5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

刀で斬られて死ぬということ

1 :名乗る程の者ではござらん:2007/07/18(水) 12:16:03 ID:zgXVxe8g
バッサバッサ系
ズバッ ブシュー系
ザシュリッ!・・・・バタッ系

時代劇ではいろんなチャンバラでいろんな斬られ方をするけど、本物の「斬り死に」はどんなものなのだろう。

袈裟斬りを食らったら? 頚動脈を斬られ、刃は心臓まで達し、まさに「斬り伏せ」られるのごとく倒れて即死するのだろうか。

胴斬りを受けたら? 腹から胸にかけて真一文字に斬り割かれ、大動脈切断で大出血&内臓はみ出して死ぬのだろうか。

突きを食らったら? 心臓を貫かれ即死か?水月を貫かれて苦悶のまま出血多量、呼吸困難で死ぬのだろうか。

背中から斬られたら? 脊髄損傷でやはり数分で死亡か?

達人の剣はやはり、相手を即死させる術も心得てるのかな。
中途半端に負傷させて苦しませて死なすような業は中途半端、武士としては相手を即死させてやるのが美徳なのでしょうか。

また、斬られた際の「倒れ方」も。殺陣の斬られ役の動きはそれっぽいけど、わざとらしい気もする。
本当に刀で斬られてしまったら・・・どのように絶命するのでしょうか。

そこら辺がリアルに作られている時代劇ってあるでしょうか?

2 :名乗る程の者ではござらん:2007/07/18(水) 12:45:23 ID:nGZue57o
お前が実践してみろ

3 :名乗る程の者ではござらん:2007/07/18(水) 12:51:20 ID:/R7VMz7t
雁龍太郎主演座頭市

4 :名乗る程の者ではござらん:2007/07/18(水) 13:50:30 ID:???
包丁を持った通り魔の10倍くらい怖いと思っていれば良い

5 :名乗る程の者ではござらん:2007/07/18(水) 19:37:58 ID:???
>>1
軍刀のサイトに行ってみれば
軍刀実用の成果っていう一覧表に結構生々しい記述がある


6 :名乗る程の者ではござらん:2007/07/19(木) 14:33:50 ID:ZyzuBUur
袈裟斬りって痛そうだよね

7 :名乗る程の者ではござらん:2007/07/20(金) 01:08:41 ID:cJLgyQiB
ザシュッ
どばぁ〜・・・・

8 :名乗る程の者ではござらん:2007/07/22(日) 13:11:15 ID:50R1o2nn
あげ

9 :名乗る程の者ではござらん:2007/07/22(日) 19:24:33 ID:???
シグルイを見てると痛そうだなってのは凄くわかる

10 :名乗る程の者ではござらん:2007/07/23(月) 09:50:33 ID:7jdVfNnX
血も出ずバタバタ倒れる時代劇はリアリティ無いね。
死に至るの早すぎだし。
倒れてからもがき苦しむ時間も無く、倒れてもう動かなくなるなんて。
本当なら、地面でもがき苦しむ時間が、長ければ1時も2時も続く可能性もあるはずなのに。

11 :武田黒カピバラ晴信:2007/07/23(月) 11:23:24 ID:urHSzZEk
興奮すると、普通は死んでいるはずなのに、けっこう体が動く場合があるらしい。

アメリカで、コンビニに入った強盗が、店員に逆に心臓を撃ち抜かれたが30分も
走ったという例がある。

マレーシアで人種暴動が起きたとき、映画館の屋根に上った中国人が割腹自殺をして
そのとき、内臓を手で持って放り投げたが、暫く立っていたという話も、現地の人か
ら聞いたことがある。

実際の斬り合いは凄惨なものだろう。人間の体は血袋みたいなものだ。


12 :武田黒カピバラ晴信:2007/07/23(月) 11:25:32 ID:urHSzZEk
月影兵庫でも破れ傘刀舟でも、毎週のように大量殺人しているのに、
いっこうお尋ね者にもならないところが時代劇。リアリティを時代劇
に求めたらつまんなくなる。

13 :名乗る程の者ではござらん:2007/07/23(月) 12:36:26 ID:???
>>11
死んだ人間は興奮しませんよ。

14 :名乗る程の者ではござらん:2007/07/23(月) 13:28:03 ID:???
流血云々もそうだが、切腹だけして介錯なしに簡単に死ぬようなドラマもいかがなものか

15 :名乗る程の者ではござらん:2007/07/23(月) 16:28:59 ID:???
腹を切るのは、中々死ねないぶん苦しみやそれに耐える胆力を見せるという意味合いもあったんだしね

16 :名乗る程の者ではござらん:2007/08/05(日) 01:46:36 ID:ceOuxg4o
斬られたら痛いのか?激痛を感じるのか?そして苦しみもだえながら死ぬのか?

