5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【蒼井優】 百万円と苦虫女 \2 【タナダユキ】

251 :名無シネマ@上映中:2008/08/03(日) 18:40:52 ID:8Rzm/9kC
昨日、観て来ました。
こういう作品は、分かり易いハッピーエンドではない方が良いのは頭では理解出来るけど
せめて中島の誤解だけは、鈴子に伝わって欲しかった。
鈴子が一歩を踏み出そうとしたように、中島も「間違えちゃいけない」と自転車を走らせたのだから
言葉にすることが不器用な二人でも、中島にも勇気を出して欲しかった。
でも、前を見ている鈴子には中島の存在は既に過去なわけで、
それで、「元気でね」的な感じで鈴子は旅立つというラストシーン。

もしくは、直接話すことはなくても、階段上のすっきりした笑顔の鈴子を見て
動くことが出来ない中島がひっそりと鈴子を見送るという視線。
それだと、何年も後になって中島の優しさに気付く鈴子というのが
勝手だけど、観客に想像出来る。

いずれにしても、鈴子があの町に来た時よりも、少しだけその町が好きになれている
という意味でも、あのラストの笑顔があるのだから、
その成長に気付いた中島が、「頑張って」とエールを贈る描写が欲しかった。
そんな自分は、やっぱりバリバリのハッピーエンドを望んでいるだけなのだろうか?
なんか、いい作品だったけど、解説で書かれているような「観客もエールをおくられている」
ように、自分は元気になれなかったのです。


136 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)