5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アナログ地上波は2011年に終らないと思う人の数8→

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 17:48:29
前スレ
アナログ地上波は2011年に終らないと思う人の数7→
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/bs/1179614883/



214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 02:25:33
>>212
だから読解力大丈夫と思うわけ。
面倒だな。

私が求める説明とは「勝ちの意見の正当性の説明」です。
他人の話で説明出来ないのであれば黙っていればよいだけ。
このような事を上げ揚げ足取りというの。
コテハンつけなよ、いちいち"他人です"と"連呼"しなくても済むから。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 02:30:32
コテもIDもないからさっぱ分からん

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 02:48:13
>>213
こちらは、テレビ放送のの規格を勝手に変えることを、車の規格を勝手に変えることに例えている。
あなたは、テレビと車は共に受益者負担だと主張している。
受益者負担という考え方はアリだが、そもそもの規格を勝手に変えるのは受益者負担の限界を超えている。



217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 02:49:38
>>214
「勝ちの意見の正当性の説明」ってなに?
日本語で言ってね。

コテを付けたければご自分からどうぞ。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 04:24:14
>>203
>>200-202

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 04:47:43
それで、結局>189や>198には答えないでごまかすわけだね。
あなたの読解力というのは、都合の悪いことは無視する能力かね。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 09:23:47
>>216

>204のURL読んだ?一例だけど。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 09:32:27
>>219

>212

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 13:40:53
>>1
>>1000

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 17:10:59
地アナ→地デジの買い換えは単純な物理的
寿命や「もっといいの欲しいな」という欲求で
買い換えるのとは訳が違うしな。俺みたいに
TVが天寿全う&地デジが見たい欲求で買う
ならまだ「受益者負担」も通じるだろうけど、
そうじゃない人に御国の都合で受像機若しくは
チューナを無理に買わせるって言うのは
どうなんだろうね。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/15(金) 17:17:21
たまたま薄型テレビが安く作れるようになって、薄型化&大画面化と一緒くたにして
デジタルが売れるからまだマシだよな。
ブラウン管のままなら、大画面化も36インチあたりが限界で目新しさに欠けて
こんなに売れることも無かっただろうに。


225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 07:47:52
            1997年  2000年  2006年  2007年

報道          14.89   15.07   14.36   13.2

教育教養実用    15.95   16.86   15.21   12.6

音楽          13.57   13.42   12.09   10.3

ドラマ          21.48   18.45   17.22   16.2

マンガ         15.88   14.46     6.2   6.07

劇場用映画       4.98    7.70    5.32   9.33

スポーツ        17.25   17.59   11.07   11.8

その他娯楽      20.43   17.2     18.21   16.9
―――――――――――――――――――――――――――――――――
全分野平均      15.78   15.37   12.97   12.05
―――――――――――――――――――――――――――――――――

今更だけれど、2007年までの視聴率データを並べてみた

http://www.videor.co.jp/data/ratedata/backnum/2007/vol19.htm


226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 07:51:11
他の年のデータと揃え連休のかぶらない5月第2週のデータで、各部門トップ10とその全体を単純平均している
わずか一年で1%弱、落ち込み幅が年々拡大してるようだが、特にしぶとかった報道と教育教養実用の落ち込みが大きい
最後の頼みのニュースやニュースショーが落ちてきたということだな
ただ、7作品しかなかったゆえに映画部門が大きく上昇したのが全体を下げ渋らせた
これがなかったら、さらに悲惨なデータを目の当たりに出来たと思う



227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 09:03:17
>>223
わかりやすい例えなので、拍手!