それとも、痛みすら感じないまま意識が遠のいていくのか・

17 :名乗る程の者ではござらん:2007/08/05(日) 02:41:27 ID:RjlW6qwD
>>1
日本刀で瞬間叩っ斬るシーン、介錯なしの切腹シーンがそんなに見たけりゃ、
今が旬の
         「日本のいちばん長い日」

をDVDでも借りて見れ!かなりリアルだろ。


18 :名乗る程の者ではござらん:2007/08/05(日) 10:42:39 ID:???
>>1
微妙に板違いだと思わないか?

19 :名乗る程の者ではござらん:2007/08/05(日) 12:23:15 ID:???
素朴な疑問でスレ立てかよ…
やくざ映画や戦争映画(>>17とか)は板違いってこったな(´・ω・`)

20 :名乗る程の者ではござらん:2007/08/06(月) 11:35:00 ID:???
時代劇での殺傷は刀によるものがかなりの割合占めると思うから
ネタとしては別にいいんじゃないの。

>>16
斬られ方や斬られる場所によって違うと思う。
刺されるのとかは痛そうだなあ。

21 :名乗る程の者ではござらん:2007/09/03(月) 18:18:48 ID:ksrmepnH
あげてみる
居合やってる人とか、師匠からその辺聞いたりしないのかな?
まさに人を斬る技なわけで、斬り殺すのはどういうことかって。
何か聞いてたら教えて欲しい

22 :名乗る程の者ではござらん:2007/09/03(月) 18:23:10 ID:???
自ら晒し上げですか?

23 :名乗る程の者ではござらん:2007/09/18(火) 18:30:15 ID:K9oq62g8
血落之事
人を斬った刀の血は、紙で拭い研ぎ粉(うちこ)で拭っても、中々油は抜けにくいものである
蘆毛の馬の糞で拭ったものは、油は落ちるけれども、時が経つと一面に錆が出て、
刀の為に良くないものである
藁の袴ばかりを取り集めて焼いて灰にして、水に入れて灰汁にして、そのうわずみで刃を
度々洗い、油気を取り、研ぎ粉を打ちかけ、揉み紙で拭えば支障はない。
また、もぐらの皮を剥ぎ取って陰干しにし、毛の方へ滑石をすり込んでおいて、
血の油の抜けにくいものを拭えば、たちまち落ちて跡も無く、また錯の出る事もない
至って良い法であるから、いつも用意しておくべきである

留メ之事
人を斬り倒して留メを刺さないのは、辻斬りや慰め斬りに同じで武士のなすべき作法ではない
首を切り離すか、胴斬り、袈裟掛けに斬り離すか、首か胴を二つに切り離してしまった場合
留メには及ばない
そうでなければ、手足を切り落としたとしても、留メを刺す事は武士の心得である
留メの刺し方にも色々ある
左の耳の下から上へ筋違いに刺すのが古い方法である
昔は貫級刀と言って今の小柄、小刀のような両刃のものがあり、自分の討取った首の
左の耳の下から筋違いに突っ込んで置いて、首検分に備えた事である
その後、この作法を伝承して、切り離した時に用いてきた最も正しい作法である
また鳩尾から胸へ筋違いに突っ込み、
あるいは、足の裏の中央部の涌泉に刺し通す流儀もある

武学十粋からだが
抜刀やってて刀傷も何度も見たり、実際、手を切ってしまったりしたが
傷口はピタっと付かずにコンモリと盛り上がる
豚の頭はアゴや歯で刃こぼれする

24 :名乗る程の者ではござらん:2007/09/18(火) 18:45:28 ID:K9oq62g8
人体には動脈、静脈が外皮に近い部分が一番の弱点になる
そこを突いたり斬ったりするのが剣術であり、鎧、甲冑の上からなんぞは
動いてると絶対に斬れない
斬り方にもよるが、実際動脈を切ったとすると、約5分で1/3の血が出たとしたら
まず歩く事は出来ないし、立ち上がったら貧血で意識が飛ぶ
動脈と言えども直径1センチにも満たないので斬る時点で完全に切断状態に出来る
ナイフなどはコジる場合もあるが日本刀は刺して抜くだけで本来の動脈切断の目的は達せられる
あとは血止めの方法で反撃及び追撃に対処したら血止めは不可能
どう血止めをさせないかも、剣術の一つ
わきの下、首筋、太ももの内側などが甲冑戦などの狙い目であり武道にて継承されている
実際実験するまでも無く、血が1/3出たら死際になるのは明白
5分位で出たとすると痛いなどと騒ぐヒマはない

