北京にて
「たまたまこの期間だけ調子が悪かったと思っている。日本の野球はこんなもんじゃない」
ttp://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/080823/bbl0808231807006-n1.htm

851 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 18:51:52 ID:G21KCOkz
俺はold boy、殺人の追憶、オアシス、
この三本見ただけで、正直日本映画負けてるなと思った。
何か最近の日本映画でいいのがあるのなら教えてほしい。もう殆ど見てるけど

852 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 19:01:43 ID:cg0Sz/sC
だからそういう個人的な評価の話じゃなくて
国際的な評価の話でしょ?
何か勘違いしてないか?

853 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 19:24:22 ID:G21KCOkz
>>852 old boy、殺人の追憶、オアシスは国際的にも評価されてるだろ

854 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 20:13:37 ID:U8spnJB/
グエムルで日本映画はとどめを刺されたよ

855 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 20:40:34 ID:tvnl+x6m
国民性なんだろーけど、なんでも湿っぽくするところ

856 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 20:45:52 ID:iktn1cvH
所詮映画作りにむかない国なんだよ。TVドラマだけ作ってればいいよ。
高視聴率で何度も再放送されたやつだって過去にいくつかあるだろ。

857 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 22:33:15 ID:cg0Sz/sC
>>853
されてないとは言ってないだろ・・・。
大して日本映画と変わらん評価だろと言ってる。
別に実際の質が同等とかそういう話はしてないから勘違いしないでね。

858 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 23:13:56 ID:YcwRcPeD
>>856
>所詮映画作りにむかない国なんだよ。

アニメ映画見ると、とてもそうは思えないが。

859 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 23:24:30 ID:dtN8X4K3
最近のハリウッド映画、特にアクション物。
映像が凄すぎやしないか?
『300』観た時には映像の迫力や切れに愕然とした。

ハリウッドの映像を知ってしまった今では邦画でアクションを見せられても、ちゃっちく感じてしまいそうだ。
せめてジェラシック・パークレベルの映像を撮れるようになって欲しい。

860 :名無シネマさん:2008/08/23(土) 23:26:52 ID:HwMtCSHY
製作者の作りたいものと、観客が見たいものと、演じる役者と、技術スタッフのレベルが
それぞれ空中分解してる気がする。

こんな話を作りたい、それにはこういう役者を使いたい、じゃなくて
この役者(アイドル)使って何か作れない?→これなんかいいんじゃないの?
みたいな感じで作られたであろう、と思われる作品が多すぎる。
現実はそうじゃないかも知れないが、客にそう思われてしまうのって、その程度ってことだよな。

301 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)