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 10:47:14
>>223
電波の効率利用のためだもん。5000円ぐらいはしょうがない。
公共の福祉。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 11:03:04
>>228
>公共の福祉。
公共っていっても、特定業種だけが潤うのは、
納得できないんだけど。
そのために、大多数の人は被害を被るんでしょ?
まだ使えるテレビを、捨てたくないよぉ。
「もったいない」精神は「悪」なのかねえ。。。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 11:15:53
>>229
電波利用料で国つまりは国民が潤うのだよ。
新交通システムで人命が救われるのだよ。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 11:19:38
>>228  「公共の福祉」の意味を調べてから出直してこい自民党員^^

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 11:21:23
>>231 さん
もしかして普通の「福祉」と誤解してるんじゃない。


233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 11:45:26
公共の福祉名目で多いのが立ち退きだからなあ。
チューナーの買いたしぐらいへでもないな。

234 :filnでもe-名無しさん:2008/02/16(土) 12:48:40
>>230
サポーターまた一人ハケーン。
VHF電波をあけて実現する「新交通システム」。
それによって得られる、交通事故激減効果。

豊かさに加えて、安全も手に入れられる。




235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 12:52:51
>>234
それはUHF。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 13:14:01
公共の放送が「豊かで便利な」新放送システムに強制移動させようとした結果
ますます見捨てられることになるわけだな


237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 13:23:42
電波は有限の資源なので有効に使わなければならない。


238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 13:35:20
伸び盛りのメディアなら
例えば携帯電話とかインターネットだとかなら
デジタルに対応するだとか動画に対応するためだとか
ある程度システムのチェンジがあっても、ユーザーは付いて来てくれる
離れるユーザーがいたとしても、それより多い新規ユーザーが取り込める

もう行き渡ってしまい、これ以上伸びないメディア=放送が
システムチェンジした場合、100%のユーザーが付いてきてくれるわけではないから必ず減る
ましてや、視聴者が減少気味のたそがれのメディア
ユーザーの離反は激しいと思うけれどね
果たしてどうなることやら・・・・・


239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 13:44:25
>>238
だから、伸び盛りのメディアに一部電波を明け渡す。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 14:36:50
賛成派から出てくる電波の効率利用というお題目だけど、
電波利用料での国の増収にしろ、
他の用途での電話利用による利便性向上にしろ、
具体的じゃないんだよな。
「停波によるメリットがなにもないわけじゃない」
っていう程度にしか感じられない、いかにもとってつけた印象を受ける。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 15:07:13
>>240
メディアフローはアメリカでもうすぐ始まるし(もう始まってる?)、
うまくいかなくたって、
応募者殺到してるのだから、すぐに他の用途に切り替えるだろう。

電波利用料増収は具体的だし。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 17:06:31
それ、具体的って思えないけど。
いろいろ試せば何かいいことがあるかもしれない、ってことだよね。
みんなに犠牲を強いて地デジ対応するほどのことなのかな。
具体的な増収ってことになると、数字でしょ。あと、減税とか。

そのあたりがホントに具体的なら、とっくに宣伝しているんだろねどね。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 17:13:24
>>242
具体的なのは最後だけ。
でも全体から確実に公共の福祉になることがわかる。


244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 17:25:18
アナログ停波で損する人>>>>>>>>>>>>アナログ停波で恩恵を受ける人

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 17:33:55
>>244
それはないな。


246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 21:17:12
>>237
だから固定端末は全部有線接続にすればいいじゃん

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 02:14:19
>>246
当分、先の話だな。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 02:22:25
>>246
コストを考慮した時に放送と比較にならないほど高くなるから不可。
あなたは固定端末の接続料は毎月幾ら支払っていますか?
また、光やDSLでは接続できない地域は多い。
でもそんな地域でも放送波は来ている所は多い。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 03:06:45
>>244
人対人じゃなくて
搾取される人民 対 産業 つうことなのでは。
ま、なんだかんだいっても愚民の楽しみはテレビだべ。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 08:58:41
>>230
>新交通システムで人命が救われるのだよ。
これは逆だろ。っていうよりも、何だ?この例えは・・・。
こんなものを作るから、人命が失われるんだ。
こんなものを作らなければ、人は外に出なくなるから、
人命が失われる危険を、避けることができる。
電波の有効利用なんて、デジタルを含めて、テレビ放送を全部止めちまえば、
一気に解決するじゃないか。
・・・屁理屈に対抗する屁理屈は、こんなところでいいかね?