25 :名乗る程の者ではござらん:2007/09/18(火) 18:59:08 ID:K9oq62g8
真剣は実際、700g〜1Kg
それを殺陣のように振り回す事はスキだらけで自殺行為
重いから、動きは極力少なくするのが理
ゆえに殺陣は見せる演舞で戦う武道とかけ離れた空想世界
実際抜刀の世界で日本刀武道を習えば身に染みて感じることが出来る
見せる演舞で実際戦ったら、命が幾つあっても足りない
死んでしまったら、反省もクソもないのが日本刀武道です
死ぬと言う概念は、今は自分の為だけだが、昔は上様の為が大義名分
己の欲望は家族やお家の為に天秤に掛けられたのも事実
弱い者を傷つける悲しい時代だが、己を超えた強い者に戦いを挑むのが本来の男の姿
本来弱いとされる婦女子が言いたい事を言う悲しい時代でもあるが
嫌味を吐く毒舌悪妻も元は可愛い、か弱い婦女子である
目くじら立てるのも一つだが、距離を置き、のんびり眺めるのも一興である


26 :悪魔君千年王国エロイムエッサイム:2007/09/18(火) 21:01:46 ID:OaCHhyYr
そういえば、中村錦之助の宮本武蔵で、いつも刀の切先を上に挙げて
持っているので、映画の前でカンカンに怒っているおっさんがいたっ
けな。下げてないと疲れるって。これ、映画でしょ、旦那。



27 :名乗る程の者ではござらん:2007/09/18(火) 21:04:22 ID:I2wZkala
いまー
どこかでー
産声が上がるということー

28 :名乗る程の者ではござらん:2007/09/18(火) 23:59:05 ID:3LrSQtJW
時代劇はファンタジーだから、いかに美しく見せるかが一番大事だとおもう。
しかし、血が出ない時代劇は迫力がない。現実からあまりにかけ離れていると、見る気をなくす。
見た人が不自然と思う所は極力無くして欲しい。

29 :名乗る程の者ではござらん:2007/09/19(水) 00:15:25 ID:???
でもね、刀での斬り合いシーンを実際リアルに描くのはかなり難しいよ。
血をぴゅうぴゅう出せば済むって話じゃないし。
ちぎれた手足がぴゅんぴゅん飛ぶとかそんな簡単な話でもないよ。

30 :名乗る程の者ではござらん:2007/09/21(金) 23:11:25 ID:EVFVDoxL
言われるまで気がつきませんでした。
確かにすごく大変なことですね。
確か若山富三郎主演の子連れ狼はグロテスクでした。

31 :名乗る程の者ではござらん:2007/10/29(月) 02:55:34 ID:4fLN2hp6
あげっ

忠臣蔵の季節になってきたなぁ。
いつも思うのは、吉良が討ち取られるのはともかく、吉良邸の侍は何の罪も無いんだよね・・・
バッサバッサ斬られて いっぱい血が出て。妻や子供もいるだろうに。
残された家族はどうするのさ。

32 :名乗る程の者ではござらん:2007/10/31(水) 11:11:17 ID:???
武士は斬る斬られるが商売だから斬られた本人には同情しないが、
残された家族は、家自体取りつぶされたからおそらく補償も出なかっただろうし気の毒だな。

33 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/06(木) 08:46:22 ID:???
あんなしょうも無い話を毎年やるから時代劇はつまらんと思われてしまうんだ。

34 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/09(日) 16:05:13 ID:???
吉良の遺族の悲惨な末路を描くドラマをやって
忠臣蔵厨を思いっきり萎えさせれば良い。

35 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/16(日) 09:42:39 ID:???
イキがってるボンボンを叱った吉良さんに逆ギレして切りかかった若輩者が咎めをうけた。
上がそれなら下も似たり寄ったりで、逆恨みし、集団で凶行に及んだ。

が、オイラの認識なんだけど、間違ってたら訂正請う

36 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/17(月) 23:12:06 ID:???
忠臣蔵は忠臣蔵という物語なんだから、悪者吉良を赤穂浪士がやっつける話でおk。
それに難癖つけるのは、水戸黄門は漫遊してないだの吉宗は暴れん坊じゃないだのと真面目顔して指摘するようなもんで無粋というもの。
史実の赤穂浪士討ち入り事件として歴史検証番組でやるならともかくね。

37 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/19(水) 11:42:19 ID:???
野暮がこんなところで「無粋」だってさ

38 :名乗る程の者ではござらん:2007/12/19(水) 15:16:39 ID:???
まあそもそも忠臣蔵はスレ違いだしな

39 :袴フェチスト:2008/07/06(日) 20:57:06 ID:2yHejdQL
時代劇で女剣士に侍が斬られる場面に興奮してよくヌイてたのだが
居合やってる人に女剣士に斬られたいなんていったらよくても大怪我、悪ければ死ぬと言われた。

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)