>>241
電波利用料の増収
これに限定すれば、デジタル化の必要はない。
勝手に利用料を値上げすればいいんだからね。
消費税値上げみたいに、政治家が一方的に決めれば、
「お国が決めたことに逆らうな」って人が、大勢現れる(かも)。

251 :230:2008/02/17(日) 10:45:32
>>250
新交通システムじゃなくて「高度道路交通システム」だった。
スマソ

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 10:57:14
>>248
それぞれが好き勝手にデータをやりとりするネット接続と違って
放送は同じものを一方的に送りつけるだけだからそんなに帯域いらないじゃん。
それこそ電力線ネットワークに乗せられる程度の帯域でも
SDの10チャンネル程度は乗せられるだろ。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 11:04:17
>>250
値上げも両方やるんだよ。だからもっと効果がある。
デジタル化で同じ帯域でも利用価値が上がったからね。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 11:39:28
価値が上がったのに、庶民の持ち出しが増えるのはなぜ?

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 11:45:14
>>252
帯域もそうだが、そのネットワークを構築するインフラの費用が問題だと指摘している。
放送事業者から家庭まで有線で繋がる状態を理解してください。
その途中の膨大な数のSW類、その保守費用、家庭でPCで視聴するのであれば
それらの端末費用、宅内配線。

固定端末をすべて有線との事だが現状のテレビ"放送"は
固定のみがサービス対象ではない。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 12:03:44
>>254
一回きりだよ。
公共の福祉のためだからそのくらいはしかたない。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 13:54:27
「公共の福祉」を持ち出したら余計にチューナーを
税金で賄わなきゃいかんだろう。道路や鉄道の
建設、拡張で立ち退かす時も多額の税金を投入
するんだから。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 15:20:14
公共の福祉だとわめいて新幹線を引いて在来線を廃止しちゃった地方みたいだな

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 18:38:49
基本的な疑問なのだが、
テレビ放送のデジタル化は、いつ誰が、どこで決めたの?
完全停波する手順について、いつ、どの段階で、
国民に“わかりやすい”説明をして、理解を得ていたの?

国民は、手持ちの受像器を全部買い換えることを理解した上で、
納得して賛成したの?

うっかりしていたらしくて、この基本的な段階が、
全く記憶にないんだわ。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 18:49:19
BD信者はアナログ停波したら今のテレビが100%HDTVになると考えてるみたいだけど
テレビなんて映ればいいという人間のためにSDTV+チューナーという選択肢は残すんでしょうね?

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/17(日) 19:07:24
>>259
A. 郵政省は、もとは「85%がデジタルに移行した段階で止める」といった案を考えていた。しかし
アナアナ変換に国費投入が必要になったため、2001年度予算で要求したところ、大蔵省に
「民放の私有財産である中継局に税金を投入することは認められない。国民にとっての利益がない」と
拒否された。そこで郵政省は「デジタル(UHF帯)に完全移行したら、VHF帯のアナログ放送を止めて
移動体通信などに使えるので、電波の有効利用という国民的な利益がある」という理屈をひねり出した。
これに対して大蔵省が「そんな口約束では、いつ止めるかわからない。何日までに必ず止めるという
担保を出せ」と求めたため、そのときの電波法改正から10年後という日付を法律に書き込む
異例の措置をとったのである。
ttp://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/4d02868e035311f94bad0b89fc772677

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 01:24:09
>>261
ふうん。
要は85%普及率が2011年停波に変わったのも、VHF電波を使った新システムも
アナアナ変換の予算が欲しかった2001年当時の郵政省の言い訳だったんだ。

で、2001年当時の言い訳のつじつまを合わせようと今、必死www


263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 01:32:04
2001年だか2002年だかに、「なぜデジタル放送に切り替えなければならないか」という疑問に
答えられる人が誰一人いないという事実を告発した本が出てたな。
結局、「世界的にそうするから日本も乗り遅れないようにそうしましょう、ということでしかない」
という結論で、他国でも本当に切り替えができるかどうかわからないっぽいと書いていた。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 02:03:46
「止めたければ勝手に止めればよいが、そのときは、NHK会長はもちろんクビ、総務大臣もクビ。NHK受信料をまじめに払ってきた高齢者のうち何割かは、受信料を払わなくなる(NHKは銀行振込の前払い何百万世帯分を払い戻すのか?)。
民放各社社長もテレビの台数が半分になるので、広告収入が激減し、軒並み大赤字となってクビ。社員の給料も必ず下がる。テレビ局は、そんなのは嫌でしょう。しかも、年寄り用のテレビ、子ども部屋のテレビ、
台所のテレビなど同一家庭にある2台目以降のテレビはゴミ。視聴者大衆国民の大多数も、そんなのは嫌でしょう。だから私は、2011年段階で現行アナログ放送を止めることは絶対にできないと、2003年段階から主張している。
以上の問題を徹底的に論じつくす原稿を、なんとか年内にサイトupの見込み。」
ttp://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/index.html

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 02:11:11
>>262
必死に何かやってるんならまだ良いけど、
つじつま合わせさえしてないじゃん。
「昔の幹部の決めたことなんか知らんもんね」
って思ってるんじゃない。
ホントに停波するんだら、必死で努力しろっつの。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 03:12:06
>>263
それが事実と思えるのか・・・
単純に著者の主張でしょ。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 04:50:22
じゃあ本当の事実を書いてみて

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 05:16:19
>>257
多額の国費・税金も投入済。

>>258
そんな事実はなかったと思うが。
「公共の福祉」とはちょっと違うので。


269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 09:03:02
>>268
多額の国費・税金も投入済
 ↑
どこにどれだけ投入したのか、言い出しっぺさん、教えてね。

そんな事実はなかったと思うが。
 ↑
似たような例はあるでしょ。
あなたが知らないだけ、とは考えられないの?
「公共の福祉」とは違うみたいだけどね。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 12:44:36
台湾とかアメロカとか、今年あたりから移行始まって、日本は最後発だから、
この点では結果オーライか。

しかし、日本のデジタルの方式が世界的に広くは採用されなかったので、これから先は・・・・

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 12:45:21
アメリカ・ローカルは本土の地上波ね

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 12:53:46
4年延長はありうる
http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=AS2M17001%2017062006

去年が節目だった
http://japan.zdnet.com/release/story/0,3800075480,00013802p,00.htm

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 16:35:38
停波後に、電波を再分配してその電波利用料で国が潤うのがメリット
と主張する人がいるけど、具体的な金額を明記してください。
机上の空論じゃないの。いかにも役人が主張しそうな言い訳だしね。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 16:41:53
停波後の電波の再分配先として、「ここスレだけで」よく例に出される
高度道路交通システムだけど、こんなものが、
国民の膨大な地デジ対応支出に値すると、本気で考えているのかね。
現時点では現実的かどうかさえ定かではないような、いかがわしい仕組みを
さも天下の最優先事業みたいに言って通用するのは、役所の文書の中だけじゃないのw

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 19:42:43
>273
>274
相当役人にご不満のようだね。
疑問があるのであれば、ここで吠えないで総務省なり放送事業者なりに
納得するまで質問してみたらいかがですか。
その結果、対応がこうで、話が解らなかった、
納得いかなかったと次に進んでは?沢山疑問もありそうだし。
こんな所の役人がこまめに確認しているとは思えないし
あなたの声も役人に届かないよ。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 22:24:48
>>266
うん・・・その本、テレビ業界の人が疑問に思って
役所とか業界とか、思いつく限りのところで聞いてまわって、
結局誰も答えられなかったっていうことが書いてあったんだよね。
だから、その時点でのウラはとってあるっぽかった。
その後いろいろと理由はついたみたいだけど
その時点では電波の有効利用とかすら誰も言わなかったみたい。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/19(火) 00:16:59
>>275
電波利用料と電波再分配のメリットについて、
ここでそれを主張する人がやればいい。
証明責任はそれを主張する側にあるんだよ。
そういう主張をしているのはいったいだれかなー?

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/19(火) 08:41:56
>>277
その通り。
何かというと>>275のような逃げ方をする「地デジ擁護者」がいるが、
自分が擁護したいなら、各個の不満にたいして、
根拠のある説明を、納得させられるように、してみると良いだろう。
大体が、不合理だと疑問をぶつけられても、
自分が、その不合理さや奇妙な部分に目を向けない(目を背ける?)、
強引な「屁理屈や」だということにも、気付いていない。

納得するまで質問をした結果、あなたは地デジ移行に賛同したのだろうから、
その納得できた部分を、説明しなさいよ。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/19(火) 21:18:12
さて、そろそろ擁護派は電波利用料増収分がいくらになるのか、答えていただけませんか。
その増収を何に使うのかもね。減税でもしてくれるの?
だいたい、国の増収がメリットとして大きい、という発想自体が
大衆から遊離した、役人根性の抜けないものだよ。
どうやら、こんなところをまめにチェックしている役人がいるようだよ。

どうせ答えられないだろうけど、またこの話を蒸し返すときは
具体的な増収金額をぜひ教えてくださいね。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/19(火) 21:24:04
金額はともかく、潤うことは確実。
それもずっと続く。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/19(火) 22:42:08
1円増収でも潤う、ってことには間違いないからね。意味ないけど。
だから、「金額はともかく」ってことはないだよ。数字出して。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/19(火) 22:55:39
損失費用は計算できそうだな
テレビ局が電波塔やデジタル機材に投資した金額
市民がテレビを買いかえるために出した費用
アンテナを設置した金額
アナアナ変換にかかるコスト
アナログテレビを廃棄しなければ行けないコスト
いやあ、ずいぶんの損害だぜ


283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/19(火) 22:57:38
家庭内配線張替えが必要な場合も結構ありそうだぜ。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/19(火) 23:00:45
そもそも増収っていうけど、どんだけ税金使った上での話だ?
『広告収入が増えないのに巨額の設備投資がかかる民放連は反対した。
しかし郵政省が「国の助成金を、郵政省で何とかとるように考えます」と
損失補填を約束したのでOKした、と氏家元民放連会長が証言している。』
ttp://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/4d02868e035311f94bad0b89fc772677

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/19(火) 23:04:55
ここで、増収とか言っているやつは役人だろ。
役人が余計なことしないほうが、よっぽど財政に寄与するだろがw

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/19(火) 23:31:23
>>282
テレビ局の支出は含めるべきではない。
公金ではない。
また、スカパーも自前でハイビジョン化する。

使えるうちは廃棄はすべきではない。
買い替えは寿命、または、その人の選択。
寿命でなければ買い足しで可。

また、どっちにしろ条約でデジタル化はしなければならない。

増収はずっと続くが支出は一回きりが多い。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 00:31:15
>>286
テレビ局の支出が公費だってのが>284に書いてあるが、読めないか?
まさか、民放連とテレビ局が別物だと思ってないよね。

デジタル化についての条約ではリミットはいつ?なんの条約?
自分に都合のいいように引用してない?つか引用すらないが。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 00:32:40
>>286
>増収はずっと続くが支出は一回きりが多い。
一回の莫大な支出は、継続的な微小増収では賄えない
の間違いだろ。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 00:35:04
まーだ、増収増収いってるやつがいるな。
金額を出さなければ説得力がないって何度言えばわかるんだ?

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 00:36:06
テレビ等の寿命を考えれば、2001年から売られたテレビやビデオに
デジタル放送チューナーの搭載を義務付けとけば(SD専用チューナーで可)
2011年までにはほぼ全ての機器にデジタルチューナー搭載ということになったのにな。
まだ使える物を廃棄させるというのが抵抗感の元なんだから。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 00:42:39
できなかったのは、2001年当時は規格詳細が決まってなかったとか、
テレビ価格が上がり需要が減衰すると電機メーカーがだだをこねたとか、
そんなとこだろ。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 00:59:06
>>287
テレビ局の支出分は公費ではない。
ほんの一部を公費でやる案が出てきてるだけ。



293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 01:00:43
>>288
そっちが間違い。

さらには人命は地球よりも重い。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 01:03:34
>>289

金額がでてないのはお互い様。
回数でアナログ停波の利点が圧勝だな!

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 01:04:54
>>290
廃棄するのは壊れるまで待て

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 01:30:31
>>292
氏家元民放連会長が証言、というソースを出したんだよ。
否定するならソース出しなよ。違うというだけなら、ガキでもできる。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 01:32:18
>>294
停波なら概算ができるだろ。ベースになる数字があるんだから。
増収って1円から1兆円までの間のどこだか、見当もつかんね。
いっしょにするな。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 01:33:49
>>293
ほらまた関係ないことを持ち出して煙に巻こうとする。
人命とか唐突に言わないでくれ。
ま、そういう言い方をするなら環境問題は最重要だ、とも言えるしな。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 01:35:52
>>295
「待て」とかそういうふうに簡単に命令されることを
人民は嫌う、ってことがお役人にはわからないだよなあw

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 01:40:21
>>293
じゃ、俺の命を助けるために地球がなくなってもいい?
いや、俺も命が助かっても住むとこ無くなって真空の宇宙に放り出されても困るけど。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 03:58:08
>>275
>>273-274

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 04:03:21
>>294
お互い様って言う理屈が、そもそも間違っている。
現状維持で良いというほうが、変更する場合との比較で、
差額がどれだけかという金額の計算をする義理はない。
現状を変更させたい者が、どれだけのメリットがあるのかという金額面などの数値を、
きちんと計算して提示する責任がある。

「そう思うなら、役所に問い合わせろ」っていうのは、ナシだよ。
デジタル変更派は、すぐにそう言って誤魔化そうとするが。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 04:41:20
条約の件はどうなったの?
ソースを示して!デマだったの?

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 05:00:49
金は命より重い!

 ざわ
    ざわ

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 07:38:20
>>302
監督官庁に尋ねれば。
役所はそういうものだよ。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 07:38:35
福田のおやっさんが言ったんだぞ
しかも総理大臣のときに
よど号ハイジャックの時に

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 09:40:57
>>306
人命は地球よりも重い!・・・まあ、政治家にとってはのぅ。蕎麦はまだか?

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 13:07:58
>>305
だから、お役人(代理なのか?)のあんたに尋ねているんだが。
それに、反対している人間が、「賛成した場合のメリット」なんぞ、
わざわざ問い合わせる義務はない。
まさに、説得力がないという見本だな。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 16:18:41
結局、増収なんてたいした金額にならないんだから数字を出せないだけだろ。
賛成の理由をなにか出したいけど、なんにも出せないから苦し紛れで言っただけ。
「人命」は苦しすぎるけどなw もがけ役人!

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 16:35:08
テレビなんぞ生活必需品じゃないからどうでもいい
アナログ放送は今すぐにでも終わっていいよw

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 18:24:06
条約の件は結局、デマだと決定なんだな

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 22:26:50
>>296
「国の助成金を、郵政省で何とかとるように考えます」は>>292
持株会社方式などの法改正をすること。

「損失補填」は誰かの勝手な解釈。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/21(木) 00:20:20
>>312
国の助成金、がなんで持ち株会社の法改正になるんだ。
それこそ、誰かの勝手な解釈じゃないか。
苦し紛れの言い訳は、いいかげんにしてくれ。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/21(木) 00:21:59
民放が、デジタル化に大投資しているとしたら、随分と鷹揚だよな。
大金を支出したのに、その回収策がなにもないぜ。おかしいじゃないか。
役所と違って企業はこういう点にはシビアなんだよ。

279 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)